『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.薬学部 (1951年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 48件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 50件

全ての有効な情報 (48件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(38)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(38)
閲覧 (未定義) …(6)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Shigeru Shimomura, Yasuhisa Hayashi, Hideyoshi Morita and Tsuyoshi Shinohara : BEHAIVIOR OF MERCURY VAPOR UPON IRRADIATION BY A MERCURY LANP IN AN INERT GAS, Analytical Letters, Vol.6, No.9, 769-773, 1973..[組織] ...
閲覧 下村 滋, 林 康久, 森田 秀芳, 広戸 良子 : フレームレス原子けい光分析による水銀の定量, 分析機器, Vol.12, No.1, 3-8, 1974年..[組織] ...
閲覧 Shigeru Shimomura, Yasuhisa Hayashi, Hideyoshi Morita and Katsutoshi Onishi : VAPORIZATION PHENOMENA OF MONOATOMIC STATE OF MERCURY IN ACID SOLUTION, Analytical Letters, Vol.7, No.5, 355-362, 1974..[組織] ...
閲覧 下村 滋, 林 康久, 森田 秀芳 : 進歩総説;医薬品分析, 分析化学, Vol.23, No.13, 206R-216R, 1974年12月..[組織] ...
閲覧 下村 滋, 林 康久, 森田 秀芳 : フレームレス原子吸光法による尿中微量クロムの定量, 衛生化学, Vol.21, No.4, 204-208, 1975年..[組織] ...
閲覧 Hideyoshi Morita, Yasuhisa Hayashi, Shigeru Shimomura and Shinichi Kawaguchi : Shynthesis and Properties of Tris(3-hdroxy-2-methyl-4-pyronato)complexes of Chromium(III), Mangnese(III) and Iro(III), Chemistry Letters, (巻), No.4, 339-342, 1975..[組織] ...
閲覧 下村 滋, 森田 秀芳, 久保 正則 : カーボンチューブを用いたフレームレス原子吸光光度法によるベリリウムの定量, 分析化学, Vol.25, No.8, 539-543, 1976年..[組織] ...
閲覧 下村 滋, 林 康久, 森田 秀芳, 久保 正則 : クペロン錯体の溶媒抽出を用いた原子吸光法によるバナジウムの定量, 分析化学, Vol.25, No.3, 165-169, 1976年..[組織] ...
閲覧 Hideyoshi Morita, Shigeru Shimomura and Shinichi Kawaguchi : The Syntheses and Properties of Bis(3-hydroxy-2-methyl-4-pyronato) Complexes of Bivalent Metal Ions, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.49, No.9, 2461-2464, 1976..[組織] ...
閲覧 Shigeru Shimomura, Hiromu Sakurai, Hideyoshi Morita, Yoshiki Mino and Masatoshi Inoue : PREPARATION OF STANDARD GERMANIUM SOLUTION, Analytica Chimica Acta, Vol.91, (号), 421-423, 1977..[組織] ...
閲覧 Shigeru Shimomura, Hiromu Sakurai, Hideyoshi Morita and Yoshiki Mino : DETERMINATION OF GERMANIUM BY ATOMIC ABSORPTION SPECTROMETRY AFTER SOLVENT EXTRACTION, --- ENHANCEMENT OF SENSITIVITY BY A NEBULIZER EFFECT ---, Analytica Chimica Acta, Vol.96, (号), 69-75, 1978..[組織] ...
閲覧 三橋 隆夫, 森田 秀芳, 下村 滋 : 鉄(III)と水素化ホウ素ナトリウムを用いた総水銀の原子吸光定量法, 分析化学, Vol.27, No.10, 666-668, 1978年..[組織] ...
閲覧 Hideyoshi Morita, Shigeru Shimomura and Shinichi Kawaguchi : Mixed Ligand Complexes Derived from the Reactions of Diaquabis(3-hydroxy-2-methyl-4-pyronato)-cobalt(II), -nickel(II), and -zinc(II) with Pyridine and 4-Substituted Pyridines, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.51, No.11, 3213-3217, 1978..[組織] ...
閲覧 Hideyoshi Morita, Shigeru Shimomura and Shinichi Kawaguchi : Palladium(II) Complexes Derived from the Reactions of Bis(3-hydroxy-2-methyl-4-pyronato)palladium(II) with Several Nitrogen Bases, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.52, No.6, 1838-1843, 1979..[組織] ...
閲覧 水沼 博司, 森田 秀芳, 桜井 弘, 下村 滋 : 鉄(III)とテトラヒドロホウ酸ナトリウムを併用した原子吸光分析による無機水銀と有機水銀の分別定量, 分析化学, Vol.28, No.11, 695-699, 1979年..[組織] ...
閲覧 森田 秀芳, 桜井 弘, 下村 滋 : メチル水銀化合物の溶媒抽出定量法におけるヨウ化カリウムとL-アスコルビン酸の併用, 分析化学, Vol.31, No.6, 314-317, 1982年..[組織] ...
閲覧 下村 滋, 池田 早苗, 赤田 良信, 桜井 弘, 森田 秀芳, 佐竹 弘, 山崎 満, 中嶋 暉躬, 岡崎 雄交, 椛澤 洋三, 吉田 久信 : 機器分析 基礎と応用, 株式会社 廣川書店, 東京, 1982年10月..[組織] ...
閲覧 木本 哲也, 森宗 久幸, 森田 秀芳, 桜井 弘, 下村 滋 : 微量水銀の定量における非分散原子蛍光法, 分析化学, Vol.31, No.11, 637-641, 1982年..[組織] ...
閲覧 Hideyoshi Morita, Takao Mitsuhashi, Hiromu Sakurai and Shigeru Simomura : ABSORPTION OF MERCURY BY SOLUTIONS CONTAINING OXIDANTS, Analytica Chimica Acta, Vol.153, (号), 351-355, 1983..[組織] ...
閲覧 Hideyoshi Morita, Tetsuya Kimoto and Shigeru Shimomura : FLOW INJECTION ANALYSIS OF MERCURY, --- COLD VAPOR ATOMIC FLUORESCENCE SPECTROMETRY ---, Analytical Letters, Vol.16, No.A15, 1187-1195, 1983..[組織] ...
閲覧 Hideyoshi Morita, John C. Bailar Jr. and Jeffrey J. Macdougall : TRIAMMINECHLOROPLATINUM(II) CHLORIDE, Inorganic Syntheses, Vol.22, (号), 124-125, 1983..[組織] ...
閲覧 Hideyoshi Morita, John C. Bailar Jr., Norman C. Schroeder and Robert J. Angelici : TETRABUTYLAMMONIUM TRICHLORO(DIMETHYL SULFIDE)PLATINUM(II), Inorganic Syntheses, Vol.22, (号), 128-129, 1983..[組織] ...
閲覧 木本 哲也, 森田 秀芳, 桜井 弘, 下村 滋 : 原子蛍光法による大気中の水銀の定量, 分析化学, Vol.32, No.5, 324-327, 1983年..[組織] ...
閲覧 Hideyoshi Morita, Shigeru Simomura, Kazuto Okagawa, Saito Shiro, Chitari Sakigawa and Hiromitsu Ssto : DETERMINATION OF GERMANIUM AND SOME OTHER ELEMENTS IN HAIR, NAIL, AND TOENAIL FROM PERSONS EXPOSED AND UNEXPOSED TO GERMANIUM, The Science of the Total Environment, Vol.58, (号), 237-242, 1986..[組織] ...
閲覧 Hideyoshi Morita, Sigeru Shimomura, Akira Kimura and Masatoshi Morita : INTERRELATIONSHIPS BETWEEN THE CONCENTRATIONS OF MAGNESIUM, CALCIUM, AND STRONTIIUM IN THE HAIR OF JAPANESE SCHOOL CHILDREN, The Science of the Total Environment, Vol.54, (号), 95-105, 1986..[組織] ...
閲覧 岡川 和人, 小阪 昌明, 先川 知足, 日浅 光春, 佐藤 浩充, 森住 啓, 森田 秀芳, 下村 滋, 齋藤 史郎 : ゲルマニウム含有飲料水の服用者にみられた 腎機能低下,正色素性貧血,筋力低下および末梢神経障害, 臨床雑誌 内科, Vol.58, No.5, 1210-1214, 1986年..[組織] ...
閲覧 Kazushi Minami, Kenji Fukuzawa, Yutaka Nakaya, Xiao-Rong Zeng and Isao Inoue : Mechanism of activation of the Ca(2+)-activated K+ channel by cyclic AMP in cultured porcine coronary artery smooth muscle cells, Life Sciences, Vol.53, No.14, 1129-1135, 1993..[組織] ...
閲覧 Kazushi Minami, Kenji Fukuzawa and Isao Inoue : Regulation of a non-selective cation channel of cultured porcine coronary artery smooth muscle cells by tyrosine kinase, Pflügers Archiv : European Journal of Physiology, Vol.426, No.3-4, 254-257, 1994..[組織] ...
閲覧 森田 秀芳, 喜多 知子, 梅野 真由美, 田中 秀治, 岡本 研作 : 血液保存用及び高カロリー輸液用プラスチック容器からの元素の溶出, 分析化学, Vol.45, No.12, 1101-1105, 1996年..[組織] ...
閲覧 下村 滋, 椛澤 洋三, 池田 早苗, 赤田 良信, 桜井 弘, 森田 秀芳, 佐竹 弘, 藤井 洋一, 中嶋 暉躬, 岡崎 雄交, 山崎 満, 朝日 豊 : 機器分析 基礎と応用 [第2版], 株式会社 廣川書店, 東京, 1997年3月..[組織] ...
閲覧 Hideji TANAKA, Hideyoshi Morita, Shigeru Shimomura and Kensaku Okamoto : Cobalt(III) oxidation of organic compounds and its application to a determination of chemical oxygen demand at room temperatureTomiokanishi High School, Analytical Sciences, Vol.13, No.4, 607-612, 1997..[組織] ...
閲覧 田中 秀治, 三谷 明子, 岡本 研作, 森田 秀芳, 下村 滋 : タンタル処理黒鉛管を用いる原子吸光法によるガリウムの定量, 分析化学, Vol.46, No.11, 875-880, 1997年..[組織] ...
閲覧 山内 あい子 : くすりの相互作用と安全性, 第3回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 1997年12月..[発行所] ...
閲覧 松山 和渡, 市川 竜也, 新田 雄一, 河上 希, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 : ヒト胎盤におけるヒスタミンH1受容体の検出(第104回日本薬理学会近畿部会), 日本薬理学雑誌, Vol.123, No.2, 40P, 2003年11月..[組織] ...
閲覧 新田 雄一, 松山 和渡, 市川 竜也, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 : ヒト胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現(第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会), ファルマシア, Vol.39, No.10, 1017, 2003年11月..[組織] ...
閲覧 松山 和渡, 新田 雄一, 市川 竜也, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 : ヒト及びラット胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現, 日本薬学会第124年会要旨集, Vol.4, (号), 62, 2004年3月..[組織] ...
閲覧 新田 雄一, 市川 竜也, 松山 和渡, 河上 希, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 : 胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現(第105回日本薬理学会近畿部会), 日本薬理学雑誌, Vol.124, No.2, 29P, 2004年6月..[組織] ...
閲覧 横山 宏典, 渡邉 悠, 高木 翔, 田中 亜紀, 荒木 勉 : MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスの黒質神経細胞障害に対するに対するnitric oxide synthase (nNOS)の役割, 第7回長井長義シンポジウム抄録集, 97, 2006年9月..[発行所] ...
閲覧 渡邉 悠, 加藤 宏之, 荒木 勉 : パーキンソ病モデルマウスにおけるAngiotensin変換酵素阻害剤の効果, 第7回長井長義記念シンポジウム抄録集, 116, 2006年9月..[発行所] ...
閲覧 藤内 寛子, 早川 夏美, 荒木 勉 : 一過性脳虚血砂ネズミにおける神経栄養因子の発現変化とStainの効果, 第7回長井長義記念シンポジウム抄録集, 136, 2006年9月..[発行所] ...
閲覧 田中 亜紀, 渡邉 悠, 荒木 勉 : 加齢によるICRマウス脳における免疫組織化学的検討, 第7回長井長義記念シンポジウム抄録集, 143, 2006年9月..[発行所] ...
閲覧 嶋林 三郎 : 第25回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 第25回徳島大学薬学部卒後教育公開講座 講演要旨集, Vol.25, (号), (頁), 2007年12月..[発行所] ...
閲覧 小倉 圭司, 平川 寛子, 重永 章, 大髙 章 : AMP化タンパク質の機能解明に向けたAMP化アミノ酸誘導体の創製, 日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会, (巻), (号), (頁), 2011年5月..[組織] ...
閲覧 Kohei Sato, Shugo Tsuda, Kohei Tsuji, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga and Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide derivative as a peptide thioester equivalent, Proceedings of the Twenty-Second American Peptide Symposium, (巻), (号), 72-73, 2011..[組織] ...
閲覧 小林 明日香, 吉田 昌裕, 難波 康祐 : パラジウム触媒並びに酸化剤を用いた環化反応による置換フロクロメノンの合成, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 古高 涼太, 淵上 龍一, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 : Calyciphylline F の全合成研究, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 古高 涼太, 淵上 龍一, 吉田 昌裕, 谷野 圭持, 難波 康祐 : Calyciphylline F の全合成研究, 日本薬学会第134年会, 2014年3月. ...
閲覧 橋本 健太郎, 王 胤力, 鍬野 哲, 高須 清誠, 猪熊 翼, 山田 健一 : 遠隔位チューニングによるキラルNHC触媒の高性能化, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.73, Max(EID) = 393057, Max(EOID) = 1063054.