『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 板倉 光夫

登録情報の数

有効な情報: 471件 + 無効な情報: 36件 = 全ての情報: 507件

全ての有効な情報 (471件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(172)
閲覧 閲覧 香川医科大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(172)
閲覧 (未定義) …(141)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 板倉 光夫 : ありふれた病気の疾患感受性遺伝子の同定に向けて, 朝日新聞医療セミナー, 22-42, 1988年3月..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Katsuyuki Kubo, Shiro Saito and Mitsuo Itakura : Allele Loss on Chromosome 11 in a Pituitary Tumor from a Patient with Multiple Endocrine Neoplasia Type I., Japanese Journal of Cancer Research, Vol.82, (号), 886-889, 1991..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Yoshimoto, K. Kubo, Hiroyuki Iwahana, R. Yamasaki, Shiro Saito and Mitsuo Itakura : Molecular Basis for Tumorigenesis in Multiple Endocrine Neoplasia (MEN), FRONTIERS IN MOLECULAR ENDOCRINOLOGY" in GUNMA INTERNATIONAL ENDOCRINE SYMPOSIUM, (巻), (号), (頁), Maebashi, Jan. 1991..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫, 重清 俊雄, 齋藤 史郎, 白神 あきら : プロトロンビン・トクシマのPCR-SSCP法による遺伝子解析, 第88回日本内科学会総会(京都), (巻), (号), (頁), 1991年4月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 久保 克之, 板倉 光夫, 岩花 弘之, 露口 勝, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : PCR-SSCP法による甲状腺腫瘍におけるras遺伝子の解析, 第64回日本内分泌学会学術総会(東京), (巻), (号), (頁), 1991年6月..[著者]+[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 久保 克之, 露口 勝, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : 甲状腺腫瘍におけるras, gsp, gip2, p53遺伝子の解析, 第50回日本癌学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1991年9月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : 内分泌腺腫瘍におけるras, Gsα, p53遺伝子の解析, 第64回日本内分泌学会秋期学術大会(前橋), (巻), (号), (頁), 1991年11月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 重清 俊雄, 白神 あきら, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : プロトロンビン異常症とプロトロンビン低下症のダブルヘテロ接合体のPCR-SSCP法による遺伝子解析, 第34回日本先天性代謝異常学会(東京), (巻), (号), (頁), 1991年11月..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Detection of Point Mutations by SSCP of PCR-Amplified DNA after Endonuclease Digestion., BioTechniques, Vol.12, No.1, 64-66, 1992..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Detection of a Single Base Substitution of the Gene for Prothrombin Tokushima: The Application of PCR-SSCP for the Genetic and Molecular Analysis of Dysprothrombinemia., International Journal of Hematology, Vol.55, No.1, 93-100, 1992..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Highly Polymorphic Region of the Human Prothrombin (F2) Gene., Human Genetics, Vol.89, No.1, 123-124, 1992..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Ayumi Fukuda, Shiro Saito and Mitsuo Itakura : Role of p53 Gene Mutations for Endocrine Tumorigenesis: Mutation Detection by Polymerase Chain Reaction-Single Strand Conformation Polymorphism., Cancer Research, Vol.52, No.18, 5061-5064, 1992..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Detection of a New Polymorphism of the Human Prothrombin (F2) Gene by Combination of PASA and Mutated Primer-Mediated PCR-RFLP., Human Genetics, Vol.90, (号), 325-326, 1992..[著者] ...
閲覧 Akira Tomonari, Hiroyuki Iwahara, Katsuhiko Yoshimoto, Toshio Shigekiyo, Shiro Saito and Mitsuo Itakura : Two New Nonsense Mutations in Type Ia Antithrombin III Deficiency at Leu 140 and Arg 197., Thromb Haemostas, Vol.68, No.4, 455-459, 1992..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Toshio Shigekiyo, Akira Shirakami, Shiro Saito and Mitsuo Itakura : Molecular and Genetic Analysis of a Compound Heterozygote for Dysprothrombinemia of Prothrombin Tokushima and Hypoprothrombinemia., American Journal of Human Genetics, Vol.51, (号), 1386-1395, 1992..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Ayumi Fukuda, Toshiaki Sano, Kiyonori Katsuragi, Moritoshi Kinoshita, Shiro Saito and Mitsuo Itakura : Ras Mutations in Endocrine Tumors: Mutation Detection by PCR-SSCP., Japanese Journal of Cancer Research, Vol.83, No.10, 1057-1062, 1992..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 重清 俊雄, 白神 あきら, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : プロトロンビン異常症と低下症のダブルヘテロ接合体のPCR-SSCP法による遺伝子解析, 第89回日本内科講演会(東京), (巻), (号), (頁), 1992年4月..[著者] ...
閲覧 友成 章, 宇野 由佳, 重清 俊雄, 齋藤 史郎, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : 先天性Antithrombin(AT)III欠乏症I型2家系におけるATIII遺伝子のLeu140およびArg197からstop codonへの新しい点突然変異, 第54回日本血液学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1992年4月..[著者] ...
閲覧 福田 あゆみ, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : 内分泌腫瘍におけるrasおよびp53遺伝子異常の同定, 第65回日本内分泌学会総会(徳島), (巻), (号), (頁), 1992年6月..[著者] ...
閲覧 水澤 典子, 岩花 弘之, 山岡 孝, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のcDNAクローニング, 第64回日本生化学会大会(福岡), (巻), (号), (頁), 1992年10月..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Jun Oka, Noriko Mizusawa, Eiji Kudo, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto, Edward W Holmes and Mitsuo Itakura : Molecular Cloning of Human Amidophosphoribosyltransferase., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.190, No.1, 192-200, 1993..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Takashi Yamaoka, Masakazu Mizutani, Noriko Mizusawa, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Molecular Cloning of Rat Amidophosphoribosyltransferase., The Journal of Biological Chemistry, Vol.268, No.10, 7225-7237, 1993..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Ayumi Fukuda, Toshiaki Sano, Shiro Saito and Mitsuo Itakura : Rare Mutation of Gs Alpha Subunit Gene in Human Endocrine Tumors: Mutation Detection by Polymerase Chain Reaction-Primer-Introduced Restriction Analysis., Cancer, Vol.72, No.4, 1386-1393, 1993..[著者] ...
閲覧 Eiji Kudo, Kunio Ii, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Kazuo Hizawa and Mitsuo Itakura : PCR-SSCP Screening of b-Amyloid Precursor Protein Mutations in Two Japanese Pedigrees with Familial Early Onset Alzheimer's Disease., Biomed Res, Vol.14, No.3, 223-231, 1993..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana and Mitsuo Itakura : Relatively Good Prognosis of Multiple Endocrine Neoplasia Type 2B in Japanese: Review of Cases in Japan and Analysis of Genetic Changes in Tumors., Endocrine Journal, Vol.40, No.6, 649-657, 1993..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 水澤 典子, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)cDNAのPCRを用いた遺伝子クローニング, 第26回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年2月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 山岡 孝, 水谷 正一, 水澤 典子, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)酵素蛋白のアミノ酸配列とmRNAの組織別発現, 第26回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年2月..[著者] ...
閲覧 村上 理衣, 吉本 勝彦, 大田 美香, 岩花 弘之, 中内 啓光, 板倉 光夫 : 糖尿病の体細胞遺伝子治療法における分子生物学的安全装置の開発, 第36回日本糖尿病学会年次学術集会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年5月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫, 佐野 壽昭, 久保 克之, 齋藤 史郎, 露口 勝 : 多発性内分泌腫瘍症2B型(MEN2B)の本邦における実態調査と腫瘍における遺伝子異常の解析, 第66回日本内分泌学会学術総会(金沢), (巻), (号), (頁), 1993年6月..[著者] ...
閲覧 閔 洪中, 泉 啓介, 工藤 英治, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : LECラットの自然発生およびニトロサミン誘発肝腫瘍におけるp53およびras遺伝子の解析, 第52回日本癌学会総会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年10月..[著者] ...
閲覧 Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, J. Miyazaki, F. Tashiro, Setsuko Ii, Eiji Kudo, Hiroyuki Iwahana, Yoshio Hayashi, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura : (Workshop) Local Production of IL-10 in Pancreatic Islet A-Cells in Transgenic NOD Mice Accelerates Autoimmune Insulitis and Diabetes., Combined Meeting of the 8th International Lymphokine Workshop and The 4th International Workshop on Cytokines, (巻), (号), (頁), Osaka, Oct. 1993..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : マイクロサテライト解析による多発性内分泌腫瘍症1型(MEN I型)腫瘍における第11染色体欠失の検出, 第66回日本内分泌学会秋期学術大会(青森), (巻), (号), (頁), 1993年10月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : 膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞からIL-10を分泌するNODトランスジェニックマウス(Tg)における膵ラ島B細胞の自己免疫性破壊の促進, 第23回日本免疫学会総会・学術集会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年11月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 村上 理衣, 濱口 幸子, 板倉 光夫, 久保 克之, 板東 浩 : インスリノーマにおける遺伝子異常の解析, 第31回日本糖尿病学会中国四国地方会(松山), (巻), (号), (頁), 1993年11月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 水澤 典子, 工藤 英治, 板倉 光夫 : 多種類の蛍光色素とコンピューター画像を用いたMF-PCR-SSCP解析, 第16回日本分子生物学会年会(千葉), (巻), (号), (頁), 1993年12月..[著者] ...
閲覧 田中 正喜, 片島 るみ, 水澤 典子, 村上 大輔, 大塚 理司, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : Random sequencingによるマウス膵ランゲルハンス島B細胞(膵B細胞)の発現遺伝子群の解析, 第16回日本分子生物学会年会(千葉), (巻), (号), (頁), 1993年12月..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Noriko Mizusawa, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : An End-Trimming Method to Amplify Adjacent cDNA Fragments by PCR., BioTechniques, Vol.16, No.1, 94-98, 1994..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Noriko Mizusawa, Eiji Kudo and Mitsuo Itakura : Multiple Fluorescence-Based PCR-SSCP Analysis., BioTechniques, Vol.16, No.2, 296-305, 1994..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Toshiyuki Tsujisawa and Mitsuo Itakura : T-Cassette Ligation: A Method for Direct Sequencing and Cloning of PCR-Amplified DNA Fragments., Genome Research, Vol.3, (号), 219-224, 1994..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Toshiyuki Tsujisawa, Rumi Katashima, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : PCR with End Trimming and Cassette Ligation: A Rapid Method to Clone Exon-Intron Boundaries and a 5'-Upstream Sequence of Genomic DNA Based on a cDNA Sequence., Genome Research, Vol.4, No.1, 19-25, 1994..[著者] ...
閲覧 Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Fumi Tashiro, Chikara Hashimoto, Jun-ichi Miyazaki, Setsuko Ii, Eiji Kudo, Hiroyuki Iwahana, Yoshio Hayashi, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura : Transgenic Expression of IL-10 in Pancreatic Islet A cells Accelerates Autoimmune Insulitis and Diabetes in Non-Obese Diabetic Mice., International Immunology, Vol.6, No.12, 1927-1936, 1994..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 糖尿病治療-将来の展望 遺伝子治療, 株式会社 診断と治療社, 東京, 1994年1月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : 遺伝子治療への展望, nanoGIGA, Vol.19, No.4, 114-119, 1994年1月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : 糖尿病の遺伝子治療, 治療の最前線, Vol.1, No.3, 116-120, 1994年1月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : マイクロサテライト解析による多発性内分泌腫瘍症1型(MEN 1)腫瘍における第11染色体の欠失の検出, ホルモンと臨床, Vol.24, (号), 262-265, 1994年1月..[著者] ...
閲覧 安井 理恵, 岩花 弘之, 伊井 節子, 辻澤 利行, 本田 壮一, 田中 正喜, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のcDNAクローニング, 第208回徳島医学会(平成5年度冬期総会), (巻), (号), (頁), 1994年1月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 : ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング, 第27回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1994年2月..[著者] ...
閲覧 辻澤 利行, 岩花 弘之, 安井 理恵, 本田 壮一, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase, EC 2.4.2.14)ゲノムDNAのPCRを用いた遺伝子クローニング, 第27回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1994年2月..[著者] ...
閲覧 本田 壮一, 岩花 弘之, 辻澤 利行, 安井 理恵, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)mRNAの細胞周期依存性の発現とその調節, 第27回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1994年2月..[著者] ...
閲覧 Yoshiaki Kubo, Yoshio Urano, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Kosaku Fukuhara, Seiji Arase and Mitsuo Itakura : p53 Gene Mutations in Human Skin Cancers and Precancerous Lesions: Comparison with Immunohistochemical Analysis., The Journal of Investigative Dermatology, Vol.102, No.4, 440-444, 1994..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭 : (ワークショップ)「トランスジェニック動物の糖尿病学への貢献」,IL-10を膵ラ氏島A細胞で発現するNODトランスジェニックマウス, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 1994年5月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : (膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞にIL-10を発現させたトランスジェニックマウス(Tg)における糖尿病発症の促進, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 1994年5月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : インスリノーマにおける遺伝子異常の解析, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 1994年5月..[著者] ...
閲覧 友成 章, 吉本 勝彦, 田中 正喜, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : 成長ホルモン(GH)の発現系を用いたヒトインスリン遺伝子の転写調節の検討, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 1994年5月..[著者] ...
閲覧 大田 美香, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫, 高橋 幸男, 田野 保雄 : ヒトアルドース還元酵素(AR)を発現するトランスジェニックマウス(AR-Tg)における糖尿病性合併症の解析, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 1994年5月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 大田 美香, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 高橋 幸男, 田野 保雄 : (サテライトシンボジウム)ヒトアルドース還元酵素(AR)を発現するトランスジェニックマウス(AR-Tg)における糖尿病性合併症の解析, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 1994年5月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 森谷 眞紀, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : 膵ランゲルハンス島A細胞にIL-10を発現させたトランスジェニックNODマウスにおける糖尿病発症の促進, 第67回日本内分泌学会学術総会(長崎), (巻), (号), (頁), 1994年6月..[著者] ...
閲覧 友成 章, 吉本 勝彦, 田中 正喜, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : MIN6におけるヒトインスリン遺伝子(INS) のグルコース(Glc)応答性の転写調節, 第67回日本内分泌学会学術総会(長崎), (巻), (号), (頁), 1994年6月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 : ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング, 第67回日本生化学会大会(大阪), (巻), (号), (頁), 1994年9月..[著者] ...
閲覧 本田 壮一, 岩花 弘之, 辻澤 利行, 安井 理恵, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)遺伝子のゲノム構造と細胞周期依存性発現, 第67回日本生化学会大会(大阪), (巻), (号), (頁), 1994年9月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : テクニカルセミナー「生化学分析における自動化システムの最新技術」,多種類の蛍光色素とコンピューター画像を用いたMF-PCR-SSCP解析, 第67回日本生化学会大会 (大阪), 1994年9月..[著者] ...
閲覧 Kunio Ii, Eiji Kudo, K. Hizawa, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Setsuko Ii and Mitsuo Itakura : Early Onset Familial Alzheimer's Disease (AD) in the Largest Family with AD in Japan. - Histopathological, Immunohistochemical and Amyloid Precursor Protein (APP) Gene Analysis Studies., The XIIth International Congress of Neuropathology, (巻), (号), (頁), Toronto, Sep. 1994..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 村上 理衣, 森谷 眞紀, 大田 美香, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : 糖尿病の体細胞遺伝子治療におけるHerpes Simplex Virus thymidine kinase(HSV-tk)遺伝子を用いた安全装置の開発, 第32回日本糖尿病学会中国四国地方会(出雲), (巻), (号), (頁), 1994年10月..[著者] ...
閲覧 田中 正喜, 濱口 幸子, 東 きよう, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : Random sequencingによる大腸癌細胞株(colo205)の遺伝子解析, 第53回日本癌学会総会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1994年10月..[著者] ...
閲覧 閔 洪中, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫, 北浦 敬介, 長根 芳文, 泉 啓介 : ニトロサミンによるラット肝・腎腫瘍のp53遺伝子の変異, 第53回日本癌学会総会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1994年10月..[著者] ...
閲覧 J. Miyazaki, C. Hashimoto, F. Tashiro, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Early-Onset Diabetes Induced in NOD Mice by Transgenic Expression of IL-10 in A cells or SV40 T antigen in B cells., The 15th International Diabetes Federation Congress, Satellite Symposium, "Lessons from Animal Diabetes", (巻), (号), (頁), Oomiya, Nov. 1994..[著者] ...
閲覧 Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana and Mitsuo Itakura : Effect of IL-10 on Immunological Rejection of Islet B cells by Lymphocytes., The 15th International Diabetes Federation Congress, (巻), (号), (頁), Kobe, Nov. 1994..[著者] ...
閲覧 M. Tanaka, Rumi Katashima, D. Murakami, A. Tomonari, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Molecular Cloning of a Group of Pancreatic Islet B cell- and Glucose Concentration-Specific Genes by Random cDNA Sequencing., The 15th International Diabetes Federation Congress, (巻), (号), (頁), Kobe, Nov. 1994..[著者] ...
閲覧 A. Tomonari, Katsuhiko Yoshimoto, M. Tanaka, Hiroyuki Iwahana and Mitsuo Itakura : Cis-Elements of Human Insulin Gene Involved in Glucose-Responsive Transcription in a Mouse Islet B Cell Line of MIN6., The 15th International Diabetes Federation Congress, (巻), (号), (頁), Kobe, Nov. 1994..[著者] ...
閲覧 Setsuko Ii, M. Ohta, Y. Takahashi, Y. Tano, Y. Kokai, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Effect of Transgenic Expression of Aldose Reductase (AR) on Diabetic Proteinuria and Retinopathy., The 15th International Diabetes Federation Congress, (巻), (号), (頁), Kobe, Nov. 1994..[著者] ...
閲覧 田中 知里, 吉本 勝彦, 木村 建彦, 岩花 弘之, 宮内 昭, 板倉 光夫 : 多発性内分泌腫瘍症2B型と孤発性の褐色細胞腫におけるRET遺伝子チロシンキナーゼ部位の変異, 第67回日本内分泌学会秋期学術大会(広島), (巻), (号), (頁), 1994年11月..[著者] ...
閲覧 濱口 幸子, 吉本 勝彦, 小海 康夫, 佐野 壽昭, 岩花 弘之, 林 良夫, 板倉 光夫 : IFNγを膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞で発現するトランスジェニックマウス(IFNγTg)における耐糖能異常の出現, 第67回日本内分泌学会秋期学術大会(広島), (巻), (号), (頁), 1994年11月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : 膵ランゲルハンス島(膵島)A細胞に発現させたIL-10による膵島炎促進の系統依存性, 第24回日本免疫学会総会・学術集会(京都), (巻), (号), (頁), 1994年11月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 東 きよう, 高橋 陽子, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : MF-PCR-SSCP:多種類の蛍光色素とコンピューター画像を用いた解析, 第17回日本分子生物学会年会(神戸), (巻), (号), (頁), 1994年12月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : バイオテクノロジーセミナー「最新技術の分子生物学への応用」,MF-PCR-SSCPによる遺伝子変異の解析, 第17回日本分子生物学会年会 (神戸), 1994年12月..[著者] ...
閲覧 Masaki Tanaka, Rumi Katashima, Daisuke Murakami, Kyo Adzuma, Yoko Takahashi, Akira Tomonari, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Molecular Cloning of a Group of Mouse Pancreatic Islet B Cell and Glucose Concentration-Related Genes by Random cDNA Sequencing., Diabetologia, Vol.38, (号), 381-386, 1995..[著者] ...
閲覧 Masaki Tanaka, Kyo Adzuma, Miki Iwami, Katsuhiko Yoshimoto, Yasumasa Monden and Mitsuo Itakura : Human Calgizzarin; One Colorectal Cancer-Related Gene Selected by a Large Scale Random cDNA Sequencing and Northern Blot Analysis., Cancer Letters, Vol.89, (号), 195-200, 1995..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Yoshimoto, Chisato Kosugi, Sachiko Hamaguchi, Takehiko Kimura, Hiroyuki Iwahana, Akira Miyauchi and Mitsuo Itakura : Tumor-Specific Mutations in the Tyrosine Kinase Domain of the RET Proto-Oncogene in Pheochromocytomas of Sporadic Type., Endocrine Journal, Vol.42, No.2, 265-270, 1995..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Kyo Adzuma, Yoko Takahashi, Rumi Katashima, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Multiple Fluorescence-Based PCR-SSCP Analysis with Postlabeling., Genome Research, Vol.4, (号), 275-282, 1995..[著者] ...
閲覧 Mika Ohta, Setsuko Ii, Takashi Yamaoka, Kazuo Ono, Yasuo Kokai, Jun-ichiro Fujimoto, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Galactose-Induced Albuminuria in Transgenic Mice Expressing Human Aldose Reductase., Nutrition Research, Vol.15, No.9, 1343-1353, 1995..[著者] ...
閲覧 Yasumi Shintani, Katsuhiko Yoshimoto, Hideaki Horie, Toshiaki Sano, Yoshiko Kanesaki, Emiko Hosoi, Yutaka Yokogoshi, Hiroshi Bando, Hiroyuki Iwahana, Seiji Kannuki, Keizo Matsumoto, Mitsuo Itakura and Shiro Saito : Two Different Pituitary Adenomas in a Patient with Multiple Endocrine Neoplasia Type 1Associated with Growth Hormone-Releasing Hormone-Producing Pancreatic Tumor: Clinical and Genetic Features., Endocrine Journal, Vol.42, No.3, 331-340, 1995..[著者] ...
閲覧 Hideo Kaneko, Kiyoko Sugita, Nobutaka Kiyokawa, Koho Iizuka, Koji Takada, Masahiro Saito, Katsuhiko Yoshimoto, Mitsuo Itakura, Yasuo Kokai and Junichiro Fujimoto : Lack of CD54 Expression and Mutation of p53 Gene Relate to the Prognosis of Childhood Burkitt's Lymphoma., Leukemia and Lymphoma, Vol.18, (号), 179-184, 1995..[著者] ...
閲覧 Mitsuo Itakura, Maki Moritani, Fumi Tashiro, Chikara Hashimoto, Jun-ichi Miyazaki, Setsuko Ii, Eiji Kudo, Hiroyuki Iwahana, Yoshio Hayashi, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto : Paracrine IL-10 Accelerates Autoimmune Insulitis and Diabetes in Transgenic NOD mice, Elsevier Science Publishers, Amsterdam, Jan. 1995..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : differential display, 秀潤社, 東京, 1995年1月..[著者] ...
閲覧 小杉 知里, 吉本 勝彦, 木村 建彦, 岩花 弘之, 宮内 昭, 板倉 光夫 : 孤発性褐色細胞腫におけるRET遺伝子チロシンキナーゼ部位の変異, ホルモンと臨床, Vol.43, (号), 164-168, 1995年1月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 本田 壮一, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)の細胞周期および細胞密度依存性の発現調節, 第28回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1995年2月..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 岩花 弘之, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)に対するアンチセンスオリゴデオキシヌクレオチドの細胞増殖抑制効果について, 第28回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1995年2月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 高橋 陽子, 東 きよう, 片島 るみ, 辻澤 利行, 本田 壮一, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のゲノム構造の解析, 第28回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1995年2月..[著者] ...
閲覧 高橋 陽子, 岩花 弘之, 東 きよう, 片島 るみ, 辻澤 利行, 本田 壮一, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のゲノム構造の解析, 第28回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1995年2月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : 糖尿病の体細胞遺伝子治療におけるHerpes Simplex Virus-thymidine kinase(HSV-tk)遺伝子を用いた安全装置の開発, 第92回日本内科学会総会講演会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1995年4月..[著者] ...
閲覧 堀江 千昌, 堀江 貴浩, 安田 貢, 柴 昌子, 横井 孝文, 大黒 隆司, 西角 智子, 鎌村 真子, 松永 裕子, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : 肝癌組織におけるC型肝炎ウイルス(HCV)ゲノムの高変異性, 第92回日本内科学会総会講演会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1995年4月..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwanaha, Soichi Honda, Toshiyuki Tsujisawa, Yoko Takahashi, Kyo Adzuma, Rumi Katashima, Takashi Yamaoka, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Rat Genomic Structure of Amidophosphoribosyltransferase, cDNA Sequence of Aminoimidazole Ribonucleotide Carboxylase, and Cell Cycle-Dependent Expression of These Two Physically Linked Genes., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1261, No.3, 369-380, 1995..[著者] ...
閲覧 伊井 節子, 大田 美香, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : ヒトアルドース還元酵素(hAR)を発現するトランスジェニックマウス(hAR-Tg)の糖尿病状態におけるポリオール代謝, 第38回日本糖尿病学会年次学術集会(大宮), (巻), (号), (頁), 1995年5月..[著者] ...
閲覧 友成 章, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : ヒトインスリン遺伝子(INS)のグルコース(Glc)応答性の転写調節に関与するDNAエレメントの検討, 第38回日本糖尿病学会年次学術集会(大宮), (巻), (号), (頁), 1995年5月..[著者] ...
閲覧 濱口 幸子, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 岩花 弘之, 林 良夫, 板倉 光夫 : IFN-γを膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞で発現するトランスジェニックマウス(IFN-γ Tg)における耐糖能異常の出現, 第38回日本糖尿病学会年次学術集会(大宮), (巻), (号), (頁), 1995年5月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 菊谷 仁, 板倉 光夫 : IL-10を発現する膵ラ島B細胞特異的T細胞の幼若NODマウスヘの養子移入による糖尿病発症の抑制効果, 第38回日本糖尿病学会年次学術集会(大宮), (巻), (号), (頁), 1995年5月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 菊谷 仁, 板倉 光夫 : (ワークショップ) 8. 糖尿病-個体レベルの分子生物学的アプローチIL-10遺伝子を導入したリンパ球を用いるI型糖尿病の体細胞遺伝子治療への取り組み, 第38回日本糖尿病学会年次学術集会(大宮), (巻), (号), (頁), 1995年5月..[著者] ...
閲覧 Yoshio Urano, Takashi Asano, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Yoshiaki Kubo, Shoji Kato, Shiro Sasaki, Norifumi Takeuchi, Naoyuki Uchida, Hideki Nakanishi, Seiji Arase and Mitsuo Itakura : Frequent p53 Accumulation in the Chronically Sun-Exposed Epidermis and Clonal Expansion of p53 Mutant Cells in the Epidermis Adjacent to Basal Cell Carcinoma., The Journal of Investigative Dermatology, Vol.104, No.6, 928-932, 1995..[著者] ...
閲覧 木村 建彦, 吉本 勝彦, 田中 知里, 濱口 幸子, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 宮内 昭, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : 副甲状腺腫瘍におけるRET遺伝子の変異, 第68回日本内分泌学会学術総会(東京), (巻), (号), (頁), 1995年6月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 木村 建彦, 新谷 保実, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : 多発性内分泌腫瘍症(MEN)における耐糖能異常, 第27回日本内科学会四国地方会(高知), (巻), (号), (頁), 1995年6月..[著者] ...
閲覧 高橋 陽子, 岩花 弘之, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : YACライブラリーを用いたPCR法によるヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のゲノム構造の解析, 第68回日本生化学会大会(仙台), (巻), (号), (頁), 1995年9月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 本田 壮一, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)の細胞周期および細胞密度依存性の発現調節, 第68回日本生化学会大会(仙台), (巻), (号), (頁), 1995年9月..[著者] ...
閲覧 木村 建彦, 吉本 勝彦, 田中 知里, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 宮内 昭, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : 副甲状腺におけるRET遺伝子の変異, 第54回日本癌学会総会(京都), (巻), (号), (頁), 1995年10月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 片島 るみ, 山岡 孝, 本田 壮一, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼに対するアンチセンスオリゴデオキシヌクレオチドの細胞増殖抑制効果について, 第54回日本癌学会総会(京都), (巻), (号), (頁), 1995年10月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 田中 知里, 木村 建彦, 本田 壮一, 岩花 弘之, 山田 正三, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : 孤発性下垂体腺腫におけるマイクロサテライト解析による第11染色体のヘテロ接合性消失の検討, 第68回日本内分泌学会秋期学術大会(山梨), (巻), (号), (頁), 1995年10月..[著者] ...
閲覧 木村 建彦, 吉本 勝彦, 田中 知里, 岩花 弘之, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : 副腎褐色細胞腫におけるRET遺伝子コドン768の変異, 第68回日本内分泌学会秋期学術大会(山梨), (巻), (号), (頁), 1995年10月..[著者] ...
閲覧 田中 知里, 吉本 勝彦, 木村 建彦, 大倉 敏裕, 岩花 弘之, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : 下垂体腺腫におけるRET遺伝子の変異, 第68回日本内分泌学会秋期学術大会(山梨), (巻), (号), (頁), 1995年10月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 菊谷 仁, 板倉 光夫 : IL-10を発現する膵ラ島B細胞特異的Th1細胞の幼若NODマウスヘの養子移入による糖尿病発症の抑制, 第25回日本免疫学会総会・学術集会(福岡), (巻), (号), (頁), 1995年11月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 藤村 美和, 高橋 陽子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : 内部標識による蛍光PCR-SSCP法を用いた遺伝子解析, 第16回日本分子生物学会年会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1995年12月..[著者] ...
閲覧 Takehiko Kimura, Katsuhiko Yoshimoto, Chisato Kosugi, Yoshihiro Ohkura, Hiroyuki Iwahana, Akira Miyauchi, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura : Obvious mRNA and Protein Expression but Absence of Mutations of the RET Proto-Oncogene in Parathyroid Tumors., European Journal of Endocrinology, Vol.134, No.3, 314-319, 1996..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Yoshimoto, Takehiko Kimura, Chisato Kosugi, Maki Moritani, Hiroyuki Iwahana and Mitsuo Itakura : Absence of Mutations at Codon 768 of the RET Proto-Oncogene in Sporadic and Hereditary Pheochromocytomas., Endocrine Journal, Vol.43, No.1, 109-114, 1996..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Miwa Fujimura, Yoko Takahashi, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Multiple Fluorescence-Based PCR-SSCP Analysis Using Internal Fluorescent Labeling of PCR Products., BioTechniques, Vol.21, No.3, 510-519, 1996..[著者] ...
閲覧 Akira Tomonari, Katsuhiko Yoshimoto, Masaki Tanaka, Hiroyuki Iwahana, Jun-ichi Miyazaki and Mitsuo Itakura : GGAAT Motifs Play a Major Role in Transcriptional Activity of the Human Insulin Gene in a Pancreatic Islet Beta Cell Line of MIN6., Diabetologia, Vol.39, (号), 1462-1468, 1996..[著者] ...
閲覧 Mitsuo Itakura, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Chikara Hashimoto, Satoshi Otsuka, Toshiaki Sano and Jun-ichi Miyazaki : Immuno-stimulatory versus Immunosuppressive Roles of IL-10 in Type I Diabetes: Analysis with IL-10-Producing Transgenic Non-Obese Diabetic Mice., Birkhauser Boston, Boston, Jan. 1996..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 小杉 知里, 木村 建彦, 岩花 弘之, 山田 正三, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : 孤発性下垂体腺腫におけるマイクロ サテライト解析による第11染色体のヘテロ接合性消失の検出, ホルモンと臨床, Vol.44, (号), 73-75, 1996年1月..[著者] ...
閲覧 Chiyo Horie, Hiroyuki Iwahana, Takahiro Horie, Ichiro Shimizu, Katsuhiko Yoshimoto, Shiro Yogita, Seiki Tashiro, Susumu Ito and Mitsuo Itakura : Detection of Different Quasispecies of Hepatitis C Virus Core Region in Cancerous and Non-cancerous Regions., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.218, No.3, 674-681, 1996..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 田中 知里, 木村 建彦, 大倉 敏裕, 岩花 弘之, 山田 正三, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : (シンポジウム)下垂体腺腫におけるP16/CDKN2遺伝子変異の解析, 第6回間脳下垂体腫瘍研究会(東京), (巻), (号), (頁), 1996年2月..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Miwa Fujimura, Setsuko Ii, Maki Kondo, Maki Moritani, Yoko Takahashi, Takashi Yamaoka, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Molecular Cloning of a Human cDNA Encoding a Trifunctional Enzyme of Carbamoyl- Phosphate Synthetase-Aspartate Transcarbamoylase-Dihydroorotase in de Novo Pyrimidine Synthesis., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.219, No.1, 249-255, 1996..[著者] ...
閲覧 高橋 陽子, 岩花 弘之, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : PCR法によるヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のゲノム構造の解析, 第29回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(大阪), (巻), (号), (頁), 1996年2月..[著者] ...
閲覧 近藤 麻木, 山岡 孝, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : プリン体de novo生合成経路とサルベージ経路:両経路のkey enzymeとその細胞増殖に対する寄与, 第29回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(大阪), (巻), (号), (頁), 1996年2月..[著者] ...
閲覧 藤村 美和, 岩花 弘之, 高橋 陽子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ヒトCAD cDNAのPCRを用いた遺伝子クローニング, 第29回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(大阪), (巻), (号), (頁), 1996年2月..[著者] ...
閲覧 浅原 貴志, 三村 康男, 伊井 節子, 東 きよう, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : S化オリゴデオキシヌクレオチドのマウス硝子体内投与後の網膜組織への移行および安定性, 第100回日本眼科学会総会(京都), (巻), (号), (頁), 1996年5月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 菊谷 仁, 宮崎 純一, 板倉 光夫 : NOD/scidマウスを用いる膵ラ島B細胞の破壊機序を検討する動物モデルの開発, 第39回日本糖尿病学会年次学術集会(福岡), (巻), (号), (頁), 1996年5月..[著者] ...
閲覧 伊井 節子, 田島 織絵, 山岡 孝, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ヒトアルドース還元酵素(hAR)を発現するトランスジェニックマウス(hAR-Tg)の糖尿病性蛋白尿と腎組織におけるRedox, 第39回日本糖尿病学会年次学術集会(福岡), (巻), (号), (頁), 1996年5月..[著者] ...
閲覧 友成 章, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 宮崎 純一, 板倉 光夫 : GGAAATモチーフ(GG1とGG2)によるヒトインスリン遺伝子(INS)の転写調節, 第39回日本糖尿病学会年次学術集会(福岡), (巻), (号), (頁), 1996年5月..[著者] ...
閲覧 笹原 賢司, 東 きよう, 大塚 理司, 田中 正喜, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : Random sequencingにより培養マウス膵ラ島B細胞より得た新規cDNA cloneの全塩基配列と臓器特異的発現, 第39回日本糖尿病学会年次学術集会(福岡), (巻), (号), (頁), 1996年5月..[著者] ...
閲覧 田中 知里, 吉本 勝彦, 木村 建彦, 岩花 弘之, 山田 正三, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : 下垂体腺腫におけるp16/CDKN2遺伝子異常の解析, 第69回日本内分泌学会学術総会(大阪), (巻), (号), (頁), 1996年7月..[著者] ...
閲覧 Mitsuo Itakura, Maki Moritani, Setsuko Ii, Takashi Yamaoka, Hiroyuki Iwahana and Katsuhiko Yoshimoto : Approaches to Develop Gene Therapy for Diabetes., The 12th International Symposium of Federation of Asian and Oceanian Biochemists and Molecular Biologists: Gene Regulation of Biological Functions, (巻), (号), (頁), Tokushima, July 1996..[著者] ...
閲覧 Satoshi Otsuka, Masaki Tanaka, Shiro Saito, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Molecular Cloning of a cDNA Encoding Human Ribosomal Protein L39., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1308, No.2, 119-121, 1996..[著者] ...
閲覧 藤村 美和, 岩花 弘之, 伊井 節子, 近藤 麻木, 森谷 眞紀, 高橋 陽子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ヒトCAD cDNAのPCRを用いた遺伝子クローニング, 第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会(札幌), (巻), (号), (頁), 1996年8月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 近藤 麻木, 伊井 節子, 近藤 麻木, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : 遺伝子欠損株と導入株を用いた細胞増殖に対するプリン体de novo生合成経路の律速性, 第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会(札幌), (巻), (号), (頁), 1996年8月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 藤村 美和, 安田 后希, 伊井 節子, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 石塚 俊治, 喜多 和子, 橘 正道, 板倉 光夫 : ヒト・ホスホリボシルピロリン酸(PRPP)合成酵素の39kDa結合蛋白質(PAP39)遺伝子のゲノム構造の解析, 第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会(札幌), (巻), (号), (頁), 1996年8月..[著者] ...
閲覧 Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Setsuko Ii, Maki Kondo, Hiroyuki Iwahana, Takashi Yamaoka, Toshiaki Sano, Naoko Nakano, Hitoshi Kikutani and Mitsuo Itakura : Prevention of Adoptively Transferred Diabetes in Non-Obese Diabetic Mice with IL-10-Transduced Islet-Specific Th1 Lymphocytes: A Gene Therapy Model for Autoimmune Diabetes., The Journal of Clinical Investigation, Vol.98, No.8, 1851-1859, 1996..[著者] ...
閲覧 山田 正三, 吉本 勝彦, 高田 浩次, 板倉 光夫, 臼井 雅昭 : 下垂体腺腫の遺伝子異常:マイクロサテライト解析によるヘテロ接合性の消失の検討, 第55回日本脳神経外科学会総会(富山), (巻), (号), (頁), 1996年10月..[著者] ...
閲覧 板東 浩, 齋藤 史郎, 島 健二, 板倉 光夫, 桒島 正道, 齋藤 憲, 齋藤 晴比古, 小松 まち子, 長瀬 教夫, 亀山 和人, 西村 典三, 中西 嘉巳, 山野 利尚, 山崎 正行, 滝下 佳寛, 米田 和夫, 小原 卓爾, 野間 善彦, 吉本 勝彦, 矢木 文和, 吉田 健三, 増田 和彦, 折野 和人, 市川 和佳, 中矢 修一郎 : 徳島県における糖尿病患者の現状, 日本糖尿病学会中国四国地方会第34回総会(宇部), (巻), (号), (頁), 1996年10月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 菊谷 仁, 板倉 光夫 : IL-10導入膵ラ島特異Th1細胞の養子移入によるIFN-γ抑制を介するⅠ型糖尿病の遺伝子治療の動物モデル, 第26回日本免疫学会総会・学術集会(横浜), (巻), (号), (頁), 1996年11月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 小杉 知里, 木村 建彦, 岩花 弘之, 山田 正三, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 : 下垂体腺腫におけるヘテロ接合性消失およびp16遺伝子変異の解析, ホルモンと臨床, Vol.45, (号), 26-29, 1997年1月..[著者] ...
閲覧 山田 正三, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 高田 浩次, 板倉 光夫, 臼井 雅昭, 寺本 明 : 家族性下垂体腺腫を呈した1家族の遺伝子解析, ホルモンと臨床, Vol.45, (号), 30-33, 1997年1月..[著者] ...
閲覧 Shozo Yamada, Katsuhiko Yoshimoto, Toshiaki Sano, Kouji Tanaka, Mitsuo Itakura, Mitsuo Usui and Akira Teramoto : Inactivation of the Tumor Suppressor Gene on 11q13 in Brothers with Familial Acrogigantism without Multiple Endocrine Neoplasia Type 1., The Journal of Clinical Investigation, Vol.82, (号), 239-242, 1997..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Yoshimoto, Chisato Kosugi, Shozo Yamaza, Takehiko Kimura, Hiroyuki Iwahana, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura : Infrequent Mutations of p16INK4A and p15INK4B Genes in Human Pituitary Adenomas., European Journal of Endocrinology, Vol.136, No.1, 74-80, 1997..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Ninomiya, Yoshio Urano, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Shiro Sasaki, Seiji Arase and Mitsuo Itakura : p53 Gene Mutation Analysis in Porokeratosis and Porokeratosis-associated Squamous Cell Carcinoma., Journal of Dermatological Science, Vol.14, No.3, 173-178, 1997..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Sarui, Katsuhiko Yoshimoto, Shoji Okumura, Masanori Kamura, Hiroshi Takuno, Tatsuo Ishizuka, Hiroshi Takao, Kuniyasu Shimokawa, Mitsuo Itakura, Shigetoyo Saji and Keigo Yasuda : Cystic Glucagonoma with Loss of Heterozygosity on chromosome 11 in Multiple Endocrine Neoplasia Type 1., Clinical Endocrinology, Vol.46, No.4, 511-516, 1997..[著者] ...
閲覧 Hongzhong Min, Eiji Kudo, Akiko Hino, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroshi Iwahana, Mitsuo Itakura and Keisuke Izumi : p53 Gene Mutation in N-(4-hydroxybutyl) nitrosamine-induced Urinary Bladder Tumors and N-methyl-N-nitrosourea-induced Colon Tumors of Rats., Cancer Letters, Vol.117, No.1, 81-86, 1997..[著者] ...
閲覧 Takashi Yamaoka, Maki Kondo, Soichi Honda, Hiroyuki Iwahana, Maki Moritani, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Amidophosphoribosyltransferase Limits the Rate of Cell Growth-linked de Novo Purine Biosynthesis in the Presence of Constant Capacity of Salvage Purine Biosynthesis., The Journal of Biological Chemistry, Vol.272, No.28, 17719-17725, 1997..[著者] ...
閲覧 Chisato Kosugi, Katsuhiko Yoshimoto, Peng Yang, Takehiko Kimura, Shozo Yamada, Maki Moritani, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura : Infrequent Mutations of p27Kip1 Gene and Trisomy 12 in a Subset of Human Pituitary Adenomas., The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.82, No.9, 3141-3147, 1997..[著者] ...
閲覧 板東 浩, 藤中 真一, 斎藤 晴比古, 島 健二, 斎藤 史郎, 板倉 光夫, 松本 俊夫, 桒島 正道, 齋藤 憲, 川島 周, 鶴尾 美穂, 杉本 紀子, 杉本 順子, 清水 寛, 江藤 和子, 桜井 えつ, 近藤 彰, 林 健司, 福島 康江, 赤池 瞳, 岩田 坤, 住友 辰次, 小川 紘一, 松村 光博, 矢野 勇人, 川内 茂徳, 福田 克之, 竹田 勝則, 筒井 芳彦, 橋本 吉弘, 米田 弘, 土橋 孝之, 溝渕 樹, 石川 雅康, 木村 建彦, 大倉 敏裕, 高田 幸伸, 高橋 秀夫, 石川 由子, 曽根 佳世子, 阿部 多賀子, 和田 美智子, 十枝 紀巳代 : プライマリ·ケア医による糖尿病合併症の調査, 日本プライマリ·ケア学会誌, Vol.20, No.1, 46-51, 1997年..[著者] ...
閲覧 出原 千代子, 山岡 孝, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : amidophosphoribosyltransferase(ATase)の細胞密度依存的発現を司るプロモーター領域の同定, 第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 岩花 弘之, 藤村 美和, 山崎 篤子, 石塚 俊治, 喜多 和子, 橘 正道, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ヒト・ホスホリボシルピロリン酸(PRPP)合成酵素の41kDa結合蛋白質のcDNAクローニング, 第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 片島 るみ, 井上 明子, 藤村 美和, 高橋 陽子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 富永 眞一, 板倉 光夫 : 産生過剰型痛風患者におけるアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)の多色蛍光PCR-SSCPを用いた遺伝子解析, 第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 藤村 美和, 伊井 節子, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 石塚 俊治, 喜多 和子, 富永 眞一, 橘 正道, 板倉 光夫 : ヒト・ホスホリボシルピロリン酸(PRPP)合成酵素39kDa結合蛋白質(PAP39)遺伝子のP1プラスミドとPCRを用いたゲノム構造の解析, 第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 近藤 麻木, 山岡 孝, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : プリン体のde novo生合成経路とサルべージ経路:両経路の相互調節機構と細胞増殖に対する寄与, 第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 藤村 美和, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ヒトCAD遺伝子のゲノム構造の解析, 第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 松下 隆哉, 出原 千代子, 山田 健人, 吉本 勝彦, 秦 順一, 板倉 光夫 : アクチビンのドミナントネガティブ(優性阻害)受容体を膵β細胞で発現するトランスジェニックマウス(dnActRⅡ-Tg)に認められた膵島形成不全, 第40回日本糖尿病学会年次学術集会(東京), (巻), (号), (頁), 1997年5月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 宮崎 純一, 板倉 光夫 : 膵ラ島A細胞に活性型TGF-β1を発現させたNODトランスジェニックマウス(Tg)における糖尿病発症の抑制効果, 第40回日本糖尿病学会年次学術集会(東京), (巻), (号), (頁), 1997年5月..[著者] ...
閲覧 田中 知里, 吉本 勝彦, 木村 建彦, 山田 正三, 板倉 光夫 : 下垂体腺腫における第12番染色体のallelic imbalanceとp27KIP1遺伝子異常の解析, 第70回日本内分泌学会学術総会(東京), (巻), (号), (頁), 1997年6月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 松下 隆哉, 出原 干代子, 山田 健人, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : アクチビンのドミナントネガテイブ(優性阻害)受容体を膵β細胞で発現するトランスジェニックマウス(dnActRⅡ-Tg)に認められた膵島形成不全, 第70回日本内分泌学会学術総会(東京), (巻), (号), (頁), 1997年6月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 伊井 節子, 山岡 孝, 吉本 勝彦 : (シンポジウム) 糖尿病の分子機構-多面的アプローチ,Animal Models of Gene Therapy of Diabetes, 第70回日本生化学会(金沢), (巻), (号), (頁), 1997年9月..[著者] ...
閲覧 水澤 典子, 藤村 美和, 岩花 弘之, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 堀内 三郎, 板倉 光夫 : ヒトCAD遺伝子のゲノム構造の解析, 第70回日本生化学会(金沢), (巻), (号), (頁), 1997年9月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 出原 千代子, 近藤 麻木, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : Amidophosphoribosyltransferase(ATase)の細胞密度依存的発現を司るプロモーター領域の同定, 第70回日本生化学会(金沢), (巻), (号), (頁), 1997年9月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 菊谷 仁, 佐野 壽昭, 宮崎 純一, 板倉 光夫 : 膵ラ島A細胞に発現させた活性型TGF-β1によるNODマウスにおける糖尿病発症の抑制効果, 第27回日本免疫学会総会・学術集会(札幌), (巻), (号), (頁), 1997年10月..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Yoshimoto, Hideko Endo, Masaru Tsuyuguchi, Chisato Kosugi, Takehiko Kimura, Hiroyuki Iwahana, Genichi Kato, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura : Familial Isolated Primary Hyperparathyroidism with Parathyroid Carcinomas: Clinical and Molecular Features., Clinical Endocrinology, Vol.48, No.1, 67-72, 1998..[著者] ...
閲覧 Chisato Kosugi, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Hiroshi Nishioka, Setsuko Ii, Maki Moritani, Takashi Yamaoka and Mitsuo Itakura : Absence of Germline Mutations of the MEN1 Gene in Familial Pituitary Adenoma in Contrast to Multiple Endocrine Neoplasia Type 1 in Japanese., The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.83, No.3, 960-965, 1998..[著者] ...
閲覧 Chisato Kosugi, Takehiko Kimura, Peng Yang, Maki Moritani, Takashi Yamaoka, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Analysis of Loss of Heterozygosity on Chromosome 11 and Infrequent Inactivation of MEN1 Gene in Sporadic Pituitary Adenomas., The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.83, No.8, 2631-2634, 1998..[著者] ...
閲覧 Chisato Kosugi, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Germ-Line Mutations in MEN1 Patients-Authors' Response., The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.83, No.8, 3005, 1998..[著者] ...
閲覧 Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Suzan F Wong, Chisato Kosugi, Takashi Yamaoka, Toshiaki Sano, Junichi Miyazaki, Hitoshi Kikutani and Mitsuo Itakura : Abrogation of Autoimmune Diabetes in Nonobese Diabetic Mice and Preotection against Effector Lymphocytes by Transgenic Paracrine TGFb-1., The Journal of Clinical Investigation, Vol.102, No.3, 499-506, 1998..[著者] ...
閲覧 田中 知里, 吉本 勝彦, 山田 正三, 西岡 宏, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 板倉 光夫 : MEN1遺伝子の異常:「多発性内分泌腫瘍症I型」,「家族性下垂体腺腫」および「家族性副甲状腺機能亢進症」における解析, 第71回日本内分泌学会学術総会(福岡), (巻), (号), (頁), 1998年6月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 田中 知里, 木村 建彦, Yang Peng, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 山田 正三, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : MEN1遺伝子の異常:孤発性下垂体腺腫における解析, 第71回日本内分泌学会学術総会(福岡), (巻), (号), (頁), 1998年6月..[著者] ...
閲覧 Takashi Yamaoka, Chiyoko Idehara, Makiko Yano, Takaya Matsushita, Taketo Yamada, Setsuko Ii, Maki Moritani, Jun-ichi Hata, Hiromu Sugino, Sumihare Noji and Mitsuo Itakura : Hypoplasia of pancreatic islets in transgenic mice expressing activin receptor mutants, The Journal of Clinical Investigation, Vol.102, No.2, 294-301, 1998..[著者] ...
閲覧 Chisato Kosugi, Takehiko Kimura, Peng Yang, Maki Moritani, Takashi Yamaoka, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Analysis of loss of heterozygosity on chromosome 11 and infrequent inactivation of the MEN1 gene in sporadic pituitary adenomas, The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.83, No.8, 2631-2634, 1998..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 細川 好孝, 板倉 光夫, Andrew Arnold : 副甲状腺にcyclin D1を過剰発現させたトランスジェニックマウスにおける副甲状腺腺腫, 第57回日本癌学会総会(横浜), (巻), (号), (頁), 1998年9月..[著者] ...
閲覧 Eiji Kudo, Hiroshi Shiota, Takeshi Naito, K Satake and Mitsuo Itakura : Polymorphisms of Thymidine Kinase Gene in Herpes Simplex Virus Type 1, --- Analysis of Clinical Isolates From Herpetic Keratitis Patients and Laboratory Strains ---, Journal of Medical Virology, Vol.56, No.2, 151-158, 1998..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 宮崎 純一, 菊谷 仁, 板倉 光夫 : 膵ラ島A細胞に発現させた活性型 TGF-β1による糖尿痛発症の抑制機構, 第28回日本免疫学会総会・学術集会(神戸), (巻), (号), (頁), 1998年12月..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Yoshimoto, Chisato Kosugi, Miki Moritani, Eiji Shimizu, Takashi Yamaoka, Shozo Yamada, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura : Infrequent Detectable Somatic Mutations of the RET and Glial Cell Line-Derived Neurotrophic Factor (GDNF) Genes in Human Pituitary Adenomas., Endocrine Journal, Vol.46, No.1, 199-207, 1999..[著者] ...
閲覧 Takashi Yamaoka, Makiko Yano, Chiyoko Idehara, Sachiko Tomonari, Maki Moritani, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto, Junichi Hata and Mitsuo Itakura : Apotosis and Remodelling of Beta Cells by Paracrine Interferon-g without Insulitis in Transgenic Mice., Diabetologia, Vol.42, (号), 566-573, 1999..[著者] ...
閲覧 Akira Tomonari, Katsuhiko Yoshimoto, Noriko Mizusawa, Hiroyuki Iwahana and Mitsuo Itakura : Differential Regulation of the Human Insulin Gene Transcription by GG1 and GG2 Elements with GG- and C1-binding Factors., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1446, No.3, 233-242, 1999..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 伊井 節子, 吉本 勝彦 : Strategy of SNPs-based discovery of disease-related genes as the possible targets of drug development,, 第73回日本薬理学会(横浜), (巻), (号), (頁), 1999年5月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : グルカゴンプロモ-タ-/インタ-フェロン-γ-トランスジェニックマウス(IFN-γ-Tg)に認められたβ細胞のアポト-シスと膵島リモデリング, 第72回日本内分泌学会学術総会(横浜), (巻), (号), (頁), 1999年5月..[著者] ...
閲覧 阿部 琢巳, 吉本 勝彦, 谷山 松男, 花川 一郎, 泉山 仁, 富田 基郎, 板倉 光夫, 松本 清 : MEN1遺伝子の変異を検出した家族性プロラクチノ-マの1家系, 第5回家族性腫瘍研究会学術集会(東京), (巻), (号), (頁), 1999年6月..[著者] ...
閲覧 西岡 達矢, 山崎 弘実, 近沢 宏明, 細川 貴規, 武田 京子, 公文 義雄, 橋本 浩三, 吉本 勝彦, 田中 知里, 板倉 光夫 : プロラクチン上昇を伴った原発性副甲状腺機能亢進症におけるMEN1遺伝子の解析, 第80回日本内科学会四国地方会(高知), (巻), (号), (頁), 1999年6月..[著者] ...
閲覧 阿部 琢巳, 吉本 勝彦, 谷山 松男, 望月 由武人, 小林 信介, 花川 一郎, 神保 洋之, 泉山 仁, 板倉 光夫, 松本 清 : MEN1遺伝子の変異を検出した家族性プロラクチノ-マの一家系, 第58回日本脳神経外科学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1999年10月..[著者] ...
閲覧 Toru Kikutsuji, Masamitsu Harada, Seiki Tashiro, Setsuko Ii, Maki Moritani, Takashi Yamaoka and Mitsuo Itakura : Expression of somatostatin receptor subtypes and growth inhibition in human exocrine pancreatic cancers., Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Vol.7, No.5, 496-503, 2000..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : I型糖尿病に対する遺伝子治療の現状と展望, Medical Practice, (巻), (号), 104-105, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 遺伝子医療,糖尿病の遺伝子診断, 遺伝子治療入門, (巻), (号), 60-67, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 特集 膵β細胞up-to-date,糖尿病の遺伝子治療, 糖尿病, Vol.43, No.3, 201-203, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 日本人のゲノム多型について, 最新医学, Vol.55, No.1, 79-84, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : ヒトゲノムの多様性, --- 多遺伝子性疾患と遺伝子多型 ---, 生物の科学, Vol.57, No.4, 36-41, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 糖尿病の遺伝子治療, 内分泌・糖尿病科, Vol.10, No.3, 259-264, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 遺伝子診断, 「高尿酸血症状」検査値の見方, 106-111, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : SNPの応用, 分子心血管病, Vol.1, No.5, 33-39, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 痛風のゲノム解析, 痛風と核酸代謝, Vol.24, No.2, 157-164, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 片島 るみ, 板倉 光夫 : 特集 痛風・高尿酸血症の多面性,成因の多面性,産生過剰型痛風成因の多面性, 高尿酸血症と痛風, Vol.8, No.1, 33-38, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀 : ザ・プロトコールシリーズ,疾患SNPs解析, 実験医学 別冊, 150-159, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀 : ザ・プロトコールシリーズ,ヒトゲノム解析の現状と展望,機能ゲノム研究プロトコール, --- 遺伝子解析編 ---, 実験医学別冊, 128-129, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 近藤 麻木, 板倉 光夫 : プリンヌクレオチド生合成はATP産生とG1期からS期への移行を促進して増殖速度を上昇させる, 第33回日本・核酸代謝学会総会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 鎌谷 直之, 西村 有子, 山中 寿, 竹内 不二夫, 細谷 龍男, 板倉 光夫 : 家族性若年性高尿酸血症性腎氏症の原因遺伝座位の確定, 第37回日本臨床分子医学会学術総会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 山中 寿, 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 竹内 不二夫, 細谷 龍男, 鎌谷 直之 : 家族性若年性高尿酸血症性腎症の責任遺伝子座のパラメトリック連鎖解析, 第44回日本リウマチ学会総会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 伊井 節子, 板倉 光夫 : 糖尿病血管合併症の分子標的「アルドース還元酵素とソルビトール脱水素酵素遺伝子, 第15回日本糖尿病合併症学会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : Candidate Approach and Positional Candidate Approach to Polygenic Diseases, The 3rd International Workshop on Advanced Genomics, Yokohama, (month)2000..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノム多様性に基づく創薬と薬剤感受性解析, 第一化学薬品35周年記念講演, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 21世紀のゲノム創薬の推進, --- 産業科の視点から考える ---, 製薬協主催「政策セミナー」, (巻), (号), (頁), 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 薬理ゲノミクスの新しい展開, 第73回日本薬理学会年会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 生体内における遺伝子機能ゲノム創薬研究へのアプローチ, 第18回川内カンファレンス 大塚製薬講演, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 疾患遺伝子とゲノム多様性に関する研究の展望, --- 新しい有用遺伝子はどうしたら検索できるか? ---, 第10回口腔粘膜学会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : Polygenic diseases and 尿酸結石story, 泌尿器科疾患ゲノム研究会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ポスト・シークエンス時代のゲノム解析, --- 多遺伝子性疾患の疾患感受性遺伝子同定への道筋 ---, 第4回小児内分泌研究会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 未来創薬に向けた遺伝子技術の活用, 同生会(在阪製薬企業の研究・開発部門幹部会), 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノム多様性を用いた多遺伝子性疾患の疾患感受性遺伝子同定へのアプローチ, ミレニアム研究セミナー, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 糖尿病の遺伝素因の解明に向けて, 第116回日本医学会 シンポジウムセッション, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ヒトゲノム解析とその臨床応用, 第7回日光カンファレンス, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 多遺伝子性疾患の遺伝素因の解明, --- ゲノム情報とゲノム多様性を用いるポストゲノムの地平を考えよう ---, 第5回中国分子病態研究会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 伊井 節子, 板倉 光夫 : アルドース還元酵素とソルビトール脱水素酵素遺伝子, 第15回糖尿病合併症学会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ありふれた病気の疾患感受性遺伝子の探索, --- 候補遺伝子アプローチと全ゲノムを対象とする連鎖解析アプローチ ---, 第52回日本泌尿器科学会西日本総会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ありふれた病気へのアプローチ, --- 新しい有用遺伝子はどうしたら探索出来るか? ---, 皮膚科学会西日本支部総会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノム解析の現状からポストゲノムに向けて, 日本生物工学会ゲノム工学研究会・CBI学会共催講演会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 多遺伝子性疾患の遺伝素因, --- 疾患感受性を決める遺伝的多型へのアプローチ ---, 第29回日本環境変異源学会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 「ありふれた病気」の疾患関連遺伝子の同定とゲノム創薬, 東洋紡敦賀バイオ研究所講演会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ポストゲノム時代の医療, --- ゲノム情報とゲノム多様性に基づく診断と治療 ---, 第62回日本小児科学会愛媛地方会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Iwahana, Miwa Fujimura, Yoko Takahashi, Takeshi Iwabuchi, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : Multiple Fluorescence-Based PCR-SSCP Analysis Using Internal Fluorescent Labeling of PCR Products, Eaton Publishing, Natick, Jan. 2000..[著者] ...
閲覧 Takumi Abe, Katsuhiko Yoshimoto, Matsuo Taniyama, Kazuo Hanakawa, Hitoshi Izumiyama, Mitsuo Itakura and Kiyoshi Matsumoto : A Germline Mutation of the Multiple Endocrine Neoplasia Type 1 (MEN1) Gene in Japanese Prolactinoma Variant., The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.85, No.3, 1327-1330, 2000..[著者] ...
閲覧 Kenji Sasahara, Takashi Yamaoka, Maki Moritani, Masaki Tanaka, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Jun-ichi Miyagawa, Yasuhiro Kuroda and Mitsuo Itakura : Molecular Cloning and Expression Analysis of a Putative Nuclear Protein, SR-25., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.269, No.2, 444-450, 2000..[著者] ...
閲覧 Takashi Yamaoka, Makiko Yano, Taketo Yamada, Takashi Matsushita, Maki Moritani, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto, Junichi Hata and Mitsuo Itakura : Diabetes and pancreatic tumours in transgenic mice expressing Pax6., Diabetologia, Vol.43, No.3, 332-339, 2000..[著者] ...
閲覧 Maki Kondo, Takashi Yamaoka, Soichi Honda, Yoshihiro Miwa, Rumi Katashima, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Yoshio Hayashi and Mitsuo Itakura : The Rate of Cell Growth is Regulated by Purine Biosynthesis via ATP Production and G1 to S Phase Transition., The Journal of Biochemistry, Vol.128, No.1, 57-64, 2000..[著者] ...
閲覧 Takashi Yamaoka, Kenji Yoshino, Taketo Yamada, Chiyoko Idehara, MO Hoque, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Jun-ichi Hata and Mitsuo Itakura : Diabetes and tumor formation in transgenic mice expressing reg I., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.278, No.2, 368-376, 2000..[著者] ...
閲覧 Kenji Sasahara, Takashi Yamaoka, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Yasuhiro Kuroda and Mitsuo Itakura : Molecular Cloning and Tissue-specific Expression of a New Member of the Regenerating Protein Family, Islet Neogenesis-associated Protein-related Protein., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1500, No.1, 142-146, 2000..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : SNPs, 臨床消化器内科, Vol.15, No.12, 1657-1659, 2000年2月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 片島 るみ, YanHui Ying, 山岡 孝, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 鎌谷 直之 : 痛風のゲノム解析, 第33回日本・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2000年2月..[著者] ...
閲覧 阿部 琢巳, 吉本 勝彦, 谷山 松雄, 望月 由武人, 小林 信介, 花川 一郎, 泉山 仁, 板倉 光夫, 松本 清 : A germline mutation of the multiple endocrine neoplasia type 1 (MEN 1) gene in Japanese prolactinoma variant of MEN1., 第10 回日本間脳下垂体腫瘍学会(宮崎), (巻), (号), (頁), 2000年2月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 産生過剰型痛風の多面性, 高尿酸血症と痛風, Vol.8, No.1, 33-38, 2000年3月..[著者] ...
閲覧 Naoyuki Kamatani, Maki Moritani, Hisashi Yamanaka, Fujio Takeuchi, Tatsuo Hosoya and Mitsuo Itakura : Localization of a gene for familial juvenile hyperuricemic nephropathy causing underexcretion-type gout to 16p12 by genome-wide linkage analysis of a large family., Arthritis and Rheumatism, Vol.43, No.4, 925-929, 2000..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀 : ''ゲノム科学''の時代の医療は, --- 多様性の理解が何をもたらすか ---, 科学, Vol.70, No.4, 312-317, 2000年4月..[著者] ...
閲覧 T. Abe, Katsuhiko Yoshimoto, M. Taniyama, K. Hanakawa, H. Izumiyama, Mitsuo Itakura and K. Matsumoto : A Germline Mutation of the Multiple Endocrine Neoplasia Type 1 (MEN1) Gene in Japanese Prolactinoma Variant of MEN1., Annual Meeting of the American Association of Neurological Surgeons, (巻), (号), (頁), San Francisco, April 2000..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 膵臓の発生と再生,発生・神経研究の最前線2000, --- 第3章6. 器官形成と再生 ---, 実験医学増刊, Vol.18, No.9, 179-184, 2000年5月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 糖尿病学展望, --- 21世紀を迎えるにあたって,糖尿病の遺伝子治療の将来, ---, 糖尿病学2000, 191-198, 2000年5月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : Reg-1トランスジェニックマウスに認められた糖尿病と腫瘍形成, 第43回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2000年5月..[著者] ...
閲覧 長谷川 朋子, 吉本 勝彦, 大塚 理司, 伊井 節子, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 板倉 光夫 : 膵ランゲルハンス島β細胞およびα細胞におけるHOX遺伝子発現の解析, 第43回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2000年5月..[著者] ...
閲覧 伊井 節子, 山本 千恵美, 板倉 光夫, 張 春花, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ヒトアルド-ス還元酵素発現およびソルビト-ル脱水素酵素欠損マウスにおける糖尿病性蛋白尿の解析, 第43回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2000年5月..[著者]+[著者] ...
閲覧 水澤 典子, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 清水 新司, 久保田 美子, 平野 浩子, 板倉 光夫, 堀内 三郎 : ヒトCAD遺伝子上流調節領域の構造決定と解析, 第66回日本生化学会東北支部会例会, (巻), (号), (頁), 2000年6月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : FGF-8による膵島細胞の肝細胞への分化誘導, 第73回日本内分泌学術総会, (巻), (号), (頁), 2000年6月..[著者] ...
閲覧 Maki Kondo, Takashi Yamaoka, Soichi Honda, Yoshihiro Miwa, Maki Moritani, Kastuhiko Yoshimoto, Yoshio Hayashi and Mitsuo Itakura : The Rate of Cell Growth Is Regulated by Purine Biosynthesis via ATP Production and G to Sphase Transition, The Journal of Biochemistry, Vol.128, No.1, 57-64, 2000..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : ゲノム医科学とこれからのゲノム医療, --- 関連(アソシエーション)による多遺伝子性疾患のの研究 ---, 実験医学, Vol.18, No.12, 113-118, 2000年7月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノム医学の新展開, --- ゲノム医学が医学と社会にもたらす影響 ---, BIO Clinica, Vol.15, No.9, 16-17, 2000年8月..[著者] ...
閲覧 酒井 紀典, 井形 高明, 加藤 真介, 西良 浩一, 田中 知里, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : SNPsを用いたOPLL疾患感受性遺伝子に関する解析, 第12回徳大脊椎外科カンファレンス, (巻), (号), (頁), 2000年8月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : SNPsと多遺伝子性疾患, 実験医学, Vol.18, No.14, 1907-1911, 2000年9月..[著者] ...
閲覧 酒井 紀典, 井形 高明, 加藤 真介, 西良 浩一, 田中 知里, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : SNPsを用いたOPLL疾患感受性遺伝子に関する解析, 第15回日本整形外科学会基礎学術集会, (巻), (号), (頁), 2000年9月..[著者] ...
閲覧 笹原 賢司, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 黒田 𣳾弘, 板倉 光夫 : 新規Regファミリ-遺伝子``INGAPrP''のクロ-ニングと組織特異的発現, 日本糖尿病学会 中国四国地方会38回総会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : ゲノム科学のこれから, 日本老年医学会雑誌, Vol.37, No.11, 866-869, 2000年11月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 高尿酸血症に関連した検査値, --- データー解析と対応 ---, 医療ジャーナル, Vol.36, No.12, 168-173, 2000年12月..[著者] ...
閲覧 伊井 節子, 板倉 光夫 : 糖尿病血管合併症の分子標的 1.アルドース還元酵素遺伝子とソルビトール脱水素酵素遺伝子, 糖尿病合併症, Vol.15, No.2, 88-92, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノム創薬の話題, カレントテラピー, Vol.19, No.6, 125-127, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 糖尿病とSNPs, Diabetes Journal, Vol.29, No.1, 22-24, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 糖尿病の遺伝子治療, からだの科学, (巻), (号), 237-241, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 多因子疾患としての痛風の遺伝的因子, カレントテラピー, Vol.19, No.9, 69-72, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学,コンパクト版,第2版, --- 先天性(遺伝性)代謝疾患 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学,コンパクト版,第2版, --- 膵嚢胞性線維症 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学,コンパクト版,第2版, --- Marfan症候群 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学,コンパクト版,第2版, --- Ehlers-Danlos症 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 大野 岩男, 市田 公美, 岡部 英明, 森谷 眞紀, 板倉 光夫, 斉藤 仁之, 鎌谷 直之, 細谷 龍男 : 多尿を認めた家族性若年性痛風腎家系の遺伝子解析, 第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 片島 るみ, YanHui Ying, 山岡 孝, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 鎌谷 直之 : 痛風のゲノム解析, 第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 片島 るみ, 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ過剰発現マウスに認められた高尿酸血症とTリンパ球増殖速度の上昇, 第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 鎌谷 直之, 西村 有子, 山中 寿, 竹内 不二夫, 細谷 龍男, 板倉 光夫 : 家族性若年性高尿酸血症腎症の原因遺伝子座の確定, 第37回日本臨床分子医学会学術総会, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 戸川 克彦, 岡 佐貴世, 手塚 理, 国香 清, 山岡 孝, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 : 病態モデルのQTL解析を用いる糖尿病の疾患感受性遺伝子の同定, 第44回日本糖尿病学会年次学術総会, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 山口 高志, 山岡 孝, 板倉 光夫 : FGF-8は膵島細胞を肝細胞へtransdifferentiateする, 第44回日本糖尿病学会年次学術総会, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 山口 高志, 板倉 光夫 : Pdx1プロモーターによって優性阻害型アクチビン受容体を発現するトランスジェニックマウスに認められた膵低形成と糖尿病, 第44回日本糖尿病学会年次学術総会, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : SNP-Based Genetic Epidemiological Strategy to Find Disease-Related Genes in Japan, The 2nd International Symposium on Host Genetic Epidemiology, Seoul, (month)2001..[著者] ...
閲覧 Hiroko Hagiwara, Kazumi Sawakami, Midori Yamamoto, Hideji Tajima, Shouji Iwasaki, Masato Kobori, Mitsuo Itakura, Yousuke Takahama and Masayuki Machida : Development of an automated system for the analysis of SNPs using the MagtrationR technology, 6. Genome Sequencing and Analysis Conference, (巻), (号), (頁), San Diego, (month)2001..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : ゲノム解析からゲノム機能学へ, 脳の科学, Vol.23, No.1, 17-22, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 糖尿病の遺伝子治療, 治療学, Vol.35, No.1, 81-82, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ヒトゲノム解析:これからの展開と課題, BIO Clinica, Vol.16, No.2, 13, 2001年2月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : Ⅴ 治療はどうなるか 6.膵島細胞増殖による根治療法, Diabetes Frontier, Vol.12, No.1, 101-105, 2001年2月..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 岩花 弘之, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 小関 しおり, 多比良 和誠, 板倉 光夫 : ラットアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ (ATase) のmRNAを標的とするリボザイムを用いたラット線維芽細胞株の細胞増殖についての検討, 第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年2月..[著者] ...
閲覧 西村 有子, 森谷 眞紀, 片島 るみ, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 : 家族性若年性高尿酸血症性腎症 (FJHN)の疾患遺伝子の解析, 第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年2月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : ゲノム多様性を基盤とした疾患関連遺伝子の同定, 医学のあゆみ, Vol.196, No.6, 395-399, 2001年2月..[著者] ...
閲覧 Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Chisato Tanaka, Rumi Katashima, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura : An SNP in the 3region of the Collagen11 Alpha 2 Gene is Associated with Susceptibility to OPLL., 47th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, (巻), (号), (頁), San Francisco, Feb. 2001..[著者] ...
閲覧 田中 知里, 原田 永勝, 大東 いずみ, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : グルカゴン遺伝子の転写調節に関わる新規蛋白の同定とその解析, 第44回日本糖尿病学会年次学術総会, 2001年4月..[著者] ...
閲覧 原田 永勝, 大東 いずみ, 田中 知里, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 膵β細胞における発現プロファイルの解析および新規遺伝子のクローニング, 第44回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2001年4月..[著者] ...
閲覧 Takashi Yamaoka, Makiko Yano, Maki Kondo, Hidemi Sasaki, Satoshi Hino, Rumi Katashima, Maki Moritani and Mitsuo Itakura : Feedback Inhibition of Amidophosphoribosyltransferase Regulates the Rate of Cell Growth via Purine Nucleotide, DNA, and Protein Syntheses, The Journal of Biological Chemistry, Vol.276, No.24, 21285-21291, 2001..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 遺伝子の解析 (1)遺伝子の異常を検出する方法, 臨床消化器内科, Vol.16, No.7, 11-18, 2001年6月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学第8版(監修:高久史麿), --- 代謝・栄養疾患とは ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年6月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学第8版(監修:高久史麿), --- 先天性代謝疾患 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2001年6月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 関連(アソシエーション)による多遺伝子疾患の研究, アレルギー科, Vol.12, No.1, 106-114, 2001年7月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 第3章 個人化医療の時代にむけて, ゲノム医科学がわかる, 40-47, 2001年7月..[著者] ...
閲覧 山崎 誠司, 松村 敏信, 田代 征記, 吉本 勝彦, 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 膵α細胞にTGF-β1を発現させた膵島移植モデルにおける免疫寛容の誘導, 第56日本消化器外科学会, (巻), (号), (頁), 2001年7月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノム多様性と疾患ーヒトとマウスー 1 ヒトとマウスを対象とするゲノム機能学, BIO Clinica, Vol.16, No.10, 16(890)-17(891), 2001年9月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 遺伝子多型と疾患感受性, 最新医学, Vol.56, No.9, 40-49, 2001年9月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 工藤 英治, 手塚 理, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 : パラメトリック連鎖解析によるFJHN遺伝子領域の同定, ポストゲノム時代の遺伝統計学, 24-34, 2001年10月..[著者] ...
閲覧 水澤 典子, 友成 章, 田中 知里, 原田 永勝, 大東 いずみ, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : インスリン遺伝子のグルコース応答性転写調節に及ぼすCG配列の役割, 第24回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2001年12月..[著者] ...
閲覧 Iwao Ohno, Kimiyoshi Ichida, Hideaki Okabe, Maki Moritani, Mitsuo Itakura, Masayuki Saito, Naoyuki Kamatani and Tatsuo Hosoya : Familial Juvenile Gouty Nephropathy: Exclusion of 16p12 from the Candidate Locus, Nephron, Vol.92, No.3, 573-575, 2002..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 片島 るみ, 工藤 英治, 日野 聡史, 岩花 弘之, 吉本 勝彦 : 痛風·核酸に関わる代謝調節の解析 分子生物学から個体レベルの解析に向けて遺伝子改変動物とゲノム多型解析, Gout and Nucleic Acid Metabolism, Vol.26, No.2, 151-153, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 Hidemi Sasaki, Takashi Yamaoka, Hideyo Ohuchi, Akihiro Yasue, Tsutomu Nohno, Hirotaka Kawano, Shigeaki Kato, Mitsuo Itakura, Masaru Nagayama and Sumihare Noji : Identification of cis-elements regulating expression of Fgf10 during limb development., The International Journal of Developmental Biology, Vol.46, No.7, 963-967, 2002..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 新時代の糖尿病, --- 糖尿病遺伝子治療研究の歴史と現況 ---, 日本臨床増刊, Vol.60, No.9, 650-657, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 日野 聡史, 山岡 孝, 板倉 光夫 : アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)による細胞増殖促進機構の解明, 第35回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 国香 清, 安曇 浩明, 渡辺 一郎, 冨田 愛子, 清水 美帆, 古賀 貞一郎, 篠原 秀一, 野村 恭子, 手塚 理, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 板倉 光夫 : GFAT1遺伝子領域における2型糖尿病との相関解析, 第45回日本糖尿病学会年次学術集会, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 戸川 克彦, 矢口 寛, 安藤 美紀, 手塚 理, 国香 清, 山岡 孝, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 : 病態モデルマウスのQTL解析を用いる糖尿病の疾患感受性遺伝子の同定, 第45回日本糖尿病学会年次学術集会, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 個別化医療の新しい遺伝情報, 第18回日本DDS学会, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 加藤 仁, 国香 清, 工藤 英治, 野村 恭子, 篠原 秀一, 相川 文子, 津川 和江, 浜田 大輔, 宮本 龍郎, 片島 るみ, 森谷 眞紀, 山岡 孝 : 日本人のEven-Spacing Common SNPsを検出するプローブセットを用いた網羅的locus-wide関連解析, 第25回日本分子生物学会, (巻), (号), (頁), 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 痛風・核酸に関わる代謝調節の解析 分子生物学から固体レベルの解析に向けて遺伝子改変動物とゲノム多型解析, 第35回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2002年2月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 片島 るみ, 工藤 英治, 日野 聡史, 岩花 弘之, 吉本 勝彦 : 痛風・核酸に関する代謝調節の解析,分子生物学から個体レベルの解析に向けて-遺伝子改変動物とゲノム多型解析, 第35回日本痛風・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2002年2月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 常染色体優性多発性嚢胞腎, 高尿酸血症と痛風, Vol.10, No.1, 53-59, 2002年3月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 生活習慣病の感受性遺伝子同定法, 最新医学, Vol.57, No.3, 30(556)-38(564), 2002年3月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 山岡 孝 : 目でみるゲノム解析, 高尿酸血症と痛風, Vol.10, No.1, 1-6, 2002年3月..[著者] ...
閲覧 Takashi Yamaoka, Kenji Yoshino, Taketo Yamada, Mikiko Yano, Takefumi Matsui, Takashi Yamaguchi, Maki Moritani, Jun-ichi Hata, Sumihare Noji and Mitsuo Itakura : Transgenic expression of FGF8 and FGF10 induces transdifferentiation of pancreatic islet cells into hepatocytes and exocrine cells, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.292, No.1, 138-143, 2002..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : スニップ, 生活習慣と遺伝子疾患, 30-33, 2002年4月..[著者] ...
閲覧 Masumi Nishi, Akihiro Yasue, Shinichirou Nishimatu, Tsutomu Nohno, Takashi Yamaoka, Mitsuo Itakura, Keiji Moriyama, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : A missense mutant myostatin causes hyperplasia without hypertrophy in the mouse muscle, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.293, No.1, 247-251, 2002..[著者] ...
閲覧 水澤 典子, 友成 章, 小杉 知里, 小倉 真琴, 原田 永勝, 大東 いずみ, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : ヒトインスリン遺伝子のグルコ-ス応答性転写調節に及ぼすGG配列の役割, 第45回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2002年5月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 遺伝子多型解析が医療に及ぼすインパクト, 腎と透析, Vol.53, No.3, 291-295, 2002年9月..[著者] ...
閲覧 Masao KITABAYASHI, Yoshiaki NISHIYA, Muneharu ESAKA, Mitsuo Itakura and Tadayuki IMANAKA : Gene Cloning and Polymerase Chain Reaction with Proliferating Cell Nuclear Antigen from Thermococcus kodakaraensis KOD1, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.66, No.10, 2194-2200, 2002..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : ゲノム研究の最先端, ポストゲノム時代の内視鏡学, 13-20, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : ヒトゲノム解析の現状と展望, ポストゲノム時代の内視鏡学, 35-43, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 豊田 隆謙, 南條 輝志男 : 21世紀の糖尿病学への期待④ 糖尿病の遺伝子診断の現状と治療への展望, Diabetes Journal, Vol.31, No.4, 36(154)-45(163), 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 加藤 仁, 国香 清, 工藤 英治, 野村 恭子, 篠原 秀一, 相川 文子, 津川 和江, 浜田 大輔, 宮本 龍郎, 片島 るみ, 森谷 眞紀, 山岡 孝 : ポストゲノムの泌尿器科学に向けて-Even-Spacing Common SNPsを検出するプローブセットを用いる,相対危険率が比較的低い疾患感受性遺伝子の発見, 第91回日本泌尿器科学会, (巻), (号), (頁), 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ヒトゲノム科学研究の最前線―日本人で検証された等間隔,高アレル頻度SNPsマーカーを用いる関連解析による疾患感受性遺伝子の探索―, 第37回日本小児内分泌学会, 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : Efficient Discovery of Disease Susceptibility Genes with Newly Developed Gene-Centric Even-Spacing Common Shared SNPs Probes - Application to Diabetes, 7. The 5th International Workshop on Advanced Genomics, Yokohama, (month)2003..[著者] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : Efficient Discovery of Disease Susceptibility Genes with Newly Developed Gene-Centric Even-Spacing Common Shared SNPs Markers, --- Toward the Genomic Drug Discovery for Diabetes ---, Fifth AFMC International Medicinal Chemistry Symposium, Kyoto, (month)2003..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Yamasaki, Noriko Mizusawa, Shinji Nagahiro, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : GH-Secreting Pituitary Adenomas Infrequently Contain Inactivating Mutations of PRKAR1A and LOH of 17q23-24., Clinical Endocrinology, Vol.58, No.4, 464-470, 2003..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 山岡 孝 : 痛風の個人化医療を目指して, 日本臨牀, Vol.61, No.1, 470-477, 2003年1月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 序文:基礎, 日本臨牀, Vol.61, No.1, 1-5, 2003年1月..[著者] ...
閲覧 Soichi Honda, Chisato Kosugi, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Toshio Matsumoto, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : Human Pituitary Adenomas Infrequently Contain Inactivation of Retinoblastoma 1 Gene and Activation of Cyclin Dependent Kinase 4 Gene., Endocrine Journal, Vol.50, No.3, 309-318, 2003..[著者] ...
閲覧 SATOSHI TSUTSUMI, NOBUYUKI KAMATA, YUTAKA MARUOKA, MIKI ANDO, OSAMU TEZUKA, SHOJI ENOMOTO, KEN OMURA, Masaru Nagayama, Eiji Kudo, MAKI MORITANI, TAKASHI YAMAOKA and Mitsuo Itakura : Autosomal Dominant Gnathodiaphyseal Dysplasia Maps to Chromosome 11p14.3-15.1, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.18, No.3, 413-418, 2003..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学,コンパクト版,第3版, --- 先天性代謝疾患 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2003年3月..[著者] ...
閲覧 Yamasaki Hiroyuki, Noriko Mizusawa, Shinji Nagahiro, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : GH-secreting pituitary adenomas infrequently contain inactivating mutations of PRKAR1A and LOH of 2p16 and 17q23-24., 85th annual meeting of the endocrine society, (巻), (号), (頁), Philadelphia, June 2003..[著者] ...
閲覧 野村 恭子, 篠原 秀一, 板倉 光夫 : SNPsと多因子疾患ーGene-Centric Even-Spacing Common Shared SNP Markers を用いた効果的な疾患感受性遺伝子の同定, Nephrology Frontier, Vol.2, No.3, 29(189)-34(194), 2003年9月..[著者] ...
閲覧 堤 聡, 鎌田 伸之, 丸岡 豊, 中久木 康一, 榎本 昭二, 小村 健, 天笠 光雄, 長山 勝, 山岡 孝, 板倉 光夫 : 新規骨系統疾患Gnathodiaphyseal Dysplasia遺伝子のポジショナルクローニング, 第48回日本口腔外科学会総会, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 Masao KITABAYASHI, Yoshiaki NISHIYA, Muneharu ESAKA, Mitsuo Itakura and Tadayuki IMANAKA : Gene Cloning and Function Analysis of Replication Factor C from Thermococcus kodakaraensis KOD1, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.67, No.11, 2373-2380, 2003..[著者] ...
閲覧 工藤 英治, 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 家族性若年性高尿酸血症性腎症(FJHN)の遺伝子変異, 痛風と核酸代謝, Vol.28, No.2, 97-98, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 戸川 克彦, 板倉 光夫 : 量的形質遺伝子座位(QTL)解析による糖尿病の疾患感受性遺伝子座位の同定, 実験医学別冊ゲノム研究実験ハンドブック, Vol.6, 307-312, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : ゲノムと疾患, --- 第I部 第5章 多因子疾患の診断および研究法 ---, 株式会社 南山堂, 東京, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 川上 修平, 井上 寛, 山下 裕紀子, 宮本 龍郎, 森谷 眞紀, 工藤 英治, 国香 清, 板倉 光夫 : 2型糖尿病と関連する新規orphan GPCR(Gタンパク質共役受容体)遺伝子の同定, 日本糖尿病学会中四国地方会第42回総会, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 山下 裕紀子, 井上 寛, 宮本 龍郎, 津川 和江, 森谷 眞紀, 工藤 英治, 国香 清, 板倉 光夫, 中村 直登, 吉川 敏一, 一石 英一郎 : 日本人2型糖尿病発症リスクとKir6.2/E23K多型との関連, 日本糖尿病学会中四国地方会第42回総会, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 澤上 一美, 阿部 初美, 瀬川 修, 高橋 正明, 田島 秀二, 近藤 勧, 中村 道大, 杉浦 水香, 萩原 央子, 森谷 眞紀, 国香 清, 高浜 洋介, 板倉 光夫, 町田 雅之 : 高精度・自動化SNPsタイピング技術の実用化研究開発, 第27回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 加藤 仁, 野村 恭子, 篠原 秀一, 水守 理, 片島 るみ, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 国香 清, 森谷 眞紀, 浜田 大輔, 宮本 龍郎, 井上 寛, 佐々 茂, 板倉 光夫 : Even-Spacing Common SNPsを用いた領域ワイド関連解析と連鎖不平衡解析からの糖尿病疾患感受性遺伝子の特定, 第48回日本糖尿病学会, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : Search for the Disease Susceptibly Genes of Type 2 Diabetes and Rheumatoid Arthritis by Locus-wide Association Analysis in Japanese, 9. 5th HUGO Pacific Meeting & 6th Asia Pacific Conference on Human Genetics, Singapore, (month)2004..[著者] ...
閲覧 Mitsuo Itakura : Allele frequency database in asian SNPs and gene-centric even-spacing common SNPs probes available for high efficiency case-control associationstudy, International Symposium of Genome Variations and Disease Association, Seoul, (month)2004..[著者] ...
閲覧 Setsuko Ii, Mika Ohta, Eiji Kudo, Takashi Yamaoka, Tomokazu Tachikawa, Maki Moritani, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : Redox State-Dependent and Sorbitol Accumulation-Independent Diabetic Albuminuria in Mice with Transgene-Derived Human Aldose Reductase and Sorbitol Dehydrogenase Deficiency., Diabetologia, Vol.47, No.3, 541-548, 2004..[著者] ...
閲覧 Noriko Mizusawa, Tomoko Hasegawa, Izumi Ohigashi, Chisato Kosugi, Nagakatsu Harada, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : Differentiation Penotypes of Pancreatic Islet β- and α-cells are Closely Related with Homeotic Genes and a Group of Differentially Expressed Genes., Gene, Vol.331, No.28, 53-63, 2004..[著者] ...
閲覧 Satoshi Tsutsumi, Nobuyuki Kamata, J Tamara Vokes, Yutaka Maruoka, Koichi Nakakuki, Shoji Enomoto, Ken Omura, Teruo Amagasa, Masaru Nagayama, Fumiko Saito-Ohara, Johji Inazawa, Maki Moritani, Takashi Yamaoka, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : The novel gene encoding a putative transmembrane protein is mutated in gnathodiaphyseal dysplasia (GDD)., American Journal of Human Genetics, Vol.74, No.6, 1255-1261, 2004..[著者] ...
閲覧 Eiji Kudo, Naoyuki Kamatani, Osamu Tezuka, Atsuo Taniguchi, Hisashi Yamanaka, Sachiko Yabe, Dai Osabe, Syuichi Shinohara, Kyoko Nomura, Masaya Segawa, Tatsuro Miyamoto, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika and Mitsuo Itakura : Familial juvenile hyperuricemic nephropathy: Detection of mutations in the uromodulin gene in five Japanese families, Kidney International, Vol.65, No.5, 1589-1597, 2004..[著者] ...
閲覧 鎌田 伸之, 堤 聡, 丸岡 豊, 中久木 康一, 二宮 雅美, 樺沢 勇司, 山田 俊平, 黒原 一人, 小村 健, 天笠 光雄, 永田 俊彦, 長山 勝, 板倉 光夫 : 顎骨の骨およびセメント質形成病変における遺伝子変異検索, 第58回日本口腔科学会総会, (巻), (号), 132, 2004年5月..[著者] ...
閲覧 水澤 典子, 小杉 知里, 原田 永勝, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 膵β細胞とα細胞のHox遺伝子およびホメオティック遺伝子発現の差異, 第47回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 YUYING C. HWANG, MICHIYO KANEKO, SOLIMAN BAKR, HUI LIAO, YAN LU, ERIN R. LEWIS, SHIDU YAN, II SETSUKO, Mitsuo Itakura, LIU RUI, HAL SKOPICKI, SHUNICHI HOMMA, ANN MARIE SCHMIDT, PETER J. OATES, MATTHIAS SZABOLCS and RAVICHANDRAN RAMASAMY : Central role for aldose reductase pathway in myocardial ischemic injury, The FASEB journal, Vol.18, No.11, 1192-1199, 2004..[著者] ...
閲覧 片島 るみ, 加藤 仁, 野村 恭子, 篠原 秀一, 板倉 光夫 : 疾患感受性遺伝子探索のためのSNP解析システム, 蛋白質 核酸 酵素, Vol.49, No.11, 1834-1840, 2004年8月..[著者] ...
閲覧 井上 寛, 野村 恭子, 板倉 光夫 : 糖尿病ゲノミクス, 実験医学別冊ゲノム研究実験ハンドブック, Vol.6, 285-289, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 S. Hino, Takashi Yamaoka, Y. Yamashita, T. Yamada, J. Hata and Mitsuo Itakura : In vivo proliferation of differentiated pancreatic islet beta cells in transgenic mice expressing mutated cyclin-dependent kinase 4, Diabetologia, Vol.47, No.10, 1819-1830, 2004..[著者] ...
閲覧 朝比奈 潤子, 吉田 麻美子, 銀屋 治巳, 浅野 勉, 池田 秀雄, 瀬川 修, 田島 秀二, 森谷 眞紀, 国香 清, 板倉 光夫 : バイオストランド技術を用いた簡易型DNAアレイシステムの開発, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 糖尿病の進展に伴うTh1/Th2バランス, Surgery Frontier, Vol.12, No.4, 59-63, 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 浜田 大輔, 高田 洋一郎, 宮武 克年, 江川 洋史, 中野 俊次, 森谷 眞紀, 四宮 文男, 井上 寛, 安井 夏生, 板倉 光夫 : 関節リウマチ疾患感受性候補遺伝子SEC8L1の同定, 第49回日本リウマチ学会学術集会, 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 国香 清, 野村 恭子, 長部 大, 篠原 秀一, 津川 和江, 島 由香, 棚橋 俊仁, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 井上 寛, 板倉 光夫 : 3番染色体に候補領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の探索, 第48回日本糖尿病学会, 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 川上 修平, 井上 寛, 山下 裕紀子, 森谷 眞紀, 国香 清, 板倉 光夫 : 新規膵β細胞特異的オーファンGPCR(Gタンパク質共役受容体);GPR-ISL1の同定, 第48回日本糖尿病学会, 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 国香 清, 津川 和江, 野村 恭子, 長部 大, 篠原 秀一, 棚橋 俊仁, 森谷 眞紀, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 井上 寛, 板倉 光夫 : Gene-centric Even-Spacing Common Shared SNPs Probe法による2型糖尿病疾患感受性候補遺伝子の同定, 第48回日本糖尿病学会, 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 棚橋 俊仁, 長部 大, 野村 恭子, 篠原 秀一, 中村 直登, 吉川 敏一, 山口 裕加, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 20番染色体長腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 日本遺伝人類学会第50回大会, 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 篠原 慶子, 棚橋 俊仁, 宮本 龍郎, 川上 修平, Parvaneh Keshavarz, 山口 裕加, 森谷 眞紀, 国香 清, 中村 直登, 井上 寛, 板倉 光夫 : 日本人2型糖尿病に関連するKFL (Kruppel-like factor) II 遺伝子多型の意義, 日本糖尿病学会中国四国地方会, 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 近藤 勧, 澤上 一美, 瀬川 修, 池田 秀雄, 高橋 正明, 田島 秀二, 杉浦 水香, 高浜 洋介, 板倉 光夫, 町田 雅之 : 蛍光バーコード磁気ビーズを用いた高感度SNPsタイピング技術の確立, 第27回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 澤上 一美, 近藤 勧, 杉浦 水香, 瀬川 修, 高橋 正明, 田島 秀二, 熊谷 俊高, 萩原 央子, 右田 清志, 八橋 弘, 石橋 大海, 中尾 一彦, 濱崎 圭輔, 江口 勝美, 高浜 洋介, 板倉 光夫, 町田 雅之 : 蛍光アダプター法によるIL-18SNPサイトの自動タイピング, 第27回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 Maki Moritani, Seiji Yamasaki, Mitsuhiro Kagami, Takao Suzuki, Takashi Yamaoka, Toshiaki Sano, Jun-Ichi Hata and Mitsuo Itakura : Hypoplasia of endocrine and exocrine pancreas in homozygous transgenic TGF-β1, Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.229, No.1-2, 175-184, 2005..[著者] ...
閲覧 Francisco La De M. Vega, Hadar Isaac, Andrew Collins, Charles R. Scafe, Bjarni V. Halldórsson, Xiaoping Su, Ross A. Lippert, Yu Wang, Marion Laig-Webster, Ryan T. Koehler, Janet S. Ziegle, Lewis T. Wogan, Junko F. Stevens, Kyle M. Leinen, Sheri J. Olson, Karl J. Guegler, Xiaoqing You, Lily H. Xu, Heinz G. Hemken, Francis Kalush, Mitsuo Itakura, Yi Zheng, Guy de Thé, Stephen J. O'Brien, Andrew G. Clark, Sorin Istrail, Michael W. Hunkapiller, Eugene G. Spier and Dennis A. Gilbert : The linkage disequilibrium maps of three human chromosomes across four populations reflect their demographic history and a common underlying recombination pattern, Genome Research, Vol.15, No.4, 454-462, 2005..[著者] ...
閲覧 Hideyo Ohuchi, Akihiro Yasue, Katsuhiko Ono, Shunsuke Sasaoka, Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Mitsuo Itakura, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Tsutomu Nohno : Identification of Cis-Element Regulating Expression of the Mouse Fgf10 Gene during Inner Ear Development, Developmental Dynamics, Vol.233, No.1, 177-187, 2005..[著者] ...
閲覧 Daisuke Hamada, Yoichiro Takata, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Syuichi Shinohara, Hiroshi Egawa, Shunji Nakano, Fumio Shinomiya, Charles R Scafe, Vincent M Reeve, Tatsuro Miyamoto, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Hiroshi Inoue, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : Association Between Single-Nucleotide Polymorphisms in the SEC8L1 Gene,Which Encodes a Subunit of the Exocyst Complex,and Rheumatoid Arthritis in a Japanese Population, Arthritis and Rheumatism, Vol.52, No.5, 1371-1380, 2005..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Yaguchi, Katsuhiko Togawa, Maki Moritani and Mitsuo Itakura : Identification of candidate genes in the type 2 diabetes modifier locus using expression QTL, Genomics, Vol.85, No.5, 591-599, 2005..[著者] ...
閲覧 水澤 典子, 岩田 武男, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : ヒトインスリン遺伝子発現調節におけるGC2-GC1配列の役割, 第48回日本糖尿病年次学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 Satoshi Tsutsumi, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Kuniko Mizuta, Nobuyuki Kamata and Mitsuo Itakura : Molecular cloning and characterization of the murine gnathodiaphyseal dysplasia gene GDD1., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.331, No.4, 1099-1106, 2005..[著者] ...
閲覧 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : Under40 Panel Discussion 副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンと相互作用する蛋白の同定, 第78回日本内分泌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Eiji Kudo, Takeshi Naito, Takako Mikawa, Yoichi Mikawa, Yasushi Isashiki, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Hiroshi Shiota and Mitsuo Itakura : Identification of a novel splice site mutation of the CSPG2 gene in a Japanese family with Wagner syndrome., Investigative Ophthalmology & Visual Science, Vol.46, No.8, 2726-2735, 2005..[著者] ...
閲覧 Takayuki Ogawa, Takeshi Nikawa, Harumi Furochi, Miki Kosyoji, Katsuya Hirasaka, Naoto Suzue, Koichi Sairyo, Shunji Nakano, Takashi Yamaoka, Mitsuo Itakura, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui : Osteoactivin upregulates expression of MMP-3 and MMP-9 in fibroblasts infiltrated into denervated skeletal muscle in mice, American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.289, No.3, C697-C707, 2005..[著者] ...
閲覧 Yuki Endo, Lihua Zhang, Katashima Rumi, Mitsuo Itakura, Erin S. A. Doherty, Annelise E. Barron and Yoshinobu Baba : Effect of polymer matrix and glycerol on rapid single-strand conformation polymorphism analysis by capillary and microchip electrophoresis for detection of mutations in K-ras gene, Electrophoresis, Vol.26, No.17, 3380-3386, 2005..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : マイクロRNA(miRNA), BIO Clinica, Vol.20, No.12, 16(1046)-17(1047), 2005年11月..[著者] ...
閲覧 齋藤 都暁, 塩見 春彦, 板倉 光夫 : microRNA生合成経路, BIO Clinica, Vol.20, No.12261, 18-23, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Yoshiki Itoh, Nobuhisa Mizuki, Tsuyako Shimada, Fumihiro Azuma, Mitsuo Itakura, Koichi Kashiwase, Eri Kikkawa, Jerzy K. Kulski, Masahiro Satake and Hidetoshi Inoko : High-throughput DNA typing of HLA-A, -B, -C, and -DRB1 loci by a PCR-SSOP-Luminex method in the Japanese population., Immunogenetics, Vol.57, No.10, 717-729, 2005..[著者] ...
閲覧 宮武 克年, 酒井 亮, 岩田 拓也, 中山 俊憲, 黒崎 直子, 高久 洋, 板倉 光夫, 橋本 香保子 : 関節リウマチにおける炎症性サイトカインの産生と分泌小胞移送分子発現の調整, 第35回日本免疫学会学術集会, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 酒井 亮, 宮武 克年, 岩田 拓也, 中山 俊憲, 黒崎 直子, 板倉 光夫, 高久 洋, 橋本 香保子 : Th1細胞が示すサイトカインの産生と細胞内分泌小胞移送分子の発現, 第35回日本免疫学会学術集会, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 生活習慣病と高尿酸血症, --- 生活習慣病により高尿酸血症をきたす遺伝因子 ---, 高尿酸血症と痛風, Vol.14, No.1, 10-16, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 宮脇 克行, 井上 寛, 板倉 光夫 : メタボリックシンドローム-病因解明と予防・治療の最新戦略-, --- VI.予防・治療・管理 治療法開発の今後の展望 「メタボリックシンドロームの遺伝子治療」 ---, 日本臨床 増刊号, Vol.64, (号), 702-706, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 棚橋 俊仁, 野村 恭子, 長部 大, 篠原 秀一, 山口 裕加, 島 由香, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 国香 清, 井上 寛, 板倉 光夫 : 3番染色体短腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 棚橋 俊仁, 長部 大, 野村 恭子, 篠原 秀一, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 山口 裕加, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 20番染色体長腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 山口 裕加, 長部 大, 棚橋 俊仁, 野村 恭子, 篠原 秀一, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 15番染色体長腕候補領域における日本人2型糖尿病の疾患感受性遺伝子の探索, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 越智 正昭, 大澤 春彦, 廣田 勇士, 原 一雄, 田原 康玄, 徳山 芳治, 清水 一紀, 金塚 東, 藤井 靖久, 大橋 順, 三木 哲郎, 中村 直登, 門脇 孝, 板倉 光夫, 春日 雅人, 牧野 英一 : 多施設共同研究によるレジスチンSNP-420G/G型と2型糖尿病との関連解析, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, 国香 清, Maki Moritani, Toshihito Tanahashi, 中村 直登, Toshikazu Yoshikawa and Mitsuo Itakura : ENPP1 K121Q polymorphism is not associated with Type 2 diabetes and obesity in Japanese, 第27回日本肥満学会, (month)2006..[著者] ...
閲覧 佐藤 綾, 山下 裕紀子, 宮脇 克行, 井上 寛, 板倉 光夫 : 膵β細胞にCDK4を過剰発現させたdb/dbトランスジェニックマウスの解析, 日本糖尿病学会中国四国地方会第44回総会, (巻), (号), (頁), 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 棚橋 俊仁, 長部 大, 野村 恭子, 篠原 秀一, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, Parvaneh Keshavarz, 山口 裕加, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 20番染色体長腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 第18回分子糖尿病学シンポジウム, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 国香 清, 棚橋 俊仁, 津川 和江, 森谷 眞紀, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 井上 寛, 板倉 光夫 : TCF7L2遺伝子多型と近傍10q25-26領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的関連解析, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Syuichi Shinohara, Hitoshi Kato, Tatsuro Miyamoto, Yoichiro Takata, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : A dense SNPs map of human chromosome 20q11.21-13.13: linkage disequilibrium pattern, haplotype analysis, and association with type 2 diabetes in a 19.3 Mb interval, Keystone Symposia, (都市), (month)2006..[著者] ...
閲覧 Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Genetic Variations in the TORC2 Gene Are Not Associated with Type 2 Diabetes in Japanese., The ASHG annual meeting in 2006, New Orleans, (month)2006..[著者] ...
閲覧 Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota and Mitsuo Itakura : No evidence for association of ENPP1(PC-1)K121Q variant with risk of Type 2 diabetes in a Japanese population., Journal of Human Genetics, Vol.51, No.6, 559-566, 2006..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kato, Kyoko Nomura, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Osamu Mizumori, Rumi Katashima, Shoji Iwasaki, Koichi Nishimura, Masayasu Yoshino, Masato Kobori, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Toshihito Tanahashi, Parvaneh Keshavarz, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Eiji Kudo, Kazue Tsugawa, Yoichiro Takata, Daisuke Hamada, Natsuo Yasui, Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Shiota, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Association of single nucleotide polymorphisms in the suppressor of cytokine signaling 2 (SOCS2) gene with type 2 diabetes in the Japanese., Genomics, Vol.87, No.4, 446-458, 2006..[著者] ...
閲覧 棚橋 俊仁, 板倉 光夫 : 特集:血管病の遺伝子診断に迫る「遺伝素因のSNPs解析を探る-多遺伝子性疾患の考え方-」, Vascular Medicine, Vol.2, No.2, 2-8, 2006年4月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 片島 るみ, 板倉 光夫 : 代謝4高尿酸血症と・痛風, --- 高尿酸血症の病因と病態(生産過剰型を中心に) ---, 最新医学・別冊 新しい診断と治療のABC 37, 24-33, 2006年4月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 医療・病院管理用語辞典 改訂第3班, --- テーラーメイド医療(個人化医療) ---, エルゼビア・ジャパン, 東京, 2006年4月..[著者] ...
閲覧 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンとSV40 large T抗原の相互作用による癌化機構, 第79回日本内分泌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2006年5月..[著者] ...
閲覧 水澤 典子, 原田 永勝, 岩田 武男, 国香 清, 森谷 眞紀, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 膵β細胞に高発現する新規蛋白Isletasinの機能解析, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, (巻), (号), (頁), 2006年5月..[著者] ...
閲覧 Yoichiro Takata, Yoshito Matsui, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Takahiro Kubo, Hiroshi Egawa, Shunji Nakano, Fumio Shinomiya, Hiroshi Inoue, Mitsuo Itakura and Natsuo Yasui : The alpha 2 type IX collagen gene tryptophan polymorphism is not associated with rheumatoid arthritis in the Japanese population, Clinical Rheumatology, Vol.25, No.4, 491-494, 2006..[著者] ...
閲覧 Maki Moritani, Katsuhiko Togawa, Hiroshi Yaguchi, Yuka Fujita, Yuka Yamaguchi, Hiroshi Inoue, Naoyuki Kamatani and Mitsuo Itakura : Identification of diabetes susceptibility loci in db mice by combined quantitative trait loci analysis and haplotype mapping., Genomics, Vol.88, No.6, 719-730, 2006..[著者] ...
閲覧 Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Syuichi Shinohara, Hitoshi Kato, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Yoichiro Takata, Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Shiota, Parvaneh Keshavarz, Yuka Yamaguchi, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Association study on chromosome 20q11.21-13.13 locus and its contribution to type 2 diabetes susceptibility in Japanese., Human Genetics, Vol.120, No.4, 527-542, 2006..[著者] ...
閲覧 Shigeru Takeshita, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Diabetic modifier QTLs identified in F2 intercrosses between Akita and A/J mice., Mammalian Genome, Vol.17, No.9, 927-940, 2006..[著者] ...
閲覧 Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi, Eiji Kudo, Noriko Mizusawa, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Takashi Yamaoka, Hiroaki Yasumo, Kazue Tsugaw, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Effect of +36T > C in intron 1 on the glutamine: fructose-6-phosphate amidotransferase 1 gene and its contribution to type 2 diabetes in different populations., Journal of Human Genetics, Vol.51, No.12, 1100-1109, 2006..[著者] ...
閲覧 Yukiko Yamashita, Hiroshi Inoue, Shuhei Kawakami, Katsuyuki Miyawaki, Tatsuro Miyamoto, Kuniko Mizuta and Mitsuo Itakura : Expression and distribution of Gpr119 in the pancreatic islets of mice and rats: Predominant localization in pancreatic polypeptide-secreting PP-cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.351, No.2, 474-480, 2006..[著者] ...
閲覧 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く, 第10回日本内分泌病理学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2006年11月..[著者] ...
閲覧 棚橋 俊仁, 板倉 光夫 : ゲノム医療-SNPs解析による医科学研究の展望, 基本からゲノム医療までわかる 遺伝子工学集中マスター, 112-119, 2006年12月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 戸川 克彦, 藤田 由香, 山口 裕加, 国香 清, 井上 寛, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 : 糖尿病モデルマウスのQTL解析とマウス系統間のハプロタイプ解析を用いた疾患感受性遺伝子の同定, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2007年(0月)..[著者] ...
閲覧 国香 清, 棚橋 俊仁, 森谷 眞紀, 森崎 隆幸, 井上 寛, 板倉 光夫 : 日本人4,392名によるTCF7L2とKIAA1598遺伝子多型の関連解析, 日本人類遺伝学会第52回大会, 2007年(0月)..[著者] ...
閲覧 宮脇 克行, 佐藤 綾, 山下 裕紀子, 井上 寛, 板倉 光夫 : 常時活性型Cdk4を発現する2型糖尿病マウス(db/dbマウス)における膵β細胞増殖による高血糖改善効果とその限界, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会, (巻), (号), (頁), 2007年(0月)..[著者] ...
閲覧 山口 裕加, 藤田 由香, 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 日本人2型糖尿病疾患感受性候補遺伝子の網羅的関連解析およびENDOGL1遺伝子の機能解析, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会, 2007年(0月)..[著者] ...
閲覧 Maki Moritani, Kyoko Nomura, Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Yuka Fujita, Shinohara Syuichi, Yuka Yamaguchi, Parvaneh Keshavarz, Eiji Kudo, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Eiichiro Ichiichi, Yoichiro Takata, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota, Kiyoshi Kunika, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Genetic association of single nucleotide polymorphisms in endonuclease G-like 1 gene with type 2 diabetes in a Japanese population., Diabetologia, Vol.50, No.6, 1218-1227, 2007..[著者] ...
閲覧 Yoichiro Takata, Daisuke Hamada, Katsutoshi Miyatake, Shunji Nakano, Fumio Shinomiya, Charles R. Scafe, Vincent M. Reeve, Dai Osabe, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Naoyuki Kamatani, Hiroshi Inoue, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : Genetic association between the PRKCH gene encoding protein kinase Ceta isozyme and rheumatoid arthritis in the Japanese population., Arthritis and Rheumatism, Vol.56, No.1, 30-42, 2007..[著者] ...
閲覧 Kuniko Mizuta, Satoshi Tsutsumi, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Katsutoshi Miyatake, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji, Nobuyuki Kamata and Mitsuo Itakura : Molecular characterization of GDD1/TMEM16E, the gene product responsible for autosomal dominant gnathodiaphyseal dysplasia., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.357, No.1, 126-132, 2007..[著者] ...
閲覧 Atsushi Inouchi, Shuichi Shinohara, Hiroshi Inoue, Kenji Kita and Mitsuo Itakura : Identification of specific sequence motifs in the upstream region of 242 human miRNA genes., Computational Biology and Chemistry, Vol.31, No.3, 207-214, 2007..[著者] ...
閲覧 Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Yutaka Taketani, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : Parafibromin tumor suppressor enhances cell growth in the cells expressing SV40 large T antigen., Oncogene, Vol.26, No.42, 6176-6183, 2007..[著者] ...
閲覧 Dai Osabe, Toshihito Tanahashi, Kyoko Nomura, Shuichi Shinohara, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Hiroshi Shiota, Parvaneh Keshavarz, Yuka Yamaguchi, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Evaluation of sample size effect on the identification of haplotype blocks., BMC Bioinformatics, Vol.8, 200, 2007..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : TGFBR2 gene expression and genetic association with schizophrenia, The 29th Annual Meeting of Japanese Society of Biological Psychiatry, July 2007..[著者] ...
閲覧 Masaaki Ochi, Haruhiko Osawa, Yushi Hirota, Kazuo Hara, Yasuharu Tabara, Yoshiharu Tokuyama, Ikki Shimizu, Azuma Kanatsuka, Yasuhisa Fujii, Jun Ohashi, Tetsuro Miki, Naoto Nakamura, Takashi Kadowaki, Mitsuo Itakura, Masato Kasuga and Hideichi Makino : The frequency of the G/G genotype of resistin single nucleotide polymorphism at -420 appears to be increased in younger onset type 2 diabetes., Diabetes, Vol.56, No.11, 2834-2838, 2007..[著者] ...
閲覧 Katsutoshi Miyatake, Hiroshi Inoue, Kahoko Hashimoto, Hiroshi Takaku, Yoichiro Takata, Shunji Nakano, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : PKC412 (CGP41251) modulates the proliferation and lipopolysaccharide-induced inflammatory responses of RAW 264.7 macrophages., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.360, No.1, 115-121, 2007..[著者] ...
閲覧 S Yamasaki, N Kurita, J Hata, Maki Moritani, Mitsuo Itakura and Mitsuo Shimada : The effect of transgenic expression of TGF-beta1 on transplanted islet graft survival., Hepato-Gastroenterology, Vol.54, No.78, 1617-1621, 2007..[著者] ...
閲覧 Yukiko Yamashita, Hiroshi Inoue, Keshavarz Parvaneh, Katsuyuki Miyawaki, Yuka Yamaguchi, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : SNPs in the KCNJ11-ABCC8 gene locus are associated with type 2 diabetes and blood pressure levels in the Japanese population., Journal of Human Genetics, Vol.52, No.10, 781-793, 2007..[著者] ...
閲覧 Hiroko Hagiwara, Kazumi Sawakami-Kobayashi, Midori Yamamoto, Shoji Iwasaki, Mika Sugiura, Hatsumi Abe, Sumiko Kunihiro-Ohashi, Kumiko Takase, Noriko Yamane, Kaoru Kato, Renkon Son, Michihiro Nakamura, Osamu Segawa, Mamiko Yoshida, Masafumi Yohda, Hideji Tajima, Masato Kobori, Yousuke Takahama, Mitsuo Itakura and Masayuki Machida : Development of an automated SNP analysis method using a paramagnetic beads handling robot., Biotechnology and Bioengineering, Vol.98, No.2, 420-428, 2007..[著者] ...
閲覧 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 副甲状腺癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く, 第32回日本比較内分泌学会大会, (巻), (号), (頁), 2007年10月..[著者] ...
閲覧 岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : マクロファージ培養上清が脂肪前駆細胞株SGBSのMMP発現に与える影響, 第28回日本肥満学会, (巻), (号), (頁), 2007年10月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 板倉 光夫 : ゲノム研究の課題と展望, --- ゲノム創薬に向けて ---, medical forum CHUGAI, Vol.4, No.4, 20-23, 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 山口 裕加, 藤田 由香, 棚橋 俊仁, 国香 清, 宮脇 克行, 岩田 武男, 井上 寛, 板倉 光夫 : 3番染色体短腕の関連解析探索により見出した日本人2型糖尿病疾患感受性ENDOGL1遺伝子の機能解析, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会, (巻), (号), (頁), 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 越智 正昭, 大澤 春彦, 廣田 勇士, 原 一雄, 田原 康玄, 徳山 芳治, 清水 一紀, 金塚 東, 藤井 靖久, 大橋 順, 三木 哲郎, 中村 直登, 門脇 孝, 板倉 光夫, 春日 雅人, 牧野 英一 : レジスチンSNP-420 G/G型の頻度は若年発症の2型糖尿病ほど高い, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会, 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 田口 純, 斉藤 諒, 山本 絋士, 桜本 昌輝, 中村 俊憲, Mitsuo Itakura and 橋本 香保子 : The involvement of Sec8 Molecule; a subunit of exocyst complex, which supports vesicles transportation, for activating process of B cell., 日本免疫学会総会・学術集会, (month)2008..[著者] ...
閲覧 Masateru Sakuramoto, Hiroshi Yamamoto, Ryo Saito, Toshinori Nakayama, Hiroshi Takaku, Mitsuo Itakura and Kahoko Hashimoto : The function of the exocyst complex member; Sec8 Molecules in the antigen presenting cells., 日本免疫学会総会・学術集会, (month)2008..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 高橋 章仁, 桐野 友子, 近藤 郁子, 安藤 美智子, 横田 一郎, 板倉 光夫 : X連鎖優性遺伝性疾患患者におけるMECP2遺伝子の変異解析, 第83回日本小児科学会香川地方会, 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 山口 裕加, 横田 一郎, 板倉 光夫, 中川 義信 : 3p24.3-22.1領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の探索および機能解析, 第62回国立病院総合医学会総会, 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 高橋 章仁, 桐野 友子, 近藤 郁子, 横田 一郎, 板倉 光夫, 中川 義信 : X連鎖優性遺伝性疾患(Rett症候群)患者におけるMECP2遺伝子の変異解析, 第26回日本染色体遺伝子検査学会総会・学術総会, 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 Yoichiro Takata, Hiroshi Inoue, Aya Sato, Kazue Tsugawa, Katsutoshi Miyatake, Daisuke Hamada, Fumio Shinomiya, Shunji Nakano, Natsuo Yasui, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : Replication of reported genetic associations of PADI4, FCRL3, SLC22A4 and RUNX1 genes with rheumatoid arthritis: results of an independent Japanese population and evidence from meta-analysis of East Asian studies., Journal of Human Genetics, Vol.53, No.2, 163-173, 2008..[著者] ...
閲覧 Takao Suzuki, Maki Moritani, Masayasu Yoshino, Mitsuhiro Kagami, Shoji Iwasaki, Kouichi Nishimura, Masahiko Akamatsu, Masato Kobori, Hitoshi Matsushime, Masao Kotoh, Kiyoshi Furuichi and Mitsuo Itakura : Diabetic modifier QTLs in F(2) intercrosses carrying homozygous transgene of TGF-beta., Mammalian Genome, Vol.19, No.1, 15-25, 2008..[著者] ...
閲覧 Toshihito Tanahashi, Keiko Shinohara, Parvaneh Keshavarz, Yuka Yamaguchi, Katsuyuki Miyawaki, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Hiroshi Shiota, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : The association of genetic variants in Krüppel-like factor 11 and Type 2 diabetes in the Japanese population., Diabetic Medicine, Vol.25, No.1, 19-26, 2008..[著者] ...
閲覧 Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : Single nucleotide polymorphisms in genes encoding LKB1 (STK11), TORC2 (CRTC2) and AMPK alpha2-subunit (PRKAA2) and risk of type 2 diabetes., Molecular Genetics and Metabolism, Vol.93, No.2, 200-209, 2008..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Masahito Nakataki, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura, Akira Sano, Kazutaka Ohi, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takada and Tetsuro Ohmori : No association between the NDE1 gene and schizophrenia in the Japanese population., Schizophrenia Research, Vol.99, No.1-3, 367-369, 2008..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Hongwei Song, Masahito Nakataki, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Mitsuo Itakura, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Positive association of the PDE4B (phosphodiesterase 4B) gene with schizophrenia in the Japanese population., Journal of Psychiatric Research, Vol.43, No.1, 7-12, 2008..[著者] ...
閲覧 工藤 英治, 板倉 光夫 : )高尿酸血症診療の最新動向 原発性高尿酸血症の病因・診断法研究の進歩, --- 家族性若年性高尿酸血症性腎症(FJHN) ---, 日本臨牀, Vol.66, No.4, 683-686, 2008年4月..[著者] ...
閲覧 Yuka Yamaguchi, Maki Moritani, Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Yuka Fujita, Parvaneh Keshavarz, Kiyoshi Kunika, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Eiichiro Ichiishi, Hiroshi Shiota, Natsuo Yasui, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Lack of association of genetic variation in chromosome region 15q14-22.1 with type 2 diabetes in a Japanese population., BMC Medical Genetics, Vol.9, (号), 22, 2008..[著者] ...
閲覧 Shu Kobayashi, Katsunori Ikari, Hirotaka Kaneko, Yuta Kochi, Kazuhiko Yamamoto, Kenichi Shimane, Yusuke Nakamura, Yoshiaki Toyama, Takeshi Mochizuki, So Tsukahara, Yasushi Kawaguchi, Chihiro Terai, Masako Hara, Taisuke Tomatsu, Hisashi Yamanaka, Takahiko Horiuchi, Kayoko Tao, Koji Yasutomo, Daisuke Hamada, Natsuo Yasui, Hiroshi Inoue, Mitsuo Itakura, Hiroshi Okamoto, Naoyuki Kamatani and Shigeki Momohara : Association of STAT4 with susceptibility to rheumatoid arthritis and systemic lupus erythematosus in the Japanese population., Arthritis and Rheumatism, Vol.58, No.7, 1940-1946, 2008..[著者] ...
閲覧 Kazuki Yasuda, Kazuaki Miyake, Yukiko Horikawa, Kazuo Hara, Haruhiko Osawa, Hiroto Furuta, Yushi Hirota, Hiroyuki Mori, Anna Jonsson, Yoshifumi Sato, Kazuya Yamagata, Yoshinori Hinokio, He-Yao Wang, Toshihito Tanahashi, Naoto Nakamura, Yoshitomo Oka, Naoko Iwasaki, Yasuhiko Iwamoto, Yuichiro Yamada, Yutaka Seino, Hiroshi Maegawa, Atsunori Kashiwagi, Jun Takeda, Eiichi Maeda, Hyoung Doo Shin, young Min Cho, Kyong Soo Park, Hong Kyu Lee, Maggie C Y Ng, Ronald C W Ma, Wing-Yee So, Juliana C N Chan, Valeriya Lyssenko, Tiinamaija Tuomi, Peter Nilsson, Leif Groop, Naoyuki Kamatani, Akihiro Sekine, Yusuke Nakamura, Ken Yamamoto, Teruhiko Yoshida, Katsushi Tokunaga, Mitsuo Itakura, Hideichi Makino, Kishio Nanjo, Takashi Kadowaki and Masato Kasuga : Variants in KCNQ1 are associated with susceptibility to type 2 diabetes mellitus., Nature Genetics, Vol.40, No.9, 1092-1097, 2008..[著者] ...
閲覧 Katsuyuki Miyawaki, Hiroshi Inoue, Parvaneh Keshavarz, Kuniko Mizuta, Aya Sato, Yukiko Yamashita, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : Transgenic expression of a mutated cyclin-dependent kinase 4 (CDK4/R24C) in pancreatic beta-cells prevents progression of diabetes in db/db mice., Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.82, No.1, 33-41, 2008..[著者] ...
閲覧 中瀧 理仁, 上野 修一, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 田吉 伸哉, 田吉 純子, 宋 鴻偉, 棚橋 俊仁, 板倉 光夫, 大森 哲郎 : 統合失調症とRho-associated coiled-coil forming protein serine/threonine kinase1遺伝子の関連解析, 第30回日本生物学的精神医学会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 沼田 周助, 中瀧 理仁, 伊賀 淳一, 棚橋 俊仁, 板倉 光夫, 上野 修一, 大森 哲郎 : 日本人におけるうつ病患者のPCNT2遺伝子関連解析, 第30回日本生物学的精神医学会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 Kensuke Kondoh, Yuji Nakata, Takashi Yamaoka, Mitsuo Itakura, Mutsumi Hayashi, Kohji Yamada, Jun-ichi Hata and Taketo Yamada : Altered cellular immunity in transgenic mice with T cell-specific expression of human D4-guanine diphosphate-dissociation inhibitor (D4-GDI)., International Immunology, Vol.20, No.10, 1299-1311, 2008..[著者] ...
閲覧 岩田 武男, 水澤 典子, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : YKL-40とMMP-1は脂肪組織のリモデリングに関与する, 第29回日本肥満学会, (巻), (号), (頁), 2008年10月..[著者] ...
閲覧 Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi, Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Tetsuro Ohmori, Naoto Nakamura, Kazue Tsugawa, Katsuyuki Miyawaki, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Common coding variant in the TCF7L2 gene and study of the association with type 2 diabetes in Japanese subjects, Journal of Human Genetics, Vol.53, No.11-12, 972-982, 2008..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学 第9版(高久史麿・尾形悦郎・ほか/監修), --- 第5章 代謝・栄養疾患,先天性(遺伝性)代謝疾患 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2009年1月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学 第9版(高久史麿・尾形悦郎・ほか/監修), --- 膵嚢胞性線維症 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2009年1月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫 : 新臨床内科学 第9版(高久史麿・尾形悦郎・ほか/監修), --- Marfan(マルファン)症候群 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2009年1月..[著者] ...
閲覧 Zhi-Rong Qian, Sylvia L Asa, Haruhiko Siomi, Mikiko Siomi, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Elaine Lu Wang, Md Mustafizur Rahman, Hiroshi Inoue, Mitsuo Itakura, Eiji Kudo and Toshiaki Sano : Overexpression of HMGA2 relates to reduction of the let-7 and its relationship to clinicopathological features in pituitary adenomas., Modern Pathology, Vol.22, No.3, 431-441, 2009..[著者] ...
閲覧 Susumu Otsuka, Yumiko Sakamoto, Haruhiko Siomi, Mitsuo Itakura, Kenji Yamamoto, Hideo Matumoto, Tsukasa Sasaki, Nobumasa Kato and Eiji Nanba : Fragile X carrier screening and FMR1 allele distribution in the Japanese population., Brain & Development, Vol.32, No.2, 110-114, 2009..[著者] ...
閲覧 Takeo Iwata, Masamichi Kuwajima, Akiko Sukeno, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, M Wabitsch, Noriko Mizusawa, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : YKL-40 secreted from macrophages infiltrating into adipose tissue inhibits degradation of type I collagen., International symposium on diabetes, Tokyo, March 2009..[著者] ...
閲覧 Kazumasa Nishimoto, Yuta Kochi, Katsunori Ikari, Kazuhiko Yamamoto, Akari Suzuki, Kenichi Shimane, Yusuke Nakamura, Koichiro Yano, Noriko Iikuni, So Tsukahara, Naoyuki Kamatani, Hiroshi Okamoto, Hirotaka Kaneko, Yasushi Kawaguchi, Masako Hara, Yoshiaki Toyama, Takahiko Horiuchi, Kayoko Tao, Koji Yasutomo, Daisuke Hamada, Natsuo Yasui, Hiroshi Inoue, Mitsuo Itakura, Hisashi Yamanaka and Shigeki Momohara : Association study of TRAF1-C5 polymorphisms with susceptibility to rheumatoid arthritis and systemic lupus erythematosus in Japanese., Annals of the Rheumatic Diseases, Vol.69, No.2, 368-373, 2009..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Junichi Iga, Masahito Nakataki, Shinya Tayoshi, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Positive association of the pericentrin (PCNT) gene with major depressive disorder in the Japanese population., Journal of Psychiatry & Neuroscience, Vol.34, No.3, 195-198, 2009..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Junichi Iga, Masahito Nakataki, Shinya Tayoshi, Kyoko Taniguchi, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura, Yoko Kamegaya, Masahiko Tsutsumi, Akira Sano, Takashi Asada, Hiroshi Kunugi, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analyses of the phosphodiesterase 4B (PDE4B) gene in major depressive disorder in the Japanese population., American Journal of Medical Genetics. Part B, Neuropsychiatric Genetics, Vol.150B, No.4, 527-534, 2009..[著者] ...
閲覧 Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Junichi Iga, Shin'ya Tayoshi, Sumiko Tayoshi-Shibuya, Hongwei Song, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : No association between Rho-associated coiled-coil forming protein serine/threonine kinase1 gene and schizophrenia in the Japanese population., Psychiatric Genetics, Vol.19, No.3, 162, 2009..[著者] ...
閲覧 Takeo Iwata, Masamichi Kuwajima, Akiko Sukeno, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Martin Wabitsch, Noriko Mizusawa, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : YKL-40 secreted from adipose tissue inhibits degradation of type I collagen., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.388, No.3, 511-516, 2009..[著者] ...
閲覧 井上 寛, 板倉 光夫, 緒方 勤, 藤枝 憲二 : 日本人低身長症におけるグレリン受容体(GHSR1A)遺伝子変異の解析, 第9回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 Shusuke Numata, Masahito Nakataki, Junichi Iga, Toshihito Tanahashi, Yoshihiro Nakadoi, Kazutaka Ohi, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Mitsuo Itakura, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Association Study Between the Pericentrin (PCNT) Gene and Schizophrenia., NeuroMolecular Medicine, Vol.12, No.3, 243-247, 2009..[著者] ...
閲覧 Koji Muroya, Takahiro Mochizuki, Maki Fukami, Manami Iso, Keinosuke Fujita, Mitsuo Itakura and Tsutomu Ogata : Diabetes mellitus in a Japanese girl with HDR syndrome and GATA3 mutation., Endocrine Journal, Vol.57, No.2, 171-174, 2009..[著者] ...
閲覧 亀山 直城, 森谷 眞紀, 矢田 春奈, 安部 祐樹, 小川 洋平, 長谷川 行洋, 上野 一郎, 板倉 光夫, 横田 一郎 : 新生児糖尿病患者における6q24領域およびKATPチャネル遺伝子の解析, 日本染色体遺伝子検査学会雑誌, Vol.28, No.2, 36, 2010年(0月)..[著者] ...
閲覧 Véronique Bolduc, Gareth Marlow, M Kym Boycott, Khalil Saleki, Hiroshi Inoue, Johan Kroon, Mitsuo Itakura, Yves Robitaille, Lucie Parent, Frank Baas, Kuniko Mizuta, Nobuyuki Kamata, Isabelle Richard, P Wim H J Linssen, Ibrahim Mahjneh, Marianne Visser de, Rumaisa Bashir and Bernard Brais : Recessive mutations in the putative calcium-activated chloride channel Anoctamin 5 cause proximal LGMD2L and distal MMD3 muscular dystrophies., American Journal of Human Genetics, Vol.86, No.2, 213-221, 2010..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Mitsuo Itakura, Tsutomu Ogata and Kenji Fujieda : Identification and functional analysis of novel human growth hormone secretagogue receptor type 1a variants in Japanese subjects with short stature., 14th International Congress of Endocrinology (ICE2010), March 2010..[著者] ...
閲覧 Natsumi Kangawa, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Mitsuo Itakura, Tsutomu Ogata and Kenji Fujieda : Identification and functional analysis of novel human growth hormone-releasing hormone receptor (GHRHR) gene mutations in Japanese subjects with short stature (SS), 14th International Congress of Endocrinology (ICE2010), March 2010..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 藤田 由香, 安部 祐樹, 小川 洋平, 長谷川 行洋, 板倉 光夫, 横田 一郎 : 新生児糖尿病患者におけるATP感受性K+チャネル遺伝子の変異解析, 糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-101, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 V Bolduc, G Marlow, KM Boycott, TC Conte, R Larivière, K Saleki, Hiroshi Inoue, J Kroon, Mitsuo Itakura, Y Robitaille, L Parent, F Baas, K Mizuta, Nobuyuki Kamata, I Richard, WHJP Linssen, I Mahjneh, M Visser de, R Bashir and B Brais : Recessive mutations in the putative calcium-activated chloride channel Anoctamin 5 cause proximal LGMD2L and distal MMD3 muscular dystrophies, The Ottawa Conference on New Directions in Biology & Disease of Skeletal Muscle, (都市), May 2010..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 藤田 由香, 安部 祐樹, 小川 洋平, 長谷川 行洋, 板倉 光夫, 横田 一郎 : 新生児糖尿病患者におけるATP感受性K+チャネル遺伝子の変異解析, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 亀山 直城, 矢田 春奈, 板倉 光夫, 緒方 勤, 雨宮 伸, 横田 一郎 : 5歳未満に発症した1型糖尿病患者における遺伝因子の解析, 日本染色体遺伝子検査学会雑誌, Vol.28, No.2, 35, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 V Bolduc, G Marlow, TC Conte, R Larivière, KM Boycott, K Saleki, Hiroshi Inoue, J Kroon, Mitsuo Itakura, Y Robitaille, L Parent, F Baas, K Mizuta, Nobuyuki Kamata, I Richard, WHJP Linssen, I Mahjneh, M Visser de, R Bashir and B Brais : Recessive mutations in the putative calcium-activated chloride channel Anoctamin 5 cause proximal LGMD2L and distal MMD3 muscular dystrophies, 5th International Congress of the World Muscle Society, (都市), Oct. 2010..[著者] ...
閲覧 亀山 直城, 森谷 眞紀, 矢田 春奈, 安部 祐樹, 小川 洋平, 長谷川 行洋, 上野 一郎, 板倉 光夫, 横田 一郎 : 新生児糖尿病患者における6q24領域およびKATPチャネル遺伝子の解析, 第28回日本染色体遺伝子検査学会総会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 亀山 直城, 矢田 春奈, 板倉 光夫, 緒方 勤, 雨宮 伸, 横田 一郎 : 5歳未満に発症した1型糖尿病患者における遺伝因子の解析, 第28回日本染色体遺伝子検査学会総会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Inoue, Natsumi Kangawa, Atsuko Kinouchi, Yukiko Yamashita, Chizuko Kimura, Reiko Horikawa, Yosuke Shigematsu, Mitsuo Itakura, Tsutomu Ogata and Kenji Fujieda : Identification and functional analysis of novel human growth hormone secretagogue receptor (GHSR) gene mutations in Japanese subjects with short stature., The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.96, No.2, E373-E378, 2010..[著者] ...
閲覧 水澤 典子, 岩田 武男, 原田 永勝, Shima Nazatul Wan, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : マウス膵島におけるisletasinの機能解析, 第54回日本糖尿病学会年次学術集会(札幌), 2011年5月..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Natsumi Kangawa, Chizuko Kimura, Tsutomu Ogata, Kenji Fujieda, Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura : Analysis of expression and structure of the rat GH-secretagogue/ghrelin receptor (Ghsr) gene: Roles of epigenetic modifications in transcriptional regulation., Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.345, No.1-2, 1-15, 2011..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Inoue, Tokuo Mukai, Yukiko Yamashita, Chizuko Kimura, Natsumi Kangawa, Mitsuo Itakura, Tsutomu Ogata, Yoshiya Ito and Kenji Fujieda : Identification of a novel mutation in the exon 2 splice donor site of the POU1F1/PIT-1 gene in Japanese identical twins with mild combined pituitary hormone deficiency., Clinical Endocrinology, Vol.76, No.1, 87, 2011..[著者] ...
閲覧 Shigeru Takeshita, Takao Suzuki, Susumu Kitayama, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Bhlhe40, a potential diabetic modifier gene on Dbm1 locus, negatively controls myocyte fatty acid oxidation., Genes & Genetic Systems, Vol.87, No.4, 253-264, 2012..[著者] ...
閲覧 Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, K Ohi, R Hashimoto, S Shimodera, Issei Imoto, Mitsuo Itakura, M Takeda and Tetsuro Ohmori : Meta-analysis of association studies between DISC1 missense variants and schizophrenia in the Japanese population., Schizophrenia Research, Vol.141, No.2-3, 271-273, 2012..[著者] ...
閲覧 Shigeru Takeshita, Susumu Kitayama, Takao Suzuki, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Diabetic modifier QTL, Dbm4, affecting elevated fasting blood glucose concentrations in congenic mice., Genes & Genetic Systems, Vol.87, No.5, 341-346, 2012..[著者] ...
閲覧 Shinya Watanabe, Junichi Iga, Shusuke Numata, Masahito Nakataki, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : Association Study of Fat-mass and Obesity-associated Gene and Body Mass Index in Japanese Patients with Schizophrenia and Healthy Subjects., Clinical Psychopharmacology and Neuroscience, Vol.10, No.3, 185-189, 2012..[著者] ...
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 目で見るヌクレオチド代謝, 高尿酸血症と痛風, (巻), (号), 105-110, (年月日)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.62, Max(EID) = 382156, Max(EOID) = 1020863.