『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 小野 恒子

登録情報の数

有効な情報: 127件 + 無効な情報: 8件 = 全ての情報: 135件

全ての有効な情報 (127件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(49)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(49)
閲覧 (未定義) …(47)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 弘田 克彦, Fernandez Eleanor, 小野 恒子, 宮崎 寿次, 松田 洋子, 中村 務, 安富 豊, 西野 瑞穗, 湊 義博, 太田 房雄, 福井 公明 : モノクロン抗体を使用した酵素免疫測定法によるミュータンスレンサ球菌の迅速簡便同定法, 四国歯学会雑誌, Vol.5, No.2, 65-74, 1992年..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 小野 恒子, 福井 公明, 山下 菊治, 大和 正幸, 太田 房雄, 湊 義博 : モノクロン抗体f-77によるStreptococcus mutansおよび Streptococcus pyogenes の菌体表層抗原の免疫学的解析, 四国医学雑誌, Vol.49, No.1, 8-15, 1993年..[著者] ...
閲覧 Tsuneko Ono, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto, J. E. Fernandez, Fusao Ota and K Fukui : Detection of Streptococcus mutans by PCR amplification of spaP gene, Journal of Medical Microbiology, Vol.41, No.4, 231-235, 1994..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Hideo Kanitani, Ken Nemoto, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Cross-reactivity between human sialyl Lewisx oligosaccharide and common causative oral bacteria of infective endocarditis, FEMS Immunology and Medical Microbiology, Vol.12, No.2, 159-164, 1995..[著者] ...
閲覧 Ken Nemoto, Ro Osawa, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : An investigation of gram-negative tannin-protein complex degrading bacteria in fecal flora of various mammals, The Journal of Veterinary Medical Science, Vol.57, No.5, 921-926, 1995..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 市川 哲雄, 柏原 稔也, 根本 謙, 小野 恒子, 村上 欣也, 松尾 敬志, 松本 直之, 三宅 洋一郎 : Candida albicans biofilm modelの作製と電解水の抗biofilm効果, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.10, 30-35, 1996年1月..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Ro Osawa, Ken Nemoto, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Highly expressed human sialyl Lewisx antigen on cell surface of Streptococcus gallolyticus, The Lancet, Vol.347, No.9003, 760, 1996..[著者] ...
閲覧 村上 欣也, 弘田 克彦, 根本 謙, 小野 恒子, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusの抗sialyl-Lewisx (CD15s)抗体誘導能, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.11, 14-20, 1997年1月..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Kinya Murakami, Ken Nemoto, Tsuneko Ono, Takashi Matsuo, Hiromi Kumon and Yoichiro Miyake : Fosfomycin reduces CD15s-related antigen expression of Streptococcus pyogenes, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.42, No.5, 1083-1987, 1998..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 谷口 和子, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌における抗菌薬抵抗性変異株の分離とその性状, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.13, 23-25, 1999年1月..[著者] ...
閲覧 Ken Nemoto, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Kinya Murakami, Keiji Murakami, Daisuke Nagao and Yoichiro Miyake : Effect of varidase (streptokinase) on biofilm formed by Staphylococcus aureus, Chemotherapy, Vol.46, No.2, 111-115, 2000..[著者] ...
閲覧 Tsuneko Ono, Sumiko Shiota, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto, Tomofusa Tsuchiya and Yoichiro Miyake : Susceptibilities of Oral and Nasal Isolates of Streptococcus mitis and Streptococcus oralis to Macrolides and PCR Detection of Resistance Genes, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.44, No.4, 1078-1080, 2000..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村田 広美, 大倉 一人, 長宗 秀明, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : レンサ球菌のヒストン様蛋白質の構造解析, 第53回日本細菌学会中国・四国支部総会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 谷口 和子, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌抗菌薬抵抗性におけるストレス反応の影響, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.15, 27-30, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 谷口 和子, 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 根本 謙, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌におけるBIPM抵抗性変異株の作成, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.15, 22-26, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村田 広美, Viducic Darijia, 谷口 和子, 村上 圭史, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Staphyrococcus aureusにおけるhistone-like proteinの存在と構造解析, 第46回ブドウ球菌研究会, (巻), (号), (頁), 2001年9月..[著者] ...
閲覧 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : バイオフィルム形成菌における抗菌薬抵抗性のメカニズム, 四国歯学会雑誌, Vol.14, No.2, 277-284, 2002年1月..[著者] ...
閲覧 Taniguchi Kazuko, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Darija Viducic, Kayama Sizuo, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake : Novel Pseudomonas aeruginosa gene that suppresses tolerance to carbapenems, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.47, No.9, 2997-3001, 2003..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性変異株の分離, 第77回 日本細菌学会総会, (巻), (号), (頁), 2004年4月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌PAO1株におけるbiapenem抵抗性変異株の分離, 第52回日本化学療法学会総会, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Anginosus group streptococci感染症とその続発生, 第2回 感染病態研究会 シンポジウム「Symbiosis」, (巻), (号), (頁), 2004年6月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 劉 大力, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌 Quorum Sensing 機構と抗菌薬抵抗性について, 第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 菊池 賢, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : 脳腫瘍以来のS.intermedius ILY高産生株に対するカルバベネム系抗菌薬感受性に関する検討, 第52回 日本化学治療法学会西日本支部総会, (巻), (号), (頁), 2004年12月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 劉 大力, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌 lasl, rhll 遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第52回 日本化学治療法学会西日本支部総会, (巻), (号), (頁), 2004年12月..[著者] ...
閲覧 Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Darija Viducic, Shizuo Kayama, Makiko Mori, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake : Role for rpoS gene of Pseudomonas aeruginosa in antibiotic tolerance, FEMS Microbiology Letters, Vol.242, No.1, 161-167, 2005..[著者] ...
閲覧 小野 恒子, 土肥 義胤, 山本 容正, 宇賀 昭二, 白井 文恵 : スタンダード微生物学, --- 口腔内感染 ---, 文光堂, 東京, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : P1-192 緑膿菌 bta 遺伝子の抗菌薬抵抗性への影響について, 第78回 日本細菌学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年4月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : P1-202 緑膿菌 lasl, rhll 遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第78回 日本細菌学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年4月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌tcp遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第53回化学療法学会総会, 2005年5月..[著者] ...
閲覧 Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake : A role of ppGpp in tolerance to quinolone in Pseudomonas aeruginosa, Pseudomonas 10th International congress Abstract Book, (巻), (号), 101, Marseille, Aug. 2005..[著者] ...
閲覧 Keiji Murakami, Kayama Sizuo, Viducic Darija, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : The involvement of pslL gene in biapenem tolerance of Pseudomonas aeruginosa, Pseudomonas 2005 10th International Congress Abstract Book, (巻), (号), 139, Marseille, Aug. 2005..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌 tcp 遺伝子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響について, 第58回 日本細菌学会中国・四国支部総会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensingとOfloxacin抵抗性について, 第53回 日本化学治療学会西日本支部総会, (巻), (号), (頁), 2005年12月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 中江 英明, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.20, 110-115, 2006年..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬による緑膿菌rpoS遺伝子プロモーター活性への影響, 第79回日本細菌学会総会, (巻), (号), (頁), 2006年3月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensingとofloxacin抵抗性について, 第79回日本細菌学会総会, (巻), (号), (頁), 2006年3月..[著者] ...
閲覧 Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Susilowati Heni, Shizuo Kayama, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : Functional Analysis of spoT, relA and dksA Genes on Quinolone Tolerance in Pseudomonas aeruginosa under Nongrowing Condition, Microbiology and Immunology, Vol.50, No.4, 349-357, 2006..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬抵抗性による緑膿菌rpoS遺伝子発現の変化, 第54回日本化学療法学会総会, 2006年5月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.20, (号), 110-115, 2006年7月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 中江 英明, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm 第20回記念学術集会, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬添加による緑膿菌Quorum Sensing関連遺伝子発現の変化, 第54回日本化学療法学会西日本支部総会, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 堀川 明日香, 野間 保喜, 滝本 真由美, 玉井 利奈, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬添加によるQuorum Sensing関連遺伝子発現の変動, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月..[著者] ...
閲覧 滝本 真由美, 玉井 利奈, 堀川 明日香, 野間 保喜, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌におけるPQS Quorum Sensingと病原性に関する研究, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月..[著者] ...
閲覧 玉井 利奈, 滝本 真由美, 野間 保喜, 堀川 明日香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌臨床分離株における抗菌薬感受性とバイオフィルム形成に関する研究, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月..[著者] ...
閲覧 野間 保喜, 堀川 明日香, 滝本 真由美, 玉井 利奈, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : う蝕原因菌Streptococcus mutansの病原性に関する研究, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによる培養ヒト胆管上皮細胞核膜抗原の異所性表出, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Katakami Mikiko, Susilowati Heni and Yoichiro Miyake : rpoN gene of Pseudomonas aeruginosa alters Its susceptibility to quinolones and cabapenems, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.51, No.4, 1455-1462, 2007..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm第21回学術集会, 2007年7月..[著者] ...
閲覧 Shizuo Kayama, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Role of quorum sensings system of adherent pseudomonas aeruginosa in antibiotic tolerance, ASM conferences Pseudomonas 2007, Seattle, Aug. 2007..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 弘田 克彦, 劉 大力, Heni Susilowati, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構とbiapenem抵抗性について, 第60回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2007年10月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, 第55回日本化学療法学会西日本支部総会, 2007年10月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, Susilowati Heni, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死の分子機構の解明, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月..[著者] ...
閲覧 竹内 まりえ, 松田 明日香, 安藤 健一, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensingのLas-system強制発現株の作成, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 松田 明日香, 安藤 健一, 竹内 まりえ, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 山本 明毅, 安藤 健一, 竹内 まりえ, 松田 明日香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌におけるPQS Quorum sensingと抗菌薬抵抗性に関する研究, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 安藤 健一, 松田 明日香, 竹内 まりえ, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensingのLas-system強制発現株の評価, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 道脇 宏行, 英 理香, 細谷 陽子, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 : 透析液中の細菌検査法に関する遺伝学的検討, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.21, 49-53, 2008年..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される非アポトーシス型細胞死と細胞内Ca2+濃度の変動, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性と遺伝子発現について, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : The essentiality and involvement of Streptococcus intermedius histone-like DNA-binding protein in bacterial viability and normal growth, Molecular Microbiology, Vol.68, No.5, 1268-1282, 2008..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構と抗菌薬抵抗性の蛍光染色法による解析, 第56回日本化学療法学会総会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 道脇 宏行, 英 理香, 細谷 陽子, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 : 透析液及び透析用水中の遺伝学的細菌検出法, 第53回日本透析医学会学術集会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性と遺伝子発現について, Bacterial Adherence & Biofilm第22回学術集会, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, Heni Susilowati, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死, 第17回Lancefielfレンサ球菌研究会 2008, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 大学検査科学専攻微生物学教員懇談会, 小野 恒子 : メディカルサイエンス 微生物検査学, 近代出版, 東京, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 清宮 明香, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周, 小野 恒子 : 透析液中の細菌検出における遺伝学的検討, 腎と透析65巻別冊 ハイパフォーマンスメンブレン'08, (頁), 2008年..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死とgp210の細胞内分布の変動, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月..[著者] ...
閲覧 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性の蛍光染色法による解析, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月..[著者] ...
閲覧 Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Shizuo Kayama, Taniguchi Tomonori, Yamamoto Akitake, Tsuneko Ono, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Heterologous expression of a histone-like protein from Streptococcus intermedius in Escherichia coli alters the nucleoid structure and inhibits the growth of E. coli, FEMS Microbiology Letters, Vol.288, No.1, 68-75, 2008..[著者] ...
閲覧 清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 吉川 和寛, 田尾 知浩, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 : 透析液中の細菌検査法に関する遺伝学的検討, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 田中 純一, 小野 恒子, 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusに誘導される非アポトーシス細胞死の免疫組織化学的解析, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 伊藤 真理, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株のバイオフィルム形成におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌臨床分離株の付着時における抗菌薬抵抗性とcyclic-di-GMPの関与について, 第56回日本化学療法学会西日本支部総会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌とcyclic-di-GMPの関与について, 第43回緑膿菌感染症研究会, 2009年2月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構とrpoS遺伝子がofloxacin抵抗性に及ぼす影響について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構に関する研究 ∼蛍光染色法による解析∼, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株の付着表現型におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される小胞体異常とgp210の細胞内分布の変動, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 相川 文子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌の抗菌薬抵抗性におけるtcp遺伝子の役割, 四国歯学会第35回例会, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 Shizuo Kayama, Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Makiko Ushimaru, Akitake Yamamoto, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : The role of rpoS gene and quorum-sensing system in ofloxacin tolerance in Pseudomonas aeruginosa, FEMS Microbiology Letters, Vol.298, No.2, 184-192, 2009..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 谷口 友伯, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌における抗菌薬抵抗性とcyclic-di-GMPの関与について, Bacterial Adherence & Biofilm第23回学術集会, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌のcyclic-di-GMPと表現型変化の関与について, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌シグマ因子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響, 第57回日本化学療法学会西日本支部総会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 福田 幸恵, 高谷 亜加里, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯 : 緑膿菌におけるσ因子関連遺伝子と抗菌薬抵抗性に関する研究, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月..[著者] ...
閲覧 高谷 亜加里, 福田 幸恵, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯 : 緑膿菌臨床分離株におけるwsp関連遺伝子と抗菌薬抵抗性に関する研究, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌QS Las-systemとシグマ因子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響について, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌臨床分離株におけるRSCVの分離と抗菌薬抵抗性について, 第58回日本化学療法学会学術講演会, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 水瀬 一生, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌ladS遺伝子の抗菌薬抵抗性への影響について, 第63回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌におけるc-di-GMPと抗菌薬抵抗性との関連について, 第58回日本化学療法学会西日本支部総会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 曽宮 葉子, 小寺 佑佳, 西田 みなみ, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜 : 緑膿菌におけるc-di-GMPと抗菌薬抵抗性について, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 西田 みなみ, 小寺 佑佳, 曽宮 葉子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜 : 抗菌薬による緑膿菌RSCVの誘導について, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 小寺 佑佳, 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜 : 緑膿菌臨床分離株のRSCVの分離と抗菌薬感受性について, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 近藤 洋史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 平尾 功治, 松尾 敬志 : THP-1細胞のケモカイン産生に及ぼす口腔レンサ球菌ヒストン様DNA結合タンパク質の影響, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 Keiji Murakami, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : The involvement of psl genes and the second messenger c-di-GMP in antibiotic tolerance of adherent Pseudomonas aeruginosa, EUROBIOFILMS 2011 -Second European Congress on Microbial Biofilms-Basic and Dlinical Aspedts-, Copenhagen, July 2011..[著者] ...
閲覧 Darija Viducic, Keiji Murakami, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : The Pseudomonas aeruginosa quinolone signal plays a dual role in the response to antimicrobial agents, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sapporo, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Keiji Murakami, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Pseudomonas aeruginosa psl genes play an important role in biapenem tolerance, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sapporo, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 野間 保喜, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌における抗菌薬抵抗性に関与する遺伝子の検討, 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 野間 保喜, 水瀬 一生, 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : 付着緑膿菌のビアペネム抵抗性関連遺伝子の探索, 第44回中国四国医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : バイオフィルム形成菌での抗菌薬抵抗性獲得メカニズムについて, 第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 曽宮 葉子, 野間 保喜, 水瀬 一生, 西田 みなみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : 緑膿菌psl遺伝子の抗菌薬抵抗性への関与について, 第44回中国四国医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 西田 みなみ, 野間 保喜, 水瀬 一生, 曽宮 葉子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : クラリスロマイシンが及ぼす緑膿菌コロニー性状への影響, 第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性関連遺伝子の探索, 第59回日本化学療法学会西日本支部総会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 岡坂 奈緒子, 山田 茉樹, 眞木 敬太, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ : 徳島大学病院で分離された緑膿菌における薬剤耐性のメカニズムとERIC-PCRの有用性について, 第35回徳島県医学検査学会, 2011年12月..[著者] ...
閲覧 眞木 敬太, 岡坂 奈緒子, 山田 茉樹, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ : 緑膿菌臨床分離株におけるバイオフィルム形成能と薬剤感受性について, 第35回徳島県医学検査学会, 2011年12月..[著者] ...
閲覧 山田 茉樹, 眞木 敬太, 岡坂 奈緒子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ : 緑膿菌臨床分離株におけるpel, psl遺伝子の保有と抗菌薬抵抗性との関連について, 第35回徳島県医学検査学会, 2011年12月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : クラリスロマイシン添加による緑膿菌への影響, 第60回日本化学療法学会学術集会, 2012年4月..[著者] ...
閲覧 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : Pseudomonas aeruginosaのバイオフィルム形成と抗菌薬抵抗性に関与する遺伝子ネットワーク, 日本細菌学雑誌, Vol.67, No.2, 227-243, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 付着及びバイオフィルム形成緑膿菌の抗菌薬抵抗性関連遺伝子の探索, 第26回Bacterial Adherence & Biofilm学術集会, 2012年7月..[著者] ...
閲覧 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 村上 圭史, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌の抗菌薬抵抗性に及ぼすpsl遺伝子とc-di-GMPの関与について, 第65回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 西田 みなみ, 曽宮 葉子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : クラリスロマイシンによる緑膿菌RSCVsの誘導について, 第65回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 髙丸 菜都美, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における付着及びバイオフィルム形成菌の抗菌薬抵抗性遺伝子のスクリーニング, 第60回日本化学療法学会西日本支部総会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 星野 佑太, 白水 裕也, 西田 みなみ, 曽宮 葉子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 櫻井 明子, 佐藤 雅美, 岡本 貴子, 香川 葉子, 畑 美智子 : 緑膿菌臨床分離株における抗菌薬抵抗性と病原因子について, 第36回徳島県医学検査学会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 白水 裕也, 星野 佑太, 西田 みなみ, 曽宮 葉子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 櫻井 明子, 佐藤 雅美, 岡本 貴子, 香川 葉子, 畑 美智子 : 緑膿菌臨床分離株における抗菌薬耐性のメカニズム, 第36回徳島県医学検査学会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : Effects of theaddition of Clarithromycin on Pseudomonas aeruginosa biofilm formation, 第86回日本細菌学会総会, March 2013..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 付着及びバイオフィルム形成緑膿菌の抗菌薬抵抗性関連遺伝子の探索, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.26, 237-238, 2013年..[著者] ...
閲覧 Keiji Murakami, Momoyo Azuma, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Nishida Yasuhiko and Yoichiro Miyake : The correlation between antibiotic tolerance and virulence of Pseudomonas aeruginosa clinical isolates, 28th International Congress of Chemoteherap and Infection, Yokohama, June 2013..[著者] ...
閲覧 Momoyo Azuma, Keiji Murakami, Katuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Yoichiro Miyake and Yasuhiko Nishioka : The relationship between antibiotic tolerance and severity of clinical isolated Pseudomonas aeruginosa in respiratory disease patients, The28th International Congress of Chemotherapy and Infection and the 14th Asia-pacific Society of Clinical Microbiology and Infection, 横浜, June 2013..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性とpsl遺伝子の役割, 第7回細菌学若手コロッセウム, 2013年8月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 髙丸 菜都美, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌臨床分離株による抗菌薬抵抗性と病原因子との関連について, 第61回日本化学療法学会西日本支部総会, 2013年11月..[著者] ...
閲覧 Darija Viducic, Keiji Murakami, Takashi Amoh, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : RpoN Modulates Carbapenem Tolerance in Pseudomonas aeruginosa through Pseudomonas Quinolone Signal and PqsE., Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.60, No.10, 5752-5764, 2016..[著者] ...
閲覧 Darija Viducic, Keiji Murakami, Takashi Amoh, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Role of the interplay between quorum sensing regulator VqsR and the Pseudomonas quinolone signal in mediating carbapenem tolerance in Pseudomonas aeruginosa., Research in Microbiology, Vol.168, No.5, 450-460, 2017..[著者] ...
閲覧 Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Yasuki Noma, Issei Minase, Takashi Amoh, Yasuhiko Irie, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : Explorative gene analysis of antibiotic tolerance-related genes in adherent and biofilm cells of Pseudomonas aeruginosa., Journal of Infection and Chemotherapy, Vol.23, No.5, 271-277, 2017..[著者] ...
閲覧 Darija Viducic, Keiji Murakami, Takashi Amoh, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : RpoN Promotes Pseudomonas aeruginosa Survival in the Presence of Tobramycin., Frontiers in Microbiology, Vol.8, (号), 839, 2017..[著者] ...
閲覧 Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Darija Viducic, Yoko Somiya, Reiko Kariyama, Kenji Hori, Takashi Amoh, Katsuhiko Hirota, Hiromi Kumon, Matthew R. Parsek and Yoichiro Miyake : Role of psl Genes in Antibiotic Tolerance of Adherent Pseudomonas aeruginosa., Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.61, No.7, (頁), 2017..[著者] ...
閲覧 小野 恒子, 三宅 洋一郎, 弘田 克彦, 根本 謙 : 付着細菌における抗菌薬抵抗性のメカニズムの解析, 平成12年度∼13年度科学研究費補助金(基盤研究(C2)研究成果報告書, (巻), (号), (頁), (都市), (年月日)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.39, Max(EID) = 393200, Max(EOID) = 1063929.