『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 辻 明彦

登録情報の数

有効な情報: 355件 + 無効な情報: 22件 = 全ての情報: 377件

全ての有効な情報 (355件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(168)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(168)
閲覧 閲覧 日本生化学会 …(1)
閲覧 (未定義) …(59)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 林 真功, 高橋 善弥太, 松田 佳子, 辻 明彦, 勝沼 信彦 : アルギニノコハク酸合成酵素の質的異常に起因するシトルリン血症, 代謝, Vol.15, No.No 9, 1253-1257, 1978年(0月)..[著者] ...
閲覧 上田 敦子, 大西 悦子, 齋藤 史郎, 松田 佳子, 辻 明彦, 勝沼 信彦 : 血清Ornithin carbamyltransferaseの脂肪肝に対する診断的意義, 臨床化学, Vol.6, No.2, 125-130, 1978年..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji, Nobuhiko Katunuma, Masanori Hayashi and Yoshiyata Takahashi : Studies on liver argininosuccinate synthetase in a patient with citrullinemia and in normal subjects, The Journal of Biochemistry, Vol.85, No.No 1, 192-195, 1979..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Yoshiko Matsuda and Nobuhiko Katunuma : Purification and characterization of γ-glutamyltranspeptidase from human bile, Biomedical Research, Vol.1, (号), 410-416, 1980..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Yoshiko Matsuda and Nobuhiko Katunuma : Characterization of human serum γ-glutamyltranspeptidase, Clinica Chimica Acta, Vol.104, No.3, 361-366, 1980..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Yoshiko Matsuda and Nobuhiko Katunuma : Studies on the structure of g-glutamyltranspeptidase. II. Location of the segment anchoring γ-glutamyltranspeptidase to the membrane, The Journal of Biochemistry, Vol.87, No.No 6, 1567-1571, 1980..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji and Nobuhiko Katunuma : Studies on the structure of γ-glutamyltranspeptidase. I. Correlation between sialylation and isozymic, The Journal of Biochemistry, Vol.87, No.No 4, 1243-1248, 1980..[著者] ...
閲覧 Nobuhiko Katunuma, Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji and Tsutomu Miura : Release and Modulation of Membrane-bound γ-Glutamyltranspeptidase by Limited Proteolysis, Springer-Verlag, Berlin, Jan. 1981..[著者] ...
閲覧 Tsutomu Miura, Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji and Nobuhiko Katunuma : Immunological cross reactivity of γ-glutamyltranspeptidase from human and rat kidney, liver and bile, The Journal of Biochemistry, Vol.89, No.1, 217-222, 1981..[著者] ...
閲覧 松田 佳子, 辻 明彦, 久野 健夫, 勝沼 信彦 : γ-GTPの生体内運命,血清,胆汁への逸脱機構, 日本臨床化学会記録, Vol.23, (号), 12-13, 1983年(0月)..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji and Nobuhiko Katunuma : Studies on the structure of γ-glutamyltranspeptidase. III. Evidence that the amino terminus of the heavy subunit is membrane binding segment, The Journal of Biochemistry, Vol.93, No.5, 1427-1433, 1983..[著者] ...
閲覧 Katsuko Yamashita, Akira Hitoi, Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji, Nobuhiko Katunuma and Akira Kobata : Structural studies of the carbohydrate moieties of rat kidney γ-glutamyltranspeptidase, The Journal of Biological Chemistry, Vol.258, No.2, 1098-1107, 1983..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji, Nobuhiko Katunuma and N. Katunuma : Biosynthesis and degradation of gamma-glutamyltranspeptidase of rat kidney, The Journal of Biochemistry, Vol.94, No.3, 755-765, 1983..[著者] ...
閲覧 Katsuko Yamashita, Yoko Tachibana, Akira Hitoi, Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji, Nobuhiko Katunuma and Akira Kobata : Differences in the sugar chains of two subunits and isozymic forms of rat kidney γ-glutamyltranspeptidase, Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.227, No.1, 225-232, 1983..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji and Nobuhiko Katunuma : Quantitative abnormality of argininosuccinate synthetase in a patient with citrullinemia, Advancesin Experimental Medicine and Biology, Urea Cycle Disease, Vol.153, (号), 77-82, (month)1984..[著者] ...
閲覧 Kichiko Koike, Akihiko Tsuji, Yoshishige Urata, Matsuko Moriyasu and Masahiko Koike : Cell-free biosynthesis of lipoamide dehydrogenase, Walter de Gruyter & Co., Germany, Jan. 1984..[著者] ...
閲覧 Matsuko Moriyasu, Kichiko Koike, Yoshishige Urata, Akihiko Tsuji and Masahiko Koike : Rapid and simple isolation procedure for three component enzyme of pig heart 2-oxoglutarate dehydrogenase complex, Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.32, No.No 1, 33-40, 1986..[著者] ...
閲覧 鈴木 義之, 新本 美智枝, 辻 明彦, 楊 瑞成 : 神経,筋疾患のDNA診断, 組織培養, Vol.13, (号), 346-351, 1987年(0月)..[著者] ...
閲覧 辻 明彦 : RFLPによる遺伝病の解明,診断, 化学と工業, Vol.40, No.10, 882-883, 1987年(0月)..[著者] ...
閲覧 Eiji Nanba, Akihiko Tsuji, Kiyoshi Omura and Yoshiyuki Suzuki : Galactosialidosis: Studies on residual enzymes in early and late onset clinical phenotypes, Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.3, No.2, 149-157, 1987..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Rei-Cheng Yang, Kiyoshi Omura, Tomoko Imabayashi and Yoshiyuki Suzuki : A simple differential immunoprecipitation assey of urinary asid and neutral α-glucosidase for glucogenosisII, Clinica Chimica Acta, Vol.167, (号), 313-320, 1987..[著者] ...
閲覧 Eiji Nanba, Akihiko Tsuji, Kiyoshi Omura and Yoshiyuki Suzuki : Galactosialidosis: A direct evidence that 49-kilodalton protein restores deficient enzyme activities in fibroablast, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.144, No.1, 138-142, 1987..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji and Yoshiyuki Suzuki : Purification of human placental acid α-mannosidase by an immunological method, Biochemistry International, Vol.15, No.3, 483-489, 1987..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji and Yoshiyuki Suzuki : The precursor of acid α-glucosidase is synthesized as a membrane bound enzyme, Biochemistry International, Vol.15, No.5, 945-952, 1987..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji and Yoshiyuki Suzuki : Biosynthesis of two components of human acid α-glucosidase, Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.259, No.2, 234-240, 1987..[著者] ...
閲覧 Michie Shinmoto, Akihiko Tsuji, Rei-Cheng Yang, Yoriko Nomura, Masaya Segawa and Yosiyuki Suzuki : DNA deletion and recombination in the gene locus of X-linked muscular dystrophies, Journal of Inherited Metabolic Disease, Vol.11, (号), 324-328, 1988..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Omura Kiyoshi and Suzuki Yosiyuki : I-cell disease: evidence for a mannose 6-phospahte independent pathway for translocation of lysosomal enzymes in lymphoblastoid cells, Clinica Chimica Acta, Vol.176, (号), 115-122, 1988..[著者] ...
閲覧 T. Izumi, Y. Fukuyama, Akihiko Tsuji, T. Yamanaka, Y. Hirabayashi and Y. Suzuki : GM2-Gangliosidosis: B1 variant with thermostable beta-hexosaminidase A and molecular analysis of the mutany enzyme, Lipid Storage Disorders, (巻), (号), 237-245, (month)1988..[著者] ...
閲覧 Suzuki Yoshiyuki, Omura Kiyoshi, Nanba Eiji, Akihiko Tsuji, Yang Rei-Cheng, Kato Goro, Sakuraba Hitoshi and Igarashi Takashi : Lysosomopathies: Analysis of intracellular abnormalities of functional proteins and a survey of new therapeutic approach, Child Neurology and Developmental Disabilities, (巻), (号), 21-27, (month)1988..[著者] ...
閲覧 Shinmoto Michie, Akihiko Tsuji and Suzuki Yoshiyuki : Restriction fragment length polymorphism on the short arm of X-chromosome among the Japanese population, Japan Journal of Human Genetics, Vol.33, (号), 333-338, 1988..[著者] ...
閲覧 Eiji Nanba, Akihiko Tsuji, Kiyoshi Omura and Yoshiyuki Suzuki : Galactosialidosis: molecular heterogeneity in biosynthesis and processing of peotective protein for β-galactosidase, Human Genetics, Vol.80, (号), 329-332, 1988..[著者] ...
閲覧 Yoshiyuki Suzuki, Akihiko Tsuji, Kiyoshi Omura, Gen Nakamura, Shoichi Awa, Mrian Kroos and Arnold J.J. Reuser : Km mutant of acid α-glucosidase in a case of cardiomyopathy without signs of skeletal muscle involvement, Clinical Genetics, Vol.33, (号), 376-385, 1988..[著者] ...
閲覧 鈴木 義之, 新本 美智枝, 辻 明彦, 楊 瑞成 : Duchenne型筋ジストロフィーの診断と治療, 小児科, Vol.29, No.1, 27-40, 1988年1月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Kiyoshi Omura and Yoshiyuki Suzuki : Intracelluler Transport of Acid α-Glucosidase in Human Fibroblasts: Evidence for Involvement Phosphomannosyl Receptor-Independent System, The Journal of Biochemistry, Vol.104, (号), 276-278, 1988..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji and Yoshiyuki Suzuki : Solubilization of Membrane-Bound Acid α-Glucosidase by Proteolysis, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.151, No.3, 1358-1363, 1988..[著者] ...
閲覧 Ohshima Akihiro, Akihiko Tsuji, Nagao Yoshiro, Sakuraba Hitoshi and Suzuki Yoshiyuki : Cloning, sequencing, and expression of cDNA for human beta-galactosidase, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.157, No.No 1, 238-244, 1988..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji and Kotoku Kurachi : Isolation and characterization of a novel large protease accumulated in mammalian cells in the presence of inhibitors, The Journal of Biological Chemistry, Vol.264, No.No 27, 16093-16099, 1989..[著者] ...
閲覧 Rei-Cheng Yang, Yoshiyuki Suzuki and Akihiko Tsuji : Two-dimentional electrophoresis aided personal computer analusis for screening of mutant proteins in inherited diseases, Electrophoresis, Vol.10, No.11, 785-792, 1989..[著者] ...
閲覧 市川 哲生, 太田 房雄, 長宗 秀明, 久保 兼信, 桜林 郁之介, 佐藤 真悟, 篠原 康雄, 高木 俊夫, 竹尾 和典, 田中 経彦, 辻 明彦, 寺田 弘, 中尾 真, 中村 和行, 藤田 清貴, 松田 佳子, 真鍋 敬 : 電気泳動法 –基礎と実験-, 株式会社 廣川書店, 東京, 1989年4月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 松田 佳子 : 電気泳動法 基礎と実験, --- 等電点電気泳動法 ---, 株式会社 廣川書店, 東京都, 1989年4月..[著者] ...
閲覧 Yuji Iwasaki, Akihiko Tsuji, Kiyoshi Omura and Yoshiyuki Suzuki : Purification and characterization of beta-mannosidase from human placenta, The Journal of Biochemistry, Vol.106, No.2, 331-335, 1989..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji and Kotoku Kurachi : Isolation and characterization of a novel large protease accumulated mammalian cells in the presence of inhibitors, The Journal of Biological Chemistry, Vol.264, No.27, 16093-16099, 1989..[著者] ...
閲覧 Yang Rei-Cheng, Akihiko Tsuji and Suzuki Yoshiyuki : Abnormal protein spots revealed by two-dimensional electrophoresis in mycoplasma-infected human fibroblasts, Electrophoresis, Vol.11, (号), 344-346, 1990..[著者] ...
閲覧 阿久津 秀雄, 伊藤 明夫, 長宗 秀明, 久野 健夫, 小南 英紀, 田代 裕, 田中 啓二, 辻 明彦, 寺田 弘, 中野 明彦, 中安 博司, 能見 貴人, 日野 幸伸, 二井 将光, 前田 正知, 松田 佳子, 三原 勝芳, 山下 克子, 山本 章嗣 : 膜酵素I –基礎と実験-,膜酵素II –基礎と実験-, 株式会社 廣川書店, 東京, 1990年5月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 松田 佳子 : 膜酵素 基礎と実験I, --- 膜酵素精製法 ---, 株式会社 廣川書店, 東京都, 1990年5月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 松田 佳子 : 膜酵素 基礎と実験II, --- 膜酵素精製法 ---, 株式会社 廣川書店, 東京都, 1990年5月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦 : 細胞膜結合プロテアーゼ - ヘプシン, 平成2年度筑波大学遺伝子実験センター「バイオテクノロジーレクチャーコース」, (巻), (号), (頁), 1990年8月..[著者] ...
閲覧 P. Hu, A J J Reuser, H. C. Janse, W. J. Kleijer, D. Schindler, H. Sakuraba, Akihiko Tsuji, Y. Suzuki and O. van P. Diggelen : Biosynthesis of human alpha-N-acetylgalactosaminidase: Defective phosphorylation and maturation in infantile alpha-NAGA deficiency, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.175, No.No 3, 1097-1103, 1991..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Adrian Torres-Rosado, Toshihiro Arai, Shan-Ho Chou and Kotoku Kurachi : Characterization of hepsin, a membrane bound protease, Biomedica Biochimica Acta, Vol.50, No.4-6, 791-793, (都市), (month)1991..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Tishiro Arai, P. S. Furcinitti, J. P. Langmore and Kotoku Kurachi : The major component of a large, intracellular proteinase accumulated by inhibitors is a complex of alpha-2 macroglobulin and thrombin, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Protein Structure and Molecular Enzymology, Vol.1078, No.1, 85-93, 1991..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Adrian Torres-Rosado, Toshiro Arai, Michelle M. LeBeau, Richard S. Lemons, Shan-Ho Chou and Kotoku Kurachi : Hepsin, a cell membrane-associated protease, --- characterization, tissue distribution and gene localization ---, The Journal of Biological Chemistry, Vol.266, No.25, 16948-16953, 1991..[著者] ...
閲覧 Torres-Rosado Adrian, O'Shea K.Sue, Akihiko Tsuji, Chou Shan-Ho and Kurachi Kotoku : Hepsin, a putative cell-surface serine protease, is required for mammalian cell growth, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.90, No.15, 7181-7185, 1993..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Tetsuya Akamatsu, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : Identification of targeting proteinase for rat α1-macroglobulin in vivo., --- Mast-cell tryptase is a major component of the α1-macroglobulin-proteinase complex endocytosed into rat liver lysosomes. ---, The Biochemical Journal, Vol.298, No.1, 79-85, 1994..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Kazuya Higashine, Chiemi Hine, Kenji Mori, Yasuhiro Tamai, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : Identification of Novel cDNAs Encording Human Kexin-like Protease, PACE4 Isoforms, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.200, No.2, 943-950, 1994..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Ryoichi Oda, Kohji Sakiyama, Hideaki Nagamune, Kouji Itou, Ryoichi Kase, Hitoshi Sakuraba, Yoshiyuki Suzuki and Yoshiko Matsuda : Lysosomal enzyme replacement using α2-macroglobulin as a transport vehicle, The Journal of Biochemistry, Vol.115, No.5, 937-944, 1994..[著者] ...
閲覧 辻 明彦 : α2 マクログロブリン-酵素複合体:リソゾーム病の酵素補充療法, 第9回タンパク質ハイブリッド研究会, (巻), (号), (頁), 1994年5月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦 : DNAと蛋白質の微量定量法, 第40回分析化学講習会, (巻), (号), 49-54, 1994年5月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Kenji Mori, Chiemi Hine, Yasuhiro Tamai, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : The tissue distribution of mRNAs for the PACE4 isoforms, kexin-like processing protease: PACE4C and PACE4D mRNAs are major transcripts among PACE4 isoforms, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.202, No.3, 1215-1221, 1994..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Chiemi Hine, Kenji Mori, Yasuhiro Tamai, Kazuya Higashine, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : A Novel Member, PC7, of The Mammalian Kexin-Like Protease Family, --- Homology to PACE4A, Its Brainspecific Expression and Identification of Isoforms ---, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.202, No.3, 1452-1459, 1994..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Kazuaki Muramatsu, Tetsuya Akamatsu, Yasuhiro Tamai, Keisuke Izumi, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Distribution of the kexin family proteases in pancreatic islets., --- PACE4C is specifically expressed in B cells of pancreatic islets ---, Endocrinology, Vol.136, No.1, 357-360, 1995..[著者] ...
閲覧 新本 美智枝, 辻 明彦, 楊 瑞成, 鈴木 義之, 野村 房子, 瀬川 昌也 : 制限酵素断片長多型を利用した連鎖解析によるX染色体劣性遺伝病の遺伝子診断, 日本小児科学会雑誌, Vol.91, (号), 3440-3447, 1996年..[著者] ...
閲覧 桜場 均, 石井 達, 加瀬 良一, 伊藤 孝司, 奥宮 敏可, 辻 明彦, 佐藤 能雅 : 遺伝性代謝病:病因解明と治療法開発への分子遺伝学的アプローチ, 小児科診療, Vol.59, No.5, 821-828, 1996年(0月)..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Hideaki Nagamune, Tetsuya Akamatsu, Chiemi Hine, Kazuaki Muramatsu, Kenji Mori, Yasuhiro Tamai, Kayoko Yonemoto and Yoshiko Matsuda : Novel members of mammalian kexin family proteases, PACE4C, PACE4D, PC7A and PC7B., Intracellular Protein Catabolism, Vol.389, (号), 63-71, 1996..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Keisuke Edazawa, Koji Sakiyama, Kaya Nagata, Yuka Sasaki, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : Purification and characterization of a novel serine proteinase from the microsomal fraction of bovine pancreas., The Journal of Biochemistry, Vol.119, No.1, 100-105, 1996..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 窪野 慎一, 佐々木 由香, 松田 佳子, 中山 久幸, 寺山 日出男 : ピロリドンカルボン酸ソーダによるビオプラーゼの安定化とレンズ洗浄剤としての応用, 日本コンタクトレンズ学会誌, Vol.38, (号), 232-236, 1996年1月..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji, Hideaki Nagamune, Tetsuya Akamatsu, Chiemi Hine, Kazuaki Muramatsu, Kenji Mori, Yasuhiro Tamai and Kayoko Yonemoto : Novel members of mammalian Kexin family proteases, PACE4C, PACE4D, PC7A and PC7B, Intracellular protein catabolism, Vol.389, No.7, 63-71, Jan. 1996..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji, Hideaki Nagamune, Tetsuya Akamatsu, Chiemi Hine, Kazuaki Muramatsu, Kenji Mori, Yasuhiro Tamai and Kayoko Yonemoto : Novel members of mammalian Kexin family proteases, PACE4C, PACE4D, PC7A and PC7B., Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.389, (号), 63-71, Sep. 1996..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Chikako Ohnishi, Ayako Katsuura, Kenzo Fushitani, Robert A. Whiley, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Intermedilysin, a novel cytotoxin specific for human cells, secreted by Streptococcus intermedius UNS46 isolated from a human liver abscess, Infection and Immunity, Vol.64, No.8, 3093-3100, 1996..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Kazuaki Muramatsu, Masakatsu Higashine, Tetsuya Akamatsu, Yasuhiro Tamai, Yasuo Yonetomi, Akihiko Tsuji, Keisuke Izumi, Takemasa Sakaguchi, Tetsuya Yoshida and Yoshiko Matsuda : Cyclic AMP-inducible procalcitonin processing in thyroidal parafollicular cells is regulated by the kexin family protease, PC1, Biomedical and Health Research, Vol.15, (号), 22-33, 1997..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Kazuaki Muramatsu, Masakatsu Higashine, Tetsuya Akamatsu, Yasuhiro Tamai, Yasuo Yonetomi, Akihiko Tsuji, Keisuke Izumi, Takemasa Sakaguchi, Tetsuya Yoshida and Yoshiko Matsuda : Cyclic AMP-inducible procalcitonin processing in thyroidal parafollicular cells is regulated by the Kexin family protease, PC1., IOS Press, Amsterdam, March 1997..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Kazuaki Muramatsu, Masakatsu Higashine, Tetsuya Akamatsu, Yasuhiro Tamai, Yasuo Yonetomi, Akihiko Tsuji, Keisuke Izumi, Takemasa Sakaguchi, Tetsuya Yoshida and Yoshiko Matsuda : Cyclic AMP-inducible procalcitonin processing in thyroidal parafollicular cells is regulated by the Kexin family protease, PC1., International Symposium on Medical Aspects of Protease Inhibitors; In "Medical Aspects of Proteases and Protease Inhibitors": Biomedical and Health Research, Vol.15, (号), 22-33, Amsterdam, May 1997..[著者] ...
閲覧 Kenji Mori, Sachiko Kii, Akihiko Tsuji, Masami Nagahama, Akiyoshi Imamaki, Keiko Hayashi, Tetsuya Akamatsu, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : A Novel Human PACE4 Isoform, PACE4E Is an Active Processing Protease Containing a Hydrophobic Cluster at the Carboxy Terminus, The Journal of Biochemistry, Vol.121, No.5, 941-948, 1997..[著者] ...
閲覧 Tetsuya Akamatsu, Shigeo Daikoku, Hideaki Nagamune, Shigeru Yoshida, Kenji Mori, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Developmental expression of a novel Kexin family protease, PACE4E, in the rat olfactory system., Histochemistry and Cell Biology, Vol.108, No.2, 95-103, 1997..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Chiemi Hine, Yasuhiro Tamai, Kayoko Yonemoto, Kazushige Mori, Shigeru Yoshida, Miwa Bando, Eri Sakai, Kenji Mori, Tetsuya Akamatsu and Yoshiko Matsuda : Genomic organization and alternative splicing of human PACE4 (SPC4), Kexin-like processing endoprotease., The Journal of Biochemistry, Vol.122, No.2, 438-452, 1997..[著者] ...
閲覧 松田 佳子, 辻 明彦 : 前駆体蛋白質の活性化とケキシンファミリー,プロセシングプロテアーゼ, 蛋白質 核酸 酵素, Vol.42, No.14, 2355-2361, 1997年8月..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Hiroki Kourai, Ayako Katsuura, Yasuki Taoka, Kenzo Fushitani, Robert A. Whiley, Kikuji Yamashita, Akihiko Tsuji, Yoshiko Matsuda, Hiroki Kourai and Seiichiro Kitamura : Intermedilysin A cytolytic toxin specific for human cells of a Streptococcus intermedius isolated from human liver abscess in "Streptococci and The Host", Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.418, (号), 773-775, 1997..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Chiemi Hine, Shigeru Yoshida, Miwa Bando, Kenji Mori, Tetsuya Akamatsu and Yoshiko Matsuda : Gene organization and Alternative Splicing of Human PACE4, Subtilisin-Like Proprotein Convertase, 17th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, FASEB.J., Vol.11, No.9, 1224, San Francisco, California USA, Aug. 1997..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Chikako Ohnishi, Ayako Katsuura, Yasunori Taoka, Kenzo Fushitani, Robert A. Whiley, Kikuji Yamashita, Akihiko Tsuji, Yoshiko Matsuda, Hiroki Kourai and Seiichiro Kitamura : Intermedilysin A cytolytic toxin specific for human cells of a Streptococcus intermedius isolated from human liver abscess, XIII Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases; In "Streptococci and The Host"(T. Horaud, A. Bouvet, R. Leclercq, H. de Montclos, M. Sicard, eds.): Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.418, (号), 773-775, Paris, Sep. 1997..[著者] ...
閲覧 森 健二, 辻 明彦, 松田 佳子 : 先天性異常アルブミン症,無アルブミン血症, 先天代謝異常症候群ー遺伝子解析の進歩と成果, Vol.19, (号), 123-127, 1998年(0月)..[著者] ...
閲覧 Masami Nagahama, Takazumi Taniguchi, Emi Hashimoto, Akiyoshi Imamaki, Kenji Mori, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Biosynthetic processing and quaternary interactions of proprotein convertase SPC4 (PACE4)., FEBS Letter, Vol.434, (号), 155-159, 1998..[著者] ...
閲覧 森 健二, 辻 明彦, 松田 佳子 : 先天性異常アルブミン症,無アルブミン血症,先天代謝異常症候群-遺伝子解析の進歩と成果-, 日本臨牀, Vol.19, No.5, 657-670, 1998年5月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji : Enzymatic characterization of human SPC4, Hormonal and neural peptide biosynthesis Gordon Research Conference, (巻), (号), (頁), New Hampshire, Aug. 1998..[著者] ...
閲覧 Masami Nagahama, Takazumi Taniguchi, Emi Hashimoto, Akiyoshi Imamaki, Kenji Mori, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Biosynthetic processing and quoternary interactions of proprotein convertase SPC4 (PACE4)., FEBS Letters, Vol.434, No.1, 155-159, 1998..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Shigeru Yoshida, Shinichi Hasegawa, Miwa Bando, Ichiro Yoshida, Shizuyo Koide, Kenji Mori and Yoshiko Matsuda : Human Subtilisin-Like Proprotein Convertase, PACE4 (SPC4) Gene Expression Is Highly Regulated through E-Box Elements in HepG2 and GH4C1 Cells, The Journal of Biochemistry, Vol.126, No.3, 494-502, 1999..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Emi Hashimoto, Takayuki Ikoma, Takazumi Taniguchi, Kenji Mori, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda : Inactivation of Proprotein Convertase, PACE4 by α1-Antitrypsin Portland (α1-PDX) which is a Blocker of Proteolytic Activation of Bone Morphogenetic Protein during Embryogenesis., The Journal of Biochemistry, Vol.126, No.3, 591-603, 1999..[著者] ...
閲覧 Kenji Mori, Akiyoshi Imamaki, Kaya Nagata, Yasuo Yonetomi, Ryoko Kiyokage-Yoshimoto, John T Martin, Matthew T Gillespie, Masami Nagahama, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Subtilisin-Like Proprotein Convertase, PACE4 and PC8, as Well as Furin, are Endogenous Proalbumin Convertases in HepG2 Cells, The Journal of Biochemistry, Vol.125, No.3, 627-633, 1999..[著者] ...
閲覧 Masami Nagahama, Ichiro Yoshida, Keiichi Uyemura, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Proteolytic Cleavage of the Neural Cell Adhesion Molecule L1 by Subtilisin-Like Proprotein Convertases, Keio University Symposia for Life Science and Medicine, Vol.2, (号), 261-266, 1999..[著者] ...
閲覧 Ichiro Yoshida, Shizuyo Koide, Akira Nakagawara, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Regulation of PACE4 Expression by bHLH factor in neuroblastoma cells, 6th CGGH Symposium "Roles of Proteolysis in Health and Disease", (巻), (号), 85, Tokushima, May 1999..[著者] ...
閲覧 Miwa Bando, Atsushi Matsuoka, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Physiological Function of PACE4 on megakaryoblastic differentiation, 6th CGGH Symposium "Roles of Proteolysis in Health and Disease", (巻), (号), 84, Tokushima, May 1999..[著者] ...
閲覧 Emi Hashimoto, Takayuki Ikoma, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Proprotein Convertase PACE4 is inhibited by α1-Antitrypsin cariant Portland, 6th CGGH Symposium "Roles of Proteolysis in Health and Disease", (巻), (号), 82, Tokushima, May 1999..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Hasegawa, Ichiro Yoshida, Shizuyo Koide, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Transcriptional Regulation of the Human PACE4 Gene Expression in HepG2 and GH4C1 cells, 6th CGGH Symposium "Roles of Proteolysis in Health and Disease", (巻), (号), 83, Tokushima, May 1999..[著者] ...
閲覧 Kenji Mori, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Subtilisin-like Proprotein Convertase, PACE4, participates in the Processing of Plasma protein precursors in human hepatoma HepG2 cells, 6th CGGH Symposium "Roles of Proteolysis in Health and Disease", (巻), (号), 80, Tokushima, May 1999..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Regulation of PACE4 expression under dynamic bHLH network and its physiological importance, 6th CGGH Symposium "Roles of Proteolysis in Health and Disease", (巻), (号), 3, Tokushima, May 1999..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Unique Mechanism Governing Cell-Specific Expression and Biosynthetic Processing of PACE4, International Proteolysis Society First Gemeral Meeting, (巻), (号), 38, Michigan, USA, Sep. 1999..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji : Biosynthesis of PACE4, Hormonal and neural peptide biosynthesis Gordon Research Conference, (巻), (号), (頁), New Hampshire, July 2000..[著者] ...
閲覧 吉田 一郎, 小出 静代, 中川原 章, 辻 明彦, 松田 佳子 : 神経芽細胞腫におけるbHLH型転写因子hASH-1による前駆体タンパク質活性化酵素PACE4遺伝子の発現制御, 第73回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 松岡 厚志, 坂東 美和, 平山 幸子, 辻 明彦, 松田 佳子 : ズブチリシン様前駆体タンパク質プロセシングプロテアーゼPACE4アイソフォーム:PACE4Cの生理的役割, 第73回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 櫻井 謙介, 谷口 孝純, 清蔭 恵美, 辻 明彦, 松田 佳子 : 細胞外マトリックスにおけるヒト前駆体タンパク質プロセシングプロテアーゼPACE4の機能解析, 第73回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 櫻井 謙介, 谷口 孝純, 辻 明彦, 松田 佳子 : プロセシングプロテアーゼPACE4の活性発現と細胞外での機能の解析, 第53回日本細胞生物学会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 松田 佳子, 辻 明彦, 長宗 秀明 : タンパク質と核酸の分離精製·基礎と実験(共著), 株式会社 廣川書店, 東京, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 松田 佳子, 堀 均, 辻 明彦, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 黒田 理恵子, 葛西 宗江, 坂東 美和, 吉田 一郎, 上田 祐司, サハルディン B. モハマッド : 新医薬品の開発をめざした脳神経特異的発現遺伝子産物のプロテオミクス解析, 徳島大学工学部研究報告, Vol.46, (号), 49-56, 2001年..[著者] ...
閲覧 石田 寿昌, 石野 良純, 長宗 秀明, 岡本 敬の介, 梶本 和昭, 加藤 郁之進, 金保 安則, 河野 通明, 小池 晴彦, 佐藤 真悟, 鮫島 勇次, 篠原 康雄, 辻 明彦, 寺田 弘, 富田 基郎, 友尾 幸司, 野沢 義則, 野元 裕, 濱崎 直孝, 日野 真美, 平松 宏一, 藤井 敏, 藤井 儀夫, 洪 英満, 松田 佳子, 森 秀治, 山崎 尚志, 山本 格, 若原 章男 : タンパク質と核酸の分離精製, 株式会社 廣川書店, 東京, 2001年6月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦 : 科学と生物 実験ライン48 タンパク質と核酸の分離精製 基礎と実験(編集:寺田弘), --- 2章 タンパク質の分離,精製のための基礎技術 9章 核酸の分離精製法 ---, 株式会社 廣川書店, 東京都, 2001年6月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦 : サチライシン様プロセシングプロテアーゼの発現制御と機能, 第8回長崎大学バイオフォーラム, (巻), (号), (頁), 2001年8月..[著者] ...
閲覧 坂東 美和, 嶋田 知訓, 辻 明彦, 松田 佳子 : 巨核球分化におけるプロセシングプロテアーゼPACE4の生理機能の解析, 第74回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 生駒 貴之, 松田 佳子 : サブチリシン様プロプロテインコンベルターゼ,PACE4, Furin, PC6に対する選択的阻害作用を持つアンチトリプシン改変体の作成, 第74回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[著者] ...
閲覧 嶋田 知訓, 坂東 美和, 開 裕司, 宿南 知佐, 辻 明彦, 松田 佳子 : ATDC5細胞の軟骨分化過程におけるSPCファミリーの動態, 第74回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Enhancement of selectivity of α1-antitrypsin variant against subtilisin-like proprotein convertase by mutagenesis in RSL and application for functional analysis, Second General Meeting of International Proteolysis Society, (巻), (号), 59, Germany, Oct. 2001..[著者] ...
閲覧 吉田 一郎, 小出 静代, 樋田 一徳, 石村 和敬, 辻 明彦, 松田 佳子 : 神経特異的bHLH型転写因子Mash-1による前駆体タンパク質活性化酵素PACE4の神経発生過程における制御, 第24回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2001年12月..[著者] ...
閲覧 小出 静代, 清蔭 恵美, 藤原 良次, 川並 由季, 辻 明彦, 松田 佳子 : ヒト胎盤でのPACE4遺伝子発現と生理機能の解析, 第24回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2001年12月..[著者] ...
閲覧 Ichiro Yoshida, Shizuyo Koide, Shin-ichi Hasegawa, Akira Nakagawara, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Proprotein convertase PACE4 is down-regulated by the basic helix-loop-helix transcription factor hASH-1 and MASH-1, The Biochemical Journal, Vol.360, No.3, 683-689, 2001..[著者] ...
閲覧 吉田 聡子, 山下 菊治, 辻 明彦, 北村 清一郎, 松田 佳子 : 造血及び間質幹細胞培養の開発, 徳島生物学第110回総会, (巻), (号), 110, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 Takazumi Taniguchi, Rieko Kuroda, Kensuke Sakurai, Masami Nagahama, Ikuo Wada, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : A Critical Role for the Carboxy Terminal Region of the Proprotein Convertase, PACE4A, in the Regulation of Its Autocatalytic Activation Coupled with Secretion, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.290, No.2, 878-884, 2002..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Takayuki Ikoma, Emi Hashimoto and Yoshiko Matsuda : Development of selectivity of α1-antitrypsin variant by mutagenesis in its reactive site loop against proprotein convertase. A crutial role of the P4 arginine in PACE4 inhibition, Protein Engineering, Vol.15, No.2, 123-130, 2002..[著者] ...
閲覧 K. Utsumi, Akihiko Tsuji, R. Kase, A. Tanaka, T. Tanaka, E. Uyama, T. Ozawa, H. Sakuraba, Y. Komaba, M. Kawabe, Y. Iino and Y. Katayama : Western blotting analysis of the beta-hexosaminidase alpha and beta-subunits in cultured fibroblasts frim cases of various forms of GM2 gangliosidosis, Acta Neurologica Scandinavica, Vol.105, No.6, 427-430, 2002..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 生駒 貴之, 橋本 英美, 山下 大, 松田 佳子 : ズブチリシン様プロプロテインコンベルターゼに選択的阻害作用を有するアンチトリプシン改変体の開発, 第2回日本蛋白質科学会年会, (巻), (号), (頁), 2002年6月..[著者] ...
閲覧 Miwa Bando, Atsushi Matsuoka, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : The proprotein convertase PACE4 is upregulated by PDGF-BB in megakaryocytes: gene expression of PACE4 and furin is regulated differently in Dami cells, The Journal of Biochemistry, Vol.132, No.1, 127-134, 2002..[著者] ...
閲覧 坂東 美和, 山下 大, 木戸 博, 辻 明彦, 松田 佳子 : 巨核球分化におけるプロセシングプロテアーゼPACE4とfurinの転写調節機構, 生化学, Vol.74, No.8, 1016, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 小出 静代, 樋田 一徳, 石村 和敬, 辻 明彦, 松田 佳子 : 胎盤特異的bHLH型転写因子MASH-2によるPACE4の胎盤発生過程における制御, 第75回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 高橋 保充, 櫻井 謙介, 辻 明彦, 松田 佳子 : 細胞外マトリックスにおけるズブチリシン様プロセシングプロテアーゼPACE4の役割, 第75回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 田中 幸子, 辻 明彦, 松田 佳子 : ズブチリシン様プロプロテインコンヴェルターゼ(SPC)に選択的阻害活性を有するα1アンチトリプシン改変体の作成と応用, 第75回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 佐藤 幸美, 田頭 和幸, 辻 明彦, 松田 佳子 : プロテオーム解析によるSPCファミリーの基質タンパクの検索:Ca結合タンパクReticulocabinについて, 第75回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 生駒 貴之, 橋本 英美, 山下 大, 松田 佳子 : ズブチリシン様プロプロテインコンベルターゼ(SPC)に特異阻害活性を持つα1-アンチトリプシン改変体の作製と機能解析への応用, 平成14年度日本生物工学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 二松 豪, 嶋田 知訓, 辻 明彦, 松田 佳子 : ATDC5細胞の内軟骨分化過程におけるプロセシングプロテアーゼPACE4の機能解析, 第25回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2002年12月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Kensuke Sakurai, Emi Kiyokage, Takahito Yamazaki, Shizuyo Koide, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Yoshiko Matsuda : Secretory proprotein convertases PACE4 and PC6A are heparin-binding proteins which are localized in the extracellular matrix. Potential role of PACE4 in the activation of proproteins in the extracellular matrix, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1645, No.1, 95-104, 2003..[著者] ...
閲覧 辻 明彦 : 細胞外で働くプロセシングプロテアーゼPACE4-SPCファミリープロテアーゼ多様性の生理的意義-, 生化学, Vol.75, No.4, 305-310, 2003年4月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 佐藤 幸美, 松田 佳子 : PACE4生合成におけるレティキュロカビンの機能解析—シャペロンとしての役割—, 第3回日本蛋白質科学会年会, (巻), (号), (頁), 2003年6月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦 : 蛋白質の分析技術, 第40回分析化学講習会, (巻), (号), 49-54, 2003年8月..[著者] ...
閲覧 Shizuyo Koide, Ichiro Yoshida, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : The expression of proprotein convertase PACE4 is highly regulated by Hash-2 in placenta: Possible role of placenta-specific basic helix-loop-helix transcription factor, human Achaete-Scute homologue-2, The Journal of Biochemistry, Vol.134, No.3, 433-440, 2003..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Hirotaka Makise and Yoshiko Matsuda : Antitrypsin mutants: Tool for functional analysis of serine-endopeptidases, 第76回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), Oct. 2003..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : A unique 26-kDa cysteine protease induced in wheat embryo during germination, 第76回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), Oct. 2003..[著者] ...
閲覧 Yayoi Kikuchi, Yukimi Sato, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Reticulocabin: A novel protein which regulates biosynthesis of subtilisin-like proprotein convertase, 第76回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), Oct. 2003..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi, Yukimi Sato, Shizuyo Koide and Yoshiko Matsuda : Reticulocalbin-like protein (RCN3): A novel protein which regulates biosynthesis of subtilisin-like proprotein convertase (SPC), 3rd General Meeting of the International Proteolysis Society, (巻), (号), 187, Nagoya, Nov. 2003..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Shizuyo Koide, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Involvement of PACE4 in activation of TGF beta-related factors in the ECM, International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors., (巻), (号), 20, Hyogo, Nov. 2003..[著者] ...
閲覧 Go Futamatsu, Tomonori Shimada, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Functional analysis of the processing protease PACE4 during chondrogenic differentiation of ATDC5 cells, International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors., (巻), (号), 36, Hyogo, Nov. 2003..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 菊池 弥生, 松田 佳子 : ズブチリシン様プロプロテインコンベルターゼ生合成におけるEF-Hand Ca結合タンパク,Reticulocalbin-like Protein (RLP)の機能同定, 第26回日本分子生物学会, (巻), (号), (頁), 2003年12月..[著者] ...
閲覧 牧瀬 広孝, 辻 明彦, 松田 佳子 : α1-アンチトリプシン変異体を用いたSPC ファミリー基質特異性の解析, 第26回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2003年12月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Manami Tsuji, Hirimiti Takami, Shingo Nakamura and Yoshiko Matsuda : Molecular cloning and expression analysis of novel wheat cysteine protease, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1670, No.1, 84-89, 2004..[著者] ...
閲覧 松田 佳子, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : Subtilisin like proprotein convertase familyの多様性と役割分担:ECM局在PACE4の細胞分化における役割, 第51回マトリックス研究会大会, (巻), (号), 20-21, 2004年4月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi and Yoshiko Matsuda : Reticulocalbin-3: A novel protein which regulates biosynthesis of subtilisin-like proprotein convertase, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, (巻), (号), 129, Yokohama, April 2004..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Purification and characterization of oligopeptidase B from wheat germ. First identification of oligopeptidase B at the protein level in higer plant, 第77回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), Oct. 2004..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Transcriptional activation of proprotein convertase PACE4 by E2F1, 第77回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), Oct. 2004..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Identification of Oligopeptidase B in Higher Plants. Purification and Characterization of Oligopeptidase B from Quiescent Wheat Embryo, Triticum aestivum, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.5, 673-681, 2004..[著者] ...
閲覧 鈴江 加織, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 : E2F1によるPACE4遺伝子発現調節の解析, 第27回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2004年12月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 湯浅 恵造, 松田 佳子 : 哺乳類ズブチリシン様セリンプロテアーゼの特性,多様性と生理的意義, 日本農芸化学会2005年度大会ワークショップ, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 : 骨格筋分化におけるプロセシングプロテアーゼPACE4の遺伝子発現調節の解析, 日本農芸化学会2005年度大会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 湯浅 恵造, 松田 佳子 : サチライシン様プロプロテインコンベルターゼのユニークな自己活性化制御機構, 第5回日本蛋白質科学会年会ワークショップ9, (巻), (号), (頁), 2005年6月..[著者] ...
閲覧 Yayoi Kikuchi, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : The role of Reticulocalbin-3 in regulation of PACE4 activation and secretion, 第78回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), Oct. 2005..[著者] ...
閲覧 Kentaro Ogawa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Expression of cysteine proteases and oligopeptidase B in early seedling growth of wheat, 第78回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), Oct. 2005..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Kentaro Ogawa, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Tadashi Yoshimoto : Protamine: a unique and potent inhibitor of oligopeptidase B, 第78回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), Oct. 2005..[著者] ...
閲覧 Tetsuya Masuda, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional activation of proprotein convertase PACE4 during skeletal muscle differentiation, 第78回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), Oct. 2005..[著者] ...
閲覧 Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional regulation of fibrillin-2 during chondrogenesis, 第78回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), Oct. 2005..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda : Role of PACE4 and furin in cell differentiation, International Conference on Serine-Carboxyl Peptidases 2005, (巻), (号), (頁), Kyoto, Nov. 2005..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるSubtilisin-like proprotein convertase(SPC)の機能解析, 第28回日本分子生物学会年会ワークショップ, (巻), (号), (頁), 2005年12月..[著者] ...
閲覧 池田 真理, 池内 健, 志賀 篤志, 幡野 紘樹, 高橋 俊昭, 原 賢寿, 辻 明彦, 西沢 正豊, 小野寺 理 : 分泌型セリンプロテアーゼHtrA1とserpinとの高分子複合体形成の解析, 第28回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2005年12月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Tadashi Yoshimoto, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Pratamine: a unique and patent inhibitor of oligopeptidase B, Journal of Peptide Science, Vol.12, No.1, 65-71, 2006..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi, Yukimi Sato, Shizuyo Koide, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda : A proteomic approach reveals transient association of reticulocalbin-3, a novel member of the CREC family, with the precursor of subtilisin-like proprotein convertase, PACE4, The Biochemical Journal, Vol.396, No.1, 51-59, 2006..[著者] ...
閲覧 蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : α1-Antitrypsinを用いたSPC特異的阻害剤の開発, 第6回日本蛋白質科学会年会, (巻), (号), (頁), 2006年4月..[著者] ...
閲覧 上川 健一, Ismaliza Nor Ismail, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 脂肪組織におけるプロセシングプロテア-ゼ群の機能解析, 第47回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2006年5月..[著者] ...
閲覧 Masami Nagahama, Takeshi Yamazoe, Yoshimitsu Hara, Katsuko Tani, Akihiko Tsuji and Mitsuo Tagaya : The AAA-ATPase NVL2 is a component of pre-ribosomal particles that interacts with the DexD/H-box RNA helicase DOB1, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.346, No.3, 1075-1082, 2006..[著者] ...
閲覧 Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional Regulation of Fibrillin-2 Gene during Chondrogenrsis, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2006..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Shin Yamagami, Shotaro Uehara, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : cGMP-dependent protein kinase II is required for chondrogenic differentiation, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2006..[著者] ...
閲覧 Yayoi Kikuchi, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : RCN3 facilitates the secretion and activation of PACE4, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2006..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji : A novel protein which regulates autoactivation and secretion of subtilisin-like proprotein convertase. International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors, Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Hyogo, June 2006..[著者] ...
閲覧 Tetsuya Masuda, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional Activation of processing protease PACE4 during myogenic differentiation., International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Hyogo, June 2006..[著者] ...
閲覧 Hiroki Kanie, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Development of selectivity of 1-antitrypsin variant by mutagenesis in reactive site loop against proprotein convertase, International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Hyogo, June 2006..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Subtilisin-like proprotein convertase PACE4 is transcriptionally regulated by E2F/Rb, International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Hyogo, June 2006..[著者] ...
閲覧 Kentaro Ogawa, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Characterization of proteases expressed in the embryo of germinating wheat seed, International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Hyogo, June 2006..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるsubtilisin-like proprotein convertase (SPC)の機能解析, 第11回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会, (巻), (号), (頁), 2006年8月..[著者] ...
閲覧 増田 哲也, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : Subtilisin-like Proprotein Convertase (SPC)は骨格筋分化制御の重要因子である, 第11回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会, (巻), (号), (頁), 2006年8月..[著者] ...
閲覧 三木 俊二, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : リボソーム生合成およびmRNA前駆体スプライシングにおけるAAA型分子シャペロンNVL2の機能, 第118回徳島生物学会, (巻), (号), (頁), 2006年11月..[著者] ...
閲覧 Ismaliza Ismail Nor Mohd, 蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 脂肪細胞の分化過程におけるSPCファミリーの機能解析, 日本分子生物学会2006フォーラム, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 柳野 卓也, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : Transcriptional Regulation of Fibrilin-2 Gene during Chondrogenesis, 日本分子生物学会2006フォーラム, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 上原 正太郎, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 軟骨分化過程におけるcGMP-dependent protein kinase IIの遺伝子発現調節機構, 日本分子生物学会2006フォーラム, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Hiroki Kanie, Hirotaka Makise, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda : Engineering of α1-antitrypsin cariants selective for subtilisin-like proprotein convertases PACE4 and PC6: Importance of the P2' residue in stable complex formation of the serpin with proprotein convertase, Protein Engineering, Design & Selection, Vol.20, No.4, 163-170, 2007..[著者] ...
閲覧 三好 弘一, 前澤 博, 足立 昭夫, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 立花 さやか, 石田 竜弘, 辻 明彦, 英 崇夫, 森賀 俊広, 鬼島 明洋, 誉田 栄一, 岩本 誠司, 佐藤 一雄, 古谷 俊介, 森田 康彦 : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, Vol.6, 1-42, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 谷田 渚, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : 核小体分子シャペロンNVL2とrRNAプロセシング複合体の相互作用解析, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 糟谷 拓, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 上川 健一, 蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 助野 晃子, 桑島 正道, 辻 明彦 : ヒト内臓・皮下脂肪組織におけるアドレノメジュリンとその活性化に必要なプロセシング酵素群の発現, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 増田 哲也, 吉川 千尋, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : ズブチリシン様プロプロテイン変換酵素PACE4は骨格筋分化に必須である, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 菊池 弥生, 長浜 正巳, 湯浅 恵造, 井上 英史 : サチライシン様プロプロテインコンベルターゼプロペプチドの機能, 第7回日本蛋白質科学会年会 ワークショップ4(「分子内シャペロン」としてのプロペプチド研究:分子機構から生理機能まで), 2007年5月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦 : SPCを選択的に阻害できるアンチトリプシン改変体の作成と応用, 第12回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2007年8月..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional regulation of subtilisin-like proprotein convertase PACE4 by E2F: Possible role of E2F-mediated upregulation of PACE4 in tumor progression, Gene, Vol.402, No.1-2, 103-110, 2007..[著者] ...
閲覧 Youichi Tajima, Fumiko Matsuzawa, Sei-ichi Aikawa, Toshika Okumiya, Michiru Yoshimizu, Takahiro Tsukimura, Masahiko Ikekita, Seiichi Tsujino, Akihiko Tsuji, Tim Edmunds and Hitoshi Sakuraba : Structural and biochemical studies on Pompe disease and a "pseudodeficiency of acid α-glucosidase", Journal of Human Genetics, Vol.52, No.11, 898-906, 2007..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : The role of subutilisin-like proproteinn connvertase PACE4 in myogenesis, 5th General Meeting of the International Proteolysis Society, Patras, Greece, Oct. 2007..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 影山 陽子, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : ズブチリシン様プロプロテイン変換酵素PACE4は軟骨分化に必須である, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 山上 真, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼと相互作用する因子の検索, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 柳野 卓也, 湯浅 恵造, 木村 道江, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるフィブリリン-2の機能解析, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 小川 健太郎, 雑賀 裕子, 林 絢子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 植物カテプシンB様システインプロテアーゼの酵素学的特性, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 湯浅 剛, 小田 英里奈, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 井上 雅広, 辻 明彦 : Trypanosoma brucei oligopeptidase Bの基質結合部位の解析, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 村松 和明, 関 光太, 鈴木 龍介, 前野 貴則, 辻 明彦, 松田 佳子 : オステオカルシンの成熟化に関与するプロセシング酵素の解析, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 大西 満智, 河手 裕美子, 松井 隆幸, 三宅 仁美, 湯浅 恵造, 谷 佳津子, 多賀谷 光男, 辻 明彦, 長浜 正巳 : UBXD1はVCP/97と結合しERADを制御する, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : サチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4は軟骨分化に必須である, 日本農芸化学会2008年度大会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 雑賀 裕子, 菊池 弥生, 湯浅 恵造, 長浜 正巳 : 植物カテプシンB様システインプロテアーゼと動物カテプシンBの比較生化学, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 長浜 正巳, 大西 満智, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 小胞体異常タンパク質分解におけるVCP/p97結合タンパク質UBXD1の役割, 第13回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2008年8月..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 泰地 裕美, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化過程におけるサチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4の機能解析, 第13回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2008年8月..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Shin Yamagami, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Trafficking of cGMP-dependent protein kinase II via interaction with Rab11, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.374, No.3, 522-526, 2008..[著者] ...
閲覧 Yayoi Kikuchi, Hiroko Saika, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Isolation and Biochemical Characterization of Two Forms of RD21 from Cotyledons of Daikon Radish (Raphanus sativus)., The Journal of Biochemistry, Vol.144, No.6, 789-798, 2008..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi, Kentaro Ogawa, Hiroko Saika, Keizo Yuasa and Masami Nagahama : Purification and characterization of cathepsin B-like cysteine protease from cotyledons of daikon radish, Raphanus sativus, The FEBS Journal, Vol.275, No.21, 5429-5443, 2008..[著者] ...
閲覧 長目 健, 湯浅 恵造, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターRhotekinとの相互作用の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 山上 真, 長目 健, 長浜 正巳, 辻 明彦 : II型cGMP依存性プロテインキナーゼと小胞輸送制御因子Rab11bとの相互作用の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 菊池 弥生, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 植物システインプロテアーゼRD21の精製と生化学的性質の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 菊池 弥生, 雑賀 裕子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳 : オクルーディングループ構造の違いによる植物カテプシンBの特性, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional Regulation of Fibrillin-2 Gene by E2F Family Members in Chondrocyte Differentiation, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.106, No.4, 580-588, 2009..[著者] ...
閲覧 Masami Nagahama, Machi Ohnishi, Yumiko Kawate, Takayuki Matsui, Hitomi Miyake, Keizo Yuasa, Katsuko Tani, Mitsuo Tagaya and Akihiko Tsuji : UBXD1 is a VCP-interacting protein that is involved in ER-associated degradation, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.382, No.2, 303-308, 2009..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 長目 健, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ結合タンパク質の同定および機能解析, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 湯浅 恵造, 泰地 裕美, 長浜 正巳 : 内軟骨性骨分化におけるBMP6の活性化機構, 第50回日本生化学会中国・四国支部例会, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Tetsuya Masuda, Chihiro Yoshikawa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Subtilisin-like Proprotein Convertase PACE4 is Required for Skeletal Muscle Differentiation, The Journal of Biochemistry, Vol.146, No.3, 407-415, 2009..[著者] ...
閲覧 Tomoko Takahashi, Takanori Ida, Takahiro Sato, Yoshiki Nakashima, Yuki Nakamura, Akihiko Tsuji and Masayasu Kojima : Production of n-octanoyl-modified Ghrelin in Cultured Cells Requires Prohormone Proceeding Protease and Ghrelin O-acyltransferase, as well as n-octanoic Acid, The Journal of Biochemistry, Vol.146, No.5, 675-682, 2009..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 湯浅 恵造, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 剛, 長浜 正巳 : トリパノソーマオリゴペプチダーゼの基質結合部位の機能解析, 第82回日本生化学大会シンポジウム「S9 セリンプロテアーゼの構造,機能から応用へ」, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 室下 大樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : BMP6の活性化を介したサチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4による軟骨分化誘導, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 剛, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : トリパノソーマオリゴペプチダーゼの熱安定性に重要なアミノ酸残基の同定, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 岩本 桂子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : カイワレ大根の発芽初期過程で発現するプロテアーゼの解析, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 塚本 佳那, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : Germination specific cysteine protease 1 (GCP1)の酵素学的研究, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 羽田 浩一郎, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : α1-Antitrypsinを用いたFurin特異的阻害剤の開発, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 吉勝 雄希, 谷田 渚, 藤澤 大輔, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : 核小体シャペロンNVL2によるエキソソーム複合体のrRNAプロセシングにおける機能制御, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 長目 健, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターrhotekinとの相互作用の解析, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質の同定およびその機能解析, 第82回日本生化学大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji : Characterization of proteases expressed in cotyledons of daikon radish during germination., 6th General Meeting of the International Proteolysis Society, Gold Coast, Oct. 2009..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Shotaro Uehara, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Transcriptional regulation of cGMP-dependent protein kinase II (cGK-II) in chondrocytes., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.74, No.1, 44-49, 2010..[著者] ...
閲覧 Ismail Ismaliza Mohd Nor, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Yuko Nambu, Makoto Nishimoto, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki, Masahiro Inoue, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : A critical role for highly conserved Glu610 residue of oligopeptidase B Tryoanosoma brucei in thermal stability, The Journal of Biochemistry, Vol.147, No.2, 201-211, 2010..[著者] ...
閲覧 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 北清水 百合花, 辻 明彦 : cGKIαによるTRPC7の調節機構, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 長目 健, 柳田 弥生, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 神経突起形成におけるcGMP依存性プロテインキナーゼの機能解析, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 中井 健志, 湯浅 恵造, 井上 雅広 : モデリングより推定されたTrypanosoma bruceiオリゴペプチダーゼBのS1, S2サブサイトに位置するグルタミン酸残基の機能解析, 第51回日本生化学会中国・四国支部例会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 羽田 浩一郎, 湯浅 恵造 : プロテインエンジニアリングによるFurin得意阻害タンパク質の作成, 第15回日本病態プロテアーゼ学会, 2010年8月..[著者] ...
閲覧 藤澤 慶典, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : S9セリンプロテアーゼに属する新規メンバー,フェニルアラニルアミノペプチダーゼの同定, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 本木 陽, 港 紗央里, 大西 満智, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : 小胞体関連分解にかかわるVCP/p97結合タンパク質UBXD1のドメイン機能解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 港 紗央里, 本木 陽, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : VCP/p97結合タンパク質UBXD1 ( UBX domain-containing 1 ) の小胞体関連分解における機能解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼによる非選択的カチオンチャネルTRPC7の活性制御機構の解析, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 長目 健, 土肥 真, 柳田 弥生, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP-dependent protein kinase/rhotekinによる神経突起形成の制御, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 松田 泰斗, 辻 明彦 : Functional regulation of transient receptor potential channel TRPC7 by cGMP-dependent protein kinase, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 播田 元輝, 湯浅 恵造, 津嘉山 正夫, 辻 明彦 : Effect of the polymethoxyflavone in citrus sudachi on neuroprotection, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 美野 健, 藤沢 慶典, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : カイワレダイコンフェニルアラニルアミノぺプチダーゼの酵素特性解析及びクローニング, 第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月..[著者] ...
閲覧 富永 景子, 池田 千佳, 近藤 あゆみ, 佐藤 しおり, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのセルロース消化システムの解析, 第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月..[著者] ...
閲覧 土肥 真, 湯浅 恵造, 長目 健, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターrhotekinの相互作用部位および細胞内局在の解析, 第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月..[著者] ...
閲覧 播田 元輝, 湯浅 恵造, 津嘉山 正夫, 辻 明彦 : スダチ由来ポリフェノールsudachitinによる神経保護作用, 日本農芸化学会中四国支部 第30回講演会, 2011年5月..[著者] ...
閲覧 福元 淳生, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : トリパノソーマ症の病原因子であるOligopeptidase Bのドメイン間相互作用の安定化機構, 第11回 日本蛋白質科学会年会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Taito Matsuda and Akihiko Tsuji : Functional regulation of transient receptor potential canonical 7 by cGMP-dependent protein kinase Iα., Cellular Signalling, Vol.23, No.7, 1179-1187, 2011..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 石川 寛, 湯浅 恵造 : BMP活性化におけるPACE4とFurinの機能分担, 第16回日本病態プロテアーゼ学会, 2011年8月..[著者] ...
閲覧 佐藤 しおり, 近藤 あゆみ, 富永 景子, 池田 千佳, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アミエビセルラーゼの酵素学的研究, 第84回日本生化学大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 近藤 あゆみ, 佐藤 しおり, 富永 景子, 池田 千佳, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : サザエセルラーゼの酵素学的研究, 第84回日本生化学大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 土肥 真, 湯浅 恵造, 長目 健, 辻 明彦 : 神経細胞におけるcGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターrhotekinの相互作用の解析, 第84回日本生化学大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 吉勝 雄希, 石田 洋一, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : rRNAプロセシング複合体の分子間相互作用におけるMPP6の役割, 第84回日本生化学大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 福元 淳生, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : トリパノソーマ症の病原因子であるoligopeptidase Bのドメイン間相互作用の安定化機構, 第84回日本生化学大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 富永 景子, 池田 千佳, 近藤 あゆみ, 佐藤 しおり, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのセルロース消化システム解析, 第63回日本生物工学会大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 美野 健, 藤沢 慶典, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : セリンプロテアーゼS9ファミリーに属する新規アミノペプチターゼの同定, 第63回日本生物工学会大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Yoshinori Fujisawa, Takeru Mino and Keizo Yuasa : Identification of a plant aminopeptidase with preference for aromatic amino acid residues as a novel member of the prolyl oligopeptidase family of serine proteases., The Journal of Biochemistry, Vol.150, No.5, 525-534, 2011..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Kaori Tada, Genki Harita, Tomomi Fujimoto, Masao Tsukayama and Akihiko Tsuji : Sudachitin, a polymethoxyflavone from Citrus sudachi, suppresses lipopolysaccharide-induced inflammatory responses in mouse macrophage-like RAW264 cells., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.76, No.3, 598-600, 2012..[著者] ...
閲覧 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質同定, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 播田 元輝, 湯浅 恵造, 多田 かおり, 藤本 智美, 津嘉山 正夫, 辻 明彦 : スダチ果皮ポリメトキシフラボンの抗炎症作用に関する研究, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 須藤 遥, 吉勝 雄希, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 石田 洋一, 長浜 正巳 : 核小体シャペロンNVL2によるリボソーム生合成制御機構;rRNA プロセシング複合体の分子間相互作用解析, 日本薬学会 第132年会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Takeshi Nagame, Makoto Dohi, Yayoi Yanagita, Shin Yamagami, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : cGMP-dependent protein kinase I is involved in neurite outgrowth via a Rho effector, rhotekin, in Neuro2A neuroblastoma cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.421, No.2, 239-244, 2012..[著者] ...
閲覧 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質同定, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるPACE4の基質の同定, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 西山 奈見, 造田 莉沙, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ由来α-アミラーゼの精製と特性解析, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 : エストロゲン作用物質が示す骨芽細胞の分化促進作用, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 Kinuka Isshiki, Shinya Matsuda, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : cGMP-dependent protein kinase I promotes cell apoptosis through hyperactivation of death-associated protein kinase 2., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.422, No.2, 280-284, 2012..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 佐藤 しおり, 富永 景子, 湯浅 恵造, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : アミエビセルラーゼの基礎と応用研究, 日本生物工学会西日本支部第2回講演会, 2012年7月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 福元 淳生, 湯浅 恵造 : オリゴペプチダーゼBにおけるベータープロペラドメインと触媒ドメインの相互作用解析-触媒ドメインの安定化に重要な塩橋の同定, 第17回日本病態プロテアーゼ学会, 2012年8月..[著者] ...
閲覧 Kimihiko Mizutani, Sae Tsuchiya, Mayuko Toyoda, Yuko Nanbu, Keiko Tominaga, Keizo Yuasa, Nobuyuki Takahashi, Akihiko Tsuji and Bunzo Mikamia : Structure of β-1,4-mannanase from the common sea hare Aplysia kurodai at 1.05 Å resolution., Acta Crystallographica. Section F, Structural Biology and Crystallization Communications, Vol.68, No.10, 1164-1168, 2012..[著者] ...
閲覧 富永 景子, 西山 奈美, 湯浅 恵造, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利, 辻 明彦 : アメフラシのセルロース消化システムの解析, 第64回日本生物工学会大会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 植野 勇司, 西山 奈美, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ由来β-グルコシダーゼの特性解析, 第64回日本生物工学会大会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 西山 奈美, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ由来α-アミラーゼの精製と特性解析, 第64回日本生物工学会大会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Go Futamatsu, Tsuyoshi Kawano, Masaki Muroshita, Yoko Kageyama, Hiromi Taichi, Hiroshi Ishikawa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Subtilisin-like proprotein convertase paired basic amino acid-cleaving enzyme 4 is required for chondrogenic differentiation in ATDC5 cells, The FEBS Journal, Vol.279, No.21, 3997-4009, 2012..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Shiori Sato, Ayumi Kondo, Keiko Tominaga and Keizo Yuasa : Purification and characterization of cellulase from North Pacific krill (Euphausia pacifica). Analysis of cleavage specificity of the enzyme., Comparative Biochemistry and Physiology. Part B, Biochemistry & Molecular Biology, Vol.163, No.3-4, 324-333, 2012..[著者] ...
閲覧 金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 : エストロゲン刺激で誘導される骨芽細胞の分化機構に関する研究, 日本生化学会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 福元 淳生, NOR ISMALIZA BINTI MOHD ISMAIL, 井上 雅広, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : Oligopeptidase Bにおけるβ-プロペラドメインと触媒ドメインの相互作用に重要な塩橋の同定, 第85回日本生化学大会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 内軟骨性骨化過程におけるPACE4によるproBMP6の活性化, 第85回日本生化学大会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)によるDeath-associated protein kinase-2 (DAPK2)調節機構, 第85回日本生化学大会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Kana Tsukamoto, Keiko Iwamoto, Yuka Ito and Keizo Yuasa : Enzymatic characterization of germination-specific cysteine protease-1 expressed transiently in cotyledons during the early phase of germination., The Journal of Biochemistry, Vol.153, No.1, 73-83, 2013..[著者] ...
閲覧 Koichiro Hada, Kinuka Isshiki, Shinya Matsuda, Keizo Yuasa and Akihiko Tsuji : Engineering of α1-antitrypsin variants with improved specificity for the proprotein convertase furin using site-directed random mutagenesis, Protein Engineering, Design & Selection, Vol.26, No.2, 123-131, 2013..[著者] ...
閲覧 松田 真弥, 篠倉 悠久, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : CDKファミリーPCTK3の活性化因子の同定, 日本農芸化学会2013年大会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 Masahiro Inoue, Kouichi Yasuda, Haruki Uemura, Natsumi Yasaka, Achim Schnaufer, Mihiro Yano, Hiroshi Kido, Daisuke Kohda, Hirofumi Doi, Toshihide Fukuma, Akihiko Tsuji and Nobuo Horikoshi : Trypanosoma brucei 14-3-3I and II proteins predominantly form a heterodimer structure that acts as a potent cell cycle regulator in vivo., The Journal of Biochemistry, Vol.153, No.5, 431-439, 2013..[著者] ...
閲覧 大島 美紀, 西山 奈見, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのデンプン分解システム, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月..[著者] ...
閲覧 馬庭 沙織, 大島 美紀, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシβ-グルコシダーゼの応用研究, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月..[著者] ...
閲覧 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 14-3-3タンパク質によるDAPK2活性制御機構の解析, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月..[著者] ...
閲覧 小湊 恭平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : CDKファミリーPCTK3の活性化機構の解明, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2013年5月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Keiko Tominaga, Nami Nishiyama and Keizo Yuasa : Comprehensive enzymatic analysis of the cellulolytic system in digestive fluid of the sea hare aplysia kurodai. efficient glucose release from sea lettuce by synergistic action of 45 kDa endoglucanase and 210 kDa ß-glucosidase., PLoS ONE, Vol.8, No.6, 2013..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 羽田 浩一郎, 一色 衣香, 松田 真弥, 湯浅 恵造 : プロセシングプロテアーゼ,Furinを特異的に阻害するalpha1-antitrypsin改変体の作成, 第13回日本蛋白質科学会年会, (巻), (号), (頁), 2013年6月..[著者] ...
閲覧 Junki Fukumoto, Mohd Nor Ismaliza Ismail, Masaki Kubo, Keita Kinoshita, Masahiro Inoue, Keizo Yuasa, Makoto Nishimoto, Hitoshi Matsuki and Akihiko Tsuji : Possible role of inter-domain salt bridges in oligopeptidase B from Trypanosoma brucei: critical role of Glu172 of non-catalytic -propeller domain in catalytic activity and Glu490 of catalytic domain in stability of OPB., The Journal of Biochemistry, Vol.154, No.5, 465-473, 2013..[著者] ...
閲覧 松田 真弥, 小湊 恭平, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : CDKファミリーPCTK3はcyclin AおよびPKAによって活性化する, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部および日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区合同大会2013年度合同広島大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 小湊 恭平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : cyclin AおよびPKAによるCDKファミリーPCTK3の活性化機構, 第86回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[著者] ...
閲覧 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 14-3-3による細胞死関連プロテインキナーゼDAPK2の活性制御機構, 第86回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[著者] ...
閲覧 馬庭 沙織, 大島 美紀, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのβ-グルコシダーゼの固定化と応用, 第65回日本生物工学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[著者] ...
閲覧 大島 美紀, 西山 奈見, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのα-グルカン分解機構, 第65回日本生物工学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[著者] ...
閲覧 松田 真弥, 小湊 恭平, 小出(吉田) 静代, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : サイクリン依存性キナーゼ18/PCTAIREキナーゼ3はサイクリンA2及びPKAによって活性化される, 第36回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2013年12月..[著者] ...
閲覧 金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 : エストロゲン作用物質が示す骨芽細胞分化促進作用の解析, 徳島生物学会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 大島 美紀, 西山 奈見, 馬庭 沙織, 桑村 修司, 白石 将孝, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシの海藻消化システムに関する研究, 第130回徳島生物学会, (巻), (号), (頁), 2013年12月..[著者] ...
閲覧 伊藤 千尋, 小出(吉田) 静代, Reger Albert, 辻 明彦, Kim Choel, 湯浅 恵造 : cGMP-dependent protein kinase II と小胞輸送制御因子 Rab11B との相互作用の解析, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 松田 真弥, 小湊 恭平, 小出(吉田) 静代, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PCTK3はcyclin A及びPKAによって活性調節を受け,アクチン動態を制御する, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 桑村 修司, 白石 将孝, 大島 美紀, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシのラミナリン分解システム, 第55回日本生化学会中国・四国支部例会, 2014年6月..[著者] ...
閲覧 白石 将孝, 桑村 修司, 馬庭 沙織, 大島 美紀, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシβ-グルコシダーゼの構造解析, 第55回日本生化学会中国・四国支部例会, 2014年6月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Nami Nishiyama, Miki Ohshima, Saori Maniwa, Shuji Kuwamura, Masataka Shiraishi and Keizo Yuasa : Comprehensive enzymatic analysis of the amylolytic system in the digestive fluid of the sea hare, Aplysia kurodai: Unique properties of two α-amylases and two α-glucosidases, FEBS Open Bio, Vol.4, 560-570, 2014..[著者] ...
閲覧 Shinya Matsuda, Kyohei Kominato, Shizuyo Koide-Yoshida, Kenji Miyamoto, Kinuka Isshiki, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTAIRE Kinase 3/Cyclin-dependent Kinase 18 Is Activated through Association with Cyclin A and/or Phosphorylation by Protein Kinase A, The Journal of Biological Chemistry, Vol.289, No.26, 18387-18400, 2014..[著者] ...
閲覧 桑村 修司, 白石 将孝, 大島 美紀, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ消化液由来β-グルコシダーゼのラミナランの完全分解, 第66回日本生物工学会大会, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 白石 将孝, 桑村 修司, 大島 美紀, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシβ-グルコシダーゼのクローニング, 第66回日本生物工学会大会, (巻), (号), (頁), 2014年9月..[著者] ...
閲覧 松田 真弥, 宮本 賢治, 小松 弘明, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PCTK3はアクチン動態を制御する, 日本農芸化学会2014年度中四国支部大会, (巻), (号), (頁), 2014年9月..[著者] ...
閲覧 山下 純平, 小出(吉田) 静代, 田中 亮, 赤塚 浩之, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : S. marcescens type 1 secretion systemによるシグナルペプチド非依存的蛋白質分泌機構の解明, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 木下 慶太, 河内 俊裕, 久保 政樹, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : Oligopeptidase Bのフォールディングと活性化機構の解明, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 14-3-3は細胞死関連プロテインキナーゼDAPK2を負に制御する, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 佐藤 仁昭, 河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : Subtilisin-like protein convertase(SPC)によるbone morphogenetic protein(BMP)のプロセシング, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 Kim Hyejin, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu, Ueno Tomomi, Uchiyama Shigeto, Keizo Yuasa, Akihiko Tsuji and Hideaki Nagamune : Estrogen stimuli promote osteoblastic differentiation via the subtilisin-like proprotein convertase PACE4 in MC3T3-E1 cells., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.33, No.1, 30-39, 2015..[著者] ...
閲覧 伊藤 照明, 河村 保彦, 辻 明彦, 橋爪 正樹, 森賀 俊広 : 生産システム国際展開に向けた大学間国際交流の取り組み, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2015・講演論文集, Vol.15, No.8, 45-46, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 一色 衣香, 平瀬 大志, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : Death-associated protein kinase-2 (DAPK2)と tubulinの相互作用解析及びアポトーシスへの関連性, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 宮本 賢治, 清水 友紀, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : ナトリウム利尿ペプチド受容体Cの新規結合タンパク質同定, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 Shinya Matsuda, Kyohei Kominato, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTAIRE kinase 3/cyclin dependent kinase 18 is activated through association with cyclin A and/or phosphorylation by protein kinase A, Experimental Biology 2015, Boston, Massachusetts, March 2015..[著者] ...
閲覧 岸本 幸治, 原口 崇, 清水 健志, 山口 藍子, 吉原 利忠, 岸 美紀子, 井出 宗則, 小山 徹也, 対馬 義人, 飛田 成史, 辻 明彦, 和泉 孝志 : Gタンパク質共役型受容体であるG2Aはがん細胞の幹細胞性を制御する., 第56回 日本生化学会 中国四国支部例会(口頭), 16, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 Keizo Yuasa, Reina Ota, Matsuda Shinya, Kinuka Isshiki, Masahiro Inoue and Akihiko Tsuji : Suppression of death-associated protein kinase 2 by interaction with 14-3-3 proteins, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.464, No.1, 70-75, 2015..[著者] ...
閲覧 Yuki Yoshikatsu, Yo-ichi Ishida, Haruka Sudo, Keizo Yuasa, Akihiko Tsuji and Masami Nagahama : NVL2, a nucleolar AAA-ATPase, is associated with the nuclear exosome and is involved in pre-rRNA processing, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.464, No.3, 780-786, 2015..[著者] ...
閲覧 伊藤 千尋, 吉田 一郎, 辻 明彦, 矢中 規之, 湯浅 恵造 : メラニン産生抑制効果を有する新規生薬成分の同定及びその作用機序の解明, 日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会(中四国支部第43回・西日本支部第312回講演), 2015年9月..[著者] ...
閲覧 小松 弘明, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : タンパク質結晶構造解析に基づくPKGII の活性化機構の解明, 日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会(中四国支部第43回・西日本支部第312回講演), 2015年9月..[著者] ...
閲覧 桑村 修司, 白石 将孝, 佐藤 仁昭, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ消化液由来アラメ糖化促進タンパク質の特性解析, 第67回日本生物工学会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 Kinuka Isshiki, Taishi Hirase, Shinya Matsuda, Kenji Miyamoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Death-associated protein kinase 2 mediates nocodazole-induced apoptosis through interaction with tubulin, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.468, No.1-2, 113-118, 2015..[著者] ...
閲覧 川端 友里恵, 桑村 修司, 澤田 茉菜, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 褐藻類に含まれる摂食阻害物質に対する巻貝の戦略, 日本農芸化学会中四国支部第44回講演会, 2016年1月..[著者] ...
閲覧 松田 真弥, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PCTK3/CDK18はFAK1を抑制して細胞形態を制御する, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 湯浅 恵造, 一色 衣香, 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦 : 14-3-3から解離したDAPK2はチューブリンとの結合を介してアポトーシスを誘導する, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 小松 弘明, 亀村 典生, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PKGIIはRaf1のSer43のリン酸化を介してMAPK経路を負に制御する, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 桑村 修司, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : アメフラシ消化液に含まれるフロロタンニン結合タンパク質の機能解析, 第57回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 松田 真弥, 川本 晃平, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : サイクリン依存性キナーゼPCTK3/CDK18による細胞運動調節機構の解明, 日本農芸化学会中四国支部第45回講演会, 2016年6月..[著者] ...
閲覧 Matsuda Shinya, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTK3/CDK18 regulates cell migration by negatively modulating the FAK1 activity, 16th International Conference of Biochemistry and Molecular Biology: Signalling Pathways in Development, Disease and Aging, Vancouver, BC, Canada, June 2016..[著者] ...
閲覧 村上 彩良, 亀村 典生, 小松 弘明, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PKGIIによるFGF/FGFR/ERK経路阻害機構の解明, 日本農芸化学会中四国支部第46回講演会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 山下 純平, 小出(吉田) 静代, 中西 智美, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemによるHasA分泌機構の解明, 第68回日本生物工学会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 浜垣 秀平, 高木 大地, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemを用いた大腸菌による1本鎖抗体分泌系の構築, 第68回日本生物工学会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 桑村 修司, 湯浅 恵造 : アメフラシ消化液より単離したフロロタンニン結合蛋白質,EHEPの特性解析, 第68回日本生物工学会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 Kohichi Kuwahara, Hiroshi Hirata, Kengo Ohbuchi, Kentaro Nishi, Akira Maeda, Akihiko Kuniyasu, Daisuke Yamada, Takehiko Maeda, Akihiko Tsuji, Makoto Sawada and Hitoshi Nakayama : The novel monoclonal antibody 9F5 reveals expression of a fragment of GPNMB/osteoactivin processed by furin-like protease(s) in a subpopulation of microglia in neonatal rat brain, Glia, Vol.64, No.11, 1938-1961, 2016..[著者] ...
閲覧 松田 真弥, 川本 晃平, 澤本 真菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : PCTK3/CDK18による細胞形態・運動の制御, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 山下 純平, 小出(吉田) 静代, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens HasAの分泌に関わるHasD領域の同定, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 浜垣 秀平, 高木 大地, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : 大腸菌による1本鎖抗体分泌系の構築, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 河内 俊裕, 奥田 匡洋, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : ダイコン由来システインプロテアーゼResponsive to Dehydration 19の同定, 第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 Ichiro Yoshida, Chihiro Ito, Shinya Matsuda, Akihiko Tsuji, Noriyuki Yanaka and Keizo Yuasa : Alisol B, a triterpene from Alismatis rhizoma (dried rhizome of Alisma orientale), inhibits melanin production in murine B16 melanoma cells, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.81, No.3, 534-540, 2017..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Shuji Kuwamura, Akihiro Shirai and Keizo Yuasa : Identification and Characterization of a 25 kDa Protein That Is Indispensable for the Efficient Saccharification of Eisenia bicyclis in the Digestive Fluid of Aplysia kurodai, PLoS ONE, Vol.12, No.1, e0170669, 2017..[著者] ...
閲覧 Norio Kamemura, Sara Murakami, Hiroaki Komatsu, Masahiro Sawanoi, Kenji Miyamoto, Kazumi Ishidoh, Koji Kishimoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Type II cGMP-dependent protein kinase negatively regulates fibroblast growth factor signaling by phosphorylating Raf-1 at serine 43 in rat chondrosarcoma cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.483, No.1, 82-87, 2017..[著者] ...
閲覧 村上 彩良, 大上 友菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : DNA傷害によるアポトーシス誘導におけるDRAK1の関連性, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 Shinya Matsuda, Kohei Kawamoto, Kenji Miyamoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTK3/CDK18 regulates cell migration and adhesion by negatively modulating FAK activity, Scientific Reports, Vol.7, 45545, 2017..[著者] ...
閲覧 亀村 典生, 村上 彩良, 小松 弘明, 澤野井 政宏, 宮本 賢治, 石堂 一巳, 岸本 幸治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 軟骨形成におけるcGMP-dependent protein kinase Ⅱの作用機構の探索., 第58回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 吉田 一郎, 伊藤 千尋, 松田 真弥, 辻 明彦, 矢中 規之, 湯浅 恵造 : メラニン産生抑制効果を有する沢瀉成分Alisol Bの作用機序の解明, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月..[著者] ...
閲覧 大上 友菜, 村上 彩良, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞死関連プロテインキナーゼDRAK1の細胞内局在化機構, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月..[著者] ...
閲覧 高木 大地, 浜垣 秀平, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : 大腸菌を用いた低分子抗体の分泌生産系の構築, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月..[著者] ...
閲覧 高木 大地, 浜垣 秀平, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens type 1 secretion systemを利用した大腸菌による低分子抗体分泌産生系の構築, 第69回日本生物工学会, (巻), (号), (頁), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 湯浅 恵造, 浅田 元子, 中村 嘉利 : アメフラシ21K セルラーゼのセルロース分解における機能解析, 第69回日本生物工学会, (巻), (号), (頁), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 川本 晃平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞運動・接着におけるPCTK3によるFAKの制御, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2017年12月..[著者] ...
閲覧 村上 彩良, 大上 友菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 細胞死関連キナーゼDRAK1とp53の細胞内局在とその役割, 日本農芸化学会中四国支部第50回講演会, (巻), (号), (頁), 2018年1月..[著者] ...
閲覧 奥田 匡洋, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : ダイコンの発芽過程における各種システインプロテアーゼの発現解析, 日本農芸化学会中四国支部第50回講演会, 2018年1月..[著者] ...
閲覧 Yuna Oue, Sara Murakami, Kinuka Isshiki, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Intracellular localization and binding partners of death associated protein kinase-related apoptosis-inducing protein kinase 1., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.496, No.4, 1222-1228, 2018..[著者] ...
閲覧 森川 瑠美, 小出(吉田) 静代, 山下 純平, 高木 大地, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescensヘム捕捉タンパク質HasA分泌の分子機構の解明, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 湯浅 恵造 : GHF45に属する21kDaセルラーゼの作用機構, 第59回日本生化学会 中国・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2018年5月..[著者] ...
閲覧 Shogo Abe, Saki Hirose, Mami Nishitani, Ichiro Yoshida, Masao Tsukayama, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Citrus peel polymethoxyflavones, sudachitin and nobiletin, induce distinct cellular responses in human keratinocyte HaCaT cells, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.82, No.12, 2064-2071, 2018..[著者] ...
閲覧 安部 庄剛, 廣瀨 早咲, 吉田 一郎, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : 柑橘類果皮ポリメトキシフラボンであるスダチチンとノビレチンは,異なる細胞応答を誘導する, 日本農芸化学会中四国支部第52回講演会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 湯浅 恵造 : アメフラシ消化液に含まれるフロロタンニン結合タンパク質の性質, 日本農芸化学会中四国支部第52回講演会, (巻), (号), (頁), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 玉井 麻友紀, 片岡 晴菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : Death-associated protein kinase 2によるオートファジー制御機構の解明, 第91回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 湯浅 恵造, 姚 閔 : 海藻ポリフェノールと結合する蛋白質(EHEP)の機能・構造解析, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Chikako Asada : Cellulose-binding activity of a 21-kDa endo-ß-1,4-glucanase lacking cellulose-binding domain and its synergy with other cellulases in the digestive fluid of Aplysia kurodai, PLoS ONE, Vol.13, No.11, e0205915, 2018..[著者] ...
閲覧 藤野 翔多, 辻 明彦, 山本 圭 : 栄養飢餓時に変容するリン脂質代謝の役割, 第41回日本分子生物学会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 白井 郁太, 藤野 翔多, 向井 理恵, 辻 明彦, 山本 圭 : 骨格筋におけるリン脂質代謝系の網羅的脂質メタボローム解析.第41回日本分子生物学会年会, 第41回日本分子生物学会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 髙木 大地, 浅田 知範, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 : Serratia marcescens Lipシステムを利用した大腸菌による低分子抗体分泌産生系の構築, 第4回 日本生物工学会西日本支部講演会, (巻), (号), (頁), 2018年12月..[著者] ...
閲覧 辻 明彦, 湯浅 恵造 : ユニークな基質特異性をもつアメフラシトリプシン, 第4回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2018年12月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.28, Max(EID) = 362802, Max(EOID) = 970669.