『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 長宗 秀明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])

登録情報の数

有効な情報: 502件 + 無効な情報: 31件 = 全ての情報: 533件

全ての有効な情報 (502件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(184)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(184)
閲覧 閲覧 日本細菌学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本分子生物学会 …(2)
閲覧 閲覧 Elsevier Science B.V. …(3)
閲覧 (未定義) …(235)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 寺田 弘, 長宗 秀明 : シアニン色素のミトコンドリアに対する作用 -微分スペクトル法の生体膜への応用-, 島津科学機械ニュース, Vol.22, No.5, 20-23, 1981年5月..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Hideaki Nagamune and Fujio Kametani : Effect of anions on the uncoupling of the cyanine dye, Platonin (NK-19), Medical Research of Photosensitizing Dyes, Vol.88, (号), 1-9, 1981..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Hideaki Nagamune, Yumi Osaki and Kenichi Yoshikawa : Specific requirement for inorganic phosphate for induction of bilayer membrane conductance by the cationic uncoupler carbocyanine dye, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.646, No.3, 488-490, 1981..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada and Hideaki Nagamune : A cyanine dye tri-S-C7(5) Phosphate-dependent cationic uncoupler of oxidative phosphorylation in mitochondria, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.723, No.1, 7-15, 1983..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Hideaki Nagamune, Norifumi Morikawa and Tetsuo Ichikawa : The cyanine dye triS-C4(5) as a cationic uncoupler of oxidative phosphorylation: Interaction with mitochondria detected by derivative spectrophotometry, Cell Structure and Function, Vol.8, No.2, 161-170, 1983..[著者] ...
閲覧 Osamu Urayama, Motoko Nakao, Hideaki Nagamune and Hiroyuki Sugiyama : Coupling of membrane-bound and detergent-solubilized sodium- and potassium-activated ATPase to p- benzoquinone-treated microtiter plates, Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.141, No.1, 194-198, 1984..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明, 寺田 弘, 亀谷 富士夫 : ミトコンドリア機能に対するシアニン色素triS-C4(5) (NK-24)の2元的効果, 感光色素, Vol.89, (号), 19-25, 1984年..[著者] ...
閲覧 Makoto Nakao, Osamu Urayama, Hideaki Nagamune, Toshiko Nakao, Kanako Sato, Fumiko Nagai and Itsu Kano : Monoclonal antibodies against kidney Na+, K+-ATPase, XI Yamada Conference: In "Perspectives of Biological Energy Transduction" (Y. Mukohata, M. F. Morales, S. Fleischer, eds.), (巻), (号), 301-304, Kobe, May 1985..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Terada, Hideaki Nagamune, Hidefumi Morikawa and Masumi Ikuno : Uncoupling of oxidative phosphorylation by divalent cationic cyanine dye. Participation of phosphate transporter, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.807, No.2, 168-176, 1985..[著者] ...
閲覧 Osamu Urayama, Hideaki Nagamune, Makoto Nakao, Yukichi Hara, Hiroyuki Sugiyama, Kanako Sato and Toshiko Nakao : Isolation and characterization of a monoclonal antibody against pig kidney sodium- and potassium-activated ATPase, The Journal of Biochemistry, Vol.98, No.1, 209-217, 1985..[著者] ...
閲覧 Osamu Urayama, Hideaki Nagamune, Yukichi Hara and Makoto Nakao : Monoclonal antibodies to pig Na, K-ATPase, The 4th International Conference on Na,K-ATPase; In "The Sodium Pump" (I. Glynn and C. Ellory, eds.), (巻), (号), 125-127, Cambridge, Sep. 1985..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Osamu Urayama, Yukichi Hara and Makoto Nakao : Characterization of ouabain-sensitive phosphatase activity in the absence of potassium ion in purified pig kidney Na, K-ATPase, The Journal of Biochemistry, Vol.99, No.6, 1613-1624, 1986..[著者] ...
閲覧 Masaki Ito, Masamichi Nakamura, Hideaki Nagamune, Norifumi Morikawa and Hiroshi Terada : An Escherichia coli mutant exhibiting temperature-sensitive ATP synthesis, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.138, No.1, 72-77, 1986..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明, 中尾 眞 : Na, K-ATPaseの生化学, 臨床科学, Vol.22, No.10, 1273-1280, 1986年10月..[著者] ...
閲覧 Makoto Nakao, Osamu Urayama, Hideaki Nagamune, Toshiko Nakao, Kanako Sato, Fumiko Nagai and Itsu Kano : Monoclonal antibodies against kidney Na+, K+-ATPase , Perspectives of Biological Energy Transduction, Academic Press, U.S.A., Jan. 1987..[著者] ...
閲覧 Yukichi Hara, Osamu Urayama, Kiyoshi Kawakami, Hiroshi Nojima, Hideaki Nagamune, Toshiyuki Kojima, Toshiko Ohta, Kei Nagano and Makoto Nakao : Primary structures of two types of alpha-subunit of rat brain Na+, K+-ATPase deduced from cDNA sequences, The Journal of Biochemistry, Vol.102, No.1, 43-58, 1987..[著者] ...
閲覧 Yasuo Shinohara, Hideaki Nagamune and Hiroshi Terada : The hydrophobic cationic cyanine dye inhibits oxidative phosphorylation by inhibiting ADP transport, not by electrophoretic transfer, into mitochondria, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.148, No.3, 1081-1086, 1987..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Osamu Urayama, Yukichi Hara and Makoto Nakao : Ouabain-sensitive, K+-dependent and K+-independent phosphatase activities in purified pig kidney Na+, K+-ATPase , Energy Transduction in ATPases, Yamada Science Foundation, Osaka, Jan. 1988..[著者] ...
閲覧 加藤 裕久, 太田 房雄, 長宗 秀明, 福井 公明 : 単クローン抗体を用いたStreptococcus mutansの研究, 微生物, Vol.4, No.3, 252-259, 1988年3月..[著者] ...
閲覧 Yukichi Hara, Osamu Urayama, Kiyoshi Kawakami, Hiroshi Nojima, Hideaki Nagamune, Toshiyuki Kojima, Toshiko Ohta, Kei Nagano and Makoto Nakao : The third type of alpha-subunit of Na,K-ATPase, The 5th International Conference on Na,K-ATPase; In "The Na+, K+-Pump. Part A: Molecular Aspects" (J. C. Skou, J. G. Norby, A. B. Maunsbach, M. Esmann, eds.), (巻), (号), 73-78, Fuglso, April 1988..[著者] ...
閲覧 Osamu Urayama, Hideaki Nagamune and Makoto Nakao : Characterization of monoclonal antibody 50c against pig kidney Na+, K+-ATPase, XI Yamada Conference: In "Energy Transduction in ATPases" (Y. Mukohata, M. F. Morales, S. Fleischer, eds.), (巻), (号), 441-442, Kobe, Sep. 1988..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Osamu Urayama, Yukichi Hara and Makoto Nakao : Ouabain-sensitive, K+-dependent and K+-independent phosphatase activities in purified pig kidney Na+, K+-ATPase, XI Yamada Conference: In "Energy Transduction in ATPases" (Y. Mukohata, M. F. Morales, S. Fleischer, eds.), (巻), (号), 443-446, Kobe, Sep. 1988..[著者] ...
閲覧 市川 哲生, 太田 房雄, 長宗 秀明, 久保 兼信, 桜林 郁之介, 佐藤 真悟, 篠原 康雄, 高木 俊夫, 竹尾 和典, 田中 経彦, 辻 明彦, 寺田 弘, 中尾 真, 中村 和行, 藤田 清貴, 松田 佳子, 真鍋 敬 : 電気泳動法 –基礎と実験-, 株式会社 廣川書店, 東京, 1989年4月..[著者] ...
閲覧 Fusao Ota, Hideaki Nagamune, Yasuyuki Akiyama, Hirohisa Kato, Yasuhiko Yasuoka, Miwako Ono, Yasuyori Morimoto, Komei Fukui, Yoshihiro Minato and Yoshio Takeda : Type-specific antigen of Streptococcus rattus strains (KAY1 and FA1). I. Characterization, Zentralblatt für Bakteriologie, Vol.271, No.1, 36-45, 1989..[著者] ...
閲覧 Fusao Ota, Yoshihiro Minato, Sonia Senesi, Hideaki Nagamune, Yasuhiko Satomi, Hirohisa Kato, Yasuyuki Akiyama, Miwako Ono, Katsuhiko Hirota and Komei Fukui : Type-specific antigen of Streptococcus rattus strains (KAY1, FA1 and BHT) II. Ultrastructural localization, Zentralblatt für Bakteriologie, Vol.271, No.2, 137-145, 1989..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Osamu Urayama, Yukichi Hara, Fusao Ota, Katsuhiko Hirota, Yasuhiko Satomi, Kuniko Seo, Komei Fukui and Makoto Nakao : Directional immobilization of sodium- and potassium-activated ATPase to expose its cytoplasmic part to the liquid phase on microtiter plates by wheat germ agglutinin, Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.180, No.2, 362-367, 1989..[著者] ...
閲覧 太田 房雄, 長宗 秀明, 根本 謙, 福井 公明, 吉田 長之, 弘田 克彦, 楠田 倫紀, 河田 照茂, 湊 義博 : モノクロン抗体を用いる連鎖球菌の免疫学的特異性に関する研究 I. EIAプレートの選択と多糖抗原の使用条件, 四国医学雑誌, Vol.45, No.4, 245-255, 1989年..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明, 太田 房雄, 福井 公明, 吉田 長之, 弘田 克彦, 河田 照茂, 湊 義博 : モノクロン抗体を用いる連鎖球菌の免疫学的特異性に関する研究 II. 連鎖球菌全菌細胞の免疫学的解析に用いるEIAマイクロタイタープレートの選択, 四国医学雑誌, Vol.45, No.4, 256-264, 1989年..[著者] ...
閲覧 Fusao Ota, Katsuhiko Hirota, Hideaki Nagamune, Sonia Senesi, Yasuhiko Satomi, Masahiko Yasuoka, Yasuyuki Akiyama, Komei Fukui and Terushige Kawata : A comparison of competitive enzyme immunoassay and precipitin inhibition tests in the analysis of polysaccharide antigenic determinants of oral streptococci, Journal of Immunological Methods, Vol.124, No.2, 259-266, 1989..[著者] ...
閲覧 Fusao Ota, Hirohisa Kato, Hideaki Nagamune, Yasuyuki Akiyama, Kuniko Seo, Yoshihiro Minato, Komei Fukui and Toshihiko Koga : Cross-reactive polysaccharide antigens (types a, d, and h) of the mutans group of streptococci: Different molecular forms of the type as distinguishable by monoclonal antibodies, Zentralblatt für Bakteriologie, Vol.272, No.3, 294-305, 1990..[著者] ...
閲覧 阿久津 秀雄, 伊藤 明夫, 長宗 秀明, 久野 健夫, 小南 英紀, 田代 裕, 田中 啓二, 辻 明彦, 寺田 弘, 中野 明彦, 中安 博司, 能見 貴人, 日野 幸伸, 二井 将光, 前田 正知, 松田 佳子, 三原 勝芳, 山下 克子, 山本 章嗣 : 膜酵素I –基礎と実験-,膜酵素II –基礎と実験-, 株式会社 廣川書店, 東京, 1990年5月..[著者] ...
閲覧 Osamu Urayama, Hideaki Nagamune, Makoto Nakao and Yukichi Hara : A monoclonal antibody against a native conformation of the porcine renal Na+/K+-ATPase -subunit protein, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Protein Structure and Molecular Enzymology, Vol.1040, No.2, 267-275, 1990..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明, 寺田 弘 : 単クローン抗体 調製とキャラクタリゼーション, 株式会社 廣川書店, 東京, 1990年12月..[著者] ...
閲覧 Fusao Ota, Katsuhiko Hirota, Hideaki Nagamune and Komei Fukui : Enzyme immunoassay and monoclonal antibodies for immunological studies of the mutans group of streptococci, Dentistry in Japan, Vol.27, No.1, 25-28, 1990..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Fukushima, Junji Takada, 長宗 秀明, Mitsuo Yano : Competitive relationship between K+ and (Z)-5-methyl-2-[2-(1-naphthyl)ethenyl]-4-piperidinopyridine for access to the K+-translocating channel of (Na, K)-ATPase, The 6th International Conference on Na,K-ATPase; In "The Sodium Pump: Recent Developments"(J. H. Kaplan, P. DeWeer, eds.), (巻), (号), 423-426, Woods Hole, 1991年9月..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Fusao Ohta, Sonia Senesi, Giovanna Batoni and Komei Fukui : Monoclonal antibodies specific for a polysaccharide antigenic determinant of Streptococcus mutans (serotypes c, e and f) , New Perspectives on Streptococcal Infections Zentralblatt fur Bakteriologie Supplement 22, Gustav Fischer, U.K., Jan. 1992..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Fusao Ohta, Hideaki Nagamune, Sonia Senesi, Giovanna Batoni, Giorgio Freer, Terushige Kawata and Komei Fukui : A comparison of various EIA plates for the analysis of polysaccharide antigens and serological identification of oral streptococci , New Perspectives on Streptococcal Infections Zentralblatt fur Bakteriologie Supplement 22, Gustav Fischer, U.K., Jan. 1992..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Fusao Ota, Sonia Senesi, Giovanna Batoni and Komei Fukui : Monoclonal antibodies specific for a polysaccharide antigenic determinant of Streptococcus mutans (serotypes c, e and f), XI Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases; In "New Perspectives on Streptococci and Streptococcal Infections"(G. Orefici, ed.): Zentralblatt für Bakteriologie, Vol.Suppl22, (号), 223-225, Siena, Oct. 1992..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Fusao Ota, Sonia Senesi, Hideaki Nagamune, Giovanna Batoni, Giorgio Freer, Terushige Kawata and Komei Fukui : A comparison of various EIA plates for the analysis of polysaccharide antigens and serological identification of oral streptococci, XI Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases; In "New Perspectives on Streptococci and Streptococcal Infections"(G. Orefici, ed.), Zentralblatt für Bakteriologie, Vol.Suppl22, (号), 116-118, Siena, Oct. 1992..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Yoshihiro Fukushima, Junji Takada, Kenji Yoshida, Akira Unami, Takashi Shimooka and Hiroshi Terada : The lipophilic weak base (Z)-5-methyl-2-[2-(1-naphthyl)ethenyl]-4-piperidinopyridine (AU-1421) is a potent protonophore type cationic uncoupler of oxidative phosphorylation in mitochondria, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1141, No.2-3, 231-237, 1993..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Tetsuya Akamatsu, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : Identification of targeting proteinase for rat α1-macroglobulin in vivo., --- Mast-cell tryptase is a major component of the α1-macroglobulin-proteinase complex endocytosed into rat liver lysosomes. ---, The Biochemical Journal, Vol.298, No.1, 79-85, 1994..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Kazuya Higashine, Chiemi Hine, Kenji Mori, Yasuhiro Tamai, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : Identification of Novel cDNAs Encording Human Kexin-like Protease, PACE4 Isoforms, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.200, No.2, 943-950, 1994..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Ryoichi Oda, Kohji Sakiyama, Hideaki Nagamune, Kouji Itou, Ryoichi Kase, Hitoshi Sakuraba, Yoshiyuki Suzuki and Yoshiko Matsuda : Lysosomal enzyme replacement using α2-macroglobulin as a transport vehicle, The Journal of Biochemistry, Vol.115, No.5, 937-944, 1994..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Kenji Mori, Chiemi Hine, Yasuhiro Tamai, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : The tissue distribution of mRNAs for the PACE4 isoforms, kexin-like processing protease: PACE4C and PACE4D mRNAs are major transcripts among PACE4 isoforms, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.202, No.3, 1215-1221, 1994..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Chiemi Hine, Kenji Mori, Yasuhiro Tamai, Kazuya Higashine, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : A Novel Member, PC7, of The Mammalian Kexin-Like Protease Family, --- Homology to PACE4A, Its Brainspecific Expression and Identification of Isoforms ---, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.202, No.3, 1452-1459, 1994..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Kazuaki Muramatsu, Tetsuya Akamatsu, Yasuhiro Tamai, Keisuke Izumi, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Distribution of the kexin family proteases in pancreatic islets., --- PACE4C is specifically expressed in B cells of pancreatic islets ---, Endocrinology, Vol.136, No.1, 357-360, 1995..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Hideaki Nagamune, Tetsuya Akamatsu, Chiemi Hine, Kazuaki Muramatsu, Kenji Mori, Yasuhiro Tamai, Kayoko Yonemoto and Yoshiko Matsuda : Novel members of mammalian kexin family proteases, PACE4C, PACE4D, PC7A and PC7B., Intracellular Protein Catabolism, Vol.389, (号), 63-71, 1996..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Keisuke Edazawa, Koji Sakiyama, Kaya Nagata, Yuka Sasaki, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : Purification and characterization of a novel serine proteinase from the microsomal fraction of bovine pancreas., The Journal of Biochemistry, Vol.119, No.1, 100-105, 1996..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji, Hideaki Nagamune, Tetsuya Akamatsu, Chiemi Hine, Kazuaki Muramatsu, Kenji Mori, Yasuhiro Tamai and Kayoko Yonemoto : Novel members of mammalian Kexin family proteases, PACE4C, PACE4D, PC7A and PC7B, Intracellular protein catabolism, Vol.389, No.7, 63-71, Jan. 1996..[著者] ...
閲覧 Takuya Maeda, Seiko Goto, Yuki Manabe, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Bactericidal action of N-alkylcyanopyridinium bromides against Escherichia coli K12 W3110, Biocontrol Science, Vol.1, No.1, 41-49, 1996..[著者] ...
閲覧 Kiyo Okazaki, Yuki Manabe, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Quantitative structure-activity relationship of antibacterial dodecylpyridinium iodide derivatives, Biocontrol Science, Vol.1, No.1, 51-59, 1996..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Matsuda, Akihiko Tsuji, Hideaki Nagamune, Tetsuya Akamatsu, Chiemi Hine, Kazuaki Muramatsu, Kenji Mori, Yasuhiro Tamai and Kayoko Yonemoto : Novel members of mammalian Kexin family proteases, PACE4C, PACE4D, PC7A and PC7B., Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.389, (号), 63-71, Sep. 1996..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Chikako Ohnishi, Ayako Katsuura, Kenzo Fushitani, Robert A. Whiley, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Intermedilysin, a novel cytotoxin specific for human cells, secreted by Streptococcus intermedius UNS46 isolated from a human liver abscess, Infection and Immunity, Vol.64, No.8, 3093-3100, 1996..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明 : 病原性大腸菌O157:感染予防のために, STEPテクノ情報, Vol.2, No.3, 12-17, 1996年12月..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Kazuaki Muramatsu, Masakatsu Higashine, Tetsuya Akamatsu, Yasuhiro Tamai, Yasuo Yonetomi, Akihiko Tsuji, Keisuke Izumi, Takemasa Sakaguchi, Tetsuya Yoshida and Yoshiko Matsuda : Cyclic AMP-inducible procalcitonin processing in thyroidal parafollicular cells is regulated by the kexin family protease, PC1, Biomedical and Health Research, Vol.15, (号), 22-33, 1997..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Kazuaki Muramatsu, Masakatsu Higashine, Tetsuya Akamatsu, Yasuhiro Tamai, Yasuo Yonetomi, Akihiko Tsuji, Keisuke Izumi, Takemasa Sakaguchi, Tetsuya Yoshida and Yoshiko Matsuda : Cyclic AMP-inducible procalcitonin processing in thyroidal parafollicular cells is regulated by the Kexin family protease, PC1., IOS Press, Amsterdam, March 1997..[著者] ...
閲覧 Kiyo Okazaki, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and antimicrobial characteristics of N-alkyl-4-allythiopyridinium bromides, Biocontrol Science, Vol.2, No.1, 39-42, 1997..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Kazuaki Muramatsu, Masakatsu Higashine, Tetsuya Akamatsu, Yasuhiro Tamai, Yasuo Yonetomi, Akihiko Tsuji, Keisuke Izumi, Takemasa Sakaguchi, Tetsuya Yoshida and Yoshiko Matsuda : Cyclic AMP-inducible procalcitonin processing in thyroidal parafollicular cells is regulated by the Kexin family protease, PC1., International Symposium on Medical Aspects of Protease Inhibitors; In "Medical Aspects of Proteases and Protease Inhibitors": Biomedical and Health Research, Vol.15, (号), 22-33, Amsterdam, May 1997..[著者] ...
閲覧 Kenji Mori, Sachiko Kii, Akihiko Tsuji, Masami Nagahama, Akiyoshi Imamaki, Keiko Hayashi, Tetsuya Akamatsu, Hideaki Nagamune and Yoshiko Matsuda : A Novel Human PACE4 Isoform, PACE4E Is an Active Processing Protease Containing a Hydrophobic Cluster at the Carboxy Terminus, The Journal of Biochemistry, Vol.121, No.5, 941-948, 1997..[著者] ...
閲覧 Kiyo Okazaki, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Antibacterial Characteristics of N-Alkyl-2-alkylthiopyridinium and N-Alkyl-4-alkylthiopyridinium Salts, Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.43, No.5, 251-260, 1997..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明 : 連鎖球菌の細胞溶解毒素, 生化学, Vol.69, No.5, 343-348, 1997年5月..[著者] ...
閲覧 Tetsuya Akamatsu, Shigeo Daikoku, Hideaki Nagamune, Shigeru Yoshida, Kenji Mori, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Developmental expression of a novel Kexin family protease, PACE4E, in the rat olfactory system., Histochemistry and Cell Biology, Vol.108, No.2, 95-103, 1997..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Hiroki Kourai, Ayako Katsuura, Yasuki Taoka, Kenzo Fushitani, Robert A. Whiley, Kikuji Yamashita, Akihiko Tsuji, Yoshiko Matsuda, Hiroki Kourai and Seiichiro Kitamura : Intermedilysin A cytolytic toxin specific for human cells of a Streptococcus intermedius isolated from human liver abscess in "Streptococci and The Host", Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.418, (号), 773-775, 1997..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Chikako Ohnishi, Ayako Katsuura, Yasunori Taoka, Kenzo Fushitani, Robert A. Whiley, Kikuji Yamashita, Akihiko Tsuji, Yoshiko Matsuda, Hiroki Kourai and Seiichiro Kitamura : Intermedilysin A cytolytic toxin specific for human cells of a Streptococcus intermedius isolated from human liver abscess, XIII Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases; In "Streptococci and The Host"(T. Horaud, A. Bouvet, R. Leclercq, H. de Montclos, M. Sicard, eds.): Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.418, (号), 773-775, Paris, Sep. 1997..[著者] ...
閲覧 Kiyo Okazaki, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune, Yuki Manabe and Hiroki Kourai : Synthesis and Antimicrobial Characteristics of 4,4'-(α,ω-Polymethylenedithio) bis(1-alkylpyridinium iodide)s, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.12, 1970-1974, 1997..[著者] ...
閲覧 Takuya Maeda, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune, Yuki Manabe and Hiroki Kourai : Bactericidal Action of 4,4'-(α,ω-Polymethylenedithio) bis(1-alkylpyridinium iodide)s, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.21, No.10, 1057-1061, 1998..[著者] ...
閲覧 Kiyo Okazaki, Munehiro Yoshida, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and Bactericidal Characteristics of N-Alkyl-2-benz ylaminopyridinium Iodides, Biocontrol Science, Vol.4, No.1, 17-22, 1999..[著者] ...
閲覧 Takuya Maeda, Yuki Manabe, Masashi Yamamoto, Munehiro Yoshida, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and Antimicrobial Characteristics of Novel Biocides, 4,4'-(1,6-Hexamethylenedioxy dicarbonyl)bis(1-alkylpyridinium iodide)s, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.47, No.7, 1020-1023, 1999..[著者] ...
閲覧 Takuya Maeda, Munehiro Yoshida, Yuki Manabe, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and Antimicrobial Characteristics of 5,5'-[2,2'- (Tetramethylenedicarbonyldioxy) diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazolium iodide)s, Biocontrol Science, Vol.4, No.2, 75-81, 1999..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Takatsugu Goto, Robert A. Whiley, Takuya Maeda, Yasuko Inai, Ohki Ohnishi, Kazuto Ohkura, Jeremy M. Hardie and Hiroki Kourai : Structural and Epidemiological Characterization of a Human-Specific Cytolysin, Intermedilysin: A Potentially Significant Virulence Factor in Streptococcus intermedius Infections, 14th Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, (巻), (号), (頁), Auckland, NZ, Oct. 1999..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 村田 広美, 湯本 浩通, 大倉 一人, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : レンサ球菌のヒストン様蛋白質の構造解析, Bacterial Adherence研究, Vol.14, (号), 6-8, 2000年..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 村田 広美, 湯本 浩通, 大倉 一人, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : レンサ球菌のヒストン様蛋白質の構造解析, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.14, (号), 6-8, 2000年1月..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Robert A. Whiley, Takatsugu Goto, Yasuko Inai, Takuya Maeda, Jeremy M. Hardie and Hiroki Kourai : Distribution of the intermedilysin gene among the anginosus group streptococci and correlation between intermedilysin production and deep-seated infection with Streptococcus intermedius, Journal of Clinical Microbiology, Vol.38, No.1, 220-226, 2000..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Takuya Maeda, Kazuto Ohkura, Keiko Yamamoto and Hiroki Kourai : Evaluation of the cytotoxic effects of bis-quaternary ammonium antimicrobial reagents on human cells, Toxicology In Vitro, Vol.14, No.2, 139-147, 2000..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Ohki Ohnishi, Kanako Hattori, Kazuto Ohkura, Takatsugu Goto, Hideaki Tsuge, Katsuhiko Hirota, Nobuhiko Katunuma, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Human-Specific Cell Lysis by Intermedilysin, an Exotoxin of Streptococcus intermedius, 18th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, (巻), (号), (頁), Birminghan, UK, July 2000..[著者] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Takatsugu Goto, Kanako Hattori, Ohki Ohnishi, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Hiroki Kourai and Hideaki Nagamune : Structural Analysis of a Human Specific Cytolysin Intermedilysin from Streptococcus intermedius UNS46, 18th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, (巻), (号), (頁), Birmingham, UK, July 2000..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Takatsugu Goto, Robert A. Whiley, Takuya Maeda, Yasuko Inai, Ohki Ohnishi, Kazuto Ohkura, Jeremy M. Hardie and Hiroki Kourai : Structural and epidemiological characterization of a human-specific cytolysin, intermedilysin: A potentially significant virulence factor in Streptococcus intermedius infections, XIV Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases; In "Streptococci and Streptococcal Diseases"(D. R. Martin, J. R. Tagg, eds.), (巻), (号), 737-740, Auckland, Sep. 2000..[著者] ...
閲覧 Munehiro Yoshida, Takuya Maeda, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune, Kensei Kunikata, Hiroshi Tsuchiya, Tetsuto Namba and Hiroki Kourai : Synthesis and Antimicrobial Characteristics of N,N'-Hexamethylenebis(4-carbamoyl-1-decylpyridinium bromide), Biocontrol Science, Vol.5, No.2, 65-71, 2000..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村田 広美, 大倉 一人, 長宗 秀明, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : レンサ球菌のヒストン様蛋白質の構造解析, 第53回日本細菌学会中国・四国支部総会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 松田 佳子, 辻 明彦, 長宗 秀明 : タンパク質と核酸の分離精製·基礎と実験(共著), 株式会社 廣川書店, 東京, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 石田 寿昌, 石野 良純, 長宗 秀明, 岡本 敬の介, 梶本 和昭, 加藤 郁之進, 金保 安則, 河野 通明, 小池 晴彦, 佐藤 真悟, 鮫島 勇次, 篠原 康雄, 辻 明彦, 寺田 弘, 富田 基郎, 友尾 幸司, 野沢 義則, 野元 裕, 濱崎 直孝, 日野 真美, 平松 宏一, 藤井 敏, 藤井 儀夫, 洪 英満, 松田 佳子, 森 秀治, 山崎 尚志, 山本 格, 若原 章男 : タンパク質と核酸の分離精製, 株式会社 廣川書店, 東京, 2001年6月..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明 : 蛋白質を濃縮するために, 株式会社 廣川書店, 東京, 2001年6月..[著者] ...
閲覧 Munehiro Yoshida, Takuya Maeda, Kiyo Okazaki, Hideaki Nagamune, Kensei Kunikata, Hiroshi Tsuchiya, Tetsuto Namba and Hiroki Kourai : Synthesis of 4,4'-(Tetramethylenedicarbonyldiamino)bis(1-decylpyridinium bromide) and Its Antimicrobial and Deodorant Characteristics, Biocontrol Science, Vol.6, No.2, 75-80, 2001..[著者] ...
閲覧 Marion G. Macey, Robert A. Whiley, L. Miller and Hideaki Nagamune : Effect on Polymorphonuclear Cell Function of a Human-Specific Cytotoxin, Intermedilysin, Expressed by Streptococcus intermedius, Infection and Immunity, Vol.69, No.10, 6102-6109, 2001..[著者] ...
閲覧 Takatsugu Goto, Hideaki Nagamune, Aiko Miyazaki, Yoshiaki Kawamura, Ooki Ohnishi, Kanako Hattori, Kazuto Ohkura, Kazuaki Miyamoto, Shigeru Akimoto, Takayuki Ezaki, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Rapid identification of Streptococcus intermedius by PCR with the ily gene as a species marker gene, Journal of Medical Microbiology, Vol.51, No.2, 178-186, 2002..[著者] ...
閲覧 Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Keiji Murakami, Masayoshi Yamada, Hideaki Nakae, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo : Molecular analysis of histone-like protein from Streptococcus intermedius, 80th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), San Diego(USA), March 2002..[著者] ...
閲覧 湯本 浩通, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 大倉 一人, 村上 圭史, 山田 真義, 中江 英明, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermedius hitone-like proteinをコードする遺伝子のクローニングと発現, 第75回日本細菌学会総会, (巻), (号), (頁), 2002年4月..[著者] ...
閲覧 Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Ichiro Hara, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and antimicrobial characteristics of 4,4',4''-(1,2,3-propylene trithio)tris(1-alkylpyridinium iodide)s, Biocontrol Science, Vol.7, No.2, 55-61, 2002..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Characterization of Pseudomonas aeruginosa Resistant to a Quaternary Ammonium Compound, Biocontrol Science, Vol.7, No.3, 147-153, 2002..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : The Properties of Bacterial Adaptation to Mono-and Bis-Quaternary Ammonium Compounds, Biocontrol Science, Vol.8, No.1, 37-42, 2003..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Daxin Zhang, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Microbial Contamination in Home Laundry Operations in Japan, Biocontrol Science, Vol.8, No.1, 9-18, 2003..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明, 松木 均 : 遺伝子治療及び癌の免疫療法への応用に向けての細胞膜機能改変技術の開発, 徳島大学工学部研究報告, Vol.48, (号), 83-89, 2003年1月..[著者] ...
閲覧 Daxin Zhang, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Bactericidal Action of a Bis-quaternary Ammonium Compound against Vegetative Cells and Spores of Bacillus subtilis, Biocontrol Science, Vol.8, No.3, 101-110, 2003..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明, 前田 拓也, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : 第四アンモニウム塩系消毒剤に対する緑膿菌の耐性化機構:外膜タンパク質QRP01の関与, 日本細菌学会 第76回総会, (巻), (号), (頁), 2003年4月..[著者] ...
閲覧 助野 晃子, 長宗 秀明, 大倉 一人, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : S. intermediusが分泌するインターメディリシンの宿主標的細胞モデルに及ぼす影響, 日本細菌学会 第76回総会, 2003年4月..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明, 榊原 恵美子, 田端 厚之, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 第四アンモニウム塩系消毒剤に対する緑膿菌の耐性化には外膜蛋白質OryRが関与している, 日本防菌防黴学会 第30回年次大会, (巻), (号), (頁), 2003年5月..[著者] ...
閲覧 前田 拓也, 怡土 大志, 田中 伸吾, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 第四アンモニウム塩系薬剤のアルキル鎖長と大腸菌の薬剤耐性化の関連性, 日本防菌防黴学会 第30回年次大会, (巻), (号), (頁), 2003年5月..[著者] ...
閲覧 小林 菜穂子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ペプチド系抗菌物質の分子設計, 日本防菌防黴学会 第30回年次大会, (巻), (号), (頁), 2003年5月..[著者] ...
閲覧 周 飛, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ピぺラジン環を含有るするビス型四級アンモニウム塩の合成と殺菌特性, 日本防菌防黴学会 第30回年次大会, (巻), (号), (頁), 2003年5月..[著者] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Keiko Yamamoto, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Analysis of Structural Features of Bis-Quaternary Ammonium Antimicrobial Agents 4,4'-(α,ω-Polymethylenedithio)bis(1-alkylpyridinium Iodide)s Using Computational Simulation, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.11, No.23, 5035-5043, 2003..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai : Correlation between resistance of Pseudomonas aeruginosa to quaternary ammonium compounds and expression of outer membrane protein OprR, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.47, No.7, 2093-2099, 2003..[著者] ...
閲覧 Tomoko Sumitomo, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Kinetic Analysis of the Bactericidal Action of a Bis-quaternary Ammonium Compound against Escherichia coli, Biocontrol Science, Vol.8, No.4, 145-149, 2003..[著者] ...
閲覧 Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Ichiro Hara, Azumi Yoshinari, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Antimicrobial characteristics of bis-quaternary ammonium compounds possessing a p-phenylene group in their spacer chains, Biocontrol Science, Vol.8, No.4, 151--157, 2003..[著者] ...
閲覧 Fei Zhou, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and Antimicrobial Characteristics of Novel Antimicrobial Agent,1,4-Dialky-1,4-dihydroxyethylpiperadinium Diiodides Immobilized on Inorganic Materials, Biocontrol Science, Vol.8, No.4, 167-175, 2003..[著者] ...
閲覧 Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Identification of the anginosus group within the genus Streptococcus using polymerase chain reaction, FEMS Microbiology Letters, Vol.233, No.1, 83-89, 2004..[著者] ...
閲覧 榊原 恵美子, 長宗 秀明, 村上 圭史, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : 緑膿菌外膜タンパク質OprRの抗生物質感受性への関与, 日本細菌学会 第77回総会, (巻), (号), (頁), 2004年4月..[著者] ...
閲覧 助野 晃子, 長宗 秀明, 弘田 克彦, 大倉 一人, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : インターメディリシンはS. intermediusがHepG2細胞に侵入する際に必要不可欠な因子である, 日本細菌学会 第77回総会, (巻), (号), (頁), 2004年4月..[著者] ...
閲覧 Tomoko Sumitomo, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Bacterioclastic Action of a Bis-Quaternary Ammonium Compound against Escherichia coli, Biocontrol Science, Vol.9, No.1,2, 1-9, 2004..[著者] ...
閲覧 住友 倫子, 長宗 秀明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : ビス型第四級アンモニウム塩系薬剤の細胞破壊作用とOmpEの関連性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-8, (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 野々下 理絵, 小林 菜穂子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ペプチド系抗菌物質の殺菌機構, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-9, (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 山口 文子, 住友 倫子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ビス型第四級アンモニウム塩系薬剤の殺菌メカニズム, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-10, (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 前田 拓也, 吉田 あゆみ, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : セラチアの殺菌消毒剤耐性化に関する検討, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-11, (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 Ryoko Buma, Takuya Maeda, Yuko Marutaka, Masaharu Kamei, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Vectorial capacity of larvae pupae and adult of housefly (Musca domestica) for Escherichia coli 0157:H7 and the possibility of transmission from source to human, Medical Entomology and Zoology, Vol.55, No.2, 95-106, 2004..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Graeme Cowan, Timothy J. Mitchell, Wataru Ito, Ooki Ohnishi, Kanako Hattori, Miki Yamato, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : The human-specific action of intermedilysin, a homolog of streptolysin O, is dictated by domain 4 of the protein., Microbiology and Immunology, Vol.48, No.9, 677-692, 2004..[著者] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Structural analysis of human specific cytolysin intermedilysin aiming application to cancer immunotherapy, Anticancer Research, Vol.24, No.5C, 3343-3354, 2004..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Kazunori Umezu, Hidekatsu Shouji and Hiroki Kourai : A cell membrane modification technique using domain 4 of intermedilysin for immunotherapy against cancer, Anticancer Research, Vol.24, No.5, 3367-3372, 2004..[著者] ...
閲覧 Zhou Fei, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and antimicrobial characteristics of novel biocides, 1,1'-(decanedioyl)bis(4-methyl-4-alkylpiperadinium iodide)s with a gemini structure, Biocontrol Science, Vol.9, No.3, 61-67, 2004..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Hisashi Ohkuni, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor secreted by an isolate from a Kawasaki disease patient is a unique member of cholesterol-dependent cytolysin, The 5th Workshop on Pore-forming Toxins, (巻), (号), (頁), Mainz, Germany, Oct. 2004..[著者] ...
閲覧 Graeme Cowan, Hideaki Nagamune and Timothy Mitchell : The human-specificity of intermedilysin is determined by the last 56 residues of domain 4, The 5th Workshop on Pore-forming Toxins, (巻), (号), (頁), Mainz, Germany, Oct. 2004..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 助野 晃子, 長宗 秀明, 菊池 賢, 戸塚 恭一, 三宅 洋一郎 : 抗Streptococcus intermedius HU型ヒストン様タンパク質抗体のHepG2細胞内ミトコンドリアとの反応性, 第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 野々宮 正晃, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : Carbamate結合を有するgemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 吉成 安純, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 住友 倫子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ビス型第四アンモニウム塩系殺菌剤の殺菌メカニズムの解明, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 渡辺 裕子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : セラチアの殺菌消毒剤耐性化機構の解明, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 唐木 真理, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 : ポリリジンの抗菌特性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 浜川 智江, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 曽田 勇作 : 塵埃に付着した浮遊細菌に対する銀担持抗菌フィルターの殺菌評価, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 Tadao Yabuhara, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and Antimicrobial Characteristics of a Novel Biocide,4,4'-(1,6-Dioxyhexamethylene)bis-(1-alkylpyridinium halide), Biocontrol Science, Vol.9, No.4, 95-103, 2004..[著者] ...
閲覧 Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina and Hiroki Kourai : Biological and physicochemical properties of gemini quaternary ammonium compounds in which the positions of a cross-linking sulfur in the spacer differ, European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.40, No.1, 113-123, 2005..[著者] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Bridge-linked bis-quaternary ammonium anti-microbial agents: relationship between cytotoxicity and anti-bacterial activity of 5,5'-[2,2'-(tetramethylenedicarbonyldioxy)diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazonium iodide)s, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.13, No.7, 2579-2587, 2005..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura and Hisashi Ohkuni : Molecular bases of group A streptococcal pyrogenic exotoxin B, Journal of Infection and Chemotherapy, Vol.11, No.1, 1-8, Feb. 2005..[著者] ...
閲覧 Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : The hyaluronate lyase in Streptococcus intermedius and Streptococcus constellatus: A putative virulence factor, Recent Research Development in Microbiology, Vol.9, (号), 81-96, Feb. 2005..[著者] ...
閲覧 松木 均, 長宗 秀明, 金品 昌志, 上田 一作 : 蛍光プローブ特異的モノクローナル抗体への長鎖両親媒性リガンドの阻害様式, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 35-38, 2005年..[著者] ...
閲覧 石田 巧, 長宗 秀明, 大倉 一人, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : インターメディリシンに対する単クローン抗体の作成とその性質, 日本細菌学会 第78回総会, (巻), (号), (頁), 2005年4月..[著者] ...
閲覧 犬伏 晃子, 長宗 秀明, 大倉 一人, 関矢 加智子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : インターメディリシンとその受容体の結合に及ぼすコレステロールの影響, 日本細菌学会 第78回総会, (巻), (号), (頁), 2005年4月..[著者] ...
閲覧 Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai : Intermedilysin Is Essential for the Invasion of Hepatoma HepG2 Cells by Streptococcus intermedius, Microbiology and Immunology, Vol.49, No.7, 681-694, 2005..[著者] ...
閲覧 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規ビス型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規ビス型第四アンモニウム塩の抗菌活性とその溶血活性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 浅田 舞子, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺カビ特性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 栗本 麻友子, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : Saccharomycesに対するビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌特性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 吉成 安純, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型第四アンモニウム塩殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 森 孝, 阪口 浩士, 鬼塚 浩明, 辻 正光 : 人工バイオフィルムの構築とその定量的評価方法に関する検討, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 板東 一宏, 米本 謙悟 : 銀系抗菌材のトマト養液栽培病原菌に対する殺菌効果, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 住友 倫子, 白井 昭博, 長宗 秀明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : ビス型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌メカニズムの解明, 日本防菌防黴学会 第32回年次大会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoke, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai : Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius, XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, (号), 262-266, Palm cove, Australia, Sep. 2005..[著者] ...
閲覧 Oheni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Dali Liu, Sizuo Kayama, Keiji Murakami, Ken Kikuchi, Kyoichi Totsuka, Hideaki Nagamune and Yoichiro Miyake : The Mechanism of Bile Epithelium Cell Death Under the Stimulation of Streptococcus Intermedius Cytolysin, 第58回 日本細菌学会中国・四国支部総会, (巻), (号), (頁), Oct. 2005..[著者] ...
閲覧 渡辺 裕子, 住友 倫子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : セラチアの殺菌消毒剤耐性化機構, 日本防菌防黴学会, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Takuya Maeda, Shingo Tanaka, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Characterization and Protein Analysis of Escherichia coli Resistant to a Quaternary Ammonium Compound, Biocontrol Science, Vol.10, No.4, 139-145, 2005..[著者] ...
閲覧 Hisashi Ohkuni, Yuko Todome, Hidemi Takahashi, Hideaki Nagamune, Jun Abe, Hiroki Ohtsuka and Hisashi Hatakeyama : Antibody titers to Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor (Sm-hPAF) in the sera of patients with Kawasaki disease, Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, (号), 71-74, 2006..[著者] ...
閲覧 Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Hyaluronate lyase and sialidase in the anginosus streptococci: As the putative virulence factors, Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, (号), 231-234, 2006..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius, Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, (号), 262-266, 2006..[著者] ...
閲覧 Kiyo Okazaki, Munehiro Yoshida, Mari Mayama, Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Antifungal characteristics of N,N'-hexamethylenebis (4-carbamoyl-1-decylpyridinium bromide), Biocontrol Science, Vol.11, No.1, 37-42, 2006..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 高屋 明子, 長宗 秀明, 山本 友子 : 腸管出血性大腸菌ClpXPプロテアーゼによるLEE pathogenic island 発現制御機構の解, 第79回日本細菌学会総会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 小南 章, 友安 俊文, 福島 江, 長宗 秀明 : ヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の遺伝学的解析, 第79回日本細菌学会総会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 壽士, 大倉 一人, 長宗 秀明 : インターメディリシン及びそのホモローグの受容体認識部位の解析, 第79回日本細菌学会総会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 Hisashi Ohkuni, Yuko Todome, Hidemi Takahashi, Hideaki Nagamune, Jun Abe, Hiroki Ohtsuka and Hiroshi Hatakeyama : Antibody titers to Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor (Sm-hPAF) in the sera of patients with Kawasaki disease, XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, (号), 71-74, Palm cove, Australia, April 2006..[著者] ...
閲覧 Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Hyaluronate lyase and sialidase in the Anginosus streptococci:Putative virulence factor, XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, (号), 231-234, Palm cove, Australia, April 2006..[著者] ...
閲覧 Hiroki Kourai, Tadao Yabuhara, Akihiro Shirai, Takuya Maeda and Hideaki Nagamune : Syntheses and antimicrobial activities of series of new bis-quaternary ammonium compounds, European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.41, No.4, 437-444, 2006..[著者] ...
閲覧 Akihiro Shirai, Tomoko Sumitomo, Munehiro Yoshida, Tomoyo Kaimura, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Synthesis and biological properties of gemini quaternary ammonium compounds,5,5'-[2,2'-(α,ω-polymethylnedicarbonyldioxy)diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazolium iodide) and 5,5'- [2,2'-(ρ-phenylenedicarbonyldioxy)diethyl] bis(3-alkyl-4-methylthiazolium bromide), Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.5, 639-645, 2006..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Small heat shock protein ``AgsA'' suppresses aggregation of heat denatured proteins., 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, June 2006..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Akiko Inubushi, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Immunochemical analysis of a human specific cytolysin, intermedilysin, for elucidation of its mode of action to human cells, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, June 2006..[著者] ...
閲覧 Tomoko Sumitomo, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Correlation between the Bacterioclastic Action of a Bis-quaternary Ammonium Compound and Outer Membrane Proteins, Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 115-124, 2006..[著者] ...
閲覧 Tomoko Sumitomo, Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Construction of a leftover bath water model for microbial testing, Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 107-114, 2006..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによるlamin B1の異所性表出, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[著者] ...
閲覧 福島 江, 田端 厚之, 友安 俊文, 大倉 一人, 大国 壽士, 長宗 秀明 : Sm-hPAFの受容体多様性:コレステロール依存性細胞溶解毒素の分子進化, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 腸管出血性大腸菌(EHEC)のLEE領域発現制御機構の解析, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Hitoshi Hori and Hideaki Nagamune : Molecular dynamics of human-specific cytolysin: analysis of membrane binding motif for therapeutic application, Anticancer Research, Vol.26, No.6A, 4055-4062, 2006..[著者] ...
閲覧 松木 均, 入砂 久美子, 坂本 弥生, 長宗 秀明, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第14章 高圧力下におけるFITC特異的モノクローナル抗体の熱力学的キャラクタリゼーション ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月..[著者] ...
閲覧 Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The mechanisms of Intermedilysin to induce cell death on HepG2 and HuCCT1 cell lines, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, March 2007..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによる培養ヒト胆管上皮細胞核膜抗原の異所性表出, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 間世田 英明, 小中 瑠実, 長宗 秀明, 住友 倫子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : Serratia marcescens の消毒剤および抗生物質に対する耐性機構の解明, 日本細菌学会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 今木 英統, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : GrlR,GrlAによる腸管出血性大腸菌(EHEC)のLEE領域発現制御機構の解析, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 三好 宗一郎, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 細胞溶解毒素インターメディリシンのヒト細胞特異的感染因子としての役割, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 廣島 理樹, 石田 俊輔, 小南 章, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusの病原性発現調節機構の解析, 第16回Lancefieldレンサ球菌研究会, 2007年6月..[著者] ...
閲覧 高麗 寛紀, 長宗 秀明 : 高機能性ジェミニ型殺菌剤の分子設計, 神戸学院大学ライフサイエンス産業連携研究センター研究成果発表会, 2007年8月..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Function of DnaK in Streptococcus intermedius, Cell Stress Society International, Budapest, Aug. 2007..[著者] ...
閲覧 Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : Intermedilysin induces cell death in HepG2 cells, 21st International Association for Dental Research - South East Asia Division, Bali, Indonesia, Sep. 2007..[著者] ...
閲覧 Kachiko Sekiya, Takumi Akagi, Kiyoko Tatsuta, Eriko Sakakura, Tsutomu Hashikawa, Akio Abe and Hideaki Nagamune : Ultrastructural analysis of the membrane insertion of domain 3 of streptolysin O, Microbes and Infection, Vol.9, No.11, 1341-1350, 2007..[著者] ...
閲覧 関矢 加智子, 赤木 巧, 龍田 季代子, 端川 勉, 安部 章夫, 長宗 秀明 : ストレプトリジンOによる溶血機構の超微形態学的解析, 第54回毒素シンポジウム, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 西木 一生, 内山 成人, 上野 友美, 只野 健太郎, 長宗 秀明, 吉田 照豊 : 日本の海産魚類由来Lactococcus garvieaeとその他種由来株の遺伝疫学に関する研究, 第4回日本魚病学会, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Motoaki Ohkita, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Antibacterial activity and characteristics of modified ferrite powder coated with a gemini pyridinium salt molecule, Biocontrol Science, Vol.12, No.3, 83-91, 2007..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 助野 晃子, 弘田 克彦, 友安 俊文, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が分泌する細胞溶解毒素インターメディリシンが関与するヒト細胞特異的な感染現象, 第54回毒素シンポジウム, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 篠原 由樹, 石田 巧, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの分子間相互作用部位の解析, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, Susilowati Heni, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死の分子機構の解明, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月..[著者] ...
閲覧 Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : NFAT1 activation in intermedilysin-induced human cholangiocellular carcinoma cell HuCCT1, The 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 東 俊介, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 腸管出血性大腸菌のGrlAによるLEE1オペロンの新規発現調節機構, 第30回日本分子生物学会年会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 廣島 理樹, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが生産するヒト特異的細胞溶解毒素インターメディシンの発現調節, 第80回日本生化学会大会-第30回日本分子生物学会年会合同大会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 福島 江, 助野 晃子, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 細菌感染反応場としてのヒト型CD59:ヒト細胞指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体及びStreptococcus intermedius感染の宿主側トリガー因子としての役割, 第80回日本生化学会大会-第30回日本分子生物学会年会合同大会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 Dali Liu, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Kanako Takahashi, Kouji Hirao, Takashi Matsuo, Kazuto Ohkura, Hideaki Nagamune and Yoichiro Miyake : Histone-like DNA binding protein of Streptococcus intermedius induces the expression of pro-inflammatory cytokines in human monocytes via action of ERK1/2 and JNK pathways, Cellular Microbiology, Vol.10, No.1, 262-276, 2008..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 連鎖球菌(S. intermedius)ClpP破壊株の作成とその表現型の解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される非アポトーシス型細胞死と細胞内Ca2+濃度の変動, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 大国 寿士, 留目 優子, 高橋 秀実, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis由来ヒト血小板凝集因子(Sm-hPAF)に関する研究, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 関矢 加智子, 安部 章夫, 長宗 秀明 : 溶血毒素ストレプトリジンOのドメイン3の膜貫入による溶血機構の超微形態学的解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明, 友安 俊文, 田端 厚之 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節の遺伝学的解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 三好 宗一郎, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 宿主細胞膜構造がStreptococcus intermediusのヒト細胞感染に及ぼす影響, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : The essentiality and involvement of Streptococcus intermedius histone-like DNA-binding protein in bacterial viability and normal growth, Molecular Microbiology, Vol.68, No.5, 1268-1282, 2008..[著者] ...
閲覧 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシン(ILY)の膜孔形成に関わる部分構造に関する解析, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 石川 洋子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : サルモネラ属細菌が保有する小型分子シャペロンAgsAの機能解析, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Shizuka Saito, Eriko Sakakura, Yuki Shinohara, Soichiro Miyoshi, Kou Fukushima, Toshifumi Tomoyasu, Hisashi Ohkuni and Hideaki Nagamune : Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor is a novel type of cholesterol-dependent cytolysin that recognizes dual receptors, cholesterol and human CD59., XVII Lancefield International Symposium on Streptococci & Streptococcal Diseases, Porto Heli, Greece, June 2008..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明 : アンギノーサス群連鎖球菌の病原因子, 日本細菌学雑誌, Vol.63, No.2-4, 425-435, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 Hiromichi Yumoto, Liu Dali, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Gene-regulatory and Physiological Functions of Histone-like Protein from Streptococci, 86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Toronto (Canada), July 2008..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, Heni Susilowati, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死, 第17回Lancefielfレンサ球菌研究会 2008, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 齋藤 静香, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 山本 泰裕, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : ヒトCD59指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識特性に関する検討, 第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 廣島 理樹, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の解析, 第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 連鎖球菌属が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識における多様性, 第2回 細菌学若手コロッセウム, (巻), (号), (頁), 2008年8月..[著者] ...
閲覧 三好 宗一郎, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのヒト細胞感染現象におけるインターメディリシンと宿主細胞膜構造の役割, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 齋藤 静香, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール及びヒト型CD59を受容体とするCholesterol-dependent cytolysin:Sm-hPAFのコレステロール認識特性に関する検討, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死とgp210の細胞内分布の変動, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月..[著者] ...
閲覧 Shuntaro Ito, Hideaki Nagamune, Haruki Tamura and Yasuo Yoshida : Identification and molecular analysis of betaC-S lyase producing hydrogen sulfide in Streptococcus intermedius., Journal of Medical Microbiology, Vol.57, No.11, 1411-1419, 2008..[著者] ...
閲覧 Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The molecular mechanism for Streptococcus intermedius intermedilysin-induced cell death inhuman cholangiocellular carcinoma cells, International Joint Symposium Frontier in Biomedical Sciences: From Genes to Applications, Yogyakarta, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシンの膜孔形成に関与する分子構造の解析, 第120回徳島生物学会, 2008年11月..[著者] ...
閲覧 石川 洋子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : サルモネラ属細菌が保有する小型分子シャペロンAgsAのN末端とC末端領域の機能解析, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 廣島 理樹, 友安 俊文, 小南 章, 田端 厚之, 菊池 賢, 佐々木 崇, 馬場 理, 平松 啓一, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが保有するヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンをコードするily遺伝子のプロモーター領域の解析, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 坂倉 永里子, 田端 厚之, 齋藤 静香, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 癌標的化毒素を用いた癌療法のための効果的DDSの開発, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 齋藤 静香, 田端 厚之, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 垣口 貴沙, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識特性に関する検討, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 伊藤 真理, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株のバイオフィルム形成におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構とrpoS遺伝子がofloxacin抵抗性に及ぼす影響について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構に関する研究 ∼蛍光染色法による解析∼, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株の付着表現型におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される小胞体異常とgp210の細胞内分布の変動, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptooccus intermediusのストレス誘導型シャペロンDnaKの機能解析, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 金 惠珍, 友安 俊文, 田端 厚之, 菅井 基行, 赤松 優, 長宗 秀明 : 融合PCRイムノクロマトグラフィーによる迅速細菌検査, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシン(ILY)の膜孔形成を誘導する構造変化領域の解析, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 菊池 賢, 佐々木 崇, 馬場 理, 平松 啓一, 長宗 秀明 : カタボライト抑制因子CcpAによるヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の解析, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 篠原 由樹, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの分子間相互作用に寄与する部分構造の解析, 第50回日本生化学会中国・四国支部例会, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 篠原 由樹, 鈴木 圭祐, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの膜孔形成に携わる分子構造と機能に関する解析, 第18回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 廣島 理樹, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのily発現調節機構の解析, 第18回 Lancefield レンサ球菌研究会, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 菊池 賢, 佐々木 崇, 馬場 理, 平松 啓一, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが産生するヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の解析, 第56回トキシンシンポジウム, 106-109, 2009年8月..[著者] ...
閲覧 白井 昭博, 上田 昭子, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩の殺菌機構, 神戸学院大学ライフサイエンス産業連携研究センター研究成果発表会, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 鈴木 圭祐, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 標的細胞膜構造がコレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識多様性に及ぼす影響, 若手研究者育成のためのワークショップ 若手コロセウム(III), 2009年10月..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Functions of DnaK chaperone system in Streptococcus intermedius, Cell Stress Society International, Sapporo, Oct. 2009..[著者] ...
閲覧 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌のcyclic-di-GMPと表現型変化の関与について, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 伊藤 貴洋, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 蛍光性Streptococcus intermedius株の作製, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 鈴木 圭祐, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 多様な受容体認識性を示すコレステロール依存性細胞溶解毒素の細胞膜構造に依存した作用特性, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的細胞溶解毒素の膜貫入領域が膜孔形成反応において果たす機能の解析, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 三好 宗一郎, 天河 崇, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 脂質ラフトを反応場とするStreptococcus intermediusのヒト細胞感染機構, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : Nuclear Translocation of NF-kB induced by Streptococcus intermedius intermedilysin, International Conference of Indonesian Society for Microbiology: Recent advances of Microbiology in Health, Agriculture, Bioindustry, (巻), (号), (頁), Surabayai, Nov. 2009..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 金 惠珍, 友安 俊文, 高麗 寛紀, 澤田 千恵子, 下野 生世, 菅井 基行, 赤松 優, 長宗 秀明 : 融合PCRイムノクロマトグラフィーによる迅速微生物検査系の構築, 日本防菌防黴学会 2009年度若手の会, 2009年12月..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Dissection of the chaperone function of the small heat shock protein AgsA, 第32回日本分子生物学会年会, Dec. 2009..[著者] ...
閲覧 Makoto Nishimoto, Tohru Morimitsu, Nobutake Tamai, Shoji Kaneshina, Hideaki Nagamune and Hitoshi Matsuki : Inhibition of anti-fluorescent probe monoclonal antibody by long-chain amphiphiles, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.75, No.1, 80-87, 2010..[著者] ...
閲覧 Ikuko Haruta, Ken Kikuchi, Etsuko Hashimoto, Minoru Nakamura, Hiroshi Miyakawa, Katsuhiko Hirota, Noriyuki Shibata, Hidehito Kato, Yutaka Arimura, Yoichiro Kato, Takehiko Uchiyama, Hideaki Nagamune, Makio Kobayashi, Yoichiro Miyake, Keiko Shiratori and Junji Yagi : Long-term bacterial exposure can trigger nonsuppurative destructive cholangitis associated with multifocal epithelial inflammation., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.90, No.4, 577-588, 2010..[著者] ...
閲覧 Makoto Nishimoto, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hideaki Nagamune, Shoji Kaneshina and Hitoshi Matsuki : Effect of pressure on interactions of anti-fluorescent probe monoclonal antibody with a ligand and inhibitors, Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 12157, Bristol, March 2010..[著者] ...
閲覧 山本 泰裕, 田端 厚之, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明, 大國 寿士 : 2種類のコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子を持つ新奇Streptococcus mitis株の解析, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌QS Las-systemとシグマ因子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響について, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius dnaK破壊相補株の表現型の解析, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 今木 英統, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius ccpA破壊株とcre変異株の細胞毒性の解析, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 鈴木 圭祐, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細胞膜構造に依存したインターメディリシンの作用特性, 第51回日本生化学会中国・四国支部例会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Investigation of the chaperone function of the small heat shock protein AgsA., BMC Biochemistry, Vol.11, 27, 2010..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 山本 泰裕, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 2種のコレステロール依存性細胞溶解毒素を産生する川崎病患児由来Streptococcus mitis Nm-65株の病原性に関する検討, 第19回Lancefieldレンサ球菌研究会, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 岡本 歩, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ラクトースリプレッサーLacRによるインターメディリシン遺伝子の発現抑制, 第19回Lancefieldレンサ球菌研究会, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata, Hiroshima Riki, Imaki Hidenori, Masuda Sachiko, Whiley A. Robert, Aduse-Opoku Joseph, Kikuchi Ken, Hiramatsu Keiichi and Hideaki Nagamune : Role of catabolite control protein A in the regulation of intermedilysin production by Streptococcus intermedius., Infection and Immunity, Vol.78, No.9, 4012-4021, 2010..[著者] ...
閲覧 山本 泰裕, 田端 厚之, 友安 俊文, 弘田 克彦, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 川崎病患児由来Streptococcus mitis Nm-65株が産生する2種類のコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子の発現とその病原性への寄与, 第57回トキシンシンポジウム, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 増田 早智子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 血液成分によるily遺伝子の発現調節, 第63回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 中野 晃太, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus anginosusが保有する細胞傷害因子に関する検討, 第63回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Sialidase of Streptococcus intermedius: a putative virulence factor modifying sugar chains, Microbiology and Immunology, Vol.54, No.10, 584-595, 2010..[著者] ...
閲覧 村田 貴洋, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素による宿主細胞の応答反応の検討, 第125回徳島生物学会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 田村 仁人, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細菌由来タンパク質をベースとしたDDSツールの開発-標的細胞に対する選択的送達能に関する検討-, 第125回徳島生物学会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 山本 泰裕, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 2種のコレステロール依存性細胞溶解毒素を産生するStreptococcus mitis Nm-65株の細胞障害性に関する検討, 第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : カタボライト抑制因子CcpAによるStreptococcus intermediusのヒト特異的細胞溶解毒素intermedilysinの発現調節, 第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 Heni Susilowati, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Masayuki Shono, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : Intermedilysin induces EGR-1 expression through calcineurin/NFAT pathway in human cholangiocellular carcinoma cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.404, No.1, 57-61, 2011..[著者] ...
閲覧 長宗 秀明 : 連鎖球菌が持つコレステロール依存性細胞溶解毒素, 第20回Lancefieldレンサ球菌研究会/第43回レンサ球菌感染症研究会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 中野 晃太, 友安 俊文, 長宗 秀明 : アンギノーサス群連鎖球菌が保有する溶血因子の探索, 第20回Lancefieldレンサ球菌研究会/第43回レンサ球菌感染症研究会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 増田 早智子, 田端 厚之, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素intermedilysinの発現調節因子がStreptococcus intermediusの病原性に果たす役割の解析, 第58回 トキシンシンポジウム, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 中野 晃太, 友安 俊文, 長宗 秀明 : アンギノーサス群連鎖球菌が保有する溶血因子に関する検討, 第5回 細菌学若手コロッセウム, 2011年8月..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Sachiko Masuda, Hidenori Imaki, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Genetic screening of ily expression control factors in Streptococcus intermedius, XVIII Lancefield International Symposium, Palermo, Italy, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Yasuhiro Yamamoto, Ayuko Takao, Toshifumi Tomoyasu, Ayako Nakayama, Nobuko Maeda, Hisashi Ohkuni and Hideaki Nagamune : Investigation of pathogenic properties of cholesterol-dependent cytolysin producing Streptococcus mitis, XVIII Lancefield International Symposium, Palermo, Italy, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Hidenori Imaki, Toshifumi Tomoyasu, Sachiko Masuda, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Molecular and phenotypic analysis of mutants of ily expressional control factors in Streptococcus intermedius, IUMS 2011 Sapporo Congress, Palermo, Italy, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Kota Nakano, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Investigation of the novel cytotoxic factor secreted from streptococcus anginosus, IUMS 2011 Sapporo Congress, Sapporo, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Nishikawa, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu, Momoyo Azuma, Yasuhiko Nishioka, Saburo Sone and Hideaki Nagamune : Triple fusion PCR immunochromatography for a rapid and simple diagnosis of penicillin-resistant Streptococcus pneumoniae, IUMS 2011 Sapporo Congress, Sapporo, Japan, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Competence-specific sigma factor genes in the anginosus streptococci, IUMS 2011 Sapporo Congress, Sapporo, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 岡久 奈緒美, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : キノコβ-グルカンによるマクロファージ様THP-1の活性化作用, 第84回 日本生化学会大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 大久保 行将, 田端 厚之, 田村 仁人, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細胞標的化キメラ細菌毒素を用いた新規DDSツールの開発, 第84回 日本生化学会大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 今木 英統, 友安 俊文, 増田 早智子, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのily発現調節因子の探索, 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 中野 晃太, 田端 厚之, 友安 俊文, 大倉 一人, 菊池 賢, 平松 啓一, 長宗 秀明 : β溶血性Streptococcus anginosusで見出された新規ペプチド性溶血因子, 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが保有するDnaKシャペロンシステムの機能解析, 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 膜孔形成性キメラ毒素の新規DDSツールとしての応用性に関する検討, 第15回 バイオ治療法研究会学術集会, 2011年12月..[著者] ...
閲覧 福居 孝之, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の膜孔形成反応における分子動態の解析, 第127回 徳島生物学会, 2011年12月..[著者] ...
閲覧 Hisashi Ohkuni, Hideaki Nagamune, Nana Ozaki, Atsushi Tabata, Yuko Todome, Yukino Watanabe, Hidemi Takahashi, Kazuto Ohkura, Hiroki Kourai, Hiromi Ohtsuka, Vincent A. Fischetti and John B. Zabriskie : Characterization of recombinant Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor, APMIS, Vol.120, No.1, 56-71, 2012..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata, Hidenori Imaki, Keigo Tsuruno, Aya Miyazaki, Kenji Sonomoto, Robert Whiley and Hideaki Nagamune : Role of Streptococcus intermedius DnaK chaperone system in stress tolerance and pathogenicity, Cell Stress & Chaperones, Vol.17, No.1, 41-55, 2012..[著者] ...
閲覧 高尾 亞由子, 長宗 秀明, 前田 伸子 : Streptococcus intermediusの生育に対するcomX遺伝子欠失の影響, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 中野 晃太, 友安 俊文, 大倉 一人, 菊池 賢, 長宗 秀明 : TOMM family peptides decide the hemolytic character of Streptococcus anginosus, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 今木 英統, 友安 俊文, 増田 早智子, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ILYを高産生するStreptococcus intermediusの臨床分離株の多くがLacRに変異を持つ, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : グラム陽性菌と陰性菌のコシャペロンによるDnaK活性化機構の比較, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Yukimasa Ohkubo, Eriko Sakakura, Toshifumi Tomoyasu, Kazuto Ohkura and Hideaki Nagamune : Investigation of a Bacterial Pore-forming Chimera Toxin for Application as a Novel Drug-delivery System Tool, Anticancer Research, Vol.32, No.6, 2323-2330, 2012..[著者] ...
閲覧 金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 : エストロゲン作用物質が示す骨芽細胞の分化促進作用, 第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Yuki Kawaguchi, Atsushi Tabata, Atsushi Yamamoto, Yasuo Shinohara, Hideaki Nagamune and Hitoshi Hori : Molecular Profiles of Cholesterol-dependent Cytolysin Family-derived 11mer Regions, Anticancer Research, Vol.32, No.6, 2343-2346, 2012..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 野上 明日香, 竹田 望, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子を保有するStreptococcus mitis株の毒素産生特性とヒト細胞障害性, 第21回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 今木 英統, 友安 俊文, 増田 早智子, 田端 厚之, 長宗 秀明 : LacRはStreptococcus intermediusのily発現の主要な制御因子である, 第21回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 長宗 秀明 : Effect of Equol, an Enterobacterial Metabolite of Soybean Isoflavones on Osteoblast Differentiation., 第16回腸内細菌学会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 中野 晃太, 大倉 一人, 友安 俊文, 菊池 賢, 長宗 秀明 : β溶血性Streptococcus anginosusが保有するペプチド性溶血因子の分子特性, 第6回 細菌学若手コロッセウム, 2012年8月..[著者] ...
閲覧 金子 幸広, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ily 発現抑制因子が認識するコンセンサス配列の探索, 日本細菌学会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 娚杉 昌典, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 大腸菌のClpBは連鎖球菌のDnaKシャペロンシステムを認識するのか, 徳島生物学会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 岩野 泰宜, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシン刺激が単球系細胞THP-1の遺伝子発現に及ぼす影響, 徳島生物学会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 青栁 愛美, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの細胞膜結合能と分子集合メカニズムの解析, 徳島生物学会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 標的細胞に対する汎用性を高めたDDSツールの構築とその機能に関する評価, 第16回バイオ治療法研究会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年12月..[著者] ...
閲覧 大倉 一人, 川口 遊喜, 田端 厚之, 篠原 康雄, 長宗 秀明 : 細菌由来細胞溶解毒素のヒト側受容体との相互作用, 第16回バイオ治療法研究会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年12月..[著者] ...
閲覧 金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 : エストロゲン刺激で誘導される骨芽細胞の分化機構に関する研究, 日本生化学会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 小型分子シャペロンのAgsAは効率的に酵素活性を安定化する, 日本生化学会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 長瀧 健司, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : セルラーゼ活性の向上法とその応用についての検討, 日本生化学会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata, Yoko Ishikawa, Robert Whiley and Hideaki Nagamune : Small heat shock protein AgsA: an effective stabilizer of enzyme activities., Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.115, No.1, 15-19, 2013..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Kota Nakano, Kazuto Ohkura, Toshifumi Tomoyasu, Ken Kikuchi, Robert Whiley and Hideaki Nagamune : Novel Twin Streptolysin S-Like Peptides Encoded in the sag Operon Homologue of Beta-Hemolytic Streptococcus anginosus., Journal of Bacteriology, Vol.195, No.5, 1090-1099, 2013..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 大久保 行将, 安養寺 夏希, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ナノ粒子の標的化技術としての表面加工システムの開発, --- 表面加工システムに用いるタンパク質転移酵素SrtA用の基質化システムの開発と検討 ---, 神戸学院大学ライフサイエンス産学連携研究センター, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 高尾 亞由子, 長宗 秀明, 前田 伸子 : Streptococcus intermediusのcomXホモログのコンピーテンス誘導とバイオフィルム形成における機能, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : グラム陽性菌のDnaKは大腸菌のClpBを認識するのか?, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 今木 英統, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのily発現促進因子の同定, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 石川 未来, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な膜孔形成毒素インターメディリシンにより好中球に誘導される応答反応, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 竹田 望, 田端 厚之, 野上 明日香, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の分子特性, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 佐藤 裕士, 中野 晃太, 大倉 一人, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. constellatus subsp. constellatusが保有するβ溶血因子の探索, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 金子 幸広, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ily転写抑制因子の結合領域の探索, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 野上 明日香, 田端 厚之, 竹田 望, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : β溶血性の高病原性Streptococcus mitisサブグループの特性, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 Hyejin Kim and Hideaki Nagamune : Effect of Estrogen-Stimuli on Osteoblast Differentiation, 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and The Japanese Society for Bone and Mineral Research, May 2013..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 近藤 博之, 娚杉 昌典, 田端 厚之, 長宗 秀明 : グラム陽性菌と陰性菌のDnaKシャペロンシステムの比較, 第54回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 今木 英統, 友安 俊文, 増田 早智子, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 糖タンパク質によるStreptococcus intermediusのily発現促進機構の解析, 第22回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 中野 晃太, 大倉 一人, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : β溶血性 Streptococcus anginosus が保有するストレプトリジンS ホモログの特徴と細胞障害性への寄与, 第22回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Yukimasa Ohkubo, Masato Tamura, Toshifumi Tomoyasu, Kazuto Ohkura and Hideaki Nagamune : Construction of an improved drug delivery system tool with enhanced versatility in cell-targeting., Anticancer Research, Vol.33, No.7, 2905-2910, 2013..[著者] ...
閲覧 Kawaguchi Yuki, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune and Kazuto Ohkura : Profiles of ILY, VLY and Sm-hPAF interaction with human CD59, Anticancer Research, Vol.33, No.7, 2901-2904, 2013..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius の主要病原因子であるインターメディリシンの発現調節機構の解析, 第60回 毒素シンポジウム, 2013年7月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 大倉 一人, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識および作用特性における多様性, 第60回 毒素シンポジウム, 2013年7月..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Hidenori Imaki, Sachiko Masuda, Ayumi Okamoto, HyeJin Kim, Richard Waite, Robert Whiley, Ken Kikuchi, Keiichi Hiramatsu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : LacR mutations are frequently observed in Streptococcus intermedius and are responsible for increased intermedilysin production and virulence., Infection and Immunity, Vol.81, No.9, 3276-3286, 2013..[著者] ...
閲覧 竹田 望, 田端 厚之, 野上 明日香, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : N末に追加ドメインを有するコレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性, 日本生化学会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 安養寺 夏希, 田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細菌由来ペプチド転移酵素Sortase Aの比較解析 -新規DDS開発への応用を目指して-, 日本生化学会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 山本 直輝, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが分泌する新規グリコシダーゼの発見と性状解析, 第66回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 村上 漱, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 高病原性Streptococcus mitis検出・同定システムの構築, 第66回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Identification and characterization of MsgA, a novel secreted glycosidase of Streptococcus intermedius, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 安養寺 夏希, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細菌由来ペプチド転移酵素Sortase Aを用いたDDS用新規機能性リポソームの創成に関する検討, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 大倉 一人, 川口 遊喜, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus anginosus由来ストレプトリジンSホモログの分子内環形成による活性制御, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 : エストロゲン作用物質が示す骨芽細胞分化促進作用の解析, 徳島生物学会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Kazuto Ohkura, Ohkubo Yukimasa, Toshifumi Tomoyasu, Ohkuni Hisashi, Whiley A. Robert and Hideaki Nagamune : The diversity of receptor recognition in cholesterol-dependent cytolysins, Microbiology and Immunology, Vol.58, No.3, 155-171, 2014..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 安養寺 夏希, 大久保 行将, 北條 恵子, 水品 善之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ナノ粒子の標的化技術としての表面加工システムの開発, --- GFP基質パネルを用いた細菌由来タンパク質転移酵素Sortase Aのペプチド転移反応の至適化とその応用に向けて ---, 神戸学院大学ライフサイエンス産学連携研究センター, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 安養寺 夏希, 田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Comparison of the transition activity of Sortase A using GFP-substrate panel, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 山本 直輝, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Characterization of a novel secreted glycosidase (MsgA) of Streptococcus intermedius, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 村上 漱, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 高病原性Streptococcus mitisの検出・同定を目的とした新規検査システムの開発, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 金子 幸広, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Identification and study of the binding region of ily transcriptional repressive element, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Yuji Sato, Kentaro Maya, Kota Nakano, Ken Kikuchi, Robert A. Whiley, Kazuto Ohkura, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : A streptolysin S homologue is essential for beta-haemolytic Streptococcus constellatus subsp. constellatus cytotoxicit, Microbiology, Vol.160, No.5, 980-991, 2014..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 田上 千遥, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが保有する多基質酵素``MsgA''の性状解析, 第55回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2014年6月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 竹田 望, 玉岡 雅章, 友安 俊文, 高尾 亞由子, 前田 伸子, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の膜孔形成活性に及ぼす糖の影響, 第55回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2014年6月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 眞屋 健太郎, 大谷 浩美, 佐藤 裕士, 中野 晃太, 大倉 一人, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : β溶血性アンギノーサス群レンサ球菌が保有するストレプトリジンSホモログの多様性, 第46回レンサ球菌研究会, 2014年6月..[著者] ...
閲覧 Hidenori Imaki, Toshifumi Tomoyasu, Naoki Yamamoto, Chiharu Taue, Sachiko Masuda, Ayuko Takao, Nobuko Maeda, Atsushi Tabata, Robert A. Whiley and Hideaki Nagamune : Identification and Characterization of a Novel Secreted Glycosidase with Multiple Glycosidase Activities in Streptococcus intermedius, Journal of Bacteriology, Vol.196, No.15, 2817-2826, 2014..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Natsuki Anyoji, Yukimasa Ohkubo, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Investigation on the Reaction Conditions of Staphylococcus aureus Sortase A for Creating Surface-modified Liposomes as a Drug-delivery System Tool, Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4521-4527, 2014..[著者] ...
閲覧 Kawaguchi Yuki, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune and Kazuto Ohkura : Molecular Analysis of Streptococcus anginosus-derived SagA Peptides, Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4627-4631, 2014..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 今木 英統, 田上 千遥, 山本 直輝, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が保有するグリコシダーゼの病原性に果たす役割について, 第61 回トキシンシンポジウム ∼鳴門渦潮カンファレンス∼, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 山崎 貴大, 友安 俊文, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusの病原性とグリコシダーゼとの関連性, 第67回日本細菌学会中国四国支部総会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 森下 惇, 田端 厚之, 村上 漱, 高尾 亞由子, 勝部 康弘, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisにおける膜孔形成毒素遺伝子の保有とβ-ラクタム薬耐性の関連性, 第67回日本細菌学会中国四国支部総会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 安養寺 夏希, 田端 厚之, 大久保 行将, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 細菌由来ペプチド転移酵素Sortase Aの由来菌種依存的な基質認識特性, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 玉岡 雅章, 竹田 望, 田端 厚之, 大倉 一人, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の膜孔形成活性に対する糖の抑制効果, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 大久保 行将, 安養寺 夏希, 田端 厚之, 北條 恵子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 新規ドラッグデリバリーシステムツール作製法としてのペプチド修飾化リポソームの作製, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Kota Nakano, Yuji Sato, Kentaro Maya, Hiromi Ohtani, Yukimasa Ohkubo, Kazuto Ohkura, Ken Kikuchi, Robert A Whiley, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : STREPTOLYSIN S HOMOLOGUES OF PEPTIDE HEMOLYSIN: NOVEL BETA-HEMOLYTIC FACTORS DISTRIBUTED AMONG BETA-HEMOLYTIC ANGINOSUS GROUP STREPTOCOCCI, XIX Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, Buenos Aires, Argentina, Nov. 2014..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Toshifumi Tomoyasu, Hidenori Imaki, Naoki Yamamoto, Chiharu Taue, 増田 早智子, 高尾 亞由子, 前田 伸子, Atsushi Tabata and Whiley A. Robert : CHARACTERIZATION OF A NOVEL SECRETED GLYCOSIDASE WITH MULTIPLE GLYCOSIDASE ACTIVITIES, MSGA: A CANDIDATE KEY ENZYME REGULATING GROWTH AND PATHOGENICITY OF STREPTOCOCCUS INTERMEDIUS, XIX Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, (都市), Nov. 2014..[著者] ...
閲覧 Takao Ayuko, Hideaki Nagamune and Maeda Nobuko : INFLUENCE OF SIGNAL PEPTIDE PHEROMONES ON TRANSFORMATION EFFICIENCY AND BACTERIOCIN PRODUCTION IN STREPTOCOCCUS INTERMEDIUS, Proceeding of International Conference/XIX Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, (都市), Nov. 2014..[著者] ...
閲覧 大久保 行将, 安養寺 夏希, 田端 厚之, 北條 恵子, 友安 俊文, 立松 洋平, 大倉 一人, 長宗 秀明 : ドラッグデリバリーシステム創成を目指したSortase Aによるペプチド修飾化リポソーム作製技術の開発, 第18回バイオ治療法研究会, 2014年12月..[著者] ...
閲覧 吉田 創, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Inerolysin (INY) の pH 依存的な膜孔形成活性と立体構造変化, 第133回徳島生物学会総会, 2014年12月..[著者] ...
閲覧 Kim Hyejin, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu, Ueno Tomomi, Uchiyama Shigeto, Keizo Yuasa, Akihiko Tsuji and Hideaki Nagamune : Estrogen stimuli promote osteoblastic differentiation via the subtilisin-like proprotein convertase PACE4 in MC3T3-E1 cells., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.33, No.1, 30-39, 2015..[著者] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Atsushi Tabata, Yoshitoshi Ogura and Tetsuya Hayashi : Diversity in genome structure showing the genomic dynamism of human-derived Streptococcus mitis, International Symposium on Genome Science 2015: Expanding Frontiers of Genome Science II, (都市), Jan. 2015..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が保有するシアリダーゼの精製とその性状の解析, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 山崎 貴大, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : S. intermedius が保有するグリコシダーゼがインターメディリシン発現制御に果たす役割についての解析, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 森下 惇, 田端 厚之, 村上 漱, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 小椋 義俊, 林 哲也, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : S. mitis におけるコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子の分布とβ-ラクタム系薬剤耐性の関連性, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 眞屋 健太朗, 田端 厚之, 大倉 一人, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. anginosus subsp. whileyi およびS. constellatus subsp. viborgensis が保有するβ溶血因子の特性解析, 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 Onodera Takefumi, Kuriyama Isoko, Sakamoto Yuka, Kawamura Moe, Kuramochi Kouji, Tsubaki Kazunori, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune and Mizushina Yoshiyuki : 5-O-Acyl plumbagins inhibit DNA polymerase activity and suppress the inflammatory response, Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.573, 100-110, 2015..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 千葉 真也, 山崎 貴大, 甲斐 瑛之, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのグリコシダーゼによるインターメディリシン発現調節機構の解析, 第56回日本生化学会中国四国支部例会, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 Masashi Yamamoto, Reiko Matsumura, Yoshihiko Hirata and Hideaki Nagamune : Evaluation of biocompatibility of novel and commonly-used antiseptics by cell culture method, Antimicrobial Resistance and Infection Control, Vol.4, No.suppl1, 38, Geneva, Switzerland, June 2015..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Ohkubo Yukihisa, Natsuki Anyhoji, Keiko Hojo, Toshifumi Tomoyasu, Youhei Tatematsu, Kazuto Ohkura and Hideaki Nagamune : Development of a Sortase A-mediated Peptide-labeled Liposome Applicable to Drug-delivery Systems, Anticancer Research, Vol.35, No.8, 4411-4417, 2015..[著者] ...
閲覧 Yuki Kawaguchi, Yohei Tatematsu, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune and Kazuto Ohkura : Cytolytic Activity and Molecular Feature of Cardiotoxin and Cardiotoxin-like Basic Protein: The Electrostatic Potential Field Is an Important Factor for Cell Lytic Activity, Anticancer Research, Vol.35, No.8, 4515-4519, 2015..[著者] ...
閲覧 田村 郁実, 田端 厚之, 村上 漱, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus infantis由来の新規コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性, 第68回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 千葉 真也, 友安 俊文, 山崎 貴大, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 血液成分によるインターメディリシン発現調節機構の解析, 第68回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 日下 慎也, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius のily遺伝子発現制御領域の探索, 第38回 日本分子生物学会年会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 棚次 亮介, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius DnaKを用いたグラム陰性菌DnaKに特異的な保存領域の機能解析, 第38回 日本分子生物学会年会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 Qing Tang, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : A trial for development of effective drug delivery system using small targeting module against CEA-positive cancer, Joint Meeting of the 38th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan and the 88th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Yamamoto Masashi, Takami Takashi, Matsumura Reiko, Dorofeev Alexander, Hirata Yoshihiko and Hideaki Nagamune : In Vitro Evaluation of the Biocompatibility of Newly Synthesized Bis-Quaternary Ammonium Compounds with Spacer Structures Derived from Pentaerythritol or Hydroquinone, Biocontrol Science, Vol.21, No.4, 231-241, 2016..[著者] ...
閲覧 千葉 真也, 友安 俊文, 山崎 貴大, 日下 信吾, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 血液成分によるily 遺伝子発現の正および負の調節, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 日下 慎也, 的場 正樹, 金子 幸広, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius のily 遺伝子の広い上流領域がその発現抑制に関与する, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 大谷 浩美, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : β 溶血性S. anginosus subsp. anginosus のSLS ホモログ依存的な細胞障害性, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 田村 郁実, 田端 厚之, 村上 漱, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus infantis 由来新規コレステロール依存性細胞溶解毒素の細胞障害特性, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 高尾 亞由子, 長宗 秀明, 友安 俊文, 前田 伸子 : Streptococcus intermedius に対するクオラムセンシングペプチドおよび環境因子の作用, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Shinya Chiba, Takahiro Yamasaki, Shingo Kusaka, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Expression control pathways of ily by blood components in Streptococcus intermedius, The 13th Korea - Japan International Symposium on Microbiology (XIII-KJISM), (都市), May 2016..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Functional comparison between the DnaK chaperone systems of Streptococcus intermedius and Escherichia coli, STRESS AND ENVIRONMENTAL REGULATION OF GENE EXPRESSION AND ADAPTATION IN BACTERIA, Vol.2, 791-795, June 2016..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 千葉 真也, 山崎 貴大, 日下 慎吾, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius の血液成分による病原性亢進とヒト血液成分によるその防御, 第48回レンサ球菌研究会, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 田村 郁実, 田端 厚之, 村上 漱, 髙尾 亞由子, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus infantis が産生する新規コレステロール依存性細胞溶解毒素Infantilysin, 第63回トキシンシンポジウム, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 日下 信吾, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が産生するシアリダーゼの発現制御機構の解析, 第69回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2016年10月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 大倉 一人, 立松 洋平, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞障害性を示す細菌毒素に対する糖の阻害作用, 第20回バイオ治療法研究会, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 西郷 琢也, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisにおける効果的な形質転換法の検討, 第3回 日本生物工学会 西日本支部 講演会, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 藤本 あい, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが産生する新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性の多様性, 第3回 日本生物工学会 西日本支部 講演会, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 日下 竜馬, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ウマ赤血球に存在するExD-CDCレセプターの探索, 第3回 日本生物工学会 西日本支部 講演会, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Ayu Murakami, Takashi Amoh, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Hiroki Kourai, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Evaluation of the effectiveness of the potent bis-quaternary ammonium compound, 4,4'-( , -hexametylenedithio) bis (1-octylpyridinium bromide) (4DTBP-6,8) on Pseudomonas aeruginosa., Journal of Applied Microbiology, Vol.122, No.4, 893-899, 2017..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. mitis由来5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素のN末追加ドメインが示す細胞障害作用, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 岡畑 達也, 村上 漱, 田端 厚之, 小椋 義俊, 林 哲也, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが保有するコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子周辺における遺伝子配座の多様性, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 的場 正樹, 友安 俊文, 高尾 亞由子, 田端 厚之, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusの高病原性株スクリーニングシステムの開発, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 大塚 誠也, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus anginosus subsp. anginosusが保有する新規Extra-chromosomal DNAの分子特性, 第90回日本細菌学会総会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 岡畑 達也, 田端 厚之, 小椋 義俊, 林 哲也, 高尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis におけるコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子の周辺遺伝子配座の多様性とその特徴, 第58回 日本生化学会中国・四国支部例会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 酵母に対する紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌力とその殺菌機構, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, No.A-2, 21, 2017年6月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 千葉 真也, 山崎 貴大, 竹田 望, 玉岡 雅章, 大倉 一人, 長宗 秀明 : 糖によるStreptococcus intermediusの病原性制御機構, 第64回トキシンシンポジウム, 2017年7月..[著者] ...
閲覧 藤本 あい, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis が産生する新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性の多様性に関する研究, 第11回細菌学若手コロッセウム, 2017年8月..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. mitis由来5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素のN末追加ドメインが示す細胞障害作用, 第11回細菌学若手コロッセウム, 2017年8月..[著者] ...
閲覧 岡畑 達也, 田端 厚之, 小椋 義俊, 林 哲也, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis が産生する新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性の多様性に関する研究, 第11回細菌学若手コロッセウム, 2017年8月..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Takahiro Yamasaki, Shinya Chiba, Shingo Kusaka, Atsushi Tabata, Robert A. Whiley and Hideaki Nagamune : Positive- and Negative-Control Pathways by Blood Components for Intermedilysin Production in Streptococcus intermedius., Infection and Immunity, Vol.85, No.9, 1-17, 2017..[著者] ...
閲覧 坂東 陽介, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-A反応分子であるフェルラ酸を用いたフェノール酸誘導体の合成とその殺菌特性, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa58, 195, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌法を用いた酵母の増殖抑制の検討, 日本防菌防黴学会第44回年次大会要旨集, No.2P-Aa52, 189, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : ポストハーベスト殺菌に資する紫外線-Aとフェルラ酸の併用手法の検討, 第38回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P38, 130, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 日下 信吾, 千葉 真也, 山崎 貴大, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ヒト血漿によるStreptococcus intermediusの病原性発現抑制機構の解析, 第70回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 藤本 あい, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis由来新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性を規定する構造領域の探索, 第70回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Deutsch Douglas, Otsuka Seiya, Verratti Kathleen, Toshifumi Tomoyasu, Hideaki Nagamune and Fischetti A. Vincent : Characterization of a novel plasmid discovered in a clinical isolate of Streptococcus anginosus subsp. anginosus, Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, Denarau Island Fiji, Oct. 2017..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata, Chiba Shinya, Yamasaki Takahiro, Kusaka Shingo, Takeda Nozomi, Tamaoka Masaaki, Kazuto Ohkura, Whiley A. Robert and Hideaki Nagamune : Positive and negative control mechanisms of pathogenicity expression in Streptococcus intermedius, Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases, Denarau Island Fiji, Oct. 2017..[著者] ...
閲覧 唐 卿, 鬼塚 正義, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 癌治療用新規DDSツール作製に用いるリガンド分子の調製とその機能評価, 第21回バイオ治療法研究会, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 岡田 千穂, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : DDS用エフェクター分子としての 細菌毒素組換え体の効率的な調製システムの構築, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 八田 和己, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ナノ粒子表面加工システムの構築に用いる細菌由来ペプチド転移酵素Sortase A組換え体の作製とその特性, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 日下 信吾, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : シアリダーゼ阻害剤がStreptococcus intermediusのシアリダーゼ活性や溶血活性に及ぼす効果, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 冨永 明子, 友安 俊文, 日下 竜馬, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 長宗 秀明 : グループ3に属するコレステロール依存性細胞溶解毒素のCD59認識性の比較, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 Tatematsu Yohei, Fujita Haruhi, Hayashi Hiroki, Yamamoto Atsushi, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune and Ohkura Kazuto : Effects of the Nonsteroidal Anti-inflammatory Drug Celecoxib on Mitochondrial Function, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.3, 319-325, 2018..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Douglas Deutsch, Seiya Otsuka, Kathleen Verratti, Toshifumi Tomoyasu, Hideaki Nagamune and A. Vincent Fischetti : A novel plasmid, pSAA0430-08, from Streptococcus anginosus subsp. anginosus strain 0430-08, Plasmid, Vol.95, No.1, 16-27, 2018..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Masaki Matoba, Ayuko Takao, Atsushi Tabata, A Robert. Whiley, Nobuko Maeda and Hideaki Nagamune : Rapid screening method for detecting highly pathogenic Streptococcus intermedius strains carrying a mutation in the lacR gene., FEMS Microbiology Letters, Vol.365, No.3, fnx-258, 2018..[著者] ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : フェルラ酸と紫外線-Aの酵母に対する併用殺菌機構とそのポストハーベスト保存法としての検討, LED総合フォーラム 2018 in 徳島 論文集, Vol.P-16, 119-124, 2018年..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 新居 千穂, 手塚 美彦, 田端 厚之, 長宗 秀明, 上田 昭子, 河村 保彦 : Synthesis and Evaluation of Photophysical Properties of Dimeric Imidazo[1,5-a]pyridinium Salts, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 谷脇 竜弥, 杉田 知世, 村上 圭史, 天羽 崇, 田端 厚之, 山村 佳子, 玉谷 哲也, 長宗 秀明, 宮本 洋二, 藤猪 英樹 : 幼児口腔内創部より検出された多剤耐性レンサ球菌について, 四国歯学会第52回例会, (巻), (号), (頁), 2018年3月..[著者] ...
閲覧 藤本 あい, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. mitis由来の新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性の多様性に関する研究, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 冨永 明子, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 長宗 秀明 : DTT処理赤血球を用いたコレステロール依存性細胞溶解毒素の CD59認識性の比較, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 大塚 誠也, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. anginosus subsp. anginosusにおけるプラスミドの保有状況とそれらの特性, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 岩浅 弥生, 福富 あすか, 田端 厚之, 村上 漱, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Multiplex-PCR による高病原性 S. mitis 検出系の実用化に向けた検討, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 高尾 亞由子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明, 前田 伸子 : グリコシダーゼ活性が Streptococcus intermedius の実験的バイオフィルム量に及ぼす影響, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 山田 拓矢, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Transcriptional response of host cells induced by SLS-producing S. anginosus subsp. anginosus, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 荒木 理紗子, 田端 厚之, 村上 漱, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 小椋 義俊, 友安 俊文, 林 哲也, 前田 伸子, 長宗 秀明 : タンデム型末追加ドメインを持つコレステロール依存性細胞溶解毒素の特性解析, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 日野 はるか, 岡畑 達也, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大國 寿士, 小椋 義俊, 友安 俊文, 林 哲也, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisにおけるコレステロール依存性細胞溶解毒素の遺伝子分布パターンと細胞障害性との関連性, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 立松 洋平, 田端 厚之, 長宗 秀明, 大倉 一人 : 非ステロイド性抗炎症薬セレコキシブの細胞膜障害メカニズムの解析, 第91回日本細菌学会総会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 玉井 伸岳, 森光 達, 後藤 優樹, 長宗 秀明, 松木 均 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の脂質膜に対する結合活性, 日本膜学会第40年会, 2018年5月..[著者] ...
閲覧 Tang Qing, Masayoshi Onitsuka, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Characterizatio of anti-HER2 scFv and Fab as a targeting module for novel drug-delivery system against HER2-positive cancer, 24th IUBMB congress & 15th FAOBMB congress, Seoul, Korea, (都市), June 2018..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 的場 正樹, 日下 信吾, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのグリコシダーゼとインターメディリシン産生との関連について, 第50回レンサ球菌研究会, 2018年6月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 大塚 誠也, Deutsch Douglas, 菊池 賢, Fischetti A. Vincent, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus anginosus subsp. anginosusが保有するプラスミドとその特徴, 第50回レンサ球菌研究会, 2018年6月..[著者] ...
閲覧 Qing Tang, Masayoshi Onitsuka, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Construction of Anti-HER2 Recombinants as Targeting Modules for a Drug-delivery System Against HER2-positive Cells, Anticancer Research, Vol.38, No.7, 4319-4325, 2018..[著者] ...
閲覧 冨永 明子, 友安 俊文, 日下 竜馬, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 前田 伸子, 長宗 秀明 : グループ3に属するコレステロール依存性細胞溶解毒素のCD59認識性の比較, 第65回トキシンシンポジウム, 2018年7月..[著者] ...
閲覧 藤本 あい, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが産生する新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性, 第65回トキシンシンポジウム, 2018年7月..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. pseudopneumoniaeが保有するコレステロール依存性細胞溶解毒素様分子の解析, 第65回トキシンシンポジウム, 2018年7月..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Chiho Nii, Yoshihiko Tezuka, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Naohiro Uemura, Yasushi Yoshida, Takashi Mino, Masami Sakamoto and Yasuhiko Kawamura : Fluorescent N-Heteroarenes Having Large Stokes Shift and Water Solubility Suitable for Bioimaging, Asian Journal of Organic Chemistry, Vol.7, No.8, 1614-1619, 2018..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 松本 愛理, 藤本 あい, 児玉 千紘, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 咽頭口腔レンサ球菌が産生する溶血毒素とその多様性, 第12回 細菌学若手コロッセウム in OKAYAMA, 2018年8月..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus pseudopneumoniaeが保有するコレステロール依存性細胞溶解毒素様分子の解析, 第12回 細菌学若手コロッセウム in OKAYAMA, 2018年8月..[著者] ...
閲覧 藤本 あい, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 大国 寿士, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが産生する新規5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の作用特性の多様性に関する研究, 第12回 細菌学若手コロッセウム in OKAYAMA, 2018年8月..[著者] ...
閲覧 児玉 千紘, 唐 卿, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus infantisが産生するInfantilysinの作用特性を明らかにする, 第12回 細菌学若手コロッセウム in OKAYAMA, 2018年8月..[著者] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Keigo Tsuruno, Ryosuke Tanatsugu, Aya Miyazaki, Hiroyuki Kondo, Atsushi Tabata, Whiley A. Robert, Kenji Sonomoto and Hideaki Nagamune : Recognizability of heterologous co-chaperones with Streptococcus intermedius DnaK and Escherichia coli DnaK, Microbiology and Immunology, Vol.62, No.11, 681-693, 2018..[著者] ...
閲覧 佐名川 洋平, 八木下 史敏, 田端 厚之, 長宗 秀明, 河村 保彦 : A-π-D-π-A システムに基づく新規対称発光分子のデザインと合成,及び光物性, 第48回複素環化学討論会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 畦﨑 翔太, 手塚 美彦, 田端 厚之, 長宗 秀明, 河村 保彦 : スチリル基を有するイミダゾ[1,5-a]ピリジン二量体の金属イオン存在下における発光挙動, 第48回複素環化学討論会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 谷川 純一, 八木下 史敏, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 蛍光発光性N-ヘテロアレーンのバイオイメージングへの応用とDNA損傷, 第48回複素環化学討論会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 谷川 純一, 八木下 史敏, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 水溶性N-ヘテロアレーンの蛍光バイオイメージングへの応用とDNA損傷, 2018年 光化学討論会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 玉井 伸岳, 森光 達, 後藤 優樹, 長宗 秀明, 松木 均 : モデル膜を用いたコレステロール依存性細胞溶解毒素の膜結合活性評価, 第56回生物物理学会年会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 玉井 伸岳, 森光 達, 後藤 優樹, 長宗 秀明, 松木 均 : リン脂質-コレステロール混合二分子膜に対するコレステロール依存性細胞溶解毒素の結合活性, 第69回コロイドおよび界面化学討論会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 山田 拓矢, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S.anginosus由来Streptolysin Sホモログに対する宿主ヒト培養細胞の応答反応, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 紫外線-Aとフェルラ酸を利用したポストハーベスト殺菌手法の検討, 第39回日本食品微生物学会学術総会講演要旨集, No.P18, 108, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 出口 真理, 友安 俊文, 高尾 亞由子, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが保有するグリコシダーゼの局在性についての解析, 第71回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2018年10月..[著者] ...
閲覧 天羽 崇, 村上 圭史, 田端 厚之, 長宗 秀明, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 藤猪 英樹 : 幼児口腔内から検出された多剤耐性レンサ球菌について, 第71回日本細菌学会中国,四国支部総会, (巻), (号), (頁), 2018年10月..[著者] ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : 酵母に対する紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌機構の解析, 日本防菌防黴学会第45回年次大会要旨集, No.2P-Cp70, 329, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 谷川 純一, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 光照射をトリガーとした水溶性N-ヘテロアレーンによるDNA損傷, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 Yamada Takuya, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Response of human cells against peptide type hemolysin Streptolysin S derived from Streptococcus anginosus subsp. anginosus, International Peptide Symposium, (都市), Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 西平 有里菜, 田端 厚之, 友安 俊文, 大倉 一人, 長宗 秀明 : 薬剤キャリアのミセルが示す癌細胞障害性, 第22回バイオ治療法研究会学術集会, 2018年12月..[著者] ...
閲覧 國見 明加, 長宗 秀明, 白井 昭博 : フェルラ酸と紫外線-Aの酵母に対する併用殺菌機構の解析, LED総合フォーラム 2019 in 徳島 論文集, Vol.P-6, 67-68, 2019年..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Tanigawa Junichi, Sanagawa Yohei, Okamoto Masaki, Ishihara Kaito, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura : Fluorescent N-Heteroarene as a DNA Photo-cleaving Agent under the LED Irradiation, LED総合フォーラム2019 in 徳島 論文集, Vol.2019, 71-72, 2019..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 谷川 純一, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 水溶性N-へテロアレーンを用いたHeLa細胞の蛍光イメージングと光細胞毒性, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 小林 未歩, 田端 厚之, 大国 寿士, 高尾 亞由子, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが産生する5ドメイン型CDCに対するヒト好中球様細胞の応答反応, 第92回日本細菌学会総会, 2019年4月..[著者] ...
閲覧 児玉 千紘, 唐 卿, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus infantisが産生するinfantilysinの分子特性, 第92回日本細菌学会総会, 2019年4月..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. pseudopneumoniaeが産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様分子の特性解析, 第92回日本細菌学会総会, 2019年4月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus anginosus由来溶原性ファージの特性, 第92回日本細菌学会総会, 2019年4月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 出口 真理, 高尾 亞由子, 田端 厚之, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが保有する分泌型グリコシダーゼの局在性, 第92回日本細菌学会総会, 2019年4月..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Takuya Yamada, Ohtani Hiromi, Kazuto Ohkura, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : β-Hemolytic Streptococcus anginosus subsp. anginosus causes streptolysin S-dependent cytotoxicity to human cell culture lines in vitro, Journal of Oral Microbiology, Vol.11, No.1, 1-11, 2019..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus anginosus subsp. anginosus由来溶原性ファージの遺伝子的特性, 第51回レンサ球菌研究会, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus pseudopneumoniaeが産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子, 第51回レンサ球菌研究会, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Sanagawa Yohei, Tanigawa Jun-ichi, Nii Chiho, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura : Synthesis of Water-Soluble Fluorescent N-Heteroarenes And Its Applications, 18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18), (巻), (号), (頁), (都市), July 2019..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Jun-ichi Tanigawa, Chiho Nii, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Hiroki Takanari, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura : Fluorescent Imidazo[1,5-a]pyridinium Salt for a Potential Cancer Therapy Agent, ACS Medicinal Chemistry Letters, Vol.10, No.8, 1110-1114, 2019..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus pseudopneumoniaeが産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子, 第13回細菌学若手コロッセウム, 2019年8月..[著者] ...
閲覧 白井 里奈, 小林 未歩, 田端 厚之, 大国 寿士, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが産生する非典型CDCに対する細胞の応答反応, 第13回細菌学若手コロッセウム, 2019年8月..[著者] ...
閲覧 一條 安由, 友安 俊文, 有本 江里, 出口 真理, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのヒアルロニダーゼ発現制御機構の解析, 第13回細菌学若手コロッセウム, 2019年8月..[著者] ...
閲覧 児玉 千紘, 唐 卿, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus infantisが産生する新規コレステロール依存性細胞溶解毒素infantilysinの作用特性の解明, 第13回細菌学若手コロッセウム, 2019年8月..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 梅林 隆太, 岡本 将輝, 田端 厚之, 長宗 秀明, 髙成 広起, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : D-π-A 型イミダゾ [1,2-a] ピリジニウム塩の合成とミトコンドリアイメージングへの応用, 2019年光化学討論会, 2019年9月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 冨永 明子, 出口 真理, 有本 江里, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が分泌する病原因子の特性解析, 第66回トキシンシンポジウム, 2019年9月..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. pseudopneumoniaeが産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子, 第92回日本生化学会大会, 2019年9月..[著者] ...
閲覧 白井 昭博, 國見 明加, 長宗 秀明 : 紫外線-Aとフェルラ酸の併用殺菌機構の解析とポストハーベスト殺菌への応用, 日本防菌防黴学会第46回年次大会要旨集, No.2P-AA36, 201, 2019年9月..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 谷川 純一, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 髙成 広起, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 光線力学療法への応用を狙いとしたイミダゾ[1,5-a]ピリジニウム塩の合成, 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 岡本 将輝, 髙成 広起, 長谷 栄治, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 安井 武史, 河村 保彦 : ミトコンドリアイメージングを可能とするイミダゾ[1,2-a]ピリジニウム塩の合成, 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 Miho Kobayashi, Madoka Nishimura, Mina Kawamura, Norio Kamemura, Hideaki Nagamune and Atsushi Tabata : Change in membrane potential induced by streptolysin O, a pore-forming toxin: flow cytometric analysis using a voltage-sensitive fluorescent probe and rat thymic lymphocytes, Microbiology and Immunology, Vol.64, No.1, 10-22, 2020..[著者] ...
閲覧 児玉 千紘, 田端 厚之, 友安 俊文, 髙尾 亞由子, 前田 伸子, 長宗 秀明 : S. infantisが産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素infantilysinの特性解析, 第93回日本細菌学会総会, 2020年2月..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 菊池 賢, 友安 俊文, 前田 伸子, 長宗 秀明 : ミチス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子, 第93回日本細菌学会総会, 2020年2月..[著者] ...
閲覧 友安 俊文, 出口 真理, 田端 厚之, 髙尾 亞由子, 前田 伸子, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのヒアルロニダーゼ発現制御機構についての解析, 第93回日本細菌学会総会, 2020年2月..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Junichi Tanigawa, Masaki Okamoto, Eiji Hase, Hiroki Takanari, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura : Synthesis of Imidazopyridinium Salts Having Potential Application as Image-guided Photodynamic Therapy Agents, The 100th CSJ Annual Meeting, March 2020..[著者] ...
閲覧 植野 美彦, 関 陽介, 井戸 慶治, 髙木 康志, 阪上 浩, 生島 仁史, 藤猪 英樹, 白山 靖彦, 田中 秀治, 川田 昌武, 長宗 秀明, 古屋 玲, 上岡 麻衣子 : 令和元年度 徳島大学高等教育研究センターアドミッション部門 報告書, 令和元年度 徳島大学高等教育研究センターアドミッション部門 報告書, (都市), 2020年3月..[著者] ...
閲覧 高尾 亞由子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明, 前田 伸子 : A photometric pH assay for microplate bacterial cultures., Journal of Microbiological Methods, Vol.172, 1-3, 2020年..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Hisashi Ohkuni, Haruka Hino, Takuya Saigo, Chihiro Kodama, QING TANG, Toshifumi Tomoyasu, Yoshitaka Fukunaga, Yasuhiko Itoh and Hideaki Nagamune : Cytotoxic property of Streptococcus mitis strain producing two different types of cholesterol-dependent cytolysins, Infection, Genetics and Evolution, Vol.85, 104483, 2020..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 高尾 亞由子, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Cholesterol-dependent cytolysin-like adhesion protein of Mitis group streptococci, 第20回日本蛋白質科学会年会, 2020年7月..[著者] ...
閲覧 田端 厚之, 大倉 一人, 大国 寿士, 小林 未歩, 松本 愛理, 友安 俊文, 長宗 秀明 : The structural and functional diversity of cholesterol-dependent cytolysin produced from Streptococci, 第20回日本蛋白質科学会年会, 2020年7月..[著者] ...
閲覧 岸信 伊織, 秋山 大宇, 中井 寛喜, 谷口 嘉昭, 大野 恭秀, 長宗 秀明, 永瀬 雅夫 : 高い等電点を持つタンパク質のSiC上グラフェンへの吸着特性, 2020年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会, Vol.Ga-2, 2020年8月..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 大倉 一人, 児玉 千紘, 大国 寿士, 高尾 亞由子, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ミチス群レンサ球菌が産生する コレステロール依存性細胞溶解毒素モチーフを持つ細胞接着分子の特性, 第15回細菌学若手コロッセウム, 2020年8月..[著者] ...
閲覧 Eiji Hase, Hiroki Takanari, Keita Hoshi, Masaki Okamoto, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa, Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada and Fumitoshi Yagishita : Two- and three-photon excitable quaternized imidazo[1,2-a]pyridines for mitochondrial imaging and potent cancer therapy agent, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.18, No.38, 7571-7576, 2020..[著者] ...
閲覧 梅林 隆太, 岡本 将輝, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏 : 多光子励起可能な水溶性イミダゾ[1,2-a]ピリジニウム塩の合成とミトコンドリアイメージング, 2020年web光化学討論会, 2020年9月..[著者] ...
閲覧 楠本 一真, 佐名川 洋平, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏 : 多光子励起を目指したA-D-A型N-へテロアレーン類のデザインと応用, 2020年web光化学討論会, 2020年9月..[著者] ...
閲覧 Keita Hoshi, Yohei Sanagawa, Ryuta Umebayashi, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Eiji Hase, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa, Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada and Fumitoshi Yagishita : Synthesis and Optical Property of Quadrupolar Pyridinium Salt and Its Application as Bioimaging Agent, Chemistry Letters, Vol.49, No.12, 1487-1489, 2020..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 高尾 亜由子, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ミチス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素様の細胞接着分子の特性, 第73回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2020年10月..[著者] ...
閲覧 Nakai Hiroki, Akiyama Daiu, Taniguchi Yoshiaki, Kishinobu Iori, Ikeda Takuya, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Yasuhide Ohno and Masao Nagase : Protein detection by electron donor using epitaxial graphene film on SiC substrate, 33rd International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2020), (巻), No.2020-21-12, (頁), Online, Nov. 2020..[著者] ...
閲覧 楠本 一真, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏 : ­D-π­-A型ベンゾチアゾール誘導体の合成と光機能性, 2020年日本化学会中国四国支部大会島根大会, 2020年11月..[著者] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Hisashi Ohkuni, Yasuhiko Itoh, Yoshitaka Fukunaga, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Complete Genome Sequence of Streptococcus mitis Strain Nm-65, Isolated from a Patient with Kawasaki Disease, Microbiology Resource Announcements, Vol.10, No.1, e01239-20, 2021..[著者] ...
閲覧 川阪 凱士, 長宗 秀明, 白井 昭博 : フェノール酸とブルーライトを併用した真菌の光不活性化, LED総合フォーラム 2021 in 徳島 論文集, Vol.P-6, 149-150, 2021年..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Keita Hoshi, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Fluorescent Imidazo[1,2-a]pyridinium Salt for Potent Cancer Therapeutic Agent, Proceedings of the LED General Forum 2021 Tokushima, 155-156, 2021..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 國見 祥太, 星 恵太, 岡本 将輝, 田端 厚之, 長宗 秀明, 長谷 栄治, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 多光子励起可能なイミダゾ[1,2-a]ピリジニウム塩の合成と光細胞傷害性, 日本化学会第101春季年会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 川阪 凱士, 土屋 浩一郎, 長宗 秀明, 白井 昭博 : フェノール酸とブルーライトを併用した真菌の光不活性化, 日本農芸化学会2021年度仙台大会, Vol.3G01-06, 829, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 松本 愛理, 田端 厚之, 大倉 一人, 児玉 千紘, 大国 寿士, 高尾 亞由子, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ミチス群レンサ球菌が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素モチーフを持つ細胞接着分子の特性, 第94回日本細菌学会総会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 白井 里奈, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : S. anginosusが産生するストレプトリジンSに対するTHP-1の応答反応の検討, 第94回日本細菌学会総会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 池田 拓也, 田端 厚之, 友安 俊文, 高尾 亜由子, 大国 寿士, 長宗 秀明 : N末追加ドメインを持つS.mitis由来5ドメイン型コレステロール依存性細胞溶解毒素の2元的な宿主細胞結合性, 第94回日本細菌学会総会, 2021年3月..[著者] ...