『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 睡眠 (sleep)

登録情報の数

有効な情報: 24件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 27件

全ての有効な情報 (24件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 (未定義) …(17)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 妹尾 廣正, 杉原 泰彦, 松本 淳治 : ネコにおける電気睡眠の誘発法, 日本生理学雑誌, Vol.38, (号), 274-275, 1976年..[キーワード] ...
閲覧 Hiroyoshi Sei, Yusuke Morita, Hironobu Morita and Hiroshi Hosomi : Long-term profiles of sleep-related hemodynamic changes in the postoperative chronic cat, Physiology & Behavior, Vol.46, No.3, 499-502, 1989..[キーワード] ...
閲覧 Hiromasa Seno, Yusuke Morita, Tsukasa Sasaki and Shigehiro Kiyono : Effect of videogame on sleep, mood in children, Neurosciences, Vol.16, (号), 491-496, 1990..[キーワード] ...
閲覧 大倉 一夫, 中野 雅德, 坂東 永一, 近藤 宏治, 西川 啓介, 池田 隆志, 近藤 一雄 : マルチテレメータシステムを用いたブラキシズムの解析, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.38, No.92, 92, 1994年5月..[キーワード] ...
閲覧 Kazuo Okura, Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano, T Ikeda and A Suzuki : The relationship between jaw movement and masseter muscle EMG during sleep associated bruxism, Journal of Dental Research, Vol.35, (号), 53-56, Singapore, June 1995..[キーワード] ...
閲覧 Hiromasa Seno, Atsuko Sano and Yusuke Morita : Cerebral local blood flow with a laser-doppler flowmetry in rat sleep, The Tokushima Journal of Experimental Medicine, Vol.42, No.1,2, 1-4, 1995..[キーワード] ...
閲覧 大倉 一夫, 中野 雅德, 坂東 永一, 安陪 晋, 近藤 宏治, 竹内 久裕, 西川 啓介, 池田 隆志 : 発現頻度による睡眠時ブラキシズムの分類, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, No.97, 68, 1997年6月..[キーワード] ...
閲覧 Hiroyoshi Sei, Atsuko Sano, Hiromi Ohno, Kazue Yamabe, Yasuhiko Nishioka, Saburo Sone and Yusuke Morita : Age-related changes in control of blood pressure and heart rate during sleep in the rat, Sleep, Vol.25, No.3, 279-285, 2002..[キーワード] ...
閲覧 勢井 宏義 : 睡眠と生体リズム, 四国医学雑誌, Vol.60, No.1-2, 8-13, 2004年5月..[キーワード] ...
閲覧 勢井 宏義 : 睡眠と生体リズムの最新の知見, 四国医学雑誌, Vol.61, No.1-2, 2-6, 2005年4月..[キーワード] ...
閲覧 N Huynh, G Lavigne, Kazuo Okura, D Yao and K Adachi : Sleep Bruxism, Elsevier, (都市), (month)2006..[キーワード] ...
閲覧 大倉 一夫, 加藤 隆史 : 痛みと睡眠の関連, 日本歯科評論, Vol.66, No.2, 182-184, 2006年2月..[キーワード] ...
閲覧 NT Huynh, T Kato, PH Rompre, Kazuo Okura, PA Lanfranchi, JY Montplaisir and GJ Lavigne : Sleep bruxism is associated to micro-arousals and an increase in cadiac sympathetic activity, Journal of Sleep Research, Vol.15, No.3, 339-346, 2006..[キーワード] ...
閲覧 GJ Lavigne, Kazuo Okura and MT Smith : Pain Perception - Nociception during Sleep, Elsevier, Amsterdam, (month)2007..[キーワード] ...
閲覧 GJ Lavigne, N Huynh, T Kato, Kazuo Okura, K Adachi, D Yao and B Sessle : Genesis of sleep bruxism: motor and autonomic-cardiac interactions, Archives of Oral Biology, Vol.52, No.4, 381-384, 2007..[キーワード] ...
閲覧 北岡 和義 : 発酵オタネニンジンの経口摂取はヒト睡眠におけるFirst-night effectを軽減させる, 日本睡眠学会第32回定期学術集会, (巻), (号), (頁), 2007年11月..[キーワード] ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka : First-night effect is attenuated by chronic administration of pre-fermented ginseng in human, The 21th Century COE Program in the University of Tokushima 3rd International Conference, (巻), (号), (頁), Tokyo, Dec. 2007..[キーワード] ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka : Sleep architecture and homeostasis in senescence-accelerated prone (SAMP8) mice., 第85回 日本生理学会大会, (巻), (号), (頁), March 2008..[キーワード] ...
閲覧 Sachiko Chikahisa, Kumiko Tominaga, Tomoko Kawai, Kazuyoshi Kitaoka, Katsutaka Oishi, Norio Ishida, Kazuhito Rokutan and Hiroyoshi Sei : Bezafibrate, a PPARs agonist, decreases body temperature and enhances EEG delta oscillation during sleep in mice., Endocrinology, Vol.149, No.10, 5262-5271, 2008..[キーワード] ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka, Kaoru Uchida, Naoko Okamoto, Sachiko Chikahisa, Toshitsugu Miyazaki, Eiji Takeda and Hiroyoshi Sei : Fermented ginseng improves the first-night effect in humans, Sleep, Vol.32, No.3, 413-421, 2009..[キーワード] ...
閲覧 北岡 和義 : レチノイン酸レセプターアゴニストAm80の投与はSAMP8マウスのREM睡眠減少を改善させる, 第24回老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会, (巻), (号), (頁), 2009年7月..[キーワード] ...
閲覧 Stanley Yung-Chuan Liu, Leh-Kiong Huon, Tomonori Iwasaki, Audrey Yoon, Robert Riley, Nelson Powell, Carlos Torre and Robson Capasso : Efficacy of Maxillomandibular Advancement Examined with Drug-Induced Sleep Endoscopy and Computational Fluid Dynamics Airflow Modeling., Otolaryngology--Head and Neck Surgery, Vol.154, No.1, 189-195, 2016..[キーワード] ...
閲覧 宮川 尚之, 岩﨑 智憲, 菅 北斗, 伴 祐輔, 山﨑 要一 : 小児の口呼吸が睡眠ならびに日中の行動におよぼす影響のアンケート調査, 小児歯科学雑誌, Vol.56, No.1, 19-25, 2018年..[キーワード] ...
閲覧 Eric Murillo-Rodríguez, Sérgio Machado, Claudio Imperatori, Tetsuya Yamamoto and Henning Budde : Natural Cannabinoids as Templates for Sleep Disturbances Treatments., Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.1297, (号), 133-141, 2021..[キーワード] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.95, Max(EID) = 385607, Max(EOID) = 1044834.