『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 日本顎頭蓋機能学会誌 (日本顎頭蓋機能学会)

登録情報の数

有効な情報: 28件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 28件

全ての有効な情報 (28件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(27)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 天野 洋一, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 松香 芳三, 山下 敦 : ヒト関節円板の肉眼解剖学的研究, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.2, No.1, 25-31, 1989年..[誌名] ...
閲覧 矢谷 博文, 松香 芳三, 窪木 拓男, 天野 洋一, 山下 敦 : 各種頭蓋顎関節エックス線規格撮影装置により得られた顎関節像の比較, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.3, No.1, 57-65, 1990年..[誌名] ...
閲覧 松香 芳三, 矢谷 博文, 近藤 康弘, 窪木 拓男, 天野 洋一, 山下 敦 : オクルーザルボンディング法に関する実験的研究 ポーセレンアンレーの厚みと支台歯形態が圧縮強度に及ぼす影響, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.4, No.1, 15-23, 1991年..[誌名] ...
閲覧 矢谷 博文, 窪木 拓男, 岡 延綱, 天野 洋一, 松香 芳三, 木尾 正人, 山下 敦 : スプリント療法とそれに続く下顎位修正により治癒をみた顎関節内障の2症例, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.4, No.1, 56-57, 1991年(0月)..[誌名] ...
閲覧 山下 敦, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 松香 芳三 : 下顎位CRの変遷と顎関節症加療後の下顎位, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.6, No.1, 79, 1993年(0月)..[誌名] ...
閲覧 矢谷 博文, 窪木 拓男, 天野 洋一, 松香 芳三, 山下 敦 : 顎関節内障の臨床統計的観察 その1.復位を伴わない関節円板前方転位の治療成績, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.6, No.1, 82-83, 1993年(0月)..[誌名] ...
閲覧 松香 芳三, 宮浦 一成, 渡邊 達夫, 山下 敦 : 補綴物装着による咬合力,咬合接触面積,咬合圧への影響, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.7, No.1, 83-84, 1994年(0月)..[誌名] ...
閲覧 松香 芳三, 矢谷 博文, 山下 敦 : 咀嚼筋筋電図の読み方とマイオモニターの効果, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.7, No.1, 89-90, 1994年(0月)..[誌名] ...
閲覧 山下 敦, 松香 芳三, 窪木 拓男, 矢谷 博文 : 咬合はTMDの発症因子か? 文献的考察と私たちの考え方, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.8, No.1, 58-59, 1995年(0月)..[誌名] ...
閲覧 窪木 拓男, 山下 敦, 松香 芳三, 満木 志おり : 頭頸部慢性疼痛に対する三環系抗うつ剤の鎮痛効果ならびに副作用, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.9, No.1, 11-23, 1996年..[誌名] ...
閲覧 辻清 薫, 山下 敦, 松香 芳三, 窪木 拓男, 矢谷 博文 : 咀嚼筋痛と頭頸背部慢性疼痛との関連に関する疫学調査, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.9, No.1, 31-39, 1996年..[誌名] ...
閲覧 Clark T. Glenn, 竹内 久裕, 窪木 拓男, 山下 敦 : 顎機能障害,慢性口腔顔面痛および顎口腔系運動疾患の診断, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.10, No.1, 25-38, 1997年..[誌名] ...
閲覧 辻清 薫, 山下 敦, 松香 芳三, 窪木 拓男, 矢谷 博文 : 咀嚼筋痛と頭頸背部慢性疼痛との関連に関する疫学調査, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.10, No.1, 66, 1997年(0月)..[誌名] ...
閲覧 窪木 拓男, 山下 敦, 松香 芳三, 寺田 昌平, 篠田 一樹, 前川 賢治, G. OrsiniMaria, 水口 一, 藤沢 拓生, 伊藤 真午 : 顎顔面慢性疼痛疾患としてみた顎関節症の診断と治療, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.10, No.1, 70-71, 1997年(0月)..[誌名] ...
閲覧 寺田 昌平, 山下 敦, G. OrciniMaria, 松香 芳三, 窪木 拓男, 園山 亘 : 顎関節MR画像診断における関節円板前方転位の術者内変動,術者間変動, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.10, No.1, 64, 1997年(0月)..[誌名] ...
閲覧 松香 芳三, L. MerrillRobert, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 山下 敦 : 顎顔面疼痛患者に対する治療法(第2報) 頭痛の治療, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.11, No.1, 19-27, 1998年..[誌名] ...
閲覧 松香 芳三, L. MerrillRobert, Abraham Urbach, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 山下 敦 : 顎顔面疼痛患者に対する治療法(第1報) 頭痛の診断, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.11, No.1, 11-18, 1998年..[誌名] ...
閲覧 M.G. Orsini, 寺田 昌平, 松香 芳三, 窪木 拓男, 山下 敦 : 顎関節関節円板前方転位の臨床症状を最も反映するMRI読影クライテリアの検討, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.11, No.1, 67-68, 1998年(0月)..[誌名] ...
閲覧 松香 芳三, 木庭 茂治, 矢谷 博文 : いびきに関する文献的考察, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.12, No.1, 19-26, 1999年..[誌名] ...
閲覧 上原 淳二, 小島 俊司, 窪木 拓男, 古野 勝志, 松香 芳三, 前川 賢治, 助政 安伸, 矢谷 博文, 山下 敦 : 顎関節症類似の症状を呈したニューロパシックペインの一例 血中カルバマゼピン濃度測定の応用, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.13, No.1, 54, 2000年(0月)..[誌名] ...
閲覧 西村 真紀, 景山 正登, 松香 芳三, 畑中 乾志, 吉田 栄介, 水口 一, 窪木 拓男, 矢谷 博文 : 一般歯科医院の受診患者における顎関節症の症状と徴候の変動, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.14, No.1, 23-31, 2001年..[誌名] ...
閲覧 西村 真紀, 景山 正登, 松香 芳三, 畑中 乾志, 吉田 栄介, 水口 一, 窪木 拓男, 矢谷 博文 : 一般歯科医院の受診患者における顎関節症の症状と徴候の変動, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.15, No.1, 68, 2002年(0月)..[誌名] ...
閲覧 水口 一, 永松 千代美, 前川 賢治, 完山 学, 松香 芳三, 窪木 拓男 : 簡易貼付型睡眠時ブラキシズム測定装置のバージョンアップとその効果, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.19, No.1, 46, 2006年(0月)..[誌名] ...
閲覧 黒井 隆太, 水口 一, 川上 彩, 坂口 千代美, 松香 芳三, 窪木 拓男 : 大学病院補綴科初診患者ならびに顎関節症外来受診患者のブラキシズムレベルに関する研究, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.21, No.1, 70, 2008年(0月)..[誌名] ...
閲覧 山本 道代, 水口 真実, 縄稚 久美子, 川上 彩, 木村 彩, 水口 一, 松香 芳三, 窪木 拓男 : 歯科ターミナル・ケアを試みた仮性球麻痺症例, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.21, No.1, 66-67, 2008年(0月)..[誌名] ...
閲覧 松香 芳三, 縄稚 久美子, 徳永 規子, 西山 憲行, 菊谷 武, 窪木 拓男 : 家族の介護を受け,経口摂取が可能となることにより,胃瘻から脱却した症例, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.22, No.1, 97, 2009年(0月)..[誌名] ...
閲覧 山本 道代, 水口 真実, 峯 篤史, 縄稚 久美子, 水口 一, 松香 芳三, 窪木 拓男 : 中核病院における医療連携の重要性, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.23, No.1, 54, 2010年(0月)..[誌名] ...
閲覧 三木 春奈, 縄稚 久美子, 峯 篤史, 松香 芳三, 窪木 拓男 : 全身麻酔中の歯の損傷と手術前後の歯科介入への期待, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.23, No.1, 53, 2010年(0月)..[誌名] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 0.38, Max(EID) = 405225, Max(EOID) = 1098958.