『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 古澤 佳也 ([独立行政法人 放射線医学総合研究所])

登録情報の数

有効な情報: 15件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 15件

全ての有効な情報 (15件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(9)
閲覧 閲覧 東海大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(9)
閲覧 閲覧 独立行政法人 放射線医学総合研究所 …(1)
閲覧 (未定義) …(4)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Masaharu Hosi, Schuzo Uehara, Osamu Yamamoto, Shouzo Sawada, Katsumi Kobayashi, Hiroshi Maezawa, Yoshiya Furusawa, Kotaro Hieda and Takashi Yamada : Iron(II) sulphate (Fricke solution) oxidation yields for 8.9 and 13.6 keV X-rays from synchrotron radiation., International Journal of Radiation Biology, Vol.61, No.1, 21-27, 1992..[著者] ...
閲覧 Yoshiya Furusawa, Hiroshi Maezawa, Kenshi Suzuki, Katsumi Kobayashi, Masao Suzuki and Kotaro Hieda : Inactivation of bacteriophage T1 by the Auger wffect following phosphorus resonance absorption of monoenergetic synchrotron radiation., Biophysical Aspects of Auger Processes. AAPM Symposium Series., Vol.8, 37-50, 1992..[著者] ...
閲覧 Yoshiya Furusawa, Hiroshi Maezawa, Kenshi Suzuki, Yoko Yamamoto, Katsumi Kobayashi and Kotaro Hieda : Uracil-DNA glycosylase produces excess lethal damage induced by an Auger cascade in BrdU-labelled bacteriphage T1., International Journal of Radiation Biology, Vol.64, No.2, 157-164, 1993..[著者] ...
閲覧 Kotaro Hieda, Taisuke Hirono, Akira Azami, Masao Suzuki, Yoshiya Furusawa, Hiroshi Maezawa, Noriko Usami, Akinari Yokoya and Katsumi Kobayashi : Single- and double-strand breaks in pBR322 plasmid DNA by monochromatic X-rays on and off thr K-absorption peak of phosphorus., International Journal of Radiation Biology, Vol.70, No.4, 437-445, 1996..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Maezawa, Yoshiya Furusawa, Katsumi Kobayashi, Kotaro Hieda, Masao Suzuki, Noriko Usami, Akinari Yokoya and Tomoyuki Mori : Lethal effect of k-shell absorption of intracellular phosphorus on wild-type and radiation sensitive mutants of Escherichia coli., Acta Oncologica, Vol.35, No.7, 889-894, 1996..[著者] ...
閲覧 Yoshiya Furusawa, Hiroshi Maezawa, Kahoru Takakura, Katsumi Kobayashi and Kotaro Hieda : Radiolytic products of bromodeoxyuridine in solids by Co-60 gamma-rays and monoenergetic soft x-rays at the k-absorption edge of bromine., Acta Oncologica, Vol.35, No.7, 877-882, 1996..[著者] ...
閲覧 M Iizuka, K Ando, T Aruga, Yoshiya Furusawa, H. Itsukaichi, K. Fukutsu, Hideko Nagasawa and H. Moriya : Effiects of Reoxygenation on Repair of Potentially Lethal Radiation Damage in Cultured MG-63 Osteosarcoma Cells., Radiation Research, Vol.147, (号), 179-184, 1997..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Maezawa, Yoshiya Furusawa, Katsumi Kobayashi, Satoshi Imamiya and Tomoyuki Mori : Lethality on V79 cells of monoenergetic X-rays on the K-shell photoabsorption peak of phosphorus., Abstracts of 4th International Symposium on Biophysical Aspects of Auger Precesses., 29, Lund, July 1999..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Maezawa, Yoshiya Furusawa, Takeshi Akiba and Tomoyuki Mori : Effect of fractionation on mutation frequency of mammalian cells exposed to carbon ions., Abstracts of 11th International Congress of Radiation Research, 95, Dublin, July 1999..[著者] ...
閲覧 前澤 博, 古澤 佳也, 小林 克己, 今宮 聡 : リン原子内殻電離により培養細胞に生成される潜在的致死損傷の回復, 日本放射線影響学会第43回大会講演要旨集, 128, 2000年9月..[著者] ...
閲覧 尹 洪蘭, 鈴木 夕佳, 松本 義久, 冨田 雅典, 古澤 佳也, 榎本 敦, 森田 明典, 青木 瑞穂, 細井 義夫 : ニワトリBリンパ球DT40細胞と相同組み換え,非相同組み換え欠損細胞の温熱放射線増感作用, 日本放射線影響学会第46回大会, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 Lan Hong Yin, Yuka Suzuki, Yoshihisa Matsumoto, Masanori Tomita, Yoshiya Furusawa, Atsushi Enomoto, Akinori Morita, Mizuho Aoki, Fumio Yatagai, Takahiko Suzuki, Yoshio Hosoi, Kuni Ohtomo and Norio Suzuki : Radiosensitization by hyperthermia in the chicken B-lymphocyte cell line DT40 and its derivatives lacking nonhomologous end joining and/or homologous recombination pathways of DNA double-strand break repair., Radiation Research, Vol.162, No.4, 433-441, 2004..[著者] ...
閲覧 尹 洪蘭, 鈴木 夕佳, 松本 義久, 冨田 雅典, 古澤 佳也, 榎本 敦, 森田 明典, 青木 瑞穂, 鈴木 紀夫 : 温熱による放射線増感の分子メカニズム:DNA二重鎖切断修復機構の関与について, 日本放射線影響学会第47回大会, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 Katsumi Kobayashi, Noriko Usami, Hiroshi Maezawa, Kotaro Hieda, Kahoru Takakura and Yoshiya Furusawa : X-ray microbeam irradiation systems at the Photon Factory-Present Status and Future Plan-, (誌名), (巻), (号), (頁), New York, March 2006..[著者] ...
閲覧 小林 克己, 宇佐美 徳子, 前澤 博, 林 徹, 檜枝 光太郎, 高倉 かほる, 古澤 佳也 : PFにおけるマイクロビームX選照射装置の現状と改良計画, 日本放射線影響学会第49回大会講演要旨集, 82, 2006年9月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.27, Max(EID) = 386214, Max(EOID) = 1046649.