『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 母里 知之 ([東海大学.医学部])

登録情報の数

有効な情報: 8件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 8件

全ての有効な情報 (8件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
閲覧 閲覧 東海大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
閲覧 (未定義) …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Hitoshi Hori, Chieko Murayama, Tomoyuki Mori, Yuta Shibamoto, Mitsuyuki Abe, Yasuto Onoyama and Seiichi Inayama : Chemical Modifiers of Cancer Treatment, --- 2-Nitroimidazole-1-acetohydroxamate as a Hypoxic Cell Radiosensitizer (pp.1029-1032) ---, Pergamon Press, (都市), April 1989..[著者] ...
閲覧 Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori, Tetsuichi Shibata, Takashi Igarashi, Chieko Murayama, Tomoyuki Mori, Keisuke Sasai, Masaharu Takahashi, Mitsuyuki Abe, Haruyuki Fukuda, Yasuto Onoyama, Kazuo Sakaizumi, NObuharu Muta, Ichiro Kaneko and Seiichi Inayama : A Recent Acvance in The Radiosensitization of 2-Nitroimidazole-1-Acetohydroxamate Derivatives, Japan Radiosensitization Research Association, Kyoto, Oct. 1989..[著者] ...
閲覧 Yukio Ohizumi, Hiroshi Maezawa and Tomoyuki Mori : Synergistic effects of hyperthermia and intratumorous injection on anti-cancer drugs., The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine, Vol.18, No.3-6, 139-144, 1993..[著者] ...
閲覧 Takuhito Tada, Toshibumi Nakajima, Yasuto Onoyama, Chieko Murayama, Tomoyuki Mori, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori and Seiichi Inayama : In Vivo Radiosensitizing Effect of Nitroimidazole Derivative KIN-804, International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, Vol.29, No.3, 601-605, 1994..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Hideakira Yokoyama, Hideko Nagasawa, Chieko Murayama, Tomoyuki Mori, S Yonei, Tetsuo Sato and Seiichi Inayama : A Convenient Screening Test for Hypoxic Cell Radiosensitizers/Cytotoxins, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.17, No.12, 1676-1678, 1994..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Maezawa, Yoshiya Furusawa, Katsumi Kobayashi, Kotaro Hieda, Masao Suzuki, Noriko Usami, Akinari Yokoya and Tomoyuki Mori : Lethal effect of k-shell absorption of intracellular phosphorus on wild-type and radiation sensitive mutants of Escherichia coli., Acta Oncologica, Vol.35, No.7, 889-894, 1996..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Maezawa, Yoshiya Furusawa, Katsumi Kobayashi, Satoshi Imamiya and Tomoyuki Mori : Lethality on V79 cells of monoenergetic X-rays on the K-shell photoabsorption peak of phosphorus., Abstracts of 4th International Symposium on Biophysical Aspects of Auger Precesses., 29, Lund, July 1999..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Maezawa, Yoshiya Furusawa, Takeshi Akiba and Tomoyuki Mori : Effect of fractionation on mutation frequency of mammalian cells exposed to carbon ions., Abstracts of 11th International Congress of Radiation Research, 95, Dublin, July 1999..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.71, Max(EID) = 374067, Max(EOID) = 1001448.