『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 松岡 希実 (->個人[横山 希実])

登録情報の数

有効な情報: 8件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 8件

全ての有効な情報 (8件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 (未定義) …(5)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 吉山 昌弘, 浦山 明久, 木持 健, 松岡 希実, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : う蝕感染象牙質のレジン浸透性, 日本歯科保存学雑誌, Vol.42, No.1, 86-95, 1999年..[著者] ...
閲覧 浦山 明久, 木持 健, 松岡 希実, 尾崎 和美, 吉山 昌宏, 松尾 敬志 : 人工う蝕象牙質へのレジン浸透性, --- 培養期間が接着力に及ぼす影響 ---, 第110回 日本歯科保存学会春季学会, (巻), (号), (頁), 1999年5月..[著者] ...
閲覧 浦山 明久, 吉山 昌宏, 木持 健, 松岡 希実, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 人工う蝕象牙質へのレジン浸透性, 日本歯科保存学雑誌, Vol.42, No.3, 529-535, 1999年..[著者] ...
閲覧 藤中 恵子, 川﨑 有希子, 吉田 佳子, 松岡 希実, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : ヒト感染根管における侵入細菌の局在性に関する免疫組織学的研究, 日本歯科保存学雑誌, Vol.43, No.2, 407-416, 2000年..[著者] ...
閲覧 横山 正明, 吉岡 昌美, 玉谷 香奈子, 松岡 希実, 嶋田 順子, 日野出 大輔, 中村 亮 : Campylobacter rectus表層抗原物質の性状, 口腔衛生学会雑誌, Vol.50, No.4, 494, 2000年9月..[著者] ...
閲覧 中西 正, 松岡 希実, 高橋 加奈子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : 深在う蝕における侵入細菌の局所と歯髄反応, 第113回 秋季日本歯科保存学会, (巻), (号), (頁), 2000年11月..[著者] ...
閲覧 Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Shin-ichi Tanabe, Nozomi Matsuoka, Masami Yoshioka and Ryo Nakamura : Antigenic Property of the GroEL-like Protein from Campylobacter rectus., Journal of Dental Research, Vol.80, No.4, 1333, April 2001..[著者] ...
閲覧 Makoto Fukui, Nozomi Matsuoka, Tuyoshi Akagi, Shin-ichi Tanabe, Kanako Tamatani, Masaaki Yokoyama, Masami Yoshioka, Daisuke Hinode and Ryo Nakamura : The relationship between tongue plaque and secretary-IgA in saliva from patients with breath odor, Fifth International Conference on Breath Odor Research, (巻), (号), (頁), Tokyo, July 2001..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.31, Max(EID) = 407510, Max(EOID) = 1104207.