『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 北村 光夫 ([徳島大学.技術支援部])

登録情報の数

有効な情報: 75件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 77件

全ての有効な情報 (75件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(8)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(8)
閲覧 閲覧 徳島文理大学 …(2)
閲覧 閲覧 日本生理学会 …(1)
閲覧 (未定義) …(48)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 骨芽細胞の増殖と分化に及ぼすELF磁界の影響, 日本生理学会雑誌, Vol.63, No.4, 137, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Hiroshi Miyamoto, Ryohei Murato, Ki Ho Park, Hisao Yamaguchi and Kazuo Yoshizaki : Effects of magnetic fields on intracellular Ca2+ mobilization and differentiation of neural cells, XXXIV International Congress of Physiological Sciences Abstract Book, (巻), (号), a1599, Christchurch, New Zealand, Aug. 2001..[著者] ...
閲覧 北村 光夫 : 簡易パルスジェネレータの試作, 生理学技術研究会報告, (巻), No.23, 209-210, 岡崎市, 2001年10月..[著者] ...
閲覧 中野 芳子, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 培養骨芽細胞の分化誘導に及ぼすELF 変動磁界の影響, 日本生理学会雑誌, Vol.64, No.4, 90, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 細川 敬子, 中野 芳子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : ELF 変動磁界が培養骨芽細胞の分化誘導に及ぼす影響, 日本生理学雑誌, Vol.64, No.12, 295, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 北村 光夫 : A/Dボードを利用した分析機器からのデータ取得, 生理学技術研究会報告, (巻), No.24, 132-133, 岡崎市, 2002年9月..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Ki Ho Park, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Mami Azuma, Kazuo Minakuchi, Hideki Kashimoto, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of Time-Varying Strong Magnetic Fields on Rerease of Cytosolic Free Ca2+ from Intracellular Stores in Cultured Bovine Adrenal Chromaffin Cells, Bioelectromagnetics, Vol.23, No.7, 505-515, 2002..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Ki Ho Park, Keiko Hosokawa, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki, Hisao Yamaguchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of Time-Varying Magnetic Fields on Increase in Intracellular Free Ca2+ in Cultured Cells, Proc. of International Symposium on Bioelectromagnetics, (巻), (号), 134-137, Kyoto, Oct. 2002..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Nakano, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Park Ho Ki, Toshitaka Ikehara, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Design of an Uniform Magnetic Field Exposure System for Experiments of Biological Effects of Magnetic Fields on Culture Cells, The Japanese Society of Magnetic Applications in Dentistry (JSMAD)The Second International Conference on Magnetic Applications in Dentistry, (巻), (号), (頁), (都市), Feb. 2003..[著者] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 中野 芳子, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 骨芽細胞の増殖と分化に及ぼすELF磁界の影響, 第80回日本生理学会大会, 2003年3月..[著者] ...
閲覧 池原 敏孝, 朴 基豪, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 北村 光夫, 庄野 正行, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 1.5Tesla変動強磁界が牛副腎髄質クロマフィン細胞に及ぼす影響, 日本生体磁気学会誌, Vol.16, No.1, 80-81, 2003年5月..[著者] ...
閲覧 山口 久雄, 中野 芳子, 細川 敬子, 池原 敏孝, 北村 光夫, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 培養骨芽細胞の分化誘導に及ぼすELF変動磁界の影響, 日本生体磁気学会誌, Vol.16, No.1, 82-83, 2003年5月..[著者] ...
閲覧 北村 光夫 : NMR装置の移管換え -設置と動作報告-, 生理学技術研究会報告, (巻), No.25, 110-111, 岡崎市, 2003年7月..[著者] ...
閲覧 池原 敏孝, 朴 基豪, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 北村 光夫, 庄野 正行, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : Tesla変動強磁界が牛副腎髄質クロマフィン細胞に及ぼす影響., 第18回 日本生体磁気学会発表, (巻), (号), (頁), 2003年(99月)..[著者] ...
閲覧 Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hiroe Shichijo, Mitsuo Kitamura, Akira Soda, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF magnetic fields on signal for differentiation of cultured osteoblastic cells by multispectral imaging system., Proceedings of 26th BEMS Meeting, (巻), (号), 216, Washington, D.C., June 2004..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Tadahiro Teramoto, Hitoshi Houchi, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Yohsuke Kinouchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a switched 1.5 tesla magnetic field on intracellular Ca2+ signaling pathways of adrenal chromaffin cells, Proceedings of 26th BEMS Meeting, (巻), (号), (頁), Washington, D.C., June 2004..[著者] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 七条 裕衣, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : Imspector法による培養骨芽細胞の分化に及ぼすELF磁界の影響, 第81回日本生理学会大会, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : ImSpector法による培養骨芽細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 49-52, 2004年7月..[著者] ...
閲覧 七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : 培養骨芽細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, (巻), (号), (頁), 2004年9月..[著者] ...
閲覧 池原 敏孝, Tadahiro Eramoto, 佐々木 ひろみ, 山口 久雄, 細川 敬子, 北村 光夫, 庄野 正行, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : Effect of time-varying strong magnetic field on transient increase in intracellular Ca2+ in bovine adrenal chromaffin cells, 第8回シンポジウムおよび特定領域研究 「強磁場新機能」第2回シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2004年9月..[著者] ...
閲覧 七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : ImSpecter法による培養骨牙細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, Technical Report of IEICE, MBE, Vol.32, (号), 49-52, 2004年..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Ki Ho Park, Kazuo Minakuchi, Hideki Kashimoto, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying strong magnetic field on transient increase in Ca2+ release induced by cytosolic Ca2+ in cultured pheochromocytoma cells, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1724, No.1-2, 8-16, 2005..[著者] ...
閲覧 北村 光夫, 稲垣 明浩, 吉﨑 和男 : 生体試料測定のためのNMR装置特性の基礎的検討, 四国医学雑誌, Vol.61, No.1,2, 60, 2005年4月..[著者] ...
閲覧 北村 光夫 : イメージング分光器による分光画像解析の検討, 生理学技術研究会報告, (巻), No.27, 142-143, 岡崎市, 2005年5月..[著者] ...
閲覧 池原 敏孝, 佐々木 ひろみ, 寺本 忠弘, 細川 敬子, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 山口 久雄, 宮本 博司 : 副腎髄質クロマフィン細胞」の細胞内Ca2+の一過性増加に及ぼす変動磁界の影響, The Japanese Journal of Physiology, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 七条 裕衣, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 会沢 勝夫 : 骨芽細胞の分化に及ぼすELF磁界のシグナル伝達への影響, The Japanese Journal of Physiology, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hiroe Shichijo, Mitsuo Kitamura, Akira Soda, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF magnetic field on signal transduction for the deffrentiation of osteoblast-like signal transduction for the deffrentiation of osteoblast-like cells, Bioelectromagnetics 2005 Abstract Collection, (巻), (号), 348, Dublin, June 2005..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Tadahiro Teramoto, Hitoshi Houchi, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular Ca2+ movements of cultured bovine adrenal chromaffin cells, Bioelectromagnetics 2005 Abstract Collection, (巻), (号), 405-406, Dublin, June 2005..[著者] ...
閲覧 佐々木 ひろみ, 寺本 忠弘, 池原 敏孝, 山口 久雄, 細川 敬子, 芳地 一, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副腎髄質クロマフィン細胞の細胞内情報伝達に及ぼす1.5T 変動磁界の影響, 日本生体磁気学会雑誌, Vol.18, No.1, 158, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : 培養骨芽細胞のシグナル伝達に及ぼすELF磁界の影響, 日本生体磁気学会誌 特別号 第20回日本生体磁気学会論文集, Vol.18, No.1, 166-167, 2005年..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells of bovine adrenal chronmaffin cells in culture, The Journal of Physiological Sciences, Vol.56, S110, March 2006..[著者] ...
閲覧 Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Toshitaka Ikehara, Hiroe Shichijo, Mitsuo Kitamura, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF differetiation of cultured osteoblast-like cells, The Journal of Physiological Sciences, Vol.56, S111, March 2006..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Kazuyoshi Kawazoe, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells and actin filaments of bovine adrenal chronmaffin cells, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 28th Annual Meeting, (巻), (号), 81-82, Cancun, June 2006..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Yuki Minami, Shiota Naoko, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF A TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON CELL VOLUME REGULATION OF CULTURED BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 29th Annual Meeting, 375-376, Kanazawa, June 2007..[著者] ...
閲覧 早野 尚志, 北村 光夫, 浜岡 建城, 吉﨑 和男 : 1H-MRI顕微画像測定法の基礎的検討, 四国医学雑誌, Vol.63, No.5,6, 252-253, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 早野 尚志, 北村 光夫, 浜岡 建城, 吉﨑 和男 : 1H-NMRによる拡散画像測定法の開発, 日本生理学雑誌, Vol.70, No.2, 66, 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Nishisako Hirotaka, Shiraishi Tairoh, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on bovine adrenal chromaffin cells., Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 117-118, Harbin, Jan. 2008..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Shiraishi Tairho, Nishisako Hirotaka, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON REGULATORY VOLUME DECREASE IN BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, The Bioelectromagnetics Society 30th Annual Meeting, 368-369, San Diego, Jan. 2008..[著者] ...
閲覧 Kazuo Yoshizaki, Hayano Takashi, Mitsuo Kitamura and Arizono Naoki : Histamine and exocytosis in mast cells studied with 1H-NMR, 生物物理 第47回年会講演予稿集, Vol.49, (号), S56, Oct. 2009..[著者] ...
閲覧 早野 尚志, 北村 光夫, 吉﨑 和男 : 1H-NMRスペクトルによるマスト細胞のヒスタミン分泌の解析, 四国医学雑誌, Vol.65, No.5,6, 206, 2009年12月..[著者] ...
閲覧 北岡 和義, 三浦 哉, 北村 光夫, 稲垣 明浩, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 : 起立動作時における予測的な脳血流量,総頸動脈血流速度の変化, 日本生理学雑誌, Vol.72, No.4, 126-127, 2010年(0月)..[著者] ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki : Anticipatory changes in carotid blood flow velocity and cerebral blood flow precede standing movement, The Journal of Physiological Sciences, Vol.60, No.Supplement 1, S92, (month)2010..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Hirotaka Nishisako, Tairoh Shiraishi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of time-varying magnetic field on cell volume regulation of bovine adrenal chromaffin cells in hyposmotic medium, The Journal of Physiological Sciences, Vol.60, No.Supplement 1, S106, (month)2010..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, 西迫 寛隆, 白石 泰郎, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Mitsuo Kitamura, 庄野 正行, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of time-varying magnetic field on cell volume regulation of bovine adrenal chromaffin cells in hyposmotic medium., 第87回日本生理学会大会, May 2010..[著者] ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki : Anticipatory changes in carotid blood flow velocity and cerebral blood flow preceds standing movement., 第87回日本生理学会大会, May 2010..[著者] ...
閲覧 (種別) : Toshitaka Ikehara, Hirotaka Nishisako, Yuki Minami, Hiromi Sasaki Ichinose, Tairo Shiraishi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Hitoshi Houchi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of exposure to a time-varying 1.5T magnetic field on the neurotransmitter-activated increase in intracellular Ca(2+) in relation to actin fiber and mitochondrial functions in bovine adrenal chromaffin cells., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1800, No.12, 1221-1230, (発行所), (都市), Sep. 2010..[著者] ...
閲覧 北岡 和義, 三浦 哉, 北村 光夫, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 : 起立に先行する総頸動脈血流速度の予測的変化, 第66回日本体力医学会中国・四国地方会大会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 早野 尚志, 北村 光夫, 浜岡 建城, 吉﨑 和男 : NMR検出コイルの作製と生物試料測定への応用, 第62回日本生理学会中国四国地方会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki : Feed-forward changes in carotid blood flow velocity during active standing., Neuroscience Letters, Vol.487, No.2, 240-245, 2011..[著者] ...
閲覧 Hirotaka Nishisako, Toshitaka Ikehara, Tairoh Shiraishi, Yuki Minami, Ichinose Hiromi Sasaki, Hitoshi Houchi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a 1.5 T time-varying magnetic field on cell volume regulation of bovine adrenal chromaffin cells in hyposmotic media., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 95-105, 2011..[著者] ...
閲覧 北岡 和義, 青井 瞬, 北村 光夫, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 : 起立に伴う予測的頸動脈血流速度変化の検討-血流速度と血圧の同時記録による解析-, 第67回日本体力医学会中国・四国地方会大会, 2011年5月..[著者] ...
閲覧 早野 尚志, 北村 光夫, 吉﨑 和男 : 拡散測定のための生体試料測定用NMRプローブの作製と評価, 第243回徳島医学会学術集会, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 北岡 和義, 青井 瞬, 北村 光夫, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 : 起立に先行する頸動脈血流の変化と血圧との関連, 第63回生理学会中国四国地方会, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 早野 尚志, 北村 光夫, 吉﨑 和男 : 拡散測定のための生体試料測定用NMRプローブの作製と評価, 四国医学雑誌, Vol.67, No.5,6, 288, 2011年12月..[著者] ...
閲覧 庄野 正行, 北村 光夫, 小中 健, 川添 和義, 水口 和生 : DPIにより誘導されるヒト培養HepG2細胞死のDNA構造の解明, 臨床検査, Vol.56, No.3, 331-334, 2012年..[著者] ...
閲覧 北岡 和義, 北村 光夫, 吉﨑 和男 : スポーツクライマーおよび一般成人における両腕懸垂時の乳酸閾値, 第69回日本体力医学会中国・四国地方会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 青井 駿, 北岡 和義, 北村 光夫, 清水 紀之, 吉﨑 和男 : 極低周波変動磁界の慢性暴露はマウスにおいて副腎皮質ホルモン分泌を増強させる, 第27回日本生体磁気学会大会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 庄野 正行, 北村 光夫, 小中 健, 川添 和義, 水口 和生 : 新規開発培養チャンバーを用いた物理的圧迫によるHUVEC細胞骨格への影響, 臨床検査, Vol.56, No.7, 803-805, 2012年..[著者] ...
閲覧 北岡 和義, 北村 光夫, 吉﨑 和男 : スポーツクライマーおよび一般成人における両腕懸垂時の血中乳酸濃度, 第67回日本体力医学会大会, (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 北岡 和義, 北村 光夫, 青井 駿, 吉田 朋広, 清水 紀之, 吉﨑 和男 : 極低周波変動磁界慢性暴露による副腎皮質ホルモンの分泌増強作用, 第64回日本生理学会中国四国地方会, (巻), 2012年10月..[著者] ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka, Mitsuo Kitamura, Shun Aoi, Noriyuki Shimizu and Kazuo Yoshizaki : Chronic exposure to an extremely low-frequency magnetic field induces depression-like behavior and corticosterone secretion without enhancement of the hypothalamicpituitaryadrenal axis in mice, Bioelectromagnetics, Vol.34, No.1, 43-51, 2013..[著者] ...
閲覧 庄野 正行, 北村 光夫, 小中 健, 川添 和義, 水口 和生 : 開発培養チャンバーを用いた物理的圧迫によるHUVEC細胞骨格変化の影響, 第246回徳島医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年2月..[著者] ...
閲覧 Tomohiro Yoshida, Shun Aoi, Kazuyoshi Kitaoka, Mitsuo Kitamura, Noriyuki Shimizu and Kazuo Yoshizaki : Chronic exposure to extremely low-frequency magnetic field stimulates corticosteroid secretion in both mice and Y-1 cell line, The 90th annual meeting of Physiological Society of Japan, March 2013..[著者] ...
閲覧 北村 光夫, 早野 尚志, 吉﨑 和男 : 生体試料用改良型NMRプローブの作製と評価, 四国医学雑誌, Vol.69, No.1,2, 67-72, 2013年..[著者] ...
閲覧 早野 尚志, 北村 光夫, 吉﨑 和男 : スーパーワイドボア超電導磁石用NMRプローブの作成と評価, 第41回日本磁気共鳴医学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[著者] ...
閲覧 北村 光夫 : 生理機能学分野における業務について, 徳島大学大学院HBS研究部教育・研究技術支援部報告書, (巻), (号), 36-37, (都市), 2014年3月..[著者] ...
閲覧 北村 光夫 : 平成22年度中国・四国地区国立大学法人等技術職員研修分野別実習報告, 徳島大学大学院HBS研究部教育・研究技術支援部報告書, (巻), (号), 58-59, (都市), 2014年3月..[著者] ...
閲覧 Fumiya Kadoriku, Shiyori Kawata, Mitsuo Kitamura and Kazuyoshi Kitaoka : Chronic exposure of extremely low-frequency magnetic field stimulates aldost erone secretion in H295R cell, The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, March 2014..[著者] ...
閲覧 Shiyori Kawata, FUmiya Kadoriku, Mitsuo Kitamura and Kazuyoshi Kitaoka : Exploration of the mechanism for extremely low-frequency magnetic field-indu ced adrenal steroids up-regulation in Y-1 cell, The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, March 2014..[著者] ...
閲覧 北岡 和義, 北村 光夫, 吉田 朋広, 角陸 文哉, 川田 知代 : 極低周波変動磁界の曝露はcAMP濃度の上昇を介して副腎皮質由来細胞株のステロイド分泌量を亢進させる, 第29回日本生体磁気学会大会, 2014年5月..[著者] ...
閲覧 北村 光夫 : ウシガエル心の心筋活動電位および心拍動の同時測定, 生理学技術研究会報告, No.36, 98-99, 岡崎市, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Mutsumi Nakahashi, Zehong Su, Masatake Akutagawa, Koichiro Tsuchiya, Mitsuo Kitamura, Akira Takahashi and Yohsuke Kinouchi : Effects of UV-A LED light irradiation on growth of cultured RAW 264.7 cells, Toxicological and Environmental Chemistry, Vol.97, No.2, 243-255, 2015..[著者] ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka, Shiyori Kawata, Tomohiro Yoshida, Fumiya Kadoriku and Mitsuo Kitamura : Exposure to an Extremely-Low-Frequency Magnetic Field Stimulates Adrenal Steroidogenesis via Inhibition of Phosphodiesterase Activity in a Mouse Adrenal Cell Line, PLoS ONE, Vol.11, No.4, e0154167, 2016..[著者] ...
閲覧 北村 光夫 : フリーウエアを用いたFCS出力ファイルの読み込みと描画, 臨床検査, Vol.62, No.6, 774-778, 2018年..[著者] ...
閲覧 北村 光夫 : 細胞周期解析の実際 PI (Propidium Iodide) 染色測定での注意点, 徳島大学技術支援部技術報告, No.6, 1-3, (都市), 2023年2月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.44, Max(EID) = 405277, Max(EOID) = 1099296.