『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.生体情報薬科学部門.分子情報薬学講座 (2004年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 127件 + 無効な情報: 16件 = 全ての情報: 143件

全ての有効な情報 (127件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 独立行政法人 産業技術総合研究所 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Saburo Shimabayashi : (INVITED) GORDON Research Conference on Calcium Phosphates: Adsorption and surface chemistry of hydroxyapatite, (誌名), (巻), (号), (頁), Plymouth,NH,USA, June 1985..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi : (INVITED) GORDON Research Conference on Calcium Phosphates: Incongruent dissolution and solubility product of hydroxyapatite in the presence of organic ion, (誌名), (巻), (号), (頁), Plymouth, NH, USA, June 1987..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi : (INVITED) GORDON Research Conference on Calcium Phosphates: Effect of phosphoryrated polyvinyl alcohol on the formation of hydroxyapatite and on the adsorption of bovine serum albumin by hydroxyapatite, (誌名), (巻), (号), (頁), New Port, RI, USA, July 1989..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 寺田 弘, 岡林 博文 : 生体コロイド,基礎と実際, 第1巻, 株式会社 廣川書店, 東京, 1990年11月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 寺田 弘, 岡林 博文 : 生体コロイド, 基礎と実際,第2巻, 株式会社 廣川書店, 東京, 1990年11月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : SI単位と化学計算の実際, 株式会社 廣川書店, 東京, 1990年12月..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi : (INVITED) GORDON Research Conference on Calcium Phosphates: Adsorption of noionic hydrophobic polymer on the surface of hydroxyapatite treated with anionic amphiphilic compound, Gordon Research Conference on Calcium Phosphates, (巻), (号), (頁), New Port, RI, USA, July 1994..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi, Tadayuki Uno, Noriyoshi Hashimoto and Hitoshi Kawamura : (INVITED) Formation of Hydroxyapatite in the Presence of Phosphorylated and Sulfated Polymer in an Aqueous Phase, Washington, the book of Abstracts, Vol.208, (号), 57, Washington, DC, Aug. 1994..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno : Formation of Hydroxyapatite in the Presence of Phosphorylated and Sulfated Polymer in an Aqueous Phase, in "Mineral Scale Formation and Inhibition, Edited by Z. Amjad", Plenum Publishing Corporation, New York, Oct. 1995..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno : Hydroxyapatite-Biopolymer Interaction, in "Polymeric Materials Encyclopedia, Edited by J.C. Salamone", CRC Press, Boca Raton, Florida, July 1996..[組織] ...
閲覧 井川 学, 竹内 政樹, 片桐 保行, 谷川 潤一郎, 大河内 博 : 雨,霧,露水中に含まれる有機酸濃度とその支配要因, 第37回大気環境学会年会, 1996年9月..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi, Sawa Nishine and Tadayuki Uno : (INVITED) Adsorption of Hydroxyprorylcellulose on Hydroxyapatite via Formation of Surface Complex with Sodium Dodecylsulfate, The Abstracts; The ACS Division of Colloid and Surface Chemistry, Vol.214, (号), 154, Las Vegas,NV, Sep. 1997..[組織] ...
閲覧 竹内 政樹, 大田垣 恵, 大河内 博, 井川 学 : 露水の化学組成とその酸性化機構(5), 環境科学会1997年会, 1997年10月..[組織] ...
閲覧 中馬 寛, 熊沢 智, 伊藤 篤志, 最勝寺 俊英 : 農薬の分子設計, --- メトコナゾールとイプコナゾールの探索と開発において ---, (発行所), (都市), 1998年(0月)..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno : Crystal Growth of Calcium Phosphates in the Presence of Polymeric Inhibitors, in ""Calcium Phosphates in Biological and Industrial Systems, Edited by Z. Amjad"", Kluwer Academic Publishers, Norwell, Massachusetts, Jan. 1998..[組織] ...
閲覧 竹内 政樹, 大河内 博, 井川 学 : 露水の化学組成とその酸性化機構(6), 日本化学会第74春季年会, 1998年3月..[組織] ...
閲覧 竹内 政樹, 大河内 博, 井川 学 : 露水の化学組成とその酸性化機構(7), 第39回大気環境学会年会, 1998年9月..[組織] ...
閲覧 Hiroshi Okochi, Masaki Takeuchi and Manabu Igawa : Effect of acid deposition on urban dew chemistry in Yokohama, Japan, 1st International Conference on Fog and Fog Collection, Vancouver, July 1999..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi, Keiko Furukawa and Tomoaki Hino : (INVITED) Effect of Alkylphosphates on the Formation and Crystallization of Calcium Phosphates in an Aqueous Phase, The Abstracts; ACS Division of Colloid & Surface Chemistry, Vol.218, (号), 186, New Orleans, LA, Aug. 1999..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : ドイツ薬学会代表団Ammon教授(ドイツ薬学会会頭)の挨拶, ファルマシア, Vol.35, No.9, 948-949, 1999年9月..[組織] ...
閲覧 竹内 政樹, 大河内 博, 井川 学 : 露水の化学組成とその酸性化機構(8), 第40回大気環境学会年会, 1999年9月..[組織] ...
閲覧 Masaki Takeuchi, Hiroshi Okochi and Manabu Igawa : Chemical Components and Acidification Mechanism of Dew-Water, Oxidants / Acidic Species and Forest Decline in East Asia, Nagoya, Nov. 1999..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : 第13改正日本薬局方第2追補解説書; 26.浸透圧測定法および68.熱分析法, 株式会社 廣川書店, 東京, 2000年1月..[組織] ...
閲覧 竹内 政樹, 大河内 博, 井川 学 : 露水の化学組成とその酸性化機構(9), 日本化学会第78春季年会, 2000年3月..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi : (INVITED) GORDON Research Conference on Biomineralization: Physicochemical studies on adsorption and complex formation on the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase, Gordon Research Conference on biomineralization, (巻), (号), (頁), New London, NH, USA, Aug. 2000..[組織] ...
閲覧 竹内 政樹, 長谷川 哲夫, 大河内 博, 井川 学 : 露水の化学組成とその酸性化機構(10), 第41回大気環境学会年会, 2000年9月..[組織] ...
閲覧 Masaki Takeuchi, Hiroshi Okochi and Manabu Igawa : Dew-water chemistry and its dominant factors, 6th International Conference on Acidic Deposition, Tsukuba, Dec. 2000..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : 最近の製剤研究にみる技術評価, --- 製剤設計の新展開 ---, オレオサイエンス, Vol.1, No.7, 725-733, 2001年7月..[組織] ...
閲覧 Masaki Takeuchi, Tetuo Hasegawa, Hiroshi Okochi and Manabu Igawa : Measurement of Weak Acid in Dew-water and Comparison in Rain- and Fog-water, Second International Conference on Fog and Fog Collection, St. John's Newfoundland, July 2001..[組織] ...
閲覧 Akira Shibata, H. Ikema, Satoru Ueno, E. Muneyuki and Tomihiko Higuti : Alkane derivative-bacteriorhodopsin interaction: proton transport and protein structure, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.22, No.1, 31-38, 2001..[組織] ...
閲覧 竹内 政樹, 長谷川 哲夫, 大河内 博, 井川 学 : 露水の化学組成とその酸性化機構(11), 第42回大気環境学会年会, 2001年10月..[組織] ...
閲覧 Akira Shibata, A. Yorimitsu, H. Ikema, K. Minami, Satoru Ueno, E. Muneyuki and Tomihiko Higuti : Photocurrent of purple membrane adsorbed onto a thin polymer film, --- action characteristics of the local anesthetics ---, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.23, No.4, 375-382, 2002..[組織] ...
閲覧 Satoru Ueno and Akira Shibata : Redox potential of bacteriorhodopsin in oriented purple membrane films, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.23, No.4, 383-390, 2002..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi : (INVITED) Formation of Intermolecular Complex and Polymer-Drug Interaction on the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase, The Abstract for the 4th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials, (巻), (号), 4, Jena, Germany, July 2002..[組織] ...
閲覧 竹内 政樹, 大河内 博, 井川 学 : 露水の化学組成とその酸性化機構(12), 第43回大気環境学会年会, 2002年9月..[組織] ...
閲覧 竹内 政樹, 前田 敏哉, 大河内 博, 井川 学 : 露水の化学組成とその酸性化機構(13), 第43回大気環境学会年会, 2002年9月..[組織] ...
閲覧 Yoshinobu Baba : Micro Total Analysis System, Kluwer, (都市), Nov. 2002..[組織] ...
閲覧 Satoru Ueno, Akira Shibata, Yorimitsu Ayako, Yoshinobu Baba and Naoki Kamo : Redox potentials of the oriented film of the wild-type, the E194Q-, E204Q- and D96N-mutated bacteriorhodopsin, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1609, No.1, 109-114, 2003..[組織] ...
閲覧 日野 知証, 谷本 政雄, 嶋林 三郎 : 噴霧乾燥法によるシルクマイクロスフェアの調製とその物性の評価, 第123年会日本薬学会講演要旨集, Vol.1, No.4, 95, 2003年3月..[組織] ...
閲覧 日野 知証, 石本 隼人, 嶋林 三郎 : カードラン懸濁液の加温によるゲル化に関する研究, --- (1)高齢者向けゼリー製剤の開発 ---, 第123年会日本薬学会講演要旨集, Vol.1, No.4, 87, 2003年3月..[組織] ...
閲覧 日野 知証, 石本 隼人, 嶋林 三郎 : カードラン懸濁液の加温によるゲル化に関する研究, --- (2)浸漬時間の影響 ---, 第123年会日本薬学会講演要旨集, Vol.1, No.4, 87, 2003年3月..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi : (INVITED) Surface Chemistry of Biomineralization: Surface Modification of Hydroxyapatite and Formation of Intermolecular Complex on the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase, The Abstract for International Symposium on "Nano-Technology for Biopharmaceuticals", (巻), (号), 129-147, Seoul, July 2003..[組織] ...
閲覧 Akira Shibata, Syuichi Murata, Satoru Ueno, Shaoqiqn Liu, Shiroh Futaki and Yoshinobu Baba : Synthetic copoly(Lys/Phe) and poly(Lys) translocate through lipid bilayer membranes, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1616, No.2, 147-155, 2003..[組織] ...
閲覧 児嶋 智美, 日野 知証, 嶋林 三郎 : ErythrosineBの吸着に伴う尿酸結晶の崩壊, 第56回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.1, No.1, 287, 2003年9月..[組織] ...
閲覧 出口 亮, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 有機酸ー水溶性高分子の複合体形成に伴う油水分配への影響, 第56回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.1, No.1, 314, 2003年9月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 喜多 真希子, 日野 知証 : ヒドロキシアパタイト・水界面におけるアルキルリン酸と非イオン性界面活性剤の複合体形成と吸着, 第15回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.1, No.1, 27-28, 2003年10月..[組織] ...
閲覧 加藤 由加里, 福岡 真己子, 星野 昌志, 日野 知証, 嶋林 三郎 : ヒドロキシアパタイトに対する有機スルホン酸の吸着機構と界面複合体の形成, 第15回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.1, No.1, 29-30, 2003年10月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 井上 正敏, 寺田 弘 : 製剤物理化学(第8刷), 株式会社 廣川書店, 東京, 2004年2月..[組織] ...
閲覧 Mari Tabuchi, Masanori Ueda, Noritada Kaji, Yuichi Yamasaki, Yukio Nagasaki, Kenichi Yoshikawa, Kazunori Kataoka and Yoshinobu Baba : Nanospheres for DNA Separation Chips, Nature Biotechnology, Vol.22, No.3, 337-340, 2004..[組織] ...
閲覧 児嶋 智美, 日野 知証, 嶋林 三郎 : Rose BengalおよびErythosineBの吸着に伴う尿酸結晶の崩壊, 第124年会日本薬学会講演要旨集, Vol.124, No.3, 10, 2004年3月..[組織] ...
閲覧 出口 亮, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 薬物ー水溶性高分子間における複合体形成の油水分配とエマルション粒子形成への影響, 第124年会日本薬学会講演要旨集, Vol.124, No.3, 14, 2004年3月..[組織] ...
閲覧 日野 知証, 石本 隼人, 嶋林 三郎 : カードラン懸濁液の加温によるゲル化に及ぼす塩の影響, 第124年会日本薬学会講演要旨集, Vol.124, No.4, 93, 2004年3月..[組織] ...
閲覧 細井 和雄, 樋口 富彦, 柏俣 正典, 新垣 理恵子, 新垣 尚捷, 多田 淳, 津村 恵子, 赤松 徹也, 武田 京子, 上野 明道, 末永 みどり, 馬場 嘉信, : 分子細胞生物学基礎実験法 改訂第2版(分担), 南江堂, 東京, 2004年4月..[組織] ...
閲覧 浜田 道昭, 馮 誠, 稲垣 祐一郎, 長嶋 雲兵, 村上 和彰, 中馬 寛 : 超高速計算環境での生体関連分子の活性·機能予測システムの構築:HIVプロテアーゼ阻害剤の解析への応用, 日本応用数理学会論文誌, Vol.14, No.4, 267-288, 2004年..[組織] ...
閲覧 Eiji Takeda, Junji Terao, Yutaka Nakaya, Ken-ichi Miyamoto, Yoshinobu Baba, Hiroshi Chuman, Ryuji Kaji, Tetsuro Ohmori and Kazuhito Rokutan : Stress control and human nutrition, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 139-145, 2004..[組織] ...
閲覧 児嶋 智美, 日野 知証, 嶋林 三郎 : ErythrosineBまたはRose Bengalの吸着に伴う尿酸結晶の崩壊と結晶成長の阻害, 第57回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.57, No.1, P-022, 2004年9月..[組織] ...
閲覧 蕨野 訓臣, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 疎水性表面を持つヒドロキシアパタイトの調製, 第57回コロイドおよび界面化学討論会, Vol.57, No.1, P-023, 2004年9月..[組織] ...
閲覧 出口 亮, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 芳香族化合物-水溶性高分子間の複合体形成に伴う油水分配とエマルション粒子形成への影響, 第57回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.57, No.1, P-084, 2004年9月..[組織] ...
閲覧 Hiroshi Okochi, Masanori Kataniwa, Daisuke Sugimoto, Masaki Takeuchi and Manabu Igawa : Enhanced dissolution of volatile organic compounds into urban dew water collected in Yokohama, Japan, The 3rd International Conference on Fog, Fog Collection and Dew, Cape town, Oct. 2004..[組織] ...
閲覧 Michiaki Hamada, Yuichiro Inagaki and Hiroshi Chuman : Drug Discovery Using Grid Technology, The 15th European Symposium on Quantitative Structure-Activity Relaltionship & Molecular Modelling (Euro QSAR 2004), Istanbul, Oct. 2004..[組織] ...
閲覧 Akitsugu Murakami, Yoshio Tanaka, Yohsuke Kinouchi, Mitsuru Ishikawa and Yoshinobu Baba : Laser Manipulation System with Image Processing Function for Automated Manipulation of Micro Particles, Tenth National Meeting of the Society for Chemistry and Micro-Nano Systems, (巻), (号), 62-63, Nov. 2004..[組織] ...
閲覧 Purnendu K Dasgupta, Masaki Takeuchi and Rahmat SM Ullah : Continuous measurement of ammonia and acid gases, particulate ammonium and anions, An International Specialty Conference Sponsored by the American Association for Aerosol Research, Atlanta, Feb. 2005..[組織] ...
閲覧 Rahmat SM Ullah, Masaki Takeuchi and Purnendu K Dasgupta : A small footprint gas particle ion chromatography system, An International Specialty Conference Sponsored by the American Association for Aerosol Research, Atlanta, Feb. 2005..[組織] ...
閲覧 蕨野 訓臣, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 疎水性表面を持ったヒドロキシアパタイトの調製, 第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 21, 2005年3月..[組織] ...
閲覧 鵜飼 大, 鍬塚 理沙, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 多孔性粉体に対する薬物の吸着に及ぼす高分子の影響, --- 活性炭・Methyl Orange・PVPについて ---, 第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 21, 2005年3月..[組織] ...
閲覧 山下 祥子, 岸本 耕一, 日野 知証, 嶋林 三郎 : ポリエチレングリコールを用いた溶融混合物調製による核酸塩基の溶解性の改善, 第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 132, 2005年3月..[組織] ...
閲覧 Zsolt Lepp and Hiroshi Chuman : Connecting Traditional QSAR and Molecular Simulations of Papain Hydrolysis-Importance of Charge Transfer, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.13, No.9, 3093-3105, 2005..[組織] ...
閲覧 田中 秀治, 嶋林 三郎 : 「分散技術大全集」,第10章 分散状態の評価方法,第3節 粒度分布(分担), (株)情報機構 出版部, 東京, 2005年7月..[組織] ...
閲覧 Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp and Hiroshi Chuman : Approach to novel functional foods for stress control 1.Toward structure-activity relationship and data mining of food compounds by chemoinformatics, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Suppl, 240-241, 2005..[組織] ...
閲覧 Hiroshi Chuman : Fundamental, Structure Based and Clinical QSAR, 11th Asian Chemical Congress, Seoul, Aug. 2005..[組織] ...
閲覧 Hiroshi Chuman : Some Topics from Our research projects, Asia Hub for e-Drug Discovery Workshop, Seoul, Aug. 2005..[組織] ...
閲覧 Naoko Oda and Saburo Shimabayashi : Binding mechanism of Triton X and Triton N to the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase, Phosphorus Research Bulletin, Vol.19, No.1, 198-203, 2005..[組織] ...
閲覧 Kuniomi Warabino and Saburo Shimabayashi : Preparation and characterization of HAP particles having hydrophobic surface, Phosphorus Research Bulletin, Vol.19, No.1, 294-299, 2005..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Naoko Oda : Binding Mechanism of TritonX-100 and TritonN to the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase, Abstracts; 5th international symposium on inorganic phosphate materials `5, (巻), (号), 42, Kasugai(Japan), Sep. 2005..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Kuniomi Warabino : Praparation and Characterization of Hydroxyapatite Particles Having Hydrophobic Surface, Abstracts;5th Internationnal Symposium on Inorganic Phosphate Meterials `05, (巻), (号), 54, Kasugai(Japan), Sep. 2005..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi and Emiko Motoki : Complex Formation between Na Chondroitin-6-sulfate and Acidic Aromatic Compounds on the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase, Abstracts; 5th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials `5, (巻), (号), 55, Kasugai(Japan), Sep. 2005..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 鵜飼 大, 鍬塚 理沙 : 活性炭に対する色素の吸着に及ぼすポリビニルピロリドンの影響, 第58回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, (巻), (号), 446, 2005年9月..[組織] ...
閲覧 Kazuto Sato, Hiroshi Chuman and Seiichiro Ten-no : Comparative Study on Solvation Free Energy Expressions in Reference Interaction Site Model Integral Equation Theory, The Journal of Physical Chemistry B, Vol.109, No.36, 17290-17295, 2005..[組織] ...
閲覧 Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto and Hiroshi Chuman : Clinical QSAR study on the prediction of drug excretion into human breast milk, Drug Metabolism Reviews, Vol.37, No.suppl2, 330-331, 2005..[組織] ...
閲覧 Xiangli Liu, Hideji TANAKA, Aiko Yamauchi, Bernard Testa and Hiroshi Chuman : Determination of lipophilicity by reversed-phase high-performance liquid chromatography: Influence of 1-octanol in the mobile phase, Journal of Chromatography. A, Vol.1091, No.1-2, 51-59, 2005..[組織] ...
閲覧 Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto and Hiroshi Chuman : Clinical QSAR study on the prediction of drug excretion into human breast milk, 13th NA ISSX Meeting/20th JSSX Meeting, (巻), (号), (頁), Maui, Oct. 2005..[組織] ...
閲覧 Shinji Amari, Masahiro Aizawa, Junwei Zhang, Kaori Fukuzawa, Yuji Mochizuki, Yoshio Iwasawa, Kotoko Nakata, Hiroshi Chuman and Tatsuya Nakano : VISCAN: Visualized Cluster Analysis of Protein-Ligand Interaction Based on the ab initio Fragment Molecular Orbital Method for Virtual Ligand Screening, Journal of Chemical Information and Modeling, Vol.46, No.1, 221-230, 2005..[組織] ...
閲覧 植野 哲, 柴田 あきら, 嶋林 三郎 : Polyethyleneimine can permeate the lipid bilayer of gigant liposome, 第41回日本界面医学会学術研究会 プログラムおよび抄録, (巻), (号), 16, 2005年11月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 鵜飼 大, 鍬塚 理沙 : 徳島県産の竹炭の吸着特性, 第44回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, (巻), (号), 65, 2005年11月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 井上 朋法 : 塩酸クロルヘキシジンの溶解度に対する添加物の影響, 第44回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, (巻), (号), 65, 2005年11月..[組織] ...
閲覧 Zsolt Lepp, Kinoshita Takashi and Hiroshi Chuman : Screening for New Antidepressant Leads of Multiple Activities by Support Vector Machines, Journal of Chemical Information and Modeling, Vol.46, No.1, 158-167, 2006..[組織] ...
閲覧 田中 秀治, 嶋林 三郎 : 日本薬学会編 薬学教科書シリーズ第7巻 「製剤化のサイエンス」 第I部 製剤材料の性質,第2章 分散系,SBO-5 界面の性質,SBO-6 界面活性剤の性質と種類,SBO-7 乳剤の型と性質, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2006年2月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 植野 哲, 小田 奈央子 : ヒドロキシアパタイトに対する2種界面活性剤の同時吸着, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, (巻), (号), 17, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 井上 朋法, 植野 哲, 嶋林 三郎 : 塩酸クロルヘキシジンの溶解度に及ぼす低分子および高分子量物質の添加の影響, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, (巻), (号), 20, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 植野 哲, 柴田 あきら, 嶋林 三郎 : 負荷電型ポリアミノ酸のリポソーム脂質2分子膜透過, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, (巻), (号), 21, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 植野 哲, 鍬塚 理沙, 鵜飼 大 : 低分子量物質の活性炭に対する吸着に及ぼすPVPとの複合体形成の影響, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, (巻), (号), 17, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 日野 知証, 小倉 良穂, 大地 沙織, 嶋林 三郎 : 油性薬物封入カードランゼリーの調製, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, (巻), (号), 145, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Kuniomi Warabino : Preparation and adsorption properties of hydroxyapatite surface-modified by cetylphosphate, Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, No.1, 129-134, 2006..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 田中 秀治, 植野 哲 : 製剤への物理化学, --- 嶋林:編集,第12章 医薬品としての高分子(嶋林・植野の共著).第5章 溶解現象(田中の単著),第6章 水溶液(田中の単著). ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2006年8月..[組織] ...
閲覧 Saburo Shimabayashi, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Emiko Motoki : Effect of Dodecyltrimethylammonium Chloride on the Adsorption of Bovine Serum Albumin to the Surface of Hydroxyapatite, Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, No.1, 135-140, 2006..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : 第16回無機リン化学討論会, 第16回無機リン化学討論会 講演要旨集, Vol.16, (号), (頁), 2006年11月..[組織] ...
閲覧 竹内 政樹 : 環境中に存在する過塩素酸塩, ぶんせき, Vol.386, No.2, 94-95, 2007年2月..[組織] ...
閲覧 日野 知証, 小岡 直美, 嶋林 三郎 : カードランを用いた薬物封入ゲルビーズの調製, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 58, 2007年3月..[組織] ...
閲覧 大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 : コポリアミノ酸/蛋白質複合体のリポソーム膜との相互作用, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 49, 2007年3月..[組織] ...
閲覧 濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性リポソームとDNAの複合体形成, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月..[組織] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : 正電荷型ポリアミノ酸とリポソーム脂質2分子膜間の相互作用に対する共存イオンの影響, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 富田 基郎, 他多数 : 薬科学大辞典(第4版・編集代表·富田基郎), 株式会社 廣川書店, 東京, 2007年4月..[組織] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドの脂質二分子膜透過, 第1回日本生物物理学会四国支部大会講演要旨集, Vol.1, (号), 6, 2007年6月..[組織] ...
閲覧 Emiko Motoki, Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Effects of ionic surfactants on the adsorption of bovine serum albumin to the surface of hydroxyapatite, Phosphorus Research Bulletin, Vol.21, No.1, 9-15, 2007..[組織] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドの脂質二分子膜透過, 第4回「ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用」研究会 講演要旨集, Vol.4, No.1, (頁), 2007年8月..[組織] ...
閲覧 小田 奈央子, 村田 武史, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ヒドロキシアパタイト・水界面におけるアルキルリン酸関与の有機化合物界面複合体形成, 第17回無機リン化学討論会講演要旨集(October 2007,札幌), Vol.17, No.1, (頁), 2007年10月..[組織] ...
閲覧 水野 智, 植野 哲, 嶋林 三郎 : 水中におけるアスピリンとグルコース系高分子との相互作用, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, (頁), 2007年11月..[組織] ...
閲覧 谷河 佑城, 植野 哲, 嶋林 三郎 : Polyplexの構造と物性に及ぼすPoly-L-lysine分子量の依存性, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, (頁), 2007年11月..[組織] ...
閲覧 金久 祥史, 植野 哲, 嶋林 三郎 : プルロニックによるメチルイエローの特異的な可溶化, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, (頁), 2007年11月..[組織] ...
閲覧 浦辻 直幸, 植野 哲, 嶋林 三郎 : 遺伝子導入ベクターとしてのLiposomeの構造,性質の変化に及ぼす電荷比の影響, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, (頁), 2007年11月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : 第25回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 第25回徳島大学薬学部卒後教育公開講座 講演要旨集, Vol.25, (号), (頁), 2007年12月..[組織] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : 正荷電型ポリアミノ酸のリポソーム脂質2分子膜透過に対する2次構造の影響, 日本薬学会第128年会講演要旨集(横浜), Vol.128, No.4, 14, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎, 柏田 良樹 : <講座:抗菌製品を創る>抗菌剤の種類,特徴とその動向; 天然系抗菌剤, 防菌防黴誌, Vol.36, No.5, 323-333, 2008年5月..[組織] ...
閲覧 Tomoaki Hino, Koichi Inoue, Hisao Oka, Yoshiho Ogura, Saori Ohchi and Saburo Shimabayashi : Thermal Gelation of Oil-in-Aqueous Curdlan Emulsions, Abstract: Particles 2008, (巻), (号), (頁), Orland Florida USA, May 2008..[組織] ...
閲覧 Takeshi Murata, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Saburo Shimabayashi : Solubility of monoalkyl phosphate in water in the presence of arginine and Triton, and solubilization of methyl yellow through the mixed micelle, Phosphorus Research Bulletin, Vol.22, No.1, 41-47, 2008..[組織] ...
閲覧 谷河 佑城, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ポリプレックスの構造と物性に対する分子量の及ぼす影響, 第24回日本DDS 学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, (頁), 2008年6月..[組織] ...
閲覧 中野 雅德, 細井 和雄, 伊賀 弘起 : 朝鮮大学校歯科大学訪問の報告, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.1, 287-288, 2008年..[組織] ...
閲覧 Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly(Arg)-nanoparticle complexes translocate through lipid bilayer membranes, International Symposium on Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes (ISNT2008); Proceedings - Extended Abstracts, Vol.1, No.1, (頁), Sapporo, June 2008..[組織] ...
閲覧 Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly(Arg)-nanoparticle complexes translocate lipidbilayer membrane, ABSTRACTS: International Symposium on Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmemtal Application of Fine Particles and Nanotubes, Vol.1, No.1, (頁), June 2008..[組織] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドによるヒドロキシアパタイトナノ粒子の脂質二分子膜透過, 第24回日本DDS 学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, (頁), 2008年6月..[組織] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチド・ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体の脂質2分子膜透過, 第18回無機リン化学討論会講演要旨集(October, 2008 奈良), Vol.18, No.1, (頁), 2008年10月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : 嶋林三郎・加茂直樹 編集,薬学生のための 生物物理化学入門, 株式会社 廣川書店, 東京, 2008年11月..[組織] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎, 山崎 秀朗 : ポリエチレンイミンとリポソームの相互作用の検討, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.47, No.1, (頁), 2008年11月..[組織] ...
閲覧 Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly(Arg) - nanoparticle complexes translocate through lipid bilayer membranes., 日本生物物理学会第46回年会講演予稿集(福岡), Vol.48, No.special issue #1, S160, Dec. 2008..[組織] ...
閲覧 植野 哲, 嶋林 三郎 : Poly-L-arginine-ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体形成と脂質二分子膜との相互作用, 日本薬学会第129年会講演要旨集(京都, 27Q-am158), Vol.129, No.4, (頁), 2009年3月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : 表面疎水基を持つヒドロキシアパタイトに対する有機物の吸着, --- 吸着による疎水化と合成による疎水化 ---, 第1回機能性材料勉強会資料集, Vol.1, No.1, (頁), 2009年3月..[組織] ...
閲覧 嶋林 三郎 : 表面疎水基を持つヒドロキシアパタイトに対する有機物の吸着, --- 吸着による疎水化と合成による疎水化 ---, 第1回機能性材料勉強会講演資料集, Vol.1, No.1, (頁), 2009年3月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.25, Max(EID) = 383309, Max(EOID) = 1024540.