『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 井澤 俊

登録情報の数

有効な情報: 152件 + 無効な情報: 13件 = 全ての情報: 165件

全ての有効な情報 (152件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(92)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(92)
閲覧 閲覧 広島大学 …(4)
閲覧 (未定義) …(16)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 井澤 俊, 森山 啓司, 林 良夫 : RANKL刺激による活性化樹状細胞を用いたMRL/lprマウス関節病変の増悪, 第20回 日本骨代謝学会 口演発表, (巻), (号), (頁), 2002年7月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Acceleration of Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice Transferred with RANKL-stimulated Dendritic cells, 24th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Vol.17, No.SUPPL 1, S490, San Antonio, Sep. 2002..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 森山 啓司, 林 良夫 : RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 第21回 日本骨代謝学会 ポスター発表, (巻), (号), (頁), 2003年6月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Role of Dendritic Cells Stimulated with RANKL for Modulation of Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice, 25th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Vol.18, No.SUPPL 2, S396, Minneapolis, Sep. 2003..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 第62回 日本矯正歯科学会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 第33回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, (巻), (号), (頁), 2003年12月..[著者] ...
閲覧 Tomoko Yoneda, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Masaru Kobayashi, Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Estrogen deficiency accelerates murine autoimmune arthritis associated with receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand-mediated osteoclastogenesis, Endocrinology, Vol.145, No.5, 2384-2391, 2004..[著者] ...
閲覧 井澤 俊 : 樹状細胞を用いたMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.1, 13-29, 2004年..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 大嶋 淳, 森山 啓司 : 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析, 第17回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 口演発表, (巻), (号), (頁), 2004年7月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるbite jumping applianceとelastic open activatorの治療効果に関する検討, 第63回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), 247, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析, 第59回日本口腔科学会総会 ミニシンポジウム 口演発表, (巻), (号), (頁), 2005年4月..[著者] ...
閲覧 大嶋 淳, 井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 森山 啓司, 林 良夫 : 樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病態の修飾, 第2回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, (巻), (号), 46, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 辻 けい子, 井澤 俊, 細木 秀彦, 前田 直樹, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 関節円板前方転位を有する顎関節症患者の顎顔面形態の特徴について, 第18回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 ポスター発表, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるBite jumping applianceとElastic open activatorの作用機序に関する検討, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 15-23, 2005年..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるElastic open activatorの治療効果に関する検討, 第64回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 大嶋 淳, 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : 樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病態の修飾, 第64回 日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 大嶋 淳, 森山 啓司, 林 良夫 : RANKL刺激活性化DCを介したMRL/lprマウス関節炎の病態修飾, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, (号), 249, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 辻 けい子, 佐竹 秀太, 藤原 慎視, 井澤 俊, 堀内 信也, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における顎関節症を伴う不正咬合患者の臨床統計学的調査, 第49回 中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[著者] ...
閲覧 大嶋 淳, 井澤 俊, 石丸 直澄, 林 良夫, 森山 啓司 : 関節炎モデルマウスを用いた樹状細胞移入による関節リウマチ病態の修飾, 第65回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), 217, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, 第36回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.36, (号), 284, Dec. 2006..[著者] ...
閲覧 Jun Ooshima, Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Keiji Moriyama : Immunoregulatory Effects of Dendritic Cells Stimulated with RANKL on the Development of Autoimmune Disease in Arthritis Model Mice, The 1st International Symposium and Workshop "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), 55, Awaji, March 2007..[著者] ...
閲覧 Keiko Tsuji, Hidetaka Satake, Shinji Fujihara, Takashi Izawa, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Clinico-statistical study of orthodontic patients with temporomandibular joint disorders, The 1st International and the 19th Annual Meeting of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint, Vol.19, No.1, 82, Nagoya, April 2007..[著者] ...
閲覧 藤原 慎視, 堀内 信也, 井澤 俊, 辻 けい子, 森山 啓司 : エナメル質形成不全を伴う空隙歯列症例の一治験例, 第50回中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2007年7月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama, Masayuki Kohashi, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Crosstalk between RANKL and Fas signaling in dendritic cells controls immune tolerance, Blood, Vol.110, No.1, 242-250, 2007..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : 関節リウマチモデルMRL/lprマウス樹状細胞の機能解析, 第6回四国免疫フォーラム 一般演題, (巻), (号), (頁), 2007年7月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 堀内 信也, 辻 けい子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリング様変化を認めた一症例, 第50回中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2007年7月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, 29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Vol.22, No.SUPPL 1, S270, Honolulu, Sep. 2007..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : RANKLシグナルを介した関節炎モデルマウス樹状細胞の機能解析, 第66回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2007年9月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory Role of RANKL-stimulated Dendritic Cells on Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice, ACR/ARHP 71th Annual Scientific Meeting, Vol.56, No.Suppl 9, S-105, Boston, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 Miho Okuno, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada and Yoshio Hayashi : Analysis of NF-kB in T cell activation in murine autoimmune model, 第37回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.37, (号), 119, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Masayuki Kohashi, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Crosstalk between RANKL and Fas signaling in dendritic cells controls immune tolerance, 第37回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.37, (号), (頁), Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 北瀬 由紀子, 堀内 信也, 井澤 俊, 田中 栄二 : ハイプルチンキャップを併用した仮骨延長法による上顎骨前方移動を行った両側性唇顎口蓋裂患者の一例, 第51回中・四国矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年7月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 堀内 信也, 辻 けい子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 田中 栄二, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリングを認めた一症例, 日本顎関節学会雑誌, Vol.20, No.2, 134-138, 2008年..[著者] ...
閲覧 藤原 慎視, 堀内 信也, 井澤 俊, 辻 けい子, 大庭 康雄, 森山 啓司, 田中 栄二 : エナメル質形成不全を伴う空隙歯列症例の一治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 55-60, 2008年..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 田中 栄二 : RANKLシグナルを介した関節リウマチにおける関節骨・軟骨破壊機構の解析, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年9月..[著者] ...
閲覧 田中 栄二, 佐野 良太, 川合 暢彦, 中村 彩花, 木内 奈央, 藤原 慎視, 井澤 俊, 堀内 信也, 黒田 晋吾 : ラット側頭筋の筋線維性状, 「口腔からQOL向上を目指す連携研究」インターネット発表会, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 大浦 徳永 律子 律子, 田中 栄二, 林 良夫 : Analysis of RANKL and Fas signaling through NF-kB in dendritic cell activation in murine autoimmune arthritis models, 日本免疫学会総会・学術集会記録, Vol.38, (号), 176, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 Eiji Tanaka, R Sano, Nobuhiko Kawai, J M A Korfage, S Nakamura, Takashi Izawa, G J E Langenbach and Kazuo Tanne : Regional differences in fiber characteristics in the rat temporalis muscle, Journal of Anatomy, Vol.213, No.6, 743-748, 2008..[著者] ...
閲覧 井澤 俊 : 樹状細胞におけるRANKL/Fasシグナルクロストークを介した関節リウマチ骨破壊機構の解明, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 第一回 若手研究発表会, (巻), (号), (頁), 2009年2月..[著者] ...
閲覧 中村 竜也, 藤原 慎視, 黒田 晋吾, 堀内 信也, 井澤 俊, 谷本 幸太郎, 田中 栄二 : 低出力超音波は炎症存在下の滑膜細胞のCOX-2発現を抑制する, 第6回歯科物理刺激研究会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[著者] ...
閲覧 Shinya Horiuchi, Kenzo Asaoka, Takashi Izawa, Shinji Fujihara, Nao Kinouchi, Shingo Kuroda and Eiji Tanaka : Development of novel bioceramic by modification of zinc phosphate cement, 87th IADR, (巻), (号), (頁), Miami, April 2009..[著者] ...
閲覧 Yukiko Kitase, Masahiko Yokozeki, Shinji Fujihara, Takashi Izawa, Shingo Kuroda, Kotaro Tanimoto, Keiji Moriyama and Eiji Tanaka : Analysis of gene expression profiles in human periodontal ligament cells under hypoxia: the protective effect of CC chemokine ligand 2 to oxygen shortage., Archives of Oral Biology, Vol.54, No.7, 618-624, 2009..[著者] ...
閲覧 Shingo Kuroda, Kotaro Tanimoto, Takashi Izawa, Shinji Fujihara, J H. Koolstra and Eiji Tanaka : Biomechanical and biochemical characteristics of the mandibular condylar cartilage., Osteoarthritis and Cartilage, Vol.17, No.11, 1408-1415, 2009..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 井澤 俊, 大浦 徳永 律子 律子, 日浅 雅博, 田中 栄二 : Oligodontiaを伴う著しい過蓋咬合に対する包括的治療例, 第52回中・四国矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年7月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 井澤 俊, 田中 栄二 : RANKLシグナルを介した関節リウマチモデルマウスの骨・軟骨破壊機構の解析, 第22回日本顎関節学会総会・学術大会, Vol.21, No.supplement, 117, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 石丸 直澄, 田中 栄二, 林 良夫 : RANKLとFasシグナルクロストークによる樹状細胞の機能調節機構, 臨床免疫·アレルギー科, Vol.52, No.5, 471-477, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 井澤 俊, 大浦 徳永 律子 律子, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチにおけるRANKL/Fasシグナルを介した骨・軟骨破壊機構の解析, 第68回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[著者] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Takashi Izawa, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Immune Regulation by Macrophages through cross-talk between Fas and NF-B Signaling, 日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009..[著者] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Ritsuko Oura, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory effect via RANKL and Fas signaling of dendritic cells in immurine autoimmune arthritis models, 日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009..[著者] ...
閲覧 Eiji Tanaka, Shingo Kuroda, Nobuhiko Kawai, Takashi Izawa, Toshihiro Inubushi and Kotaro Tanimoto : Sensitivity of loading direction on dynamic shear behavior of condylar cartilage-on-bone, 16th US National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, PA, USA, June 2010..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 川合 暢彦, 井澤 俊, 藤原 慎視, 中村 彩花, 大浦 徳永 律子 律子, 高原 一菜, 日浅 雅博, 田中 栄二 : Oligodontiaを伴う著しい過蓋咬合に対する包括的治療例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.22, No.1, 49-56, 2010年..[著者] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Takashi Izawa, Akiko Yamada, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Rapid T cell death via interaction with CD11b+ macrophages in Fas-deficient host, international immunology, Vol.22, No.1, 116, (都市), Aug. 2010..[著者] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Ritsuko Oura, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Fas-independent apoptosis of T cells via DCs controls autoimmune arthritis, international immunology, Vol.22, No.1, 113, (都市), Aug. 2010..[著者] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Yoshio Hayashi and Eiji Tanaka : Analysis of osteoclast activation in the pathogenesis of rheumatoid arthritis, 58th JADR, (巻), (号), (頁), Nov. 2010..[著者] ...
閲覧 石丸 直澄, 井澤 俊, 林 良夫 : RANKLとFasによる免疫応答の制御, 臨床免疫·アレルギー科, Vol.55, No.2., 142-147, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 大浦 徳永 律子 律子, 岩浅 亮彦, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチ病態における破骨細胞を介したT細胞活性化機構の解析, 日本顎関節学会雑誌, Vol.23, (号), 102, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 日浅 雅博, 田中 栄二, 林 良夫 : 関節リウマチモデルマウスにおける破骨細胞の機能解析, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 256, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Masahiro Hiasa, Yoshio Hayashi and Eiji Tanaka : Hyperfunctions of osteoclasts in a rheumatoid arthritis model, ASBMR 2011 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Diego, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Wei Zou and Steven Teitelbaum : RANK Regulates the Osteoclast Cytoskeleton in a c-Src/αvβ3 Dependent Manner, 33th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, (巻), (号), (頁), San Diego, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 日浅 雅博, 大浦 徳永 律子 律子, 岩浅 亮彦, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチモデルマウスにおける破骨細胞の機能亢進, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 218, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa : c-Src Links a RANK/avb3 Integrin Complex to the Osteoclast Cytoskeleton, Avioli Musculoskeletal Seminar Series, (巻), (号), (頁), St. Louis, June 2012..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Wei Zou, Jean Chappel, Jason Ashley, Xu Feng and Steven Teitelbaum : c-Src links a RANK/αvβ3 integrin complex to the osteoclast cytoskeleton, Molecular and Cellular Biology, Vol.32, No.14, 2943-2953, 2012..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Wei Zou, Jean Chappel, Xu Feng and Steven Teitelbaum : c-Src Links a RANK/αvβ3 Integrin Complex to the Osteoclast Cytoskeleton, 34th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, (巻), (号), (頁), Minneapolis, Oct. 2012..[著者] ...
閲覧 Wei Zou, Tingting Zhu, Takashi Izawa, Jean Chappel, Susan Monkley, David Critchley, Brian Petrich, Alexei Morozov, Mark Ginsberg and Steven Teitelbaum : Talin1 and Rap1 are Critical for Osteoclast Function, 34th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, (巻), (号), (頁), Minneapolis, Oct. 2012..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Tomoyuki Kondo, Mie Kurosawa, Ritsuko Oura, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Fas-Independent T-Cell Apoptosis by Dendritic Cells Controls Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice, PLoS ONE, Vol.7, No.12, e48798, 2012..[著者] ...
閲覧 Wei Zou, Takashi Izawa, Tingting Zhu, Jean Chappel, Karel Otero, Susan Monkley, David Critchley, Brian Petrich, Alexei Morozov, Mark Ginsberg and Steven Teitelbaum : Talin1 and Rap1 are Critical for Osteoclast Function, Molecular and Cellular Biology, Vol.33, No.4, 830-844, 2013..[著者] ...
閲覧 井澤 俊 : RANK/インテグリンαvβ3/チロシンキナーゼc-Srcシグナルを介した 破骨細胞の細胞骨格および骨吸収機能調節機構の解明, 第11回口腔医科学フロンティア学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年3月..[著者] ...
閲覧 森 浩喜, 渡邉 佳一郎, 内田 玲子, 井澤 俊, 黒田 晋吾, 森 仁志, 田中 栄二 : 圧迫骨短縮術を施術した,エナメル質形成不全を伴う骨格性開咬の一治療例, 第56回中·四国矯正歯科学会大会, 2013年7月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 森 浩喜, 堀内 信也, 川合 暢彦, 田中 栄二 : ブタ下顎頭軟骨および関節窩軟骨の動的粘弾性特性解析, 日本顎関節学会雑誌, Vol.25, No.Supplement, 84, 2013年7月..[著者] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 石丸 直澄, 井澤 俊, 徳永 律子, 工藤 保誠, 田中 栄二 : アロマターゼ遺伝子欠損マウスにおけるシェーグレン症候群様病変と肥満との関連, 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), (頁), 2013年10月..[著者] ...
閲覧 篠原 丈裕, 渡邉 佳一郎, 森 浩喜, 井澤 俊, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 顎関節内障を有する骨格性下顎前突症に対する矯正歯科治療の一治験例, 第57回中·四国矯正歯科学会大会, 21, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 森 浩喜, 井澤 俊, 田中 栄二 : 変形性顎関節症の病態形成におけるSmad3の役割, 日本顎関節学会雑誌, Vol.26, No.Supplement, 107, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 Nidhi Rohatgi, Takashi Izawa, Tomohiro Fukunaga, Qun-Tian Wang, Matthew SIlva, Michael Gardner, Michael McDaniel, Clay Semenkovich, Wei Zou and Steven Teitelbaum : ASXL2 Regulates Skeletal, Glucose and Lipid Homeostasis, 36th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, (巻), (号), (頁), Houston, Sep. 2014..[著者] ...
閲覧 森 浩喜, 井澤 俊, 田中 栄二 : 変形性顎関節症の病態形成におけるS1P/Smad3シグナルの役割, 第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 217, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 Hiroki Mori, Takashi Izawa and Eiji Tanaka : Role of Smad3 and lysophospholipid receptor S1P3 signaling in the pathogenesis of TMJ-OA, The 3rd ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, (巻), (号), (頁), Makassar, Indonesia., Dec. 2014..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Nidhi Rohatgi, Tomohiro Fukunaga, Qun-Tian Wang, Matthew Silva, Michael Gardner, Michael McDaniel, Nada Abumrad, Clay Semenkovich, Steven Teitelbaum and Wei Zou : Asxl2 regulates glucose, lipid and skeletal homeostasis., Cell Reports, Vol.11, No.10, 1625-1637, 2015..[著者] ...
閲覧 Highlights Research and Takashi Izawa : ASXL2-director of skeletal and metabolic homeostasis (by David Holmes)., Nature Reviews. Endocrinology, Vol.11, No.8, 445, June 2015..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 森 浩喜, 篠原 丈裕, 岩浅 亮彦, 田中 栄二 : 変形性顎関節症モデルマウスにおけるレパミピドの治療効果の検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.27, No.Supplement, 148, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 森 浩喜, 井澤 俊, 田中 栄二 : 変形性顎関節症の病態形成におけるS1P/Smad3シグナルの役割, 日本顎関節学会雑誌, Vol.27, No.Supplement, 149, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 白井 愛実, 川合 暢彦, 森 博世, 七條 なつ子, ODO BAYARSAIKHAN, 篠原 丈裕, 井澤 俊, 木内 奈央, 田中 栄二 : 徳島大学病院矯正歯科における顎変形症患者の臨床統計学的検討(第2 報), 第58回中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), 13, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 篠原 丈裕, 渡邉 佳一郎, 森 浩喜, 井澤 俊, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 谷本 幸太郎, 田中 栄二 : 顎関節内障を有する骨格性下顎前突症に対する矯正歯科治療の一治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.27, No.1, 39-48, 2015年..[著者] ...
閲覧 Hiroki Mori, Takashi Izawa and Eiji Tanaka : Smad3 deficiency leads to mandibular condyle degeneration via the Sphingosine 1-phosphate (S1P)/ S1P3 signaling axis, ASBMR 2015 Annual Meeting, 143, Seattle, Oct. 2015..[著者] ...
閲覧 Hiroki Mori, Takashi Izawa and Eiji Tanaka : Smad3 deficiency leads to mandibular condyle degradation via the sphingosine 1-phosphate (S1P)/S1P3 signaling axis., The American Journal of Pathology, Vol.185, No.10, 2742-2756, 2015..[著者] ...
閲覧 田中 栄二, 井澤 俊, 森 浩喜, 川合 暢彦, 泰江 章博, 堀内 信也 : 片側性顎関節円板前方転位が健側顎関節に及ぼす影響に関する生体力学的解析, 第23回顎顔面バイオメカニクス学会プログラム, (巻), (号), 193, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 篠原 丈裕, 井澤 俊, 三野 彰子, 森 浩喜, 七條 なつ子, 犬伏 俊博, 田中 栄二 : 実験的な変形性顎関節症モデルマウス下顎頭におけるヒアルロン酸の役割, 第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 190, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 森 浩喜, 篠原 丈裕, 三野 彰子, 塩田 智子, 犬伏 俊博, 岩浅 亮彦, 田中 栄二 : 変形性顎関節症モデルマウスにおけるレパミピドの治療効果の検討, 第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 193, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 森 浩喜, 井澤 俊, 三野 彰子, 岩浅 亮彦, 内田 玲子, 田中 栄二 : S1P/Smad3シグナルクロストークを介した変形性顎関節症の病態メカニズムの解明, 第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 194, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 三野 彰子, 井澤 俊, 篠原 丈裕, 森 浩喜, 森 博世, 岩浅 亮彦, 田中 栄二 : マウス下顎頭軟骨の形成,維持におけるHIF-1αの機能解析, 第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 204, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 MANSJUR KARIMA QURNIA, Shingo Kuroda, Takashi Izawa, Yuichi Maeda, Minami Sato, Keiichiro Watanabe, Shinya Horiuchi and Eiji Tanaka : The Effectiveness of Human Parathyroid Hormone and Low-Intensity Pulsed Ultrasound on the Fracture Healing in Osteoporotic Bones., Annals of Biomedical Engineering, (巻), (号), (頁), 2016..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Islamy Rahma Hutami, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Rebamipide attenuates mandibular condylar degeneration in a murine model of TMJ-OA by mediating a chondroprotective effect and by downregulating RANKL-mediated osteoclastogenesis, PLoS ONE, Vol.11, No.4, e0154107, 2016..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 森 浩喜, 田中 栄二 : S1P/Smad3シグナルを介した顎関節における変形性関節症の病態解明, 第7回 骨バイオサイエンス研究会, 2016年6月..[著者] ...
閲覧 Hiroki Mori, Takashi Izawa and Eiji Tanaka : Role of Rho-GTP/S1P/Smad3 Signaling on the Pathogenesis of TMJ-OA., International Association for Dental Research General Session, (巻), (号), (頁), Seoul, June 2016..[著者] ...
閲覧 佐藤 博子, 井澤 俊, 森 浩喜, 岩浅 亮彦, 木内 奈央, 堀内 信也, 田中 栄二 : Le Fort III型骨延長術後に上下顎骨移動術を施行したApert症候群の1例, 第59回中・四国矯正歯科学会大会 学術口演, (巻), (号), (頁), 2016年7月..[著者] ...
閲覧 藤多 睦, 川合 暢彦, 塩田 智子, ODO BAYARSAIKHAN, 森 博世, 井澤 俊, 大谷 淳二, 廣瀬 尚人, 谷本 幸太郎, 田中 栄二 : 上顎骨延長術と下顎枝垂直骨切り術を行った左側唇顎口蓋裂症例, 第59回中・四国矯正歯科学会大会 学術口演, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 三野 彰子, 井澤 俊, 篠原 丈裕, 森 浩喜, 田中 栄二 : HIF-1alpha+/-マウスを用いた変形性顎関節症におけるHIF-1alphaの機能解析, 第29回日本顎関節学会総会・学術大会 一般口演, Vol.28, No.Supplement, 115, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 篠原 丈裕, 井澤 俊, 岩浅 亮彦, 森 浩喜, 三野 彰子, 犬伏 俊博, 田中 栄二 : 変形性顎関節症モデルマウス下顎頭におけるヒアルロン酸代謝機構の役割, 第29回日本顎関節学会総会・学術大会 ポスター発表, Vol.28, No.Supplement, 123, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 森 浩喜, 井澤 俊, 篠原 丈裕, 三野 彰子, 佐藤 南, 堀内 信也, 田中 栄二 : 不正咬合患者における顎関節症の臨床統計学的調査, 第29回日本顎関節学会総会・学術大会 ポスター発表, Vol.28, No.Supplement, 145, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Islamy Rahma Hutami, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Rebamipide attenuates mandibular condylar degeneration in a murine model of TMJ-OA by mediating a chondroprotective effect and by downregulating RANKL-mediated osteoclastogenesis, 13th Meeting of Bone Biology Forum, Aug. 2016..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino-Oka, Islamy Rahma Hutami, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Correction: Rebamipide Attenuates Mandibular Condylar Degeneration in a Murine Model of TMJ-OA by Mediating a Chondroprotective Effect and by Downregulating RANKL-Mediated Osteoclastogenesis., PLoS ONE, Vol.11, No.8, e0162032, Aug. 2016..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Islamy Rahma Hutami, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Correction: Rebamipide Attenuates Mandibular Condylar Degeneration in a Murine Model of TMJ-OA by Mediating a Chondroprotective Effect and by Downregulating RANKL-Mediated Osteoclastogenesis., PLoS ONE, Vol.11, No.8, e0162032, 2016..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Takehiro Shinohara, Akiko Mino and Eiji Tanaka : Fas/S1P system controls subchondral bone remodeling of the temporomandibular joint in autoimmune arthritic mice., 2016 Tokushima Bioscience Retreat, (巻), (号), (頁), Sep. 2016..[著者] ...
閲覧 Yohei Nakayama, Sari Matsui, Keisuke Noda, Mizuho Yamazaki, Yasunobu Iwai, Hiroyoshi Matsumura, Takashi Izawa, Eiji Tanaka, Bernhard Ganss and Yorimasa Ogata : Amelotin gene expression is temporarily being upregulated at the initiation of apoptosis induced by TGFb1 in mouse gingival epithelial cells, Apoptosis, Vol.21, No.10, 1057-1070, 2016..[著者] ...
閲覧 三野 彰子, 井澤 俊, Islamy Rahma Hutami, 篠原 丈裕, 森 浩喜, 田中 栄二 : 変形性顎関節症における低酸素誘導因子HIF-1αの機能解析, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 第75回大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Takehiro Shinohara, Akiko Mino and Eiji Tanaka : The role of osteoclast in the spontaneously developed temporomandibular joint arthritis of the MRL/lpr mice, The 75th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, 321, Nov. 2016..[著者] ...
閲覧 Takehiro Shinohara, Takashi Izawa, Akiko Mino, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Toshihiro Inubushi, Yu Yamaguchi and Eiji Tanaka : Hyaluronan metabolism in overloaded temporomandibular joint, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.43, No.12, 921-928, 2016..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Hiroki Mori, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Eiji Tanaka and Naozumi Ishimaru : The nuclear receptor AhR controls bone homeostasis by regulating osteoclast differentiation via the RANK/c-Fos signaling axis., The Journal of Immunology, Vol.197, No.12, 4639-4650, 2016..[著者] ...
閲覧 Akiko Mino, Takashi Izawa, Takehiro Shinohara, Hiroki Mori, Akihiro Yasue, Shuhei Tomita and Eiji Tanaka : Roles of hypoxia inducible factor-1α in the temporomandibular joint., Archives of Oral Biology, Vol.73, 274-281, 2017..[著者] ...
閲覧 Hiroki Mori, Takashi Izawa, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Minami Sato, Natsuko Hichijo, Akihiko Iwasa, Islamy Rahma Hutami and Eiji Tanaka : Effect of Rebamipide administration on TMJ-OA model mouse., 95th General Session & Exhibition of the IADR program book, 207, San Francisco, March 2017..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Fas/S1P1 signaling controls temporomandibular joint subchondral bone remodeling in autoimmune-arthritis., 95th General Session & Exhibition of the IADR program book, 243, San Francisco, March 2017..[著者] ...
閲覧 (種別) : Hiroyo Mori, Kazuma Matsumoto, Nobuhiko Kawai, Takashi Izawa, Shinya Horiuchi and Eiji Tanaka : Long-term follow-up of a patient with achondroplasia treated with an orthodontic approach., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.151, No.4, 793-803, (発行所), (都市), April 2017..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Crosstalk between cytokine RANKL and AhR signaling in osteoclasts controls bone homeostasis, Journal of Cytokine Biology, Vol.2, No.2, 114, 2017..[著者] ...
閲覧 小笠原 直子, 岩浅 亮彦, 佐藤 博子, 藤多 睦, 岡 彰子, 伊藤 彩実, 七條 なつ子, 川合 暢彦, 井澤 俊, 田中 栄二 : 矯正患者における永久歯の先天的欠如に関する臨床統計調査, 第60回中・四国矯正歯科学会大会, 2017年7月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Role of Fas and RANKL signaling in peripheral immune tolerance, Journal of Clinical & Cellular Immunology, Vol.8, No.4, 512, 2017..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 田中 栄二, 石丸 直澄 : 核内受容体AhRはRANK/c-Fosシグナル伝達経路を介して破骨細胞の分化を制御する, 第35回 日本骨代謝学会学術集会 (口演発表), 2017年7月..[著者] ...
閲覧 藤多 睦, 重田 南, 岩浅 亮彦, 森 浩喜, 川合 暢彦, 井澤 俊, 堀内 信也, 田中 栄二 : 変形性顎関節症モデルラット下顎頭及び炎症状態下軟骨細胞に対する低出力パルス超音波による影響., 日本顎関節学会雑誌, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[著者] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 井澤 俊, 森 浩喜, 岡 彰子, 藤多 睦, 川合 暢彦, 堀内 信也, 田中 栄二 : 歯科矯正患者における進行性下顎頭吸収の発現頻度とその危険因子の検索, 第30回日本顎関節学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Islamy Rahma Hutami, Hiroki Mori and Eiji Tanaka : Role of Smad3 and S1P Signaling in Mandibular Condylar Cartilage Homeostasis, Journal of Bone Research, Vol.5, No.2, 178, 2017..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Akiko Mino, Takehiro Shinohara, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Fas/S1P1 crosstalk via NF-B activation in osteoclasts controls subchondral bone remodeling in murine TMJ arthritis, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.490, No.4, 1274-1281, 2017..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Eiji Tanaka and Naozumi Ishimaru : The nuclear receptor AhR controls bone homeostasis by regulating osteoclast differentiation via the RANK/c-Fos signaling axis, ASBMR 2017 Annual Meeting, Denver, Sep. 2017..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Akihiko Iwasa, Akiko Mino, Tsendsuren Khurelochir, Hiroki Mori and Eiji Tanaka : Role of hypoxia inducible factor-1 alpha in the palatal wound healing, The 76th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society Academic Exhibits (AE-012), 309, Oct. 2017..[著者] ...
閲覧 井澤 俊 : 核内受容体AhRはRANK/c-Fosシグナル伝達経路を介して破骨細胞の分化を制御する(グループディスカッション), 第2回 Skeletal Science Retreat(日本骨代謝学会主催による骨代謝スクール), 2017年11月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Iwasa, Shinya Horiuchi, Nao Kinouchi, Takashi Izawa, Masahiro Hiasa, Nobuhiko Kawai, Akihiro Yasue, H Ali Hassan and Eiji Tanaka : Skeletal anchorage for intrusion of bimaxillary molars in a patient with skeletal open bite and temporomandibular disorders., Journal of Orthodontic Science, Vol.6, No.4, 152-158, 2017..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 新垣 理恵子, 田中 栄二, 石丸 直澄 : The nuclear receptor AhR controls bone homeostasis by regulating osteoclast differentiation via the RANK/c-Fos signaling axis, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会 第90回日本生化学大会 第40回日本分子生物学会年会, 402, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Eiji Tanaka and Naozumi Ishimaru : Crosstalk between cytokine RANKL and AhR signaling in osteoclasts controls bone homeostasis (selected for oral presentation by English at Workshop "Cytokines and chemokines-2" and poster session), Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.46, 36, Dec. 2017..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Eiji Tanaka and Naozumi Ishimaru : Crosstalk between cytokine RANKL and AhR signaling in osteoclasts controls bone homeostasis, Gordon Research Seminar; "Bones and Teeth" Translating Mechanisms of Bone Formation and Repair, Jan. 2018..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Eiji Tanaka and Naozumi Ishimaru : Crosstalk between cytokine RANKL and AhR signaling in osteoclasts controls bone homeostasis, Gordon Research Conference; "Bones and Teeth" From Skeletal and Dental Stem Cells to Rare Bone Disease and Integrative Physiology, Houston, Jan. 2018..[著者] ...
閲覧 Nao Kinouchi, Shinya Horiuchi, Akihiro Yasue, Yuko Kuroda, Nobuhiko Kawai, Keiichiro Watanabe, Takashi Izawa, Ichiro Hashimoto, H Ali Hassan and Eiji Tanaka : Effectiveness of presurgical nasoalveolar molding therapy on unilateral cleft lip nasal deformity., Saudi Medical Journal, Vol.39, No.2, 169-178, 2018..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Islamy Rahma Hutami and Eiji Tanaka : Potential role of rebamipide in osteoclast differentiation and mandibular condylar cartilage homeostasis, Current Rheumatology Reviews, Vol.14, No.1, 62-69, 2018..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Signal crosstalk between cytokine RANKL and AhR signaling in osteoclasts controls bone homeostasis, The Journal of Immunology, Vol.Supplement, No.43.15, 25, Austin, May 2018..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 谷本 幸多朗, 森 浩喜, 井澤 俊, 川合 暢彦, 泰江 章博, 田中 栄二 : 徳島大学病院における過去 10 年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査, 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 抄録号, Vol.43, No.2, 178, 2018年5月..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, 井澤 俊, 森 浩喜, 岡 彰子, Tsendsuren Khurel-Ochir, 岩浅 亮彦, 田中 栄二 : 低酸素応答遺伝子 HIF-1alpha は M1/M2 マクロファージの リプログラミングを介して口蓋創傷治癒を制御する., 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 抄録号, Vol.43, No.2, 182, 2018年5月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 田中 栄二 : AhRはRANK/c-Fosシグナル伝達経路を介して破骨細胞の分化を制御する, 第4回日本骨免疫学会, (巻), (号), (頁), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊 : AhRはRANK/c-Fosシグナル伝達経路を介して破骨細胞の分化を制御する, 第4回日本骨免疫学会, Vol.4, 106, 2018年6月..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Hiroki Mori, Tsendsuren Khurel-Ochir, Akiko Mino, Akihiko Iwasa, Eiji Tanaka and Takashi Izawa : HIF-1alpha regulates the palatal wound healing through M1/M2 macrophage reprogramming, 96th General Session & Exhibition of the IADR, 214, London, July 2018..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 井澤 俊 : 喫煙によるダイオキシン受容体の活性化を介した骨粗鬆症発症メカニズムの解明, 喫煙科学研究財団 平成29年度助成研究発表会プログラム: 喫煙と内分泌・代謝, 21, 2018年7月..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 井澤 俊 : 樹状細胞によるFas非依存的T細胞のアポトーシスがMRL/lprマウスにおける自己免疫性関節炎を制御する, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, Vol.36, 77, 2018年7月..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 小笠原 直子, 岩浅 亮彦, 堀内 信也, 市原 亜起, 泰江 章博, 川合 暢彦, 井澤 俊, 田中 栄二 : 矯正患者における永久歯の先天性欠如に関する臨床統計調査, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.30, No.1, 59-64, 2018年..[著者] ...
閲覧 Tsendsuren Khurel-Ochir, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Islamy Rahma Hutami and Eiji Tanaka : The role of p21 on the development of TMJ-OA, 6th Meeting of Mongolian Association of Orthdontists,, (号), Ulaanbaatar, Mongolia., Sep. 2018..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 井澤 俊 : AhRはRANK/c-Fosシグナル伝達経路を介して破骨細胞の分化を制御する, 第60回歯科基礎医学会学術大会 プログラム集, 52, 2018年9月..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Eiji Tanaka and Takashi Izawa : Fas/S1P1 crosstalk via NF-kB activation in osteoclasts controls subchondral bone remodeling in murine TMJ arthritis, American Society for Bone and Mineral Research 2018 Annual Meeting, 132, Montreal, Sep. 2018..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 Tsendsuren Khurel-Ochir, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Islamy Rahma Hutami and Eiji Tanaka : The role of p21 on the development of TMJ-OA, The 77th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, Vol.77, 79, Nov. 2018..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Hiroki Mori, Tsendsuren Khurel-Ochir, Akiko Mino, Akihiko Iwasa, Eiji Tanaka and Takashi Izawa : HIF1α modulates the palatal wound healing via M1/M2 marcophage reprogramming., 第66回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会(JADR2018), (巻), (号), (頁), Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa : Fas-independent T-cell apoptosis by dendritic cells controls autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, MBSJ 2018 PROGRAM, 330, Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa : S1P1/Fas signal crosstalk via NF-kB activation in osteoclasts controls subchondral bone remodeling in murine arthritis, Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.47, 118, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 (種別) : Hiroki Mori, Takashi Izawa, Hitoshi Mori, Keiichiro Watanabe, Takahiro Kanno and Eiji Tanaka : Skeletal open bite with amelogenesis imperfecta treated with compression osteogenesis: a case report., Head & Face Medicine, Vol.15, No.1, (頁), (発行所), (都市), Jan. 2019..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Eiji Tanaka and Takashi Izawa : Crosstalk between Fas and S1P1 signaling via NF-kB in osteoclasts controls bone destruction in the TMJ due to rheumatoid arthritis, Japanese Dental Science Review, Vol.55, No.1, 12-19, 2019..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Eiji Tanaka and Takashi Izawa : Hypoxia Inducible Factor-1α Regulates the Palatal Wound Healing via M1/M2 Macrophage Reprogramming., Association of Orthodontists (Singapore) Congress,, (巻), (号), Singapore, Feb. 2019..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 谷本 幸多朗, 森 浩喜, 木内 奈央, 井澤 俊, 泰江 章博, 堀内 信也, 峯田 一秀, 石田 創士, 岩本 勉, 橋本 一郎, 田中 栄二 : 徳島大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査., 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.44, No.1, 1-6, 2019年..[著者] ...
閲覧 松木 佑太, 川合 暢彦, 藤多 睦, Tsendsuren Khurel-Ochir, 渡邊 正彦, 荒井 大志, 髙橋 史子, 佐藤 博子, 井澤 俊, 田中 栄二 : 巨大な上顎中切歯を抜去しマルチブラケット治療を行った一治療例, 第62回中・四国矯正歯科学会大会, Vol.31, No.1, 2019年7月..[著者] ...
閲覧 Tsendsuren Khurel-Ochir, 井澤 俊, 坂巻 拓馬, 森 浩喜, 岩浅 亮彦, 田中 栄二 : p21 deficiency is susceptible to TMJ-Osteoarthritis with mechanical stress., 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), (頁), 2019年10月..[著者] ...
閲覧 Tsendsuren Khurel-Ochir, Takashi Izawa, Takuma Sakamaki, Hiroki Mori and Eiji Tanaka : Immunoregulatory role of p21 on the development of osteoarthritis in the temporomandibular joint, 第78回日本矯正歯科学会学術大会: 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 78回 Page288.(2019), (巻), (号), 288, Nov. 2019..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 日浅 雅博, 田中 栄二, 林 良夫 : 関節リウマチモデルマウスにおける破骨細胞の機能解析, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 256, (年月日)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.77, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996374.