『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座 (2004年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 476件 + 無効な情報: 32件 = 全ての情報: 508件

全ての有効な情報 (476件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(40)
閲覧 閲覧 大阪大学 …(1)
閲覧 閲覧 岡山大学 …(2)
閲覧 閲覧 神戸大学 …(1)
閲覧 閲覧 札幌医科大学 …(1)
閲覧 閲覧 東京医科歯科大学 …(1)
閲覧 閲覧 東北大学 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(40)
閲覧 閲覧 広島大学 …(14)
閲覧 閲覧 早稲田大学 …(2)
閲覧 閲覧 University of Amsterdam …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Masanobu Horiuchi, Tetsuo Ichikawa, Hideo Kanitani, Rudi Wigianto, Naeko Kawamoto and Naoyuki Matsumoto : Pilot-hole preparation for proper implant positioning and the enhancement of bone formation, The Journal of Oral Implantology, Vol.21, No.4, 318-324, 1995..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄, 堀内 政信, 堀坂 寧介, 蟹谷 英生, Wigianto Rudi, 宮本 雅司, 松本 直之, 吉田 秀夫 : 骨質がアパタイトインプラントの術後経過に及ぼす影響, --- -臨床治験結果と模型実験からの検討- ---, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.8, No.1, 25-31, 1995年..[組織] ...
閲覧 堀内 政信, 市川 哲雄, 堀坂 寧介, 蟹谷 英生, Wigianto Rudi, 河野 玲子, 松本 直之 : 骨結合型インプラントを利用した下顎運動時の下顎骨体の歪測定, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.39, No.2, 285-289, 1995年..[組織] ...
閲覧 Tetsuo Ichikawa, Junji Komoda, Masanobu Horiuchi and Naoyuki Matsumoto : Influence of alteration in the oral environment on speech production, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.22, (号), 295-299, 1995..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 鋳型の歯ぎしり, --- 歯科鋳造における鋳型材のプロセスシミュレーション ---, バウンダリー, Vol.11, No.7, 14-17, 1995年7月..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄, Wigianto Rudi, 蟹谷 英生, 堀内 政信, 松本 直之 : インプラントを支台としたオーバーデンチャーに関する基礎的研究, --- 第1報 スタンドアタッチメントの構造が咬合圧伝達に及ぼす影響 ---, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.8, No.2, 136-142, 1995年..[組織] ...
閲覧 堀坂 寧介, 蟹谷 英生, Wigianto Rudi, 河野 玲子, 堀内 政信, 市川 哲雄, 石塚 寛, 松本 直之 : 骨粗鬆症がインプラント周囲の骨組織に及ぼす影響について, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.8, No.2, 121-125, 1995年..[組織] ...
閲覧 森川 葉子, 市川 哲雄, 薦田 淳司, 堀内 政信, 羽田 勝, 松本 直之 : 口蓋形態の分類と音声の音響学的特徴との関連, 日本補綴歯科学会誌, Vol.39, No.5, 948-953, 1995年..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄, 弘田 克彦, 蟹谷 英生, Wigianto Rudi, 川本 苗子, 堀内 政信, 三宅 洋一郎, 松本 直之 : アパタイトインプラントの細菌付着に関する研究, --- -摘出インプラントの観察と細菌付着試験- ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.1, 40-45, 1996年..[組織] ...
閲覧 川本 苗子, 市川 哲雄, 蟹谷 英生, 柏原 稔也, 堀内 政信, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 松本 直之 : 電解水の義歯洗浄効果, --- -細菌学的検討- ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.3, 574-579, 1996年..[組織] ...
閲覧 柏原 稔也, 市川 哲雄, 川本 苗子, 蟹谷 英生, 堀内 政信, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 松本 直之 : 老人病院入院患者の口腔状態とデンチャープラークの細菌構成について, --- 第1報 予備調査結果 ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.3, 448-453, 1996年..[組織] ...
閲覧 Tetsuo Ichikawa, Masanobu Horiuchi, Rudi Wigianto and Naoyuki Matsumoto : In vitro study of mandibular implant-retained overdentures. The influence of stud attachment on load transfer to implant and soft tissue, The International Journal of Prosthodontics, Vol.9, No.4, 394-399, 1996..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄, 森川 葉子, 堀内 政信, 松本 直之 : 超音波計測法を用いた舌形状の動的計測, --- -咬合挙上が舌形状に及ぼす影響について- ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.5, 917-921, 1996年..[組織] ...
閲覧 Masanobu Horiuchi, Tetsuo Ichikawa, Miyuki Noda and Naoyuki Matsumoto : Use of inter-implant displacement to measure mandibular distortion during jaw movements in human subjects, Archives of Oral Biology, Vol.42, (号), 185-188, 1997..[組織] ...
閲覧 Tetsuo Ichikawa, Hideo Kanitani, Rudi Wigianto, Naeko Kawamoto, Masanobu Horiuchi and Naoyuki Matsumoto : Influence of bone quality in the stress distribution, --- An in vitro experiment ---, Clinical Oral Implants Research, Vol.8, No.1, 18-22, 1997..[組織] ...
閲覧 Tetsuo Ichikawa, Katsuhiko Hirota, Hideo Kanitani, Rudi Wigianto, Naeko Kawamoto, Naoyuki Matsumoto and Yoichiro Miyake : Rapid bone resorption adjacent to hydroxyapatite-coated implants, The Journal of Oral Implantology, Vol.22, No.3,4, 232-235, 1997..[組織] ...
閲覧 友竹 偉則, 河野 文昭, 永尾 寛, 川端 修一, 佐藤 修斎, 秋田 一郎, 川田 雄祥, 猪子 寿一, 松本 直之 : 義歯用硬質レジン歯と即時重合レジンとの結合強さについて, --- 各種ボンディング材の比較 ---, 四国歯学会雑誌, Vol.9, No.2, 115-122, 1997年..[組織] ...
閲覧 Rudi Wigianto, Tetsuo Ichikawa, Hideo Kanitani, Masanobu Horiuchi, Naoyuki Matsumoto and Hiroshi Ishizuka : Three-dimensional examination of bone structure around hydroxyapatite implant using digital image processing, Journal of Biomedical Materials Research, Vol.34, No.2, 177-182, 1997..[組織] ...
閲覧 森川 葉子, 市川 哲雄, 松本 直之 : 前方部口蓋形態が発音運動に及ぼす影響について, --- 第1報 上顎中切歯部呼気圧との関連 ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, No.2, 278-285, 1997年..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄, 永尾 寛, 松本 直之 : 強電解酸性水の歯科臨床, --- 強電解酸性水の補綴への応用 ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 1997年9月..[組織] ...
閲覧 Tomoko Oba, Yasuo Oba, Satoru Tenshin and Teruko Takano-Yamamoto : Orthodontic treatment of Class II division 1 maloccusion in patient with achondroplasia, The Angle Orthodontist, Vol.68, No.4, 377-382, 1998..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 歯科技工学臨床研修講座, --- 歯科技工材料と加工法:無機材料の現状と将来 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 1998年1月..[組織] ...
閲覧 Takao Hanawa, Masayuki Kon, Hisashi Doi, Hidemi Ukai, Kouichi Murakami, Hitoshi Hamanaka and Kenzo Asaoka : Amount of hydroxyl radical on calcium-ion-implanted titanium and point of zero charge of constituent oxide of the surface-modified layer, Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.9, No.2, 89-92, 1998..[組織] ...
閲覧 野田 美幸, 石川 正俊, 市川 哲雄, 蟹谷 英生, 友竹 偉則, 川本 苗子, 永尾 寛, 河野 文昭, 羽田 勝 : 下顎運動時の下顎骨の変形に対するインプラント連結の影響, --- 三次元有限要素法による解析 ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.42, No.4, 580-585, 1998年..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 歯と口と健康, --- 第5章 むし歯は感染症:修復物のつくりかた,修復物の性質, ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 1998年8月..[組織] ...
閲覧 川端 修一, 河野 文昭, 羽田 勝, 市川 哲雄, 松本 直之 : 部分床義歯症例の統計的観察, --- -卒前臨床実習症例について- ---, 四国歯学会雑誌, Vol.11, No.2, 217-223, 1999年..[組織] ...
閲覧 寺田 容子, 弘田 克彦, 永尾 寛, 柏原 稔也, 市川 哲雄 : 感染症予防のためのデンチャープラークコントロール, --- 第1報 デンチャープラーク中の胃潰瘍原因菌Helicobacter pyloriの検出 ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.1, 100-104, 1999年..[組織] ...
閲覧 Rudi Wigianto, Tetsuo Ichikawa, Hideo Kanitani, Naeko Kawamoto, Naoyuki Matsumoto and Hiroshi Ishizuka : Three-dimensional bone structure around hydroxyapatite and titanium implants in rabbits, Clinical Oral Implants Research, Vol.10, No.3, 219-225, 1999..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄 : パーシャルデンチャーテクニック(藍稔,井上宏,野首孝祠,松本直之 他編), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 1999年6月..[組織] ...
閲覧 柏原 稔也, 弘田 克彦, 市川 哲雄, 寺田 容子, 永尾 寛, 河野 文昭 : 義歯洗浄剤としての電解水の効果, --- in vitroのCandida albicansバイオフィルムへの影響 ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.3, 513-517, 1999年..[組織] ...
閲覧 Takafumi Ohguri, Fumiaki Kawano, Tetsuo Ichikawa and Naoyuki Matsumoto : Influence of occlusal scheme on pressure distribution under complete denture, The International Journal of Prosthodontics, Vol.12, No.4, 353-358, 1999..[組織] ...
閲覧 蟹谷 英生, 友竹 偉則, 川本 苗子, 野田 美幸, 斎賀 明彦, 市川 哲雄 : 高周波電気メスがインプラント周囲骨組織に及ぼす影響について, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.12, No.3, 343-349, 1999年..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄, 寺田 容子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 細井 和雄 : 高齢者における口腔ケアと健康に関する基礎的研究, Dentistry in Japan, Vol.19, (号), 75-80, 2000年..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三, 今 政幸 : SPS焼結チタン合金多孔体の機械的性質と表面修飾, チタンと歯科臨床, Vol.1, No.1, 22, 2000年2月..[組織] ...
閲覧 今 政幸, 淺岡 憲三, Mayumi Luciana Hirakata : SPS焼結チタン多孔体の骨伝導能の評価, チタンと歯科臨床, Vol.1, No.1, 23, 2000年2月..[組織] ...
閲覧 Tetsuo Ichikawa, Hanawa Takao, Ukai Hidemi and Murakami Koichi : Three-dimensional bone response to commercially pure titanium, hydroxyapatite, and calcium-ion-mixing titanium in rabbits, International Journal of Oral & Maxillofacial Implants, Vol.15, No.2, 231-238, 2000..[組織] ...
閲覧 大栗 孝文, 河野 文昭, 市川 哲雄, 松本 直之 : 頬側咬頭間隙量が負担圧分布に及ぼす影響, --- シミュレーターによる検討 ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.44, No.3, 394-403, 2000年..[組織] ...
閲覧 北岡 直樹, 薦田 淳司, 市川 哲雄, 石川 正俊, 永尾 寛, 河野 文昭, 羽田 勝 : 嚥下時の口蓋に対する舌接触圧の観察, --- 若年有歯顎者と高齢総義歯装着者の比較 ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.44, No.3, 379-385, 2000年..[組織] ...
閲覧 Archadian Nuryanti, Fumiaki Kawano, Takafumi Ohguri, Tetsuo Ichikawa and Naoyuki Matsumoto : Flexural strength of rebased denture polymers, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.27, No.8, 690-696, 2000..[組織] ...
閲覧 齋賀 明彦, 野田 美幸, 市川 哲雄, 川本 苗子, 蟹谷 英生, 友竹 偉則 : インプラント上部構造のPassive fit適合試験法の検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.13, No.3, 522-529, 2000年..[組織] ...
閲覧 Hideo Kanitani, Yoritoki Tomotake, Wigianto Rudi, Naeko Kawamoto and Tetsuo Ichikawa : Bone changes around hydroxyapatite and titanium implants after abutment placement in rabbits, --- observations using histological and three-dimensional examinations ---, The Journal of Oral Implantology, Vol.26, No.4, 251-256, 2000..[組織] ...
閲覧 Eiichiro Kitaoka, Kazuhito Satomura, Eiji Hayashi, Keiko Kudoh, Satoru Tobiume and Masaru Nagayama : Establishment and charcterization of chondrocyte cell lines from the costal cartilage of SV40 large T antigen transgenic mice, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.81, No.4, 571-582, 2001..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka and Ken'ichi Yokoyama : Structural Biomaterials for 21st Century, --- Hydrogen embrittlement of Ni-Ti alloy in biological environment ---, TMS(The Minerals, Metals & Materials Society), Pennsylvania, Feb. 2001..[組織] ...
閲覧 Kei Tobiume, Atsushi Matsuzawa, Takumi Takahashi, Hideki Nishitoh, Kei-ichi Morita, Kohsuke Takeda, Osamu Minowa, Kohei Miyazono, Tetsuo Noda and Hidenori Ichijo : ASK1 is required for sustained activations of JNK/p38 MAP kinases and apoptosis, EMBO Rep, Vol.2, No.3, 222-228, 2001..[組織] ...
閲覧 Yoko Terada, Katsuhiko Hirota, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao, Yoichiro Miyake and Tetsuo Ichikawa : Identification of Helicobacter Pylori in Denture Plaque of Hospitalized Aged Patients, Dentistry in Japan, Vol.37, (号), 56-58, 2001..[組織] ...
閲覧 Kouji Yamanouchi, Kazuhito Satomura, Yuji Gotoh, Eiichiro Kitaoka, Satoru Tobiume, Keiko Kudoh and Masaru Nagayama : Bone formation by transplanted human osteoblasts cultured within collagen sponge with dexamethasone in vitro, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.16, No.5, 857-867, 2001..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka, Masayuki Kon and DU Park : Novel titanium sintered compacts with biological function, Journal of Dental Research, Vol.80, No.Spec, 594, Chiba, June 2001..[組織] ...
閲覧 Mayumi Luciana Hirakata, Masayuki Kon, Kenzo Asaoka, Youji Miyamoto and Masaaki Takechi : In vitro and in vivo reactions of compositional gradient bioceramics, Journal of Dental Research, Vol.80, No.Spec, 590, Chiba, June 2001..[組織] ...
閲覧 Masayuki Kon, Kenzo Asaoka and Masahiro Kobayashi : Development of aluminum-free frits containing zirconium for glassy porcelain, Journal of Dental Research, Vol.80, No.Spec, 558, Chiba, June 2001..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Smart Denture, Journal of Dental Research, Vol.80, No.Spec, 759, Chiba, June 2001..[組織] ...
閲覧 羽田 勝, 蟹谷 容子, 市川 哲雄, 石川 正俊, 永尾 寛 : 要介護高齢者の義歯使用を困難にする要因に関する研究, 老年歯科医学, Vol.16, No.1, 22-28, 2001年..[組織] ...
閲覧 Fumiaki Kawano, Takafumi Ohguri, Naoyuki Matsumoto and Tetsuo Ichikawa : Influence of thermal cycling in water on flexural strength of laboratory-processed composite resin, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.28, No.8, 703-707, 2001..[組織] ...
閲覧 羽田 勝, 蟹谷 容子, 市川 哲雄, 佐藤 修斎 : 介護認定審査にかかる統計資料にみる歯科関連調査項目の現状と課題, 老年歯科医学, Vol.16, No.2, 220-227, 2001年..[組織] ...
閲覧 Yoritoki Tomotake, Osamu Ishida, Hideo Kanitani and Tetsuo Ichikawa : Immediate implant-supported oral rehabilitation using a photocurable plastic skull model and laser welding: A technical Note of Screw Retained type: Part 1, The International Journal of Prosthodontics, Vol.15, No.3, 303-306, 2002..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka, Osamu Okuno and John Tesk : Dental Materials and Their selection, 3rd Ed; WJ. O'Brien, --- High temperature investments ---, Quintessence Publishing Co, Inc, Chicago, (month)2002..[組織] ...
閲覧 Keiko Kudoh, Kazuhito Satomura, Sachiko Nishisho, Eiichiro Kitaoka, Kouji Yamanouchi, Satoru Tobiume and Masaru Nagayama : Potential role of leptin in endochondral ossification, The Journal of Histochemistry and Cytochemistry, Vol.50, No.2, 159-170, 2002..[組織] ...
閲覧 友竹 偉則, 蟹谷 英生, 中尾 雅英, 市川 哲雄 : インパルス衝撃応答と骨髄圧によるオッセオインテグレーションの評価, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.46, No.1, 110-119, 2002年..[組織] ...
閲覧 Mayumi Luciana Hirakata, Masayuki Kon and Kenzo Asaoka : Calcium phosphate cements prepared utilizing calcium carbonate whiskers, Journal of Dental Research, Vol.81, No.Spec A, 1424, San Diego, March 2002..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Hydrogen embrittlement of Ni-Ti super-elastic alloys, Journal of Dental Research, Vol.81, No.Spec A, 262, San Diego, March 2002..[組織] ...
閲覧 Masayuki Kon, Kenzo Asaoka and Masahiro Kobayashi : High strength porcelains prepared with two types of zirconium-containing glass, Journal of Dental Research, Vol.81, No.Spec A, 469, San Diego, March 2002..[組織] ...
閲覧 柏原 稔也, 市川 哲雄, 川本 苗子, 蟹谷 英生, 堀内 政信, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 松本 直之 : EBMに基づいた口腔ケアのために 必読文献集(日本歯科医師会 監修/静岡県歯科医師会 編), --- 老人病院入院患者の口腔状態とデンチャープラークの細菌構成について-第1報予備調査結果- ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2002年3月..[組織] ...
閲覧 齋賀 明彦, 市川 哲雄, 北岡 直樹, 友竹 偉則, 浜口 順弘 : インプラントのスクリュー締結が周囲組織に及ぼす影響, --- 模型実験 ---, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.15, No.1, 1-9, 2002年..[組織] ...
閲覧 Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa, Hideo Kanitani, Masahide Nakao and Naoki Kitaoka : Dynamics of bone marrow pressure with tapping of titanium and hydroxyapatite implants in rabbit, Clinical Oral Implants Research, Vol.13, No.2, 221-224, 2002..[組織] ...
閲覧 大村 直幹, 弘田 克彦, 蟹谷 容子, 永尾 寛, 柏原 稔也, 市川 哲雄 : デンチャープラークと咽頭の微生物叢との関連性, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.46, No.4, 530-538, 2002年..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Acceleration of Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice Transferred with RANKL-stimulated Dendritic cells, 24th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Vol.17, No.SUPPL 1, S490, San Antonio, Sep. 2002..[組織] ...
閲覧 Seiko Hongama, Masatoshi Ishikawa, Fumiaki Kawano and Tetsuo Ichikawa : Complete denture with a removable palatal lift prosthesis, --- A case report and clinical evaluation ---, Quintessence International, Vol.33, No.9, 675-678, 2002..[組織] ...
閲覧 Kan Nagao, Naoki Kitaoka, Fumiaki Kawano, Junji Komoda and Tetsuo Ichikawa : Influence of Changes in Occlusal Vertical Dimension on Tongue Pressure to Palate during Swallowing, Prosthodontic Research & Practice, Vol.1, No.1, 16-23, 2002..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka, Jun'ichi Sakai and Michihiko Nagumo : Hydrogen embrittlement of Ni-Ti superelastic alloy in fluoride solution, Journal of Biomedical Materials Research, Vol.65A, No.2, 182-187, 2003..[組織] ...
閲覧 工藤 景子, 里村 一人, 北岡 栄一郎, 徳山 麗子, 長山 勝 : 骨折治癒過程におけるレプチンの役割, 日本口腔顎顔面外傷学会雑誌, Vol.2, No.2, 61-65, 2003年..[組織] ...
閲覧 工藤 景子, 里村 一人 : 内軟骨性骨化とレプチン, 臨床整形外科, Vol.38, No.1, 60-63, 2003年1月..[組織] ...
閲覧 石川 正俊, 市川 哲雄, 永尾 寛, 瀧野 真里, 藤沼 美穂 : 上顎全部床義歯の後縁設定に関する一考察, 四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 237-242, 2003年..[組織] ...
閲覧 齊賀 明彦, 市川 哲雄, 友竹 偉則, 蟹谷 英生, 本釜 聖子 : スクリュー締め付け回転角/トルク計測によるインプラント上部構造の適合性評価, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.47, No.2, 353-360, 2003年..[組織] ...
閲覧 石川 正俊, 一宮 正美, 柏原 稔也, 岡 謙次, 市川 哲雄 : レーザー溶接による磁性アタッチメントキーパーの取り付け法, --- 吸引力と腐蝕の検討 ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.47, No.3, 574-582, 2003年..[組織] ...
閲覧 I Takahashi, M Nishimura, K Onodera, JW Bae, H Mitani, Masako Okazaki, Y Sasano and H Mitani : Expression of MMP-8 and MMP-13 genes in the periodontal ligament during tooth movement in rats., Journal of Dental Research, Vol.82, No.8, 646-651, 2003..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Role of Dendritic Cells Stimulated with RANKL for Modulation of Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice, 25th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Vol.18, No.SUPPL 2, S396, Minneapolis, Sep. 2003..[組織] ...
閲覧 Shingo Kawakami, Hiura Kenji, Masahiko Yokozeki, Takumi Takahashi, Seike Takuya, Hideki Nakanishi and Keiji Moriyama : Longitudinal evaluation of secondary bone grafting into the alveolar cleft, Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.40, No.6, 569-576, 2003..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 現代医療を支えるバイオマテリアル, --- 工業教育資料 ---, 工業教育資料, No.292, 9-12, 2003年11月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 数値計算によるバイオマテリアルの傾斜機能の評価, 傾斜機能材料論文集, 2003年11月..[組織] ...
閲覧 Yuji Higashibata, Takahiko Sakuma, Hirohisa Kawahata, Shinji Fujihara, Keiji Moriyama, Atsushi Okada, Takahiro Yasui, Kenjiro Kohri, Yukihiko Kitamura and Shintaro Nomura : Identification of Promoter Regions Involved in Cell- and Developmental Stage-Specific Osteopontin Expression in Bone, Kidney, Placenta, and Mammary Gland: An Analysis of Transgenic Mice, --- An analysis of transgenic mice. ---, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.19, No.1, 78-88, 2004..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄 : 今日の治療指針 TODAY'S THERAPY 2004(山口徹,北原光夫 総編集), --- 歯の欠損と補綴,インプラント ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2004年1月..[組織] ...
閲覧 Masayuki Kon, Mayumi Luciana Hirakata and Kenzo Asaoka : Porous Ti-6Al-4V alloy fabricated by spark plasma sintering for biomimetic surface modification, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.68B, No.1, 88-93, 2004..[組織] ...
閲覧 大庭 康雄, 森山 啓司, David G. Roodman : 新規破骨細胞形成促進因子 Eosiophil Chemotactic Factor-L(ECF-L), 整形・災害外科, Vol.47, (号), 126-127, 2004年2月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三, 今 政幸, 浜田 賢一, 横山 賢一 : チタンインプラントの破壊寿命の推定, チタンと歯科臨床, Vol.2, No.1, 46, 2004年2月..[組織] ...
閲覧 Atsushi Shioyasono, Yasuo Oba, Hiura Kenji, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Keiji Moriyama : MIP-1alpha is upregulated during experimental tooth movement, IADR 82nd General Session, (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004..[組織] ...
閲覧 Yukiko Kitase, Yukiho Tanimoto, Masahiko Yokozeki and Keiji Moriyama : The regulation of MCP-1/CCR2 expression in human periodontal ligament cells, IADR 82nd General Session, (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004..[組織] ...
閲覧 Masahiko Yokozeki, Elain Afanador, Masumi Nishi, Kazuyuki Kaneko, H Shimokawa, K Yokote, C Deng, K Tsuchida, H Sugino and Keiji Moriyama : Smad3 plays critical roles in enamel biomineralizaton, IADR 82nd General Session, (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004..[組織] ...
閲覧 Elain Afanador, Masahiko Yokozeki, Yasuo Oba, Takumi Takahashi, A Kudo and Keiji Moriyama : Twist and periostin mRNA expression in the Mouse Periodontal ligament, IADR 82nd General Session, (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Eiji Yabuta, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Fracture of nickel-titanium superelastic alloy in sodium hypochlorite solution, Materials Science and Engineering A, Vol.369, No.1-2, 43-48, 2004..[組織] ...
閲覧 大庭 知子, 三木 善樹, 岡崎 雅子, 高橋 巧, 茶野 秀太郎, 堀内 信也, 森山 啓司 : 顎裂部二次骨移植術を行った片側性口唇口蓋裂患者における上顎歯列弓の安定性に関する検討, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.29, No.1, 16-29, 2004年..[組織] ...
閲覧 大下 修弘, 江口 覚, 工藤 景子, 湯淺 哲也, 中條 信義 : 2ヶ月で2度,全身麻酔を受けた超高齢者の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.32, No.2, 250-251, 2004年..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka, Jun'ichi Sakai and Michihiko Nagumo : Delayed fracture of Ni-Ti superelastic alloys in acidic and neutral fluoride solutions., Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.69A, No.1, 105-113, 2004..[組織] ...
閲覧 尾崎 朋文, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 鍼治療における刺鍼点についての解剖学的考察, 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2004年4月..[組織] ...
閲覧 Tomoko Yoneda, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Masaru Kobayashi, Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Estrogen deficiency accelerates murine autoimmune arthritis associated with receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand-mediated osteoclastogenesis, Endocrinology, Vol.145, No.5, 2384-2391, 2004..[組織] ...
閲覧 Shingo Kawakami, Masahiko Yokozeki, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Oral rehabilitation of an orthodontic patient with cleft lip and palate and hypodontia using secondary bone grafting, osseo-integrated implants, and prosthetic treatment., Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.41, No.3, 279-284, 2004..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Fiber property effects on shape recovery of Ni-Ti alloy fiber embedded denture-base resin after smart repair, 7th World Biomaterials Congress, (巻), (号), (頁), Sydney, May 2004..[組織] ...
閲覧 井澤 俊 : 樹状細胞を用いたMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.1, 13-29, 2004年..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Tatsuya Eguchi, Kenzo Asaoka and Michihiko Nagumo : Effects of constituting phases in Ni-Ti shape memory alloy on susceptibility to hydrogen embrittlement, Materials Science and Engineering A, Vol.374, No.1-2, 177-183, 2004..[組織] ...
閲覧 Yoshiko Nakae, Peter J. Stoward, Tatsuo Kashiyama, Masayuki Shono, Akiko Akagi, Tetsuya Matsuzaki and Ikuya Nonaka : Early onset of lipofuscin accumulation in dystrophin-deficient skeletal muscles of DMD patients and mdx mice, Journal of Molecular Histology, Vol.35, No.5, 489-499, 2004..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄, 渡邉 恵 : 歯科補綴の未来·補綴技術の継承と他分野への発信, 補綴臨床, Vol.37, No.4, 400-407, 2004年7月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 大嶋 淳, 森山 啓司 : 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析, 第17回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 口演発表, (巻), (号), (頁), 2004年7月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 数値計算力学によるバイオマテリアルの傾斜機能の評価, 傾斜機能材料論文集, 75-80, 2004年..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄, 渡邉 恵 : 補綴処置における診査診断の観点から, DE, Vol.150, (号), 11-12, 2004年7月..[組織] ...
閲覧 Yasuko Ishikawa, Zhenfang Yuan, Noriko Inoue, Masayuki Shono and Yoshiko Nakae : Translocation of aquaporin 5 from rafts to apical membrane in rat parotid glands stimulated by muscarinic agonists, The Journal of Histochemistry and Cytochemistry, Vol.52, No.Suppl 1, S56, San Diego, July 2004..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : バイオマテリアル産業の問題点, --- 医療用具の市場動向から ---, バイオマテリアル, Vol.22, No.4, 252-257, 2004年7月..[組織] ...
閲覧 Kazuyuki Kaneko, Ken'ichi Yokoyama, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Degradation in performance of orthodontic wires caused by hydrogen absorption during short-term immersion in 2.0% acidulated phosphate fluoride solution., The Angle Orthodontist, Vol.74, No.4, 487-495, 2004..[組織] ...
閲覧 大庭 康雄, 永島 優子, 佐竹 秀太, 森山 啓司 : 外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリングを認めた骨格性III級の一症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 28-40, 2004年..[組織] ...
閲覧 茶野 秀太郎, 川上 慎吾, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上顎中切歯の動揺度と歯根/歯冠長比との関連性に関する研究, 中・四国矯正歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 29-33, 2004年..[組織] ...
閲覧 Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Protein phosphatase reglates apoptosis through PKR/eIF-2 a family in human osteoblastic cells, The 16th International Congress of the IFAA, (巻), (号), (頁), Kyoto, Aug. 2004..[組織] ...
閲覧 永島 優子, 大庭 康雄, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 下顎枝矢状分割術を施行した顎変形症患者における術前·術後の下顎頭の位置と下顎骨の安定性, --- PLLA製スクリュー,チタン製スクリュー,ワイヤーを用いた各種骨片固定法の比較 ---, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.14, No.2, 111-121, 2004年..[組織] ...
閲覧 Hiroyuki Morimoto : Type 1 protein phosphatase controls biological processes in cultured, Journal of Oral Biosciences, Vol.46, No.4, 270-277, 2004..[組織] ...
閲覧 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害によるIkB/NF-kBの調節, 第46回歯科基礎医学総会, (巻), (号), (頁), 2004年9月..[組織] ...
閲覧 冨田 優子, 大庭 知子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 森山 啓司 : ヘッドギアによる上顎第一大臼歯の遠心移動が上顎第二大臼歯の萌出方向に与える影響について, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.63, No.3, 151-161, 2004年..[組織] ...
閲覧 辻 けい子, 三木 善樹, 堀内 信也, 森山 啓司 : 歯軸方向エックス線撮影法を用いた上顎犬歯埋伏位置に関する臨床統計学的調査, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.63, No.3, 162-169, 2004年..[組織] ...
閲覧 Hua Wei, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao, Takafumi Ohguri, Daisuke Nagao and Tetsuo Ichikawa : In vitro Study of Stress Distribution on Additional Posterior Mandibular Implants, Prosthodontic Research & Practice, Vol.3, No.1, 84-91, 2004..[組織] ...
閲覧 Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Atsushi Shioyasono, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shinsuke Kido, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Osteoclasts enhance myeloma cell growth and survival via cell-cell contact: a vicious cycle between bone destruction and myeloma expansion., Blood, Vol.104, No.8, 2484-2491, 2004..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa and Kenzo Asaoka : Hydrogen absorption of titanium in acidic fluoride solutions, Materials Science and Engineering A, Vol.384, No.1-2, 19-25, 2004..[組織] ...
閲覧 Yukiho Tanimoto, Masahiko Yokozeki, Hiura Kenji, Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Toshio Matsumoto, PJ Marie and Keiji Moriyama : A soluble form of fibroblast growth factor receptor 2 (FGFR2) with S252W mutation acts as an efficient inhibitor for the enhanced osteoblastic differentiation caused by FGFR2 activation In Apert syndrome., The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.44, 45926-45934, 2004..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄, 佐藤 博信, 安田 登, 服部 正巳, 尾関 雅彦, 友竹 偉則, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 窪木 拓男, 和気 裕之, 大山 喬史 : 日本補綴歯科学会でいまどうして症型分類なのか, 補綴臨床, Vol.37, No.6, 639-645, 2004年..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるbite jumping applianceとelastic open activatorの治療効果に関する検討, 第63回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), 247, 2004年11月..[組織] ...
閲覧 Satoshi Yokoo, Chizu Tateishi, Shungo Furudoi, Yasuyuki Shibuya, Takahide Komori, Hirofumi Hanagaki and Keiji Moriyama : Occlusal reconstruction:Orthodontic techniques for treatment of jaw fracture., World Journal of Orthodontics, Vol.5, No.4, 339-343, 2004..[組織] ...
閲覧 永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 義歯床下粘膜への負担圧分布からみた選択, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.5, 673-680, 2004年12月..[組織] ...
閲覧 Chen Jain-rong, 岡 謙次, Hua Wei, 市川 哲雄 : Effect of surface treatment with commercial primers on tensile bone strength of auto-polymerizing resin to magnetic stainless steel, International Chinese Journal of Dentistry, Vol.5, No.1, 7-11, 2005年..[組織] ...
閲覧 藤原 綾子, 日浦 賢治, ウイルデ ハビエル, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司 : ヒト破骨細胞様細胞の波状縁と明帯の形態に及ぼすカルシトニンおよびCLIK148の効果について, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 411-418, 2005年..[組織] ...
閲覧 永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 全部床義歯における咬合様式の選択基準, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.1, 4-6, 2005年2月..[組織] ...
閲覧 Toshio Ogawa, Ken'ichi Yokoyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Hydrogen embrittlement of Ni-Ti superelastic alloy in ethanol solution containing hydrochloric acid, Materials Science and Engineering A, Vol.393, No.1-2, 239-246, 2005..[組織] ...
閲覧 Takumi Takahashi, Toyoaki Takagi and Keiji Moriyama : Orthodontic treatment of the traumatically intruded tooth with ankylosis by traction following surgical luxation, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.127, No.2, 233-241, 2005..[組織] ...
閲覧 Masayuki Kon, Mayumi Luciana Hirakata, Youji Miyamoto, H Kasahara and Kenzo Asaoka : Strengthening of calcium phosphate cement by compounding calcium carbonate whiskers, Dental Materials Journal, Vol.24, No.1, 104-110, 2005..[組織] ...
閲覧 Yasuo Oba, Lee Won Jun, Ehrlich A. Lori, Chung Yeon Ho, Jelinek T. Diane, Callender S. Natalie, Horuk Richard, Choi Jin Sun and Roodman David G. : MiP-1alpha utilizes both CCR1 and CCR5 to induce osteoclast formation and increase adhesion of myeloma cells to marrow stromal cells, Experimental Hematology, Vol.33, No.3, 272-278, 2005..[組織] ...
閲覧 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォーム特異的RNAiとヒトDicer遺伝子変異体の同定, 第110回日本解剖学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[組織] ...
閲覧 瀬崎 英孝, 吉田 憲一, 淺岡 憲三 : 酸性フッ化ナトリウム水溶液が熱処理したチタンの機械的性質に及ぼす影響, 日本機械学会講演論文集, No.055-1, 71-72, 2005年3月..[組織] ...
閲覧 坂本 裕紀, 吉田 憲一, 淺岡 憲三, 松原 敏夫 : チタン多孔体の焼結法と強度,アパタイト修飾特性, 日本機械学会講演論文集, No.055-1, 73-74, 2005年3月..[組織] ...
閲覧 横山 賢一, 小川 登志男, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : 過酸化水素水を含有した生理食塩水中におけるNi-Ti超弾性合金の破壊, 日本金属学会第136回大会, 2005年3月..[組織] ...
閲覧 Keiji Moriyama : Non-surgical and surgical orthodontic approaches to Class III malocclusion, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, (巻), (号), (頁), Beijing, March 2005..[組織] ...
閲覧 是永 圭太, 小川 登志男, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : フッ化ナトリウム水溶液中におけるNi-Ti超弾性合金の水素吸収抑制, 日本金属学会第136回大会, 2005年3月..[組織] ...
閲覧 中江 良子, Stoward J. Peter, Bespalov A. Ivan, Melamede J. Robert, Wallace S. Susan : A new technique for the quantitative assessment of 8-oxoguanine content in situ in nuclear DNA., 解剖学雑誌, Vol.80, No.Suppl, 216, 2005年3月..[組織] ...
閲覧 Putranto Rama, Yasuo Oba, Kazuyuki Kaneko, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Effect of bisphosphonate on odontoclasts during experimental tooth movement, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, (巻), (号), 195, Beijing, April 2005..[組織] ...
閲覧 Mauricio de Araujo Rui Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of regulator of G-protein signaling(RGS)2 and RhoE in human periodontal ligament cells under mechanical stress, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, (巻), (号), 196, Beijing, April 2005..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三, 前島 邦光, 瀬崎 英孝 : チタンの侵食と酸化膜の働き, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 79, 2005年4月..[組織] ...
閲覧 瀬崎 英孝, 淺岡 憲三, 吉田 憲一 : 酸性フッ化ナトリウム溶液浸漬によるチタンの腐食と熱処理による防食, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 88, 2005年4月..[組織] ...
閲覧 坂本 裕紀, 淺岡 憲三, 吉田 憲一 : チタン多孔体の強度とアパタイト修飾特性, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 91, 2005年4月..[組織] ...
閲覧 今 政幸, 堀内 信也, 森山 啓司, 淺岡 憲三 : リン酸亜鉛セメントのアパタイト置換, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 67, 2005年4月..[組織] ...
閲覧 横山 賢一, 淺岡 憲三 : フッ化ナトリウム水溶液中におけるTi-6Al-4V合金の水素脆化感受性, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 180, 2005年4月..[組織] ...
閲覧 藤原 慎視, 森山 啓司 : メカニカルストレスに応答したオステオポンチンの発現と機能の解析, 第59回日本口腔科学会総会, 2005年4月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析, 第59回日本口腔科学会総会 ミニシンポジウム 口演発表, (巻), (号), (頁), 2005年4月..[組織] ...
閲覧 大庭 康雄, 永島 優子, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用して治療を行った下顎非対称を伴う顎変形症の3症例の術後評価, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.15, No.1, 28-40, 2005年..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka : Porous titanium compacts as advanced medical device, Cellular Metals for Structural and Functional Applications, 69-77, 2005..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka : Porous titanium compacts as advanced medical device, International Conference on Cellular Metals for Structural and Functional Applications, 18, Dresden, May 2005..[組織] ...
閲覧 西 真寿美, 谷本 起穗, 冨田 優子, 金子 和之, 佐竹 秀太, 辻 けい子, 高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査, 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2005年5月..[組織] ...
閲覧 冨田 優子, 高橋 巧, 西 真寿美, 谷本 起穗, 森山 啓司 : レーザー・ドップラー式血流画像化装置を用いた口唇形成術後の上唇における血流分布解析, 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2005年5月..[組織] ...
閲覧 Shingo Kawakami, Masahiko Yokozeki, Takumi Takahashi, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Siblings with spaced arches treated with and without partial glossectomy, --- Comparison of occlusal stabilities after orthodontic treatment in a pair of brother and sister ---, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.127, No.3, 364-373, 2005..[組織] ...
閲覧 藤原 慎視 : メカニカルストレス応答遺伝子オステオポンチンの発現調節と機能に関する研究, 四国歯学会雑誌, Vol.18, No.1, 57-70, 2005年..[組織] ...
閲覧 ラマ プトラント, 大庭 康雄, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : 実験的歯の移動時における破歯細胞に対するビスホスホネートの効果, 第23回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[組織] ...
閲覧 アラウジョ フイ, 大庭 康雄, 森山 啓司 : メカニカルストレス負荷時のヒト歯根膜細胞におけるRhoEとRGS2の役割について, 第23回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[組織] ...
閲覧 大嶋 淳, 井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 森山 啓司, 林 良夫 : 樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病態の修飾, 第2回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, (巻), (号), 46, 2005年7月..[組織] ...
閲覧 辻 けい子, 井澤 俊, 細木 秀彦, 前田 直樹, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 関節円板前方転位を有する顎関節症患者の顎顔面形態の特徴について, 第18回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 ポスター発表, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるBite jumping applianceとElastic open activatorの作用機序に関する検討, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 15-23, 2005年..[組織] ...
閲覧 佐竹 秀太, 高橋 巧, 辻 けい子, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎犬歯の移転を伴う不成咬合の3症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 37-48, 2005年..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : チタン多孔体とアパタイト修飾, 日本歯科産業学会誌, Vol.19, No.1, 74, 2005年8月..[組織] ...
閲覧 Yoshiko Nakae, Peter J. Stoward, Ivan A. Bespalov, Robert J. Melamede and Susan S. Wallace : A new technique for the quantitative assessment of 8-oxoguanine in nuclear DNA as a marker of oxidative stress. Application to dystrophin-deficient DMD skeletal muscles., Histochemistry and Cell Biology, Vol.124, No.3-4, 335-345, 2005..[組織] ...
閲覧 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるXIAPの発現とアポトーシス, 第47回歯科基礎医学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年9月..[組織] ...
閲覧 Hironobu Shibata, Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshiaki Sano, Ken-ichi Kitazoe, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Malignant B-lymphoid cells with bone lesions express receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand and vascular endothelial growth factor to enhance osteoclastogenesis., Clinical Cancer Research, Vol.11, No.17, 6109-6115, 2005..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 歯科理工学教育用語集, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年9月..[組織] ...
閲覧 Keiji Moriyama : New experimental model for tooth movement using genetically engineered animals, 6 th International Orthodontic Congress, (巻), (号), (頁), Paris, Sep. 2005..[組織] ...
閲覧 Yuki Sakamoto, Kenzo Asaoka, Masayuki Kon, Toshio Matsubara and Kenichi Yoshida : Porous titanium compacts as biomaterials for hard tissue replacement, 4th International Conference on Porous Metals and Metal Foaming Technology, Kyoto, Sep. 2005..[組織] ...
閲覧 RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Involvement of RhoE and regulator of G-protein signaling protein(PGS)2 in the response of human periodontal ligament cells to mechanical stress, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.20, No.Suppl 1, S208, Nashville, Sep. 2005..[組織] ...
閲覧 横山 賢一, 佐藤 良介, 高島 克利, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : 純Tiのフレッティング疲労に及ぼすハイドロキシアパタイトの影響, 日本金属学会第137回大会, 2005年9月..[組織] ...
閲覧 藤田 篤, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : 過酸化水素を含有した生理食塩水中におけるNi-Ti超弾性合金の腐食挙動, 日本金属学会第137回大会, 2005年9月..[組織] ...
閲覧 森山 啓司, 谷本 起穗 : 繊維芽細胞増殖因子受容体2(FGFR2), 生体の科学, Vol.56, No.5, 416-417, 2005年10月..[組織] ...
閲覧 前田 恵利子, 里村 一人, 徳山 麗子, 瀧 雅行, 工藤 景子, 山崎 泰文, 鎌田 伸之, 長山 勝 : マウス骨髄間質細胞の歯原性細胞への分化誘導, 日本口腔外科学会雑誌, No.51, 190, 2005年10月..[組織] ...
閲覧 山之内 浩司, 工藤 景子, 高野 栄之, 前田 恵利子, 長山 勝 : 外傷性上唇動脈瘤の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.51, 111, 2005年10月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三, 前島 邦光 : 昇温脱離分析によるチタンの侵食に対する酸化膜の働きの評価, 歯科材料·器械, Vol.24, No.6, 439-445, 2005年..[組織] ...
閲覧 RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of RhoE and PGS2 in mechanical-stressed periodontal ligament cells, 52st Annual Meeting of The Japanese Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Okayama, Nov. 2005..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 金属系バイオマテリアルの機能設計の企画にあたって, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, Vol.27, 85, 2005年11月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三, 前島 邦光 : チタン酸化膜と水素の昇温脱離挙動, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, Vol.27, 123, 2005年11月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一 : 金属系スマートマテリアルの生体応用, 第27回日本バイオマテリアル学会, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Fiber-matrix interface property effects on mechanical properties and shape recovery of NiTi shape memory alloy fiber / denture-base-resin matrix composites, 1st International Conference on Mechanics of Biomaterials & Tissues, (巻), (号), (頁), Waikoloa, Hawaii, USA, Dec. 2005..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三, 前島 邦光 : チタンと水素, ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用研究会, 30, 2005年12月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 大嶋 淳, 森山 啓司, 林 良夫 : RANKL刺激活性化DCを介したMRL/lprマウス関節炎の病態修飾, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, (号), 249, 2005年12月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 歯科産業の活性化と材料研究の新たな展開, 日本歯科産業学会誌, Vol.19, No.2, 1, 2005年12月..[組織] ...
閲覧 Xingmei Feng, Tomoko Oba, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : An interdisciplinary approach for improved functional and aesthetic results in a periodontally compromised adult patient, The Angle Orthodontist, Vol.75, No.6, 1061-1070, 2005..[組織] ...
閲覧 Elaine Afamador, Masahiko Yokozeki, Yasuo Oba, Yukiko Kitase, Takumi Takahashi, Akira Kudo and Keiji Moriyama : Messenger RNA expression of periostin and Twist transiently decrease by occlusal hypofunction in mouse periodontal ligament., Archives of Oral Biology, Vol.50, No.12, 1023-1031, 2005..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Kenzo Asaoka and Junichi Sakai : Hydrogen absorption of titanium and nickel-titanium alloys during long-term immersion in neutral fluoride solution, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.78B, No.1, 204-210, 2006..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : チタンと水素, チタンと歯科臨床, Vol.4, No.1, 39, 2006年1月..[組織] ...
閲覧 Yuki Sakamoto, Kenzo Asaoka, Masayuki Kon, Toshio Matsubara and Kenichi Yoshida : Porous titanium compacts as biomaterials for hard tissue replacement, Porous Metals and Metal Foaming Technology (JIMIC=4), 55-58, 2006..[組織] ...
閲覧 Yuki Sakamoto, Kenzo Asaoka, Masayuki Kon, Toshio Matsubara and Kenichi Yoshida : Chemical surface modification of high-strength porous Ti compacts by spark plasma sintering, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.16, No.2, 83-91, 2006..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Fracture of sustained tensile-loaded Ti-0.2% Pd alloy in acid and neutral fluoride solutions, Materials Science and Engineering A, Vol.419, No.1-2, 122-130, 2006..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 金属系バイオマテリアルの機能設計, 歯科における産学連携, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 河村 俊志, 細田 秀樹, 稲邑 朋也, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : 種々の第三元素を添加したTiAu合金の形状回復, 日本金属学会, (巻), (号), (頁), 2006年3月..[組織] ...
閲覧 津金 靖仁, 稲邑 朋也, 若島 健司, 細田 秀樹, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : AuCoTi合金の形状記憶特性と組織に及ぼす時効処理の影響, 日本金属学会, (巻), (号), (頁), 2006年3月..[組織] ...
閲覧 横山 賢一, 高島 克利, 淺岡 憲三 : Ni-Ti超弾性合金の水素脆化ー大気中放置による水素濃度分布の変化, 日本金属学会第138回大会, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 高島 克利, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : 中性NaF水溶液中におけるcp-Tiの水素吸収に及ぼす電位碑化の影響, 日本金属学会第138回大会, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 中江 良子, 庄野 正行, Stoward J. Peter : Assessment of oxidative stress in dystrophin-deficient dystrophic muscles of mice., 解剖学雑誌, Vol.81, No.Suppl, 214, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 藤原 江美, 今 政幸, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有型アパタイトセメントの創製, 歯科材料·器械, Vol.25, No.2, 99, 2006年4月..[組織] ...
閲覧 今 政幸, 浜田 賢一, 河野 文昭, 横山 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 酸化亜鉛含有型グラスアイオノマーセメントの諸性質, 第47回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2006年4月..[組織] ...
閲覧 今 政幸, 浜田 賢一, 河野 文昭, 横山 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 酸化亜鉛含有型グラスアイオノマーセメントの諸性質, 歯科材料·器械, Vol.25, No.2, 156, 2006年4月..[組織] ...
閲覧 横山 賢一, 淺岡 憲三 : 中性フッ化ナトリウム水溶液に長期間浸漬したTi合金の水素吸収, 歯科材料·器械, Vol.25, No.2, 174, 2006年4月..[組織] ...
閲覧 Toshio Ogawa, Ken'ichi Yokoyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Effects of moisture and dissolved oxygen in methanol and ethanol solutions containing hydrochloric acid on hydrogen absorption and desorption behaviors of Ni-Ti superelastic alloy, Materials Science and Engineering A, Vol.422, No.1-2, 218-226, 2006..[組織] ...
閲覧 北村 清一郎, 森本 景之, 角田 佳折, 石本 恭子 : 歯科治療時の偶発症としての開障害と嚥下痛の発生機序を理解するに必要な局所解剖学的知識, 形態科学, Vol.9, No.2, 73-77, 2006年5月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : チタン摩耗粉・微粒子と体内動態, ナノ微粒子の体内動態可視化法の開発, 2006年5月..[組織] ...
閲覧 冨田 優子, 高橋 巧, 谷本 起穗, 森山 啓司 : 口唇形成術後領域における血流分布と顎顔面形態に関する解析, 第30回日本口蓋裂学会総会・学術集会, Vol.31, No.2, 203, 2006年5月..[組織] ...
閲覧 Shinji Fujihara, Masahiko Yokozeki, Yasuo Oba, Yuji Higashibata, Shintaro Nomura and Keiji Moriyama : Function and regulation of osteopontin in response to mechanical stress, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.21, No.6, 956-964, 2006..[組織] ...
閲覧 塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討, 第16回日本顎変形症学会総会, Vol.16, No.2, 129, 2006年6月..[組織] ...
閲覧 大庭 康雄, 森山 啓司 : 多数歯先天欠如と下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症に対して外科的矯正治療を行った一症例, 第16回日本顎変形症学会総会, Vol.16, No.2, 120, 2006年6月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : アパタイト修飾マイクロチタン粒子の開発, ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用研究会, 2006年6月..[組織] ...
閲覧 RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : RGS2 regulates cAMP production in mechanically stressed human PDL cells, 84th General Session & Exhibition of The International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Brisbane, Australia, June 2006..[組織] ...
閲覧 Emi Fujiwara, Masayuki Kon and Kenzo Asaoka : Development of calcium phosphate cement crystallized with strontium-containg apatite, International Association for Dental Research, Brisbane, June 2006..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Kenzo Asaoka and J Sakai : Susceptability to hydrogen embrittlement of Ti-0.2Pd alloy in fluoride solutions, International Association for Dental Research, Brisbane, June 2006..[組織] ...
閲覧 Masayuki Kon, Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano, Ken'ichi Yokoyama, Emi Fujiwara and Kenzo Asaoka : Improvement of thermal conductivity for glass-ionomer cement, International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Brisbane, June 2006..[組織] ...
閲覧 Yasuo Oba, RM de Araujo Santos and Keiji Moriyama : RhoE regulates actin cytoskeleton organization in human periodontal ligament cells, 84th General Session & Exhibition of The International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Brisbane, Australia, June 2006..[組織] ...
閲覧 Hosoda Hideki, Tachi Ryosuke, Inamura Tomonari, Wakashima Kenji, Kenichi Hamada and Miyazaki Shuichi : Martensitic Transformation of TiAuCo Biomedical Shape Memory Alloys, Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2006, (巻), (号), (頁), Vancouver, July 2006..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Effects of fiber-resin interface property on shape recovery and mechanical properties of denture-base-resin matrix smart composite, Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2006, (巻), (号), (頁), Vancouver, July 2006..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka and Kunimitsu Maejima : Effect of surface oxide films on degradation of titanium, International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials (THERMEC 2006), Vancouver, July 2006..[組織] ...
閲覧 辻 けい子, 佐竹 秀太, 藤原 慎視, 井澤 俊, 堀内 信也, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における顎関節症を伴う不正咬合患者の臨床統計学的調査, 第49回 中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[組織] ...
閲覧 藤原 慎視, 堀内 信也, 森山 啓司 : 動的治療終了時にdual biteがみられた開咬症例の中期的観察, 中·四国矯正歯科学会雑誌, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[組織] ...
閲覧 林 裕史, 吉田 憲一, 淺岡 憲三 : チタン粉末の比表面積とアパタイト修飾特性に関する研究, 日本歯科産業学会誌, Vol.20, No.1, 57, 2006年7月..[組織] ...
閲覧 藤井 克昌, 高瀬 雅大, 前田 彩, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 頬隙と犬歯窩隙の局所構造, 四国歯学会第30回例会, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[組織] ...
閲覧 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 見える!わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 8, --- 義歯は嚥下にどうかかわるのか ---, 歯界展望, Vol.108, No.2, 304-309, 2006年8月..[組織] ...
閲覧 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺での筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 第12回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年8月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 10年後の歯科医療への提言, --- 歯科理工学と関連領域とのコラボレーション:歯科理工学の立場から:金属材料は ---, 日本歯科理工学会近畿・中四国支部夏期セミナー, 2006年8月..[組織] ...
閲覧 Razia Sultana, Masayuki Kon, Mayumi Luciana Hirakata, Emi Fujiwara and Kenzo Asaoka : Surface modification of titanium with hydrothermal treatment at high pressure, Dental Materials Journal, Vol.25, No.3, 470-479, 2006..[組織] ...
閲覧 金子 和之, 堀内 信也, 森山 啓司 : ダイレクトボンディングが歯質に与える影響について-ボンディング法による比較-, 日本矯正歯科学会雑誌, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[組織] ...
閲覧 大嶋 淳, 井澤 俊, 石丸 直澄, 林 良夫, 森山 啓司 : 関節炎モデルマウスを用いた樹状細胞移入による関節リウマチ病態の修飾, 第65回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), 217, 2006年9月..[組織] ...
閲覧 津金 靖仁, 稲邑 朋也, 細田 秀樹, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : TiAuCo 合金の形状記憶特性に及ぼす組成の影響, 日本金属学会誌, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[組織] ...
閲覧 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋群—口蓋咽頭筋,耳管咽頭筋,および茎突咽頭筋—の起始・走行・停止に関する肉眼解剖学的研究, 第48回歯科基礎医学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 器官,組織,細胞,蛋白をターゲットとしたバイオマテリアル, バイオマテリアル, Vol.24, No.5, 295-296, 2006年10月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第13報)-界面特性の解析-, 第48回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[組織] ...
閲覧 T. Kawamura, R. Tachi, T. Inamura, H. Hosoda, K. Wakashima, Kenichi Hamada and S. Miyazaki : Effects of ternary additions on martensitic transformation of TiAu, Materials Science and Engineering A, Vol.438-440, (号), 383-386, 2006..[組織] ...
閲覧 藤原 江美, 今 政幸, 淺岡 憲三 : リン酸カルシウムセメント中へのストロンチュウムアパタイトの導入, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, Vol.28, 2006年11月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 生体内のチタンと水素, 材料における水素有効利用研究会, Vol.18, 27, 2006年12月..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, 第36回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.36, (号), 284, Dec. 2006..[組織] ...
閲覧 坂本 裕紀, 瀬崎 英孝, 吉田 憲一, 淺岡 憲三 : チタンの耐食性と機械的性質に及ぼす熱処理の影響, 日本歯科産業学会誌, Vol.20, No.2, 3-13, 2006年..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Effects of fiber-resin interface property on shape recovery and mechanical properties of denture-base-resin matrix smart composite, Materials Science Forum, Vol.539-543, (号), 3279-3284, 2007..[組織] ...
閲覧 RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Identification of genes related to mechanical stress in human periodontal ligament cells using microarray analysis, Journal of Periodontal Research, Vol.42, No.1, 15-22, 2007..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka and Kunimitsu Maejima : Effect of surface oxide films on degradation of titanium, Materials Science Forum, Vol.539-543, (号), 3649-3654, 2007..[組織] ...
閲覧 Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Preparation of strontium-containing hydroxyapatite bone cements mixed with strontium, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), (頁), Awaji, March 2007..[組織] ...
閲覧 Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Tetsuo Ichikawa : High formability of newly developing biomedical porous titanium, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), (頁), Awaji, March 2007..[組織] ...
閲覧 Jun Ooshima, Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Keiji Moriyama : Immunoregulatory Effects of Dendritic Cells Stimulated with RANKL on the Development of Autoimmune Disease in Arthritis Model Mice, The 1st International Symposium and Workshop "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), 55, Awaji, March 2007..[組織] ...
閲覧 Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Tetsuo Ichikawa, Kenzo Asaoka and Kenichi Hamada : High formable porous titanium for biomedical applications, International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), New Orleans, March 2007..[組織] ...
閲覧 細田 秀樹, 津金 靖仁, 舘 良介, 稲邑 朋也, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : 生体用超弾性TiAuCo合金の開発, 日本金属学会誌, (巻), (号), (頁), 2007年3月..[組織] ...
閲覧 角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 大下 修弘, 石橋 淳, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の一例について, 第112回日本解剖学会総会, (巻), (号), (頁), 2007年3月..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka : Effects of surface oxide films on hydrogen absorption and mechanical properties of titanium, Dentistry in Japan, Vol.43, No.0, 99-103, 2007..[組織] ...
閲覧 Keiko Tsuji, Hidetaka Satake, Shinji Fujihara, Takashi Izawa, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Clinico-statistical study of orthodontic patients with temporomandibular joint disorders, The 1st International and the 19th Annual Meeting of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint, Vol.19, No.1, 82, Nagoya, April 2007..[組織] ...
閲覧 Miho Tomita, Ken'ichi Yokoyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Hydrogen thermal desorption behavior of Ni-Ti superelastic alloy subjected to tensile deformation after hydrogen charging, Materials Science and Engineering A, Vol.476, No.1, 308-315, 2007..[組織] ...
閲覧 Katsutoshi Takashima, Ken'ichi Yokoyama, Kenzo Asaoka and Junichi Sakai : Effects of potential on hydrogen absorption and desorption behaviors of titanium in neutral fluoride solutions, Journal of Alloys and Compounds, Vol.431, No.1-2, 203-207, 2007..[組織] ...
閲覧 笠原 孝一郎, 田中 明, 吉澤 誠, 阿部 健一, 小川 大祐, 白石 泰之, 関根 一光, 山家 智之, 仁田 新一 : 補助人工心臓制御法と左心室仕事量の循環系シミュレータを用いた検討, 第46回日本生体医工学会, (巻), (号), (頁), 2007年4月..[組織] ...
閲覧 末永 健, 中村 孝夫, 白石 泰之, 山家 智之, 西條 芳文, 関根 一光, 宮崎 隆子, 山岸 正明, 岡本 吉弘, 田中 隆, 梅津 光生 : 機械式小児循環シミュレーションに基づく肺動脈弁設計開発の試み, 第46回日本生体医工学会, (巻), (号), (頁), 2007年4月..[組織] ...
閲覧 馬場 敦, 白石 泰之, 関根 一光, 西條 芳文, 山家 智之, 豊岡 照彦, 井街 宏 : 心室のrapid pacingによる心不全モデルの作成, 第46回日本生体医工学会, (巻), (号), (頁), 2007年4月..[組織] ...
閲覧 関根 一光, 山家 智之, 西條 芳文, 白石 泰之, 松木 英敏, 佐藤 文博, 角張 泰之, 前田 剛, 中澤 文雄 : 形状記憶合金を応用した消化管蠕動運動補助装置, 第46回日本生体医工学会, (巻), (号), (頁), 2007年4月..[組織] ...
閲覧 劉 紅箭, 羅 雲, 西條 芳文, 白石 泰之, 関根 一光, 山家 智之 : 人工肛門括約筋の体内移植における血液生化学による検討, 第46回日本生体医工学会, (巻), (号), (頁), 2007年4月..[組織] ...
閲覧 角張 泰之, 佐藤 文博, 松木 英敏, 関根 一光, 白石 泰之, 山家 智之, 佐藤 忠邦 : 蠕動運動機能をもつ人工食道のための胃部留置型経皮的電力伝送装置の開発, 第46回日本生体医工学会, (巻), (号), (頁), 2007年4月..[組織] ...
閲覧 白石 泰之, 山家 智之, 関根 一光, 西條 芳文, 金野 敏, 仁田 新一, 和田 由美子, 坂田 亮, 梅津 光生, 小川 大祐, 佐藤 文博, 角張 泰之, 田中 明, 吉澤 誠, 本間 大 : 人工心筋収縮構造制御による補助効率最適化に関する基礎検討, 第46回日本生体医工学会, (巻), (号), (頁), 2007年4月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : MRIアーチファクトフリー生体用合金の研究(第1報)-候補合金と基礎的評価-, 第49回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2007年5月..[組織] ...
閲覧 藤原 江美, 河野 文昭, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有炭酸アパタイトセメントの溶解性, 第49回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2007年5月..[組織] ...
閲覧 内藤 禎人, 浜田 賢一, 市川 哲雄, 淺岡 憲三 : モールドレス成形および焼成したチタン多孔体の基礎的評価, 第49回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2007年5月..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka : Stress-corrosion cracking of titanium (Ti) implants by hydrogen absorption, Workshop on metallic corrosion of small implants, Norfolk, May 2007..[組織] ...
閲覧 堀内 信也, 高橋 巧, 森山 啓司, 湯淺 哲也, 長山 勝, 松本 和也, 中西 秀樹 : 顔面多発骨折による咬合不全に対して集学的治療を行った1症例, 日本頭蓋顎顔面外科学会雑誌, Vol.23, No.2, 163-164, 2007年6月..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Moldless Process of Producing Porous Titanium for Dental Applications, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2007..[組織] ...
閲覧 Emi Fujihara, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Effects of calcium concentration on hydrothermal surface modification of titanium, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2007..[組織] ...
閲覧 藤原 慎視, 堀内 信也, 井澤 俊, 辻 けい子, 森山 啓司 : エナメル質形成不全を伴う空隙歯列症例の一治験例, 第50回中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2007年7月..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama, Masayuki Kohashi, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Crosstalk between RANKL and Fas signaling in dendritic cells controls immune tolerance, Blood, Vol.110, No.1, 242-250, 2007..[組織] ...
閲覧 Toshiya Kashiwabara, Yuka Yoshijima, Seiko Hongama, Kan Nagao, Katsuhiko Hirota and Tetsuo Ichikawa : Denture plaque microflora in geriatric inpatients and maxillary defect patients, Prosthodontic Research & Practice, Vol.6, No.3, 153-158, 2007..[組織] ...
閲覧 Yoshihito Naitou, Kenichi Hamada, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Bioactivity of porous titanium produced using moldless process, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, (巻), (号), (頁), Kyoto, July 2007..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : 関節リウマチモデルMRL/lprマウス樹状細胞の機能解析, 第6回四国免疫フォーラム 一般演題, (巻), (号), (頁), 2007年7月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 堀内 信也, 辻 けい子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリング様変化を認めた一症例, 第50回中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2007年7月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : チタンのキャラクタリゼーションと生体内での遅れ破壊, 歯科材料·器械, Vol.26, No.4, 334-339, 2007年..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三, 浜田 賢一, 藤原 江美 : チタンの表面処理とキャラクタリゼーションの変化, 「ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用」研究会, Vol.4, (号), (頁), 2007年8月..[組織] ...
閲覧 水内 潔, 井上 漢龍, 川原 正和, 浅沼 博, 浜田 賢一, 巻野 勇喜雄 : パルス通電圧接法(PCHP)による金属/金属間化合物積層材料の高機能化, 粉体および粉末冶金, Vol.54, No.8, 560-569, 2007年8月..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Miho Tomita, Jun'ichi Sakai and Kenzo Asaoka : Hydrogen absorption and thermal desorption behaviors of Ni-Ti superelastic alloy subjected to sustained tensile-straining test with hydrogen charging, Scripta Materialia, Vol.57, No.5, 393-396, 2007..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Atsushi Fujita, Kenzo Asaoka and Junichi Sakai : Fracture of Ni-Ti superelastic alloy under sustained tensile load in physiological saline solution containing hydrogen peroxide, Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.82A, No.3, 558-567, 2007..[組織] ...
閲覧 水内 潔, 井上 漢龍, 杉浦 正美, 伊丹 正郎, 尾崎 公洋, 浜田 賢一, 浅沼 博, Lee H. J., 川原 正和, 巻野 勇喜雄 : パルス通電圧接法(PCHP)によるボロン繊維強化Ti-15V-3Cr-3Al-3Sn合金基複合材料のプロセシング, 日本機械学会2007年度年次大会, (巻), (号), (頁), 2007年9月..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, 29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Vol.22, No.SUPPL 1, S270, Honolulu, Sep. 2007..[組織] ...
閲覧 冨田 美穂, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : Ni-Ti超弾性合金の水素吸収と昇温放出挙動に及ぼす繰返し変形の影響, 日本金属学会2007年秋季大会, 2007年9月..[組織] ...
閲覧 長岡 彬, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : Ti及びNi-Ti合金の表面改質に伴う水素吸収の評価, 日本金属学会2007年秋季大会, 2007年9月..[組織] ...
閲覧 金村 篤謙, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : 過酸化水素含有生理食塩水中におけるNi-Ti超弾性合金の耐食性の向上, --- 硝酸浸漬による表面改質 ---, 日本金属学会2007年秋季大会, 2007年9月..[組織] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Katsutoshi Takashima, Kenzo Asaoka and Junichi Sakai : Hydrogen embrittlement of Ni-Ti superelastic alloy aged at room temperature after hydrogen charging, Materials Science and Engineering A, Vol.466, No.1-2, 106-113, 2007..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 昇温脱離分析による材料機能の解析, The Journal of Dental Engineering, No.163, 29-31, 2007年10月..[組織] ...
閲覧 RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of regulator of G-protein signaling 2 (RGS2) in periodontal ligament cells under mechanical stress, Cell Biochemistry and Function, Vol.25, No.6, 753-758, 2007..[組織] ...
閲覧 Kazuhito Satomura, Reiko Tokuyama, Tetsuya Yuasa, Y Yamasaki, Seiko Tatehara, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Masaru Nagayama : Possible involvement of stem cell factor and endothelin-1 in the emergence of pigmented squamous cell carcinoma in oral mucosa., Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.36, No.10, 621-624, 2007..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory Role of RANKL-stimulated Dendritic Cells on Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice, ACR/ARHP 71th Annual Scientific Meeting, Vol.56, No.Suppl 9, S-105, Boston, Nov. 2007..[組織] ...
閲覧 Miho Okuno, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada and Yoshio Hayashi : Analysis of NF-kB in T cell activation in murine autoimmune model, 第37回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.37, (号), 119, Nov. 2007..[組織] ...
閲覧 Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Solubility of Strontium and Carbonate-substituted Calcium Phosphate Bone Cement Mixed with SrCl2 Solution, International Dental Materials Congress 2007, (巻), (号), (頁), Bangkok, Nov. 2007..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : MRI-Artifact-Free Gold Alloy for Biomedical Application, International Dental Materials Congress 2007, (巻), (号), (頁), Bangkok, Nov. 2007..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka : Mechanism of delayed fracture of titanium implant in vivo, International Dental Materials Congress 2007, 158, Bangkok, Nov. 2007..[組織] ...
閲覧 SH An, WJ Kim, Kenzo Asaoka, TY Kwon and Kyo-Han Kim : Heat-treated TiO2 nanotubes: Hydroxyapatite growth, International Dental Materials Congress 2007, 315, Bangkok, Nov. 2007..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三, 前島 邦光 : チタン表面のキャラクタリゼーション, 第29回日本バイオマテリアル学会, 223, 2007年11月..[組織] ...
閲覧 藤原 江美, 河野 文昭, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : 高溶解型ストロンチウム含有炭酸アパタイトセメントの試作, 第29回日本バイオマテリアル学会, (巻), (号), 349, 2007年11月..[組織] ...
閲覧 Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Incorporation of carbonate apatite into the strontium-substituted resorbable calcium phosphate bone cement, 2nd International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), (頁), Tokushima, Dec. 2007..[組織] ...
閲覧 Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Tetsuo Ichikawa : Bioactivity of porous titanium prodeced by a newly developing moldless process, 2nd International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), (頁), Tokushima, Dec. 2007..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三, 宇尾 基弘, 亘理 文夫 : チタン合金の水素吸蔵と溶出微粒子, ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用研究会, Vol.5, 29, 2007年12月..[組織] ...
閲覧 Eiji Tanaka, MS Detamore, K Tanimoto and Nobuhiko Kawai : Lubrication of the temporomandibular joint, Annals of Biomedical Engineering, Vol.36, No.1, 14-29, 2008..[組織] ...
閲覧 Eiji Tanaka, A Nishi-Sasaki, T Hasegawa, C Nishio, N Kawai and Kazuo Tanne : Skeletal anchorage for orthodontic correction of severe maxillary protrusion after previous orthodontic treatment, The Angle Orthodontist, Vol.78, No.1, 181-188, 2008..[組織] ...
閲覧 日浅 雅博, 淺岡 憲三 : TI合金の腐食と免疫応答, 歯科チタン学会, (巻), (号), (頁), 2008年2月..[組織] ...
閲覧 日浅 雅博, 淺岡 憲三 : TI合金の腐食と免疫応答, 平成20年度厚生労働省科学研究費補助金化学物質リスク研究事業「ナノ微粒子の体内動態可視化法の開発」平成20年度第2回班会議, (巻), (号), (頁), 2008年2月..[組織] ...
閲覧 Yasuo Oba, Akihiro Yasue, Kazuyuki Kaneko, Ryoko Uchida, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Comparison of stability of mandibular segments following the sagittal ramus osteotomy with poly-L-lactic acid (PLLA) screws and titanium screws fixation, Orthodontic Waves, Vol.67, No.1, 1-8, 2008..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : コア歯科理工学, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 Nao Kinouchi, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Y Sunada, Yoshio Hayashi, Yukiho Tanimoto, Keiji Moriyama and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated local and systemic applications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass., Gene Therapy, Vol.15, No.15, 1126-1130, 2008..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : チタン多孔体とリン酸カルシウムの修飾, サイエンス&テクノロジー株式会社, 東京, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 K Tanimoto, A Suzuki, Y Nakatani, T Yanagida, Y Tanne, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : A case of anterior open bite with severely narrowed maxillary dental arch and hypertrophic palatine tonsils, Journal of Orthodontics, Vol.35, No.1, 5-15, 2008..[組織] ...
閲覧 Eiji Tanaka, B Emanuel Rego, Yasunori Iwabuchi, Toshihiro Inubushi, Harm Jan Koolstra, J Eijden Theo M G van, Nobuhiko Kawai, Yasusei Kudo, Takashi Takata and Kazuo Tanne : Biomechanical response of condylar cartilage-on-bone to dynamic shear., Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.85, No.1, 127-132, 2008..[組織] ...
閲覧 DA Dalla-Bona, Eiji Tanaka, T Inubushi, H Oka, A Ohta, H Okada, M Miyauchi, T Takata and K Tanne : Cementoblast response to low- and high-intensity ultrasound, Archives of Oral Biology, Vol.53, No.4, 318-323, 2008..[組織] ...
閲覧 Eiji Tanaka, MS Detamore and LG Mercuri : Degenerative disorders of the temporomandibular joint: etiology, diagnosis, and treatment, Journal of Dental Research, Vol.87, No.4, 296-307, 2008..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka : Hydrogen related degradation of mechanical properties of titanium and titanium alloys, 2nd Symposium on fracture and fracture of mrdical metallic materials and devices, Denver, May 2008..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : Properties of MRI-Artifact-Free Gold Alloy for Biomedical Application, 8th World Biomaterials Congress, (巻), (号), (頁), Amsterdam, May 2008..[組織] ...
閲覧 Emi Fujihara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Resorbable calcium phosphate bone cement precipitated strontium and carbonate apatite, 8th World Biomaterials Congress, (巻), (号), (頁), Amsterdam, May 2008..[組織] ...
閲覧 神野 恵, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司, 田中 栄二 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析-第2報-, 第32回日本口蓋裂学会総会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[組織] ...
閲覧 Eiji Tanaka, Y Iwabuchi, EB Rego, JH Koolstra, E Yamano, T Hasegawa, A Kawazoe, N Kawai and K Tanne : Dynamic shear behavior of mandibular condylar cartilage is dependent on testing direction, Journal of Biomechanics, Vol.41, No.5, 1119-1123, 2008..[組織] ...
閲覧 Y Tanne, K Tanimoto, N Tanaka, M Ueki, YY Lin, S Ohkuma, T Kamiya, Eiji Tanaka and K Tanne : Expression and activity of Runx2 mediated by hyaluronan during chondrocyte differentiation, Archives of Oral Biology, Vol.53, No.5, 478-487, 2008..[組織] ...
閲覧 M Ueki, N Tanaka, K Tanimoto, C Nishio, K Honda, YY Lin, Y Tanne, S Ohkuma, T Kamiya, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : The effect of mechanical loading on the metabolism of growth plate chondrocytes, Annals of Biomedical Engineering, Vol.36, No.5, 793-800, 2008..[組織] ...
閲覧 N Kawai, Eiji Tanaka, GE Langenbach, T Wessel van, R Sano, TM Eijden van and K Tanne : Jaw-muscle activity changes after the induction of osteoarthrosis in the temporomandibular joint by mechanical loading, Journal of Orofacial Pain, Vol.22, No.2, 153-162, 2008..[組織] ...
閲覧 Eiji Tanaka, N Hirose, JH Koolstra, TMGJ Eijden van, R Fujita, M Tanaka, Y Iwabuchi and Kazuo Tanne : Modeling of the effect of friction in the temporomandibular joint on displacement of its disc during prolonged clenching, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.66, No.3, 462-468, 2008..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka and Kunimitsu Maejima : Analysis of water on titanium surface by thermal desorption spectroscopy, 8th World Biomaterials Congress, Amsterdam, June 2008..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka and Motohiro Uo : Formation of fine particles related with mechanical degradation of Ni-Ti superelastic alloys in biological fluids, Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes (ISNT2008), Sapporo, June 2008..[組織] ...
閲覧 Maki Hosoki, Eiichi Bando, Kenzo Asaoka, M Kitamura, Hisahiro Takeuchi and Keisuke Nishigawa : Assessment of allergic hypersensitivity to dental materials, Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes (ISNT2008), Sapporo, June 2008..[組織] ...
閲覧 太田 耕司, 小野 重弘, 瀧 雅行, 水田 邦子, 二宮 嘉昭, 東森 秀年, 宮内 美和, 武知 正晃, 柄 なつみ, 田中 栄二, 丹根 一夫, 杉山 勝, 鎌田 伸之 : 下顎枝矢状分割骨切り術のスクリュー,プレート固定におけるコントラアングルスクリュードライバーシステムの応用, 第18回日本顎変形症学会, (巻), (号), (頁), 2008年6月..[組織] ...
閲覧 川添 亜希, 田中 栄二, 河野 信也, 丹根 一夫 : 上顎小臼歯先天欠損部に下顎小臼歯の移植を行った切端咬合の矯正歯科治療例, 第51回中・四国矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年7月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一 : MRIアーチファクトフリー生体用金合金の開発, 血管内手術用デバイス開発研究会, 2008年7月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : Ni-Ti超弾性合金の劣化と腐食生成物, 第22回日本歯科産業学会・学術講演会, 2008年7月..[組織] ...
閲覧 白倉 麻耶, 谷本 圭司, 田中 栄二, 田中 伸明, 谷本 幸太郎, 丹根 一夫 : 軟骨分化過程におけるhypoxia-inducible factor-1標的遺伝子発現, 第21回日本顎関節学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年7月..[組織] ...
閲覧 神谷 貴志, 谷本 幸太郎, 田中 伸明, 丹根 由起, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 顎関節表層のSZPとリン脂質との相互作用, 第21回日本顎関節学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年7月..[組織] ...
閲覧 岩渕 泰憲, 田中 栄二, 川添 亜希, 神谷 貴志, 川合 暢彦, 谷本 幸太郎, 丹根 一夫 : 下顎頭軟骨の動的剪断特性の異方性, 第21回日本顎関節学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年7月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 医用ステント合金の腐食と寿命, 日本金属学会中国四国支部講演大会, 2008年8月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 堀内 信也, 辻 けい子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 田中 栄二, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリングを認めた一症例, 日本顎関節学会雑誌, Vol.20, No.2, 134-138, 2008年..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 水酸化カルシウム水溶液中での水熱処理によりチタンの表面改質, 第17回硬組織再生生物学会学術大会, (巻), (号), 40, 2008年8月..[組織] ...
閲覧 藤原 江美, 関根 一光, 浜田 賢一, 山下 菊治, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有アパタイトセメントの特性, 第17回硬組織再生生物学会学術大会, (巻), (号), 52, 2008年8月..[組織] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : M-CSFRのectodomain sheddingによる破骨細胞分化の抑制, 17, 2008年8月..[組織] ...
閲覧 辻 けい子, 木内 奈央, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 過去20年間に徳島大学医学部・歯学部附属病院矯正歯科に来院した開咬患者の実態調査, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 97-103, 2008年..[組織] ...
閲覧 柳田 剛志, 黒田 晋吾, 山城 隆 : ミニスクリューを使用して治療を行った叢生を伴うアングルⅡ級成人症例, --- ミニスクリューを用いた上顎大臼歯の遠心移動 ---, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 77-84, 2008年..[組織] ...
閲覧 菅原 康代, 黒田 晋吾, 山田 和代, 山本 照子, 山城 隆 : 下顎枝垂直骨切り術を行った上顎両側側切歯矮小歯を伴う骨格性下顎前突症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 71-76, 2008年..[組織] ...
閲覧 Emi Fujihara, Kenichi Hamada, Kikuji Yamashita, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Preparation of biodegradable calcium phosphate cement using a-TCP with low crystallinity, The International Symopsium on Oral Science to Improve the Quality of Life, (巻), (号), (頁), Tokushima, Sep. 2008..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 田中 栄二 : RANKLシグナルを介した関節リウマチにおける関節骨・軟骨破壊機構の解析, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年9月..[組織] ...
閲覧 犬伏 俊博, レゴ エマヌエル ブラガ, 田中 栄二, 山野 栄三, 川添 亜希, 宮内 睦美, 高田 隆, 丹根 一夫 : 過度の力による実験的歯根吸収に対する低出力超音波の抑制効果, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年9月..[組織] ...
閲覧 藤原 江美, 関根 一光, 浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 高溶解型ストロンチウム含有アパタイトセメントの細胞毒性評価, 第52回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2008年9月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 水酸化カルシウム溶液中で高温水熱処理したチタンのアパタイト析出能, 第52回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2008年9月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性金-白金合金の特性, 日本金属学会2008年秋季大会, (巻), (号), (頁), 2008年9月..[組織] ...
閲覧 矢田 健一郎, 安倍 正博, 日浅 雅博, 竹内 恭子, 田中 修, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞と間質細胞の共存は単球M-CSFR発現増強を介し単球分化を破骨細胞側に偏らせる, 日本血液学会, (巻), (号), (頁), 2008年10月..[組織] ...
閲覧 竹内 恭子, 安倍 正博, 日浅 雅博, 田中 修, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 矢田 健一郎, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : TGF-βによる間質細胞からの脂肪細胞分化の抑制, 日本血液学会, (巻), (号), (頁), 2008年10月..[組織] ...
閲覧 竹内 恭子, 安倍 正博, 日浅 雅博, 田中 修, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 矢田 健一郎, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : 骨髄腫骨病変部由来TGF-βは,脂肪細胞分化を抑制し骨髄内に間質細胞を誘導する, 日本骨代謝学会 ・学術総会, (巻), (号), (頁), 2008年10月..[組織] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 竹内 恭子, 矢田 健一郎, 賀川 久美子, 三木 浩和, 尾崎 修治, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : 骨髄間質細胞は単球のM-CSFR発現を増強し単球由来樹状細胞分化を抑制し骨髄腫細胞による破骨細胞分化を促進する, 日本骨代謝学会 ・学術総会, (巻), (号), (頁), 2008年10月..[組織] ...
閲覧 T Inubushi, Eiji Tanaka, EB Rego, M Kitagawa, A Kawazoe, A Ohta, H Okada, JH Koolstra, M Miyauchi, T Takata and K. Tanne : Effects of Ultrasound on the Proliferation and Differentiation of Cementoblast Lineage Cells, Journal of Periodontology, Vol.79, No.10, 1984-1990, 2008..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka : Porous titanium as bio-functional Biomaterials, international Symposium on Emerging Biomaterials in Tissue Engineering, Cheonan, Nov. 2008..[組織] ...
閲覧 矢田 健一郎, 安倍 正博, 竹内 恭子, 日浅 雅博, 中野 綾子, 三木 浩和, 田中 修, 中村 信元, 賀川 久美子, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : 骨髄間質細胞はγδT細胞による抗骨髄腫効果を減弱させる, 日本骨髄腫研究会総会, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性金-白金基合金の開発, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[組織] ...
閲覧 藤原 江美, 関根 一光, 浜田 賢一, 山下 菊治, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有アパタイトセメント存在下での骨芽細胞様細胞の培養, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[組織] ...
閲覧 内藤 禎人, 浜田 賢一, 淺岡 憲三, 市川 哲雄 : モールドレス成形および焼成可能なポーラスチタンの開発, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[組織] ...
閲覧 関根 一光, 山家 智之, 白石 泰之, 西條 芳文, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金ファイバーを用いた消化管蠕動運動補助アクチュエータの耐久性評価, 第46回日本人工臓器学会大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[組織] ...
閲覧 白倉 麻耶, 谷本 圭司, 中村 秀明, 檜山 桂子, 宮内 睦美, 高田 隆, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 軟骨細胞における転写因子HIF-1活性化と破骨細胞誘導機構, 第6回がんとハイポキシア研究会, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[組織] ...
閲覧 Eiji Tanaka and JH Koolstra : Biomechanics of the temporomandibular joint, Journal of Dental Research, Vol.87, No.11, 989-991, 2008..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka and Kunimitsu Maejima : Hydrogen-related degradation of mechanical properties of titanium and titanium alloys, Journal of ASTM International, Vol.6, No.1, JAI101853, 2008..[組織] ...
閲覧 白倉 麻耶, 谷本 圭司, 檜山 桂子, 宮内 睦美, 高田 隆, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 軟骨細胞における低酸素応答遺伝子発現変動, 第31回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2008年12月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 歯科鋳造理論の歴史とハイテク技術の可能性, クローバー会, 2008年12月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 歯冠修復,骨代替,脈管系治療のための金属材料, 材質制御研究会ー歯科材料を中心とした生体材料開発の最前線ー, 2008年12月..[組織] ...
閲覧 Eiji Tanaka, A Kawazoe, S Nakamura, G Ito, N Hirose, Y Tanne, N Kawai, K Tanimoto and K Tanne : An adolescent patient with multiple impacted teeth, The Angle Orthodontist, Vol.78, No.6, 1110-1118, 2008..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka, John A Tesk and Osamu Okuno : High-Temperature Investment, Quintessence Publishing Co, Inc, Chicago, (month)2008..[組織] ...
閲覧 Nishio Clarice, Mendes de Moraes Alvaro, Almeida Antonio de Oliveira Marco, Eiji Tanaka, Tanne Kazuo and Eliasf Nelson Carlos : Evaluation of esthetic brackets' resistance to torsional forces from the archwire, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.135, No.1, 42-48, 2009..[組織] ...
閲覧 関根 一光, 山家 智之, 白石 泰之, 西條 芳文, 前田 剛, 中澤 文雄, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金を駆動力とした人工食道の開発研究 ∼"咀嚼"の先にある嚥下機能の補助デバイスとして∼, 第22回歯科チタン学会, (巻), (号), (頁), 2009年2月..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka : Experimental and theoretical basis of rapid heating investments for dental metal casting, Otago University, March 2009..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka : Transient and residual stresses in the porcelain veneering systems: Processing simulation of the dental porcelain firing procedure, Otago University, March 2009..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka : Biocompatible materials for implants and medical devices., Otago University, March 2009..[組織] ...
閲覧 谷本 幸太郎, 犬伏 俊博, 岩渕 泰憲, 田中 伸明, 丹根 一夫, 田中 栄二 : 変形性顎関節症に対する低出力超音波治療, 第6回歯科物理刺激研究会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[組織] ...
閲覧 犬伏 俊博, 田中 栄二, レゴ エマヌエル, 谷本 幸太郎, 宮内 睦美, 高田 隆, 丹根 一夫 : セメント芽細胞の破歯細胞誘導能に対する低出力超音波照射の影響, 第6回歯科物理刺激研究会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[組織] ...
閲覧 Razia Sultana, Kenichi Hamada, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Effects of heat treatment on the bioactivity of surface-modified titanium in calcium solution, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.19, No.2-3, 193-204, 2009..[組織] ...
閲覧 宇尾 基弘, 淺岡 憲三, 朝倉 清高, 亘理 文夫 : Ni-Ti 合金の腐食生成物のXAFS分析, ナノ・バイオメディカル学会, 2009年7月..[組織] ...
閲覧 二川 浩樹, 村山 長, 上田 寛治, 小川 大一, 長崎 信一, 田中 栄二 : 高性能MRIを利用した顎関節の三次元シミュレーションシステムの開発, 第22回日本顎関節学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年7月..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Smart process of porous titanium for tailor-made medical and dental devices, Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2009, Berlin, Aug. 2009..[組織] ...
閲覧 武川 恵美, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : MRIアーチファクトフリー生体用合金の研究(第2報)-AuPt基合金の機械的特性-, 第54回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2009年10月..[組織] ...
閲覧 内藤 禎人, 浜田 賢一, 市川 哲雄 : 生体由来成分による抗菌性ティッシュコンディショナーの開発, 第54回日本歯科理工学会学術講演会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 二川 浩樹, 村山 長, 上田 寛治, 小川 大一, 長崎 信一, 田中 栄二 : MR画像の3次元構築とシミュレーションモデルの作成, 第2回日本口腔検査学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年10月..[組織] ...
閲覧 JH Koolstra and Eiji Tanaka : Tensile stress patterns predicted in the articular disc of the human temporomandibular joint, Journal of Anatomy, Vol.215, No.4, 411-416, 2009..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 武川 恵美, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : MRIアーチファクトフリー生体用AuPtX合金の特性, 第31回日本バイオマテリアル学会大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[組織] ...
閲覧 岩渕 泰憲, 谷本 幸太郎, 田中 伸明, 丹根 由起, 犬伏 俊博, 神谷 貴志, 大熊 暁, 国松 亮, Huang Yu-Ching, 吉岡 基子, 尾崎 徳継, 笹本 智子, 道田 将彦, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 下顎頭軟骨細胞に対する低出力超音波(LIPUS)照射の影響について, 第68回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[組織] ...
閲覧 Kenzo Asaoka and Kunimitsu Maejima : Hydrogen-related degradation of mechanical properties f titanium and titanium alloys, ASTM International, Exton, PA, March 2010..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 金属系バイオマテリアルと安全性, フロンティア出版, 東京, 2010年6月..[組織] ...
閲覧 Emi Takegawa, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : Magnetic-susceptibility of Au-Pt-Nb Alloy for Magnetic-resonance-imaging Compatible Biomedical-devices, 88th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Barcelona, July 2010..[組織] ...
閲覧 Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada, Emi Takegawa, Fumiaki Kawano, Kikuji Yamashita and Kenzo Asaoka : Biocompatibility Evaluation of Strontium-substituted Apatite Bone Cement, 88th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Barcelona, July 2010..[組織] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 松本 俊夫, 淺岡 憲三 : 骨髄間質細胞は単球のTACE活性を抑制し樹状細胞分化を抑制し破骨細胞分化を誘導する, 第3回ナノ・バイオメディカル学会大会, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[組織] ...
閲覧 武川 恵美, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性AuPtNb合金の体積磁化率と機械的特性, 第56回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2010年10月..[組織] ...
閲覧 武川 恵美, 浜田 賢一, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性AuPtNb合金の磁化率, 第32回日本バイオマテリアル学会大会, (巻), (号), (頁), 2010年11月..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Properties of Porous Titanium using Moldless Process, International Joint Symposium on Oral Science, (巻), (号), (頁), Denpasar, Dec. 2010..[組織] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Shingo Kuroda, Takumi Takahashi, Yuko Tomita and Eiji Tanaka : Efficient usage of implant anchorage in treatment of overerupted maxillary first molar and mesially inclined mandibular molars, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.139, No.1, 113-122, 2011..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一 : MRIアーチファクトを生じない生体用非磁性合金, 四国地区五大学新技術説明会, 2011年4月..[組織] ...
閲覧 Emi Takegawa, Shihoko Inui, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : Microstructure of MRI Compatible Au-Pt-8Nb Alloy for Biomedical Application, International Dental Materials Congress 2011, (巻), (号), (頁), Seoul, May 2011..[組織] ...
閲覧 INUI Shihoko, Emi Takegawa, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : Castability of MRI Compatible Au Alloy for Biomedical Application, International Dental Materials Congress 2011, (巻), (号), (頁), Seoul, May 2011..[組織] ...
閲覧 Jiyon Be, Kenichi Hamada, Hae-Hyoung Lee and Kenzo Asaoka : Porosity of dental gypsum products during setting and heating process, International Dental Materials Congress 2011, (巻), (号), (頁), Seoul, May 2011..[組織] ...
閲覧 Emi Takegawa, Shihoko Inui, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : MRI Compatible Au-Pt-Nb Alloy for Biomedical Applications, Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2011, Québec City, Aug. 2011..[組織] ...
閲覧 竹内 久裕, 石川 輝明, 松本 文博, 田中 栄二, 中野 雅德 : 徳島大学病院における顎関節症患者の特徴に関する調査-男女比,年齢構成と受診期間-, 日本顎関節学会雑誌, Vol.23, No.2, 83-89, 2011年..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一 : 磁化率ゼロの合金とその生体医療応用, 第9回徳島大学研究者との集い, 2011年9月..[組織] ...
閲覧 武川 恵美, 乾 志帆子, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : 非磁性Au-Pt-8Nb合金の鋳造性評価, 第58回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2011年10月..[組織] ...
閲覧 武川 恵美, 浜田 賢一, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性 AuPtNb 合金への第4元素の添加, 第33回日本バイオマテリアル学会大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[組織] ...
閲覧 種村 浩, 児玉 智信, 中井 隆介, 東 高志, 鈴木 秀謙, 浜田 賢一, 西出 拓司, 岩田 博夫, 滝 和郎 : Au-Ptコイルによる磁化率アーチファクトの低減効果, 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一 : 医療用非磁性Au-Pt-Nb合金, 次世代医療システム産業化フォーラム, 2012年1月..[組織] ...
閲覧 中井 隆介, 東 高志, 児玉 智信, 種村 浩, 浜田 賢一, 鈴木 秀謙, 滝 和郎, 岩田 博夫 : AuPt合金を用いた磁化率アーチファクト低減コイルの開発と評価, 第40回日本磁気共鳴医学会大会, 2012年9月..[組織] ...
閲覧 武川 恵美, 乾 志帆子, 浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : Au-Pt合金の磁化率への組成,加工および熱処理の影響, 第60回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2012年10月..[組織] ...
閲覧 乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : 医療用非磁性Au-Pd基合金の開発:Au-Pd合金の磁化率と機械的特性, 第60回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2012年10月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一 : MRI適合医療用金合金の開発, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012, (巻), (号), (頁), 2012年11月..[組織] ...
閲覧 INUI Shihoko, IDA Yumika, Emi Takegawa, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : Properties of Au Pd Alloy for Magnetic-resonance-imaging Compatible Biomedical Devices, 91st General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Seattle, March 2013..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, INUI Shihoko, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : Magnetic-resonance-imaging Artifact-free Au 8Nb 5Pt Alloy: Mechanical Properties of Wire, 91st General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Seattle, March 2013..[組織] ...
閲覧 Emi Takegawa, INUI Shihoko, Kenichi Hamada, Eiichi Honda, Kenzo Asaoka and Fumiaki Kawano : Microstructure of Magnetic-resonance-imaging Compatible Au-xPt-8Nb Alloy, 91st General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Seattle, March 2013..[組織] ...
閲覧 Nakai Ryusuke, Azuma Takashi, Kodama Tomonobu, Tanemura Hiroshi, Kenichi Hamada, Suzuki Hidenori, Taki Waro and Iwata Hiroo : Development of Cerebral Aneurysm Coils with Equivalent Volume Magnetic Susceptibility to Body Tissue That Generate Small Susceptibility Artifacts in MRI, International Society for Magnetic Resonance in Medicine 21st Annual Meeting & Exhibition, (巻), (号), (頁), Salt Lake City, April 2013..[組織] ...
閲覧 Emi Takegawa, Shihoko Inui, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : Magnetic susceptibility and hardness of Au-xPt-yNb alloys for biomedical applications, Acta Biomaterialia, Vol.9, (号), 8449-8453, 2013..[組織] ...
閲覧 裵 志英, 伊田 百美香, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : アモルファス状リン酸三カルシウム基の高速硬化型高強度骨セメントの開発, 日本歯科理工学会近畿中四国地方会夏期セミナー, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[組織] ...
閲覧 Emi Takegawa, INUI Shihoko, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Fumiaki Kawano : MRI-compatible Au-Pd-based Ternary Alloy for Biomedical Applications, 25th European Conference on Biomaterials (ESB2013), (巻), (号), (頁), Madrid, Sep. 2013..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Emi Takegawa, INUI Shihoko and Eiichi Honda : Tensile Properties of Au 7Nb 5Pt and Au 8Nb 5Pt Alloy Wire for Use in MRI-Artifact-Free Biomedical Devices, 25th European Conference on Biomaterials (ESB2013), (巻), (号), (頁), Madrid, Sep. 2013..[組織] ...
閲覧 Jiyon Be, Yumika Ida, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : A quick setting calcium phosphate cement: Effects of planetary ball milling, 15th International College of Prosthodontists Biennial Meeting, (巻), (号), (頁), Turin, Sep. 2013..[組織] ...
閲覧 裵 志英, 伊田 百美香, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : アモルファス状リン酸三カルシウム基の高速硬化型高強度骨セメントの開発, 日本歯科技工学会中国・四国支部第8回学術大会, (巻), (号), (頁), 2013年11月..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Shihoko Inui, Emi Takegawa and Eiichi Honda : Magnetic-resonance-imaging Artifact-free Au 7Nb 5Pt Alloy: Mechanical Properties of Wire, Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2013, Las Vegas, Dec. 2013..[組織] ...
閲覧 武川 恵美, 乾 志帆子, 浜田 賢一 : Au-xPt-8Nb合金の各相の硬さが合金全体の硬さに及ぼす影響, 第63回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2014年4月..[組織] ...
閲覧 INUI Shihoko, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada : Dynamic Hardness Evaluation of Two Phases of Au xPt 8Nb Alloys for MRI-artifact-free Biomedical Devices, 26th European Conference on Biomaterials (ESB2014), (巻), (号), (頁), Liverpool, Sep. 2014..[組織] ...
閲覧 Jiyon Be, Ida Yumika, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Properties of β-TCP based Calcium Phosphate Cement using mechano-chemical process, 26th European Conference on Biomaterials (ESB2014), (巻), (号), (頁), Liverpool, Sep. 2014..[組織] ...
閲覧 乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一 : 生体医療用Au2元合金の磁化率の組成依存性, 第64回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2014年10月..[組織] ...
閲覧 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : ストロンチウム(Sr)を導入したリン酸カルシウムセメントにおけるイオン徐放性の評価, 第64回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2014年10月..[組織] ...
閲覧 伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : メカノケミカル手法で改質したβ-TCP セメントの特性, 第64回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2014年10月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 : Au–X合金(X = Nb, Ta, Ti, Zr)の磁化率と機械的特性の組成依存性, 第36回日本バイオマテリアル学会大会, (巻), (号), (頁), 2014年11月..[組織] ...
閲覧 IDA Yumika, Jiyon Be, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Strength injectability of β-TCP based Calcium Phosphate Cement using mechano-chemical process, Materials Today Asia 2014, (巻), (号), (頁), Hong Kong, Dec. 2014..[組織] ...
閲覧 INUI Shihoko, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada : Volume Magnetic Susceptibility of Au-X (X = Nb, Ta, Ti) Alloys for MRI Artifact Free Biomedical Applications, Materials Today Asia 2014, (巻), (号), (頁), Hong Kong, Dec. 2014..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Emi Takegawa, INUI Shihoko and Eiichi Honda : MRI artifact reduction of aneurysm clip made of non-magnetic Au 7Nb 5Pt alloy for biomedical applications, Materials Today Asia 2014, (巻), (号), (頁), Hong Kong, Dec. 2014..[組織] ...
閲覧 Kazumitsu Sekine, Jiyon Be, Yoshihito Naitou, Tetsuo Ichikawa and Kenichi Hamada : Development of micro-porous Titanium scaffold for promoting the early neointimal growth, Materials Today Asia 2014, (巻), (号), (頁), Hong Kong, Dec. 2014..[組織] ...
閲覧 Jiyon Be, Yumika Ida, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Effects of high-energy ball-milling on injectability and strength of β-tricalcium-phosphate cement, Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials, Vol.47, 77-86, 2015..[組織] ...
閲覧 乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一 : 生体医療用Au-Nb合金の磁化率へのAu2Nb析出の影響, 第65回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2015年4月..[組織] ...
閲覧 伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : メカノケミカル手法で改質したβ-TCP セメントの強度に粉液比が及ぼす影響, 第65回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2015年4月..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 関根 一光, 浜田 賢一 : 通電剥離型歯科用セメントの開発 その1:剥離特性の評価, 第65回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2015年4月..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Shihoko Inui, Emi Takegawa and Eiichi Honda : Magnetic Susceptibility and Vickers Hardness of Au-Pd-X Ternary Alloys for MRI Artifact-Free Biomedical Applications, Gold 2015, (巻), (号), (頁), Cardiff, July 2015..[組織] ...
閲覧 Shihoko Inui, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada : Magnetic Susceptibility of Au-X (X = Nb, Ta, Ti, Zr) Alloys for MRI Artifact-Free Biomedical Applications, Gold 2015, (巻), (号), (頁), Cardiff, July 2015..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 工業用解体性接着技術の歯科分野への応用, 日本歯科理工学会近畿中四国地方会夏期セミナー, (巻), (号), (頁), 2015年8月..[組織] ...
閲覧 INUI Shihoko, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada : Magnetic Susceptibility and Hardness of Alloys of Au and Group IV Elements (Ti, Zr) for MRI Artifact-free Biomedical Applications, 27th European Conference on Biomaterials (ESB2015), (巻), (号), (頁), Cracow, Aug. 2015..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Shihoko Inui, Emi Takegawa and Eiichi Honda : Magnetic Susceptibility and Hardness of Alloys of Au and Group V Elements (Nb, Ta) for MRI Artifact-free Biomedical Applications, 27th European Conference on Biomaterials (ESB2015), (巻), (号), (頁), Cracow, Aug. 2015..[組織] ...
閲覧 Yumika Ida, Jiyon Be, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Effects of powder/liquid ratio on the strength of β-tricalcium phosphate cement modified mechano-chemically, 27th European Conference on Biomaterials (ESB2015), (巻), (号), (頁), Cracow, Aug. 2015..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 強固に接着し容易に除去できる歯科用スマートセメントの開発, 第31回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い」, 2015年9月..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 通電剥離型歯科用セメントの開発 その2: 通電条件の影響, 第66回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2015年10月..[組織] ...
閲覧 乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一 : 生体医療用Au-Nb-Ti 合金の磁化率と硬さ, 第66回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年10月..[組織] ...
閲覧 伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : メカノケミカル手法で改質したβ-TCP セメントの注入性と気孔率に粉液比が及ぼす影響, 第66回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年10月..[組織] ...
閲覧 伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : ボールミリング法で改質したβ-TCPセメントの機械的性質に及ぼす混水比の影響, 第37回日本バイオマテリアル学会大会, (巻), (号), (頁), 2015年11月..[組織] ...
閲覧 邉見 蓉子, 内藤 禎人, 神保 良, 関根 一光, 浜田 賢一 : 骨欠損部に充填する三次元多孔性チタン織物の開発, 第37回日本バイオマテリアル学会大会, (巻), (号), (頁), 2015年11月..[組織] ...
閲覧 関根 一光, 裵 志英, 内藤 禎人, 市川 哲雄, 浜田 賢一 : 早期内膜新生を狙ったチタン多孔質スキャフォールドの作成と評価, 第37回日本バイオマテリアル学会大会, (巻), (号), (頁), 2015年11月..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 浜田 賢一 : スマートに剥離可能な新規歯科用セメントの開発, 第34回日本接着歯学会, (巻), (号), (頁), 2015年12月..[組織] ...
閲覧 伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : メカノケミカル手法で改質したβ-TCP セメントの粉液比の増加による強度と注入性, 第67回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2016年4月..[組織] ...
閲覧 関根 一光, 内藤 禎人, 浜田 賢一 : 細胞賦活効果向上を目的としたチタン材表面処理法, 第67回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2016年4月..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 通電剥離型歯科用セメントの開発 その3:被着体による剥離特性の差異, 第67回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2016年4月..[組織] ...
閲覧 邉見 蓉子, 内藤 禎人, 関根 一光, 浜田 賢一 : 骨欠損部に充填する三次元多孔性チタン織物の開発, 第67回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2016年4月..[組織] ...
閲覧 INUI Shihoko, Kenichi Hamada, Emi Takegawa and Eiichi Honda : Effects of heat treatment on magnetic susceptibility and hardness of Au-Nb alloys for MRI Artifact-free Biomedical Applications, 10th World Biomaterials Congress, (巻), (号), (頁), Montreal, May 2016..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Inui Shihoko, Emi Takegawa and Eiichi Honda : MRI Artifact-free Au-Nb-Ti alloy of High Hardness for Biomedical Applications, 10th World Biomaterials Congress, (巻), (号), (頁), Montreal, May 2016..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Inui Shihoko, Emi Takegawa and Eiichi Honda : Effects of Ti addition on properties of Au-Nb-Ti alloys for MRI artifact-free biomedical applications, Thermec' 2016, (巻), (号), (頁), Graz, May 2016..[組織] ...
閲覧 Inui Shihoko, Kenichi Hamada, Emi Takegawa and Eiichi Honda : Control of magnetic susceptibility of Au-Nb alloys for MRI Artifact-free Biomedical Applications, Thermec' 2016, (巻), (号), (頁), Graz, May 2016..[組織] ...
閲覧 Henmi Yoko, Yoshihito Naitou, Jinbo Ryo, Jinno Yohei, Kazumitsu Sekine and Kenichi Hamada : Development of three-dimensional porous titanium web for bone defect filling, Thermec' 2016, (巻), (号), (頁), Graz, June 2016..[組織] ...
閲覧 Kajimoto Noboru, Emi Takegawa, Kazumitsu Sekine and Kenichi Hamada : Development of an electrically-debondable smart dental cement, Thermec' 2016, (巻), (号), (頁), Graz, June 2016..[組織] ...
閲覧 Ida Yumika, Jiyon Be, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Powder/liquid ratio effects on mechanical properties of modified β-TCP cement, 94th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Seoul, June 2016..[組織] ...
閲覧 Shihoko Inui, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada : Effects of aging-temperature on volume-magnetic-susceptibility of Au-12Nb and Au-15Nb alloys., 94th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Seoul, June 2016..[組織] ...
閲覧 Prananingrum Widyasri, Yoritoki Tomotake, Yoshihito Naitou, Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada and Tetsuo Ichikawa : Sintering Time and Its Influence on Moldless-Processed Porous Titanium's Properties, 94th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Seoul, June 2016..[組織] ...
閲覧 Jiyon Be, Ida Yumika, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Zirconia particle addition improves mechanical properties of calcium phosphate ceramic, 94th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Seoul, June 2016..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 通電剥離型歯科用セメントの開発:通電剥離に関連する因子の考察, 日本歯科理工学会近畿中四国地方会夏期セミナー, (巻), (号), (頁), 2016年8月..[組織] ...
閲覧 佐藤 博子, 梶本 昇, 日浅 雅博, 堀内 信也, 浜田 賢一, 田中 栄二 : イオン液体を混和したレジンセメントの特性-矯正用レジンセメントにおける検討-, 日本歯科理工学会近畿中四国地方会夏期セミナー, (巻), (号), (頁), 2016年8月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光 : スマート・デンタル・マテリアル -スマート材料・構造の歯科応用-, 日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2016年9月..[組織] ...
閲覧 伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : 微粉化するとβ-TCP セメント硬化体の機械的特性は変化する, 第43回日本臨床バイオメカニクス学会, (巻), (号), (頁), 2016年10月..[組織] ...
閲覧 邉見 蓉子, 内藤 禎人, 神保 良, 関根 一光, 浜田 賢一 : 家兎の骨欠損部に充填した 3 次元多孔性チタン織物の骨再生能, 第43回日本臨床バイオメカニクス学会, (巻), (号), (頁), 2016年10月..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 通電により剥離可能な歯科用セメントの開発, 第23回日本歯科医学会総会, (巻), (号), (頁), 2016年10月..[組織] ...
閲覧 Jiyon Be, Yumika Ida, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Effects of zirconia particle addition on mechanical properties of calcium phosphate cement, International Dental Materials Congress 2016, (巻), (号), (頁), Bali, Nov. 2016..[組織] ...
閲覧 Shihoko Inui, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada : Correlation between magnetic susceptibility and phase constitution of Au Nb alloys for MRI artifact-free biomedical applications, International Dental Materials Congress 2016, (巻), (号), (頁), Bali, Nov. 2016..[組織] ...
閲覧 Prananingrum Widyasri, Yoshihito Naitou, Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada and Tetsuo Ichikawa : Application of porous titanium in tailored post-core systems using a moldless process: evaluation of the physical and mechanical properties with different particle sizes, International Dental Materials Congress 2016, (巻), (号), (頁), Bali, Nov. 2016..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 浜田 賢一 : スマートに剥離可能な新規歯科用セメントの開発:インプラントシステムへの応用, 第35回日本接着歯学会, (巻), (号), (頁), 2016年12月..[組織] ...
閲覧 Yoko Henmi, Yoshihito Naitou, Ryo Jimbo, Yohei Jinno, Kazumitsu Sekine and Kenichi Hamada : Bone Ingrowth to Ti Fibre Knit Block with High Deformability, Journal of Oral & Maxillofacial Research, Vol.7, No.4, e2, 2016..[組織] ...
閲覧 Shihoko Inui, Emi Takegawa and Kenichi Hamada : Volume magnetic susceptibility design and hardness of Au Ta alloys and Au Nb alloys for MRI-compatible biomedical applications, Biomedical Physics & Engineering Express, Vol.3, No.1, 015025, 2017..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 通電剥離型歯科用セメントの開発 その 4:破壊様式の観察, 第69回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2017年4月..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Emi Takegawa and Eiichi Honda : Effects of aging time and temperature on magnetic susceptibility of Au Nb alloys for biomedical applications, 28th European Conference on Biomaterials (ESB2017), (巻), (号), (頁), Athens, Sep. 2017..[組織] ...
閲覧 Jiyon Be, Yumika Ida, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Zirconia Particle Addition to Calcium-Phosphates-Cement for Mechanical Property Enhancement, 28th European Conference on Biomaterials (ESB2017), (巻), (号), (頁), Athens, Sep. 2017..[組織] ...
閲覧 Kim Yeeun, Jiyon Be, Yumika Ida, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Setting Properties and Strengths of β-TCP Cements Set in Vivo and in SBF, 28th European Conference on Biomaterials (ESB2017), (巻), (号), (頁), Athens, Sep. 2017..[組織] ...
閲覧 武川 恵美, 児玉 彩子, 誉田 栄一, 浜田 賢一 : Au-Nb 合金の熱処理条件が磁化率に与える影響, 第39回日本バイオマテリアル学会大会, (巻), (号), (頁), 2017年11月..[組織] ...
閲覧 関根 一光, 山下 菊治, 浜田 賢一 : 血管内皮新生を目的としたチタン粒子焼結による多孔性チタン表面の軟組織癒合性評価, 第39回日本バイオマテリアル学会大会, (巻), (号), (頁), 2017年11月..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Emi Takegawa and Eiichi Honda : Effects of Zr addition on properties of Au-Nb-Zr alloys for MRI artefact-free biomedical applications, Thermec' 2018, (巻), (号), (頁), Paris, July 2018..[組織] ...
閲覧 Kim Yeeun, Jiyon Be, Yumika Ida, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Three types of zirconia particle addition to calcium phosphates cement for strengthening, 29th European Conference on Biomaterials (ESB2018), (巻), (号), (頁), Maastricht, Sep. 2018..[組織] ...
閲覧 伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : メカノケミカル手法で改質したβ-TCP セメントのin vivo 評価, 第72回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2018年10月..[組織] ...
閲覧 金 藝殷, 裵 志英, 伊田 百美香, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : 高強度β-TCP セメントの開発: ジルコニアファイバー添加の效果, 第72回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2018年10月..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 荒平 高章, 丸田 道人, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一, 都留 寛治 : 通電剥離型歯科用セメントの開発 その5:通電がセメントに与える影響, 第72回日本歯科理工学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2018年10月..[組織] ...
閲覧 梶本 昇, 荒平 高章, Maruta Michihito, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一, 都留 寛治 : スマートに剥離可能な新規歯科用セメントの開発:剥離メカニズムの考察, 第37回日本接着歯学会, (巻), (号), (頁), 2018年10月..[組織] ...
閲覧 武川 恵美, 誉田 栄一, 浜田 賢一 : Au-Nb合金へのTi,Zr添加による磁化率,硬さへの影響, 第40回日本バイオマテリアル学会大会, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[組織] ...
閲覧 Kim Yeeun, Jiyon Be, Yumika Ida, Kazumitsu Sekine, Fumiaki Kawano and Kenichi Hamada : Effects of zirconia additives on beta-tricalcium-phosphate cement strength of high injectability, 8th International Conference on Mechanics of Biomaterials and Tissues, (巻), (号), (頁), Waikoloa, Dec. 2019..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Hiroko Sato, 梶本 昇, Emi Takegawa, Shinya Horiuchi, Kazumitsu Sekine and Eiji Tanaka : Water immersion effects on bonding strength of dental cement containing ionic-liquid, 11th World Biomaterials Congress, (巻), (号), (頁), Glasgow, Dec. 2020..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Hiroko Sato, 梶本 昇, Emi Takegawa, Shinya Horiuchi, Kazumitsu Sekine and Eiji Tanaka : Change of electric and mechanical properties of ionic-liquid containing ``smart'' resin-modified glass-ionomer-cement with water immersion, Thermec' 2021, (巻), (号), (頁), Wien, June 2021..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.74, Max(EID) = 386205, Max(EOID) = 1046500.