『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔病態制御学講座 (2004年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 25件 + 無効な情報: 6件 = 全ての情報: 31件

全ての有効な情報 (25件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(12)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(12)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 森本 景之, 岡村 裕彦, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : r-RNA合成と細胞周期における蛋白質脱リン酸化酵素1型, 第43回歯科基礎医学会総会, 2001年9月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 森山 啓司, 林 良夫 : RANKL刺激による活性化樹状細胞を用いたMRL/lprマウス関節病変の増悪, 第20回 日本骨代謝学会 口演発表, (巻), (号), (頁), 2002年7月..[組織] ...
閲覧 森本 景之, 岡村 裕彦, 清水 克英, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : RNAiを用いた蛋白質脱リン酸化酵素I型アイソフォームの機能解析, 第44回歯科基礎医学会総会, 2002年10月..[組織] ...
閲覧 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 永田 俊彦, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 薬剤感受性の異なる口腔扁平上皮癌細胞におけるMDR1の発現と転写調節, 第44回歯科基礎医学会総会, 2002年10月..[組織] ...
閲覧 森本 景之, 岡村 裕彦, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 細胞周期およびアポトーシスにおける蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォームの役割分担, 第108回日本解剖学会総会, 2003年4月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 森山 啓司, 林 良夫 : RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 第21回 日本骨代謝学会 ポスター発表, (巻), (号), (頁), 2003年6月..[組織] ...
閲覧 森本 景之, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害によるアポトーシス誘導機構, 第45回歯科基礎医学会総会, (巻), (号), (頁), 2003年9月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 第62回 日本矯正歯科学会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 第33回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, (巻), (号), (頁), 2003年12月..[組織] ...
閲覧 Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Double-stranded RNA mediates selective gene silencing of protein phosphatase type 1 delta isoform in HEK-293 cells, Journal of Enzyme Inhibition and Medicinal Chemistry, Vol.19, No.4, 327-331, 2004..[組織] ...
閲覧 工藤 隆治, 誉田 栄一, 西谷 弘 : 頭頸部外部放射線照射における固定用シェルの固定精度の検討, 第45回日本歯科放射線学会総会・学術大会, Vol.44, (号), 49, 2004年9月..[組織] ...
閲覧 Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces apoptosis through double-stranded RNA-dependent protein kinase/eukaryotic initiation factor-2a pathway in human osteoblastic MG63 cells, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 433-438, 2004..[組織] ...
閲覧 森山 啓司 : 最新版 家庭医学大全科, --- 歯と歯肉の病気 ---, 株式会社 法研, 東京, 2004年10月..[組織] ...
閲覧 北瀬 由紀子 : 最新版 家庭医学大全科, --- 歯と歯肉の病気 ---, 株式会社 法研, 東京, 2004年10月..[組織] ...
閲覧 高橋 巧 : 最新版 家庭医学大全科, --- 歯と歯肉の病気 ---, 株式会社 法研, 東京, 2004年10月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析, 第59回日本口腔科学会総会 ミニシンポジウム 口演発表, (巻), (号), (頁), 2005年4月..[組織] ...
閲覧 辻 けい子, 井澤 俊, 細木 秀彦, 前田 直樹, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 関節円板前方転位を有する顎関節症患者の顎顔面形態の特徴について, 第18回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 ポスター発表, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[組織] ...
閲覧 Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces tyrosine phosphorylation of IkBa that mediated by PKR pathway in human osteoblastic MG63 cells, Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.276, No.1-2, 211-217, 2005..[組織] ...
閲覧 大嶋 淳, 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : 樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病態の修飾, 第64回 日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[組織] ...
閲覧 Elaine Afanador, Takumi Takahashi and Keiji Moriyama : Orthodontic tooth movement of an ankylosed tooth to the bone grafting site after surgical luxation in an alveolar cleft case, Orthodontic Waves, Vol.64, No.4, 114-118, 2005..[組織] ...
閲覧 Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim, Hiroaki Tanaka, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Differntial expression of protein phosphatase type 1 isotypes and nucleolin during cell cycle arrest, Cell Biochemistry and Function, Vol.25, No.4, 369-375, 2007..[組織] ...
閲覧 Hiroaki Tanaka, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji : Calyculin A induces apoptosis and stimulates phosphorylation of p65NF-κB in human osteoblastic osteosarcoma MG63 cells, International Journal of Oncology, Vol.31, No.2, 389-396, 2007..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : RANKLシグナルを介した関節炎モデルマウス樹状細胞の機能解析, 第66回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2007年9月..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Masayuki Kohashi, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Crosstalk between RANKL and Fas signaling in dendritic cells controls immune tolerance, 第37回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.37, (号), (頁), Nov. 2007..[組織] ...
閲覧 Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : Properties of MRI-Artifact-Free Gold Alloy for Biomedical Application, 8th World Biomaterials Congress, (巻), (号), (頁), Amsterdam, May 2008..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.89, Max(EID) = 409309, Max(EOID) = 1109010.