『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.発達予防医歯学部門.病態予防医学講座 (2004年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 171件 + 無効な情報: 13件 = 全ての情報: 184件

全ての有効な情報 (171件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 清水 一郎, 森 博愛 : 心電図一例一話(39), --- 意識喪失発作を訴えた60才の女子 ---, 臨床と研究, Vol.58, No.3, 891-892, 1981年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 佐野 寿昭光, 広瀬 隆則, 野村 日出夫, 桧沢 一夫, 森本 恭史, 竹村 晴光 : 異型上に被覆された胃inflammatory fibroid polyp の一例, 癌の臨床, Vol.28, (号), 1670-1673, 1982年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 山本 茂, 大浦 正博, 岸 清一郎, 森 博愛, 斉藤 史郎 : 消化性潰瘍患者におけるβ-エンドルフィン様免疫活性の分布動態, 医学のあゆみ, Vol.131, No.5, 311-312, 1984年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 大浦 正博, 岸 清一郎, 森 博愛 : 883-Sのヒト血中β-エンドルフィン様免疫活性に及ぼす影響, 新薬と臨床, Vol.33, No.12, 1737-1741, 1984年..[組織] ...
閲覧 Mitsuhiro Matsumura, Masumi Ono, Masahiro Ohura, Ichiro Shimizu, Seiichiro Kishi and Shiro Saito : Post-prandial release of neurotensin- like immunoreactivity and its mechanism., Gastroenterologia Japonica, Vol.19, No.6, 543-549, 1984..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 大浦 正博, 岩崎 明温, 溝渕 美恵子, 辻 泰弘, 岸 清一郎, 森 博愛, 斉藤 史郎, 藤井 尊 : 胆嚢におけるβ-エンドルフィン様免疫活性の局在, (発行所), 東京, 1985年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 大浦 正博, 松村 光博, 溝淵 猛, 岩崎 明温, 溝淵 美恵子, 辻 泰弘, 森 博愛, 斉藤 史郎 : ストレプトゾトシン糖尿病ラットにおける血漿および組織中ニュ-ロテンシン様免疫活性, 医学図書出版社, 東京, 1985年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 大浦 正博, 岩崎 明温, 溝淵 美恵子, 辻 泰弘, 岸 清一郎, 森 博愛, 中村 敏一, 市原 明 : 初代培養肝細胞における消化管hormoneの影響, Biomedical Research Foundation, 東京, 1985年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : UDCAがエンドルフィン様活性化を賦活, Medical Tribune, Vol.18, No.36, 41, 1985年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 大浦 正博, 森 博愛, 斉藤 史郎 : 胆汁酸の血漿β-エンドルフィン様免疫活性分布に及ぼす影響, 医学のあゆみ, Vol.132, No.11, 801-802, 1985年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 溝淵 猛, 大浦 正博, 林 紀美子, 井上 修志, 山ノ井 昭, 松村 光博, 伊東 進, 岸 清一郎 : 隆起性胃潰瘍瘢痕の検討, --- 特にcimetidine 使用例について ---, Gastroenterol Endosopy, Vol.27, No.4, 495-500, 1985年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博 : In vivoおよびin vitroにおけるβ-エンドルフィン様免疫活性に対するbradykininの影響, 日内分泌会誌, Vol.61, No.12, 1330-1340, 1985年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 島 健二 : 培養肝細胞におけるグルカゴンの糖原分解作用に及ぼすソマトスタチンの影響, 医学のあゆみ, Vol.135, No.12.13, 1099-1100, 1985年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 森 博愛, 斉藤 史郎 : 胆石症の疝痛症状に対するursodeoxycholic acidの治療効果, --- Brain-Gut Peptideの分泌動態との関係 ---, 薬理と治療, Vol.13, No.12, 7357-7371, 1985年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 島 健二 : 培養肝細胞におけるsecretin/glucagon群のglycogen分解作用, 医学図書出版社, 東京, 1986年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 島 健二 : 培養肝細胞におけるinsulin,glucagon および EGFのDNA合成に及ぼす影響, Biomedical Research Foundation, 東京, 1986年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 島 健二 : セクレチン-グルカゴンファミリ-の糖代謝に及ぼす影響, 日本医学館, 東京, 1986年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 森 浩子, 森 博愛, 斉藤 史郎 : 脳・腸ペプチド活性分泌動態に及ぼすUDCAの影響, Tokyo Tanabe Quarterly (臨時増刊号), (巻), (号), 41-46, 1986年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 消化管疾患に対する腹部超音波検査の有用性, 日本臨床病理学会中国四国支部会誌, Vol.2, (号), 63-64, 1987年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 春藤 譲治, 北川 直之, 辻 泰弘, 和田 哲, 岸 清一郎, 森 博愛, 伊井 邦雄 : Guanaseの電顕組織化学的証明法, 医学のあゆみ, Vol.142, No.11, 831-832, 1987年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 岸 清一郎, 伊東 進, 石原 昭彦, 森 博愛, 角谷 昭佳, 四宮 秀美, 浦上 慶仁, 森本 恭史, 小林 総一郎, 領家 由信, 関 啓, 大浦 正博, 井上 修志, 溝渕 猛, 高橋 義典, 石井 敏博 : 逆流性食道炎に対する塩酸ロキサチジンアセタートの1日1回150mg就寝前投与による臨床効果, 診療と新薬, Vol.24, No.12, 2465-2475, 1987年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 弘田 明成, 大星 千鶴子, 島 健二 : Glucagon-like peptide-1 immunoreactivityの分布および分泌動態, 医学図書出版社, 東京, 1987年1月..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, M Hirota, Chizuko Ohboshi and K Shima : Identification and localization of glucagon-like peptide-1 and its receptor in rat brain., Endocrinology, Vol.121, No.3, 1076-1082, 1987..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 岩崎 明温, 春藤 譲治, 石原 昭彦, 辻 泰弘, 和田 哲雄, 岸 清一郎, 森 博愛, 伊井 邦雄 : Peroxidase 標識抗体を用いたguanaseの免疫組織化学染色法, 肝臓, Vol.28, No.9, 1261-1262, 1987年..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, M Hirota, Chizuko Ohboshi, A Mizuno and K Shima : Effect of the enteroinsular axis on both the A- and B-cell response to arginine after oral glucose in man., Diabetologia, Vol.30, No.11, 846-850, 1987..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 春藤 譲治, 石原 昭彦, 北川 直之, 辻 泰弘, 和田 哲, 岸 清一郎, 森 博愛, 伊井 邦雄 : Yellow tetrazolium を用いたguanaseの電顕組織化学について, 肝臓, Vol.28, No.11, 1439-1443, 1987年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 春藤 譲治, 矢野 充保, 和田 哲, 辻 泰弘, 伊東 進, 岸 清一郎 : 直腸原発と考えられた悪性リンパ肉腫の1例, (発行所), 東広島, 1988年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 弘田 明成, 島 健二 : Enteroinsular axisの存在とその生体内意義, 医学の世界社, 東京, 1988年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 岩崎 明温, 春藤 譲治, 石原 昭彦, 辻 泰弘, 和田 哲, 岸 清一郎, 森 博愛, 伊井 邦雄 : Peroxidase 標識抗体を用いたguanaseの免疫組織化学染色法, 日消誌, Vol.85, No.1, 42-47, 1988年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 春藤 譲治, 辻 泰弘, 和田 哲, 岸 清一郎, 森 博愛, 伊井 邦雄, 遠藤 仁 : 腎組織におけるグアナ-ゼ分布の特性に関する組織化学的および生化学的検討, 臨床化学, Vol.16, No.3, 136-141, 1988年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 岩崎 明温, 春藤 譲治, 辻 泰弘, 和田 哲, 岸 清 一郎, 伊井 邦雄 : Guanaseの免疫組織化学的研究, --- 特に Western blotting法によるguanase抗体の検討 ---, 日消誌, Vol.85, No.6, 1319, 1988年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 北川 直之, 伊東 進, 工藤 英治, 辻 泰弘, 梶本 浩子, 石原 昭彦, 春藤 譲治, 岩崎 明温, 岸 清一郎, 山川 卓, 佐尾山 信夫 : 十二指腸と空腸に多発した平滑筋腫の1例., Gastroenterol Endoscopy, Vol.30, No.7, 1556-1560, 1988年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 梶本 宜史, 高岡 司, 矢野 充保, 和田 哲, 春藤 譲治, 岸 清一郎, 伊東 進 : 今日の消化器内視鏡(川井啓市監修), --- H2-blocker使用例における潰瘍底の隆起について 特に隆起型胃潰瘍瘢痕と白色隆起の差異 ---, 日本医学館, 東京, 1989年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 和田 哲, 伊東 進, 島 健二 : 実験的急性膵炎における血中ブラデイキニンの動態に関する研究, 四国医学雑誌, Vol.45, No.6, 555-563, 1989年..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu and A Kaji : Identification of the promoter region of the ribosome-releasing factor cistron., Journal of Bacteriology, Vol.173, No.16, 5181-5187, 1991..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 藤川 晴信, 西條 哲也, 堀北 実, 日比野 真吾, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 林 広茂, 本田 浩仁, 矢野 充保, 和田 哲, 伊東 進 : 下部十二指腸および前胃・腺胃境界部結紮による実験的逆流性食道炎作成法の検討, ホワイトPR, 東京, 1992年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 柴 昌子, 六車 直樹, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 矢野 充保, 和田 哲, 春藤 譲治進, 伊東 進 : 食道静脈瘤硬化療法が有効であった巨木型食道静脈瘤(pipeline varix)の1例, 臨床と研究, Vol.69, No.3, 827-830, 1992年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 日比野 真吾, 林 広茂, 本田 浩仁 : HCV抗体測定の問題点と将来, メディヤサークル, Vol.37, No.3, 81-87, 1992年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : 消化性潰瘍, Medicament News, Vol.1364, (号), 31-34, 1992年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : アンモニア, 産科と婦人科, Vol.59, (号), 109-112, 1992年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 西條 哲也, 藤川 晴信, 堀北 実, 日比野 真吾, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 林 広茂, 本田 浩仁, 和田 哲, 矢野 充保, 伊東 進, 後藤 義明 : ラット実験的逆流性食道炎モデルの成因について, Ther Res, Vol.13, No.1, 25-26, 1992年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 防御因子増強剤は白色隆起や隆起型潰瘍瘢痕の発生を抑制する, Medical Tribune, Vol.25, No.25, 29-30, 1992年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 脂肪食摂取による胃排泄遅延, --- : gastroparesisの治療における意義 ---, Motility, Vol.15, (号), 13, 1992年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 新居 千昌, 姚 登福, 西角 智子, 本田 浩仁, 日比野 真吾, 鎌村 真子, 伊東 進 : 揚子江下流域肝癌多発地区における肝疾患の特性とHCV, 医学と薬学, Vol.29, No.3, 635-637, 1993年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 新居 千昌, 日比野 真吾, 西角 智子, 鎌村 真子, 和田 哲, 林 広茂, 佐光 春信, 福田 保, 日下 至弘, 増田 和彦, 梶本 宜史, 猪井 順也, 伊東 進 : 型肝炎のIFN療法における短期副作用(特に白血球数,好中球数および血小板数)について, Pharma Medical, Vol.11, No.5, 173-174, 1993年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP), 臨床雑誌 内科, Vol.71, No.6, 1025-1026, 1993年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : H2ブロッカー抵抗性潰瘍, 臨床成人病, Vol.23, No.8, 1089-1094, 1993年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 藤川 晴信, 西條 哲也, 岡久 稔也, 日比野 真吾, 岡村 誠介, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 矢野 充保, 伊井 邦雄 : 十二指腸液逆流にもとづく実験的逆流性食道炎の実験モデル作成法, 日本臨床生理学会雑誌, Vol.23, No.3, 309-311, 1993年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 新居 千昌, 堀北 実, 西角 智子, 堀江 貴浩, 森本 博文, 伊東 進 : C型肝炎のIFN療法における精神的副作用について, Pharma Medica, Vol.12, No.4, 180-183, 1994年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝疾患, 臨床雑誌 内科, Vol.74, No.3, 413-419, 1994年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 矢野 充保, 六車 直樹, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 西條 哲也 : UDCA就寝前1回投与による胆石溶解について, 消化器科, Vol.18, No.4, 407-412, 1994年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 和田 哲, 折野 俊介, 辻 泰弘, 溝渕 茂樹, 和田 久徳, 伊東 進 : 徳島県における消化性潰瘍治療の現況, --- レバミピド併用療法オープン試験とアンケート調査結果を解析して ---, 基礎と臨床, Vol.28, No.10, 2959-2970, 1994年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 堀江 貴浩, 新居 千昌, 西角 智子, 鎌村 真子, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝硬変患者腹水中の蛋白合成刺激活性, 医学と薬学, Vol.31, No.3, 643-645, 1994年..[組織] ...
閲覧 L Janosi, Ichiro Shimizu, A Kaji and Susumu Ito : Ribosome recycling factor (ribosome releasing factor) is essential for bacterial growth., Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.91, No.10, 4249-4253, 1994..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 六車 直樹, 横井 孝文, 堀江 千昌, 堀北 実, 安田 貢, 梯 泰昌, 林 重仁, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 伊東 進, 矢野 勇人, 佐野 暢哉 : 各種画像診断にて肝癌と鑑別困難であった肝内多発結節性病変の1例, Liver Cancer, Vol.1, No.1, 43-50, 1995年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 六車 直樹, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 梯 泰昌, 林 重仁, 横井 孝文, 安田 貢, 柴田 啓志, 伊東 進, 松森 保道, 梶川 愛一郎, 広瀬 隆則, 林 秀樹 : 大量下血をきたした空腸平滑筋腫の1例, 消化管の臨床, Vol.1, (号), 99-103, 1995年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 堀江 千昌, 堀江 貴浩, 本田 浩仁, 伊東 進, 姚 登福 : 揚子江下流域肝癌多発地区における肝疾患の特性とHCVに関する研究, 肝臓, Vol.36, No.2, 76-84, 1995年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 和田 哲, 折野 俊介, 辻 泰弘, 溝渕 茂樹, 和田 久徳, 伊東 進 : 徳島県における消化性潰瘍治療の現況, --- レバミピド併用療法オープン試験とアンケート調査結果を解析して ---, 薬理と臨床, Vol.5, No.6, 809-820, 1995年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 折野 俊介, 山野 利尚, 藤本 卓, 平賀 隆, 和田 久徳, 伊東 進 : 非代償性肝硬変患者に対する肝不全用成分栄養剤ヘパンEDの腹水,脳症および臨床検査値改善効果に関する検討, JJPEN, Vol.17, No.9, 765-774, 1995年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : C型肝炎, 医薬ジャーナル, Vol.31, No.8, 1987-1992, 1995年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 横井 孝文, 六車 直樹, 梯 泰昌, 松永 裕子, 福田 保, 林 重仁, 安田 貢, 堀江 貴浩, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 西條 哲也, 伊東 進 : (題名), 岡山医誌, Vol.108, No.3-6, 197-198, 1996年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : ヘパンEDの腹水,脳症合併例での改善効果, PEN E, Vol.12, No.14, 5-6, 1996年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 六車 直樹, 岡村 誠介, 林 重仁, 横井 孝文, 安田 貢, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 伊東 進, 佐野 暢哉, 日比野 真吾, 和田 哲, 林 秀樹 : 内視鏡的粘膜切除を施行した十二指腸腺腫の1例, 消化管の臨床, Vol.2, (号), 67-71, 1996年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 溝渕 洋子, エスコバル エベル, 馬 躍栄, 松永 裕子, 安田 貢, 伊東 進 : レチノイドの肝線維化予防効果, 医学と薬学, Vol.36, No.6, 1239-1241, 1996年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : 病理学的にみた肝線維化と小柴胡湯, 日経BP社, 東京, 1996年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : 急性肝炎の鑑別のためのウイルスマーカ検査, (発行所), (都市), 1996年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 安田 貢, 松永 裕子, 柴 昌子, 堀江 貴浩, 西角 智子, 本田 浩仁, 伊東 進 : コラーゲン代謝動態における女性ホルモンの役割に関する検討, 医学と薬学, Vol.35, No.2, 357-360, 1996年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 濱 美紀, 藤川 晴信, 本田 浩仁, 伊東 進, 花尾 晋一, 鳴尾 精一, 香川 征, 浜崎 房光, 松本 圭蔵 : 腎癌など多彩な多臓器合併症を伴ったvon-Hippel-Lindau病の1例, 臨床と研究, Vol.73, No.3, 631-636, 1996年..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 安田 貢, 松永 裕子, 溝渕 洋子, エスコバル エベル, 馬 躍栄, 伊東 進 : 去勢後の実験的線維肝におけるエストラジオール作用, (発行所), 岡山, 1997年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 劉 飛, 溝渕 洋子, 安田 貢, 伊東 進 : 小柴胡湯の肝線維化抑制作用, 自然科学社, 東京, 1997年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 針刺し事故の防止, (発行所), (都市), 1997年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性ホルモンの肝線維化抑制作用, 日本医事新報社, 東京, 1997年11月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : コリンエステラーゼ(ChE), (発行所), (都市), 1998年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 安田 貢, 伊東 進 : 女性ホルモンの肝線維化抑制作用, 社団法人 日本肝臓学会, (都市), 1998年(0月)..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Mitsugi Yasuda, Yoko Mizobuchi, Yue-Rong Ma, Fei Liu, Masako Shiba, Takahiro Horie and Susumu Ito : Suppressive effect of estradiol on chemical hepatocarcinogenesis in rats., Gut, Vol.42, No.1, 112-119, 1998..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : ツムラ小柴胡湯は抗酸化作用を介して肝細胞を保護し,同時に肝星細胞の活性化・増殖を抑制し強い肝線維化抑制作用を発揮, (発行所), (都市), 1999年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 堀江 貴浩, 尾形 竜郎, 藤本 美幸, 小崎 裕司, 大島 隆志, 山本 浩史, 井内 新, 伊東 進 : 良性反復性肝内胆汁うっ滞症の1例, 大道学館, 福岡, 1999年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 野田 佳子, 筒井 朱美, 多田津 昌也, 六車 直樹, 堀江 貴浩, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 西條 哲也, 佐野 暢哉, 伊東 進 : 良性反復性肝内胆汁うっ滞に胆石を伴わない慢性膵炎を合併した1例, 財団法人 日本消化器病学会, 東京, 1999年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 小柴胡湯の肝線維化抑制作用, (発行所), (都市), 1999年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 線維肝モデルにおける小柴胡湯の肝線維化抑制作用, 日経BP社, 東京, 1999年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁 : 小柴胡湯とインターフェロン, (発行所), (都市), 1999年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : グアナーゼ(GU), 日本臨牀社, 大阪, 1999年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁 : C型肝炎, 株式会社 医学書院, 東京, 1999年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁 : アルコール肝障害と酸化ストレス, 科学評論社, 東京, 1999年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, 劉 炎, 日浅 亜弥, 豊田 敬生, 多田 由恵, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進, 庄野 正行 : 脂質過酸化反応と肝線維化, (発行所), 岡山, 1999年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 柴 昌子, 面家 敏宏, 劉 炎, 日浅 亜弥, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝線維化初期過程におけるⅠ型コラーゲンとMMP-1の遺伝子発現と脂質過酸化反応, (発行所), 岡山, 1999年(0月)..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Y Mizobuchi, M Yasuda, M Shiba, Y-R Ma, Takahiro Horie, F Liu and Susumu Ito : Inhibitory effect of estradiol on activation of rat hepatic stellate cells in vivo and in vitro., Gut, Vol.44, No.1, 127-136, 1999..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 肝機能検査におけるヒアルロン酸とⅣ型コラーゲンの乖離, 日本医事新報社, 東京, 1999年1月..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Yue-Rong Ma, Yoko Mizobuchi, Fei Liu, Tetsuo Miura, Yoichiro Nakai, Mitugi Yasuda, Masako Shiba, Takahiro Horie, Sakae Amagaya, Norifumi Kawada, Hitoshi Hori and Susumu Ito : Effects of Sho-saiko-to, a Japanese Herbal Medicine, on Hepatic Fibrosis in Rats, Hepatology, Vol.29, No.1, 149-160, 1999..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, 日浅 亜弥, 堀江 貴浩, 本田 浩仁, 伊東 進 : エストラジオールの肝発癌抑制作用, 自然科学社, 東京, 1999年2月..[組織] ...
閲覧 Mitugi Yasuda, Ichiro Shimizu, Masako Shiba and Susumu Ito : Suppressive effects of estradiol on dimethylnitrosamine-induced fibrosis of the liver in rats., Hepatology, Vol.29, No.3, 719-727, 1999..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 肝炎ウイルスと肝癌, 医薬ジャーナル社, 大阪, 1999年6月..[組織] ...
閲覧 池原 敏孝, 山口 久雄, 会沢 勝夫 : 変動磁界による細胞膜構造への影響のFT-IRによる解析, アイピーシー出版部, 東京, 1999年9月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 河田 則文 : DMN,PSラットモデルを用いて小柴胡湯の脂質過酸化反応による肝線維化抑制作用を探る, (発行所), (都市), 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : 肝線維化とoxidative stress, 社団法人 日本肝臓学会, (都市), 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 豊田 敬生, 伊東 進 : 「HBc抗体のみ陽性」に関する臨床的学的検討, (発行所), 岡山, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, Zhou Yajun, 糸永 美奈, 武蔵 陽子, 辻上 幸司, 豊田 敬生, 鈴木 雅晴, 本田 浩仁, 伊東 進 : 実験的障害肝における早期アポトーシスとエストラジオール, 大道学館, 福岡, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 肝硬変・肝癌における性差, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2000年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 劉 炎, 面家 敏宏, 豊田 敬生, 本田 浩仁, 伊東 進 : エストラジオールの抗酸化作用と肝線維化抑制作用, 自然科学社, 東京, 2000年2月..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Sho-saiko-to:Japanese herbal medicine for protection against hepatic fibrosis and carcinoma., Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.15 (Suppl l), D84-D90, March 2000..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 疾病の性差と薬物副作用の性差, (発行所), (都市), 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 筒井 朱美, 四宮 寛彦, 稲山 久美, 中園 雅彦, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 伊東 進 : 肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波熱焼灼療法(RFA)の検討, 大道学館, 福岡, 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, Zhou Yajun, 井上 博, 面家 敏宏, 糸永 美奈, Lu Guangming, 岡村 住人, 本田 浩仁, 伊東 進 : 選択的エストロゲン受容体モジュレーター,idoxifeneの抗酸化作用,抗アポトーシス作用と肝線維化抑制作用, 自然科学社, 東京, 2001年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 堀江 貴浩 : 消化器の臨床, --- 上部消化管の内視鏡的ステンテイング:進行胃癌 ---, ヴァンメディカル, 東京, 2001年4月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : Ⅵ型コラーゲン受容体結合性の環状ペプチドを用いたラット肝星細胞ターゲット戦略, メディカルレビュー社, 大阪, 2001年7月..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Antifibrogenic therapies in chronic HCV infection., Curr Drug Targets Infect Disord, Vol.1, No.2, 227-240, Aug. 2001..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 小柴胡湯による肝線維化および肝発癌阻止機構, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2002年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 腹水検査, 西村書店, 新潟, 2003年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 腹腔鏡, 西村書店, (都市), 2003年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : ダイナミック・メディシン, --- 胆道の構造と機能 ---, 西村書店, 新潟, 2003年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性肝臓学入門, --- -ウイルス性慢性肝疾患における女性ホルモンの優れた役割- ---, (発行所), (都市), 2003年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 玉木 克佳, 柴田 啓志, 浦田 真里, 板垣 達三, 大塩 敦郎, 井本 佳孝, 岡本 耕一, 佐藤 康紀, 青木 利佳, 福野 天, 居和城 宏, 村田 昌彦, 筒井 朱美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 伊東 進 : 当科におけるラジオ波焼灼療法を用いた肝腫瘍治療, --- ―preliminary report― ---, 徳島医学会, 徳島, 2003年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 庄野 文章, 西岡 安彦, 田代 征記, 濱 佳子, 伊東 進, 水口 和生 : 徳島大学医学部附属病院における抗菌薬適正使用の取り組みと使用状況, 日本医療薬学会, 東京, 2003年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, Cui Xuezhi, Lu Guangming, 糸永 美奈, 岡村 住人, 庄野 正行, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝細胞アポトーシスにおけるエストラジオールとエストロゲン受容体βの抑制的関与, 自然科学社, 東京, 2003年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 岡崎 三千代, 堀江 貴浩, 竹内 尚, 藤原 堅祐, 藤原 宗一郎, 山本 浩史, 井内 新 : 閉塞性大腸炎と虚血性大腸炎の異同を考えさせられた1例, 朝倉書店, 東京, 2003年(0月)..[組織] ...
閲覧 井上 和俊, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 岡久 稔也 : 血圧情報を統合したCRIT-LINE情報システムの開発, ICUとCCU, Vol.27, (号), S89-S90, 2003年3月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 別冊「医学のあゆみ」 現代西洋医学からみた東洋医学(今西二郎編集), --- 5. 小柴胡湯による肝線維化および肝発癌阻止機構 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2003年5月..[組織] ...
閲覧 池原 敏孝, 朴 基豪, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 北村 光夫, 庄野 正行, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 1.5Tesla変動強磁界が牛副腎髄質クロマフィン細胞に及ぼす影響, 日本生体磁気学会誌, Vol.16, No.1, 80-81, 2003年5月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 肝ダイナミック・メディシン, --- 肝の構造と機能 ---, 西村書店, 新潟, 2003年7月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : ダイナミック・メディシン, --- 肝疾患の薬剤 ---, 西村書店, 新潟, 2003年7月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : ダイナミック・メディシン, --- 慢性肝疾患における女性ホルモンのパワー ---, 西村書店, 新潟, 2003年7月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : ダイナミック・メディシン, --- 女性と肝線維化 ---, 西村書店, 新潟, 2003年7月..[組織] ...
閲覧 Xuezhi Cui, Ichiro Shimizu, Guangming Lu, Mina Itonaga, Hiroshi Inoue, Masayuki Shono, Katsuyoshi Tamaki, Hiroshi Fukuno, Hikaru Ueno and Susumu Ito : Inhibitory effect of a soluble transforming growth factor β type II receptor on the activation of rat hepatic stellate cells in primary culture, Journal of Hepatology, Vol.39, No.5, 731-737, 2003..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Sho-Saiko-To. In; Herbal Medicines: Molecular Basis in Health and Disease Management., Marcel Dekker.Inc, New York, (month)2004..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Recent therapeutic developments in hepatic fibrosis. In; Fibrinogenesis: Cellular and Molecular Basis., Landes Bioscience, Georgetown, (month)2004..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 病院感染対策ガイドライン (国立大学医学部附属病院感染対策協議会編集), --- 3. 針刺し事故対策 ---, 株式会社 じほう, 東京, 2004年1月..[組織] ...
閲覧 Guangming Lu, Ichiro Shimizu, Xuezhi Cui, Mina Itonaga, Katsuyoshi Tamaki, Hiroshi Fukuno, Hiroshi Inoue, Hirohito Honda and Susumu Ito : Antioxidant and antiapoptotic activities of idoxifene and estradiol in hepatic fibrosis in rats., Life Sciences, Vol.74, No.7, 897-907, 2004..[組織] ...
閲覧 Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hiroe Shichijo, Mitsuo Kitamura, Akira Soda, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF magnetic fields on signal for differentiation of cultured osteoblastic cells by multispectral imaging system., Proceedings of 26th BEMS Meeting, (巻), (号), 216, Washington, D.C., June 2004..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Tadahiro Teramoto, Hitoshi Houchi, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Yohsuke Kinouchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a switched 1.5 tesla magnetic field on intracellular Ca2+ signaling pathways of adrenal chromaffin cells, Proceedings of 26th BEMS Meeting, (巻), (号), (頁), Washington, D.C., June 2004..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 糸永 美奈, 板垣 達三, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 本田 浩仁, 伊東 進, 上野 光 : 細胞療法の基礎と臨床, --- 可溶型TGF-βⅡ型受容体の肝星細胞活性化抑制作用 ---, 株式会社 アークメディア, 東京, 2004年6月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 竹内 尚, 堀江 貴浩, 藤原 宗一郎, 岡崎 三千代, 白石 達彦, 伊東 進 : 胃粘膜下腫瘍様形態を示した肝外発育型肝細胞癌, 株式会社 東京医学社, 東京, 2004年7月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 庄野 文章, 濱 佳子 : 徳島大学病院における安全器材の導入と特定抗菌薬の使用届出, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2004年11月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁 : グアナーゼ(GU), 日本臨牀社, 大阪, 2004年11月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 鈴木 麗子, 庄野 文章 : 針刺し・切り傷の予防と暴露後感染予防法, 南江堂, 東京, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 岡崎 三千代, 伊東 進, 石川 桃子, 藤原 竪祐, 藤原 宗一郎, 堀江 貴浩, 山本 浩史, 井内 新 : 胃潰瘍治癒過程におけるプロスタグランジンとロイコトリエンの産生に及ぼすプロトンポンプ阻害剤とH2ブロッカーの比較, 朝倉書店, 東京, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, Cheng Xinliang, 板垣 達三, 浦田 真理, 大塩 敦郎, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 福野 天, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝星細胞における酸化ストレスを介したTGF-β発現に及ぼすエストラジオールとプロゲステロンの作用, 自然科学社, 東京, 2005年1月..[組織] ...
閲覧 Eiko Uemura, Masahiro Nomura, Kohzo Uehara, Yuko Sawa, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Relationship between pulse wave velocity and circulatory hemodynamics during upper gastrointestinal endoscopy, Digestive Endoscopy, Vol.17, No.1, 73-80, 2005..[組織] ...
閲覧 Noriyasu Kondo, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and Takashi Ohguro : Association of Inflammatory Marker and Highly Sensitive C-Reactive Protein With Aerobic Exercise Capacity, Maximum Oxygen Uptake and Insulin Resistance in Healthy Middle-Aged Volunteers, Circulation Journal, Vol.69, No.4, 452-457, 2005..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Ki Ho Park, Kazuo Minakuchi, Hideki Kashimoto, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying strong magnetic field on transient increase in Ca2+ release induced by cytosolic Ca2+ in cultured pheochromocytoma cells, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1724, No.1-2, 8-16, 2005..[組織] ...
閲覧 Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hiroe Shichijo, Mitsuo Kitamura, Akira Soda, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF magnetic field on signal transduction for the deffrentiation of osteoblast-like signal transduction for the deffrentiation of osteoblast-like cells, Bioelectromagnetics 2005 Abstract Collection, (巻), (号), 348, Dublin, June 2005..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Tadahiro Teramoto, Hitoshi Houchi, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular Ca2+ movements of cultured bovine adrenal chromaffin cells, Bioelectromagnetics 2005 Abstract Collection, (巻), (号), 405-406, Dublin, June 2005..[組織] ...
閲覧 佐々木 ひろみ, 寺本 忠弘, 池原 敏孝, 山口 久雄, 細川 敬子, 芳地 一, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副腎髄質クロマフィン細胞の細胞内情報伝達に及ぼす1.5T 変動磁界の影響, 日本生体磁気学会雑誌, Vol.18, No.1, 158, 2005年7月..[組織] ...
閲覧 Mayuko Takagawa, Naoki Muguruma, Kaori Oguri, Yoshitaka Imoto, Koichi Okamoto, Kunio II and Susumu Ito : Prediction of Prognosis in Gallbladder Carcinoma by Mucin and p53 Immunohistochemistry, Digestive Diseases and Sciences, Vol.50, No.8, 1410-1413, 2005..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : 肝炎・肝癌, 徳島医学会, 徳島, 2005年12月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 板垣 達三, 浦田 真理, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 久保 謙一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : 実験的ラット培養肝星細胞における酸化ストレスを介したNADH/NADPHオキシダーゼ活性とTGF-β発現に及ぼすエストラジオールとプロゲステロンの相反する作用, ライフサイエンス出版 株式会社, 東京, 2005年12月..[組織] ...
閲覧 伊東 進, 小野 裕之, 田尻 久雄, 竜田 正晴, 上堂 文也, 萩原 達雄, 井上 晴洋, 林 琢也, 八尾 建史, 宗 祐人, 土井 俊彦 : 14-17 がんの診断治療用光学機器の開発に関する研究, 厚生労働省がん研究助成金による研究報告集, Vol.2005, (号), 461-466, 2006年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 朴 洪宇, 神谷 典穂, 渡部 純二, 横山 英輝, 平田 彰彦, 藤井 尊, 後藤 雅宏, 伊東 進 : 新規経口型ジクロフェナック製剤の開発, 社団法人 化学工学会, 東京, 2006年(0月)..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 鈴木 麗子, 庄野 文章 : (題名), --- 針刺し・切り傷の予防と暴露後感染予防法 ---, (発行所), (都市), 2006年(0月)..[組織] ...
閲覧 Yoshio Okita, Toshiya Okahisa, Masahiro Sogabe, Masaharu Suzuki, Yoshiaki Ohnishi and Susumu Ito : Low Volume Continuous Hemodiafiltration with Nafamostat Mesilate Increases Trypsin, ASAIO Journal, (巻), (号), 1-8, 2006..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性肝臓学入門, --- -肝臓を守る女性のパワーを探る- ---, 株式会社 じほう, 東京, 2006年1月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 袁 穎, 魏 媚, 沈 蜜, 板垣 達三, 青柳 えり子, 浦田 真理, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝星細胞における収縮運動とエンドセリン受容体発現に及ぼすエストラジオールの抑制作用, 自然科学社, 東京, 2006年1月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 長瀬 教夫 : コメディカルのための内科学 (第3版), --- 感染症 ---, 医学出版社, 東京, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 六車 直樹 : コメディカルのための内科学 (第3版), --- 消化器疾患 ---, 医学出版社, 東京, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎, 白石 達彦, 石川 桃子, 藤原 宗一郎, 岡崎 三千代, 堀江 貴浩, 伊東 進 : 深部まで観察しないと発見できなかった十二指腸悪性リンパ腫, 株式会社 東京医学社, 東京, 2006年3月..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells of bovine adrenal chronmaffin cells in culture, The Journal of Physiological Sciences, Vol.56, S110, March 2006..[組織] ...
閲覧 Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Toshitaka Ikehara, Hiroe Shichijo, Mitsuo Kitamura, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF differetiation of cultured osteoblast-like cells, The Journal of Physiological Sciences, Vol.56, S111, March 2006..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性肝臓学入門, 西村書店, 東京, 2006年4月..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Kazuyoshi Kawazoe, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells and actin filaments of bovine adrenal chronmaffin cells, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 28th Annual Meeting, (巻), (号), 81-82, Cancun, June 2006..[組織] ...
閲覧 Susumu Ito, kimura Yoshitaka, Masahiro Nomura, Sawada Yuki, Muraoka Naoko and Kohno Nao : Evaluation of the effects of mastication and swallowing on gastric motility using electrogastrography, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3,4, 229-237, 2006..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性と脂肪肝, --- ―前編― 脂肪肝と内臓脂肪蓄積 ---, 性差と医療, Vol.2006.8, No.3 (8), 863-867, 2006年8月..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Michiyo Okazaki, Tatsuhiko Shiraishi, Takahiro Horie, Arata Iuchi, Yoshio Atagi and Susumu Ito : Hepatobiliary cystadenocarcinoma without mesenchymal stroma showing a good prognosis, Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.21, No.8, 1356-1358, (都市), Aug. 2006..[組織] ...
閲覧 池原 敏孝, 細川 敬子, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 最大1.5テスラ変動磁界が牛副腎クロマフィン細胞に及ぼす影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.15, No.1, 61, 2006年9月..[組織] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性と脂肪肝, --- ―後編― 閉経前女性は脂肪肝ができにくい ---, 性差と医療, Vol.2006.9, No.3 (9), 961-965, 2006年9月..[組織] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Xinliang Cheng, Ying Yuan, Mei Wei, Mi Shen, Huiwei Huang, Mari Urata, Katsutaka Sannomiya, Hiroshi Fukuno, Tomoko Hashimito-Tamaoki and Susumu Ito : Effects of estradiol and progesterone on tumor necrosis factor alpha-induced apoptosis in human hepatoma HuH-7 cells, Life Sciences, Vol.79, No.21, 1988-1994, Oct. 2006..[組織] ...
閲覧 伊東 進, 本田 浩仁 : 代謝性肝疾患, --- 脂肪肝 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2006年10月..[組織] ...
閲覧 Yutaka Nakaya, Kiwamu Okita, Kazuyuki Suzuki, Hisataka Moriwaki, Akinobu Kato, Yoshiyuki Miwa, Koichi Shiraishi, Hiroaki Okuda, Morikazu Onji, Hidenori Kanazawa, Hirohito Tsubouchi, Shinzo Kato, Masahiko Kaito, Akiharu Watanabe, Daiki Habu, Susumu Ito, Tomohisa Ishikawa, Naohiro Kawamura and Yasuyuki Arakawa : BCAA-enriched snack improves nutritional state of cirrhosis, Nutrition, Vol.23, No.2, 113-120, 2007..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Yuki Minami, Shiota Naoko, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF A TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON CELL VOLUME REGULATION OF CULTURED BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 29th Annual Meeting, 375-376, Kanazawa, June 2007..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Nishisako Hirotaka, Shiraishi Tairoh, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on bovine adrenal chromaffin cells., Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 117-118, Harbin, Jan. 2008..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Shiraishi Tairho, Nishisako Hirotaka, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON REGULATORY VOLUME DECREASE IN BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, The Bioelectromagnetics Society 30th Annual Meeting, 368-369, San Diego, Jan. 2008..[組織] ...
閲覧 Akira Soda, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki : Effects of exposure to an extremely low frequency-electromagnetic field on the cellular collagen with respect to signaling pathways in osteoblast-like cells., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3,4, 267-278, 2008..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Nishisako Hirotake, Houchi Hitoshi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Yohsuke Kinouchi and Miyamoto Hiroshi : EFFECTS OF EXPOSURE TO TIME-VARYING 1.5 T MAGNETIC FIELD ON VOLUME REGULATION OF BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, Proceedings of The Bioelectromagnetics Society 32nd Annual Meeting, 37, 2010..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.57, Max(EID) = 382137, Max(EOID) = 1020783.