『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.病院 (2003年10月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 15件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 15件

全ての有効な情報 (15件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(15)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(15)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 横田 直枝, 堀江 照代, 千川 宏江, 島田 悦子, 高瀬 弘美, 久米 博子, 枝川 静代, 桑村 由美 : 舌切除術後患者の嚥下訓練, --- 造影剤によるイメージ撮影を取り入れて ---, 第15回徳島県看護学会集録, (巻), (号), 51-56, 1997年..[組織] ...
閲覧 多田 敏子, 桑村 由美, 南川 貴子, 橋本 文子, 寺嶋 吉保, 田代 征記 : 大腸がん患者のQOL評価の試み, 第221回徳島医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2000年8月..[組織] ...
閲覧 佐瀬 卓也, 前田 恵理子, 阪間 稔, 坂根 仁, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 本田 朋子, 川口 佳彦, 三好 弘一, 西谷 弘, 前澤 博 : 自己遮蔽型PETサイクロトロンに対する中性子漏洩管理, 日本放射線安全管理学会 第5回学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[組織] ...
閲覧 三好 弘一, 前澤 博, 足立 昭夫, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 立花 さやか, 石田 竜弘, 辻 明彦, 英 崇夫, 森賀 俊広, 鬼島 明洋, 誉田 栄一, 岩本 誠司, 佐藤 一雄, 古谷 俊介, 森田 康彦 : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, Vol.6, 1-42, 2007年3月..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Yuki Minami, Shiota Naoko, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF A TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON CELL VOLUME REGULATION OF CULTURED BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 29th Annual Meeting, 375-376, Kanazawa, June 2007..[組織] ...
閲覧 谷井 喬, 佐瀬 卓也, 阪間 稔, 坂根 仁, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 川口 佳彦, 三好 弘一, 西谷 弘, 前澤 博 : 自己遮蔽型PETサイクロトロンに対する中性子漏洩管理, 日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Nishisako Hirotaka, Shiraishi Tairoh, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on bovine adrenal chromaffin cells., Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 117-118, Harbin, Jan. 2008..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Shiraishi Tairho, Nishisako Hirotaka, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON REGULATORY VOLUME DECREASE IN BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, The Bioelectromagnetics Society 30th Annual Meeting, 368-369, San Diego, Jan. 2008..[組織] ...
閲覧 大石 慶二, 永田 俊彦 : 根面被覆術について, 四国歯学会雑誌, Vol.22, No.2, 185-190, 2010年1月..[組織] ...
閲覧 Daisuke Hamada, Tomohiro Goto and Koichi Sairyo : The effect of posterior condylar cartilage on the rotational alignment of the femoral component in knee osteoarthritis and rheumatoid arthritis, ISTA 2014 Annual Meeting (September 25-27, Kyoto, Japan), (巻), (号), (頁), Kyoto, Sep. 2014..[組織] ...
閲覧 Shinsuke Katoh, Tetsuya Enishi and Nori Sato : Management of osteoporotic vertebral fractures. In: ISCoS Textbook on comprehensive management of spinal cord injuries, Wolters Kluwer (India), (都市), (month)2015..[組織] ...
閲覧 折坂 明里, 南川 貴子, 市原 多香子, 日坂 ゆかり, 原田 路可, 田村 綾子 : 脳卒中急性期患者にシリアスリハビリテーションゲームソフトを用いた起立運動による廃用症候群の予防の効果, 日本集中治療医学会雑誌, Vol.23, (号), 543, 2016年2月..[組織] ...
閲覧 Daisuke Kurosawa, Eiichi Murakami, Hiroshi Ozawa, Hiroaki Koga, Yasuhiro Chiba, Eiji Abe, Eiki Unoki, Yoshiro Musha, Keisuke Ito, Shinsuke Katoh and Takuhiro Yamaguchi : A diagnostic scoring system for sacroiliac joint pain originating from the posterior ligament, Pain Medicine, Vol.18, No.2, 228-238, 2017..[組織] ...
閲覧 堀内 信也 : 包括的歯科治療における矯正歯科の役割-口唇裂・口蓋裂患者への対応-, 第60回中・四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[組織] ...
閲覧 Takahiro Nakayama, Masayuki Chuma, Naohiro Tochikura, So Iwabuchi, Shinichiro Suzuki, Chiaki Matsumoto, Toru Imai, Takashi Hamada, Masaru Nakagawa, Hiromichi Takahashi, Yoshihito Uchino, Katsuhiro Miura, Noriyoshi Iriyama, Yoshihiro Hatta, Masami Takei and Takahisa Kimura : Increased arbekacin clearance in patients with febrile neutropenia., Therapeutic Drug Monitoring, (巻), (号), (頁), 2019..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.54, Max(EID) = 362803, Max(EOID) = 970670.