『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 関澤 純

登録情報の数

有効な情報: 368件 + 無効な情報: 21件 = 全ての情報: 389件

全ての有効な情報 (368件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 閲覧 独立行政法人 国立環境研究所 …(3)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 (未定義) …(268)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 関澤 純 : 火山灰土壌の生成論的研究ー土壌の物理化学的性質について, 東京大学農学部農芸化学科卒業研究 土壌学研究室, (巻), (号), (頁), 1966年..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 三浦 卓, 水島 昭二 : グラム陽性細菌細胞質膜の分画精製と酵素活性の細胞膜への局在について, 生化学, Vol.39, (号), 733, 1967年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : グラム陽性細菌細胞膜の精製と性質について, 東京大学農学系大学院修士論文, (巻), (号), (頁), 1968年..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 水島 昭二 : 大腸菌外膜の精製と性質, 生化学, Vol.41, (号), 547, 1969年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 細菌細胞膜の構造と機能について, 東京大学農学系大学院博士論文, (巻), (号), (頁), 1971年..[著者] ...
閲覧 西井戸 敏夫, 古井戸 良雄, 梶沼 孟彦, 若林 明子, 津久井 公昭, 関澤 純, 露崎 亀吉 : 都内河川,内湾の水質, 東京都公害研究所年報, Vol.4, (号), 125-130, 1973年..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa and S Fukui : Isolation,solubilization and reaggregation of outer membrane of Escherichia coli, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.307, No.1, 104-117, 1973..[著者] ...
閲覧 丸山 忠, 関澤 純, 古井戸 良雄 : 界面活性剤の魚卵孵化に及ぼす影響, 東京都公害研究所水質部資料, (巻), (号), (頁), 1974年..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 川原 浩, 土田 稔 : 重金属廃水の処理方法改善のための調査研究(第1報)-都内事業場における水銀,カドミウムの使用実態調査, 東京都公害研究所年報, Vol.6, (号), 88-98, 1975年..[著者] ...
閲覧 長瀬 雅明, 関澤 純, 川原 浩 : クロルメッキ廃水処理のクローズドシステム化研究, 東京都公害研究所水質部資料, (巻), (号), (頁), 1975年..[著者] ...
閲覧 若林 明子, 津久井 公昭, 関澤 純, 露崎 亀吉, 西井戸 敏夫, 古井戸 良雄 : ポリ塩化ビフェニールのコイに対する慢性的影響, 東京都公害研究所年報, Vol.6, (号), 80-87, 1975年..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 井上 正順 : 大腸菌外膜における物質の受動的透過について, 生物物理, Vol.15, No.5, 229-237, 1975年..[著者] ...
閲覧 Simon Halegoua, Jun Sekizawa and Masayori Inouye : A New From of Structural Lipoprotein of Outer Membrane of Escherichia coli, The Journal of Biological Chemistry, Vol.252, (号), 2324-2330, 1976..[著者] ...
閲覧 Simon Halegoua, H Hirasima, Jun Sekizawa and Masayori Inouye : Protein Synthesis in Toluene Treated Escherichia coli;Exculusive Synthesis of Membrane Proteins, 化学と生物, Vol.69, (号), 163-167, 1976..[著者] ...
閲覧 土田 稔, 原 敏, 関澤 純, 川原 浩 : 重金属排水の処理法改善のための調査研究(第2報)-都内事業場におけるクロム,鉛の実態調査, 東京都公害研究所年報, Vol.7, (号), 154-161, 1976年..[著者] ...
閲覧 Sumiko Inouye, Sansan Wang, Jun Sekizawa, Simon Halegoua and Masayori Inouye : Amino Acid Sequence for the Peptide Extension on the Prolipoprotein of the Escherichia coli Outer Membrane, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.74, No.3, 1004-1008, 1977..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, Sumiko Inouye, Simon Halegoua and Masayori Inouye : Precursors of Major Outer Membrane Proteins of Escherichia coli, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.77, No.3, 1126-1133, 1977..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 大腸菌外膜蛋白の生合成とアセンブリー, 蛋白質 核酸 酵素, Vol.24, (号), 599-605, 1979年..[著者] ...
閲覧 M Inouye, R Pirtle, I Pirtle, Jun Sekizawa, K Nakamura, J DiRienzo, S Inouye, S Wang and S Halegoua : Mechanism of Translocation of the Outer Membrane Proteins of Escherichiacoli through Cytoplasmic Membrane, The American Society for Microbiology, Microbriology, (month)1979..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa and Takayuki Shibamoto : Mutagenicity of 2-Alkyl-N-Nitrosothiazolidines, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.28, No.4, 781-783, 1980..[著者] ...
閲覧 Hisayuki Toda, Jun Sekizawa and Takayuki Shibamoto : Mutagenicity of the L-Rhamnose-Ammonia-Hydrogen sulfide Browning Reaction Mixture, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.29, No.2, 381-384, 1981..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa and Takayuki Shibamoto : Genotoxicity of Safrole-Related Chemicals in Microbial Test Systems, Mutation Research/Genetic Toxicology, Vol.101, No.2, 127-140, 1982..[著者] ...
閲覧 加納 直子, 関澤 純, 竹中 祐典 : RTECSのオンラインファイルによる毒性検索, 薬学図書館, Vol.29, No.2/3, 131-139, 1984年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質の安全性評価と情報を担当「社会薬学入門」, 南江堂, 東京, 1989年(0月)..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Resmethrins-International Programme on Chemical Safety, --- Environmental Health Criteria 92 ---, World Health Organization, Geneva, (month)1989..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Allethrin-International Programme on Chemical Safety, --- Environmental Health Criteria 87 ---, World Health Organization, Geneva, (month)1989..[著者] ...
閲覧 林 裕造, 小島 康平, 竹中 祐典, 関澤 純 : 「食品添加物の安全性評価の原則」, 薬事日報社, 東京, 1989年1月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 毒性試験講座2巻 毒性情報の検索と管理, --- I .毒性情報の検索 6. 規制情報の検索 ---, 地人書館, 東京, 1989年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 山本 都 : 食品の安全性評価のための化学物質情報, 食品衛生学雑誌, Vol.31, No.6, 457-468, 1990年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : わが国の化学物質規制情報検索システムの整備と国際化学物質有害性情報登録の法規制データベースの効果的利用について, 衛生試験所報告, Vol.108, (号), 40-44, 1990年..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Tetramethrin-International Programme on Chemical Safety, --- Environmental Health Criteria 98 ---, World Health Organization, Geneva, (month)1990..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Deltamethrin-International Programme on Chemical Safety, --- Environmental Health Criteria 97 ---, World Health Organization, Geneva, (month)1990..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : d-Phenothrin-International Programme on Chemical Safety, --- Environmental Health Criteria 96 ---, World Health Organization, Geneva, (month)1990..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Fenvalerate-International Programme on Chemical Safety, --- Environmental Health Criteria 95 ---, World Health Organization, Geneva, (month)1990..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Permethrin-International Programme on Chemical Safety, --- Environmental Health Criteria 94 ---, World Health Organization, Geneva, (month)1990..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Experience from Providing Legal Data and Using the IRPTC Legal File in Japan, International Workshop on Future Development of the IRPTC Legal File, (巻), (号), (頁), Munich, March 1990..[著者] ...
閲覧 Sumie Yamanaka, Masanori Hashimoto, Masuo Tobe, Kazuo Kobayashi, Jun Sekizawa and Masao Nishimura : A Simple Method for Screening Assessment of Acute Toxicity of Chemicals, Archives of Toxicology, Vol.64, No.4, 262-268, 1990..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 曝露データを適用した農薬の発がん性評価の試み, 日本リスク研究学会第3回研究発表会, (巻), (号), (頁), 1990年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 橋場 茂子 : 毒性情報検索の方法論ー食品添加物の例からー, 衛生試験所報告, Vol.109, (号), 11-18, 1991年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : IPCS(国際化学物質安全性計画)の環境保健クライテリアにおけるリスクアセスメントから, 公害研究, Vol.21, No.2, 59-66, 1991年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 国際化学物質有害性情報登録(IRPTC)/国連環境計画(UNEP)の環境化学物質データベース, 水質汚濁研究, Vol.14, No.7, 14-18, 1991年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質安全性評価の国際協力についてー情報管理面からのアプローチ, 塩ビ食品衛生協議会報, Vol.97, (号), 1-15, 1991年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : ピレスロイド系農薬および有機リン系農薬に関する環境保健クライテリアの作成, 化学物質の安全性についての国際協力10年のまとめ, (巻), (号), 41-59, 1991年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 農薬の安全性評価データ集, 株式会社LIC, 東京, 1991年(0月)..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 農薬用化学物質の食品経由摂取によるリスク評価の試み, 日本リスク研究学会誌, Vol.3, No.1, 84-89, 1991年..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 五十嵐 貴子, 神沼 ニ真 : 複数の発がんプロモーターによるリスク評価の試み, 日本リスク研究学会第4回研究発表会, (巻), (号), (頁), 1991年11月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa and Hiroko Serizawa : Development of a Database of Safety Evaluation Information on Pesticides., Journal of Pesticide Science, Vol.17, No.4, 291-294, 1992..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa and Chiyoko Ohtake : Evaluation of Necessity of Risk Assessment of Pesticides Using a Database., Journal of Pesticide Science, Vol.17, No.4, 295-300, 1992..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : IPCSの環境保健クライテリア(Environmental Health Criteria)作成における問題点とその解決について, 衛生試験所報告, Vol.110, (号), 95-102, 1992年..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 森本 和滋, 斉藤 牧江, 近藤 那江 : 1991年度にIPCSよりコメント依頼のあった環境保健クライテリア第一次ドラフトについて, 衛生試験所報告, Vol.110, (号), 91-94, 1992年..[著者] ...
閲覧 楊 学坤, 関澤 純 : 図書目録のデータベース化について, 衛生試験所報告, Vol.110, (号), 102-104, 1992年..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Fenitrothion-International Programme on Chemical Safety, --- Environmental Health Criteria 133 ---, World Health Organization, Geneva, (month)1992..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Triclorfon-International Programme on Chemical Safety, --- Environmental Health Criteria 132 ---, World Health Organization, Geneva, (month)1992..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 国連環境開発会議準備会合から, 人間と環境, Vol.17, No.3, 177-178, 1992年..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Health Risk Assessment/Management of Pesticides, --- Principles and Methodologies ---, Workshop on Risk Assessment and Risk Management of Toxic Chemicals, (巻), (号), (頁), Tsukuba, Feb. 1992..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品の安全性評価のための化学物質情報, 食品保健/食品化学特別ゼミナール, (巻), (号), (頁), 1992年3月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Pesticide Regulation in Japan and Risk Assessment on Pesticides, Workshop on the Role of Sience in Pesticide Management, (巻), (号), (頁), Stockholm, May 1992..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Data Quality Control in Preparing Criteria Documents, Workshop on Toxicology Data Quality Indicator, (巻), (号), (頁), Atlanta, Sep. 1992..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大村 えい子, 鎌田 栄一, 金子 豊蔵, 戸部 満寿夫, 香川 順, 加藤 正信, 八十川 欣勇, 須山 祐之, 高久 悟, 西村 正雄 : 吸入急性毒性値(LC50)の他経路における急性毒性値(LD50)からの推測, 第18回環境トキシコロジーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 1992年10月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Risk Assessment of Tumor Promoters Using no-Observed-Effect-Level Data, Japanese Journal of Risk Analysis, Vol.4, No.1, 15-119, 1992..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大竹 千代子, 楊 学坤 : 化学物質の安全性評価におけるリスクコミュニケーション, --- クライテリアドキュメントの役割 ---, 日本リスク研究学会第5回研究発表会, (巻), (号), (頁), 1992年11月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, K Yasuhara, Y Suyama, S Yamanaka, M Tobe and M Nishimura : A simple Method for Screening Assessment of Skin and Eye Irritation, The Eleventh International Symposium on the Transport of Dangerous Goods by Sea and Inland Waterways, (巻), (号), (頁), Tokyo, Nov. 1992..[著者] ...
閲覧 大竹 千代子, 関澤 純 : IPCS環境保健クライテリアのドラフトのコメント依頼について, 衛生試験所報告, Vol.111, (号), 103-106, 1993年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : WHOにおける食の安全プログラム, 環境情報科学, Vol.22, No.1, 21-27, 1993年..[著者] ...
閲覧 大竹 千代子, 楊 学坤, 関澤 純 : 化学物質の安全性評価に関するクライテリアト キュメントのデータベースの作成と利用, 第6回公衆衛生情報研究協議会定期研究会, (巻), (号), (頁), 1993年1月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 定量的リスク評価の手続き, 日本リスク研究学会誌, Vol.5, No.1, 59-62, 1993年..[著者] ...
閲覧 北脇 秀敏, 関澤 純, 内山 康策 : 「われらが地球,われらが健康(WHO環境保健委員会報告)」, 環境産業新聞社, 東京, 1993年10月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大島 輝夫, 後藤 京子 : 化学品安全管理のためのリスクコミュニケーション, 日本リスク研究学会第6回研究発表会, (巻), (号), (頁), 1993年11月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, X Yang and C Ohtake : "Hazardous Waste and Public Health:International Congress on the Health Effects of Hazardous Waste:Development and use of a criteria document database for risk assessment of chemicals", --- Andrews,JS,Frumkin H,Johnson BL,Mehlman MA,Xintaras C,&Bucsela JA ---, Princeton Scientific Publishing Inc.,, New Jersey, (month)1994..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, K Yasuhara, Y Suyama, S Yamanaka and M Tobe : A SIMPLE METHOD FOR SCREENING ASSESSMENT OF SKIN AND EYE IRRITATION, The journal of Toxicological Sciences, Vol.19, No.1, 25-35, 1994..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大竹 千代子, 楊 学坤 : クライテリアドキュメントによる化学物質のリスクコミュニケーション, 日本リスク研究学会誌, Vol.5, No.2, 23-28, 1994年..[著者] ...
閲覧 高仲 正, 関澤 純 : "総合食品安全事典,第8章 生体異物の安全性評価", --- 粟飯原景昭,内山充,田村真八郎,藤巻正生 監修 ---, 産業調査会事典出版センター, 東京, 1994年5月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大島 輝夫, 武井 玲子, 河岸 園子 : 化学品のリスクコミュニケーションにおける「表示」の役割, 日本リスク研究学会第7回研究発表会, (巻), (号), (頁), 1994年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大島 輝夫, 後藤 京子, 大竹 千代子 : 化学品の安全使用と管理のためのリスクコミュニケーション, 日本リスク研究学会誌, Vol.6, No.1, 23-29, 1994年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学品安全とリスクコミュニケーション, 水環境学会誌, Vol.18, No.1, 7-10, 1995年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 農薬の安全性評価の新しい動き-IPCSの農薬合同会議(JMP)について, 衛生試験所報告, Vol.113, (号), 84-90, 1995年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 国際機関における化学物質安全性情報システム, 環境科学セミナー, (巻), (号), (頁), 1995年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : "クルマ依存社会ー自動車排出ガス汚染から考えるー", --- 第6章健康影響評価の現状と今後の課題 ---, 実教出版社, 東京, 1995年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : "リスクと生きるーリスクの科学と政治", --- リスクの科学的な理解:限界と改善 ---, 薬事日報社, 東京, 1995年8月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : "MSDS用語集"1.リスクに関連する用語, --- 厚生省生活衛生局企画課生活化学安全対策室監修 ---, 化学工業日報社, 東京, 1995年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大島 輝夫, 武井 玲子, 河岸 園子 : 化学品のリスクコミュニケーション改善に向けた「表示」の検討, 日本リスク研究学会誌, Vol.7, No.1, 81-88, 1995年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 各国の安全性評価を国際化するIPCSの新しい評価情報シリーズ, 国際簡潔評価文書,衛生試験所報告, Vol.114, (号), 89-94, 1996年..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : 1,2-Dibromoethane, --- -International Programme on Chemical Safety ---, Environmental Health Criteria 177 IPCS/WHO, Geneva, (month)1996..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Linear alkylbenzene sulfonates and related compounds, --- International Programme on Chemical Safety ---, Environmental Health Criteria 169 IPCS/WHO, Geneva, (month)1996..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, T Yamagami and E Ohmura : Environmental Risk Assessment of Pesticides Using an Integrated Databese System, Abstracts of International Workshop on Chemical Safety Research, (巻), (号), (頁), Tsukuba, Jan. 1996..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, R Takei, S Shimai and S Sugimori : Risk Communication on Consumer Chemical Products, Abstracts of International Workshop on Chemical Safety Research, (巻), (号), (頁), Tsukuba, Jan. 1996..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 中村 幸ニ, 吉田 紀久雄 : 農薬の環境動態予測へのPRZMモデルのわが国での適用, 日本農薬学会第21回大会, (巻), (号), (頁), 1996年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学品の安全使用と管理のためのリスクコミュニケーション, 学術会議安全工学研連第26回安全工学シンポジウム, (巻), (号), (頁), 1996年10月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学品の安全使用と管理のためのリスクコミュニケーション, 学術会議安全工学研連第26回安全工学シンポジウム, (巻), (号), (頁), 1996年10月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 杉森 伸吉, 安部 明美, 鬼武 一夫, 島井 哲史, 武井 玲子 : 化学品リスクの認知と行動についてのアンケートの解析, 日本リスク研究学会第9回研究発表会, (巻), (号), (頁), 1996年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 農薬の環境動態予測へのPRZMモデルのわが国での適用と基礎となるデータベースの整備について, 特別研究「環境調和型水田雑草制御技術の開発」推進のための雑草の発生·生育と除草剤の動態モデルに関する研究会, (巻), (号), (頁), 1996年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションー家庭用品の安全性, 日本病院薬剤師会雑誌, Vol.32, No.12, 49-51, 1996年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションーこれまでの問題と今後のありかた, リスクアセスメント·システム調査セミナー, (巻), (号), (頁), 1996年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションー今求められること, 21世紀フォラム, Vol.64, (号), 20-23, 1997年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : "化学物質安全性情報整備"および"化学物質安全性情報提供機関一覧"「化学物質と環境リスク」環境庁リスク対策研究会監修, 化学工業日報社, 東京, 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスク評価を万人に生かすことを目指してーリスク評価の国際的推進へのIPCSの活動, The Journal of Toxicological Sciences, Vol.22, No.1, 35-43, 1997年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションに関する最近の動向, 日本リスク研究学会誌, Vol.8, No.1, 89-95, 1997年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションはどうあるべきか?, 第14回環境庁環境科学セミナー, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 河島 律子, 三谷 泰代, 武藤 早紀子, 山上 毅 : 農薬の環境中生物への影響データベースの作成と生態リスク評価, 日本農薬学会第22回大会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 農薬の安全性評価データ集 第2版, エル·アイ·シー出版, 東京, 1997年5月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 林 裕造 : リスクコミュニケーション,前進への提言, 化学工業日報社, 東京, 1997年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質のリスクアセスメントー現状と問題点ー, --- 3 リスクアセスメントの実際「情報の検索と評価」 ---, 薬業時報社, 東京, 1997年9月..[著者] ...
閲覧 池田 三郎, 関澤 純, 広瀬 弘忠, 酒井 泰弘, 盛岡 通, 内山 巌雄 : 高度技術社会における環境リスクの社会的な管理手法, 日本リスク研究学会第10回研究発表会, (巻), (号), (頁), 1997年11月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Health and Ecological Risk Assessment for Organotin Pollution in Japan, SETAC 18th Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Nov. 1997..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : わが国の有機錫汚染による健康および,環境影響リスクの評価, 国立医薬品食品衛生研究所報告, Vol.116, (号), 126-131, 1998年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションの目的と基本要件, 化学物質と環境, Vol.27, (号), 4-7, 1998年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションー今求められること, 21世紀フォラム, Vol.64, (号), 20-23, 1998年..[著者] ...
閲覧 池田 正之, 川島 邦夫, 関澤 純, 高仲 正, 林 裕造, 藤森 観之助 : 食品中の残留農薬における毒性評価の原則, 日本食品衛生協会, 東京, 1998年(0月)..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションの基本と目的, (誌名), (巻), (号), (頁), 1998年2月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Risk Information and Uncertainty Analysis Using Database on Chemical Risk, The first Japan-China Joint Workshop on Environmental Risk Analysis, (巻), (号), (頁), Tsukuba, March 1998..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大屋 幸江 : 農薬の安全性評価における不確実性要因の解析, 日本農薬学会第23回大会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品安全性辞典, 共立出版株式会社, 東京, 1998年8月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : わが国の有機すず汚染のリスク評価, 第4回バイオアッセイ研究会·日本環境毒性学会合同研究発表会, (巻), (号), (頁), 1998年9月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大屋 幸江 : 日常摂取する植物由来ホルモン物質の役割,日本人におけるリスクとベネフィットの評価, 第4回バイオアッセイ研究会,日本環境毒性学会合同研究発表会, (巻), (号), (頁), 1998年9月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : ダイオキシンと環境ホルモン, --- 1章 日本化学会編ダイオキシンと環境ホルモン-問題の広がりと対応のありかた ---, 株式会社 東京化学同人, 東京, 1998年11月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Uncertainty Analysis Using Database on Chemical Risk, The First China-Japan Conference on Risk Assessment and Management, (巻), (号), (頁), Beijing, Nov. 1998..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションー何が必要なのか, 第41回油化学入門講座, (巻), (号), (頁), 1998年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大屋 幸江 : 植物エストロゲン物質の日本人における定量的リスク·ベネフィット解析, 第1回日本内分泌撹乱化学物質学会研究発表会, (巻), (号), (頁), 1998年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーション 共存へのカギをにぎる情報と意見の交換, 化学 CHEMISTRY 別刷, Vol.54, No.1, 27-30, 1999年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : ミニ解説(International Programme on Chemical Safety:国際化学物質安全性計画), 食品衛生学雑誌, Vol.40, (号), J399-J400, 1999年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質·環境問題のリスクコミュニケーション, 環境情報科学, Vol.28, No.2, 13-19, 1999年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質のリスクコミュニケーションを進展させるために, 化学と工業, Vol.52, No.5, 64-66, 1999年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質リスクコミュニケーションー問題点と今後のあり方, 日本学術会議50周年記念ー第14回環境工学連合講演会講演論文集, (巻), (号), 49-51, 1999年..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Triphenyltin Compounds, --- Concise Internarional Chemical Assessment Document No13 ---, International Programme on Chemical Safety/World Health Organization, Geneva, (month)1999..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質リスク評価の最前線ーダイオキシンと環境ホルモンのリスク評価と今後の課題, 化学と生物, Vol.37, No.5, 292-294, 1999年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションについてー化学物質の安全確保に果たす情報の共有と意見の交換の役割ー, (誌名), (巻), (号), (頁), 1999年5月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質の環境へのリスク評価, 日本環境毒性学会「生態影響と評価に関するセミナー'99」, (巻), (号), (頁), 1999年7月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, K Imai and Y Ohya : Uncertainty Analysis of Dioxin Toxicityits Implication to Human Risk Assessment, Dioxin '99 19th International Symposium on Halogenated Environmental Organic Pollutants and POPs, (巻), (号), (頁), Venice, Sep. 1999..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 現代の汚染レベルをどう考えるか, ダイオキシン問題を考える兵庫県シンポジウム, (巻), (号), (頁), 1999年9月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Integrated Approach for the Risk Assessment on Chemicals Casestudies on Endocrine Disruptors, 2nd Pan Pacific Conference on Pesticide Science, (巻), (号), (頁), Hawaii, Oct. 1999..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大屋 幸江 : 植物エストロゲン物質の日本人の健康への定量的リスク·ベネフィット解析, 日本リスク研究学会誌, Vol.11, No.1, 75-82, 1999年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 内分泌攪乱化学物質のリスク評価における統合的なリスク評価へのアプローチ, 日本リスク研究学会第12回研究発表会, (巻), (号), (頁), 1999年11月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Benchmark dose Estimation for Reproductive and Developmental Effects of Dioxins., 日本内分泌撹乱化学物質学会第2回研究発表会, (巻), (号), (頁), Dec. 1999..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションとは何か, 日本リスク研究学会「これからのリスクコミュニケーションセミナー」, (巻), (号), (頁), 1999年12月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, G Suter, T Vermeire and W Munns : An Example of Integrated Approach for Health and Environmental Risk Assessment, Case of Organotin Compounds. The 3rd IWA Specialized Conference on Hazard Assessment and Control of Environmental Contaminants-ECOHAZARD'99, (巻), (号), (頁), Otsu, Dec. 1999..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 統合的リスク評価とリスク対応, 第4回西日本環境ホルモン研究会, (巻), (号), (頁), 1999年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションと情報公開, 環境技術, Vol.29, No.10, 52-57, 2000年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 環境管理におけるリスク·コミュニケーション, 水環境学会誌, Vol.23, No.7, 406-441, 2000年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学産業と国民生活ー食品産業に求められる課題, 水産·食料研究会会報, Vol.97, (号), 1-19, 2000年..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, G Suter, T Vermeire and W Munns : An Example of Integrated Approach for Health and Environmental Risk Assesssment:Case of Organotin Compounds, Water Science and Technology, Vol.41, (号), 305-313, 2000..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : CICAD(国際簡潔評価文書)計画からわが国の化学物質リスク評価が学ぶこと, 国立医薬品食品衛生研究所報告, Vol.118, (号), 123-128, 2000年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 統合的リスク評価とリスク対応, --- 「環境ホルモンの総合的リスク管理」西日本環境ホルモン研究会編 ---, 環境新聞社, 東京, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションをめぐる状況の日米比較, 化学物質のリスクコミュニケーション手法講演会, (巻), (号), (頁), 2000年1月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションと情報公開, 第6回情報ネットワーク講演会, (巻), (号), (頁), 2000年1月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, G Suter and L Birnbaum : Case Study on Tributyltin and Triphenyltin Compounds - Informatioon Package, International Workshop on Integrated Risk Assessment, (巻), (号), (頁), Ispra, April 2000..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 環境リスクの評価, 環境と測定技術, Vol.27, No.5, 61-69, 2000年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質のリスクにおける不確実性の評価, 第13回日本リスク研究学会春期シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2000年6月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスク学事典 (日本リスク研究学会編), --- 第6章 リスク評価と科学と方法 ---, TBSブリタニカ, 東京, 2000年9月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質管理とリスクコミュニケーションのあり方, 高圧ガス, Vol.37, No.10, 12-17, 2000年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクの考え方ー化学物質の安全性確保におけるリスク評価とリスク管理の役割ー, リスクマネジメントセミナー, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa and S Sugimori : Risk Communication on the Problems Regarding Endocrine Disruptors and on Release of Information on Pollutant Emission from Industrial Plants, Fifth International Conference on Probabilistic Safety Assessment and Management, (巻), (号), (頁), Osaka, Nov. 2000..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 内山 厳雄, 松井 三郎 : 環境を経由した化学物質による次世代影響リスクの統合的な評価ー医薬品を例とした予備的評価と文献的考察ー, 第13回日本リスク研究学会研究発表会, (巻), (号), (頁), 2000年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 今井 清, 松木 容彦, 吉岡 義正 : 医薬品その他の生理活性物質の環境中運命と環境中生物に及ぼす影響の評価, 第14回日本動物実験代替法学会研究発表会, (巻), (号), (頁), 2000年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : IT時代における食品添加物情報ー情報提供·情報入手におけるそれぞれの役割ー, 日本食品化学学会第11回食品化学シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2000年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 環境分析とリスクコミュニケーション, 環境分析技術協議会第29回総会特別講演, (巻), (号), (頁), 2000年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 環境ホルモン物質としてのリスク評価の検討, 第3回日本内分泌撹乱化学物質学会研究発表会, (巻), (号), (頁), 2000年12月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, T Murayama and M Ngashima : Risk Communication on Edocrine Disruptors and Dioxins by News Media in Japan, 2000 Annual Meeting of the Society for Risk Analysis, (巻), (号), (頁), Arlington, Dec. 2000..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Diphenylmethane, --- Concise International Chemical Assessment Document ---, International Programme on Chemical Safety/World Health Organization, Geneva, (month)2001..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質のリスク評価における不確実性, 日本リスク研究学会誌, Vol.12, No.2, 4-9, 2001年..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 花井 荘輔, 毛利 哲夫 : 化学物質の健康リスクアセスメント, 丸善 株式会社, 東京, 2001年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 「環境ホルモン物質」についてあらためて考えてみよう, 施設と園芸, Vol.114, (号), 64-67, 2001年..[著者] ...
閲覧 大竹 千代子, 関澤 純 : Diethylstilbestrolの低用量試験での陽性反応再現性確立への提案, 第4回環境ホルモン学会研究発表会, (巻), (号), (頁), 2001年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 広瀬 明彦 : フタル酸ジエチルの健康および環境リスク評価, 第4回環境ホルモン学会研究発表会, (巻), (号), (頁), 2001年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 内分泌かく乱物質のリスクアセスメントとリスクコミュニケーション, 最新医学, Vol.57, No.2, 273-278, 2002年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質による健康のリスク評価, ケミカルエンジニアリング, Vol.47, No.2, 104-109, 2002年..[著者] ...
閲覧 井上 達, 関澤 純 : 内分泌かく乱化学物質問題の現状と今後の取組, 化学工業日報社, 東京, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションの課題, 農業と経済「食品安全性確保の考え方-リスクアナリシスとは何か」, Vol.12, No.14, 79-90, 2002年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : ダイオキシンのリスク評価の最新動向, 第7回日本水環境学会関西支部講演会, (巻), (号), (頁), 2002年1月..[著者] ...
閲覧 井上 達, 五十嵐 勝秀, 関澤 純 : 内分泌かく乱物質の作用機序からみたヒトへの健康障害, 日本医師会雑誌, Vol.127, No.2, 197-201, 2002年..[著者] ...
閲覧 大竹 千代子, 関澤 純, 杉森 伸吉, 安部 明美, 鬼武 一夫, 島井 哲史, 武井 玲子 : 化学品リスクの認知と行動についてのアンケートの解析, 日本リスク研究学会誌, Vol.13, No.2, 92-100, 2002年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質対策とレギュラトリ·サイエンス, 日本リスク研究学会誌, Vol.13, No.2, 17-22, 2002年..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa and T Matsuda : Endogenous Ligands of Arlhydrocarbon Receptor and Interaction with Dioxins, 22nd International Symposium on Halogenated Environmental Organic Pollutants and POPs, Vol.59, (号), 433-435, Barcelona, Aug. 2002..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 次世代リスク評価におけるバイオアッセイの役割, 第8回バイオアッセイ研究会·日本環境毒性研究会合同シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2002年9月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質の人への健康影響リスク, 第22回農業環境シンポジウムおよび第2回有機化合物研究会合同シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2002年9月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 東海 明宏 : シンポジウム:2002年日本リスク研究学会第15回春季シンポジウム:食の安全とリスクへの対応, 日本リスク研究学会誌, Vol.14, No.1, 3, 2002年9月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 次世代リスク評価におけるバイオアッセイの役割, 第8回バイオアッセイ研究会·日本環境毒性研究会合同シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2002年9月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Is sex ratio decline of offspring in Japan related to dioxin body burden?, e-hormone 2002 symposium, (巻), (号), (頁), New Orleans, Oct. 2002..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 高橋 美加 : AhRの内因性リガンドを考慮に入れたダイオキシンリスクの再評価, 日本内分泌かく乱物質学会, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 村山 武彦 : 食品安全のリスクコミュニケーションはいかにあるべきか, 日本リスク研究学会第15回研究発表会, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食の安全におけるリスクアナリシスの役割, ILSI Japan 第1回リスクアナリシス·ワークショップ, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 村山 武彦 : 食品安全のリスクコミュニケーションはいかにあるべきか, 日本リスク研究学会第15回研究発表会, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : シンポジウム : パネル討論, 日本リスク研究学会誌, Vol.14, No.1, 44-50, 2002年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 2002年日本リスク研究学会第15回春季シンポジウム「食の安全とリスクへの対応」, 日本リスク研究学会誌, Vol.14, No.1, 44-50, 2002年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 実験動物における吸入急性毒性値の他経路急性毒性値からの予測, 日本動物実験代替法学会, (巻), (号), (頁), 2002年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質リスクアセスメントの基礎(9)リスク評価の国際動向とわが国での課題, 日本リスク研究学会誌, Vol.14, No.1, 88-95, 2002年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 2002年日本リスク研究学会第15回春季シンポジウム「食の安全とリスクへの対応」, 日本リスク研究学会誌, Vol.14, No.1, 44-50, 2002年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクアセスメント·リスクコミュニケーションの国際動向, Environmental Mutagen Res, Vol.25, (号), 199-202, 2003年..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Diethylphthalate, --- Concise International Chemical Assessment Document ---, International Programme on Chemical Safety/World Health Organization, Geneva, (month)2003..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, G Suter and L Birnbaum : Integrated human and ecological risk assessment : a case study of tributyltin compounds, Human and Ecological Risk Assessment, Vol.9, No.1, 325-342, 2003..[著者] ...
閲覧 G Suter, T Vermeire, WR Munns and Jun Sekizawa : Framework for the integration of health and ecological risk assessment, Human and Ecological Risk Assessment, Vol.9, No.1, 281-302, 2003..[著者] ...
閲覧 G Suter, WR Munns and Jun Sekizawa : Types of integration in risk assessment and management and why they are needed, Human and Ecological Risk Assessment, Vol.9, No.1, 273-280, 2003..[著者] ...
閲覧 Y Takao, K Yamanshita, S Kohra, M Inudo, M Nagase, N Tominaga, Y Ishibashi, Jun Sekizawa, S Miyairi and K Arizono : High sensitivity analysis of indirubin by silylation using GC/MS, Journal of Health Science, Vol.49, No.1, 88-90, 2003..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 内分泌撹乱化学物質のリスクアセスメントとリスクコミュニケーション, 予防時報, Vol.212, No.2003-Winter, 6-7, 2003年1月..[著者] ...
閲覧 富永 健, 蟻川 芳子, 市村 禎二郎, 関澤 純, 渡辺 正 : 暮らしと環境科学, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2003年1月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 安全性評価 Ⅱ-5, --- 食品の安全性評価からリスクアセスメントへ進化をたどる ---, ILSI Japan, (巻), No.76, 18-25, 2003年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質の安全とリスクコミュニケーション, 安全工学, Vol.42, No.1, 36-43, 2003年..[著者] ...
閲覧 三井 沙恵, 武井 亜樹, 児島 伸枝, 高畠 亮, 松田 知成, 関澤 純, 宮入 伸一 : ダイオキシン受容体結合生を有するindirubinの酵素イムノアッセイ法の開発, 第123回日本薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Risk communication in food safty, 予防医学リスクマネジメント学会, (巻), (号), (頁), March 2003..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 厚生労働科学研究費補助金食品·化学物質安全総合研究事業「内因性リガンドの存在を前提とするダイオキシンのリスク再評価に関する研究」, --- 平成14年度 総括·分担研究報告書 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 2003年3月..[著者] ...
閲覧 Tohru INOUE, Katsuhide IGARASHI and Jun Sekizawa : Health Hazards of Endocrine-Disrupting Chemicals on Humans as Examined from the Standpoints of Their Mechanisms of Action, The Journal of the Japan Medical Association, Vol.46, No.3, 97-102, March 2003..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 環境リスクマネジメントハンドブック, --- 用量反応関係の算出 ---, 朝倉書店, 東京, 2003年6月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質とインターネット情報 第2回, --- IT化に伴う化学物質情報検索の変容 ---, 化学経済, Vol.50, No.5, 94-100, 2003年..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 織 朱實, 谷口 武俊, 土屋 智子, 早瀬 隆司, 村山 武彦 : リスクコミュニケーションの最新動向を探る, 化学工業日報社, 東京, 2003年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 健康·栄養食品アドバイザリースタッフ·テキストブック, --- 第5章 A.食品安全のリスクアナリシス ---, 第一出版, 東京, 2003年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションとその課題, 第33回安全工学シンポジウム セッション「食の安全」, (巻), (号), (頁), 2003年7月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, S Myairi and M Ema : Possible modification of DIOXIN Risk in the presence of endogenous ligands for arylhydrocarbon receptor, DIOXIN 2003, (巻), (号), 325-328, Boston, Aug. 2003..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Examination of health risks from exposure to low dose of endocrine didruptors, Society for Environmental Toxicology and Chemistry Asia Pacific Meeting 2003, (巻), (号), 286, Christ Church, Sep. 2003..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : アプローチ環境ホルモン∼その基礎と水環境における最前線∼, --- 5.2 リスク評価の試み リスク評価の考え方と実際 ---, 技報堂出版 株式会社, 東京, 2003年9月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食の安全性とリスクコミュニケーション, 食生活, Vol.97, No.10, 20-25, 2003年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質のリスク評価と対策の関係の最新動向, SAFETY EYE, Vol.14, (号), 1-7, 2003年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 農薬の安全性評価における最近の進歩, 日中学術交流20周年記念事業 第21回 熊本医学·生物科学国際シンポジウム, (巻), (号), 68, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質とリスクコミュニケーション, 環境と測定技術, Vol.30, No.10, 68-73, 2003年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質·環境食品安全のリスクコミュニケーション, 日本化学会グリーンケミストリ研究会, (巻), (号), (頁), 2003年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : インディルビンによるダイオキシン毒性の修飾, 日本内分泌かく乱化学物質学会第6回研究発表会, (巻), (号), (頁), 2003年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクアナリシスの実際, 臨床栄養, Vol.103, No.7, 788-792, 2003年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品安全と化学物質汚染, 食生活の安心·安全セミナー, (巻), (号), (頁), 2003年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 「サイエンス·メディエーター制度の推進」《食の安心·安全セミナー》, --- 食品安全と化学物質汚染 ---, サイエンス·メディエーター制度の推進」《食の安心·安全セミナー》, (巻), (号), (頁), 2003年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 意見交換による安全と安心の向上, エネルギーレビュー, Vol.24, No.2, 11-15, 2004年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 環境問題とリスクコミュニケーション, 第9回情報ネットワーク講演会「環境情報ネットワークの構築と情報の共有化」, (巻), (号), (頁), 2004年1月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 環境情報ネットワークの構築と情報の共有化, 第9回情報ネットワーク講演会, (巻), (号), (頁), 2004年1月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食のリスクとは何か, くまもと食の安全安心フォーラム, (巻), (号), 1-8, 2004年1月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食のリスクアナリシス(農薬の安全性評価における最近の進歩から), 第74回日本衛生学会総会シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2004年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 厚生労働科学研究費補助金化学物質リスク研究事業「内因性リガンドの存在を前提とするダイオキシンのリスクの再評価に関する研究」, --- 平成14∼15年度 総括研究報告書 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 2004年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 内分泌かく乱化学物質の生体影響に関する研究ー特に低用量効果·複合効果·作用機構についてー, --- 平成15年度 総括·分担研究報告書 ---, (誌名), (巻), (号), 29-33, (都市), 2004年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質とインターネット情報, 化学工業日報社, 東京, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 環境科学∼人間と地球の平和をめざして∼日本化学会編, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Low-dose effects of endocrine disruptors, (誌名), (巻), (号), (頁), Seoul(Korea), March 2004..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 最近の事件と食品安全に関するリスクコミュニケーションの課題, 日本保健物理学会 第38回研究発表会, (巻), (号), 26, 2004年4月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 最近の事件と食品安全に関するリスクコミュニケーションの課題, 日本保健物理学会第38回研究発表会, (巻), (号), (頁), 2004年4月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションの課題, 第42回原子力総合シンポジウム予稿集, (巻), (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 大多和 宏行, 安野 圭祐, 岡田 泰史, 平井 裕通 : 室内外空気汚染物質の曝露評価と地域環境への関心の推進, PRTRデータ活用セミナー, (巻), (号), (頁), 2004年6月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : A comparison between Integrated Risk Assessment and classical Health/Environmental Risk Assessment:emerging beneficical properties, Tenth International Congress of Toxicology, (巻), (号), (頁), Tampere, July 2004..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Low-dose effects of endocrine disruptors, (誌名), (巻), (号), (頁), Korea(Yonsei University.seoul), July 2004..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションとは何か, 公衆衛生, Vol.68, No.7, 508-511, 2004年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションの重要性について, 国際文化研修, Vol.12, No.2, 22-29, 2004年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品のリスクアナリシス, --- 第4章 リスクコミュニケーションとは何か ---, 株式会社 オーム社, 東京, 2004年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 環境汚染物質の健康影響はどのように評価されているか, ∼市民講演会/21世紀COE 特別セミナー∼ ハイリスク·ライフステージの化学汚染を考える, (巻), (号), 43-56, 2004年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品のリスクアナリシス∼農薬を例として∼, 食品に関するリスクコミュニケーション∼農薬のリスクアナリシス(リスク分析)に関する意見交換会∼, (巻), (号), (頁), 2004年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 新連載 リスクコミュニケーション入門①, --- リスクコミュニケーションとは ---, アクアネット, Vol.7, No.8, 70-71, 2004年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質のリスク評価とリスクコミュニケーション∼最近の国際動向を踏まえて∼, 残留農薬研究所セミナー, (巻), (号), (頁), 2004年8月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質のリスク評価とリスク管理, ソフトサイエンス社, 東京, 2004年8月..[著者] ...
閲覧 中村 友紀, 林 昭秀, 渡辺 美佳子, 山本 裕史, 宮入 伸一, 関澤 純 : ラット尿中インディルビン濃度の雌雄比較, 環境ホルモン学会第7回年次講演会, 2004年12月..[著者] ...
閲覧 妹尾 明子, 吉川 麻奈美, 山本 裕史, 関澤 純, 井藤 和人 : 河川中生物膜による界面活性剤の浄化能の評価, 環境ホルモン学会第7回年次講演会, 2004年12月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa : Chemical-Specific Adjustment Factors for Interspecies Differences and Human Variability-Guidance Document for Use of Data in Dose/Concentration-Response Assessment, (発行所), (都市), (month)2005..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質のリスク評価と管理, 環境管理, Vol.41, (号), 12-17, 2005年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 内分泌かく乱化学物質の生体影響メカニズム(低用量効果·複合効果を含む)に関する統合研究, --- 平成16年度 総括·分担研究報告書 ---, (誌名), (巻), (号), 21-37, (都市), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : ビスフェノールAの低用量影響評価データ集, --- 平成16年度厚生労働科学研究(化学物質リスク研究事業) 「内分泌かく乱化学物質の生体影響メカニズム(低用量効果·複合効果を含む)に関する総合研究」 (井上達 班長)の分担研究 「ビスフェノールAの低用量影響評価の検討と評価情報データベース作成」による研究成果 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 中村 友紀, 山本 裕史, 渡辺 美佳子, 関澤 純, 近藤 卓哉, 平井 慈恵, 河辺 聖, 鑪迫 典久 : 医薬品(fluoxetine)のヒメダカ(Oryzias latipes)に対する生物濃縮係数, 日本水環境学会第39回年次講演会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 渡辺 美佳子, 山本 裕史, 中村 友紀, 関澤 純, 近藤 卓哉, 平井 慈恵, 河辺 聖, 鑪迫 典久 : 除草剤 (molinate)のヒメダカ(Oryzias latipes)に対する生物濃縮係数, 日本水環境学会第39回年次講演会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 林 昭秀, 山本 裕史, 関澤 純 : 医薬品類の水環境中における挙動·分配, 日本水環境学会第39回年次講演会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクコミュニケーションの課題と展望, --- 特集食品安全システムはどこまで確立されたか ---, 生活協同組合研究, Vol.351, (号), 17-33, 2005年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 低用量問題ー低用量影響の生物学的蓋然性, シュプリンガー·フェアラーク東京(株), 東京, 2005年5月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 生体統御システムと内分泌撹乱, --- Ⅷ.付録 低用量問題-低用量影響の生物学的蓋然性 ---, シュプリンガー·フェアラーク東京, 東京, 2005年5月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 事例からリスクコミュニケーションの今後を考える, 環境技術, Vol.34, (号), 24, 2005年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスクアナリシスとは-リスク評価とリスク管理の接点で考える, 第14回環境化学討論会, (巻), (号), (頁), 2005年6月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 事例からリスクコミュニケーションの今後を考える,食品安全のリスクコミュニケーション, 環境技術, Vol.34, No.6, 24·444-448, 2005年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品安全のリスクコミュニケーション, 環境技術, Vol.34, No.6, 444-448, 2005年..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa and Shinsuke Tanabe : A comparison between integrated risk assessment and classical health/environmental assessment: Emerging beneficial properties, Toxicology and Applied Pharmacology, Vol.207, No.2, Supplement 1, S617-S622, 2005..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 安全はリスクの考え方をベースに身近な表示と訓練から, (誌名), (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 環境・食品安全のリスクガバナンス, (誌名), (巻), (号), (頁), 2005年9月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質のリスク評価と管理, 環境管理, Vol.41, (号), 12-17, 2005年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 内分泌撹乱化学物質による「低用量影響」の評価, フォーラム2005衛生薬学,環境トキシコロジーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 有機化学物質のリスク評価とリスク管理, --- 有害化学物質のリスク評価と低減技術講演会 ---, 有害化学物質のリスク評価と低減技術講演会, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[著者] ...
閲覧 大多和 広行, 関澤 純, 山本 裕史, 中野 武, 岡田 泰史, 平井 裕道, 山本 昇司 : 徳島大学内外の環境安全基盤構築のための化学物質曝露評価, 日本リスク研究学会第18回研究発表会講演論文集, (巻), (号), 55-62, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Yamamoto, Akihide Hayashi, Yuki Nakamura and Jun Sekizawa : Fate and Partitioning of Selected Pharmaceuticals in the Aquatic Environment, Environmental Sciences, Vol.12, No.6, 347-358, 2005..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 予防原則とは(科学的な評価と価値判断), --- 書評「予防原則」 ---, 科学, (巻), (号), 1442-1443, 2005年..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 田中 麻理, 上野 伸子 : 食品安全のリスクコミュニケーション手段としてのQ&Aサービスのあり方, 日本リスク研究学会講演論文集, Vol.19, (号), 451-456, 2006年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 化学物質の環境リスク評価, 日本化学会主催リスクコミュニケーション講座, (巻), (号), (頁), 2006年1月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品のリスクアナリシス-農薬を例として-, --- 食品に関するリスクコミュニケーション講演 ---, 中四国農政局主催, (巻), (号), (頁), 2006年2月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食のリスクを考える, 平成17年度学校保健安全研究協議会徳島県教育委員会主催, (巻), (号), (頁), 2006年2月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 内分泌かく乱化学物質の低用量影響リスクとは, 徳島医学会主催, (巻), (号), (頁), 2006年2月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 「科学」BSE-効果的仕組みつくる,農薬の基準-生涯食べても安全な値,食の安全-他国の事情にも関心を,不安解消-意見と情報の交換を, 朝日新聞関西版, (巻), (号), (頁), 2006年2月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 内分泌撹乱化学物質による低用量影響の考え方, ホルモンと臨床, Vol.54, No.3, 47-52, 2006年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食の安全とリスク分析, JA東京中央会・東京都生活協同組合連合会主催, (巻), (号), (頁), 2006年3月..[著者] ...
閲覧 鈴木 健史, 柳川 周徳, 齊藤 弘明, 高畠 亨, 宮入 伸一, 関澤 純 : AhRに高い親和性を有するインディルビンは生体内でもイサチンから生成する, 第126回日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2006年3月..[著者] ...
閲覧 神田 裕子, 清水 綾子, 建川 一朗, 齊藤 弘明, 黄 基旭, 永沼 章, 高畠 亨, 宮入 伸一, 関澤 純 : インディルビン誘導体の生体作用:グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3βならびに細胞周期におよぼす影響およびAhR活性可能の検討, 第126回日本薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月..[著者] ...
閲覧 角井 俊成, 山本 裕史, 吉川 麻奈美, 関澤 純 : 河川生物膜による直鎖アルキルベンゼンスルホン酸の浄化能の評価, 日本水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 中村 雄大, 林 昭秀, 中村 友紀, 渡辺 美佳子, 山本 裕史, 関澤 純, 平井 慈恵, 小田 重人, 鑪迫 典久, 山下 尚之 : 非ステロイド系抗炎症剤の環境動態と生態系影響評価, 日本水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 今利 哲也, 山本 裕史, 中村 友紀, 渡辺 美佳子, 関澤 純, 平井 慈恵, 小田 重人, 鑪迫 典久, 山下 尚之 : 医薬品類の生態影響評価, 日本水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 中村 友紀, 山本 裕史, 渡辺 美佳子, 関澤 純, 近藤 卓哉, 平井 慈恵, 鑪迫 典久 : 抗うつ剤の水棲生物に対する影響-pHの影響について, 日本水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 林 昭秀, 山本 裕史, 関澤 純 : 医薬品類の水環境中における挙動・分配(2), 水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 渡辺 美佳子, 山本 裕史, 中村 友紀, 関澤 純, 小塩 正朗, 平井 慈恵, 鑪迫 典久, 山下 尚之 : 防腐剤パラベン類の水環境動態と水棲生物に対する影響, 日本水環境学会第40回年次講演会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品安全における効果的なコミュニケーションとは, 平成18年食品安全行政講習会, (巻), (号), (頁), 2006年5月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 内分泌かく乱化学物質による低用量影響の蓋然性, 日本リスク研究学会春期シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年6月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食の安全とリスク, 愛媛県医師会南予地区協議会講演会, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスク学事典増補改定版, --- 第6章 6 不確実性と信頼性の評価 ---, 阪急コミュニケーションズ, 東京, 2006年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスク学事典増補改定版, --- 第7章 リスクの認知とコミュニケーション 健康リスク評価における用量ー反応評価 ---, 阪急コミュニケーションズ, 東京, 2006年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスク学事典増補改定版, --- 第6章 リスク評価の化学と方法 リスク評価に用いられるデータの信頼性,的確性,有用性の検討,評価プロセスの透明性と独立性 ---, 阪急コミュニケーションズ, 東京, 2006年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : リスク学事典増補改定版(日本リスク研究学会編), --- 第9章 1 食品安全とリスクアナリシスーBSE問題をきっかけに何が変わったか? ---, 阪急コミュニケーションズ, 東京, 2006年7月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食の情報とリスクを考える「食品安全のリスクアナリシスとは」, 保健の科学, Vol.48, No.5, 324-328, 2006年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 「環境ホルモン物質」の低用量影響を考える, 四国医学雑誌, Vol.62, No.3,4, 113-119, 2006年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品安全におけるコミュニケーションとは, 平成18年JA徳島講演会, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, Ueno Nobuko, Otsubo Hiroko and Tsuchida Syoji : A Comparative Study on Risk Perception/Communication in Food Safety between Japan and Western Countries, Society for Risk Analysis-Europe, 15th Annual Meeting, (巻), (号), (頁), Ljubljana, Sep. 2006..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食の安全と健康, 2006年後期徳島大学公開講座,「LOHASな徳島」入門講座, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 健康・栄養食品とリスクアナリシスの考え方, 2006年度栄養情報担当者研修会, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[著者] ...
閲覧 山本 裕史, 中村 雄大, 森口 茂美, 林 昭秀, 中村 友紀, 関澤 純 : 医薬品類8種の水環境中動態に関する実験的検討, 第18回環境システム計測制御学会(EICA)発表会, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品安全と健康, 都市問題研究, Vol.58, No.10, 33-44, 2006年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食の安全と安心を考える, 平成18年度徳島婦人団体連合会活動発表大会, (巻), (号), (頁), 2006年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 21世紀社会の新たな課題・リスクコミュニケーション, 徳島県自治研修2006年危機管理講座, (巻), (号), (頁), 2006年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品安全のリスクコミュニケーション手段としてのQ&Qサービスのあり方, 日本リスク研究学会 2006年度第19回研究発表会講演論文集, (巻), (号), 451-456, 2006年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品安全のリスクコミュニケーション, 日本食品化学会第19回食品化学シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年11月..[著者] ...
閲覧 Nakamura Yuki, Hiroshi Yamamoto, Jun Sekizawa, Kondo Takuya, Hirai Narisato and Tatarazako Norihisa : Accumulation and acute toxicity of fluoxetine for Japanese medaka (Oryzias latipes) in several pH conditions, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 27th Annual Meeting, Montreal, Nov. 2006..[著者] ...
閲覧 Mikako Watanabe, Hiroshi Yamamoto, Yuki Nakamura, Jun Sekizawa, Naoyuki Yamashita, Narisato Hirai, Shigeto Oda and Norihisa Tatarazako : Preliminary environmental risk assessment of butylparaben and benzylparaben, --- fate in the aquatic environment and effects on aquatic organisms ---, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 27th Annual Meeting, Montreal, Nov. 2006..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 健康・栄養食品とリスクアナリシスの考え方, 2006年度栄養情報担当者研修会, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食の安全と安心, 徳島市消費生活センター「暮らしの講座」, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, Yuki Kojima, Kyoko Mihara, Hiroshi Yamamoto, Naoko Ohta, Akane Harada, Eizi Takeda, Sinichi Miyairi, Yuki Nakamura, Yasunori Imamura, Tomomi Ikeuchi and Naoki Yamada : Urine Concentrations of Indirubin in Rats and Humans and Its Possible Interaction with Other Aryl Hydrocarbon Receptor Ligands, Organohalogen Compounds, Vol.69, No.0-088, 369-372, 2007..[著者] ...
閲覧 T Vermeire, WRJr Munns, Jun Sekizawa, G Suter and G der Kraak Van : An assessment of Integrated Risk Assessment, Human and Ecological Risk Assessment, Vol.13, No.2, 339-354, 2007..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品安全のリスク評価とリスクコミュニケーション, 徳島県公衆衛生獣医師協議会研修会, (巻), (号), (頁), 2007年1月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食の安全と安心をどう進めるか, 徳島県食品衛生指導員大会, (巻), (号), (頁), 2007年2月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 内分泌かく乱化学物質による低用量影響の蓋然性, 日本リスク研究学会誌, Vol.17, No.1, 79-84, 2007年..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食の安全と安心を考える徳島地域健康, 医療産業ネットワークフォラム, (巻), (号), (頁), 2007年3月..[著者] ...
閲覧 太田 美菜子, 田村 生弥, 山本 裕史, 関澤 純 : 徳島市近郊6河川における生物膜による自浄作用の実験的比較・検討, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 田村 生弥, 太田 美菜子, 山本 裕史, 関澤 純, 葛西 博文, 山田 登志夫 : 生態系支援コンクリートに付着する河川生物膜による直鎖アルキルベンゼンスルホン酸浄化能の評価, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 森口 茂美, 中村 雄大, 林 昭秀, 山本 裕史, 関澤 純 : 医薬品類の水環境中挙動・分配に対する物理化学的性質の影響, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 木谷 智世, 今利 哲也, 山本 裕史, 中村 雄大, 中村 友紀, 関澤 純, 鑪迫 典久 : 水棲生物3種の慢性影響を考慮した医薬品類8種の生態リスク初期評価, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 中村 雄大, 中村 友紀, 森口 茂美, 山本 裕史, 関澤 純 : 医薬品類8種の水環境中動態と環境負荷の評価, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 渡辺 美佳子, 山本 裕史, 中村 雄大, 中村 友紀, 関澤 純, 木谷 智世, 山下 尚之, 小塩 正朗, 平井 慈恵, 鑪迫 典久 : ブチルパラベンとベンジルパラベンの生態・環境リスク初期評価, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 中村 友紀, 山本 裕史, 中村 雄大, 渡辺 美佳子, 関澤 純, 森口 茂美, 木谷 智世, 山下 尚之, 鑪迫 典久 : 医薬品類8種の水環境中動態を考慮した生態・環境リスク初期評価, 第41回水環境学会年次講演会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食品安全における効果的なリスクコミュニケーションとは, 平成19年度食品安全行政講習会, (巻), (号), (頁), 2007年4月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 健康・栄養食品アドバイザリースタッフテキストブック・栄養研究所監修, --- 食品安全のリスクアナリシス国立健康 ---, 第一出版, 東京, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 機能性食品の安全性ガイドブック (津志田・梅垣・井上・村上編著 ), --- 第4章 機能性食品のリスクコミュニケーション ---, サイエンスフォーラム, 東京, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 山本 裕史, 中村 友紀, 木谷 智世, 中村 雄大, 関澤 純, 鑪迫 典久 : 非ステロイド系医薬品の生態リスク初期評価, 環境衛生工学研究, Vol.21, No.3, 71-78, 2007年..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Yamamoto, Yudai Nakamura, Yuki Nakamura, Chise Kitani, Tetsuya Imari, Jun Sekizawa, Yuji Takao, Naoyuki Yamashita, Narisato Hirai, Shigeto Oda and Norihisa Tatarazako : Initial ecological risk assessment of eight selected human pharmaceuticals in Japan, Environmental Sciences, Vol.14, No.4, 177-193, 2007..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, H. Ohtawa, Hiroshi Yamamoto, Y. Okada, T. Nakano, H. Hirai, S. Yamamoto and K. Yasuno : Evaluation of Human Health Risks From Exposures to Four Air Pollutants in the Indoor and the Outdoor Environments in Tokushima, and Communication of the Outcomes to the Local People, Journal of Risk Research, Vol.10, No.5/6, 841-851, 2007..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, Yuki Kojima, Kyoko Mihara, Hiroshi Yamamoto, Naoko Ohta, Akane Harada, Eizi Takeda, Shinichi Miyawaki, Yuki Nakamura, Yasunori Imamura, Tomomi Ikeuchi and Naoki Yamada : Urine Concentrations of Indirubin in Rats and Humans and Its Possible Interaction with Other Aryl Hydrocarbon Receptor Ligands, DIOXIN2007 International Symposium, Tokyo, Sep. 2007..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 病気予防百科 (渡邊昌,和田攻監修), --- 安全と安心のためのリスクコミュニケーション ---, (株)日本医療企画, 東京, 2007年10月..[著者] ...
閲覧 山本 裕史, 田村 生弥, 太田 美菜子, 関澤 純, 葛西 博文, 田中 基博 : 生態系支援コンクリートによる河川環境の修復, --- 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸を用いた浄化支援効果の評価 ---, 用水と廃水, Vol.49, No.11, 913-918, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 岡田 泰史, 中野 武, 藤川 弘安, 関澤 純 : 工業地帯周辺における大気中揮発性有機化合物の濃度分布と健康リスク評価, 第20回日本リスク研究学会研究発表会講演論文集, (巻), (号), 93-94, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 村山 武彦, 北野 大, 関澤 純 : PRTRデータを用いた地域対話としてのリスクコミュニケーションー埼玉県を「対象とした実験的取組み, 第20回日本リスク研究学会研究発表会講演論文集, (巻), (号), 135-136, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 藤川 弘安, 関澤 純, 内山 巌雄, 山本 裕史, 中野 武, 津田 芳見, 岡田 泰史 : 室内外空気汚染による子どもと高齢者の健康リスクに関する予備的検討, 第20回日本リスク研究学会研究発表会講演論文集, (巻), (号), 85-90, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 辻川 典文, 小池 芙美代, 関澤 純, 土田 昭司 : 食品購買時の安全性検討行動に影響を与える要因の検討, 第20回日本リスク研究学会研究発表会講演論文集, (巻), (号), 403-406, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 関澤 純, 土田 昭司, 上野 伸子, 大坪 寛子, 辻川 典文, 小池 芙美代 : 食品安全のリスクコミュニケーションとステークホルダーの役割, 第20回日本リスク研究学会研究発表会講演論文集, (巻), (号), 317-322, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 田村 生弥, 太田 美菜子, 関澤 純, 山本 裕史 : 下水道未普及地域における河川生物膜による直鎖アルキルベンゼンスルホン酸浄化作用の評価, 環境工学研究論文集, Vol.44, (号), 127-134, 2007年..[著者] ...
閲覧 Yudai Nakamura, Hiroshi Yamamoto, Shigemi Moriguchi, Akihide Hayashi and Jun Sekizawa : Effects of Physical-Chemical Properties on the Fate and Partitioning of Selected Pharmaceuticals in the Aquatic Environment, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 28th Annual Meeting, Milwaukee, WI USA, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 田村 生弥, 太田 美菜子, 関澤 純, 山本 裕史 : 下水道未普及地域における河川生物膜による直鎖アルキルベンゼンスルホン酸浄化作用の評価, 第44回環境工学研究フォーラム, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Yamamoto, Mikako Watanabe, Yoshiko Hirata, Yuki Nakamura, Yudai Nakamura, Chise Kitani, Jun Sekizawa, Masaya Uchida, Hiroshi Nakamura, Yoshihiro Kagami, Masaaki Koshio, Narisato Hirai and Norihisa Tatarazako : Preliminary Ecological Risk Assessment for Butylparaben and Benzylparaben, --- 1. Removal Efficiency in Wastewater Treatment, Acute/Chronic Toxicity for Aquatic Organisms, and Effects on Medaka Gene Expression ---, Environmental Sciences, Vol.14, No.Supplement, 73-87, 2007..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Yamamoto, Mikako Watanabe, Shota Katsuki, Yuki Nakamura, Shigemi Moriguchi, Yudai Nakamura and Jun Sekizawa : Preliminary Ecological Risk Assessment of Butylparaben and Benzylparaben, --- 2. Fate and Partitioning in Aquatic Environments ---, Environmental Sciences, Vol.14, No.Supplement, 97-105, 2007..[著者] ...
閲覧 香月 翔太, 山本 裕史, 渡辺 美佳子, 中村 雄大, 関澤 純 : 水環境中におけるパラベン類の挙動・分配, 第10回環境ホルモン学会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 平田 佳子, 渡辺 美佳子, 中村 雄大, 山本 裕史, 関澤 純, 鏡 良弘, 鑪迫 典久 : 防腐剤パラベン類による生態系への影響, 第10回環境ホルモン学会研究発表会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 Yuki Nakamura, Hiroshi Yamamoto, Jun Sekizawa, Takuya Kondo, Narisato Hirai and Norihisa Tatarazako : The effects of pH on fluoxetine in Japanese medaka (Oryzias latipes), --- Acute toxicity in fish larvae and bioaccumulation in juvenile fish ---, Chemosphere, Vol.70, No.5, 865-873, 2008..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 食の安全・安心について考えるー農薬を中心として, 2008年度徳島県農薬販売店講習会招待講演, (巻), (号), (頁), 2008年2月..[著者] ...
閲覧 関澤 純 : 今必要なリスクコミュニケーションとは, 平成19年度日本獣医師会学会年次大会市民公開シンポジウム招待講演, (巻), (号), (頁), 2008年2月..[著者] ...
閲覧 香月 翔太, 山本 裕史, 渡辺 美佳子, 中村 雄大, 関澤 純 : パラベン類の水環境中における存在濃度と残留性, 第42回日本水環境学会年会講演集, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 中村 雄大, 森口 茂美, 山本 裕史, 関澤 純 : 医薬品類8種の水環境中における挙動・分配メカニズムと構造活性相関, 第42回日本水環境学会年会講演集, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 平田 佳子, 山本 裕史, 関澤 純, 中村 雄大, 渡辺 美佳子, 鏡 良弘, 鑪迫 典久 : 防腐剤パラベン類4種の水棲生物を用いた生態リスク初期評価, 第42回日本水環境学会年会講演集, 610, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 田村 生弥, 長塩 和也, 山本 裕史, 関澤 純, 葛西 博文, 田中 基博 : 下水道未普及地域の中小河川における生活関連汚染化学物質の浄化機能の解析とモデル化, 第42回日本水環境学会年会講演集, 353, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 長塩 和也, 田村 生弥, 山本 裕史, 関澤 純, 葛西 博文, 田中 基博 : 下水道未整備地域を流域とする徳島市近郊河川の有機汚濁負荷計算ならびに環境浄化策の比較検討, 第42回日本水環境学会年会講演集, 522, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 山本 裕史, 中村 友紀, 木谷 智世, 中村 雄大, 関澤 純, 鑪迫 典久 : 非ステロイド系医薬品類8種の慢性影響を考慮した生態リスク評価, 環境衛生工学研究, Vol.22, No.1, 38-47, 2008年..[著者] ...
閲覧 山本 裕史, 中村 雄大, 森口 茂美, 関澤 純 : 医薬品類の土壌・底質への収着と電気化学的親和性, 第17回環境化学討論会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 山本 裕史, 関澤 純, 鑪迫 典久, 平井 慈恵, 石橋 弘志, 有薗 幸司 : 医薬品類・化粧品類の水棲生物に対する影響, 用水と廃水, Vol.50, No.7, 95-100, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 Jun Sekizawa, Yuki Kojima, Kyoko Mihara, Hiroshi Yamamoto, Naoko Ohta, Akane Harada, Yasunori Imamura, Tomomi Ikeuchi and Naoki Yamada : Persistent organic pollutants (POPs) research in Asia, --- Urine Concentrations of Indirubin in Rats and Humans and Its Possible Interaction with Other Aryl Hydrocarbon Receptor Ligands ---, (発行所), (都市), Aug. 2008..[著者] ...
閲覧 山本 裕史, 田村 生弥, 中村 友紀, 中村 雄大, 香月 翔太, 藤川 弘安, 長塩 和也, 平田 佳子, 関澤 純, 大谷 壮介, 山中 亮一, 上月 康則 : 美馬市木屋平を流れる一級河川穴吹川の水質, 阿波学会紀要, Vol.54, 13-22, 2008年..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Hirata, Hiroshi Yamamoto, Mikako Watanabe, Yudai Nakamura, Kaori Ikebata, Shota Katsuki, Jun Sekizawa, Yoshihiro Kagami, Narisato Hirai and Norihisa Tatarazako : Integrated ecological risk assessment of a class of preservatives, parabens, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 28th Annual Meeting, Tampa, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 Ikumi Tamura, Kazuyo Nitta, Kazuya Nagashio, Jun Sekizawa, Hirofumi Kassai, Motohiro Tanaka and Hiroshi Yamamoto : Fate and transport of contaminants in household effluent in small urban stream drainage area with no sewage service coverage, --- Construction of a simple mathematical model ---, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 28th Annual Meeting, Tampa, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Yamamoto, Yudai Nakamura, Shigemi Moriguchi, Yuki Nakamura, Yuta Honda, Ikumi Tamura, Yoshiko Hirata, Akihide Hayashi and Jun Sekizawa : Persistence and partitioning of eight selected pharmaceuticals in the aquatic environment, --- Laboratory photolysis, biodegradation, and sorption experiments ---, Water Research, Vol.43, No.2, 351-362, 2009..[著者] ...
閲覧 池幡 佳織, 山本 裕史, 新田 和代, 田村 生弥, 平田 佳子, 関澤 純, 鑪迫 典久, 中村 友紀 : 総排水毒性(WET)に対する生活関連汚染化学物質の影響の予備的検討, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 新田 和代, 山本 裕史, 田村 生弥, 関澤 純, 中尾 佑子, 今井 昭二, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博 : 新規の多機能生態系支援コンクリートによる水質浄化効果の評価, 第43回日本水環境学会年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[著者] ...
閲覧 本多 勇太, 山本 裕史, 中村 雄大, 森口 茂美, 関澤 純 : 様々な極性や官能基を有する微量汚染化学物質の土壌や底質への収着メカニズムの実験的検討, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 香月 翔太, 山本 裕史, 田村 生弥, 平田 佳子, 関澤 純, 山本 敦史 : 水環境中での防腐剤パラベン類汚染のホットスポットの存在可能性, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 平田 佳子, 山本 裕史, 田村 生弥, 池幡 佳織, 関澤 純, 鑪迫 典久 : 紫外線吸収剤の水生生物に対する生態リスク初期評価, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 田村 生弥, 山本 裕史, 新田 和代, 関澤 純, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博 : 生活関連汚染化学物質の中小河川における動態モデルの構築, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 山本 裕史, 田村 生弥, 香月 翔太, 平田 佳子, 新田 和代, 本多 勇太, 加藤 潤, 池幡 佳織, 関澤 純, 中村 友紀, 大谷 壮介, 一色 圭佑, 山中 亮一, 上月 康則 : 美馬市美馬町の河川と池沼の水質, 阿波学会紀要, Vol.55, 13-22, 2009年..[著者] ...
閲覧 Ikumi Tamura, Yoshiko Hirata, Masayo Nishida, Jun Sekizawa, Yutaka Kameda, Kumiko Kimura and Hiroshi Yamamoto : Occurrence and ecotoxicological assessment of triclosan in a small urban stream with no sewage service coverage, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 30th Annual Meeting, New Orleans, Nov. 2009..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Hirata, Hiroshi Yamamoto, Ikumi Tamura, Jun Sekizawa, Yutaka Kameda, Kumiko Kimura, Yoshihiro Kagami and Norihisa Tatarazako : Ecological Risk Assessment of Major UV Filters Using Various Aquatic Organisms, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 30th Annual Meeting, New Orleans, Nov. 2009..[著者] ...
閲覧 田村 生弥, 新田 和代, 駕田 啓一郎, 中尾 佑子, 今井 昭二, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博, 関澤 純, 山本 裕史 : 多機能生態系支援コンクリートによる水質浄化効果の評価, 第46回環境工学研究フォーラム講演集, Vol.46, 53-55, 2009年..[著者] ...
閲覧 田村 生弥, 新田 和代, 駕田 啓一郎, 中尾 佑子, 今井 昭二, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博, 関澤 純, 山本 裕史 : 多機能生態系支援コンクリートによる水質浄化効果の評価, 土木学会環境工学委員会第46回環境工学研究フォーラム, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 平田 佳子, 山本 裕史, 田村 生弥, 池幡 佳織, 西田 昌代, 関澤 純, 亀田 豊, 木村 久美子, 鏡 良弘, 鑪迫 典久 : 紫外線吸収剤の水生・底生生物に対する慢性影響と下水道未整備地域における生態リスク評価, 第44回日本水環境学会年会, 111, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 田村 生弥, 新田 和代, 平田 佳子, 山本 敦史, 関澤 純, 山本 裕史 : 下水道未整備地域を流れる小河川における生活関連汚染物質の動態解明と濃度簡易予測モデルの構築, --- 徳島市冷田川を例として ---, 環境化学, Vol.20, No.4, 339-349, 2010年..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.47, Max(EID) = 383309, Max(EOID) = 1024540.