『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 勝藤 和子

登録情報の数

有効な情報: 31件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 32件

全ての有効な情報 (31件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 専門学校 穴吹カレッジ …(1)
閲覧 閲覧 国際協力事業団 …(12)
閲覧 閲覧 全国英語教育学会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 鳴門教育大学 …(4)
閲覧 閲覧 University of Hawaii at Manoa …(8)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 加藤 清方, 内海 成治, 山城 吉徳, 勝藤 和子 : 日本語研修ビデオライブラリー, 国際協力事業団, (巻), (号), (頁), 1986年1月..[著者] ...
閲覧 内海 成治, 勝藤 和子 : 海外研修員のための視聴覚技術コースの評価の要因, 第23回日本視聴覚教育学会発表要綱, (巻), (号), (頁), 1986年10月..[著者] ...
閲覧 大隅 紀和, 勝藤 和子 : OIC視聴覚技術コース研修員のバックグラウンドと構想·企画力との関係, 電気通信学会教育工学研究会発表要綱, (巻), (号), (頁), 1986年11月..[著者] ...
閲覧 大隅 紀和, 勝藤 和子 : OIC視聴覚技術コース研修員のバックグラウンドと構想·企画力との関係, 電子通信学会技術研究報告書, Vol.86, No.239, 51-54, 東京, 1986年11月..[著者] ...
閲覧 大隅 紀和, 勝藤 和子 : 沖縄国際センター視聴覚技術コースカリキュラム開発と試行, 第11回科学教育学会発表要綱, (巻), (号), (頁), 1987年8月..[著者] ...
閲覧 加藤 清方, 内海 成治, 山城 吉徳, 勝藤 和子 : 日本語ビデオの開発と評価, 第24回日本視聴覚教育学会発表要綱, (巻), (号), (頁), 1987年10月..[著者] ...
閲覧 内海 成治, 勝藤 和子 : 海外研修員のための視聴覚技術コースの評価の要因(2), 第24回日本視聴覚教育学会発表要綱, (巻), (号), (頁), 1987年10月..[著者] ...
閲覧 久保田 賢一, 山城 吉徳, 勝藤 和子 : ビデオ制作のための教材パッケージ開発, 第25回日本視聴覚教育学会発表要綱, (巻), (号), (頁), 1988年9月..[著者] ...
閲覧 上原 盛文, 山城 吉徳, 勝藤 和子 : 海外研修員のための視聴覚技術コースの評価の要因(3), 第25回視聴覚教育学会発表要綱, (巻), (号), (頁), 1988年9月..[著者] ...
閲覧 久保田 賢一, 勝藤 和子 : 海外からの受け入れ研修員の追跡調査, 第4回日本教育工学会発表要綱, (巻), (号), 609-610, 1988年10月..[著者] ...
閲覧 内海 成治, 勝藤 和子, 松永 正英 : 帰国研修員フォローアップ調査の分析, 帰国研修員フォローアップ報告書, Vol.1, No.1, 61-85, 東京, 1988年11月..[著者] ...
閲覧 Seiji Utsumi, Yoshinori Yamashiro and Kazuko Katsufuji : Handbook for Slide and Video Production, Japan International Cooperation Agency, Tokyo, March 1989..[著者] ...
閲覧 Kazuko Katsufuji : Training Media Producers with Limited Resources, Proceedings, Symposium on Educational Broadcasting in Asia and the Pacific Region 1989 at SEAMEO, (巻), (号), 173-175, Singapore, March 1989..[著者] ...
閲覧 勝藤 和子 : 視聴覚技術研修の持つインパクトと今後の課題, 日本教育工学会第5回大会要綱, (巻), (号), 297-298, 1989年10月..[著者] ...
閲覧 勝藤 和子 : 沖縄国際センターにおける視聴覚技術コースの実施と今後の課題, 日本音響学会誌, Vol.45, No.12, 979-982, 1989年..[著者] ...
閲覧 上原 盛文, 大隅 紀和, 内海 成治, 久保田 賢一, 勝藤 和子 : パソコン通信を利用した帰国研修員のための支援活動についての基礎的研究, 電気通信普及財団研究調査報告書, (巻), No.4, 368-375, 東京, 1990年2月..[著者] ...
閲覧 Norikazu Osumi, Yoshimasa Sato, Hirozumi Katsufuji and Kazuko Katsufuji : Consideration on a Learning Model and Several Study of Japanese Word-processing Practice, International Conference on Multimedia and Training '91 Proceedings, (巻), (号), 185-190, Tokyo, Sep. 1991..[著者] ...
閲覧 Kazuko Katsufuji : Language Transfer and Discourse Constraints of the English Dative Alternation, The 8th Annual HATESL-LSH Conference, (巻), (号), (頁), Honolulu, Sep. 1997..[著者] ...
閲覧 Bley-Vroman Robert and Kazuko Katsufuji : Syntactic Structure and Information Structure in the Acquisition of the English Dative Alternation by Speakers of Japanese: Dative-Accusative and Accusative-Dative are not the Same, Generative Approaches to Second Language Acquisition '98, (巻), (号), (頁), Pittsburgh, Sep. 1998..[著者] ...
閲覧 Kazuko Katsufuji : Japanese Learners' Acquisition of Contextually Motivated English Dative Position, The 18th Annual Second Language Research Forum, (巻), (号), (頁), Honolulu, Oct. 1998..[著者] ...
閲覧 Kazuko Katsufuji : Discourse Factors and Markedness: Japanese Learners' Acquisition of the Dative Alternation, UMI Dissertaion Services, Ann Arbour, Michigan, Dec. 1998..[著者] ...
閲覧 Kazuko Katsufuji : Difference in NS's and NNS's Production and Perception: A Study of Information Order in English Dative Alternation, The 1st Annual Hawaii Language Acquisition Workshop, (巻), (号), (頁), Honolulu, Jan. 1999..[著者] ...
閲覧 Kazuko Katsufuji : The Utility of Functrionalist Approach in Japanese Speakers' Acquisition of the Dative Alternation, Shikoku English Language Education Society, (巻), No.19, 11-20, 1999..[著者] ...
閲覧 Kazuko Katsufuji : Differences in NSs' and NNSs' Production and Perception: A Study of Information Order in English Dative Alternation, University of Hawaii Working Papers in Linguistics, Vol.30, No.1, 1-9, 1999..[著者] ...
閲覧 勝藤 和子 : 日本人英語学習者と英語母語話者を対象にした誘導式作文タスクと文法性判断タスクの実施結果と一考察, 第26回全国英語教育学会北九州大会発表要綱, (巻), (号), 76, 1999年8月..[著者] ...
閲覧 Kazuko Katsufuji : The Application of a Markedness Theory to Japanese Learners' Acquisition of Discourse Factors in the Dative Alternation, University of Hawaii Working Papers in English as a Second Language, Vol.18, No.2, 1-33, 2000..[著者] ...
閲覧 Kazuko Katsufuji : The Difference between Japanese ESL Learners and L1 Speakers in Production and Perception: A Study of Information Order in the English Dative Alternation, Annual Review of English Language Education in Japan, Vol.11, No.1, 11-20, 2000..[著者] ...
閲覧 木村 裕三, 今井 裕之, 勝藤 和子, 寶積 ゆかり, 松井 かおり : 授業者の声:熟練教師の英語授業観·学習観の質的分析, 第26回全国英語教育学会広島大会発表要綱, (巻), (号), (頁), 2001年8月..[著者] ...
閲覧 Kazuko Katsufuji : Issues and Progress in Studies of English Education in Elementary School, Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.11, No.0, 83-103, 2004..[著者] ...
閲覧 Kazuko Katsufuji : Teaching Listening Comprehension for English for Academic Purposes, Hyperion, Vol.50, No.0, 43-53, 2004..[著者] ...
閲覧 勝藤 和子 : 英語与格交替文における情報構造の習得, 第30回全国英語教育学会長野研究大会発表要綱, (巻), (号), 82-83, 2004年8月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 6, LA = 1.34, Max(EID) = 382152, Max(EOID) = 1020840.