『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 東京医科歯科大学.大学院歯学研究科

登録情報の数

有効な情報: 9件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 9件

全ての有効な情報 (9件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 東京医科歯科大学 …(9)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 森山 啓司 : ラット口蓋粘膜瘢痕組織由来線維芽細胞に対する細胞成長因子の影響, 日本歯科基礎医学会誌, Vol.31, (号), 682-696, 1989年..[組織] ...
閲覧 Keiji Moriyama, Shimokawa Hitoyata, Susami T, Sasaki S and Kuroda Takayuki : Effects of growth factors on mucosal scar fibroblasts in culture - A possible role of growth factors in scar formation., Matrix, Vol.11, (号), 190-196, 1991..[組織] ...
閲覧 須佐美 隆史, 本橋 信義, 馬場 祥行, 宇治 正光, 森山 啓司, 天顔 俊泉, 青山 欣也, 相川 佐保子, 黒田 敬之 : Hemifacial microsomiaの顎態,咬合様式の検討, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.50, No.2, 87-99, 1991年..[組織] ...
閲覧 宇治 正光, 本橋 信義, 須佐美 隆史, 馬場 祥行, 森山 啓司, 重田 浩, 馬 蓉蓉, 山本 真, 黒田 敬之 : 片側性口唇裂口蓋裂患者上顎歯列弓拡大による歯槽弓の変化, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.51, (号), 233-243, 1992年..[組織] ...
閲覧 Yutaka Doi, Takashi Horiguchi, Seug-Hyo Kim, Yutaka Moriwaki, Nobukazu Wakamatsu, Masanori Adachi, Kyomi Ibaraki, Keiji Moriyama, Satoshi Sasaki and Hitoyata Shimokawa : Effects of non-collagenous proteins on the formation of apatite in calcium beta-glycerophosphate solutions, Archives of Oral Biology, Vol.37, No.1, 15-21, 1992..[組織] ...
閲覧 森山 啓司, 本橋 信義, 須佐美 隆史, 馬場 祥行, 宇治 正光, 吉野 博子, 馬 蓉蓉, 山本 真, 黒田 敬之 : 唇顎口蓋裂患者の外科的矯正治療, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.18, (号), 181-193, 1993年..[組織] ...
閲覧 馬場 祥行, 須佐美 隆史, 宇治 正光, 森山 啓司, 馬 蓉蓉, 山本 真, 本橋 信義, 黒田 敬之 : 片側性口唇口蓋裂患者における歯科矯正治療後の歯·歯槽弓の相対的位置関係, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.54, No.5, 311-319, 1995年..[組織] ...
閲覧 Keiji Moriyama, P Williams, M Niewolna, R M Dallas, Y Uehara, R G Mundy and Takayuki Kuroda : Herbimycin A, a tyrosine kinase inhibitor, impairs hypercalcemia associated with a human squamous cancer producing interleukin-6 in nude mice, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.11, No.7, 905-911, 1996..[組織] ...
閲覧 Masahiko Yokozeki, Keiji Moriyama, Shimokawa Hitoyata and Takayuki Kuroda : Transforming growth factor- beta 1 modulates myofibroblastic phenotype of rat palatal fibroblasts in vitro, Experimental Cell Research, Vol.231, No.2, 328-336, 1997..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.49, Max(EID) = 384040, Max(EOID) = 1027378.