『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 東北大学.理学研究科

登録情報の数

有効な情報: 22件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 22件

全ての有効な情報 (22件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 東北大学 …(22)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Chad Shaw, Nancy Van Driessche, Miroslava Ibarra, Sujata Sharma, Engi Okyay, Takahiro Morio, Mariko Katoh, Hideko Urushihara, Yoshimasa Tanaka, Junji Chida, Aiko Amagai, Yasuo Maeda, Dana Mahadeo, David Cotter, Adam Kusupa and Gad Shaulsky : Beyond development: transcriptional profiling of the Dictyostelium cell cycle, spore germination and de-differentiation., 15th Annual International Dictyostelium Conference, (巻), (号), (頁), Sicilla, Sep. 2002..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 雨貝 愛子, 田中 雅嗣, 前田 靖男 : 発生研究のシステムとしての細胞性粘菌 mt ゲノム欠損株の有用性, 第15回 日本植物学会支部大会, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 雨貝 愛子, 田中 雅嗣, 前田 靖男 : 発生研究モデルとしての細胞性粘菌ミトコンドリアゲノム欠損株の有用性, 第2回 日本ミトコンドリア学会, (巻), (号), (頁), 2002年12月..[組織] ...
閲覧 森尾 貴広, Chad Shaw, 千田 淳司, Nancy Van Driessche, 加藤 真理子, Miroslava Ibarra, Sujata Sharma, Engi Okyay, 雨貝 愛子, 漆原 秀子, Adam Kusupa, 前田 靖男, Gad Shaulsky : 細胞性粘菌の細胞周期における遺伝子発現プロファイルの解析, 第5回 細胞性粘菌研究会, (巻), (号), (頁), 2003年3月..[組織] ...
閲覧 Junji Chida, Hitomi Yamaguchi, Aiko Amagai and Yasuo Maeda : Contributions of mitochondrial DNA to cell differentiation and pattern formation in Dictyostelium development., 16th Annual International Dictyostelium Conference, (巻), (号), (頁), Melbourne, July 2003..[組織] ...
閲覧 Junji Chida, Aiko Amagai and Yasuo Maeda : Validity of Dictyostelium mitochondrial DNA-less cells for elucidating the regulatory mechanisms of development., Journal of Plant Research, Vol.116, (号), 149-150, 2003..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 山口 ひとみ, 雨貝 愛子, 前田 靖男 : Dictyostelium discoideum の分化・形態形成における mtDNA の多面的な機能, 第67回 日本植物学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年9月..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 山口 ひとみ, 雨貝 愛子, 前田 靖男 : 分化・パターン形成の制御における mtDNA の必要性, --- ρΔ 細胞を用いた解析 ---, 第15回 日本植物形態学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年9月..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 永井 大樹, 前田 靖男, 浅井 圭介 : 酸素消光を利用した生体組織内におけるモルフォゲン分布パターンの可視化法の確立, 第31回 可視化情報学会, (巻), (号), (頁), 2003年11月..[組織] ...
閲覧 Kou-ichi Hosoya, Aiko Amagai, Junji Chida and Yasuo Maeda : Unique behavior and function of the mitochondrial ribosomal protein S4 (RPS4) in early Dictyostelium development., Zoological Science, Vol.20, No.12, 1455-1465, 2003..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 山口 ひとみ, 雨貝 愛子, 前田 靖男 : 細胞性粘菌の分化統御面における mtDNA の多面的な機能, 第16回 日本植物支部大会, (巻), (号), (頁), 2003年12月..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 山口 ひとみ, 雨貝 愛子, 前田 靖男 : Mitochondrial genome DNA (mtDNA) is required for normal development of Dictyostelium discoideum cells., 第6回 細胞性粘菌研究会, (巻), (号), (頁), 2004年3月..[組織] ...
閲覧 Junji Chida, Hitomi Yamaguchi, Aiko Amagai and Yasuo Maeda : The necessity of mitochondrial genome DNA for normal developmental of Dictyostelium cells., Journal of Cell Science, Vol.117, No.Pt 15, 3141-3152, 2004..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 田中 雅嗣, 雨貝 愛子, 前田 靖男 : ミトコンドリア遺伝子の機能解析を実現するシステムの確立, --- 細胞性粘菌を用いた研究 ---, 第17回 日本植物支部大会, (巻), (号), (頁), 2004年12月..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 田中 雅嗣, 雨貝 愛子, 前田 靖男 : 粘菌細胞の分化・パターン形成におけるミトコンドリア遺伝子 (mtDNA) の重要性, 第38回 日本発生生物学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年6月..[組織] ...
閲覧 Junji Chida, Masashi Tanaka, Aiko Amagai and Yasuo Maeda : Establishment of a system for elucidating precisely the function of individual mitochondrial genes., 18th Annual International Dictyostelium Conference, (巻), (号), (頁), Lyon, Aug. 2005..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 田中 雅嗣, 雨貝 愛子, 前田 靖男 : MtDNA による増殖/分化の統御, --- 細胞性粘菌の発生系を用いた研究 ---, 第69回 日本植物学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年9月..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 田中 雅嗣, 雨貝 愛子, 前田 靖男 : 細胞性粘菌を用いた研究で明らかになったミトコンドリアの多彩な機能, 第8回 細胞性粘菌研究会, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[組織] ...
閲覧 千田 淳司, 永井 大樹, 瀧浦 晃基, 雨貝 愛子, 前田 靖男, 浅井 圭介 : 粘菌の細胞集団における酸素圧の部域的差異, --- 光学的酸素センサーによる可視化と分化との相関 ---, 第8回 細胞性粘菌研究会, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[組織] ...
閲覧 Junji Chida, Masashi Tanaka, Aiko Amagai and Yasuo Maeda : Unexpected and novel functions of mitochondria, revealed by Dictyostelium cells., International Conference on Mitochondria and Life 2005, (巻), (号), (頁), Tokyo, Dec. 2005..[組織] ...
閲覧 Junji Chida, Masashi Tanaka, Aiko Amagai and Yasuo Maeda : A new approach to disrupt certain mitochondrial genes in Dictyostelium cells., International Conference on Mitochondria and Life 2005, (巻), (号), (頁), Tokyo, Dec. 2005..[組織] ...
閲覧 前田 靖男, 千田 淳司, 平田 香, 森田 強, 山口 ひとみ, 雨貝 愛子 : 細胞性粘菌を用いた研究で明らかになったミトコンドリアの多彩な機能, 第18回 日本植物支部大会, (巻), (号), (頁), 2005年12月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.42, Max(EID) = 371502, Max(EOID) = 992136.