『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 久山 哲廣

登録情報の数

有効な情報: 6件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 6件

全ての有効な情報 (6件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 (未定義) …(2)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Tetsuhiro Hisayama : Interleukin1 triggered signal transduction mechanisms involved in gene expression of iNOS and suppression of its messenger RNA degradation, Naunyn-Schmiedeberg's Arch Pharmacol, Vol.358, No.1, 232, 1998..[著者] ...
閲覧 Tetsuhiro Hisayama, Mika Inomoto, Yukari Hioki and Hiroyuki Fukui : Identification of PKC isozymes and effect of knockdown of PKC alpha by antisense oligodeoxynucleotide on iNOS expression via interleukin-1 receptor in vascular smooth muscle cells., Folia Pharmacologica Japonica, Vol.114, No.1, 86-91, 1999..[著者] ...
閲覧 Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Yuki Suzaki, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Tetsuhiro Hisayama, Hiroyuki Fukui and Toshiaki Tamaki : Effect of endothelin-1(1-31) on human mesangial cell proliferation, The Japanese Journal of Pharmacology, Vol.84, No.2, 146-155, 2000..[著者] ...
閲覧 Tetsuhiro Hisayama, Tatsuhiro Onki and Hiroyuki Fukui : Involvement of MAP kinase in expression of inducible nitric oxide synthase gene by proinflammatory cytokine interleukin-1., Folia Pharmacologica Japonica, Vol.118, No.1, 94-98, 2001..[著者] ...
閲覧 久山 哲廣, 篠原 靖幸, 福井 裕行 : Expression mechanisms of inducible type nitric oxide synthase gene via interleukin-1 receptor signaling, 日本薬理学雑誌, Vol.120, No.1, 76-78, 2002年..[著者] ...
閲覧 Shoji Kagami, M Urushihara, A Kitamura, S Kondo, Tetsuhiro Hisayama, M Kitamura, K Loster, W Reutter and Yasuhiro Kuroda : PDGF-BB enhances alpha1beta1 integrin-mediated activation of the ERK/AP-1 pathway involved in collagen matrix remodeling by rat mesangial cells., Journal of Cellular Physiology, Vol.198, No.3, 470-478, 2004..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 5, LA = 0.22, Max(EID) = 407758, Max(EOID) = 1104565.