『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 木原 勝

登録情報の数

有効な情報: 124件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 128件

全ての有効な情報 (124件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 日本薬学会 …(1)
閲覧 (未定義) …(107)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Kweon Kim, Yoichi Komaki, Shigeki Sano, Masaru Kihara and Motoo Shiro : One-Pot Synthesis of New 1,3-Imidazolidines Possessing Three Aryl Groups via a 1,3-, Heterocycles, Vol.38, No.3, 587-593, 1994..[著者] ...
閲覧 Masaru Kihara, Xu Lai, Konishi Keiji, Yoshimitsu Nagao and Kobayashi Shigeru : Isolation and Structure Elucidation of a Novel Alkaloid, Incartine, a Supposed Biosynthetic Intermediate, from Flowers of Lycoris incarnata, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.42, No.2, 289-292, 1994..[著者] ...
閲覧 Masaru Kihara, Ikeuchi Motoki, Kobayashi Yoshimaro, Yoshimitsu Nagao and Moritoki Hideki : Synthesis and Pharmacological Evaluation of Phenolic 2-Methyl-4-phenyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinolin-4-ols, Drug Design and Discovery, Vol.11, (号), 175-183, 1994..[著者] ...
閲覧 Masaru Kihara, Kashimoto Minoru, Kobayashi Yoshimaro, Yoshimitsu Nagao and Moritoki Hideki : New Norepinephrine Potentiators:Synthesis and Structure-Activity Relationships of a series of 4-Phenyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinolin-4-ols, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.42, No.1, 67-73, 1994..[著者] ...
閲覧 Masaru Kihara, Takashi Ozaki, Shigeru Kobayashi and Tetsuro Shingu : Alkaloidal Constituents of Leucojum autumnale L.(Amaryllidaceae), Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.43, No.2, 318-320, 1995..[著者] ...
閲覧 Masaru Kihara, Iwai Yasumasa and Yoshimitsu Nagao : A New Synthesis of 3-Substituted Indolines and Indoles, Heterocycles, Vol.41, No.10, 2279-2287, 1995..[著者] ...
閲覧 Masaru Kihara, Ikeuchi Motoki, Yoshimitsu Nagao, Moritoki Hideki and Taira Zenei : Synthesis and Enantioselectivity of Optically Active 1- and 3-Substituted 4-Phenyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinolin-4-ols and Related Compounds as Norepinephrine Potentiators, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.43, No.9, 1543-1546, 1995..[著者] ...
閲覧 Masaru Kihara, Ikeuchi Motoki and Yoshimitsu Nagao : Synthesis and Biological Evaluation of 3,4-Diphenyl-1,2-dihydroisoquinolines as a New Tamoxifen Analogue, Drug Design and Discovery, Vol.12, No.3, 259-271, 1995..[著者] ...
閲覧 山内 あい子, 木原 勝, 昆陽 朋子, 宮西 紀子, 山崎 裕康 : ラット腎ハロゲン化炭化水素-システイン抱合体β;-リアーゼの性質, 第35回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 1996年10月..[著者] ...
閲覧 木原 勝, 池内 元樹, 山内 あい子, 糠塚 守, 松本 宏, 東岡 俊之 : 乳がん細胞増殖抑制作用を有する3,4-diphenyl-1,2-dihydroisoquinoline誘導体および関連化合物の合成と構造活性相関, 第5回医薬化学部会年会, (巻), (号), (頁), 1996年11月..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, H Oketani, K Singyouchi, T Ohtubo, Masaru Kihara, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : Extraction and Purification of Effective Antimicrobial Constituents of Terminalia chebula RETS. against Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.20, (号), 401-404, 1997..[著者] ...
閲覧 Masaru Kihara, Motoki Ikeuchi, Aiko Yamauchi, Mamoru Nukatsuka, Hiroshi Matsumoto and Toshiyuki Toko : Synthesis and biological evaluation of 7-hydroxy-3,4-diphenyl-1,2-dihydroquinolines as new 4-hydroxytamoxifen analogues, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.5, 939-943, 1997..[著者] ...
閲覧 丸山 茂樹, 池内 元樹, 池内 美由紀, 山内 あい子, 木原 勝 : 生物活性を有する3-ベンツアゼピン誘導体の合成, 日本薬学会第117年会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 李 英培, 北本 亜紀, 松永 直哉, 山内 あい子, 木原 勝 : ハロゲン化炭化水素システイン抱合体による腎上皮細胞毒性発現時のDNA断片化と核構造変化, 日本薬学会第117年会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 横田 雅之, 木原 勝, 滝口 祥令, 山内 あい子 : 学部および大学院における医療薬学教育の実践-実習カリキュラムと学生対象アンケート調査の結果-, 日本薬学会第117年会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, H Oketani, T Yamada, K Singyouchi, T Ohtsubo, Masaru Kihara, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : A Xanthanolide with Potent Antibacterial Activity against Methicillin-resistant Staphylococcus aureus., The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.49, (号), 1042-1044, 1997..[著者] ...
閲覧 合田 真規, 山内 あい子, 木原 勝, 土屋 浩一郎, 水口 和生 : 徳島大·医·病院におけるIVH処方設計支援ソフトを使用してみて, 第36回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 1997年11月..[著者] ...
閲覧 福島 真理, 坂本 充司, 山内 あい子, 木原 勝 : 乳がん細胞増殖抑制作用を有する3,4-ジフェニルイソキノリン誘導体の合成, 第36回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 1997年11月..[著者] ...
閲覧 花房 小百合, 山下 英里, 山内 あい子, 木原 勝, 上田 信彦, 内藤 真策 : N-アセチル-L-システインの体内動態と代謝, 日本薬学会第118年会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[著者] ...
閲覧 北本 亜紀, 山内 あい子, 木原 勝, 見田 秋与志, 鎌田 信彦, 李 英培 : 腎上皮細胞におけるハロゲン化炭化水素システイン抱合体による細胞毒性と核のDNA断片化, 日本薬学会第118年会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[著者] ...
閲覧 山内 あい子, 滝口 祥令, 横田 雅之, 木原 勝, 久次米 俊秀, 寺岡 和彦, 水口 和生, 高杉 益充 : 徳島大学大学院薬学研究科医療薬学専攻における初年度臨床薬学実習の評価, 日本薬学会第118年会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[著者] ...
閲覧 井沢 伸平, 福多 由佳, 岩井 靖賢, 山内 あい子, 木原 勝, 貴田 寛, 久山 哲廣 : ノルアドレナリン増強作用を有するテトラヒドロイソキノリン誘導体の合成と構造活性相関, 日本薬学会第118年会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[著者] ...
閲覧 喜田 久美子, 松下 陽子, 岩井 靖賢, 山内 あい子, 木原 勝 : 有機金属試薬を用いる新規二量化反応の開発, 第37回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 1998年10月..[著者] ...
閲覧 花房 小百合, 山下 英里, 山内 あい子, 木原 勝, 原田 大輔, 上田 信彦, 内藤 真策 : N-アセチル-L-システイン脱アセチル化酵素の臓器分布と種, 第37回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 1998年10月..[著者] ...
閲覧 北本 亜紀, 板東 理恵, 山内 あい子, 木原 勝, 李 英培 : 培養腎上皮細胞におけるハロゲン化炭化水素システイン抱合体による細胞毒性発現とアポトーシス, 第37回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 1998年10月..[著者] ...
閲覧 北本 亜紀, 板東 理恵, 山内 あい子, 木原 勝, 李 英培 : ハロゲン化炭化水素による腎上皮細胞毒性の発現とアポトーシスの誘導, 徳島生物学会第102回総会, (巻), (号), (頁), 1998年12月..[著者] ...
閲覧 Masaru Kihara, Junichi Andoh and Chiaki Yoshida : Stereoselective Intermolecular Hydiride Shift Mecahnism of the New Reduction of Benzylic Alcohols with Acid, Heterocycles, Vol.48, No.12, 2473-2476, 1998..[著者] ...
閲覧 花房 小百合, 山下 英里, 山内 あい子, 木原 勝, 上田 信彦, 内藤 真策 : 哺乳類におけるN-アセチル-L-システイン脱アセチル化酵素の種差と臓器分布, 日本薬学会第119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[著者] ...
閲覧 佐々木 健一, 中野 志保, 武市 佳己, 篠原 ルミ, 山内 あい子, 木原 勝, 清水 英治, 曾根 三郎 : 非小細胞肺癌患者における化学療法の臨床成績と患者由来肺癌細胞培養系における抗癌剤感受性の相関について, 日本薬学会第119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[著者] ...
閲覧 北本 亜紀, 板東 理恵, 山内 あい子, 木原 勝, 李 英培 : 腎上皮細胞培養系におけるハロゲン化炭化水素による細胞障害とアポトーシスの発現, 日本薬学会第119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[著者] ...
閲覧 山下 英里, 鎌田 名月, 山内 あい子, 木原 勝, 上田 信彦, 内藤 真策 : 腎尿細管上皮細胞におけるN-アセチル-L-システインの輸送機構, 第38回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 1999年10月..[著者] ...
閲覧 板東 理恵, 高田 友美, 山内 あい子, 木原 勝, 李 英培 : 近位および遠位尿細管細胞におけるハロゲン化炭化水素による毒性発現の比較, 第38回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 1999年10月..[著者] ...
閲覧 Nobuhiko Ueda, Aiko Yamauchi, Masaru Kihara and Shinsaku Naito : Biotransformation of N-acetyl-L-cysteine:Tissue distribution and species difference of its deacetylation, Drug Metabolism Reviews, Vol.32, No.suppl2, 271, 2000..[著者] ...
閲覧 佐々木 健一, 生田 賢治, 山内 あい子, 木原 勝, 清水 英治 : 非詳細某肺癌培養細胞の抗癌剤感受性と多剤耐性関連蛋白質の発現, 日本薬学会第120年会, (巻), (号), (頁), 2000年3月..[著者] ...
閲覧 海東 千明, 山本 修平, 山内 あい子, 木原 勝 : α-アドレナリン遮断作用を有する工学活性名ジベンツアゾシン誘導体の合成, 日本薬学会第120年会, (巻), (号), (頁), 2000年3月..[著者] ...
閲覧 海東 千明, 山本 修平, 山内 あい子, 木原 勝 : 乳ガン細胞増殖抑制作用を有する3-ベンツアゼピン誘導体の合成, 日本薬学会第120年会, (巻), (号), (頁), 2000年3月..[著者] ...
閲覧 上田 信彦, 山内 あい子, 木原 勝, 浜村 政夫, 内藤 真策 : N-Acetyl-L-Cysteineの体内分布と脱アセチル化酵素の臓器分布, 日本薬学会第120年会, (巻), (号), (頁), 2000年3月..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Shiho Suzaki, Takako Nishikawa, Masaru Kihara, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : Phytochemical flavones isolated from Scutellaria barbata and antibacterial activity against methicillin-resistant Staphylococcus aureus., Journal of Ethnopharmacology, Vol.72, No.3, 483-488, 2000..[著者] ...
閲覧 竹内 隆文, 蔵本 和彦, 山内 あい子, 木原 勝 : 多剤併用の肝·腎機能に及ぼす影響 -臨床検査値からの評価-, 第10会日本病院薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 Nobuhiko Ueda, Aiko Yamauchi, Masaru Kihara and Shinsaku Nito : Biotransformation of N-acetyl-L-cysteine: tissue distribution and species difference of its deacetylation, 10th North American ISSX Meeting, (巻), (号), (頁), Indianapolis, Oct. 2000..[著者] ...
閲覧 石井 真吾, 武本 有子, 山内 あい子, 木原 勝 : 双方向性薬物催奇形性データベース·システムの構築, 第39回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 松下 陽子, 坂本 充司, 石井 一也, 生田 雅子, 山内 あい子, 木原 勝 : 薬理活性を有する4-Hydroxy-4-phenyl-1,2,3,4,-tetrahydroquinoline誘導体の合成, 第39回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 Masaru Kihara, Junichi Andoh and Chiaki Yoshida : New Reduction Reaction of Benzylic Alcohols with Acid and Proof of the Intermolecular Hydride Shift Mechanism, Heterocycles, Vol.53, No.2, 359-372, 2000..[著者] ...
閲覧 板東 理恵, 石井 美里, 小野田 陽子, 李 英培, 山内 あい子, 木原 勝 : ハロゲン化炭化水素による腎尿細管細胞のアポトーシスとミトコンドリア毒性, 日本薬学会第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月..[著者] ...
閲覧 村上 涼香, 坂本 充司, 前田 育, 山内 あい子, 木原 勝 : エタノールアミン骨格を有するテトラリン誘導体の合成, 日本薬学会第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 名月, 本山 幸子, 上田 信彦, 内藤 真策, 山内 あい子, 木原 勝 : 尿細管上皮細胞におけるN-アセチル-L-システイン輸送担体に関する検討, 日本薬学会第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月..[著者] ...
閲覧 新藤 雅之, 森岡 雄二朗, 内藤 真策, 山内 あい子, 木原 勝 : ラット側脳室-大槽灌流モデルを用いた抗生物質のCSF移行性評価, 日本薬学会第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月..[著者] ...
閲覧 川崎 尚美, 山内 あい子, 木原 勝, 細野 恭平, 藤井 正美 : 食品品目別,日本人の1人1日平均喫食量の試算, 第7回日本食品化学学会総会·学術大会, (巻), (号), (頁), 2001年6月..[著者] ...
閲覧 山内 あい子, 石井 真吾, 木原 勝, 中馬 寛, 寺田 弘 : 成長型薬物催奇形性情報コミュニティの構築, 第24回情報化学討論会, (巻), (号), (頁), 2001年11月..[著者] ...
閲覧 石井 真吾, 山内 あい子, 木原 勝, 中馬 寛, 寺田 弘 : 薬物催奇形性試用データベースシステムの構築, 第24回情報化学討論会, (巻), (号), (頁), 2001年11月..[著者] ...
閲覧 生田 賢治, 竹村 佳津, 山内 あい子, 木原 勝, 清水 英治 : ヒト非小細胞肺癌細胞の抗癌剤感受性とシスプラチン核内取り込み量の相関, 第40回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2001年11月..[著者] ...
閲覧 川崎 尚美, 山内 あい子, 木原 勝, 藤井 正美 : 植物性食品における品目別,日本人の1人1日平均喫食量の試算, 第40回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2001年11月..[著者] ...
閲覧 新藤 雅之, 坂部 成也, 山内 あい子, 木原 勝, 森岡 雄二朗, 内藤 真策 : ラット脳灌流モデルを用いたセフェム系抗生物質のCSF移行性評価, 第40回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2001年11月..[著者] ...
閲覧 海東 千明, 山内 あい子, 木原 勝, 丸山 佐起子 : 乳がん細胞増殖抑制作用を有する3-ベンツアゼピン誘導体の合成, 第40回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2001年11月..[著者] ...
閲覧 Aiko Yamauchi, Nobuhiko Ueda, Sayuri Hanafusa, Eri Yamashita, Masaru Kihara and Shinsaku Naito : Tissue Distribution of and Species Differences in Deacetylation of N-Acetyl-L-Cysteine and Immunohistochemical Localisation of Acylase I in the Primate Kidney, The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.54, No.2, 205-212, 2002..[著者] ...
閲覧 川高 浩, 山内 あい子, 木原 勝 : 薬理活性を有する新規ジベンツオキサゾニン誘導体の合成, 日本薬学会第122年会, (巻), (号), (頁), 2002年3月..[著者] ...
閲覧 生田 雅子, 梁木 美幸, 松下 陽子, 山内 あい子, 木原 勝 : 4-ヒドロキシ-4-フェニルキノリン誘導体の合成と薬理活性の検討, 日本薬学会第122年会, (巻), (号), (頁), 2002年3月..[著者] ...
閲覧 竹村 佳津, 生田 賢治, 木原 勝, 清水 英治, 山内 あい子 : ヒト非小細胞肺癌細胞におけるシスプラチン取り込みと多剤排出トランスポー ターの発現, 日本薬学会第122年会, (巻), (号), (頁), 2002年3月..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Iwai, Kumiko Kita, Yoko Matsushita, Aiko Yamauchi and Masaru Kihara : New entry of coupling reaction of phenacylamine derivatives with silylstannane, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.3, 441-443, 2002..[著者] ...
閲覧 川崎 尚美, 山内 あい子, 木原 勝, 細野 恭平, 藤井 正美 : 食品品目別,日本人の1人1日平均喫食量の試算, 第8回日本食品化学学会総会·学術大会, (巻), (号), (頁), 2002年6月..[著者] ...
閲覧 山内 あい子, 藤原 崇, 木原 勝, 中馬 寛 : 薬物催奇形性試用データベースの紹介, CBI学会第3回大会, (巻), (号), (頁), 2002年9月..[著者] ...
閲覧 生田 賢治, 竹村 佳津, 山内 あい子, 木原 勝 : ヒト非小細胞肺癌細胞の抗癌剤感受性と多剤排出トランスポーターの発現, 第12回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 生田 雅子, 梁木 美幸, 山内 あい子, 木原 勝 : 4-フェニルキノリン誘導体および関連化合物のノルエピネフリン増強作用の検討, 第41回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[著者] ...
閲覧 竹村 佳津, 生田 賢治, 山内 あい子, 木原 勝, 清水 英治 : ヒト非小細胞肺癌細胞におけるシスプラチン耐性とアポトーシス, 第41回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[著者] ...
閲覧 佐藤 栄梨, 岡崎 真由美, 坂部 成也, 山内 あい子, 木原 勝, 上田 信彦, 森岡 雄二朗 : H.influenzaeによる実験的髄膜炎モデルラットの作成, 第41回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[著者] ...
閲覧 福井 伸也, 川高 浩, 山内 あい子, 木原 勝 : 新規ジベンツオキサゾニン誘導体の合成, 日本薬学会 第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月..[著者] ...
閲覧 中村 佳世, 山内 あい子, 木原 勝 : ハロゲン化炭化水素による腎細胞毒性に対するN-acetylcysteine の保護作用に関する検討, 日本薬学会 第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月..[著者] ...
閲覧 生田 賢治, 竹村 佳津, 山内 あい子, 木原 勝 : ヒト非小細胞肺癌細胞における抗癌剤感受性とアポトーシスとの関連, 日本薬学会 第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月..[著者] ...
閲覧 生田 賢治, 山内 あい子, 木原 勝 : 抗癌剤耐性ヒト非小細胞肺癌細胞におけるcisplatinによるアポトーシス誘導機構, 第13回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2003年9月..[著者] ...
閲覧 大久保 美佐緒, 河野 美代, 東 満美, 寺岡 和彦, 芳地 一, 水口 和生, 田村 祥祐, 仁木 稔, 元木 宏, 玉田 正夫, 山内 あい子, 滝口 祥令, 木原 勝, 原谷 明 : 薬学部学生の薬局実務実習についての意識調査∼薬局薬剤師および学生の立場から∼, 第36回日本薬剤師会学術大会, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 Aiko Yamauchi, Takashi Fujiwara, Masaru Kihara and Hiroshi Chuman : QSAR analysis and prediction of drug excretion into human breast milk, Fifth AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS 03), (巻), (号), (頁), Kyoto, Oct. 2003..[著者] ...
閲覧 岡崎 真由美, 佐藤 栄梨, 木原 勝, 山内 あい子, 上田 信彦, 森岡 雄二朗 : 1 6A 14 -40 実験的髄膜炎モデルラットにおけるセフェム系抗生物質のC SF動態, 第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2003年11月..[著者] ...
閲覧 原田 恵, 福井 伸也, 坂本 充司, 山内 あい子, 木原 勝 : 1 6B 14 -30 ジベンツアゾシン誘導体のα 1 -アドレナリン遮断作用の検討, 第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2003年11月..[著者] ...
閲覧 生田 雅子, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 木原 勝 : 徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良, 日本薬学会 第124年会, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 生田 賢治, 三木 智重子, 山内 あい子, 木原 勝, 李 英培, 西村 益浩, 上田 信彦, 内藤 真策 : ヒト非小細胞肺癌細胞の抗癌剤耐性機構におけるSTATファミリータンパクの関与, 日本薬学会 第124年会, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 藤原 崇, 日比野 有紀, 木原 勝, 山内 あい子, 中馬 寛 : QSAR手法を用いた薬物のヒト母乳移行性予測, 日本薬学会 第124年会, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 Takashi Fujiwara, Yuki Hibino, Masaru Kihara, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : QSAR analysis for prediciton drug transfer into human breast milk, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Tokushima, April 2004..[著者] ...
閲覧 日比野 有紀, 藤原 崇, 小林 進一, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子, 中馬 寛 : 薬物の胎盤通過性に関する情報化学的解析, CBI学会 2004年大会, 2004年7月..[著者] ...
閲覧 岡崎 真由美, 杉 理江, 森岡 雄二朗, 上田 信彦, 木原 勝, 山内 あい子 : 急速静脈内投与後のセフェム系抗生物質のCSF移行性評価, 第14回日本医療薬学会年会, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 原田 恵, 秋本 夏奈, 生田 雅子, 永井 美由紀, 久山 哲廣, 山内 あい子, 木原 勝 : 3-および4-フェニルピペリジン誘導体のノルエピネフリン増強作用の検討, 第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会松江, (巻), (号), (頁), 2004年11月..[著者] ...
閲覧 Kenji Ikuta, Kazu Takemura, Masaru Kihara, Masuhiro Nishimura, Nobuhiko Ueda, Shinsaku Naito, Eibai Lee, Eiji Shimizu and Aiko Yamauchi : Overexpression of constitutive signal transducer and activator of transcription 3 mRNA in cisplatin-resistant human non-small cell lung cancer cells., Oncology Reports, Vol.13, No.2, 217-222, 2005..[著者] ...
閲覧 日比野 有紀, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子, 山野 修司, 前田 和寿, 苛原 稔 : 徳島大学病院における妊婦に対する医薬品使用状況調査, 日本薬学会第125年会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 Kenji Ikuta, Kazu Takemura, Kenichi Sasaki, Masaru Kihara, Masuhiro Nishimura, Nobuhiko Ueda, Shinsaku Naito, Eibai Lee, Eiji Shimizu and Aiko Yamauchi : Expression of multidrug resistance proteins and accumulation of cisplatin in human non-small cell lung cancer cells, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.4, 707-712, 2005..[著者] ...
閲覧 生田 雅子, 会田 真規, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 山内 あい子 : 徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良, 医療薬学, Vol.31, No.4, 279-286, 2005年..[著者] ...
閲覧 Kenji Ikuta, Kazu Takemura, Masaru Kihara, Shinsaku Naito, Eibai Lee, Eiji Shimizu and Aiko Yamauchi : Defects in apoptotic signal transduction in cisplatin-resistant non-small cell lung cancer cells, Oncology Reports, Vol.13, No.6, 1229-1234, 2005..[著者] ...
閲覧 山口 佳津騎, 永井 美由紀, 山内 あい子, 木原 勝 : 抗乳がん剤を志向する3,4-ジフェニル-1,2,3,4-テトラヒドロキノリン誘導体の合成, 第6回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 生田 賢治, 西村 益弘, 上田 信彦, 内藤 真策, 李 英培, 清水 英治, 木原 勝, 山内 あい子 : ヒト非小細胞肺癌細胞の抗癌剤耐性機構-アポトーシスおよびSTATとの関連-, 第6回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 坂本 久美子, 日比野 有紀, 木原 勝, 山野 修司, 前田 和寿, 苛原 稔, 山内 あい子 : 徳島大学病院における妊婦に対する処方医薬品とその胎児危険度評価, 第15回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 矢野 麻衣子, 原田 恵, 秋本 夏奈, 山内 あい子, 木原 勝 : フェニルピペリジン誘導体のノルエピネフリン増強作用の検討 2, 第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Motoki Ikeuchi, Miyuki Ikeuchi, Kumiko Inoue, Syuhei Yamamoto, Aiko Yamauchi and Masaru Kihara : A new synthesis of phenolic 1-hydroxy-1-phenyl-2,3,4,5-tetrahydro-1H-3-benzazepines, Heterocycles, Vol.65, No.12, 2925-2935, 2005..[著者] ...
閲覧 坂本 久美子, 日比野 有紀, 木原 勝, 山内 あい子 : 徳島大学病院における妊婦への処方実態調査, 第21回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, (巻), (号), (頁), 2005年12月..[著者] ...
閲覧 山口 佳津騎, 山本 敦司, 山内 あい子, 木原 勝 : 抗乳がん剤を志向する3,4-ジフェニル-1,2-ジヒドロキノリンおよび2,3-ジフェニルインドール誘導体の合成, 第7回 長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 東 満美, 木原 勝, 樋口 富彦, 高石 喜久, 山内 卓 : 徳島大学における早期体験学習導入とその評価, 第16回 日本医療薬学会年会, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 山口 佳津騎, 山本 敦司, 山内 あい子, 木原 勝 : 腫瘍細胞増殖抑制活性を有する2,3-ジフェニルインドール誘導体の合成, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[著者] ...
閲覧 Masaru Kihara, Aiko Yamauchi, Chiaki Kaito, Kumiko Sakamoto and Mitsushi Sakamoto : Synthesis of New 1,2-Diphenyl-4,5-dihydro-3H-benzazepines, Heterocycles, Vol.68, No.11, 2319-2326, 2006..[著者] ...
閲覧 佐藤 幸司, 川崎 直美, 坂本 久美子, 山内 あい子, 木原 勝 : 食品品目別,日本人1人1日あたりの平均喫食量に関する検討, 第23回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 矢野 麻衣子, 原田 恵, 生田 雅子, 高田 裕介, 梶谷 育代, 秋本 夏奈, 山内 あい子, 木原 勝 : ピペリジンおよびエタノールアミン誘導体の合成とノルエピネフリン増強作用, 日本薬学会第127年会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 山口 佳津騎, 山本 敦司, 實光 由香, 山内 あい子, 木原 勝 : 乳癌細胞増殖抑制作用を志向する3,4-diphenyl-1,2-dihydroquinolineおよび2,3-diphenylindole 誘導体の合成, 日本薬学会第127年会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 山口 佳津騎, 山本 敦司, 實光 由香, 山内 あい子, 木原 勝 : 3,4-diphenyl-1,2-dihydroquinoline 2,3-diphenylindole, 日本薬学会第127年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2007年3月..[著者] ...
閲覧 Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Masaru Kihara, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi : Prescribing patterns during pregnancy at Tokushima University Hospital, Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.33, No.4, 377-385, 2007..[著者] ...
閲覧 吉田 麻衣, 坂和 園子, 阿部 覚, 木原 勝, 内藤 真策, 山内 あい子 : 注射用セフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性評価, 第17回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2007年9月..[著者] ...
閲覧 中井 香, 日比野 有紀, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : 薬物のヒト胎盤通過性に関する構造活性相関解析と妊婦に処方された医薬品の胎児移行性評価, 第17回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2007年9月..[著者] ...
閲覧 東 満美, 日野出 晴美, 柏田 良樹, 吉田 昌裕, 山﨑 尚志, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 柴田 洋文, 新垣 尚捷, 滝口 祥令, 荒木 勉, 吉村 好之, 姫田 敏樹, 石田 竜弘, 辻 大輔, 木原 勝 : 徳島大学薬学部OSCEトライアル実施体制の確立と検証, 第17回 日本医療薬学会年会, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 吉田 麻衣, 坂和 園子, 阿部 覚, 木原 勝, 内藤 真策, 山内 あい子 : セフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性に関するQSAR解析, 第35回構造活性相関シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2007年11月..[著者] ...
閲覧 竹崎 俊晶, 小林 進一, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : IARC 分類に基づく発癌性化合物の解析とSupport Vector Machine によるヒト発癌性予測, 第35回構造活性相関シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2007年11月..[著者] ...
閲覧 植村 紘子, 村上 貴子, 堀田 理文, 木原 勝, 山内 あい子 : 妊娠・授乳期の漢方薬療法に関する完全性情報データベース, 第25回徳島大学卒後教育公開講座, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 中井 香, 日比野 有紀, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : 情報科学的手法を用いた医薬品の胎児移行性評価, 第25回徳島大学卒後教育公開講座, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 阿部 覚, 吉田 麻衣, 坂和 園子, 木原 勝, 山内 あい子, 内藤 真策 : QSAR解析によるセフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性評価, 第25回徳島大学卒後教育公開講座, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 菊野 裕介, 坂本 久美子, 内見 秀樹, 木原 勝, 山内 あい子 : ヒト胎児毒性既知化合物の情報化学的分類, 第25回徳島大学卒後教育公開講座, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 高田 裕介, 矢野 麻衣子, 原田 恵, 山内 あい子, 木原 勝 : エタノール アミンおよびピペリジン誘導体の合成とノルエピネフリン増強作用の検討, 日本薬学会 第128年会, (巻), (号), (頁), 2008年3月..[著者] ...
閲覧 吉田 麻衣, 坂和 園子, 阿部 覚, 木原 勝, 内藤 真策, 山内 あい子 : セフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性に関するQSAR解析, SAR NEWS, Vol.14, (号), 12-15, 2008年..[著者] ...
閲覧 Yusuke Kikuno, Mami Adachi, Kumiko Sakamoto, Masaru Kihara and Aiko Yamauchi : Analysis of compounds with developmental toxicity in human and prediction of fetotoxicity using Support Vector Machines, 第36回構造活性相関シンポジウム, (巻), (号), (頁), Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 Aiko Yamauchi, Kaori Nakai, Sayako Doi, Kumiko Sakamoto and Masaru Kihara : Clinical QSAR Study on Placental Drug Transfer and An In Vitro Evaluation Model Using Human Placental JEG-3 Cells, The 8th China-Japan Joint Syposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Kobe, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 Yusuke Kikuno, Mami Adachi, Kumiko Sakamoto, Masaru Kihara and Aiko Yamauchi : Analysis of compounds with developmental toxicity in human and prediction of fetotoxicity using Support Vector Machines, The 8th China-Japan Joint Syposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Kobe, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 中井 香, 土居 沙也子, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : 薬物の胎盤通過性に関するClinicalQSAR解析とヒト胎盤培養細胞モデルの作成, 第47回日本薬学会,日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[著者] ...
閲覧 小林 理, 高田 裕介, 木原 勝, 山内 あい子 : 妊婦・授乳婦の漢方治療薬における安全性情報データベースの構築, 第27回徳島大学卒後教育公開講座, (巻), (号), (頁), 2008年12月..[著者] ...
閲覧 足立 麻実, 菊野 裕介, 高田 裕介, 木原 勝, 山内 あい子 : 薬物性肝障害に関する医薬品副作用情報の解析, 第27回徳島大学卒後教育公開講座, (巻), (号), (頁), 2008年12月..[著者] ...
閲覧 Miyuki Ikeuchi, Masako Ikuta, Miyuki Hariki, Motoki Ikeuchi, Shigeki Muruyama, Mari Nakase, Kumiko Sakamoto, Yasuko Yoshioka, Aiko Yamauchi and Masaru Kihara : Synthesis and Pharmacological Evaluation of New 1-Hydroxy-1-phenyl-2, 3,4, 5-tetrahydro-1H-3-benzazepines as NE Potentiators, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.5, 443-445, 2009..[著者] ...
閲覧 高田 裕介, 山内 あい子, 木原 勝 : ノルエピネフリン増強作用を有する化合物の構造活性相関, 日本薬学会129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[著者] ...
閲覧 足立 麻美, 菊野 裕介, 髙田 裕介, 木原 勝, 山内 あい子 : 医薬品副作用情報に基づく薬物性肝障害惹起薬物の解析と分類, 日本薬学会129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[著者] ...
閲覧 三輪 祐太朗, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : Support Vector Machine による化合物のヒト発癌性予測の試み, 日本薬学会129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[著者] ...
閲覧 土居 沙也子, 中井 香, 宇髙 沙耶佳, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : 薬物の胎盤通過性を評価するヒト胎盤細胞培養モデルの作成, 日本薬学会129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[著者] ...
閲覧 小林 理, 髙田 裕介, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : 妊娠・授乳期の漢方薬治療における安全性情報データベースの構築, 日本薬学会129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[著者] ...
閲覧 三木 あかね, 菊石 美也子, 日野出 晴美, 東 満美, 樋口 富彦, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 高石 喜久 : 徳島大学薬学部における自学能力育成への取組, 日本薬学会129年会, (巻), (号), 0, 2009年3月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.68, Max(EID) = 375159, Max(EOID) = 1005345.