『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 落合 正仁

登録情報の数

有効な情報: 355件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 358件

全ての有効な情報 (355件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
閲覧 閲覧 Springer-Verlag …(1)
閲覧 (未定義) …(299)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Tadayo Miyasaka, Masahito Ochiai, Kaoru Fuji, Eiichi Fujita and Hisashi Ishii : Evaluation of the Affinity of New N Atom-Containing Tumor Inhibitors for Nucleic Acids, Nucleic Acids Research, Symposium Series, Vol.16, (号), 37-40, 1985..[著者] ...
閲覧 Chieko Murayama, Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Masahito Ochiai, Kaoru Fuji, Eiichi Fujita and Tomoyuki Mori : Effect of Oridonin, a Rabdosia Diterpenoid, on Radiosensitization with Misonidazole, Experientia, Vol.43, No.11/12, 1221-1223, 1987..[著者] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Masahito Ochiai, Kaoru Fuji, Sei-ichi Nishimoto, Tsutomu Kagiya, Yuta Shibamoto, Mitsuyuki Abe, Chieko Murayama and Tomoyuki Mori : Synthetic Development of Hypoxic Cell Sensitizers Having 3-Nitrotriazole Moiety, Journal of Pharmacobio-Dynamics, Vol.10, (号), s-155, 1987..[著者] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Masahito Ochiai, Kaoru Fuji, Sei-ichi Nishimoto, Tsutomu Kagiya, Chieko Murayama, Tomoyuki Mori, Yuta Shibamoto, Keisuke Sasai and Mitsuyuki Abe : Radiosensitizing Hypoxic Cells with New 3-Nitro-1,2,4-triazole Derivatives in Vitro and, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.7, 1951-1953, 1989..[著者] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Masahito Ochiai and Eiichi Fujita : Biomimetic, Chemical, and Spectroscopic Evaluations for the Radiosensitizing Potential of, Tetrahedron, Vol.46, No.9, 3211-3232, 1990..[著者] ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Jamal Mustafa, Shigeki Sano, Masahito Ochiai, Tazuko Tashiro and Shigeru Tsukagoshi : Different Mechanisms of Action of Long Chain Fatty Acid Esters of Podophyllotoxin and, Medicinal Chemistry Research, Vol.1, No.4, 295-299, 1991..[著者] ...
閲覧 Takema Nagaoka, Takuya Sueda and Masahito Ochiai : An onium transfer reaction of 1-alkynyl(phenyl)iodonium tetrafluoroborates with triphenylarsine; Synthesis of 1-alkynyl(triphenyl)arsonium tetrafluoroborates, Tetrahedron Letters, Vol.36, No.2, 261-264, 1995..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama, Tomoki Takino, Takuya Sueda and Masahito Ochiai : Solvolysis of Cyclohexenyliodonium Salt, a New Precursor for the Vinyl Cation: Remarkable Nucleofugality of the Phenyliodonio Group and Evidence for Internal Return from an Intimate Ion-Molecule Pair, Journal of the American Chemical Society, Vol.117, No.12, 3360-3367, 1995..[著者] ...
閲覧 朱年 亮, 長岡 武馬, 落合 正仁 : ビニルヨージナンを活用するエノラートアニオンの直接的ビニル化反応, 日本薬学会年会, Vol.115, 1995年3月..[著者] ...
閲覧 高橋 秀夫, 伊藤 隆夫, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨージナンを活用するアリルエーテルの酸化反応, 日本薬学会年会, Vol.115, 1995年3月..[著者] ...
閲覧 北川 豊, 豊成 美香, 落合 正仁, 植村 宏治 : ビニルヨードニウム塩へのMichael型付加反応, 日本薬学会年会, Vol.115, 1995年3月..[著者] ...
閲覧 末田 拓也, 野田 理絵, 落合 正仁 : 第15・16族ビニルオニウム塩の合成とその求核試剤との反応, 日本薬学会年会, Vol.115, 1995年3月..[著者] ...
閲覧 長岡 武馬, 末田 拓也, 落合 正仁 : オニウム転位によるアルキニルアルソニウム塩の合成, 日本薬学会年会, Vol.115, (号), (頁), 1995年3月..[著者] ...
閲覧 中西 顕伸, 伊藤 隆夫, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨージナンを用いるスルフィドの酸化反応, 日本薬学会年会, Vol.115, 1995年3月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai and Takao Ito : Solvent Effects on Ipso versus Ortho Selectivity in the Reductive Iodonio-Claisen Rearrangement of Allenyl(p-methoxyphenyl)iodane, The Journal of Organic Chemistry, Vol.60, No.7, 2274-2275, 1995..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takuya Sueda, Koji Uemura and Yukio Masaki : Nature of Alkylidenecarbenes Generated from Alkenyl(phenyl)iodonium Tetrafluoroborates via Base-Induced α-Elimination, The Journal of Organic Chemistry, Vol.60, No.8, 2624-2626, 1995..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 超原子価ヨウ素置換基の超脱離能を活用する反応, 第7回札幌シンポジウム, 1995年7月..[著者] ...
閲覧 Akinobu Nakanishi and Masahito Ochiai : Oxidation of Sulfides with Alkylperoxyiodanes, KISPOC-VI Kyushu International Symposium on Physical Organic Chemistry, Hakata, July 1995..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama, Masahito Ochiai, Tomoki Takino and Kouichi Sato : Nucleophilic Substitution of 1-Alkenyliodonium Salts. Is Vinylic SN2 Mechanism Possible?, KISPOC-VI Kyushu International Symposium on Physical Organic Chemistry, Hakata, July 1995..[著者] ...
閲覧 末田 拓也, 落合 正仁 : アルキリデンカルベンの反応性とビニルオニウム塩の合成, 第21回反応と合成の進歩シンポジウム, 1995年11月..[著者] ...
閲覧 Yutaka Kitagawa and Masahito Ochiai : Evidence For Michael-Type Addition of Nucleophiles To Alkenyliodonium Salts, 1995 Pacifichem, Hawai, Dec. 1995..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Synthesis reaction of Hypervalent Alkylperoxyiodance and Single-Crystal X-Ray Analysis, The Rigaku-Denki Journal, Vol.27, 34-40, (month)1996..[著者] ...
閲覧 Takuya Sueda, Takema Nagaoka, Satoru GOTO and Masahito Ochiai : Evidence for reversible ylide formation: Equilibrium between free alkylidenecarbenes and ethereal solvent-alkylidenecarbene complexes (oxoniumu ylides), Journal of the American Chemical Society, Vol.118, No.42, 10141-10149, 1996..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takao Ito, Hideo Takahashi, Akinobu Nakanishi, Mika Toyonari, Takuya Sueda, Satoru GOTO and Motoo Shiro : Hypervalent (tert-butylperoxy)iodines generate iodine-centered radicals at room temperature in solution: Oxidation and de-protection of benzyl and allyl ethers, and evidence for generation of <alpha>-oxy carbon radicals, Journal of the American Chemical Society, Vol.118, No.33, 7716-7730, 1996..[著者] ...
閲覧 Michio Kida, Takuya Sueda, Satoru GOTO, Tadashi Okuyama and Masahito Ochiai : Synthesis and nucleophilic substitution of allenyl-(m-nitrophenyl)iodanes as anewpropynyl cation-equivalent species: Synthesis of propynyl ethers, esters, and amides, Chemical Communications, 1933-1934, 1996..[著者] ...
閲覧 Yukio Masaki, Tsuyoshi Miura and Masahito Ochiai : Alcoholysis of Epoxides Catalyzed by Tetracyanoethylene and Dicyanoketene Acetals, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.69, No.1, 195-205, 1996..[著者] ...
閲覧 喜田 充生, 末田 拓也, 落合 正仁 : プロパルギルシランの極性反転:アレニルヨーダンを活用するプロパルギル化反応, 日本薬学会年会, Vol.116, 1996年3月..[著者] ...
閲覧 朱年 亮, 陳 大為, 落合 正仁 : アルキニルヨードニウム塩を活用するフロトロポンの合成, 日本薬学会年会, No.116, 1996年3月..[著者] ...
閲覧 北川 豊, 落合 正仁 : 不安定化ヨードニウムイリドの発生とそのカルボニル化合物との反応, 日本薬学会年会, Vol.116, 1996年3月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 超原子価ヨウ素化合物の化学, 日本薬学会東海支部特別講演, 1996年4月..[著者] ...
閲覧 Toshifusa Shu, Da-Wei Chen and Masahito Ochiai : Direct synthesis of 2-substituted furotropones from tropolones utilizing alkynyl(phenyl)iodonium salts, Tetrahedron Letters, Vol.37, No.31, 5539-5542, 1996..[著者] ...
閲覧 奥山 格, 今村 昇平, 落合 正仁 : 1-アルケニルヨードニウム塩の加溶媒分解:ビニル求核置換とα脱離の機構, 第13回基礎有機化学連合討論会, 1996年11月..[著者] ...
閲覧 北川 豊, 山本 真司, 落合 正仁 : 新ヨードニウムイリド発生反応の開発と合成への応用, 第22回反応と合成の進歩シンポジウム, 1996年11月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Mika Toyonari, Takuya Sueda and Yutaka Kitagawa : Boron-iodine(III) exchange reaction: Direct synthesis of diaryliodonium tetraarylborates from (diacetoxyiodo)arenes by the reaction with alkali metal tetraarylborates in acetic acid, Tetrahedron Letters, Vol.37, No.46, 8421-8424, 1996..[著者] ...
閲覧 Yutaka Kitagawa, Shinji Yamamoto and Masahito Ochiai : Generation of Iodonium Ylides and Synthesis of α,β-Epoxy and α,β-Aziridino Ketones, Symposium on Oceanian-Japanese Organic Chemistry Synthesis and Natural Products, Tokushima, Dec. 1996..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 超原子価ビニルヨーダンの化学, 第23回へテロ原子化学討論会特別講演, 1996年12月..[著者] ...
閲覧 喜田 充生, 末田 拓也, 落合 正仁, 奥山 格 : アレニルヨーダンの発生とそのプロパルギルカチオンとしての活用, 第23回へテロ原子化学討論会, 1996年12月..[著者] ...
閲覧 奥山 格, 佐藤 浩一, 瀧野 知樹, 落合 正仁 : ビニルヨーダンのSN2及び接触イオンー分子対求核置換反応, 日本薬学会年会, Vol.117, 1997年3月..[著者] ...
閲覧 中西 顕伸, 山田 亜希子, 落合 正仁 : ペルオキシヨーダンを用いるフェノールのラジカル的酸化, 日本薬学会年会, Vol.117, 1997年3月..[著者] ...
閲覧 豊成 美香, 長岡 武馬, 末田 拓也, 落合 正仁 : ホウ素ーヨウ素(III)交換反応を用いるジアリールヨーダンの合成, 日本薬学会年会, Vol.117, 1997年3月..[著者] ...
閲覧 梶島 大輔, 末田 拓也, 伊藤 隆夫, 落合 正仁 : ペルオキシヨーダンによるアミン及びアミドの酸化反応, 日本薬学会年会, Vol.117, 1997年3月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Toshifusa Shu, Takema Nagaoka and Yutaka Kitagawa : α-Vinylation of 1,3-Dicarbonyl Compounds with Alkenyl(aryl)iodonium Tetrafluoroborates: Effects of Substituents on the Aromatic Ring and of Radical Inhibitors, The Journal of Organic Chemistry, Vol.62, No.7, 2130-2138, 1997..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama and Masahito Ochiai : Acetolysis of Styryl and 1-Decenyl Iodonium Salts. Occurrence of Two-Step Mechanism via Vinylenephenonium Ion and One-Step Inversion Mechanism, Journal of the American Chemical Society, Vol.119, No.20, 4785-4786, 1997..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Akinobu Nakanishi and Akiko Yamada : Free-radical oxidation of para-substituted phenols by hypervalent tert-butylperoxyiodane and tert-butyl hydroperoxide: Synthesis of 4-(tert-butylperoxy)-2,5-cyclohexadien-1-ones, Tetrahedron Letters, Vol.38, No.22, 3927-3930, 1997..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Akinobu Nakanishi and Takao Ito : Oxidation of Sulfides to Sulfoxides with Hypervalent (tert-Butylperoxy)iodanes, The Journal of Organic Chemistry, Vol.62, No.13, 4253-4259, 1997..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Hypervalent Alkylperoxyiodanes as Radical Oxdants, FCFP-7 International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers, (巻), (号), (頁), Boading,China, Aug. 1997..[著者] ...
閲覧 Da-Wei Chen and Masahito Ochiai : Umpolung of Reactivity of Diaryliodonium Salts, FCFP-7 International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers, Boading,China, Aug. 1997..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama, Tomoki Takino, Koichi Sato and Masahito Ochiai : Ligand Coupling Mechanism of Nucleophilic Vinylic Substitution of Iodonium Salts with Hypervalent 10-I-3 and 12-I-4 Intermediates, Chemistry Letters, Vol.26, No.9, 955-956, 1997..[著者] ...
閲覧 国嶋 崇隆, 萩山 博史, 山城 恭子, 谷 昇平, 落合 正仁 : エーテル開裂を伴うβ-アルコキシビニルヨードニウム塩の合成反応, 第47回日本薬学会近畿支部総会・大会, 1997年9月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Mika Toyonari, Takema Nagaoka, Da-Wei Chen and Michio Kida : Stereospecific Synthesis of Vinyl(phenyl)iodonium Tetrafluoroborates via Boron-Iodane Exchange of Vinylboronic Acids and Esters with Hypervalent Phenyliodanes, Tetrahedron Letters, Vol.38, No.38, 6709-6712, 1997..[著者] ...
閲覧 奥山 格, 落合 正仁 : ヨードニウム塩を前駆体とするビニルカチオンの化学, 第47回有機反応化学討論会, 1997年9月..[著者] ...
閲覧 梶島 大輔, 末田 拓也, 伊藤 隆夫, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨーダンによるアミン類の酸化反応, 日本化学会秋季年会, Vol.73, 1997年9月..[著者] ...
閲覧 奥山 格, 喜田 充生, 佐藤 浩一, 瀧野 知樹, 落合 正仁 : ヨードニウム塩の求核ビニル置換反応の速度論ーSN2,リガンドカップリング,付加ー脱離機構, 日本化学会秋季年会, Vol.73, 1997年9月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Chemistry of Hypervalent Organoiodanes, Symposium of Seoul National University-Tokushima University, Seoul, Oct. 1997..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai and Tadashi Okuyama : Nucleophilic Vinylic Substitutions of Vinyliodonium Salt with Halides : A Rich Mechanistic World, IKCOC-7 International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 1997..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yutaka Kitagawa, Mika Toyonari, Koji Uemura, Kunio Oshima and Motoo Shiro : Nucleophilic Vinylic Substitutions of (Z)-(β-Haloalkenyl)phenyliodonium Salts with Sodium Benzenesulfinate: First Evidence of a Michael Addition of Nucleophiles to Alkenyliodonium Salts at the Cβ Atom, The Journal of Organic Chemistry, Vol.62, No.23, 8001-8008, 1997..[著者] ...
閲覧 Akinobu Nakanishi and Masahito Ochiai : Free-Radical oxidation of para-substituted phenols by hypervalent tert-butylperoxyiodane and tert-butyl hydroperoxide: Synthesis of 4-(tert-butylperoxy)-2,5-cyclohexadien-1-ones, HISIC-3 Hiroshima International Symposium on Organic Chemistry, Higashihiroshima, Nov. 1997..[著者] ...
閲覧 Takuya Sueda, Daisuke Kajishima and Masahito Ochiai : Oxidation of Amines and Amides with Hypervalent tert-Butylperoxyiodane, HISIC-3 Hiroshima International Symposium on Organic Chemistry, Higashihiroshima, Nov. 1997..[著者] ...
閲覧 陳 大為, 落合 正仁 : ジアリールヨードニウム塩の塩化クロムによる極性反転:アルデヒドとの反応, 第23回反応と合成の進歩シンポジウム, 1997年11月..[著者] ...
閲覧 Da-Wei Chen, Kazuhiko Takai and Masahito Ochiai : The first example for reactivity umpolung of diaryliodonium salts: Chromium(II)-mediated arylation of aldehydes, Tetrahedron Letters, Vol.38, No.47, 8211-8214, 1997..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : モノカルボニルヨードニウムイリドの発生とその反応, 筑波大学公開シンポジウム, 1997年11月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yutaka Kitagawa and Shinji Yamamoto : Generation and Reaction of Monocarbonyliodonium Ylides: Ester Exchange of (Z)-(β-Acetoxyvinyl)iodonium Salts with Lithium Ethoxide and Synthesis of α,β-Epoxy Ketones, Journal of the American Chemical Society, Vol.119, No.48, 11598-11604, 1997..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama and Masahito Ochiai : Solvolysis of β,β-Dialkylvinyl Iodonium Salt via Primary Vinyl Cation, KISPOC-VII Kyushu International Symposium on Physucal Organic Chemistry, Hakata, Dec. 1997..[著者] ...
閲覧 奥山 格, 落合 正仁 : ビニルヨードニウム塩の求核置換反応におけるリガンドカップリング機構, 第24回へテロ原子化学討論会, 1997年12月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Daisuke Kajishima and Takuya Sueda : Oxidation of Amines with Hypervalent tert-Butylperoxyiodanes: Synthesis of Imines and tert-Butylperoxyamino Acetals, Heterocycles, Vol.46, No.1, 71-76, 1997..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama, Tomoki Takino, Koichi Sato, Kunio Oshima, Imamura Shohei, Hiroshi Yamataka, Tsutomu Asano and Masahito Ochiai : Vinylic SN 2 Reaction of 1-Decenyliodonium Salt with Halide Ions, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.71, No.1, 243-257, 1998..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 有機超原子価化合物, --- 10章 超原子価ヨウ素反応剤を活用する有機合成 ---, 株式会社 学会出版センター, 東京, 1998年3月..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama, Tomoki Takino, Koichi Sato and Masahito Ochiai : In-Plane Vinylic SN2 Substitution and Intramolecular β Elimination of β-Alkylvinyl(chloro)-λ3-iodanes, Journal of the American Chemical Society, Vol.120, No.10, 2275-2282, 1998..[著者] ...
閲覧 山本 真司, 佐藤 浩一, 落合 正仁 : (E)-β-アルキルビニルヨーダンのホルムアミド誘導体によるSN2反応, 日本薬学会年会, Vol.118, 1998年3月..[著者] ...
閲覧 西谷 淳一, 北川 豊, 落合 正仁 : β-アセトキシアルケニルヨーダンを用いるα-置換カルボニル化合物の合成, 日本薬学会年会, Vol.118, 1998年3月..[著者] ...
閲覧 福田 園子, 末田 拓也, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨーダンによるアルコール及びアセタールの酸化反応, 日本薬学会年会, Vol.118, 1998年3月..[著者] ...
閲覧 国嶋 崇隆, 萩山 博史, 山城 恭子, 谷 昇平, 落合 正仁 : BF3-i-Pr2O-アルキルベンジルエーテル系を用いたβ-アルコキシビニルヨードニウム塩の合成反応, 日本薬学会年会, Vol.118, 1998年4月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yutaka Kitagawa and Shinji Yamamoto : Generation and Reaction of Monocarbony Iodonium Ylides, The Fifth International Conference on Heteroatom Chemistry, London,Canada, July 1998..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai and Yutaka Kitagawa : Reaction of monocarbonyl iodonium ylides with activated imines: Stereoselective synthesis of trans- and cis-α,β-aziridino ketones, Tetrahedron Letters, Vol.39, No.31, 5569-5570, 1998..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama, Hajime Oka and Masahito Ochiai : Reactions of Phenyl(styryl)iodonium Tetrafluoroborate with Halide Ions, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.71, No.8, 1915-1921, 1998..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Michio Kida and Tadashi Okuyama : On the mechanism of nucleophilic substitution of allenyl(aryl)iodine(III): Formation of propargyl cation and competition with sigmatropic rearrangement, Tetrahedron Letters, Vol.39, No.34, 6207-6210, 1998..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama, Koichi Sato and Masahito Ochiai : Solvolysis of β,β-Dialkylvinyliodonium Salt: Primary Vinyl Cation Intermediate and Alkyl Participation, Chemistry Letters, Vol.27, No.11, 1177-1178, 1998..[著者] ...
閲覧 中西 顕伸, 山田 亜希子, 落合 正仁 : 超原子価環状有機ヨーダンによる酸化反応, 第24回反応と合成の進歩シンポジウム, 1998年11月..[著者] ...
閲覧 喜田 充生, 佐藤 浩一, 落合 正仁, 呑海 信雄, 奥山 格 : 溶液中における超原子価ビニルヨーダン二量体の検出, 第14回基礎有機化学連合討論会, 1998年11月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 三価の超原子価ビニルヨーダンの化学, 金沢大学薬学部特別講演会「超原子価の化学への招待」, 1998年12月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 超原子価ビニルヨーダンの化学, 第46回パネル討論会「超原子価の化学への招待」, 1998年12月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Shinji Yamamoto and Koichi Sato : Formamides undergo in-plane bimolecular nucleophilic vinylic substitutions (SN2) by the reaction with (E)-alkenyl(phenyl)iodonium tetrafluoroborates: stereoselective synthesis of (Z)-vinyl formates, Journal of the Chemical Society. Chemical Communications, (巻), No.15, 1363-1364, 1999..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : アルキリデンカルベンの生成と有機合成, ファルマシア, Vol.35, No.2, 140-144, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : ヨウ素資源の活用, --- 超原子価有機ヨウ素化合物の合成と反応 ---, TCIメール, (巻), No.104, 2-11, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Chemistry of Hypervalent Compounds, --- Chapter12, Organic Synthesis Using Hypervalent Organoiodanes ---, Wiley-VCH, New York, Jan. 1999..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Michio Kida, Koichi Satoh, Tomoki Takino, Satoru GOTO, Nobuo Donkai and Tadashi Okuyama : Association and dissociation of Z-(<beta>-bromoalkenyl)-phenyliodonium bromide in chloroform solution: Detection of vinyl-<lambda>^3-iodane dimer in solution, Tetrahedron Letters, Vol.40, No.8, 1559-1562, 1999..[著者] ...
閲覧 山本 真司, 落合 正仁 : ビニルヨーダンのチオアミドによるSN2反応, 日本薬学会年会, Vol.119, 1999年3月..[著者] ...
閲覧 陳 大為, 落合 正仁 : 不斉モノカルボニルヨードニウムイリドの合成と反応, 日本薬学会年会, Vol.119, 1999年3月..[著者] ...
閲覧 福田 園子, 末田 拓也, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨーダンを用いるアルコール及びアセタールの酸化反応の機構, 日本薬学会年会, Vol.119, 1999年3月..[著者] ...
閲覧 喜田 充生, 溜本 公子, 落合 正仁 : ヨードシルベンゼンーシクロデキストリン複合体を活用するスルフィドの酸化反応, 日本薬学会年会, Vol.119, 1999年3月..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama, Yoshimi Ishida and Masahito Ochiai : Solvolysis of Styryliodonium Salt: Products, Rates, and Mechanisms, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.72, No.2, 163-170, 1999..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai and Yutaka Kitagawa : Aziridination of Activated Imines with Monocarbonyl Iodonium Ylides Generated from (Z)-(2-Acetoxyvinyl)iodonium Salts via Ester Exchange: Stereoselective Synthesis of 2-Acylaziridines, The Journal of Organic Chemistry, Vol.64, No.9, 3181-3189, 1999..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Daisuke Kajishima and Takuya Sueda : Radical oxidation of amides and related compounds with hypervalent tert-butylperoxyiodanes: Synthesis of imides and tert-butylperoxyamide acetals, Tetrahedron Letters, Vol.40, No.30, 5541-5544, 1999..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yutaka Kitagawa and Da-Wei Chen : Generation of Iodonium Ylides and Synthesis of α,β-Epoxy and α,β-Aziridino Ketones, 17th International Congress of Heterocyclic Chemistry, Wien, Aug. 1999..[著者] ...
閲覧 Da-Wei Chen and Masahito Ochiai : Chromium(II)-Mediated Reactions of Iodonium Tetrafluoroborates with Aldehydes: Umpolung of Reactivity of Diaryl-, Alkenyl(aryl)-, and Alkynyl(aryl)iodonium Tetrafluoroborates, The Journal of Organic Chemistry, Vol.64, No.18, 6804-6814, 1999..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yutaka Kitagawa, Naoko Takayama, Yoshikazu Takaoka and Motoo Shiro : Synthesis of Chiral Diaryliodonium Salts, 1,1'-Binaphthyl-2-yl(phenyl)iodonium Tetrafluoroborates: Asymmetric α-Phenylation of β-Keto Ester Enolates, Journal of the American Chemical Society, Vol.121, No.39, 9233-9234, 1999..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 不安定ヨードニウムイリドの合成とその反応, 第2回ヨウ素利用研究シンポジウム, 1999年10月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takuya Sueda, Rie Noda and Motoo Shiro : Onium Transfer Reaction of (β,β-Dialkylvinyl)(phenyl)iodonium Tetrafluoroborates via an Alkylidene Carbene Pathway: Synthesis of Group 15 Alkenyl(triphenyl)- and Group 16 Alkenyl(diphenyl)onium Salts, The Journal of Organic Chemistry, Vol.64, No.23, 8563-8567, 1999..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama, Hiroshi Yamataka and Masahito Ochiai : Solvolysis of 2,2-Dialkylvinyl Iodonium Salt: Alkyl Participation and Possibility of a Primary Vinylic Cation Intermediate, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.72, No.12, 2761-2769, 1999..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai and Yutaka Kitagawa : Reaction of λ3-Vinyliodanes: Generation and Alkylidene-Transfer of Monocarbonyl Iodonium Ylides, Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan, Vol.58, No.11, 1048-1056, (month)2000..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 超原子価ビニルヨーダンの化学, 第5回精密合成化学講演会, 2000年1月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : わが国の世界に誇る地下天然資源ヨウ素と有機合成, 有機合成セミナー「有機合成のニュートレンド2000」, 2000年2月..[著者] ...
閲覧 山本 真司, 落合 正仁 : ビニルヨーダンのSN2反応を利用したチオアミドのアミドへの変換反応, 日本薬学会年会, Vol.120, 2000年3月..[著者] ...
閲覧 土本 芳美, 山本 真司, 落合 正仁 : モノカルボニルヨードニウムイリドとホウ素化合物との反応, 日本薬学会年会, Vol.120, 2000年3月..[著者] ...
閲覧 末田 拓也, 福田 園子, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨーダンを活用する炭素ー結合炭素形成反応, 日本薬学会年会, Vol.120, 2000年3月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Vinylic SN2 Reaction Is the Most Feasible Process in Nucleophilic Substitutions of λ3-Vinyliodanes, 4th Australia-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Melbourne, May 2000..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 2分子求核置換反応 (SN2反応)が変わる! 5配位炭素化合物の合成とオレフィンのSN2反応, 化学, Vol.55, No.6, 66-67, 2000年6月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yoshio Nishi, Junichi Nishitani, Da-Wei Chen, Sakiko Hashimoto and Yoshimi Tsuchimoto : Triphenylphosphine-mediated olefination of aldehydes with (Z)-(2-acetoxyalk-1-enyl)phenyl-λ3-iodanes: generation and reaction of (2-oxoalkyl)phenyl-λ3-iodanes, Journal of the Chemical Society. Chemical Communications, No.13, 1157-1158, 2000..[著者] ...
閲覧 Takuya Sueda, Sonoko Fukuda and Masahito Ochiai : Radical Oxidations and Additions of Alcohols and Acetals with Hypervalent tert-Butylperoxy-λ3-iodane, The Eighth International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, July 2000..[著者] ...
閲覧 末田 拓也, 福田 園子, 落合 正仁 : ラジカルによる環状アセタールの酸化的環開裂反応, 第18回有機合成化学季大学, 2000年8月..[著者] ...
閲覧 Yoshimi Tsuchimoto, Shinji Yamamoto and Masahito Ochiai : A New Synthetic Reagent, Monocarbonyl Idonium Ylide : Reaction with Boranes, The Joint Symposium between Seoul National University and University of Tokushima on Pharmacy, Cheju Island, Korea, Aug. 2000..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Akinobu Nakanishi and Takashi Suefuji : Unprecedented Direct Oxygen Atom Transfer from Hypervalent Oxido-λ3-iodanes to α,β-Unsaturated Carbonyl Compounds: Synthesis of α,β-Epoxy Carbonyl Compounds, Organic Letters, Vol.2, No.19, 2923-2926, 2000..[著者] ...
閲覧 仁士 良雄, 橋本 咲子, 落合 正仁 : ヨウ素イリドとリンイリドとのイリド交換反応を活用するWitting反応, 第78回有機合成シンポジウム, 2000年9月..[著者] ...
閲覧 Tadashi Okuyama, Koichi Sato and Masahito Ochiai : Reactions of 2,2-Dialkylvinyl Iodonium Salt with Halide Ions, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.73, No.10, 2341-2349, 2000..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Nucleophilic Vinylic Substitutions of λ3-Vinyliodanes, Journal of Organometallic Chemistry, Vol.611, No.1,2, 494-508, Oct. 2000..[著者] ...
閲覧 仁士 良雄, 橋本 咲子, 落合 正仁 : ヨードニウムイリドのCorey型反応とWitting型反応, 第39回日本薬学会中四国支部大会, 2000年10月..[著者] ...
閲覧 土本 芳美, 山本 真司, 落合 正仁 : ヨードニウムイリドの有機ホウ素によるアルキル化およびアリール化反応, 第26回反応と合成の進歩シンポジウム, 2000年11月..[著者] ...
閲覧 末田 拓也, 落合 正仁 : アルキルペルオキシヨーダンによるラジカル性酸化反応, 第26回反応と合成の進歩シンポジウム, 2000年11月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 超原子価有機ヨウ素化合物と有機合成, 第3回ヨウ素利用研究シンポジウム, 2000年11月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : オレフィンSN2反応:発見から認知まで15年, 第2回徳島大学薬学部教官研究業績発表会, 2000年12月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Synthesis and reaction of monocarbonyl Iodonium ylides, The 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2000..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 超原子ビニルヨウ素化合物の化学, 神戸学院大学ハイテクリサーチセンター記念講演会, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 仁士 良雄, 橋本 咲子, 落合 正仁 : ビニルヨーダンを用いるチアゾールの新しい合成反応, 日本薬学会年会, Vol.121, 2001年3月..[著者] ...
閲覧 土本 芳美, 樋口 裕子, 落合 正仁 : テトラヒドロフランによるλ3-ビニルヨーダンの還元反応, 日本薬学会年会, Vol.121, 2001年3月..[著者] ...
閲覧 Takuya Sueda, Sonoko Fukuda and Masahito Ochiai : Oxidative Ring Cleavage of Cyclic Acetals with Hypervalent tert-Butylperoxy-λ3-iodanes, Organic Letters, Vol.3, No.15, 2387-2390, 2001..[著者] ...
閲覧 Takuya Sueda and Masahito Ochiai : Tetrahydrofuranylation of Alcohols with Hypervalent tert-Butylperoxyiodane in the Presence of Carbon Tetrachloride, 18th International Congress of Heterocyclic Chemistry, (巻), (号), (頁), Yokohama, Aug. 2001..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Shinji Yamamoto, Takashi Suefuji and Da-Wei Chen : Stereoselective Synthesis of (Z)-Enethiols and Their Derivatives: Vinylic SN2 Reaction of (E)-Alkenyl(phenyl)-λ3-iodanes with Thioamides, Organic Letters, Vol.3, No.17, 2753-2756, 2001..[著者] ...
閲覧 Roel Gronheid, Gerrit Lodder, Masahito Ochiai, Takuya Sueda and Tadashi Okuyama : Thermal and Photochemical Solvolysis of (E)- and (Z)-2-Phenyl-1-propenyl(phenyl)iodonium Tetrafluoroborate: Benzenium and Primary Vinylic Cation Intermediates, Journal of the American Chemical Society, Vol.123, No.36, 8760-8765, 2001..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Nucleophilic vinylic substitution of λ3-vinyliodanes, 1st International Conference on Hypervalent Iodine, Thessaloniki, Greece, Sep. 2001..[著者] ...
閲覧 土本 芳美, 林 孝憲, 落合 正仁 : テトラヒドロフランによるλ3-有機ヨーダンの還元反応, 第4回ヨウ素利用研究シンポジウム, 2001年10月..[著者] ...
閲覧 国嶋 崇隆, 萩山 博史, 谷 昇平, 落合 正仁 : β位にアルコキシ基を持つ超原子価ビニルヨードニウム塩の合成, 第4回ヨウ素利用研究シンポジウム, 2001年10月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 超原子価有機ヨウ素化合物と有機合成, ヨウ素利用研究セミナー, 2001年12月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : My Favorite Organic Synthesis, --- Hypervalent Organo-λ3-Iodanes in Organic Synthesis ---, Kagaku-Dojin Publishing Company,INC, Kyoto, (month)2002..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : オレフィンのSN2反応:認知まで15年, FIU Letters, No.2, 1-3, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 末藤 孝志, 宮本 和範, 後藤 了, 落合 正仁, 坂本 茂, 山口 健太郎 : Diaryl-λ2-iodaneのクラウンエーテル錯体の合成とその構造, 日本薬学会年会, Vol.122, 2002年3月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 末藤 孝志, 落合 正仁 : アルキニル及びアルケニル-λ3-ヨーダンとクラウンエーテルとの錯体の合成, 日本薬学会年会, Vol.122, 2002年3月..[著者] ...
閲覧 仁士 良雄, 落合 正仁 : (Z)-アルケルニル-λ3-ヨーダンのビニル位SN2反応, 日本薬学会年会, Vol.122, 2002年3月..[著者] ...
閲覧 末田 拓也, 落合 正仁 : アルキルペルオキシ-λ3-ヨーダンを活用するテトラヒドロフラニルエーテルの合成, 日本薬学会年会, Vol.112, 2002年3月..[著者] ...
閲覧 林 孝憲, 土本 芳美, 落合 正仁 : λ3-ヨーダンの電子親和力を利用するアルコールのテトラヒドロフラニル化, 日本薬学会年会, Vol.122, 2002年3月..[著者] ...
閲覧 Michiko Kida, Kimiko Tamemoto and Masahito Ochiai : Oxidation of Alkyl Aryl Sulfides with IodosyIbenzene in Water in the Presence of α-Cyclodextrin, 11th International Cyclodextrin Symposium, Reykjavik,Iceland, May 2002..[著者] ...
閲覧 Takashi Suefuji, Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Synthesis and Structure of Hypervalent Complex of λ3-Iodane with Crown Ether: A Butterfiy Structure that Rests on a Leaf with Driking Water, 27th International Symposium on Macrocyclic Chemistry, Park City,USA, June 2002..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Junichi Nishitani and Yoshio Nishi : A New Route for Generation of α-λ3-Iodanyl Ketones via Ester Exchange of (Z)-(β-Acetoxyvinyl)-λ3-iodanes: Their Nucleophilic Substitutions with Halides and Sulfur and Phosphorus Nucleophiles, The Journal of Organic Chemistry, Vol.67, No.13, 4407-4413, 2002..[著者] ...
閲覧 末藤 孝志, 宮本 和範, 多田 教浩, 後藤 了, 落合 正仁 : Diaryl-λ2-iodane·Crown ether錯体, 第41回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 末藤 孝志, 宮本 和範, 落合 正仁, 坂本 茂, 山口 健太郎 : 大環状エーテルとλ3-ヨーダンの超分子錯体, ヨウ素利用研究シンポジウム, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : アルケニル-λ3-ヨーダンのビニル位SN2反応, 五大学化学シンポジウム, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 末藤 孝志, 落合 正仁 : アルキニル-λ3-ヨーダン・18-クラウン-6錯体の合成とその反応, 第39回日本薬学会中四国支部大会, 2002年11月..[著者] ...
閲覧 武内 恭範, 末田 拓也, 落合 正仁 : ヨードベンゼンを触媒とするケトンのα位アセトキシ化反応, 第39回日本薬学会中四国支部大会, 2002年11月..[著者] ...
閲覧 末藤 孝志, 宮本 和範, 多田 教浩, 後藤 了, 落合 正仁 : ジアリール-λ3-ヨーダン・クラウンエーテル錯体, 第39回日本薬学会中四国支部大会, 2002年11月..[著者] ...
閲覧 末藤 孝志, 宮本 和範, 多田 教浩, 後藤 了, 落合 正仁, 坂本 茂, 山口 健太郎 : λ3-ヨーダン超分子錯体の構造及びその反応性, 第28回反応と合成の進歩シンポジウム, 2002年11月..[著者] ...
閲覧 末田 拓也, 落合 正仁 : Iminium-λ3-iodaneを活用したN,Nカップリングによるヒドラジドの新規合成, 第32回複素環化学討論会, 2002年12月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai and Shinji Yamamoto : Vinyl-λ3-iodanes act as efficient sulfur atom acceptors: vinylic SN2-based strategy for conversion of tertiary thioamides to amides, Chemical Communications, No.23, 2802-2803, 2002..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Topics in Current Chemistry ; Hypervalent Iodine Chemistry, --- Reactivities, Properties and Structures ---, Springer-Verlag, Berlin, (month)2003..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yutaka Kitagawa and Mika Toyonari : On the mechanism of α-phenylation of β-keto esters with diaryl-λ3-iodanes: evidence for a non-radical pathway, ARKIVOC, (巻), No.6, 43-48, 2003..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takashi Suefuji, Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada, Satoru GOTO, Motoo Shiro, Shigeki Sakamoto and Kentaro Yamaguchi : Secondary hypervalent I(III) ---O interactions: Synthesis and structure of hypervalent complexes of diphenyl-<lambda>^3-iodanes with 18-crown-6, Journal of the American Chemical Society, Vol.125, No.3, 769-773, 2003..[著者] ...
閲覧 仁士 良雄, 落合 正仁, Hermann j. Frohn : アルキニル〈アリール〉-λ3-ブロマンの合成とその構造, 日本薬学会第123年会, 2003年3月..[著者] ...
閲覧 末藤 孝志, 宮本 和範, 落合 正仁, 城始 勇, 坂本 茂, 山口 健太郎 : 5配位-λ3-ヨーダン超分子錯体の合成とその構造, 日本薬学会第123年会, 2003年3月..[著者] ...
閲覧 林 孝憲, 喜田 充生, 豊成 美香, 落合 正仁 : アリール-λ3-ヨーダンによるビニルボロン酸の酸化反応, 日本薬学会第123年会, 2003年3月..[著者] ...
閲覧 武内 㤗範, 末田 拓也, 上田 絵里子, 落合 正仁 : 超原子価ヨウ素反応剤による酸化反応の触媒化, 日本薬学会第123年会, 2003年3月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takema Nagaoka, Takuya Sueda, Jie Yan, Da-Wei Chen and Kazunori Miyamoto : Synthesis of 1-alkynyl(diphenyl)onium salts of group 16 elements via heteroatom transfer reaction of 1-alkynyl(phenyl)-λ3-iodanes, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.1, No.9, 1517-1521, 2003..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Kazunori Miyamoto, Takashi Suefuji, Shigeru Sakamoto, Kentaro Yamaguchi and Motoo Shiro : Synthesis, Characterization, and Reaction of Ethynyl(phenyl)-λ3-Iodane Complex with [18]Crown-6, Angewandte Chemie International Edition, Vol.42, No.19, 2191-2194, 2003..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 有機金属反応剤ハンドブック, --- ヨウ素 ---, 株式会社 化学同人, 京都, 2003年6月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takashi Suefuji, Kazunori Miyamoto and Motoo Shiro : Solid state structures of pentacoordinated λ3-iodanes with a trigonal bipyramidal geometry: synthesis of diphenyl- and alkynyl(phenyl)-λ3-iodane complexes with 1,10-phenanthroline, Chemical Communications, No.12, 1438-1439, 2003..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yoshimi Tsuchimoto and Takanori Hayashi : Borane-induced radical reduction of 1-alkenyl- and 1-alkynyl-λ3-iodanes with tetrahydrofuran, Tetrahedron Letters, Vol.44, No.29, 5381-5384, 2003..[著者] ...
閲覧 Kaj van Alem, Roel Gronheid, Micha Slegt, Gerrit Lodder, Tadashi Okuyama and Masahito Ochiai : Photochemical Formation of Highly Destabilized Vinyl cations, KISPOC-X Kyusyu International Symposium on Physical Organic Chemistry, Hakata, Oct. 2003..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yoshio Nishi, Sakiko Hashimoto, Yoshimi Tsuchimoto and Da-Wei Chen : Synthesis of 2,4-Disubstituted Thiazoles from (Z)-(2-Acetoxyvinyl)phenyl-λ3-iodanes: Nucleophilic Substitution of α-λ3-Iodanyl Ketones with Thioureas and Thioamides, The Journal of Organic Chemistry, Vol.68, No.20, 7887-7888, 2003..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 末藤 孝志, 落合 正仁, 坂本 茂, 山口 健太郎 : エチニルヨーダンの安定化とエチニル化反応, 第7回ヨウ素利用研究国際シンポジウム, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 末藤 孝志, 落合 正仁 : エチニルヨーダン-クラウンエーテル錯体の合成とその反応, 第29回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[著者] ...
閲覧 末田 拓也, 落合 正仁 : アミンとアリールアミドとの反応, 2003年日本化学会西日本大会, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Kazunori Miyamoto, Motoo Shiro, Tomoyuki Ozawa and Kentaro Yamaguchi : Isolation, Characterization, and Reaction of Activated Iodosylbenzene Monomer Hydroxy(phenyl)iodonium Ion with Hypervalent Bonding: Supramolecular Complex PhI+OH·18-Crown-6 with Secondary I···O Interactions, Journal of the American Chemical Society, Vol.125, No.43, 13006-13007, 2003..[著者] ...
閲覧 仁士 良雄, 落合 正仁, Hermann j. Frohn : 超原子価ブロマン(Ⅲ)の合成とその反応, 第42回日本薬学会四国支部大会, (巻), (号), (頁), 2003年11月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : λ3-ヨーダンおよびブロマンのクラウンエーテル錯体, 広島地区化学講演会, 2003年12月..[著者] ...
閲覧 仁士 良雄, 落合 正仁 : アルキニル-λ3-ブロマンの合成とその反応, 第30回へテロ原子化学討論会, 2003年12月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Kazunori Miyamoto, Takashi Suefuji, Motoo Shiro, Shigeru Sakamoto and Kentaro Yamaguchi : Synthesis and structure of supramolecular complexes between 1-alkynyl(phenyl)(tetrafluoroborato)-λ3-iodanes and 18-crown-6, Tetrahedron, Vol.59, No.51, 10153-10158, 2003..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yoshio Nishi, Satoru GOTO, Motoo Shiro and Hermann J. Frohn : Synthesis, structure, and reaction of 1-alkynyl(aryl)-lambda3-bromanes, Journal of the American Chemical Society, Vol.125, No.50, 15304-15305, 2003..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 落合 正仁, 山口 健太郎, 城始 勇 : ヨードシルベンゼンモノマー錯体の合成とその反応, 日本薬学会第124年会, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 仁士 良雄, 落合 正仁 : λ3-ブロマンによるアルキニルスタンナンの二量化反応, 日本薬学会第124年会, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 多田 教浩, 仁士 良雄, 村井 健太郎, 落合 正仁 : アルキニル-λ3-ブロマンとスルフィン酸塩との反応, 日本薬学会第124年会, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 末藤 孝志, 野口 義紘, 落合 正仁, 城始 勇 : ジアリール-λ3-ブロマン・クラウンエーテル錯体の合成と構造, 日本薬学会第124年会, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 野口 義紘, 仁士 良雄, 落合 正仁 : λ3-ブロマン,λ3-ヨーダン交換反応, 日本薬学会第124年会, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 Takashi Suefuji, Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Hypervalent I(III)⋯O Interaction: Supramolecular Complexes of λ3-Iodanes with 18-Crown-6, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Tokushima, April 2004..[著者] ...
閲覧 Yoshio Nishi and Masahito Ochiai : Synthesis, Structure and Reaction of 1-Alkynyl(aryl)-λ3-bromanes, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Tokushima, April 2004..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai and Takuya Sueda : Tetrahydrofuranylation of alcohols catalyzed by alkylperoxy-λ3-iodane and carbon tetrachloride, Tetrahedron Letters, Vol.45, No.18, 3557-3559, 2004..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yoshimi Tuchimoto and Nobuyuki Higashiura : Reaction of Unstabilized Iodonium Ylides with Organoboranes, Organic Letters, Vol.6, No.9, 1505-1508, 2004..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Synthesis and Reaction of Hypervalent 13-Iodane-Crown Ether Complexes, Cardiff Symposium on Hypervalent Iodine Chemistry, Cardiff, UK, May 2004..[著者] ...
閲覧 Norihiro Tada, Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Oxidation of 3-Hydroxypiperidines with Iodosylbenzene in Water: Tandem Oxidative Grob Fragmentation-Cyclization Reaction, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.52, No.9, 1143-1144, 2004..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Norihiro Tada, Yoshio Nishi and Kentaro Murai : Tandem Michael addition carbene insertion reaction of 1-alkynyl(aryl)(tetrafluoroborato)-λ3-bromanes: 1-(phenylsulfonyl)- and 1-(trifluoromethylsulfonyl)cyclopentene annulation, Chemical Communications, No.24, 2894-2895, 2004..[著者] ...
閲覧 仁士 良雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : 三価の超原子価アルキニル臭素化合物の合成とその反応, 第30回反応と合成の進歩シンポジウム, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 横田 幸恵, 落合 正仁 : 高活性ヨードシルベンゼン錯体の合成とその反応, 第7回ヨウ素利用研究国際シンポジウム, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 廣部 雅也, 宮本 和範, 落合 正仁 : 銀Z-ビニルチオラートの立体選択的合成とその反応, 第43回日本薬学会中四国支部大会, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 多田 教浩, 仁士 良雄, 末藤 孝志, 落合 正仁 : アルキニルブロマン(Ⅲ)への共役付加反応, 第43回日本薬学会中四国支部大会, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 横田 幸恵, 落合 正仁 : ヨードシルベンゼンモノマー錯体の合成とその反応, 第31回ヘテロ原子化学討論会, 2004年12月..[著者] ...
閲覧 Takuya Sueda, Yasunori Takeuchi, Takashi Suefuji and Masahito Ochiai : Addition to Electron Deficient Olefins of α-Oxy Carbon-Centered Radicals,Generated from Cyclic Ethers and Acetals by the Reaction with Alkylperoxy-λ3-iodane, Molecules, Vol.10, No.1, 195-200, 2005..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yoshio Nishi, Satoru GOTO and Hermann J. Frohn : 1-Alkyl(aryl)(tetrafluoroborate)-λ3-bromanes as highly efficient Michael acceptors: Uncatalyzed conjugate addition of 1-alkynyl(trialkyl)stannanes yielding symmetrical and unsymmetrical 1,3-butadiynes, Angewandte Chemie International Edition, Vol.44, No.3, 406-409, 2005..[著者] ...
閲覧 村井 健太郎, 多田 教浩, 末藤 孝志, 後藤 了, 落合 正仁 : Bromonium Ylideの合成, 日本薬学会第125年会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 仁士 良雄, 末藤 孝志, 落合 正仁 : Wipfチアゾール合成反応の反応機構, 日本薬学会年会, Vol.125, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 金秋 鷹雄, 多田 教浩, 仁士 良雄, 落合 正仁 : 臭素とヨウ素の反応性:リガンドカップリングとアルキリデンカルベン機構, 日本薬学会第125年会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 仁士 良雄, 森 剛志, 落合 正仁 : β-フルオロビニル-λ3-ブロマンの立体選択的合成反応, 日本薬学会第125年会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 多田 教浩, 仁士 良雄, 末藤 孝志, 落合 正仁 : アルキニル-λ3-ブロマンのMichael-カルベン転位反応, 日本薬学会第125年会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 武内 恭範, 片山 知子, 末田 拓也, 落合 正仁 : ヨードベンゼン触媒を活用するケトンのα位酸化反応, 日本薬学会第125年会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 廣部 雅也, 宮本 和範, 落合 正仁 : 銀Z-ビニルチオラートの反応, 日本薬学会第125年会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Kazunori Miyamoto and Takashi Suefuji : Activated Iodosylbenzene Monomer: Synthesis And Reaction Of Crown Ether Complexes Of Aqua(hydroxy)(aryl)iodonium Ions, The 14th European Symposium on Organic Chemistry, Helsinki,Finland, July 2005..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takashi Suefuji, Kazunori Miyamoto and Motoo Shiro : Effects of Complexation with 18-Crown-6 on the Hypernucleofugality of Phenyl-λ3-iodanyl Groups. Synthesis of Vinyl-λ3-iodane·18-Crown-6 Complex, Organic Letters, Vol.7, No.14, 2893-2896, 2005..[著者] ...
閲覧 多田 教浩, 仁士 良雄, 森 剛志, 落合 正仁 : 超原子価アルキニル臭素(Ⅲ)化合物の共役付加反応, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 森 剛志, 仁士 良雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : 末端アセチレンの立体選択的フルオロ-λ3-ブロマン化反応, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 金秋 鷹雄, 多田 教浩, 仁士 良雄, 落合 正仁 : 配位子結合機構とMichael付加-アルキリデンカルベン機構, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 廣部 雅也, 宮本 和範, 落合 正仁 : シスビニルスルフィドの高立体選択的合成反応, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yoshio Nishi, Takeshi Mori, Norihiro Tada, Suefuji Takashi and Hermann J. Frohn : Synthesis and Characterization of β-Haloalkenyl-λ3-bromanes: Stereoselective Markovnikov Addition of Difluoro(aryl)-λ3-bromane to Terminal Acetylenes, Journal of the American Chemical Society, Vol.127, No.30, 10460-10461, 2005..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yasunori Takeuchi, Tomoko Katayama, Takuya Sueda and Kazunori Miyamoto : Iodobenzene-Catalyzed α-Acetoxylation of Ketones. In Situ Generation of Hypervalent (Diacyloxyiodo)benzenes Using m-Chloroperbenzoic Acid, Journal of the American Chemical Society, Vol.127, No.35, 12244-12245, 2005..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai and Norihiro Tada : Domino Michael addition-carbene rearrangement-cyclization reaction of 1-alkynyl(aryl)-λ3-bromanes with 2-mercapto-1,3-benzazoles, Chemical Communications, No.40, 5083-5085, 2005..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : ヨウ素化合物の機能と応用, --- ヨードニウムイリドの化学 ---, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2005年10月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 仁士 良雄, 末藤 孝志, 落合 正仁 : 連続Michael付加-カルベン転位-環化反応:Wipfチアゾール合成反応機構, 第8回ヨウ素利用研究国際シンポジウム, 2005年10月..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Yoshio Nishi, Takashi Suefuji and Masahito Ochiai : Tandem Michael Carbene Rearrangement Mechanism: An New Interpretation of Wipf Thiazole Synthesis, The 8th International Symposium on Iodine Utilization, Chiba, Oct. 2005..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Yoshio Nishi and Masahito Ochiai : Thiazole Synthesis by Cyclocondensation of 1-Alkynyl(phenyl)-λ3-iodanes with Thioureas and Thioamides, Angewandte Chemie International Edition, Vol.44, No.42, 6896-6899, 2005..[著者] ...
閲覧 森 剛志, 仁士 良雄, 落合 正仁 : β-ハロビニル-λ3-ブロマンの立体選択的合成, 第31回反応と合成の進歩シンポジウム, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 金秋 鷹雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : アルキニルブロマン(Ⅲ)と第15・16族求核試剤との反応, 第44回日本薬学会中四国支部大会, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 廣部 雅也, 落合 正仁 : E-及びZ-ビニルヨーダン(Ⅲ)のビニル位SN2反応, 第44回日本薬学会中四国支部大会, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Kazunori Miyamoto, Yukie Yokota, Takashi Suefuji and Motoo Shiro : Synthesis, Characterization, and Reaction of Crown Ether Complexes of Aqua(hydroxy)(aryl)iodonium Ions, Angewandte Chemie International Edition, Vol.44, No.1, 75-78, 2005..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Synthesis and Reaction of 1-Alkynyl- and 1-Alkenyl(aryl)-lambda3-bromanes, PACIFICHEM 2005, Honolulu, Hawaii, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, --- Decynyl(phenyl)iodonium Tetrafluoroborate ---, John Wiley & Sons, Inc., (都市), (month)2006..[著者] ...
閲覧 Takashi Suefuji, Motoo Shiro, Kentaro Yamahuchi and Masahito Ochiai : Complexation of Diphenyl(tetrafluoroborato)-lambda3-iodane with Pyridine, Heterocycles, Vol.67, No.1, 391-397, 2006..[著者] ...
閲覧 Micha Slegt, Roel Gronheid, Dennis Vlugt, Masahito Ochiai and Tadashi Okuyama : Photochemical Generation of Six- and Five-Membered Cyclic Vinyl Cations, The Journal of Organic Chemistry, Vol.71, No.6, 2227-2235, 2006..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 落合 正仁 : 活性型ヨードシルベンゼンを活用したオレフィンの酸化的開裂反応, 日本薬学会第126年会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 多田 教浩, 村井 健太郎, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドの化学:アミンとの反応, 日本薬学会第126年会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 広部 雅也, 落合 正仁 : 分子内転位によるβーハロビニルヨーダンの合成, 日本薬学会第126年会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 中筋 千晴, 林 聡子, 中西 和郎, 宮本 和範, 落合 正仁 : アルキニル(フェニル)ーλ3-ヨーダンの構造:超原子価化合物の特性における軌道の役割, 日本化学会第86春季年会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Intermolecular Hypervalent I(III)-O Interactions: A New Driving Force for Complexation of Crown Ethers, Coordination Chemistry Reviews, Vol.250, No.21, 2771-2781, June 2006..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Masaya Hirobe and Kazunori Miyamoto : Silver Technology for Stabilization of Simple (Z)-Enethiols: Stereoselective Synthesis and Reaction of Silver (Z)-Enethiolates, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.28, 9046-9047, 2006..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Yoshio Nishi and Masahito Ochiai : On the Thiazole Synthesis by Cyclocondensation of 1-Alkynyl(phenyl)-lambda3-iodanes with Thioureas and Thioamides, 2nd International Conference on Hypervalent Iodine, Thessaloniki,Greece, June 2006..[著者] ...
閲覧 Norihiro Tada, Kentaro Murai, Satoru Goto and Masahito Ochiai : Synthesis, Characterization,and Reaction of Aliphatic Bromonium Ylides, 2nd International Conference on Hypervalent Iodine, Thessaloniki,Greece, June 2006..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Organo-lambda3-Iodanes versus lambda3-Bromanes, 2nd International Conference on Hypervalent Iodine, Thessaloniki, Greece, June 2006..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Norihiro Tada, Kentaro Murai, Satoru Goto and Motoo Shiro : Synthesis and Characterization of Bromonium Ylides and Their Unusual Ligand Transfer Reactions with N-Heterocycles, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.30, 9608-9609, 2006..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Yoshio Nishi and Masahito Ochiai : Wipf Thiazole Synthesis: Tandem Michael Addition-Carbene Rearrangement-Cyclization Mechanism, 22nd International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur, Saitama, Aug. 2006..[著者] ...
閲覧 Masaya Hirobe, Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Stereoselective Synthesis and Reaction of Silver (Z)-Enethiolates, 22nd International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur, Saitama, Aug. 2006..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Hypervalent Alkynyl- and Alkenyl(aryl)-lambda3-bromanes, 2nd International Symposium of Core-to-Core Program on Main Group Chemistry, Tokyo, Aug. 2006..[著者] ...
閲覧 金秋 鷹雄, 多田 教浩, 落合 正仁, 城 始勇 : トリフリルイミノーλ3-ブロマンの合成およびその酸化的アミノ化反応, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 吉村 祥, 森 剛志, 仁士 良雄, 落合 正仁 : アルコールとアセチレンの連続的酸化ー[2+2]環化ー開環反応による共役エノンの立体選択的合成反応, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 鈴木 麻衣, 末藤 孝志, 宮本 和範, 落合 正仁 : 不安定ヨードニウムイリドの合成およびそのアルデヒドとの反応, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Stabilization of lambda3-iodanes by the complexation with crown ethers and their synthetic applications, The 9th International Symposium on Iodine Utilization, Chiba, Oct. 2006..[著者] ...
閲覧 広部 雅也, 落合 正仁 : ハロゲンの分子内1,4-転位を活用するハロビニルヨーダンの合成, 第9回ヨウ素利用研究国際シンポジウム, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 落合 正仁 : 不安定λ3-ヨーダンのクラウンエーテルによる安定化とその合成的利用法の開発」, 第9回ヨウ素利用研究国際シンポジウム, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 鈴木 麻衣, 末藤 孝志, 宮本 和範, 落合 正仁 : モノエステルヨードニウムイリドの合成と反応:エポキシエステルの立体選択的合成, 第45回日本薬学会中四国支部大会, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 吉村 祥, 森 剛志, 仁士 良雄, 落合 正仁 : 末端アセチレンとアルコールとの酸化的炭素ー炭素結合形成反応:共役エノンの合成, 第45回日本薬学会中国四国支部大会, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 金秋 鷹雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : イミノブロマンの合成と反応, 第45回日本薬学会中国四国支部大会, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 広部 雅也, 宮本 和範, 落合 正仁 : シルバーテクノロジー:銀Z-エンチオラートの合成と反応, 第32回反応と合成の進歩シンポジウム, 2006年12月..[著者] ...
閲覧 多田 教浩, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドの合成とその特異な反応性, 第33回有機典型元素化学討論会, 2006年12月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takuya Sueda, Kazunori Miyamoto, Paul Kiprof and Viktor Zhdankin : trans Influences on Hypervalent Bonding of Aryl lambda3-Iodanes: Their Stabilities and Isodesmic Reactions of Benziodoxolones and Benziodazolones, Angewandte Chemie International Edition, Vol.45, No.48, 8203-8206, 2006..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Stoichiometric and Catalytic Oxidation with Hypervalent Organo-λ3-iodanes, Chemical Record, Vol.7, No.1, 12-23, Jan. 2007..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada and Masahito Ochiai : Activated Iodosylbenzene Monomer as an Ozone Equivalent: Oxidative Cleavage of Carbon-Carbon Double Bonds in the Presence of Water, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.10, 2772-2773, 2007..[著者] ...
閲覧 岡田 拓也, 多田 教浩, 落合 正仁 : ヨードニウムイリドのイリド転位反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 多田 教浩, 岡田 拓也, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドのイリド転位反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 吉村 祥, 森 剛志, 仁士 良雄, 落合 正仁 : 末端アセチレンとアルコールとの酸化的縮合反応:共役エノンの合成, 日本薬学会第127年会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 金秋 鷹雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : 室温でナイトレンを発生するイミノブロマンの合成と反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 鈴木 麻衣, 末藤 孝志, 宮本 和範, 落合 正仁 : モノエステルヨードニウムイリドの発生とその反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 落合 正仁 : ヨウ化アリールを触媒としたアルケンの酸化的切断反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Masaya Hirobe, Motomichi Saito, Motoo Shiro and Masahito Ochiai : One-Pot Regioselective Synthesis of Chromanyl(phenyl)-lambda3-iodanes: Tandem Oxidative Cyclization and lambda3-Iodanation of 3-Phenylpropanols, Organic Letters, Vol.9, No.10, 1995-1998, 2007..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 落合 正仁 : 高活性ヨードシルベンゼンモノマーを活用したオレフィンの酸化的開裂反応, 第五回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 超原子価臭素化学の夜明け, 北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング, 2007年6月..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada and Masahito Ochiai : Activated Iodosylbenzene Monomer as an Ozone Equivalent: Oxidative Cleavage of Carbon-Carbon Double Bonds in the Presence of Water, The 15th European Symposium on Organic Chemistry, Dublin, Ireland, July 2007..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Masaya Hirobe, Akira Yoshimura, Yoshio Nishi and Kazunori Miyamoto : Internal Delivery of Soft Chlorine and Bromine Atoms: Stereoselective Synthesis of (E)-beta-Halogenovinyl(aryl)-lambda3-iodanes through Domino lambda3-Iodanation-1,4-Halogen Shift-Fluorination of Alkynes, Organic Letters, Vol.9, No.17, 3335-3338, 2007..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Kaneaki Takao, Norihiro Tada, Kazunori Miyamoto, Hiroshi Chuman, Shiro Motoo, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : A New Type of Imido Group Donor: Synthesis and Characterization of Sulfonylimino-λ3-bromane that Acts as a Nitrenoid in the Aziridination of Olefins at Room Temperature under Metal-Free Conditions, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.43, 12938-12939, 2007..[著者] ...
閲覧 Akira Yoshimura, Takeshi Mori, Yoshio Nishi, Masaya Hirobe and Masahito Ochiai : lambda3-Bromane-Induced Oxidative Condensation of Alkynes with Alcohols, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada and Masahito Ochiai : Activated Iodosylbenzene as an Environmentally Friendly Ozone Equivalent: Oxidative Cleavage of C-C-Double Bonds in the Presence of Water, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007..[著者] ...
閲覧 Takao Kaneaki, Norihiro Tada, Masahito Ochiai, Motoo Shiro and Satoko Hayashi : Synthesis and Characterization of Sulfonyl-lambda3-bromane that Serves as Nitrenoid at Room TEmperature under Meta-free Conditions, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007..[著者] ...
閲覧 Norihiro Tada, Kentaro Murai, Satoru Goto and Masahito Ochiai : Aliphatic Bromonium Ylides. Synthesis, Characterization, and Reaction with Nucleophiles, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007..[著者] ...
閲覧 Masaya Hirobe, Yoshio Nishi, Akira Yoshimura and Masahito Ochiai : Internal Delivery of Soft Chlorine and Bromine Atoms:Stereoselective Synthesis of (E)-beta-Halogenovinyl(aryl)-lambda3-iodanes through Domino Iodanation-1,4-Halogen Shift-Fluoronation of Alkynes, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007..[著者] ...
閲覧 河野 由布子, 金秋 鷹雄, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマンを用いたアンモニウムイリドの合成, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 吉村 祥, 鈴木 麻衣, 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : 三価の超原子価臭素化合物とアルコール及びアルデヒドとの反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 斉藤 基道, 宮本 和範, 落合 正仁 : 隣接基関与による位置選択的芳香族フッ素化反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 岡田 拓也, 内藤 将夫, 多田 教浩, 宮本 和範, 落合 正仁 : ブロマン(III)の反応:スルホンアミドのHofmann転位反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 谷川 友一, 城 始勇, 落合 正仁 : 加溶媒分解によるシクロペンテニルカチオンの熱的発生反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Norihiro Tada, Takuya Okada, Atsushi Sota and Kazunori Miyamoto : Thermal and Catalytic Transylidations between Halonium Ylides and Synthesis and Reaction of Stable Aliphatic Chloronium Ylides., Journal of the American Chemical Society, Vol.130, No.7, 2118-2119, 2008..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai and Kazunori Miyamoto : Catalytic Version of and Reuse in Hypervalent Organo λ3- and λ5-iodane Oxidation., European Journal of Organic Chemistry, Vol.2008, No.25, 4229-4239, 2008..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Yoshihisa Sei, Kentaro Yamaguchi and Masahito Ochiai : Iodomesitylene-Catalyzed Oxidative Cleavage of Carbon-Carbon Double and Triple Bonds Using m-Chloroperbenzoic Acid as a Terminal Oxidant, Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.4, 1382-1383, 2009..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Aiko Nakano, Akira Yoshimura, Kazunori Miyamoto, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : Imido transfer of sulfonylimino-λ3-bromane makes possible the synthesis of sulfonylimino-λ3-iodanes, Chemical Communications, (巻), No.8, 959-961, 2009..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Yufuko Kawano, Takao Kaneaki, Norihiro Tada and Kazunori Miyamoto : Direct Transfer of the Sulfonylimino Group of Imino-λ3-Bromane to N-Heterocycles and Trialkylamines: Synthesis of N-Iminoammonium Ylides under Metal-Free Conditions, Organic Letters, Vol.11, No.2, 281-284, 2009..[著者] ...
閲覧 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : (E)-2-アルキルビニルブロマンのビニル位SN2反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 酒井 祐太, 宮本 和範, 落合 正仁 : ヨードベンゼンを用いたアミドの触媒的Hofmann転位反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 内藤 将夫, 宮本 和範, 落合 正仁, 林 聡子, 中西 和郎 : イミノブロマンの反応:スルフィド,スルホキシドへのイミノ基挿入反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 岡田 拓也, 落合 正仁, 林 聡子, 中西 和郎 : イミノブロマンの反応: 混ぜるだけで進行するアルカンC-Hアミノ化反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Akira Yoshimura and Kazunori Miyamoto : Oxidation of Benzyl Alcohols with Difluoro(aryl)-λ3-bromane: Formation of Benzyl Fluoromethyl Ethers via Oxidative Rearrangement, Tetrahedron Letters, Vol.50, No.33, 4792-4795, 2009..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takuya Okada, Norihiro Tada, Akira Yoshimura, Kazunori Miyamoto and Motoo Shiro : Difluoro-λ3-bromane-Induced Hofmann Rearrangement of Sulfonamides: Synthesis of Sulfamoyl Fluorides, Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.24, 8392-8393, 2009..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Aiko Nakano, Akira Yoshimura and Masahito Ochiai : Transimidation of sulfonylimino-λ3-bromane to iodobenzene: synthesis of imino-λ3-iodanes., The 3rd international symposium on synergy of elements, Aug. 2009..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Motoo Shiro and Masahito Ochiai : Facile Generation of a Strained Cyclic Vinyl Cation by Thermal Solvolysis of Cyclopent-1-enyl-λ3-bromanes, Angewandte Chemie International Edition, Vol.48, No.47, 8931-8934, 2009..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 酒井 祐太, 落合 正仁 : ヨードベンゼンを触媒として使用する1級アミドのHofmann転位反応, 第12回ヨウ素学会シンポジウム, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 酒井 祐太, 宮本 和範, 落合 正仁 : 有機触媒ヨードベンゼンを活用するHofmann転位反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : 超強酸の共役塩基によるオレフィン二分子求核置換反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 河野 由布子, 多田 教浩, 宮本 和範, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドを用いた熱的カルベンC-H挿入反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 金秋 鷹雄, 落合 正仁, 林 聡子, 中西 和郎 : 高反応性ナイトレノイドイミノブロマンの脂肪族C-Hアミノ基挿入反応, 第35回反応と合成の進歩シンポジウム, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 長谷川 雄一, 吉村 祥, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマンによる芳香族化合物のC-Hアミノ化反応, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 河野 由布子, 多田 教浩, 宮本 和範, 落合 正仁 : イリドカルベノイドの脂肪族および芳香族C-H挿入反応, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : 低求核性アニオンによるビニルブロマンのビニル位SN2反応, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 山根 真一, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマンを活用するエーテルα位の直接アミノ化反応, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 土井 龍輔, 曽田 篤志, 宮本 和範, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドを用いた一重項ビス(トリフリル)カルベンの熱的発生反応, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 山下 泰生, 谷川 友一, 宮本 和範, 落合 正仁 : オルトトリメチルシリルフェニルカチオン, 日本薬学会第130年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 山根 真一, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマンによる脂肪族C-H結合挿入反応, 元素相乗系化合物の化学 第5回公開シンポジウム, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範 : 最後の環状ビニルカチオンをつくる!ーシクロペンテニルカチオンの生成, 化学, Vol.65, No.3, 72-73, 2010年3月. ...
閲覧 宮本 和範, 落合 正仁 : 有機触媒による酸化的炭素ー炭素二重結合切断反応, 有機合成化学協会誌, Vol.68, No.3, 228-237, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Takuji Okubo, Masaya Hirobe, Waro Nakanishi, Munetaka Kunishima and Masahito Ochiai : Effects of stereochemistry and β-substituents on the rates of vinylic SN2 reaction of hypervalent vinyl(phenyl)-λ3-iodanes with tetrabutylammonium halides, Tetrahedron, Vol.66, No.31, 5819-5826, 2010..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : Chemistry of Hypervalent Organoiodane(III) and Bromane(III), 第21回日仏医薬精密化学会議, 京都, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Akira Yoshimura, Kazunori Miyamoto, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : Hypervalent λ3-Bromane Strategy for Baeyer-Villiger Oxidation: Selective Transformation of Primary Aliphatic and Aromatic Aldehydes to Formates, Which is Missing in the Classical Baeyer-Villiger Oxidation,, Journal of the American Chemical Society, Vol.132, No.27, 9236-9239, 2010..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Masao Naito, Kazunori Miyamoto, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : Imination of Sulfides and Sulfoxides with Sulfonylimino-λ3-Bromane under Mild, Metal-Free Conditions, Chemistry - A European Journal, Vol.16, No.29, 8713-8718, 2010..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 大久保 琢爾, 落合 正仁 : Facile Room Temperature Generation of a Strained Cyclopent-1-enyl Cation by Thermal Solvolysis of Cyclopent-1-enyl-λ3-bromanes, 第3回超原子価ヨウ素化学に関する国際会議, ボルドー, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : Vinylic SN2 Reaction of 2-Alkylvinyl-λ3-bromanes, 第3回超原子価ヨウ素化学に関する国際会議, ボルドー, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : Chemistry of Hypervalent Organoiodane(III) and Bromane(III), 第3回超原子価ヨウ素化学に関する国際会議, ボルドー, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : ジフルオロ(アリール)ーλ3ーブロマンを活用する有機合成反応, 第34回フッ素化学討論会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 吉村 祥, 宮本 和範, 落合 正仁 : Baeyer-Villiger 酸化の新しい方法論 芳香族及び脂肪族一級アルデヒドの反応, 第36回反応と合成の進歩シンポジウム, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 山根 真一, 鈴木 麻衣, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマン(III)を用いたアミノ基のエーテルα位C-H挿入反応, 第49回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 Md. Mahbubul Hoque, 多田 教浩, 宮本 和範, 落合 正仁 : Hypervalent Diacetoxybromane(III)-Mediated Aziridization of Olefins with Amides, 第49回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 高田 真也, 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : 超原子価イミノブロマンを活用するアルデヒドの直接アミド化反応, 第49回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 岩﨑 進, 土井 龍輔, 曽田 篤志, 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドのオレフィン中での熱分解反応, 第49回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 齊藤 基道, 宮本 和範, 落合 正仁 : 高活性ヨードシルベンゼンによる芳香族化合物のパラ位選択的直接フッ素か反応, 第13回ヨウ素学会シンポジウム, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : ビニルブロマン(III)のSN2反応:超強酸の共役塩基との反応, 第37回有機典型元素化学討論会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 城 始勇, 落合 正仁 : 超原子価シクロペンテニルブロマンの熱分解反応によるシクロペンテニルカチオンの生成, 2010臭素化学懇話会年会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Kazunori Miyamoto, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : Hypervalent N-sulfonylimino-λ3-bromane: active nitrenoid species at ambient temperature under metal-free conditions, Chemical Communications, Vol.46, No.4, 511-521, 2010..[著者] ...
閲覧 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : Synthesis of 2-Alkylvinyl-λ3-Bromanes and its Vinylic SN2 Reaction with Conjugate Bases of Superacids, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 山下 泰生, 宮本 和範, 落合 正仁 : Generation of ortho-(Trimethylsilyl)phenyl Cation, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 齊藤 基道, 宮本 和範, 落合 正仁 : Direct para-Selective Fluorination of Alkoxyalkylarenes with Activated Iodosybenzene Monomer, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 山根 真一, 鈴木 麻衣, 宮本 和範, 落合 正仁 : Metal-Free C-H Amination of Ethers with Imino-λ3-bromane, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 宮本 和範, 落合 正仁 : Generation of a Strained Cyclopent-1-enyl Cation by Thermal solvolysis, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 Motomichi Saito, Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Hypervalent phenyl-λ3-iodane-mediated para-selective aromatic fluorination of 3-phenylpropyl ethers, Chemical Communications, Vol.47, No.12, 3410-3412, 2011..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takuji Okubo and Kazunori Miyamoto : Weakly Nucleophilic Conjugate Bases of Superacids as Powerful Nucleophiles in Vinylic Bimolecular Nucleophilic Substitutions of Simple β-Alkylvinyl(aryl)-λ3-bromanes, Journal of the American Chemical Society, Vol.133, No.10, 3342-3344, 2011..[著者] ...
閲覧 山下 泰生, 宮本 和範, 落合 正仁 : 活性反応種フェニルカチオンの新しい発生法, 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 岩﨑 進, 土井 龍輔, 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : ビストリフリルカルベンとオレフィンとの反応, 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Norihiro Tada, Kazunori Miyamoto and Motoo Shiro : Synthesis and Structure of Aliphatic Phenylchloronium Ylide, Heteroatom Chemistry, Vol.22, No.3, 325-330, 2011..[著者] ...
閲覧 山根 真一, 鈴木 麻衣, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマン(III)によるエーテルC-H挿入反応, 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 Hoque Mahbubul Md., 宮本 和範, 落合 正仁 : Aziridination of Olefins with Sulfonamides and Diacetoxybromane(III), 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 高田 真也, 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマン(III) によるアルデヒドのアミド化反応, 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 齊藤 基道, 宮本 和範, 落合 正仁 : 超原子価イミノブロマンと芳香族化合物との反応, 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Takao Kaneaki, Kazunori Miyamoto, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : Highly Regioselective Amination of Unactivated Alkanes by Hypervalent Sulfonylimino-λ3-Bromane, Science, Vol.332, No.6028, 448-451, 2011..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Chemistry of Hypervalent Organoiodane(III) and Bromane(III), Special Seminar of Organic Chemistry, Institute of Chemistry, University of Sao Paulo, Sao Paulo, Brazil, Aug. 2011..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Chemistry of Hypervalent Organoiodane(III) and Bromane(III), Special Seminar of Organic Chemistry, Chemistry Institute, State University of Campinas, Campinas, Brazil, Aug. 2011..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Structure and Properties of Hypervalent Iodane Compounds, 14th Brazilian Meeting on Organic Synthesis, Short Course, Brasilia, Brazil, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai : Chemistry of Hypervalent Organoiodane(III) and Bromane(III), 14th Brazilian Meeting on Organic Synthesis, Brasilia, Brazil, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Akira Yoshimura, Md. Mahbubul Hoque, Takuji Okubo, Motomichi Saito and Kazunori Miyamoto : Oxidation of Primary Aliphatic and Aromatic Aldehydes with Difluoro(aryl)-λ3-bromane, Organic Letters, Vol.13, No.20, 5568-5571, 2011..[著者] ...
閲覧 Md. Mahbubul Hoque, Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada, Motoo Shiro and Masahito Ochiai : Synthesis and Structure of Hypervalent Diacetoxybromobenzene and Aziridination of Olefins with Imino-λ3-bromane Generated in Situ under Metal-Free Conditions, Organic Letters, Vol.13, No.20, 5428-5431, 2011..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 未踏領域超原子価臭素の化学, 日本化学会西日本大会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 鈴木 麻衣, 宮本 和範, 末藤 孝志, 落合 正仁 : モノエステルヨードニウムイリドの発生およびアルデヒドとの反応, 第14回ヨウ素学会シンポジウム, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 三価の超原子価臭素とヨウ素のケミストリー, 和漢研セミナー, 2011年12月..[著者] ...
閲覧 落合 正仁 : 未踏研究領域超原子価臭素化合物のケミストリー, 第126回日本薬学会中国四国支部例会, 2012年1月..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Yuuta Sakai, Shunsuke Goda and Masahito Ochiai : A catalytic version of hypervalent aryl-λ3-iodane-induced Hofmann rearrangement of primary carboxamides: iodobenzene as an organocatalyst and m-chloroperbenzic acid as a terminal oxidant, Chemical Communications, Vol.48, No.7, 982-984, 2012..[著者] ...
閲覧 落合 正仁, Waro Nakanishi, 宮本 和範, Takao Kaneaki, Satoko Hayashi : 超原子価スルホニルイミノブロマン(III)による不活性アルカンの高位置選択的アミノ化反応, サイエンスに載った日本人研究者, Vol.2011, No.-, 27, 2012年2月..[著者] ...
閲覧 山下 泰生, 宮本 和範, 落合 正仁, 林 聡子, 中西 和郎 : ジアリールブロマン(III)の求核置換反応, 日本薬学会第132年会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 齋藤 基道, 和田 文恵, 宮本 和範, 落合 正仁, 城 始勇 : 超原子価ヒドロキシブロモキソロンの合成とその構造, 日本薬学会第132年会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 Hoque Mahbubul Md., Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Highly Selective, Unactivated Alkane C-H Oxidation to Ketones with (Diacetoxybromo)benzene, 日本薬学会第132年会, March 2012..[著者] ...
閲覧 合田 峻輔, 酒井 祐太, 宮本 和範, 落合 正仁 : 触媒的Hofmann転位による脂肪族アミンの高効率合成法の開発, 日本薬学会第132年会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 和田 文恵, 齋藤 基道, 落合 正仁, 城 始勇 : 超原子価環状ブロマン(III)によるエポキシ化反応, 日本薬学会第132年会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 太田 泰雅, 安岡 輝, 宮本 和範, 落合 正仁 : 三価の超原子価臭素および塩素置換基の超脱離能の評価, 日本薬学会第132年会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Shinichi Yamane, Mhabubul Md. Hoque, Motomichi Saito and Kazunori Miyamoto : Metal-free α-CH amination of ethers with hypervalent sulfonylimino-λ3-bromane that acts as an active nitrenoid., Chemical Communications, Vol.48, No.43, 5280-5282, 2012..[著者] ...
閲覧 太田 泰雅, 宮本 和範, 落合 正仁 : 三価の超原子価ブロマンとスルホンアミドを用いたアルカンC-Hアミノ化反応, 日本薬学会第133年会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 合田 峻輔, 宮本 和範, 落合 正仁 : 超原子価ジアセトキブロマン(III)を用いた効率的芳香族C-Hアミノ化反応, 日本薬学会第133年会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 岩崎 進, 宮本 和範, 落合 正仁, 城 始勇, 松本 崇 : 五価の超原子価ブロミルベンゼンの合成,構造と反応, 日本薬学会第133年会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Mai Suzuki, Takashi Suefuji and Masahito Ochiai : In Situ Generation Technology of β-Butoxycarbonyliodonium Ylide: A Hypervalent Analogue of the Darzens Reagent, European Journal of Organic Chemistry, Vol.2013, No.18, 3662-3666, 2013..[著者] ...
閲覧 酒井 祐太, 宮本 和範, 落合 正仁 : 分子状酸素を酸化剤とする,ヨードアレーン触媒を用いたHofmann 転位反応, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 Michihiro Nakamura, Kazunori Miyamoto, Koichiro Hayashi, Aziz Awaad, Masahito Ochiai and Kazunori Ishimura : Time-Lapse Fluorescence Imaging and Quantitative Single Cell and Endosomal Analysis of Peritoneal Macrophages Using Fluorescent Organosilica Nanoparticles, Nanomedicine : Nanotechnology, Biology, and Medicine, Vol.9, No.2, 274-283, 2013..[著者] ...
閲覧 Kazunori Miyamoto, Yukie Yokota, Takashi Suefuji, Kentaro Yamaguchi, Tomoyuki Ozawa and Masahito Ochiai : Reactivity of hydroxy- and aquo(hydroxy)-λ3-iodane-crown ether complexes., Chemistry - A European Journal, Vol.20, No.18, 5447-5453, 2014..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.33, Max(EID) = 393106, Max(EOID) = 1063453.