『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 佐竹 昌之 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.スポーツ健康分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])

登録情報の数

有効な情報: 84件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 88件

全ての有効な情報 (84件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(34)
閲覧 閲覧 筑波大学 …(5)
閲覧 閲覧 徳島県 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(34)
閲覧 閲覧 財団法人 日本スポーツ協会 …(9)
閲覧 (未定義) …(24)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 佐竹 昌之, 池上 晴夫 : 4ケ月の身体トレーニングが,体組成,呼吸循環系,血液及び体力に及ぼす効果について, 日本体育学会大会号, No.33, 384, 1982年10月..[著者] ...
閲覧 池上 晴夫, 佐竹 昌之, 瀬谷 久美子 : 脈波速度からみた動脈の硬化に及ぼす運動の影響 : 中高年者に対する運動療法, 体力科学, Vol.32, No.4, 212-214, 1983年..[著者] ...
閲覧 池上 晴夫, 佐竹 昌之, 黒川 隆志, 丹 信介, 杉浦 崇夫, 山崎 由久 : 身体トレーニングが体組成,呼吸・循環系,血液,体力などに及ぼす効果 : 30歳前後の男子の場合, 体力科学, Vol.32, No.5, 302-309, 1983年..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之, 池上 晴夫 : 走行中のピッチ数変化がVo2,HR,呼吸数に及ぼす影響, 体力科学, Vol.32, No.6, 469, 1983年12月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之, 姜 熙成, 池上 晴夫 : 走行中の経済ピッチについて : 競技種目間の比較, 日本体育学会大会号, No.35, 354, 1984年10月..[著者] ...
閲覧 丹 信介, 松崎 尚子, 佐竹 昌之, 鈴井 正敏, 池上 晴夫 : Exhaustive走が心臓機能に及ぼす影響(第2報) : 時に走後の回復過程に着目して, 体力科学, Vol.33, No.6, 382, 1984年12月..[著者] ...
閲覧 丹 信介, 佐竹 昌之, 池上 晴夫 : PEP及びLVETの重回帰式の作成と心筋収縮性評価のための利用, 筑波大学体育科学系紀要, Vol.8, 155-164, 1985年..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之, 池上 晴夫 : ピッチとストライドに関する研究(第3報) : ピッチとストライドの変化が酸素摂取量に及ぼす影響, 日本体育学会大会号, No.36, 289, 1985年8月..[著者] ...
閲覧 姜 熙成, 西保 岳, 近藤 徳彦, 佐竹 昌之, 池上 晴夫 : 運動による肺抵抗の変化, 日本体育学会大会号, No.36, 259, 1985年8月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之, 池上 晴夫 : 長距離走におけるピッチとストライドの変化が走効率に及ぼす影響, 体育学研究, Vol.30, No.3, 231-239, 1985年..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之, 鍋倉 賢治, 青柳 幸利, 池上 晴夫, 姜 熙成 : ピッチとストライドに関する研究(第4報) : ピッチと酸素摂取量の関係, 日本体育学会大会号, No.37, 569, 1986年10月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之, 姜 煕成, 後藤 真二, 池上 晴夫 : 身体トレーニングが体組成,循環機能,血液性状および体力に及ぼす効果, いばらき体育·スポーツ科学, Vol.2, 17-23, 1987年..[著者] ...
閲覧 Hi-Sung Kang, Haruo Ikegami, Takesi Nishiyasu and Masayuki Satake : Effects of lung blood volume change by lower body negative pressure (LBNP) and positive pressure (LBPP) on closing volume(CV) and lung volumes., 1986 Asian Games scientific congress proceedings, 978-983, 1987..[著者] ...
閲覧 Haruo Ikegami, Hi-Sung Kang, Masayuki Satake, Takeshi Nishiyasu and Miyako Inazawa : Effects of physical training upon pulse wave velocity in the human aorta., 1986 Asian games scientific congress proceedings, 901-911, 1987..[著者] ...
閲覧 近藤 徳彦, 佐竹 昌之, 姜 煕成, 池上 晴夫 : 水中トレーニング群と陸上トレーニング群の運動時発汗調節の比較, 日本体育学会大会号, No.38, 614, 1987年8月..[著者] ...
閲覧 姜 煕成, 佐竹 昌之, 後藤 真二, 近藤 徳彦, 池上 晴夫 : 運動中及び回復期の気道抵抗の変化, 日本体育学会大会号, No.38, 528, 1987年8月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之, 前河 洋一, 青柳 幸利, 姜 煕成, 池上 晴夫 : 走運動及び自転車運動におけるピッチと酸素摂取量の関係, 体育学研究, Vol.32, No.2, 91-97, 1987年..[著者] ...
閲覧 池上 晴夫, 鍋倉 賢治, 西保 岳, 姜 熙成, 後藤 真二, 佐竹 昌之, 近藤 徳彦 : 運動の開始,終了及び強度の変化に伴って起こる心周期分画のTRANSIENTな変動, 体力科学, Vol.36, No.6, 346, 1987年12月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : 子どもと運動, コーチングクリニック, Vol.2, No.1, 4-10, 1988年1月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : 競技者のさまざまな準備段階におけるトレーニング構造の違いについて, コーチングクリニック, Vol.2, No.3, 7-9, 1988年3月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : 初期発達段階の選手のためのトレーニングについて, コーチングクリニック, Vol.2, No.3, 20-23, 1988年3月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : フライブルグにおける「筋力シンポジウム」からの知見の陸上競技トレーニング実践への応用, コーチングクリニック, Vol.2, No.5, 6-12, 1988年5月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : プライオメトリック・トレーニング, コーチングクリニック, Vol.2, No.5, 47-51, 1988年5月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : ジュニア競技者や初心者に対するプライオメトリック・トレーニングの負荷, コーチングクリニック, Vol.2, No.5, 36-39, 1988年5月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : 中距離走者のための筋力トレーニング, トレーニングジャーナル, Vol.11, No.6, 82-84, 1989年6月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : 長距離走におけるピッチとストライドに関する研究, スポーツ方法学研究, Vol.2, 59-69, 1989年..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之, 黒田 浩, 小原 繁, 荒木 秀夫, 石原 昭彦, 松井 敦典 : 連続跳躍動作(その場跳躍)における跳躍頻度と酸素摂取量及び心拍数の関係, 日本体育学会大会号, No.40, 325, 1989年9月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : 高校陸上競技(中・長距離走)の年間トレーニング・プログラム, トレーニングジャーナル, Vol.12, No.1, 85-88, 1990年1月..[著者] ...
閲覧 黒田 浩, 小原 繁, 荒木 秀夫, 石原 昭彦, 松井 敦典, 三浦 武, 中村 久子, 佐竹 昌之 : 連続跳躍運動(その場跳躍)における跳躍頻度と酸素摂取量の関係(その2), 徳島大学教養部紀要(保健体育), Vol.23, No.1, 1-9, 1990年..[著者] ...
閲覧 Hi-Sung Knng, Haruo Ikegami and Masayuki Satake : Changes of specific air- way conductance and functional residual capacity during incremental exercise, 1988 Seoul Olympic scientific congress proceedings, 285-291, 1990..[著者] ...
閲覧 中嶋 寛之, 佐竹 昌之, : 国体選手の健康管理に関する研究(第1報), --- 徳島県の結果と考察 ---, 日本体育協会スポーツ医·科学研究報告, (巻), (号), 75, 東京, 1991年3月..[著者] ...
閲覧 小原 繁, 荒木 秀夫, 佐竹 昌之 : 連続跳躍動作時の酸素摂取量と血中乳酸濃度の関係, 体力科学, 1991年3月..[著者] ...
閲覧 中嶋 寛之, 佐竹 昌之, : 国体選手の健康管理に関する研究(第2報), --- 徳島県の結果と考察 ---, 日本体育協会スポーツ医·科学研究報告, (巻), (号), 105, 東京, 1992年3月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : 国体選手の健康管理について, 体育学研究, 1992年4月..[著者] ...
閲覧 中嶋 寛之, 佐竹 昌之, : 国体選手の健康管理に関する研究(第3報), 日本体育協会スポーツ医·科学研究報告, (都市), 1993年3月..[著者] ...
閲覧 中嶋 寛之, 佐竹 昌之, : 国体選手の医・科学サポートに関する研究(第1報), 日本体育協会スポーツ医·科学研究報告, (都市), 1994年3月..[著者] ...
閲覧 中嶋 寛之, 佐竹 昌之, : 国体選手の医・科学サポートに関する研究(第2報), 日本体育協会スポーツ医·科学研究報告, (都市), 1995年3月..[著者] ...
閲覧 内田 元彦, 佐竹 昌之, : 公認スポーツ指導者海外研修報告, 平成6年度公認スポーツ指導者海外研修報告書, (都市), 1995年3月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : 長距離走におけるピッチと下肢の筋電図パターンとの関係, スポーツ方法学研究, Vol.9, No.1, 57-64, 1996年..[著者] ...
閲覧 中嶋 寛之, 佐竹 昌之, : 国体選手の医・科学サポートに関する研究(第3報), 日本体育協会スポーツ医·科学研究報告, (都市), 1996年3月..[著者] ...
閲覧 中嶋 寛之, 佐竹 昌之, : 国体選手の医・科学サポートに関する研究(第4報), 日本体育協会スポーツ医·科学研究報告, 東京, 1997年3月..[著者] ...
閲覧 池上 晴夫, 佐竹 昌之 : 身体運動の調節性, --- 運動に対する応答を中心に-走法と効率 ---, 朝倉書店, 東京, 1997年3月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : 走行中のピッチの変化が呼吸数に及ぼす影響, 徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.7, 1-7, 1997年..[著者] ...
閲覧 中嶋 寛之, 佐竹 昌之, : 国体選手の医·科学サポートに関する研究-第5報-, 日本体育協会スポーツ医·科学研究報告, (巻), (号), 1-135, 東京, 1998年3月..[著者] ...
閲覧 中嶋 寛之, 佐竹 昌之, : 国体選手の医·科学サポートに関する研究-第6報-, 日本体育協会スポーツ医·科学研究報告, 1-123, 東京, 1999年3月..[著者] ...
閲覧 中嶋 寛之, 佐竹 昌之, : 国体選手の医·科学サポートに関する研究-第7報-, 日本体育協会スポーツ医·科学研究報告, 1-89, 東京, 2000年3月..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之 : スポーツ競技者への栄養学的サポートに関する研究, 徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.10, 75-83, 2000年..[著者] ...
閲覧 仁木 哲哉, 佐竹 昌之, 小原 繁 : 漸増負荷運動時の心音の増強とブレイキングポイント, 体力科学, Vol.52, 877, 2003年12月..[著者] ...
閲覧 曾田 紘二, 長積 仁, 寺嶋 吉保, 井上 哲夫, 佐竹 昌之 : 授業評価アンケートの作り方·フィードバックの仕方, --- 徳島大学FD推進ハンドブック第2号,第8巻 ---, 大学開放実践センター, 徳島, 2004年1月..[著者] ...
閲覧 仁木 哲哉, 佐竹 昌之, 小原 繁 : 漸増負荷運動時の心音振幅増強のブレイキングポイントと乳酸閾値との関係, 体力科学, Vol.53, No.2, 274, 2004年4月..[著者] ...
閲覧 Shigeru Obara, Masayuki Satake, Tetsuya Niki, Kimiyuki Iwashita and Hiroaki Tanaka : The existence of heart sounds amplitude breaking point and its relation to blood lactate and blood pressure during graded cycle ergometer exercise, Proceeding of European College of Sport Science, Clermont-Ferrand, France, July 2004..[著者] ...
閲覧 松谷 満, 平井 松午, 佐竹 昌之, 桑折 範彦 : 全学共通教育の現状と課題, --- -学生による授業評価アンケート調査の分析から- ---, 大学教育研究ジャーナル, Vol.2, No.2, 13-25, 2005年..[著者] ...
閲覧 Shigeru Obara, Tetsuya Nki and Masayuki Satake : The first heart sounds amplitude has a breaking point and positive relationships with blood lactate concentration and double product in graded exercise, Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.11, No.1, 33-39, 2005..[著者] ...
閲覧 小原 繁, 佐竹 昌之, 田中 俊夫 : マラソン完走目標の7ヶ月間の練習における形態と下肢筋力の変化, ランニング学研究, 2005年4月..[著者] ...
閲覧 的場 秀樹, 佐竹 昌之, 野村 昌弘 : 糖・脂質代謝関連物質およびアディポサイトカインの毛細血管濃度と静脈血濃度の比較, 日本運動生理学雑誌, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 的場 秀樹, 佐竹 昌之, 野村 昌弘 : 血中および脂肪細胞におけるアディポサイトカインレベルに及ぼすレジスタンス・トレーニングの影響, --- 第60回日本体力医学会(岡山) ---, 体力科学, 2005年9月..[著者] ...
閲覧 Hideki Matoba, Masayuki Satake and Masahiro Nomura : Carbohydrate/fat metabolism-related substrates and adipocytikine levels in fingertip capillary blood and venous blood, Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.11, No.4, 153p, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 Masahiro Nomura, Masayuki Satake and Hideki Matoba : Relation among maximum oxygen uptake, serum high sensitive CRP, urinary 8-OHdG and coronary artery plaque(Sports Biochemistry,, Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.11, No.4, 155, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 的場 秀樹, 佐竹 昌之 : 最大酸素摂取量と血中ホモシステイン,アディポネクチンおよび脂質との関連(代謝,一般口演,第60回 日本体力医学会大会), 体力科学, Vol.54, No.6, 526, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 中安 紀美子, 佐竹 昌之, 的場 秀樹, 小原 繁 : 運動習慣および炎症マーカーが冠動脈プラークに及ぼす影響, 心臓, Vol.38, (号), 28-30, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之, 長積 仁, 佐藤 充宏 : 徳島大学における大学体育の改革 –健康スポーツからウェルネスへ-, 大学教育研究ジャーナル, Vol.3, 31-32, 2006年..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 中安 紀美子, 佐竹 昌之 : 運動習慣および炎症マーカーが冠動脈プラークに及ぼす効果, 心臓, Vol.38, 28-29, 2006年..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 中安 紀美子, 佐竹 昌之, 的場 秀樹, 小原 繁, 河野 奈緒, 村岡 直子, 藤本 小百合, 木村 好孝, 河野 智仁, 伊東 進 : 運動習慣および炎症マーカが冠動脈プラークに及ばす影響, 心臓, Vol.38, No.2, 28-30, 2006年5月..[著者] ...
閲覧 的場 秀樹, 佐竹 昌之 : ラットの自発的レジスタンス・トレーニングによる骨格筋の肥大, 日本運動生理学雑誌, 2006年7月..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 佐竹 昌之, 的場 秀樹 : 起立性調節障害における体力測定,自律神経活動および心臓不整脈基質との関係, 日本運動生理学雑誌, 2006年7月..[著者] ...
閲覧 Hideki Matoba and Masayuki Satake : Hypertrophy of the flexor hallucis longus muscle induced by voluntary resistance training in rats, Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.12, No.3, 100, Dec. 2006..[著者] ...
閲覧 Masahiro Nomura, Masayuki Satake and Hideki Matoba : Relationship among physical fitness, autonomic nervous activity and a substrate of cardiac arrhythmia in orthostatic dysregulation, Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.12, No.3, 110, Dec. 2006..[著者] ...
閲覧 田中 俊夫, 長谷川 典子, 小原 繁, 佐竹 昌之 : ホノルルマラソン参加者の準備状況とレースの実態に関する調査研究, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.17, 55-88, 2007年..[著者] ...
閲覧 佐竹 昌之, 荒木 秀夫, 小原 繁, 的場 秀樹, 佐藤 充宏, 長積 仁, 三浦 哉, 田中 俊夫, 長谷川 典子 : 生活のQOLを高めることを目指したウオーキング・ランニングの在り方に関する総合的研究, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.15, 1-13, 2007年..[著者] ...
閲覧 田野 聡, 的場 秀樹, 小原 繁, 荒木 秀夫, 野村 昌弘, 佐竹 昌之, 三浦 哉 : 疲労困憊に至る伸張-短縮サイクル運動が下腿三頭筋の収縮特性及び損傷指標に及ぼす影響, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.15, 15-21, 2007年..[著者] ...
閲覧 ZhuoYuan Cai, Masayuki Satake, Masahiro Nomura and Hideki Matoba : The voluntary resistance training induces the skeletal muscle hypertrophy and suppression of the adipo-cytokine production in rats, --- 3rd Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science 2007 ---, Program and Abstracts of Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science 2007, 106, Hiroshima, Dec. 2007..[著者] ...
閲覧 高橋 将記, 的場 秀樹, 小原 繁, 佐竹 昌之, 田中 俊夫 : 中高年者のマラソントレーニングが血中酸化ストレス指標に及ぼす影響, --- 第63回日本体力医学会(大分) ---, 体力科学, Vol.57, No.6, 731, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 Masaki Takahashi, Hideki Matoba, Masayuki Satake, Toshio Tanaka, Mayumi Kaneyasu and Shigeru Obara : Effect of jogging training on oxidative stress responses and antioxidant capacity in middle-aged persons, --- 2009 American College of Sports Medicine Annual Meeting ---, Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.41, No.5 Suupl, S568, Seattle, May 2009..[著者] ...
閲覧 Hideki Matoba, Masayuki Satake, Shigeru Obara and Toshio Tanaka : Running training markedly reduces serum TNF-alpha level in middle-aged and elderly runners, --- The 36th International Congress of Physiological Sciences (IUPS2009) ---, The Journal of Physiological Sciences, Vol.59, No.Suppl., 357, Kyoto, July 2009..[著者] ...
閲覧 高橋 将記, 的場 秀樹, 佐竹 昌之, 兼安 真弓, 小原 繁 : 中高年者における低強度の持久性トレーニングが血中の酵素的抗酸化能力に及ぼす影響, --- 第64回日本体力医学会(新潟) ---, 体力科学, Vol.58, No.6, 708, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 小原 繁, 高橋 将記, 佐竹 昌之, 前田 健一, 的場 秀樹 : 中高年男女の10kmジョギングでの疲労感と酸化ストレス, ランニング学研究, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 藤田 雅文, 田中 弘之, 佐藤 充宏, 佐竹 昌之, 小西 努, 元木 啓之, 佐藤 一郎, 谷川 健二, 佐野 義行, 高原 清秀, 松田 雄史, 佐藤 玲子 : 子どもの体力向上支援プラン, --- ∼子どもの体力向上に向けて∼ ---, (誌名), (号), 1-5, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 佐藤 充宏, 佐竹 昌之, 元木 啓之, 寺井 孝文, 田中 伸幸, 鈴江 真弓, 徳永 直, 木村 和幸, 佐藤 一郎, 横田 勝, 堀岡 敬二, 佐藤 玲子 : 徳島県小学校・中学校体力つくり運動プログラム, 徳島県教育委員会 体育健康課, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 高橋 将記, 鈴木 克彦, 的場 秀樹, 佐竹 昌之, 坂本 静夫, 小原 繁 : 中等度強度以下の持久性運動が血中の活性酸素生成および白血球活性化マーカーに及ぼす影響, 日本補完代替医療学会誌, Vol.8, No.1, 25-28, 2011年..[著者] ...
閲覧 高橋 将記, 的場 秀樹, 佐竹 昌之, 前田 健一, 小原 繁 : 中高年者における10㎞走での疲労感と酸化ストレス及び抗酸化能力の関係, ランニング学研究, Vol.23, No.1, 29-36, 2011年..[著者] ...
閲覧 佐藤 充宏, 三浦 哉, 佐竹 昌之, 山口 鉄生, 行實 鉄平, 中塚 健太郎 : 三好市 子どもの体力向上に関する支援環境デザイン 小学校視察調査・保護者質問紙調査 報告書, 三好市・徳島大学地域連携調査研究, (巻), (号), 1-32, (都市), 2015年3月..[著者] ...
閲覧 Yuko Yamashita, Motohiro Sakai, Masayuki Satake, Yutaka Sato and Tetsuya Yamamoto : The mechanism and application of emotional contagion: The possibility of improvement in depressive moods, 9th World Congress of Behavioural & Cognitive Therapies, Berlin, Poster Abstracts, (巻), (号), (頁), Berlin, July 2019..[著者] ...
閲覧 山下 裕子, 境 泉洋, 佐竹 昌之, 佐藤 裕, 山本 哲也 : 笑顔の知覚は抑うつ気分を緩和する―情動伝染が抑うつ傾向者の気分状態に及ぼす影響―, 日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム, (巻), (号), (頁), 2019年8月..[著者] ...
閲覧 山下 裕子, 境 泉洋, 佐竹 昌之, 佐藤 裕, 山本 哲也 : 表情模倣による情動伝染の生起過程についての検討, 日本心理学会第83回大会プログラム, 2019年9月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.38, Max(EID) = 382120, Max(EOID) = 1020752.