『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 片岡 啓一

登録情報の数

有効な情報: 55件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 55件

全ての有効な情報 (55件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(12)
閲覧 閲覧 佐賀大学 …(6)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(12)
閲覧 (未定義) …(4)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 片岡 啓一 : Johann Gottfried Walther研究ー主としてmusica poetica の観点からー, 昭和46年度全九州大学音楽学会, 1971年12月..[著者] ...
閲覧 Yasuo Matumoto and Keiichi Kataoka : F.Schubert: Doppelgaenger and others, Dai1kai Kuhnitati Concert, Aug. 1972..[著者] ...
閲覧 Shigeo Maruyama and Keiichi Kataoka : G.Mahler : Lieder eines fahrenden Gesellen, Shyowa 47nendo zen Kyusyu Daigaku Ongaku Gakkai, (巻), (号), (頁), Dec. 1972..[著者] ...
閲覧 Shigeo Maruyama and Keiichi Kataoka : R.Schumann : Liederkreis and otehrs, Dai7kai Maruyama Shigeo Tenor-Solo Concert, May 1973..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <オルガン小曲集>研究 そのⅠーJ.S.Bachのオルガン作品と<オルガン小曲集>の占める位置についてー, 昭和48年度全九州大学音楽学会, 1973年7月..[著者] ...
閲覧 Yasuo Matumoto and Keiichi Kataoka : R.Strauss : Zueignung and others, Dai2kai Kunitati Concert, Aug. 1973..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <オルガン小曲集>研究 そのⅠーJ.S.Bachのオルガン作品と<オルガン小曲集>の占める位置についてー, 佐賀大学教育学部研究論文集, Vol.21, 272-305, 1973年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <オルガン小曲集>研究 そのⅡ, 佐賀大学教育学部研究論文集, Vol.22, (号), 169-221, 1974年..[著者] ...
閲覧 松本 康男, 片岡 啓一 : G.ヴェルディ作曲:シモン·ボッカネグラ 他, 第15回佐賀県芸術祭参加第3回サマーコンサート, 1974年8月..[著者] ...
閲覧 徳島大学合唱団<リーダークライス>, 片岡 啓一 : 矢沢宰作詞·萩原英彦作曲:光る砂漠 より 「ほたるは星になった」他, 第15回四国合唱コンクール, 1975年11月..[著者] ...
閲覧 徳島大学合唱団<リーダークライス>, 片岡 啓一 : 矢沢宰作詞·萩原英彦作曲:光る砂漠 より「ほたるは星になった」他, 徳島大学合唱団<リーダークライス>第13回定期演奏会, 1975年12月..[著者] ...
閲覧 徳島大学教育学部音楽研究室, 片岡 啓一 : A.コレッリ作曲·柳生力編曲:アレグロ 他, 徳島大学教育学部音楽研究室第15回定期演奏会, 1976年9月..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <オルガン小曲集>研究 そのⅢ, 徳島大学学芸紀要(人文科学), Vol.27, 15-27, 1977年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <オルガン小曲集>(Orgelbuchlein)研究ーA.Schweitzer(1875-1965)のBach評伝(1905)における音言語の<オルガン小曲集>を通じての吟味·検討ー, 昭和52年度全四国大学音楽学会高知大会, 1977年12月..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <オルガン小曲集>研究 そのⅢ(続), 徳島大学学芸紀要(人文科学), Vol.28, 38-58, 1978年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 音楽教育学が学として成立するための条件についての一考察, 徳島大学学芸紀要(教育科学), Vol.28, 111-126, 1979年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <オルガン小曲集>研究 そのⅢ(続), 徳島大学学芸紀要(人文科学), Vol.29, 51-73, 1979年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 教員養成大学·学部における音楽史の授業の内容について, 昭和55年度日本教育大学協会第二部会音楽部門総会, 1980年5月..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <オルガン小曲集>研究 そのⅢ(続), 徳島大学学芸紀要(人文科学), Vol.30, (号), 51-72, 1980年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : カンタータ第131番<Aus der Tiefe rufe ich, Herr, tu dir>(BWV131)研究, 徳島大学学芸紀要(人文科学), Vol.31, 37-62, 1981年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : カンタータ第131番<Aus der Tiefe rufe ich, Herr, zu dir>(BWV131)研究, 徳島大学学芸紀要(人文科学), Vol.32, 15-23, 1982年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : カンタータ第106番<Gottes Zeit ist die alllerbeste Zeit>研究, 徳島大学学芸紀要(人文科学), Vol.32, 25-43, 1982年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 教科としての音楽の独立の妥当性に関する心理学的側面からの一考察, 徳島大学学芸紀要(教育科学), Vol.32, 81-92, 1983年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : クオドリベット(BWV524)研究, 徳島大学学芸紀要(人文科学), Vol.33, 41-56, 1983年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : カンタータ第71番<Gott ist mein Konig>(BWV71)研究, 徳島大学学芸紀要(人文科学), Vol.34, 87-112, 1984年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 教科としての音楽の独立の妥当性に関する美学的側面からの一考察, 徳島大学学芸紀要(教育科学), No.34, 39-45, 1985年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : カンタータ第4番<Christ lag in Todesbanden>(BWV4)研究, 徳島大学学芸紀要(人文科学), Vol.35, 31-62, 1985年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 音楽科教育学が成立するための条件並びに同学に関連する諸問題」について, 第1回日本音楽教育学会四国地区例会, 1986年6月..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : J.S.バッハのミュールハウゼン時代における声楽作品についてー象徴的表現の視点からー, 昭和61年度全四国大学音楽学会愛媛大会, 1986年12月..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : カンタータ第196番<Der Herr denket an uns>(BWV196)研究, 徳島大学総合科学部創立記念論文集, 187-207, 1987年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 象徴の概念とその意義について, 徳島大学総合科学部紀要(人文·芸術研究篇), Vol.1, (号), 105-116, 1988年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 渡辺護氏著「音楽美の構造」における音楽象徴論について, 昭和63年度全四国大学音楽学会徳島大会, 1988年12月..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 渡辺護氏著<音楽美の構造>における音楽象徴論について, 徳島大学総合科学部紀要(人文·芸術研究篇), Vol.2, 61-76, 1989年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <具体的イデー>に関する一考察, 徳島大学総合科学部紀要(人文·芸術研究篇), Vol.3, 1-19, 1990年..[著者] ...
閲覧 Usaburou Mbuchi and Keiichi Kataoka : Vocal Music-Works in the Muhlhausen Period of Johann Sebastian Bach : from the Viewpoint of Symbolic Expression, Ongaku No Tomo Sha, Tokyo, Dec. 1990..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 音楽におけるゲシュタルト·歌詞·研究の視点に関する諸問題について, 徳島大学総合科学部紀要(人文·芸術研究篇), Vol.4, 127-150, 1991年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 音楽象徴論における<具体的イデー>の設定について, 平成3年度全四国大学音楽学会香川大会, 1991年12月..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 音楽科教育学の構造についてー山本文茂氏の見解をめぐってー, 平成3年度日本音楽教育学会四国地区例会, 1992年2月..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 音楽科教育学の構造についてー山本文茂氏の見解をめぐってー, 徳島大学総合科学部紀要(人文·芸術研究篇), Vol.5, 63-75, 1992年..[著者] ...
閲覧 金本 正武, 片岡 啓一 : SONARE 音楽科教育実践l講座 第15巻 音楽科教育の動向, 株式会社 ニチブン, 東京, 1992年5月..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : ブルレの音楽的時間論について, 徳島大学総合科学部紀要(人文·芸術研究篇), Vol.6, 59-78, 1993年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : J.S.バッハの作品における象徴的表現についてーその段階的区分試案に対する美学的視点からの反省的吟味·検討ー, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.1, (号), 91-100, 1994年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : J.S.バッハの作品における象徴的表現についてーその段階的区分試案に対する美学的視点からの反省的吟味·検討ー(続), 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.2, 61-80, 1995年..[著者] ...
閲覧 日本キリスト教団出版局, 片岡 啓一 : バッハのオルガン曲と象徴 -オルガン小曲集にみる象徴表現-, 日本キリスト教団出版局, 東京, 1996年2月..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : 音楽(科)教育学の構造についてー山本文茂氏の見解に関する再考察ー, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.3, 113-125, 1996年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : アルノルト·シュミッツ著:Die Bildlichkeit der Wortgebundenen Musik Johann Sebastian Bach's の内容に関する一考察, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.4, 191-198, 1997年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <ミサ曲ロ短調>(BWV232)研究ー象徴的表現の視座を基盤とする問題点の所在に関する概観的考察ー, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.5, 153-169, 1998年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <ミサ曲ロ短調>(BWV232)研究 -<ミサ曲ロ短調>の全体構成について-, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.6, 159-208, 1999年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <ミサ曲ロ短調>(BWV232)研究 -<ミサ曲ロ短調>の全体構成について(続)-, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.7, (号), 65-113, 2000年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : <ミサ曲ロ短調>(BWV232)研究 -<ミサ曲ロ短調>の全体構成について- (第3編), 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.8, 81-110, 2001年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : カンタータ第12番<泣き,嘆き,憂い,怯え>(BWV12)研究, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.9, No.0, 119-129, 2002年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : カンタータ第12番<泣き,嘆き,憂い,怯え>(第2曲)と<ミサ曲ロ短調ー十字架につけられー>(第17曲)の転用関係についての研究, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.10, No.0, 145-152, 2003年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : カンタータ第215番<汝の幸をたたえよ,恵まれしザクセン>(Preise dein Glucke, gesegnetes Sachsen)(BWV215)研究, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.11, 93-118, 2004年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一 : カンタータ第215番<汝の幸をたたえよ,恵まれしザクセン>(BWV215)(第1曲)とミサ曲ロ短調(BWV232)(第23曲とその反復部分の第25曲-いと高きところにオザンナ-)の転用関係についての研究, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.12, (号), 67-74, 2005年..[著者] ...
閲覧 片岡 啓一, 細田 和秀 : ヨハネス・ブラームス作曲:<ドイツ・レクイエム>(op.45) に関する一考察-バッハの音楽作品における象徴的表現の研究の視点から-, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.14, 43-76, 2007年..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.43, Max(EID) = 405218, Max(EOID) = 1098914.