『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 根本 謙

登録情報の数

有効な情報: 33件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 34件

全ての有効な情報 (33件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(14)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(14)
閲覧 (未定義) …(19)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 太田 房雄, 長宗 秀明, 根本 謙, 福井 公明, 吉田 長之, 弘田 克彦, 楠田 倫紀, 河田 照茂, 湊 義博 : モノクロン抗体を用いる連鎖球菌の免疫学的特異性に関する研究 I. EIAプレートの選択と多糖抗原の使用条件, 四国医学雑誌, Vol.45, No.4, 245-255, 1989年..[著者] ...
閲覧 Tsuneko Ono, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto, J. E. Fernandez, Fusao Ota and K Fukui : Detection of Streptococcus mutans by PCR amplification of spaP gene, Journal of Medical Microbiology, Vol.41, No.4, 231-235, 1994..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Hideo Kanitani, Ken Nemoto, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Cross-reactivity between human sialyl Lewisx oligosaccharide and common causative oral bacteria of infective endocarditis, FEMS Immunology and Medical Microbiology, Vol.12, No.2, 159-164, 1995..[著者] ...
閲覧 Ken Nemoto, Ro Osawa, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : An investigation of gram-negative tannin-protein complex degrading bacteria in fecal flora of various mammals, The Journal of Veterinary Medical Science, Vol.57, No.5, 921-926, 1995..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 市川 哲雄, 柏原 稔也, 根本 謙, 小野 恒子, 村上 欣也, 松尾 敬志, 松本 直之, 三宅 洋一郎 : Candida albicans biofilm modelの作製と電解水の抗biofilm効果, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.10, 30-35, 1996年1月..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Ro Osawa, Ken Nemoto, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Highly expressed human sialyl Lewisx antigen on cell surface of Streptococcus gallolyticus, The Lancet, Vol.347, No.9003, 760, 1996..[著者] ...
閲覧 村上 欣也, 弘田 克彦, 根本 謙, 小野 恒子, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusの抗sialyl-Lewisx (CD15s)抗体誘導能, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.11, 14-20, 1997年1月..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Kinya Murakami, Ken Nemoto, Tsuneko Ono, Takashi Matsuo, Hiromi Kumon and Yoichiro Miyake : Fosfomycin reduces CD15s-related antigen expression of Streptococcus pyogenes, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.42, No.5, 1083-1987, 1998..[著者] ...
閲覧 Ken Nemoto, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Kinya Murakami, Keiji Murakami, Daisuke Nagao and Yoichiro Miyake : Effect of varidase (streptokinase) on biofilm formed by Staphylococcus aureus, Chemotherapy, Vol.46, No.2, 111-115, 2000..[著者] ...
閲覧 Tsuneko Ono, Sumiko Shiota, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto, Tomofusa Tsuchiya and Yoichiro Miyake : Susceptibilities of Oral and Nasal Isolates of Streptococcus mitis and Streptococcus oralis to Macrolides and PCR Detection of Resistance Genes, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.44, No.4, 1078-1080, 2000..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村田 広美, 大倉 一人, 長宗 秀明, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : レンサ球菌のヒストン様蛋白質の構造解析, 第53回日本細菌学会中国・四国支部総会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 谷口 和子, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌抗菌薬抵抗性におけるストレス反応の影響, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.15, 27-30, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 谷口 和子, 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 根本 謙, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌におけるBIPM抵抗性変異株の作成, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.15, 22-26, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村田 広美, Viducic Darijia, 谷口 和子, 村上 圭史, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Staphyrococcus aureusにおけるhistone-like proteinの存在と構造解析, 第46回ブドウ球菌研究会, (巻), (号), (頁), 2001年9月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 村上 圭史, 根本 謙, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusの付着,凝集時におけるhistone-like proteinの局在, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.16, 27-32, 2002年..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 村上 圭史, 鹿山 鎮男, 根本 謙, 三宅 洋一郎 : 微生物付着に与える2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine co-polymer処理の影響, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.17, 12-15, 2003年..[著者] ...
閲覧 Ken Nemoto, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Kazuko Taniguti, Hiromi Murata, Darija Viducic and Yoichiro Miyake : Effect of varidase (streptodornase) on biofilm formed by Pseudomonas aeruginosa, Chemotherapy, Vol.49, No.3, 121-125, 2003..[著者] ...
閲覧 Taniguchi Kazuko, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Darija Viducic, Kayama Sizuo, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake : Novel Pseudomonas aeruginosa gene that suppresses tolerance to carbapenems, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.47, No.9, 2997-3001, 2003..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性変異株の分離, 第77回 日本細菌学会総会, 2004年4月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌PAO1株におけるbiapenem抵抗性変異株の分離, 第52回日本化学療法学会総会, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Anginosus group streptococci感染症とその続発生, 第2回 感染病態研究会 シンポジウム「Symbiosis」, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 助野 晃子, 長宗 秀明, 菊池 賢, 戸塚 恭一, 三宅 洋一郎 : 抗Streptococcus intermedius HU型ヒストン様タンパク質抗体のHepG2細胞内ミトコンドリアとの反応性, 第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 劉 大力, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌 Quorum Sensing 機構と抗菌薬抵抗性について, 第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 弘田 克彦, 菊池 賢, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : 脳腫瘍以来のS.intermedius ILY高産生株に対するカルバベネム系抗菌薬感受性に関する検討, 第52回 日本化学治療法学会西日本支部総会, 2004年12月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 劉 大力, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌 lasl, rhll 遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第52回 日本化学治療法学会西日本支部総会, 2004年12月..[著者] ...
閲覧 Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Darija Viducic, Shizuo Kayama, Makiko Mori, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake : Role for rpoS gene of Pseudomonas aeruginosa in antibiotic tolerance, FEMS Microbiology Letters, Vol.242, No.1, 161-167, 2005..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : P1-192 緑膿菌 bta 遺伝子の抗菌薬抵抗性への影響について, 第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : P1-202 緑膿菌 lasl, rhll 遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月..[著者] ...
閲覧 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌tcp遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第53回化学療法学会総会, 2005年5月..[著者] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake : Coating of a surface with 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC) co-polymer significantly reduces retention of human pathogenic microorganisms, FEMS Microbiology Letters, Vol.248, No.1, 37-45, 2005..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, 第55回日本化学療法学会西日本支部総会, 2007年10月..[著者] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構と抗菌薬抵抗性の蛍光染色法による解析, 第56回日本化学療法学会総会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 小野 恒子, 三宅 洋一郎, 弘田 克彦, 根本 謙 : 付着細菌における抗菌薬抵抗性のメカニズムの解析, 平成12年度∼13年度科学研究費補助金(基盤研究(C2)研究成果報告書, (巻), (号), (頁), (都市), (年月日)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 2.88, Max(EID) = 405259, Max(EOID) = 1099177.