『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 上野 明道

登録情報の数

有効な情報: 31件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 31件

全ての有効な情報 (31件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 日本大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(22)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Mitsunobu Sato, Yoshio Hayashi, Tetsuo Yanagawa, Hideo Yoshida, Yoshiaki Yura, Masayuki Azuma and Akemichi Ueno : Intermediate-sized filaments and specific markers in a human salivary gland adenocarcinoma cell line and its nude mouse tumors, Cancer Research, Vol.45, No.8, 3837-3790, 1985..[著者] ...
閲覧 Mitsunobu Sato, Hideo Yoshida, Yoshio Hayashi, Kenji Miyakami, Takashi Bando, Tetsuo Yanagawa, Yura Yura, Masayuki Azuma and Akemichi Ueno : Expression of epidermal growth factor and transforming growth factor-beta in human salivary gland adenocarcinoma cell line, Cancer Research, Vol.45, No.12 P 1, 6160-6167, 1985..[著者] ...
閲覧 Masayuki Azuma, Yoshio Hayashi, Hideo Yoshida, Tetsuo Yanagawa, Yoshiaki Yura, Akemichi Ueno and Mitsunobu Sato : Emergence of differentiated subclones from a human salivary adenocarcinoma cell clone in culture after treatment with sodium butyrate, Cancer Research, Vol.46, No.2, 770-777, 1986..[著者] ...
閲覧 Akemichi Ueno, K. Kikuchi, Mizuho Nishino, M. Kawano, N. Matsumoto and H Inoue : Sialagogue-stimulated protein phosphorylation related to ornithine decarboxylase induction in cultured rat parotid explants, Archives of Oral Biology, Vol.36, No.6, 415-423, 1991..[著者] ...
閲覧 山内 規進, 大石 慶二, 木戸 淳一, 西川 聖二, 永田 俊彦, 石田 浩, 上野 明道, 野々村 祝夫, 児島 康行, 三木 恒治, 奥山 明彦 : ヒト前立腺癌細胞の培養上清中に存在する骨原性細胞分化抑制因子について, 日本歯科保存学雑誌, Vol.38, No.0, 59, 1995年9月..[著者] ...
閲覧 木戸 淳一, 山内 規進, 大石 慶二, 西川 聖二, 石田 浩, 永田 俊彦, 上野 明道 : ヒト前立腺癌細胞の培養上清中に存在する骨原性細胞分化調節因子について, 日本歯周病学会会誌, Vol.38, No.0, 146, 1996年3月..[著者] ...
閲覧 Fumiyo Kinoshita, Akemichi Ueno, Yoshihiro Miwa, Mizuho Nishino and Hideo Inoue : Protein Tyrosine Kinase Inhibitors Promote Amylase Secretion and Inhibit Ornithine Decarboxylase Induction in Sialagogue-Stimulated Rat Parotid Explants, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.223, No.1, 170-174, 1996..[著者] ...
閲覧 Jun-ichi Kido, N Yamauchi, Keiji Oishi, Masatoshi Kataoka, Seiji Nishikawa, T Nakamura, H Kadono, D Ikedo, Akemichi Ueno, N Nonomura, A Okuyama and Toshihiko Nagata : Inhibition of osteoblastic cell differentiation by conditioned medium derived from the human prostatic cancer cell line PC-3 in vitro., Journal of Cellular Biochemistry, Vol.67, No.2, 248-256, 1997..[著者] ...
閲覧 山内 規進, 木戸 淳一, 片岡 正俊, 大石 慶二, 西川 聖二, 上野 明道, 永田 俊彦 : 前立腺癌細胞培養上清の骨芽細胞分化抑制作用とその性状, 四国歯学会雑誌, Vol.10, No.2, 249-256, 1998年..[著者] ...
閲覧 Akemichi Ueno, Kikuji Yamashita, Toshihiko Nagata, Chizuko Tsurumi, Yoshihiro Miwa, Seiichiro Kitamura and Hideo Inoue : cDNA cloning of bovine thrombospondin 1 and its expression in odontoblasts and predentin, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Protein Structure and Molecular Enzymology, Vol.1382, No.1, 17-22, 1998..[著者] ...
閲覧 Akemichi Ueno, Yukiko Kitase, Keiji Moriyama and Hideo Inoue : MC3T3-E1-conditioned medium-induced mineralization by clonal rat dental pulp cells, Matrix Biology, Vol.20, No.5-6, 347-355, 2001..[著者] ...
閲覧 上野 明道, 山下 菊治, 野間 隆文 : MC3T3-E1細胞の形成構造と酸可溶性カルシウム沈着に及ぼすトロンボスポンジン1アンチセンスオリゴヌクレオチドの影響, 第44回歯科基礎医学会総会2002, (巻), (号), 128, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 Nishikawa Hiroyuki, Akemichi Ueno, Taigo Horiguchi, Kikuji Yamashita, Inoue Hideo and Toshihiko Nagata : Effects of TGF-beta1 on Extracellular Matrix Formation in Rat Clonal Dental Pulp Cells, Dentistry in Japan, Vol.38, (号), 44-50, 2002..[著者] ...
閲覧 堀口 大吾, 上野 明道, 三好 圭子 : 生化学実習書 (第3版4刷), 徳島大学歯学部口腔生化学講座, 徳島, 2002年5月..[著者] ...
閲覧 堀口 大吾, 上野 明道, 三好 圭子, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第3版5刷), 徳島大学歯学部口腔生化学講座, 徳島, 2003年5月..[著者] ...
閲覧 三好 圭子, 堀口 大吾, 上野 明道, 野間 隆文 : 組織および細胞株におけるpitx2アイソフォーム遺伝子の発現パターン解析, 第45回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会, (巻), (号), (頁), 2003年9月..[著者] ...
閲覧 新居 泰浩, 三好 圭子, 上野 明道 : 1,25(OH)2D3による脾細胞の多核化と酒石酸耐性酸性ホスファターゼ誘導におけるG蛋白質, プロテインキナーゼCの関与, 医学のあゆみ, Vol.207, No.12·13, 1027-1028, 2003年..[著者] ...
閲覧 Fumihiko Kugawa, Akemichi Ueno, Miho Kawasaki and Masatada Aoki : Evaluation of cell death caused by CDF (cyclophosphamide, doxorubicin, 5-fluorouracil) multi-drug administration in the human breast cancer cell line MCF-7., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.27, No.3, 392-398, 2004..[著者] ...
閲覧 細井 和雄, 樋口 富彦, 柏俣 正典, 新垣 理恵子, 新垣 尚捷, 多田 淳, 津村 恵子, 赤松 徹也, 武田 京子, 上野 明道, 末永 みどり, 馬場 嘉信, : 分子細胞生物学基礎実験法 改訂第2版(分担), 南江堂, 東京, 2004年4月..[著者] ...
閲覧 三好 圭子, 堀口 大吾, 上野 明道, 長田 英也, 馬場 嘉信, 野間 隆文 : 歯原性上皮細胞株でのBM2シグナルによる遺伝子発現の変化, 第45回日本生化学会・四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 堀口 大吾, 上野 明道, 三好 圭子, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第3版6刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2004年5月..[著者] ...
閲覧 上野 明道, 山下 菊治, 野間 隆文 : 骨芽細胞の培養上製清による歯髄細胞の分化増殖誘導, 第28回四国歯学会例会, (巻), (号), (頁), 2004年6月..[著者] ...
閲覧 Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Kaori Abe, Akemichi Ueno, Hideya Nagata, Yoshinobu Baba, Hidemitsu Harada and Takafumi Noma : Effects of BMP2 on Gene Expression in Dental Epithelial Cell Line, Eight International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation, (巻), (号), (頁), York, UK, July 2004..[著者] ...
閲覧 Intan Ruspita, Taigo Horiguchi, Keiko Miyoshi, Akemichi Ueno, Hidemitsu Harada and Takafumi Noma : Regulation of Gene Expression in Dental Epithelial Cells, Eighth International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation, (巻), (号), (頁), York, UK, July 2004..[著者] ...
閲覧 Akemichi Ueno, Kikuji Yamashita, Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Ruspita Intan, Kaori Abe and Takafumi Noma : Overexpression of thrombospondin1(TSP1) inhibits mineralization by MC3T3 cells in vivo, 77th mass Meeting of the Japanese Biochemical Society, (巻), (号), (頁), Oct. 2004..[著者] ...
閲覧 Akemichi Ueno, Kikuji Yamashita, Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Intan Ruspita, Kaori Abe and Takafumi Noma : Soluble matrix from osteoblastic cells induces mineralization by dental pulp cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3-4, 297-302, 2006..[著者] ...
閲覧 山下 菊治, 上野 明道, 石橋 淳, 大下 修弘, 北村 清一郎 : 歯根模様コラーゲン繊維を含む細胞外マトリックスの形成機構とその骨誘導能の解析, 第15回硬組織再生生物学会, (頁), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 Akemichi Ueno, Yoshihiro Miwa, Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Hideo Inoue, Intan Ruspita, Kaori Abe, Kikuji Yamashita, Eiji Hayashi and Takafumi Noma : Constitutive expression of thrombospondin 1 in MC3T3-E1 osteoblastic cells inhibits mineralization, Journal of Cellular Physiology, Vol.209, No.2, 322-332, 2006..[著者] ...
閲覧 上野 明道, 山下 菊治 : 石灰化抑制作用とトロンボスポンジン, 医薬品相互作用研究, Vol.31, No.2, 43-52, 2007年..[著者] ...
閲覧 Kikuji Yamashita, Shine-Od Dalkhsuren, Tatsuo Ishikawa, Kaori Sumida, Jun Ishibashi, Hiroyoshi Hosokawa, Akemichi Ueno, Fumio Nasu and Seiichiro Kitamura : Far-infrared ray radiation inhibits the proliferation of A549, HSC and Sa3 cancer cells through enhancing the expression of ATF3 gene, Journal of Electromagnetic Analysis and Applications, Vol.2, No.6, 382-394, 2010..[著者] ...
閲覧 Kikuji Yamashita, Akemichi Ueno, Tatsuo Ishikawa, Shine-Od Dalkhsuren, Yukari Tsukada, Kaori Sumida and Seiichiro Kitamura : Fanctional materials from coating of reconstructed extracellular matrix at the surface of bioactive layer on titanium, THE 6th Asian Science Seminar in Taipei, (都市), Nov. 2010..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.54, Max(EID) = 382774, Max(EOID) = 1022369.