『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 森山 啓司

登録情報の数

有効な情報: 258件 + 無効な情報: 18件 = 全ての情報: 276件

全ての有効な情報 (258件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(107)
閲覧 閲覧 大阪大学 …(2)
閲覧 閲覧 岡山大学 …(3)
閲覧 閲覧 川崎医科大学 …(1)
閲覧 閲覧 神戸大学 …(1)
閲覧 閲覧 札幌医科大学 …(1)
閲覧 閲覧 中·四国矯正歯科学会 …(1)
閲覧 閲覧 鶴見大学 …(1)
閲覧 閲覧 東京医科歯科大学 …(24)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(107)
閲覧 閲覧 日本女子大学 …(1)
閲覧 閲覧 日本矯正歯科学会 …(1)
閲覧 閲覧 早稲田大学 …(3)
閲覧 (未定義) …(66)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Doi Y., Okuda R., Takezawa Y., Shibata S., Moriwaki Y., Wakamatsu N., Shimizu N., Keiji Moriyama and Shimokawa Hitoyata : Osteonectin inhibiting De Novo formation of apatite in the presence of collagen, Calcified Tissue International, Vol.44, (号), 200-208, 1989..[著者] ...
閲覧 森山 啓司 : ラット口蓋粘膜瘢痕組織由来線維芽細胞に対する細胞成長因子の影響, 日本歯科基礎医学会誌, Vol.31, (号), 682-696, 1989年..[著者] ...
閲覧 Keiji Moriyama, Shimokawa Hitoyata, Susami T, Sasaki S and Kuroda Takayuki : Effects of growth factors on mucosal scar fibroblasts in culture - A possible role of growth factors in scar formation., Matrix, Vol.11, (号), 190-196, 1991..[著者] ...
閲覧 須佐美 隆史, 本橋 信義, 馬場 祥行, 宇治 正光, 森山 啓司, 天顔 俊泉, 青山 欣也, 相川 佐保子, 黒田 敬之 : Hemifacial microsomiaの顎態,咬合様式の検討, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.50, No.2, 87-99, 1991年..[著者] ...
閲覧 宇治 正光, 本橋 信義, 須佐美 隆史, 馬場 祥行, 森山 啓司, 重田 浩, 馬 蓉蓉, 山本 真, 黒田 敬之 : 片側性口唇裂口蓋裂患者上顎歯列弓拡大による歯槽弓の変化, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.51, (号), 233-243, 1992年..[著者] ...
閲覧 Yutaka Doi, Takashi Horiguchi, Seug-Hyo Kim, Yutaka Moriwaki, Nobukazu Wakamatsu, Masanori Adachi, Kyomi Ibaraki, Keiji Moriyama, Satoshi Sasaki and Hitoyata Shimokawa : Effects of non-collagenous proteins on the formation of apatite in calcium beta-glycerophosphate solutions, Archives of Oral Biology, Vol.37, No.1, 15-21, 1992..[著者] ...
閲覧 Yoneda T, Nakai M, Keiji Moriyama, Scott L, Ida N, Kunitomo T and Mundy G.R : Neutralizing antibodies to human interleukin 6 reverse hypercalcemia associated with a human squamous carcinoma, Cancer Research, Vol.53, (号), 737-740, 1993..[著者] ...
閲覧 森山 啓司, 本橋 信義, 須佐美 隆史, 馬場 祥行, 宇治 正光, 吉野 博子, 馬 蓉蓉, 山本 真, 黒田 敬之 : 唇顎口蓋裂患者の外科的矯正治療, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.18, (号), 181-193, 1993年..[著者] ...
閲覧 Takagi Y, Kindaichi J, Keiji Moriyama, Suzuki M, Shimokawa Hitoyata and Sasaki S : Ditribution of alpha 2HS glycoprotein in pathological human dentins, Connective Tissue Research, Vol.30, (号), 309-321, 1994..[著者] ...
閲覧 馬場 祥行, 須佐美 隆史, 宇治 正光, 森山 啓司, 馬 蓉蓉, 山本 真, 本橋 信義, 黒田 敬之 : 片側性口唇口蓋裂患者における歯科矯正治療後の歯·歯槽弓の相対的位置関係, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.54, No.5, 311-319, 1995年..[著者] ...
閲覧 Keiji Moriyama, P Williams, M Niewolna, R M Dallas, Y Uehara, R G Mundy and Takayuki Kuroda : Herbimycin A, a tyrosine kinase inhibitor, impairs hypercalcemia associated with a human squamous cancer producing interleukin-6 in nude mice, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.11, No.7, 905-911, 1996..[著者] ...
閲覧 Keiji Moriyama, N. Motohashi, Y. Baba, M. Yano and T. Kuroda : Transactions, 8th International Congress on Cleft and Related Craniofacial Anomalies,S. T. Lee, Stamford Press Pte. Ltd.,Singapore,, --- Three cases of monozygotic twins with cleft Lip and/or palate discordancy ---, Stamford Press Pte. Ltd., (都市), (month)1997..[著者] ...
閲覧 Baba Y., Motohashi N., Keiji Moriyama, Yamamoto M. and Kuroda T. : Transactions, 8th International Congress on Cleft and Related Craniofacial Anomalies,S. T. Lee, Stamford Press Pte. Ltd.,Singapore,, --- Prevalence of temporomandibular disorders in patients with cleft lip and palate ---, Stamford Press Pte. Ltd., (都市), (month)1997..[著者] ...
閲覧 Masahiko Yokozeki, Keiji Moriyama, Shimokawa Hitoyata and Takayuki Kuroda : Transforming growth factor- beta 1 modulates myofibroblastic phenotype of rat palatal fibroblasts in vitro, Experimental Cell Research, Vol.231, No.2, 328-336, 1997..[著者] ...
閲覧 Noriko Funato, Keiji Moriyama, Shimokawa Hitoyata and Takayuki Kuroda : Basic fibroblast growth factor induces apoptosis in myofibroblastic cells isolated from rat palatal mucosa, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.240, No.1, 21-26, 1997..[著者] ...
閲覧 Keiji Moriyama, Motohashi N, Kitamura A and Kuroda Takayuki : Comparison of craniofacial and dentoalveolar morphologies of three Japanese monozygotic twin pairs with cleft lip and /or palate discordancy, Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.35, No.2, 173-180, 1998..[著者] ...
閲覧 Noriko Funato, Keiji Moriyama, Masao Saitoh, Yoshiyuki Baba, Hidenori Ichijo and Takayuki Kuroda : Evidence for apoptosis signal-regulating kinase (ASK) 1 in the regenerating palatal epithelium upon acute injury, Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.78, No.4, 477-483, 1998..[著者] ...
閲覧 Riko Nishimura, Keiji Moriyama, Kiyoshi Yasukawa, Gregory R. Mundy and Yoneda Toshiyuki : Combination of Interleukin-6 and soluble interleukin-6 receptors induces differentiation and activation of JAK-Stat and MAP kinase pathways in MG-63 human osteoblastic osteosarcoma cells, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.13, No.5, 777-785, 1998..[著者] ...
閲覧 井上 実, 昌山 浩三, 天真 覚, 山本 照子, 森山 啓司 : Crouzon病を伴う反対咬合患者2症例の歯科矯正学的長期観察, --- 顎顔面の形態変化 ---, 四国歯学会雑誌, Vol.11, No.1, 177-196, 1998年..[著者] ...
閲覧 昌山 浩三, 日浦 賢治, 天真 覚, 松本 和也, 中西 秀樹, 森山 啓司 : Le Fort III 型骨切り術を施行したCrouzon病患者の術前術後の顎態評価, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.8, No.3, 234-246, 1998年..[著者] ...
閲覧 川元 龍夫, 本橋 信義, 五十嵐 一吉, 小野 卓史, 森山 啓司, 馬場 祥行, 加藤 嘉之, 宮坂 貴仁, 黒田 敬之 : 開咬ならびに下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症7症例の術後の顎態変化, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.8, No.3, 203-212, 1998年..[著者] ...
閲覧 昌山 浩三, 日浦 賢治, 天真 覚, 森山 啓司, 松本 和也, 中西 秀樹 : Le FortⅢ型骨切り術を施行したcrouzon病患者の術前術後の顎態評価, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.8, No.3, 234-246, 1998年..[著者] ...
閲覧 Chun-Sheng Zhu, Katsuichiro Ohsaki, Kunio Ii, Qing Ye, Hai Yen Tran, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Long-term observation of subcutaneous tissue reaction to synthetic auditory ossicle (BioceramR) in rats, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.46, No.1-2, 97-103, 1999..[著者] ...
閲覧 Mikiko Watarai, Takao Hanawa, Keiji Moriyama and Kenzo Asaoka : Amount of metallic ions released from Ti-Ni alloy by abrasion in simulated bioliquids, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.9, No.2, 73-79, 1999..[著者] ...
閲覧 Masahiko Yokozeki, Yoshiyuki Baba, Hitoyata Shimokawa, Keiji Moriyama and Takayuki Kuroda : Interferon-gamma inhibits the myofibroblastic phenotype of rat palatal fibroblasts induced by transforming growth factor-beta1 in vitro., FEBS Letters, Vol.442, No.1, 61-64, 1999..[著者] ...
閲覧 日浦 賢治, 黒田 孝雄, 森山 啓司 : 下顎前突症患者に対するオトガイ帽装置の治療効果について, 四国歯学会雑誌, Vol.11, No.2, 233-244, 1999年..[著者] ...
閲覧 高木 豊明, 橋本 一郎, 谷村 一朗, 日浦 賢治, 住谷 光治, 森山 啓司 : 徳島大学歯学部附属病院矯正科における顎変形症患者の臨床統計的観察, 四国歯学会雑誌, Vol.11, No.2, 255-231, 1999年..[著者] ...
閲覧 井上 実, 日浦 賢治, 住谷 光治, 森山 啓司 : 自家腸骨海綿骨細片移植部へ早期より歯の移動を行った片側性唇顎裂症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.11, No.1, 31-37, 1999年..[著者] ...
閲覧 三木 善樹, 日浦 賢治, 森山 啓司 : 前歯部被蓋改善後に上顎骨に大きな前方成長がみられた機能性反対咬合の2治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.11, No.1, 24-30, 1999年..[著者] ...
閲覧 堀内 信也, 寺井 邦博, 天真 覚, 日浦 賢治, 住谷 光治, 吉田 秀夫, 森山 啓司 : 外科的矯正治療を施行した非対称を伴う小下顎症の一治験例, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.9, No.2, 42-50, 1999年..[著者] ...
閲覧 Noriko Funato, Keiji Moriyama, Yoshiyuki Baba and Takayuki Kuroda : Evidence for apoptosis induction in myofibroblasts during palatal mucoperiosteal repair, Journal of Dental Research, Vol.78, No.9, 1511-1517, 1999..[著者] ...
閲覧 Takuya Seike, Hideki Nakanishi, Kazuya Matsumoto, Keiji Moriyama, K. Hiura and S. Kawakami : Quantative Assesment of Secondary Bone Grafting, The 4th ASIAN PACIFIC CLEFT LIP & PALATE CONFERENCE, Sep. 1999..[著者] ...
閲覧 岡田 桐子, 谷村 一朗, 横関 雅彦, 林 英司, 森山 啓司 : 顎裂部骨移植ならびに舌縮小術を併用し上下顎移動術を行った片側性口唇口蓋裂患者の一例, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.24, No.3, 329-340, 1999年..[著者] ...
閲覧 Fumio Matsumoto, Kenji Hiura, Koji Sumitani, Satoru Tenshin and Keiji Moriyama : Effects of cytochalasin D and colchicine on the mechanically stretched periodontal ligament fibroblasts in vitro and in vivo, Orthodontic Waves, Vol.58, No.6, 402-409, 1999..[著者] ...
閲覧 藤原 綾子, 日浦 賢治, ウィルデ ハビエル, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司 : ヒト破骨細胞様細胞の波状縁形態に及ぼすカルシトニンおよびCLIKの効果について, 日本歯科矯正学会 中国四国地方会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 Yasuo Oba, Tomoko Oba, Kunihiro Terai and Keiji Moriyama : Expression of cathepsin K mRNA during experimental tooth movement in rat as revealed by in situ hybridization, Archives of Oral Biology, Vol.45, No.1, 63-69, 2000..[著者] ...
閲覧 Ahmad Queis, Masahiko Yokozeki, Yoshiyuki Baba, Keiji Moriyama and Takayuki Kuroda : Preservation of palatal scar tissue myofibroblasts in organ culture, Journal of Medical and Dental Sciences, Vol.47, No.1, 95-103, 2000..[著者] ...
閲覧 Masahiko Yokozeki, Kimie Ohyama, Michiko Tsuji, Masae Goseki-Sone, Shinichiro Oida, Hideo Orino, Keiji Moriyama and Takayuki Kuroda : A case of japanese cleidocranial dysplasia with a CBFA1 frameshift mutation, Journal of Craniofacial Genetics and Developmental Biology, Vol.20, No.3, 121-126, 2000..[著者] ...
閲覧 森山 啓司 : 口唇裂·口蓋裂患者と瘢痕組織, 四国歯学会雑誌, Vol.12, No.1, 229-238, 2000年1月..[著者] ...
閲覧 渡辺 真太郎, 住谷 光治, 米崎-井上 理香, 高木 豊明, 横関 雅彦, 日浦 賢治, 森山 啓司 : 顎関節症状を有する不正咬合患者の下顎頭の前後的位置,顎顔面形態,関節円板位の関連性について, 四国歯学会雑誌, Vol.12, No.2, 259-267, 2000年..[著者] ...
閲覧 Wilde Javier, 日浦 賢治, 森山 啓司 : ヒト末梢血幹細胞を用いた破骨細胞形成系の確立, 四国歯学会雑誌, Vol.12, No.2, 285-293, 2000年..[著者] ...
閲覧 川上 慎吾, 日浦 賢治, 住谷 光治, 横関 雅彦, 森山 啓司 : 顎裂部への自家腸骨海綿骨移植の予後に関する研究, --- ーデンタルX線写真ならびにCTを用いた解析ー ---, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.59, No.1, 12-20, 2000年..[著者] ...
閲覧 Hai Yen Tran, Katsuichiro Ohsaki, Kunio Ii, Qing Ye, Masahiko Yokozeki and Keiji Moriyama : Histological reaction of auditory bulla bone to synthetic auditory ossicle (Apaceram®) in rats, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.47, No.1,2, 56-60, 2000..[著者] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Tomoko Yoneda, Kaoru Saegusa, Kumiko Yanagi, Norio Haneji, Keiji Moriyama, Ichiro Saito and Yoshio Hayashi : Severe destructive autoimmune lesions with aging in murine Sjogren's syndrome through Fas-mediated apoptosis, The American Journal of Pathology, Vol.156, No.5, 1557-1564, 2000..[著者] ...
閲覧 清家 卓也, 中西 秀樹, 松本 和也, 川上 慎吾, 日浦 賢治, 森山 啓司, 高橋 章 : 顎裂骨移植の評価と予後予測-裂の形態と顎塩量について-, 第43回日本形成外科学会総会・学術集会, 2000年5月..[著者] ...
閲覧 川上 慎吾, 日浦 賢治, 横関 雅彦, 清家 卓也, 中西 秀樹, 森山 啓司 : 顎裂部への二次骨移植術後の鼻腔側の骨架橋形態について, 第24回日本口蓋裂学会総会, 2000年6月..[著者] ...
閲覧 戸田 公夫, 日浦 賢治, 曽 鴻哲, 森山 啓司 : 異なる咬合挙上法を用いた過蓋咬合を伴う上顎前突症例, 四国歯学会雑誌, Vol.13, No.1, 209-218, 2000年..[著者] ...
閲覧 谷本 起穗, 横関 雅彦, 日浦 賢治, 寺井 邦博, 松本 和也, 中西 秀樹, 森山 啓司 : Apert症候群患者由来骨芽様細胞におけるinto vitro石灰化の方進, 第18回日本骨代謝学会, 2000年7月..[著者] ...
閲覧 谷村 一朗, 岡田 桐子, 湯浅 一浩, 井上 理香, 日浦 賢治, 森山 啓司 : 著しい叢生を伴う成人アングルII級2類不正咬合の2症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.12, No.1, 75-83, 2000年..[著者] ...
閲覧 森山 啓司 : 歯科矯正学的立場からみた口唇裂·口蓋裂患者についての一考察, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.12, No.1, 3-12, 2000年8月..[著者] ...
閲覧 Yukiho Tanimoto, Masahiko Yokozeki, Kenji Hiura, K. Terai, Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi and Keiji Moriyama : Acceleration of In Vitro Minoralization of Osteoblast - like cells Derived from an Apert Syndrome Patient, 22nd Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Toronto, Sep. 2000..[著者] ...
閲覧 Masato Okamoto, Kenji Hiura, Go Ohe, Yasuo Oba, Kunihiro Terai, Tetsuya Oshikawa, Sachiko Furuichi, Hidetomo Nishikawa, Keiji Moriyama, Hideo Yoshida and Mitsunobu Sato : Mechanism for bone invasion of oral cancer cells mediated by interleukin-6 in vitro and in vivo, Cancer, Vol.89, No.9, 1966-1975, 2000..[著者] ...
閲覧 Tomoko Oba, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Synthesis of mRNAs for cathepsins L and K during development of the rat mandibular condylar cartilage, Cell and Tissue Research, Vol.302, No.3, 343-352, 2000..[著者] ...
閲覧 T Hatai, Masahiko Yokozeki, Noriko Funato, Yoshiyuki Baba, Keiji Moriyama, Hidenori Ichijo and Takayuki Kuroda : Apoptosis of periodontal ligament cells induced by mechanical stress during tooth movement, Oral Diseases, Vol.7, No.5, 287-290, 2001..[著者] ...
閲覧 Chizu Tateishi, Keiji Moriyama and Teruko Takano-Yamamoto : Dentocraniofacial morphology of 12 Japanese subjects with unilateral cleft lip and palate with a severe class III malocclusion, --- A cephalometric study at the pretreatment stage of surgical orthodontic treatment ---, Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.38, No.6, 597-605, 2001..[著者] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kenichi Hamada, Keiji Moriyama and Kenzo Asaoka : Degradation and fracture of Ni-Ti superelastic wire in an oral cavity, Biomaterials, Vol.22, No.16, 2257-2262, 2001..[著者] ...
閲覧 泰江 章博, 西松 伸一郎, 濃野 勉, 森山 啓司, 野地 澄晴 : 骨格筋形成におけるマイオスタチンの役割, 生体の科学, Vol.52, No.4, 256-260, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 寺井 恭子, 日浦 賢治, 黒田 孝雄, 森山 啓司 : 下顎前突症患者の顎顔面成長に及ぼす上顎前方牽引装置の効果についてーチンキャップ使用例との比較ー, --- ーチンキャップ使用例との比較ー ---, 四国歯学会雑誌, Vol.13, No.2, 267-281, 2001年..[著者] ...
閲覧 日浦 賢治, 森山 啓司 : 矯正治療における破骨細胞の分化と機能, 四国歯学会雑誌, Vol.13, No.2, 241-251, 2001年..[著者] ...
閲覧 井上 理香, 日浦 賢治, 横関 雅彦, 林 英司, 長山 勝, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いた下顎枝矢状分割術後の近·遠位骨片の安定性, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.11, No.1, 29-34, 2001年..[著者] ...
閲覧 森山 啓司 : 第4版 歯科矯正学, 医歯薬出版 株式会社, (都市), 2001年4月..[著者] ...
閲覧 Yukiho Tanimoto, Masahiko Yokozeki, Kenji Hiura, Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi and Keiji Moriyama : Enhanced differentiation in Apert osteoblastic cells with FGFR2 S252W mutation, International association for dental research 79th general session & exhibition, Chiba, June 2001..[著者] ...
閲覧 日浦 賢治, 北瀬 由紀子, 森山 啓司 : 上顎歯列正中の左方偏位を伴う成人上下顎前突症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.13, No.1, 119-125, 2001年..[著者] ...
閲覧 渡辺 真太郎, 森山 啓司 : 右側大臼歯交叉咬合を伴うAngle Class II叢生の一治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.13, No.1, 113-118, 2001年..[著者] ...
閲覧 岡田 桐子, 谷村 一朗, 森山 啓司 : 前歯部にクロスバイトを有する二症例の矯正治療前後における顎運動変化, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.13, No.1, 102-112, 2001年..[著者] ...
閲覧 茶野 秀太郎, 川上 慎吾, 横関 雅彦, 日浦 賢治, 森山 啓司 : 側面頭部X線規格写真を用いた上顎中切歯の歯根/歯冠長比の解析, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.13, No.1, 52-55, 2001年..[著者] ...
閲覧 Akemichi Ueno, Yukiko Kitase, Keiji Moriyama and Hideo Inoue : MC3T3-E1-conditioned medium-induced mineralization by clonal rat dental pulp cells, Matrix Biology, Vol.20, No.5-6, 347-355, 2001..[著者] ...
閲覧 Yukiho Tanimoto, Masahiko Yokozeki, Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Kenji Hiura and Keiji Moriyama : Molecular cloning and characterization of FGFR2 in osteoblast - like cells derived from Apert syndrome patient, 23rd Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Phoenix, Oct. 2001..[著者] ...
閲覧 Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Y. Koizumi, Takuya Seike, M. Okasaki, Masahiko Yokozeki and Keiji Moriyama : Segmental Midface Distraction in an Adult Patient with Crouzon Syndrome, 12th Japan-China Joint Meeting on Plastic Surgery, Sapporo, Nov. 2001..[著者] ...
閲覧 Jorge Salas, Masahiko Yokozeki and Keiji Moriyama : An unusual ankylosis process in an orthodontic case, Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.35, No.12, 763-766, 2001..[著者] ...
閲覧 Kouzou Masayama, Masahiko Yokozeki, Teruko Takano-Yamamoto and Keiji Moriyama : Treatment response and stability in anterior open bite cases, --- Comparison with IIIB and IVC dental stages ---, Orthodontic Waves, Vol.60, No.6, 386-392, 2001..[著者] ...
閲覧 Keiji Moriyama, Tomoko Oba and Yasuo Oba : Orthodontics in the 21st Century, --- Implications of cathepsins in condylar development and orthodontic tooth movement ---, Osaka University Press, (都市), (month)2002..[著者] ...
閲覧 Masahiko Yokozeki, Yukiho Tanimoto, Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Kenji Hiura and Keiji Moriyama : Orthodontics in the 21st Century, --- Craniofacial and dental manifestations in an Apert syndrine patient: Participation of osteoblastic cells in phenotypic expression of craniosynostosis syndrome ---, Osaka University Press, Osaka, (month)2002..[著者] ...
閲覧 Kayo Sato, Masahiko Yokozeki, Toyoaki Takagi and Keiji Moriyama : An orthodontic case of transposition of the upper right canine and first premolar, The Angle Orthodontist, Vol.72, No.3, 275-278, 2002..[著者] ...
閲覧 湯浅 一浩, 横関 雅彦, 川上 慎吾, 堀内 信也, 日浦 賢治, 森山 啓司 : 電解研磨が矯正用ワイヤーの摩擦力抵抗および表面性状に及ぼす影響に関する研究, --- -原子間力顕微鏡を用いた解析- ---, 四国歯学会雑誌, Vol.14, No.2, 293-299, 2002年..[著者] ...
閲覧 Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshio Koizumi, Takuya Seike, Masako Okazaki, Masahiko Yokozeki and Keiji Moriyama : Segmental distraction of the midface in a patient with crouzon syndrome, The Journal of Craniofacial Surgery, Vol.13, No.2, 273-278, 2002..[著者] ...
閲覧 清家 卓也, 中西 秀樹, 松本 和也, 川上 慎吾, 森山 啓司, 髙橋 章 : 顎裂骨移植の評価と予後予測-裂の形態と骨塩量について-, 第45回日本形成外科学会総会・学術集会, 2002年4月..[著者] ...
閲覧 Masumi Nishi, Akihiro Yasue, Shinichirou Nishimatu, Tsutomu Nohno, Takashi Yamaoka, Mitsuo Itakura, Keiji Moriyama, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : A missense mutant myostatin causes hyperplasia without hypertrophy in the mouse muscle, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.293, No.1, 247-251, 2002..[著者] ...
閲覧 岡崎 雅子, 横関 雅彦, 三木 善樹, 堀内 信也, 猪熊 健一, 湯浅 一浩, 劉 嘉仁, 川上 慎吾, 廣瀬 健, 日浦 賢治, 森山 啓司 : Goslon Yardstick を用いた日本人片側性口唇口蓋裂患者37症例の咬合評価, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.27, No.1, 47-57, 2002年..[著者] ...
閲覧 森山 啓司 : イラトレイテッド·クリニカルデンティストリー ④小児歯科·口腔病変·不正咬合, 医歯薬出版 株式会社, (都市), 2002年6月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 森山 啓司, 林 良夫 : RANKL刺激による活性化樹状細胞を用いたMRL/lprマウス関節病変の増悪, 第20回 日本骨代謝学会 口演発表, (巻), (号), (頁), 2002年7月..[著者] ...
閲覧 北瀬 由紀子, 川上 慎吾, 日浦 賢治, 森山 啓司 : バイトプレートとヘッドギアーを用いて治療を行ったアングルII級1類症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.14, No.1, 133-139, 2002年..[著者] ...
閲覧 湯浅 一浩, 谷村 一朗, 山本 真由, 廣瀬 健, 森山 啓司 : 永久歯の先天性欠如と顎骨の形態との関連性に関する研究, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.14, No.1, 125-131, 2002年..[著者] ...
閲覧 谷村 一朗, 茶野 秀太郎, 山本 真由, 森山 啓司 : 顎偏位を伴う下顎前突症に対する外科的矯正治療の一症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.14, No.1, 115-123, 2002年..[著者] ...
閲覧 高木 豊明, 廣瀬 健, 森山 啓司 : 上顎前方牽引装置を用いて上下顎顎間関係の著しい改善が認められた骨格性反対咬合の一症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.14, No.1, 105-113, 2002年..[著者] ...
閲覧 猪熊 健一, 堀内 信也, 高木 豊明, 横関 雅彦, 森山 啓司 : Condylar resorption を認めた3症例の顎口腔形態及び機能評価, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.14, No.1, 89-104, 2002年..[著者] ...
閲覧 山本 真由, 谷村 一朗, 湯浅 一浩, 森山 啓司 : 成人矯正治療患者における歯間乳頭部歯肉の変化に関する研究, Orthodontic Waves, Vol.61, No.4, 281-288, 2002年..[著者] ...
閲覧 森山 啓司 : 臨床家のための矯正YEAR BOOK '02, --- 先天欠如歯を伴う矯正患者の問題点 ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2002年9月..[著者] ...
閲覧 Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Masaaki Kosaka, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Role for macrophage inflammatory protein (MIP)-1α and MIP-1β in the development of osteolytic lesions in multiple myeloma, Blood, Vol.100, No.6, 2195-2202, 2002..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Acceleration of Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice Transferred with RANKL-stimulated Dendritic cells, 24th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Vol.17, No.SUPPL 1, S490, San Antonio, Sep. 2002..[著者] ...
閲覧 Shingo Kawakami, Kenji Hiura, Masahiko Yokozeki, Takuya Seike, Hideki Nakanishi and Keiji Moriyama : Prognostic implications of nasal cavity and cleft morphology in secondary bone grafting, Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.39, No.6, 575-581, 2002..[著者] ...
閲覧 谷本 起穗, 横関 雅彦, 日浦 賢治, 松本 和也, 中西 秀樹, 森山 啓司 : Apert型変異を伴う線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)2による骨芽細胞の分化及び石灰化の促進, 第9回徳島骨代謝研究会, 2002年11月..[著者] ...
閲覧 Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshio Koizumi, Takuya Seike, Yukiho Tanimmoto, Masahiko Yokozeki, Kenji Hiura, Keiji Moriyama, Mitsuyoshi Minami, Yoshio Urano and Shinichi Hirabayashi : Correction of a deformed thumb by distraction of the phalanx, Scandinavian Journal of Plastic and Reconstructive Surgery and Hand Surgery, Vol.36, No.6, 368-372, 2002..[著者] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka, Jun'ichi Sakai and Michihiko Nagumo : Hydrogen embrittlement of Ni-Ti superelastic alloy in fluoride solution, Journal of Biomedical Materials Research, Vol.65A, No.2, 182-187, 2003..[著者] ...
閲覧 Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, K Koutsu, Masako Okazaki and Keiji Moriyama : Midface Distraction in an Adult Patient with Crouzon Syndrome, Craniofacial Surgery 10, Vol.10, (号), 443-444, 2003..[著者] ...
閲覧 佐竹 秀太, 高木 豊明, 堀内 信也, 横関 雅彦, 藤澤 健司, 宮本 洋二, 伊賀 弘起, 吉田 秀夫, 長山 勝, 佐藤 光信, 森山 啓司 : 徳島大学歯学部附属病院矯正歯科における顎変形症患者の臨床統計学的検討, 四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 257-262, 2003年..[著者] ...
閲覧 二宮 雅美, 赤澤 佳代子, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝, 森山 啓司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : 慢性根尖性歯周炎の進行に伴って形成されたセメント質過形成症, 四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 263-269, 2003年..[著者] ...
閲覧 Miyoshi Yuko, Masahiko Yokozeki, Terai Kunihiro and Keiji Moriyama : Expression of growth and differentiation factor-7 (GDF-7) mRNA expression during tooth development., Dentistry in Japan, Vol.39, No.0, 83-85, 2003..[著者] ...
閲覧 Wilde Javir, Masahiko Yokozeki, Terai Kunihiro, Kudo Akira and Keiji Moriyama : The divergent expression of periostin mRNA in the periodontal ligament during experimental tooth movement, Cell and Tissue Research, Vol.312, No.3, 345-351, 2003..[著者] ...
閲覧 Kazuyuki Kaneko, Ken'ichi Yokoyama, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka, Jun'ichi Sakai and Michihiko Nagumo : Delayed fracture of beta titanium orthodontic wire in fluoride aqueous solutions., Biomaterials, Vol.24, No.12, 2113-2120, 2003..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 森山 啓司, 林 良夫 : RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 第21回 日本骨代謝学会 ポスター発表, (巻), (号), (頁), 2003年6月..[著者] ...
閲覧 Masahiko Yokozeki, Afanador Elain, Masumi Nishi, Kazuyuki Kaneko, Shimokawa Hitoyata, Yokote Koutaro, Deng Chuxia, Kunihiro Tsuchida, Hiromu Sugino and Keiji Moriyama : Smad3 is required for enamel biomineralization., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.305, No.3, 684-690, 2003..[著者] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Keiji Moriyama and Kenzo Asaoka : Degradation of tensile strength due to hydrogen absorption of nickel-titanium superelastic alloys in fluoride solution, Journal of Dental Research, Vol.82, No.Spec B, 341, Goteborg, June 2003..[著者] ...
閲覧 Kazuyuki Kaneko, Ken'ichi Yokoyama, Keiji Moriyama and Kenzo Asaoka : Delayed fracture of beta titanium alloys in fluoride solutions, Journal of Dental Research, Vol.82, No.Spec B, 341, Goteborg, June 2003..[著者] ...
閲覧 Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshiaki Kubo, Masahiko Yokozeki and Keiji Moriyama : Advances in distraction techniques for craniofacial surgery., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.3-4, 117-125, 2003..[著者] ...
閲覧 猪熊 健一, 堀内 信也, 横関 雅彦, 森山 啓司 : 上顎右側3前歯に移転を伴う埋伏のみられた認めた1症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.15, No.1, 71-78, 2003年..[著者] ...
閲覧 佐竹 秀太, 湯浅 一浩, 川上 慎吾, 高木 豊明, 堀内 信也, 横関 雅彦, 森山 啓司 : 生体内吸収性ポリ-L-乳酸(PLLA)製ネジによる固定法を用いて下顎枝矢状分割術を施行した3症例., 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.15, No.1, 79-91, 2003年..[著者] ...
閲覧 泰江 章博, 川上 慎吾, 横関 雅彦, 森山 啓司 : 比較的後期に自家腸骨海綿骨細片移植術を行い移植部へ歯の移動を行った片側性唇顎裂症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.15, No.1, 109-117, 2003年..[著者] ...
閲覧 松本 和也, 古泉 佳男, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 佐竹 秀太, 森山 啓司 : Hemifacial microsonmiaの上下顎骨同時延長例, 第46回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2003年9月..[著者] ...
閲覧 Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi and Keiji Moriyama : Segmental Distraction of the Midface in an Adult Patient with Crouzon Syndrome, International Society of Craniofacial Surgery Xth international Congress, Monterey,CAL,USA, Sep. 2003..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Role of Dendritic Cells Stimulated with RANKL for Modulation of Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice, 25th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Vol.18, No.SUPPL 2, S396, Minneapolis, Sep. 2003..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 第62回 日本矯正歯科学会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[著者] ...
閲覧 Shingo Kawakami, Hiura Kenji, Masahiko Yokozeki, Takumi Takahashi, Seike Takuya, Hideki Nakanishi and Keiji Moriyama : Longitudinal evaluation of secondary bone grafting into the alveolar cleft, Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.40, No.6, 569-576, 2003..[著者] ...
閲覧 高橋 巧, 高木 豊明, 有田 憲司, 西野 瑞穗, 森山 啓司 : 外傷による低位骨性癒着歯に対し外科的亜脱臼と牽引誘導を併用して治療を行った1症例, 第3回 外傷歯学会総会・学術大会, 2003年11月..[著者] ...
閲覧 Yuji Higashibata, Takahiko Sakuma, Hirohisa Kawahata, Shinji Fujihara, Keiji Moriyama, Atsushi Okada, Takahiro Yasui, Kenjiro Kohri, Yukihiko Kitamura and Shintaro Nomura : Identification of Promoter Regions Involved in Cell- and Developmental Stage-Specific Osteopontin Expression in Bone, Kidney, Placenta, and Mammary Gland: An Analysis of Transgenic Mice, --- An analysis of transgenic mice. ---, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.19, No.1, 78-88, 2004..[著者] ...
閲覧 大庭 康雄, 森山 啓司, David G. Roodman : 新規破骨細胞形成促進因子 Eosiophil Chemotactic Factor-L(ECF-L), 整形・災害外科, Vol.47, (号), 126-127, 2004年2月..[著者] ...
閲覧 Atsushi Shioyasono, Yasuo Oba, Hiura Kenji, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Keiji Moriyama : MIP-1alpha is upregulated during experimental tooth movement, IADR 82nd General Session, (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004..[著者] ...
閲覧 Yukiko Kitase, Yukiho Tanimoto, Masahiko Yokozeki and Keiji Moriyama : The regulation of MCP-1/CCR2 expression in human periodontal ligament cells, IADR 82nd General Session, (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004..[著者] ...
閲覧 Masahiko Yokozeki, Elain Afanador, Masumi Nishi, Kazuyuki Kaneko, H Shimokawa, K Yokote, C Deng, K Tsuchida, H Sugino and Keiji Moriyama : Smad3 plays critical roles in enamel biomineralizaton, IADR 82nd General Session, (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004..[著者] ...
閲覧 Elain Afanador, Masahiko Yokozeki, Yasuo Oba, Takumi Takahashi, A Kudo and Keiji Moriyama : Twist and periostin mRNA expression in the Mouse Periodontal ligament, IADR 82nd General Session, (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004..[著者] ...
閲覧 大庭 知子, 三木 善樹, 岡崎 雅子, 高橋 巧, 茶野 秀太郎, 堀内 信也, 森山 啓司 : 顎裂部二次骨移植術を行った片側性口唇口蓋裂患者における上顎歯列弓の安定性に関する検討, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.29, No.1, 16-29, 2004年..[著者] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka, Jun'ichi Sakai and Michihiko Nagumo : Delayed fracture of Ni-Ti superelastic alloys in acidic and neutral fluoride solutions., Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.69A, No.1, 105-113, 2004..[著者] ...
閲覧 Tomoko Yoneda, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Masaru Kobayashi, Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Estrogen deficiency accelerates murine autoimmune arthritis associated with receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand-mediated osteoclastogenesis, Endocrinology, Vol.145, No.5, 2384-2391, 2004..[著者] ...
閲覧 Shingo Kawakami, Masahiko Yokozeki, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Oral rehabilitation of an orthodontic patient with cleft lip and palate and hypodontia using secondary bone grafting, osseo-integrated implants, and prosthetic treatment., Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.41, No.3, 279-284, 2004..[著者] ...
閲覧 Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshio Koizumi, Masahiro Yamano, Ichiro Hashimoto, Hidetaka Satake and Keiji Moriyama : Occlusal difficulties after simultaneous mandibular and maxillary distraction in an adult case of hemifacial microsomia., The Journal of Craniofacial Surgery, Vol.15, No.3, 464-468, 2004..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 大嶋 淳, 森山 啓司 : 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析, 第17回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 口演発表, (巻), (号), (頁), 2004年7月..[著者] ...
閲覧 Kazuyuki Kaneko, Ken'ichi Yokoyama, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Degradation in performance of orthodontic wires caused by hydrogen absorption during short-term immersion in 2.0% acidulated phosphate fluoride solution., The Angle Orthodontist, Vol.74, No.4, 487-495, 2004..[著者] ...
閲覧 永島 優子, 大庭 康雄, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 下顎枝矢状分割術を施行した顎変形症患者における術前·術後の下顎頭の位置と下顎骨の安定性, --- PLLA製スクリュー,チタン製スクリュー,ワイヤーを用いた各種骨片固定法の比較 ---, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.14, No.2, 111-121, 2004年..[著者] ...
閲覧 冨田 優子, 大庭 知子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 森山 啓司 : ヘッドギアによる上顎第一大臼歯の遠心移動が上顎第二大臼歯の萌出方向に与える影響について, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.63, No.3, 151-161, 2004年..[著者] ...
閲覧 辻 けい子, 三木 善樹, 堀内 信也, 森山 啓司 : 歯軸方向エックス線撮影法を用いた上顎犬歯埋伏位置に関する臨床統計学的調査, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.63, No.3, 162-169, 2004年..[著者] ...
閲覧 森山 啓司 : 最新版 家庭医学大全科, --- 歯と歯肉の病気 ---, 株式会社 法研, 東京, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Atsushi Shioyasono, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shinsuke Kido, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Osteoclasts enhance myeloma cell growth and survival via cell-cell contact: a vicious cycle between bone destruction and myeloma expansion., Blood, Vol.104, No.8, 2484-2491, 2004..[著者] ...
閲覧 Yukiho Tanimoto, Masahiko Yokozeki, Hiura Kenji, Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Toshio Matsumoto, PJ Marie and Keiji Moriyama : A soluble form of fibroblast growth factor receptor 2 (FGFR2) with S252W mutation acts as an efficient inhibitor for the enhanced osteoblastic differentiation caused by FGFR2 activation In Apert syndrome., The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.44, 45926-45934, 2004..[著者] ...
閲覧 辻 けい子, 堀内 信也, 二宮 雅美, 永田 俊彦, 森山 啓司 : 骨粗鬆症を有する両側性口唇口蓋裂患者に対し歯周·矯正治療を平行して行った1症例, 第63回日本矯正歯科学会大会, (巻), (号), 302, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるbite jumping applianceとelastic open activatorの治療効果に関する検討, 第63回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), 247, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 Satoshi Yokoo, Chizu Tateishi, Shungo Furudoi, Yasuyuki Shibuya, Takahide Komori, Hirofumi Hanagaki and Keiji Moriyama : Occlusal reconstruction:Orthodontic techniques for treatment of jaw fracture., World Journal of Orthodontics, Vol.5, No.4, 339-343, 2004..[著者] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Toshio Ogawa, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Hydrogen embrittlement of work-hardened Ni-Ti alloy in fluoride solutions., Biomaterials, Vol.26, No.1, 101-108, 2005..[著者] ...
閲覧 藤原 綾子, 日浦 賢治, ウイルデ ハビエル, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司 : ヒト破骨細胞様細胞の波状縁と明帯の形態に及ぼすカルシトニンおよびCLIK148の効果について, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 411-418, 2005年..[著者] ...
閲覧 Takumi Takahashi, Toyoaki Takagi and Keiji Moriyama : Orthodontic treatment of the traumatically intruded tooth with ankylosis by traction following surgical luxation, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.127, No.2, 233-241, 2005..[著者] ...
閲覧 Keiji Moriyama : Non-surgical and surgical orthodontic approaches to Class III malocclusion, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, (巻), (号), (頁), Beijing, March 2005..[著者] ...
閲覧 Putranto Rama, Yasuo Oba, Kazuyuki Kaneko, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Effect of bisphosphonate on odontoclasts during experimental tooth movement, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, (巻), (号), 195, Beijing, April 2005..[著者] ...
閲覧 Mauricio de Araujo Rui Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of regulator of G-protein signaling(RGS)2 and RhoE in human periodontal ligament cells under mechanical stress, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, (巻), (号), 196, Beijing, April 2005..[著者] ...
閲覧 今 政幸, 堀内 信也, 森山 啓司, 淺岡 憲三 : リン酸亜鉛セメントのアパタイト置換, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 67, 2005年4月..[著者] ...
閲覧 藤原 慎視, 森山 啓司 : メカニカルストレスに応答したオステオポンチンの発現と機能の解析, 第59回日本口腔科学会総会, 2005年4月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析, 第59回日本口腔科学会総会 ミニシンポジウム 口演発表, (巻), (号), (頁), 2005年4月..[著者] ...
閲覧 大庭 康雄, 永島 優子, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用して治療を行った下顎非対称を伴う顎変形症の3症例の術後評価, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.15, No.1, 28-40, 2005年..[著者] ...
閲覧 Hideyo Ohuchi, Akihiro Yasue, Katsuhiko Ono, Shunsuke Sasaoka, Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Mitsuo Itakura, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Tsutomu Nohno : Identification of Cis-Element Regulating Expression of the Mouse Fgf10 Gene during Inner Ear Development, Developmental Dynamics, Vol.233, No.1, 177-187, 2005..[著者] ...
閲覧 西 真寿美, 谷本 起穗, 冨田 優子, 金子 和之, 佐竹 秀太, 辻 けい子, 高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査, 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2005年5月..[著者] ...
閲覧 冨田 優子, 高橋 巧, 西 真寿美, 谷本 起穗, 森山 啓司 : レーザー・ドップラー式血流画像化装置を用いた口唇形成術後の上唇における血流分布解析, 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2005年5月..[著者] ...
閲覧 Shingo Kawakami, Masahiko Yokozeki, Takumi Takahashi, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Siblings with spaced arches treated with and without partial glossectomy, --- Comparison of occlusal stabilities after orthodontic treatment in a pair of brother and sister ---, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.127, No.3, 364-373, 2005..[著者] ...
閲覧 大庭 康雄, 泰江 章博, 金子 和之, 内田 玲子, 藤澤 健司, 長山 勝, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いた下顎枝矢状分割術後の近位・遠位骨片の術後変化-手術後の骨片の回転変化に関する検討-, 第15回日本顎変形症学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年6月..[著者] ...
閲覧 金子 和之, 内田 玲子, 泰江 章博, 大庭 康雄, 藤澤 健司, 長山 勝, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いて下顎枝矢状分割術を行った下顎非対称を伴う下顎前突症患者における術後安定性-正面頭部X線規格写真を用いた検討-, 第15回日本顎変形症学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年6月..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上顎中切歯を抜歯して治療した上顎前突の2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 佐竹 秀太, 高橋 巧, 冨田 優子, 森山 啓司 : 過蓋咬合を伴う上顎前突の3治験例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 歯周疾患を伴う上顎前突の成人2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 冨田 優子, 高橋 巧, 佐竹 秀太, 森山 啓司 : 第三大臼歯を含めて咬合を確立した叢生を伴う2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 内田 玲子, 谷本 起穗, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上下顎同時移動術を行った骨格性下顎前突の2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 歯周疾患を伴う上顎前突の成人2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 堀内 信也, 谷本 起穗, 高橋 巧, 森山 啓司 : 矯正歯科治療により良好な咬合を確立したAchondroplasiaの1症例, 第45回日本先天異常学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 谷本 起穗, 勝瑞 理恵子, 森山 啓司 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:Apert症候群発症に関わるFGF2/FGFR2情報伝達経路を介した骨芽細胞および破骨細胞の分化調節機構の解析, 第23回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 ラマ プトラント, 大庭 康雄, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : 実験的歯の移動時における破歯細胞に対するビスホスホネートの効果, 第23回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 アラウジョ フイ, 大庭 康雄, 森山 啓司 : メカニカルストレス負荷時のヒト歯根膜細胞におけるRhoEとRGS2の役割について, 第23回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 大嶋 淳, 井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 森山 啓司, 林 良夫 : 樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病態の修飾, 第2回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, (巻), (号), 46, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 辻 けい子, 井澤 俊, 細木 秀彦, 前田 直樹, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 関節円板前方転位を有する顎関節症患者の顎顔面形態の特徴について, 第18回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 ポスター発表, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるBite jumping applianceとElastic open activatorの作用機序に関する検討, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 15-23, 2005年..[著者] ...
閲覧 佐竹 秀太, 高橋 巧, 辻 けい子, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎犬歯の移転を伴う不成咬合の3症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 37-48, 2005年..[著者] ...
閲覧 Hironobu Shibata, Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshiaki Sano, Ken-ichi Kitazoe, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Malignant B-lymphoid cells with bone lesions express receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand and vascular endothelial growth factor to enhance osteoclastogenesis., Clinical Cancer Research, Vol.11, No.17, 6109-6115, 2005..[著者] ...
閲覧 Keiji Moriyama : New experimental model for tooth movement using genetically engineered animals, 6 th International Orthodontic Congress, (巻), (号), (頁), Paris, Sep. 2005..[著者] ...
閲覧 RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Involvement of RhoE and regulator of G-protein signaling protein(PGS)2 in the response of human periodontal ligament cells to mechanical stress, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.20, No.Suppl 1, S208, Nashville, Sep. 2005..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 大庭 康雄, 日浅 雅博, 安倍 正博, 松本 俊夫, 森山 啓司 : 歯の移動時の歯周組織におけるケモカインの発現, 第64回 日本矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 堀内 信也, 今 政幸, 淺岡 憲三, 森山 啓司 : リン酸亜鉛セメント硬化体のアパタイト置換を応用した新しいバイオマテリアルの開発, 第64回 日本矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 谷本 起穗, 内田 玲子, 高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における前歯部排列に関する臨床統計的調査, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるElastic open activatorの治療効果に関する検討, 第64回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 佐竹 秀太, 高橋 巧, 松本 和也, 中西 秀樹, 森山 啓司 : 外科的矯正治療を行ったhemifacial microsomiaの一症例, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月..[著者] ...
閲覧 ラマ プトラント, 大庭 康雄, 金子 和之, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : 実験的歯の移動時におけるサイトカインを介した歯根吸収に対するビスホスホネートの効果, 第64回 日本矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 アラウジョ フイ, 大庭 康雄, 森山 啓司 : メカニカルストレスに対する歯根膜細胞の応答におけるRhoEとRGS2の関与, 第64回 日本矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 大嶋 淳, 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : 樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病態の修飾, 第64回 日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 内田 玲子, 谷本 起穗, 高橋 巧, 森山 啓司 : 前歯部において非定型的排列により矯正治療を行った3症例, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月..[著者] ...
閲覧 立石 千鶴, 山本 真由, 横尾 聡, 子森 孝英, 森山 啓司 : 下顎正中骨延長術を施行した鋏状咬合を呈する上顎前突症例, 第64回 日本矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 Takumi Takahashi and Keiji Moriyama : Three cases of an ankylosed tooth treated by orthodontic repositioning after surgical luxation, 第64回 日本矯正歯科学会大会, Oct. 2005..[著者] ...
閲覧 森山 啓司, 谷本 起穗 : 繊維芽細胞増殖因子受容体2(FGFR2), 生体の科学, Vol.56, No.5, 416-417, 2005年10月..[著者] ...
閲覧 Osaka Nao, Matsuzawa Atsushi, Takumi Takahashi, Keiji Moriyama, Aburatani Hiroyuki, Takeda Kohsuke and Ichijo Hidenori : Roles of stress-responsive MAP3K ASK1 in Macrophage-dependent hair regeneration, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005..[著者] ...
閲覧 RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of RhoE and PGS2 in mechanical-stressed periodontal ligament cells, 52st Annual Meeting of The Japanese Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Okayama, Nov. 2005..[著者] ...
閲覧 Elaine Afanador, Takumi Takahashi and Keiji Moriyama : Orthodontic tooth movement of an ankylosed tooth to the bone grafting site after surgical luxation in an alveolar cleft case, Orthodontic Waves, Vol.64, No.4, 114-118, 2005..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 大嶋 淳, 森山 啓司, 林 良夫 : RANKL刺激活性化DCを介したMRL/lprマウス関節炎の病態修飾, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, (号), 249, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 Xingmei Feng, Tomoko Oba, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : An interdisciplinary approach for improved functional and aesthetic results in a periodontally compromised adult patient, The Angle Orthodontist, Vol.75, No.6, 1061-1070, 2005..[著者] ...
閲覧 Elaine Afamador, Masahiko Yokozeki, Yasuo Oba, Yukiko Kitase, Takumi Takahashi, Akira Kudo and Keiji Moriyama : Messenger RNA expression of periostin and Twist transiently decrease by occlusal hypofunction in mouse periodontal ligament., Archives of Oral Biology, Vol.50, No.12, 1023-1031, 2005..[著者] ...
閲覧 松本 和也, 中西 秀樹, 高瀬 真記, 古泉 佳男, 谷本 起穗, 森山 啓司 : トリーチャーコリンズ症候群に対する下顎骨延長の中期成績, 形成外科, Vol.49, No.3, 311-317, 2006年..[著者] ...
閲覧 Atsushi Shioyasono, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Expression of Macrophage inflammatory protein-1α(MIP-1α) in the periodontal tissue during experimental tooth movement., Dentistry in Japan, Vol.42, 78-81, 2006..[著者] ...
閲覧 冨田 優子, 高橋 巧, 谷本 起穗, 森山 啓司 : 口唇形成術後領域における血流分布と顎顔面形態に関する解析, 第30回日本口蓋裂学会総会・学術集会, Vol.31, No.2, 203, 2006年5月..[著者] ...
閲覧 Shinji Fujihara, Masahiko Yokozeki, Yasuo Oba, Yuji Higashibata, Shintaro Nomura and Keiji Moriyama : Function and regulation of osteopontin in response to mechanical stress, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.21, No.6, 956-964, 2006..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討, 第16回日本顎変形症学会総会, Vol.16, No.2, 129, 2006年6月..[著者] ...
閲覧 大庭 康雄, 森山 啓司 : 多数歯先天欠如と下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症に対して外科的矯正治療を行った一症例, 第16回日本顎変形症学会総会, Vol.16, No.2, 120, 2006年6月..[著者] ...
閲覧 RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : RGS2 regulates cAMP production in mechanically stressed human PDL cells, 84th General Session & Exhibition of The International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Brisbane, Australia, June 2006..[著者] ...
閲覧 Yasuo Oba, RM de Araujo Santos and Keiji Moriyama : RhoE regulates actin cytoskeleton organization in human periodontal ligament cells, 84th General Session & Exhibition of The International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Brisbane, Australia, June 2006..[著者] ...
閲覧 Takumi Takahashi, Yuko Tomita, Yukiho Tanimoto and Keiji Moriyama : Blood flow distribution at post-labioplasty region in cleft patient, IADR 84th General Session & Exhibition, Brisbane, June 2006..[著者] ...
閲覧 高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における精神科病歴を持つ患者に関する調査, 中・四国矯正歯科学術大会, 2006年7月..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元計測装置を用いた顔面形状計測に頭位が及ぼす影響, 第49回 中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 堀内 信也, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元計測装置を用いた外科的矯正治療による顔貌変化の評価について, 第49回 中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[著者] ...
閲覧 辻 けい子, 佐竹 秀太, 藤原 慎視, 井澤 俊, 堀内 信也, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における顎関節症を伴う不正咬合患者の臨床統計学的調査, 第49回 中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[著者] ...
閲覧 藤原 慎視, 堀内 信也, 森山 啓司 : 動的治療終了時にdual biteがみられた開咬症例の中期的観察, 中·四国矯正歯科学会雑誌, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[著者] ...
閲覧 西 真寿美, 高橋 巧, 森山 啓司 : 片側性口唇口蓋裂を伴う前歯部反対咬合の1治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.18, No.1, 53-62, 2006年..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 広汎型侵襲性歯周炎を伴う上顎前突の成人症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.18, No.1, 63-70, 2006年..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 広汎型侵襲性歯周炎を伴う上顎前突の成人症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.18, No.1, 63-70, 2006年..[著者] ...
閲覧 高橋 巧, 谷本 起穗, 森山 啓司 : 歯槽骨破壊を伴う成人患者に対し前歯部の限局的矯正治療を行った2症例, 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 神野 恵, 高橋 巧, 土田 邦博, 森山 啓司 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析, 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 佐竹 秀太, 高橋 巧, 森山 啓司 : 非外科的矯正治療を行った右側下顎関節突起骨折を伴う下顎非対称症例, 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 金子 和之, 堀内 信也, 森山 啓司 : ダイレクトボンディングが歯質に与える影響について-ボンディング法による比較-, 日本矯正歯科学会雑誌, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 大嶋 淳, 井澤 俊, 石丸 直澄, 林 良夫, 森山 啓司 : 関節炎モデルマウスを用いた樹状細胞移入による関節リウマチ病態の修飾, 第65回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), 217, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of RhoE in regulating cytoskeleton dynamics in mechanically stressed periodontal ligament cells, 第65回日本矯正歯科学会大会・第一回日韓ジョイントミーティング, (巻), (号), 349, Sep. 2006..[著者] ...
閲覧 Yasuo Oba, Kazuyuki Kaneko, Ryoko Uchida, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Stability of mandibular segments following sagittal split ramus osteotomy with poly-L-lactic acid (PLLA) screws, 第65回日本矯正歯科学会大会・第一回日韓ジョイントミーティング, (巻), (号), 367, Sep. 2006..[著者] ...
閲覧 堀内 信也, 高橋 巧, 森山 啓司, 湯淺 哲也, 長山 勝, 松本 和也, 中西 秀樹 : 顔面多発骨折による咬口不全に対して集学的治療を行った1症例, 第24回日本頭蓋顎顔面外科学会, 2006年11月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, 第36回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.36, (号), 284, Dec. 2006..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 井上 大輔, 木戸 慎介, 森山 啓司, 松本 俊夫 : GM-CSFとIL-4は単球のM-CSF破骨細胞分化を抑制し樹状細胞分化を誘導する, 日本骨形態計測学会雑誌, Vol.16, No.3, 66, 2006年12月..[著者] ...
閲覧 金子 和之, 大庭 康雄, 内田 玲子, 泰江 章博, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いて下顎枝矢状分割術を行った下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症患者における術後安定性 ー正面頭部X線規格写真を用いた検討ー, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.19, (号), 15-20, 2007年..[著者] ...
閲覧 高橋 巧, 森山 啓司 : なるほど現代歯塾, --- 11.歯並びとかみ合わせの異常はなぜ起こる? ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月..[著者] ...
閲覧 RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Identification of genes related to mechanical stress in human periodontal ligament cells using microarray analysis, Journal of Periodontal Research, Vol.42, No.1, 15-22, 2007..[著者] ...
閲覧 Kei Jinno, Takumi Takahashi and Keiji Moriyama : Acceleration of Palatal Wound Healing in Smad-3-deficient Mice, IADR 85th General Session & Exhibition, New Orleans, Louisiana, USA, March 2007..[著者] ...
閲覧 Jun Ooshima, Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Keiji Moriyama : Immunoregulatory Effects of Dendritic Cells Stimulated with RANKL on the Development of Autoimmune Disease in Arthritis Model Mice, The 1st International Symposium and Workshop "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), 55, Awaji, March 2007..[著者] ...
閲覧 Keiko Tsuji, Hidetaka Satake, Shinji Fujihara, Takashi Izawa, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Clinico-statistical study of orthodontic patients with temporomandibular joint disorders, The 1st International and the 19th Annual Meeting of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint, Vol.19, No.1, 82, Nagoya, April 2007..[著者] ...
閲覧 神野 恵, 高橋 巧, 森山 啓司 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.32, No.2, 251, 2007年4月..[著者] ...
閲覧 堀内 信也, 高橋 巧, 森山 啓司, 湯淺 哲也, 長山 勝, 松本 和也, 中西 秀樹 : 顔面多発骨折による咬合不全に対して集学的治療を行った1症例, 日本頭蓋顎顔面外科学会雑誌, Vol.23, No.2, 163-164, 2007年6月..[著者] ...
閲覧 藤原 慎視, 堀内 信也, 井澤 俊, 辻 けい子, 森山 啓司 : エナメル質形成不全を伴う空隙歯列症例の一治験例, 第50回中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2007年7月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama, Masayuki Kohashi, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Crosstalk between RANKL and Fas signaling in dendritic cells controls immune tolerance, Blood, Vol.110, No.1, 242-250, 2007..[著者] ...
閲覧 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 下顎前方移動術後に上顎小臼歯抜歯を行って治療した下顎後退症例, 中・四国矯正歯科学会大会, 2007年7月..[著者] ...
閲覧 冨田 優子, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 下顎エナメル上皮掻爬術の既往があるアングルII級叢生症例, 中・四国矯正歯科学会大会, 2007年7月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 堀内 信也, 辻 けい子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリング様変化を認めた一症例, 第50回中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2007年7月..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面計測時における被験動作に関する検討, 第50回 中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2007年7月..[著者] ...
閲覧 内田 玲子, 谷本 起穗, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上下顎移動術を行った顎偏位を伴う下顎前突の1治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.19, No.1, 29-36, 2007年..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, 29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Vol.22, No.SUPPL 1, S270, Honolulu, Sep. 2007..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : RANKLシグナルを介した関節炎モデルマウス樹状細胞の機能解析, 第66回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2007年9月..[著者] ...
閲覧 神野 恵, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析-第2報-, 日本矯正歯科学会大会, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 西 真寿美, 高橋 巧, 冨田 優子, 谷本 起穗, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における過去12年間の口唇裂口蓋裂患者に関する実態調査-第2報-, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.32, No.3, 317-325, 2007年..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討, Orthodontic Waves-Japanese Edition, Vol.66, No.3, 134-142, 2007年..[著者] ...
閲覧 RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of regulator of G-protein signaling 2 (RGS2) in periodontal ligament cells under mechanical stress, Cell Biochemistry and Function, Vol.25, No.6, 753-758, 2007..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory Role of RANKL-stimulated Dendritic Cells on Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice, ACR/ARHP 71th Annual Scientific Meeting, Vol.56, No.Suppl 9, S-105, Boston, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 Yasuo Oba, Akihiro Yasue, Kazuyuki Kaneko, Ryoko Uchida, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Comparison of stability of mandibular segments following the sagittal ramus osteotomy with poly-L-lactic acid (PLLA) screws and titanium screws fixation, Orthodontic Waves, Vol.67, No.1, 1-8, 2008..[著者] ...
閲覧 Nao Kinouchi, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Y Sunada, Yoshio Hayashi, Yukiho Tanimoto, Keiji Moriyama and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated local and systemic applications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass., Gene Therapy, Vol.15, No.15, 1126-1130, 2008..[著者] ...
閲覧 神野 恵, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司, 田中 栄二 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析-第2報-, 第32回日本口蓋裂学会総会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[著者] ...
閲覧 Nao Kinouchi, Yutaka Osawa, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Eiji Tanaka : Atelocollagen-mediated lapplications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass, 86th IADR, Toronto, July 2008..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 堀内 信也, 辻 けい子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 田中 栄二, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリングを認めた一症例, 日本顎関節学会雑誌, Vol.20, No.2, 134-138, 2008年..[著者] ...
閲覧 辻 けい子, 木内 奈央, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 過去20年間に徳島大学医学部・歯学部附属病院矯正歯科に来院した開咬患者の実態調査, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 97-103, 2008年..[著者] ...
閲覧 藤原 慎視, 堀内 信也, 井澤 俊, 辻 けい子, 大庭 康雄, 森山 啓司, 田中 栄二 : エナメル質形成不全を伴う空隙歯列症例の一治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 55-60, 2008年..[著者] ...
閲覧 (種別) : Y Yagi, N Suda, Y Yamakoshi, Otto Baba and Keiji Moriyama : In vivo application of amelogenin suppresses root resorption., Journal of Dental Research, Vol.88, No.2, 176-181, (発行所), (都市), Feb. 2009..[著者] ...
閲覧 Yukiko Kitase, Masahiko Yokozeki, Shinji Fujihara, Takashi Izawa, Shingo Kuroda, Kotaro Tanimoto, Keiji Moriyama and Eiji Tanaka : Analysis of gene expression profiles in human periodontal ligament cells under hypoxia: the protective effect of CC chemokine ligand 2 to oxygen shortage., Archives of Oral Biology, Vol.54, No.7, 618-624, 2009..[著者] ...
閲覧 Kei Jinno, Takumi Takahashi, K Tsuchida, Eiji Tanaka and Keiji Moriyama : Acceleration of palatal wound healing in Smad3-deficient mice, Journal of Dental Research, Vol.88, No.8, 757-761, 2009..[著者] ...
閲覧 Yuko Kondo, Takumi Takahashi, Yasuo Oba, Shingo Kuroda, Eiji Tanaka and Keiji Moriyama : Blood flow distribution of repaired lip in cleft lip patients., The Angle Orthodontist, Vol.79, No.6, 1182-1187, 2009..[著者] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, Ayako Nakano, Asuka Oda, Hiroe Amou, Shinsuke Kido, Kyoko Takeuchi, Kumiko Kagawa, Kenichiro Yata, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Kenzo Asaoka, Eiji Tanaka, Keiji Moriyama and Toshio Matsumoto : GM-CSF and IL-4 induce dendritic cell differentiation and disrupt osteoclastogenesis through M-CSF receptor shedding by up-regulation of TNF-{alpha} converting enzyme (TACE), Blood, Vol.114, No.20, 4517-4526, 2009..[著者] ...
閲覧 木島 毅, 鳥飼 勝行, 長西 裕樹, 錦織 なぎ, 大木 健作, 渡邉 佳一郎, 田中 栄二, 森山 啓司, 山本 真弓, 島崎 一夫, 米満 郁男, 大村 進 : 梨状孔縁骨切・骨延長により中顔面の形態改善を図ったsyndromic craniosynostosisの1例, 第20回日本顎変形症学会総会 プログラム・抄録号, Vol.22, No.2, 152, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 松田 りえ, 堀内 信也, 川上 恵実, 内田 玲子, 細木 秀彦, 森山 啓司, 田中 栄二 : 先天性リンパ管腫を伴う下顎側方偏位の一治療例, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 290, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 黒田 晋吾, 中西 秀樹, 森山 啓司, 田中 栄二 : 仮骨延長法を用いた頭蓋骨早期癒合症患者の中顔面低形成及び不正咬合の改善, 第29回日本頭蓋顎顔面外科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Shingo Kuroda, Takumi Takahashi, Takeshi Kijima, Katsuyuki Torikai, Keiji Moriyama and Eiji Tanaka : Segmental distraction osteogenesis with modified LeFort II osteotomy for a patient with craniosynostosis, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.142, No.5, 698-709, 2012..[著者] ...
閲覧 Santos Araujo Rui Mauricio de, Yasuo Oba, Shingo Kuroda, Eiji Tanaka and Keiji Moriyama : RhoE regulates actin cytoskeleton organization in human periodontal ligament cells under mechanical stress., Archives of Oral Biology, Vol.59, No.2, 187-192, 2014..[著者] ...
閲覧 岡 彰子, 堀内 信也, 松田 りえ, 塩屋園 玲子, 森山 啓司, 田中 栄二 : 先天性頚部リンパ管腫を伴う顎偏位症例に対する矯正治療後の長期経過報告, 第76回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 片桐 渉, 小林 正治, 佐々木 朗, 須佐美 隆史, 須田 直人, 田中 栄二, 近津 大地, 冨永 和宏, 森山 啓司, 山城 隆, 齋藤 功, 高橋 哲 : 本邦における外科的矯正治療の実態調査-2017年度日本顎変形症学会実態調査の結果 より-, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.30, No.3, 213-225, 2020年..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 鎌田 伸之, 宮本 洋二, 長山 勝, 北瀬 由紀子, 掘内 信也, 森山 啓司 : 口唇口蓋裂に伴う上顎劣成長に対し,RED systemを用いて骨延長を行った2例, 第14回日本顎変形症学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 1.15, Max(EID) = 372547, Max(EOID) = 996413.