『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 佐藤 浩一

登録情報の数

有効な情報: 133件 + 無効な情報: 7件 = 全ての情報: 140件

全ての有効な情報 (133件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(132)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 佐藤 浩一, 松原 俊二, 上田 伸, 松本 圭蔵, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 石田 達也, 田村 公一 : 経頭蓋,経鼻approachを併用し一期的に摘出したesthesioneuroblastomaの1例, 第6回日本頭蓋底外科研究会, 1994年6月..[著者] ...
閲覧 Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara and Shinji Nagahiro : Mesurement of volume ratio to predict coil compaction, on aneurysmal embolization, Interventional Neuroradiology, Vol.4, No.Suppl 1, 179-182, 1998..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : Interlocking detachable coil (IDC)またはGuglielmi detachable coil (GDC)を用いた脳動脈瘤の治療経験, 第27回日本神経放射線治療研究会, 1998年2月..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 松原 俊二, 永廣 信治 : Detachable coilを用いた脳動脈瘤治療 IDCからGDCへ, 第27回日本脳卒中の外科学会, 1998年6月..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 松原 俊二, 永廣 信治 : 離脱型コイルを用いた脳動脈瘤治療, 第4回血管内治療学会, 1998年7月..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : Posterior circulation aneurysmに対するdetachable coilを用いた血管内手術, 第17回Mt.Fuji Workshop on CVD, 1998年8月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 松原 俊二, 永廣 信治 : 海綿静脈洞部硬膜動静脈奇形に対する病期分類の試み-静脈流出形態と症状変化の関連—, 第57回日本脳神経外科学会総会, 1998年10月..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : 脳動脈瘤に対するdetachable coilによる治療, 第57回日本脳神経外科学会総会, 1998年10月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 中嶌 教夫, 松原 俊二, 永廣 信治 : 静脈流出路から見た海綿静脈洞部硬膜動静脈奇形の病期分類, 第14回日本脳神経血管内手術研究会, 1998年11月..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : 破裂脳動脈瘤に対するdetachable coilによる治療, 第14回日本脳神経血管内手術研究会, 1998年11月..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : 未破裂動脈瘤に対するdetachable coilによる治療, 第14回日本脳神経血管内手術研究会, 1998年11月..[著者] ...
閲覧 Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Norio Nakajima and Shinji Nagahiro : Endovascular treatment using detachable coils for non-ruptured intracranial aneurysm, Interventional Neuroradiology, Vol.5, No.Suppl 1, 67-70, 1999..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : Posterior circulation aneurysmに対するdetachable coilを用いた血管内治療, The Mt.Fuji Workshop on CVD, Vol.17, 92-94, 1999年..[著者] ...
閲覧 Masahito Ochiai, Michio Kida, Koichi Satoh, Tomoki Takino, Satoru GOTO, Nobuo Donkai and Tadashi Okuyama : Association and dissociation of Z-(<beta>-bromoalkenyl)-phenyliodonium bromide in chloroform solution: Detection of vinyl-<lambda>^3-iodane dimer in solution, Tetrahedron Letters, Vol.40, No.8, 1559-1562, 1999..[著者] ...
閲覧 中嶌 教夫, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一 : 脳動脈瘤における平滑筋の形質変換に関する検討, 第88回日本病理学会総会, 1999年4月..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎 : 無症候性脳動脈瘤に対するコイル塞栓術, 第28回日本脳卒中の外科学会, 1999年4月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 中嶌 教夫, 松原 俊二, 永廣 信治 : 静脈流出路からみた海綿静脈洞部硬膜動静脈奇形の病期分類, 第24回日本脳卒中学会, 1999年4月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 中嶌 教夫, 松原 俊二, 永廣 信治 : 海綿静脈洞部硬膜動静脈奇形に対する経静脈的塞栓術, 第19回日本静脈学会総会, 1999年6月..[著者] ...
閲覧 Junichiro Satomi, Koichi Satoh, Norio Nakajima, Shunji Matsubara and Shinji Nagahiro : Stage classification for cavernous sinus dural arteriovenous malformations, WFITN 1999 World Scientific Conference, Algarve, June 1999..[著者] ...
閲覧 Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Norio Nakajima and Shinji Nagahiro : Measurement of volume embolization ratio on detachable coil treatment for intracranial aneurysms, WFITN 1999 World Scientific Conference, Algarve, June 1999..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 松原 俊二, 平澤 元浩, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : 横—S状静脈洞部硬膜動静脈奇形に対する治療選択, 第58回日本脳神経外科学会総会, 1999年10月..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : Detachable coilを用いた脳動脈瘤血管内治療の限界と合併症, 第58回日本脳神経外科学会総会, 1999年10月..[著者] ...
閲覧 中嶌 教夫, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 佐野 壽昭 : 脳動脈瘤における平滑筋の形質変換に関する検討, 第58回日本脳神経外科学会総会, 1999年10月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 中嶌 教夫, 松原 俊二, 永廣 信治 : 海綿静脈洞部硬膜動静脈奇形に対する経静脈的塞栓術, 静脈学, Vol.10, No.4, 317-324, 1999年..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 平澤 元浩, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : Detachable coilを用いた脳動脈瘤症例の治療における合併症の検討, 第15回日本脳神経血管内治療学会, 1999年11月..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 松原 俊二, 中嶌 教夫, 新野 清人, 宇野 昌明, 永廣 信治 : GDCによる血管内治療導入後の未破裂症候性脳動脈瘤, 第29回日本脳卒中の外科学会, 2000年4月..[著者] ...
閲覧 Norio Nakajima, Shinji Nagahiro, Toshiaki Sano, Junichiro Satomi and Koichi Satoh : Phenotypic modulation of smooth muscle cells in human cerebral aneurysmal walls, Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting 50th Anniversary Cerebration, San Antonio, Sep. 2000..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 松原 俊二, 里見 淳一郎, 宇野 昌明, 永廣 信治 : 破裂脳動脈瘤血管内治療の実際と成績(閉塞困難な症例の提示), 第59回日本脳神経外科学会総会, 2000年10月..[著者] ...
閲覧 松原 俊二, 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : 高齢者脳動脈瘤に対するGDC塞栓術の治療成績と合併症, 第59回日本脳神経外科学会総会, 2000年10月..[著者] ...
閲覧 Norio Nakajima, Shinji Nagahiro, Toshiaki Sano, Junichiro Satomi and Koichi Satoh : Phenotypic modulation of smooth muscle cells in human cerebral aneurysmal walls, Acta Neuropathologica, Vol.100, No.5, 475-480, 2000..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 松原 俊二, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 平澤 元浩, 永廣 信治 : 脳動脈瘤塞栓術における体積塞栓率とfollow-up, 第16回日本脳神経血管内治療学会, 2000年11月..[著者] ...
閲覧 松原 俊二, 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : 高齢者脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の検討 —治療と合併症について—, 第16回日本脳神経血管内治療学会, 2000年11月..[著者] ...
閲覧 平澤 元浩, 里見 淳一郎, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : Carotid cave aneurysmに対する血管内治療—自験23例の検討—, 第16回日本脳神経血管内治療学会, 2000年11月..[著者] ...
閲覧 Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Norio Nakajima, Shunji Matsubara and Shinji Nagahiro : Measurement of volume embolization ratio on detachable coil treatment for intracranial aneurysms, 4th Stroke Congress, Australia, Nov. 2000..[著者] ...
閲覧 Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Norio Nakajima, Shunji Matsubara and Shinji Nagahiro : Measurement of volume embolization ratio on detachable coil treatment for intracranial aneurysms, 5th Annual Joint Meeting of the American Association of Neurological Surgeons, Hawaii, Feb. 2001..[著者] ...
閲覧 Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Norio Nakajima, Shunji Matsubara and Shinji Nagahiro : Cerebellar hemorrhage caused by dural arteriovenous fistula: a review of five cases, Journal of Neurosurgery, Vol.94, No.3, 422-426, 2001..[著者] ...
閲覧 Shunji Matsubara, Junichiro Satomi, Koichi Satoh, Norio Nakajima and Shinji Nagahiro : New classification system for transverse sigmoid sinus dural arteriovenous malformations to predict the benefit of transvenous embolization, 2001 AANS Annual Meeting, Toronto, April 2001..[著者] ...
閲覧 Mohammad Jamous, Koichi Satoh, Teruyoshi Kageji, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara, Shinji Nagahiro, Masakazu Hayashi and Shinichi Nakagawa : Anterior Ischemic Optic Neuropathy After Combined Ophthalmic Artery Embolization and Craniofacial Surgery, --- Case Report ---, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.41, No.8, 419-422, 2001..[著者] ...
閲覧 Koichi Satoh, Shunji Matsubara, Junichiro Satomi, Norio Nakajima and Shinji Nagahiro : Endovascular treatment for carotid cave aneurysm using Guglielmi detachable coils, 6th Congress of World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology, Seoul, Sep. 2001..[著者] ...
閲覧 Shunji Matsubara, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Takeshi Miyamoto, Masaaki Uno and Shinji Nagahiro : Guglielmi detachable coil embolization for ruptured lower-midbasilar trunk aneurysms - a report of five cases, Neuroradiology, Vol.43, No.10, 884-890, 2001..[著者] ...
閲覧 松原 俊二, 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : Posterior circulation aneurysmに対する血管内手術の工夫と問題点, 第60回日本脳神経外科学会総会, 2001年10月..[著者] ...
閲覧 Masaaki Uno, Masafumi Harada, Kazuhide Yoneda, Shunji Matsubara, Koichi Satoh and Shinji Nagahiro : Can Diffusion- and Perfusion-weighted Magnetic Resonance Imaging Evaluate the Efficacy of Acute Thrombolysis in Patients with Internal Carotid Artery or Middle Cerebral Artery Occlusion?, Neurosurgery, Vol.50, No.1, 34-35, 2002..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : クリッピング後残存脳動脈瘤に対するGDC瘤内塞栓術の経験, 第18回日本脳神経血管内治療学会, 2002年12月..[著者] ...
閲覧 宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 西 京子, 佐藤 浩一, 新野 清人, 永廣 信治 : 高位頸動脈狭窄病変に対するCEA -後頭動脈と狭窄の高さとの検討-, 脳卒中の外科, Vol.31, No.1, 61-66, 2003年..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : 破裂脳動脈瘤不完全クリッピング後の残存腔に対するコイル塞栓術の試み, 第28回日本脳卒中学会, 2003年3月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : 解離性椎骨動脈瘤に対する病変部閉塞をめざした血管内治療, 第32回日本脳卒中の外科学会, 2003年3月..[著者] ...
閲覧 H. Toi, Masaaki Uno, Masafumi Harada, Kazuhide Yoneda, Naomi Morita, Shunji Matsubara, Koichi Satoh and Shinji Nagahiro : Diagnosis of acute brain-stem infarcts using diffusion-weighed MRI, Neuroradiology, Vol.45, No.6, 352-356, 2003..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 宇野 昌明, 中嶌 教夫, 鈴江 淳彦, 永廣 信治 : CEAハイリスク症例を治療適応とした頚動脈ステント留置術, 第2回日本頚部脳血管治療学会, 2003年6月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 岡﨑 敏之, 平澤 元浩, 兼松 康久, 中嶌 教夫, 永廣 信治, 本藤 秀樹 : 頭蓋内主幹動脈の急性閉塞に対するステント挿入 (stent in stent)の経験, 第22回The Mt. Fuji Workshop on CVD, 2003年8月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : 静脈還流形態により分類した海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻, 第62回日本脳神経外科学会総会, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : 静脈還流路からみた海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の分類及び経時的変化, 第19回日本脳神経血管内治療学会, 2003年11月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 両側解離性椎骨動脈瘤の1例, 第19回日本脳神経血管内治療学会, 2003年11月..[著者] ...
閲覧 宇野 昌明, 里見 淳一郎, 鈴江 敦彦, 中嶌 教夫, 佐藤 浩一, 永廣 信治, 米田 和英, 森田 奈緒美, 原田 雅史 : Stroke MRIにおける急性期脳虚血の診断と治療, 脳卒中の外科, Vol.32, 262-266, 2004年..[著者] ...
閲覧 Masaaki Uno, Koichi Satoh, Shunji Matsubara, Junichiro Satomi, Norio Nakajima and Shinji Nagahiro : Does multimodality therapy of arteriovenous malformations improve patient outcome?, Neurological Research, Vol.26, No.1, 50-54, 2004..[著者] ...
閲覧 MA Jamous, Koichi Satoh, Shunji Matsubara, Junichiro Satomi, Norio Nakajima, Masaaki Uno and Shinji Nagahiro : Ischemic basilar artery dissecting aneurysm treated by stenting only case report-, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.44, No.2, 77-81, 2004..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 鈴江 淳彦, 松原 俊二, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 進行性脳卒中で発症した浮遊血栓を伴う内頚動脈狭窄症の3例, 第3回日本頚部脳血管治療学会 (JASTNEC), 2004年3月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 当院における非出血性椎骨動脈解離性動脈瘤の治療方針, 第33回日本脳卒中の外科学会, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 Kenji Yagi, Koichi Satoh, Junichiro Satomi and Shinji Nagahiro : Primitive Vertebrobasilar System Associated with a Ruptured Aneurysm, American Journal of Neuroradiology, Vol.25, No.5, 781-783, 2004..[著者] ...
閲覧 Miyuki Kanematsu, Koichi Satoh, Norio Nakajima, Fusamitsu Hamazaki and Shinji Nagahiro : Ruptured aneurysm arising from a basilar artery fenestration and associated with a persistent primitive hypoglossal artery, --- Case report and review of the literature ---, Journal of Neurosurgery, Vol.101, No.3, 532-535, 2004..[著者] ...
閲覧 Norio Nakajima, Shinji Nagahiro, Shunji Matsubara and Koichi Satoh : Ruptured de novo thrombotic giant aneurysm induced by ethyl 2-cyanoacrylate, --- Case report ---, Surgical Neurology, Vol.62, No.4, 346-351, 2004..[著者] ...
閲覧 Mohammad A. Jamous, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara, Norio Nakajima, Masaaki Uno and Shinji Nagahiro : Detection of Enlarged Cortical Vein by Magnetic Resonance Imaging Contributes to Early Diagnosis and Better Outcome for Patients With Anterior Cranial Fossa Dural Arteriovenous Fistula, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.44, No.10, 516-521, 2004..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 戸井 宏行, 西 京子, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 近位部閉塞後,瘤増大をきたした出血性解離性椎骨動脈瘤の1例,頭蓋内動脈解離と脳血管内治療, 第12回脳血管内治療仙台セミナー講演集, 2005年..[著者] ...
閲覧 Junichiro Satomi, Koichi Satoh, Shunji Matsubara, Norio Nakajima and Shinji Nagahiro : Angiographic Changes in Venous Drainage of Cavernous Sinus Dural Arteriovenous Fistulae after Palliative Transarterial Embolization or Observational Management, --- A Proposed Stage Classification ---, Neurosurgery, Vol.56, No.3, 494-502, 2005..[著者] ...
閲覧 Jamous A Mohammad, Shinji Nagahiro, Kitazato T Kitazato, Koichi Satoh and Junichiro Satomi : Vascular corrosion casts mirroring early morphological changes that lead to the formation of saccular cerebral aneurysm: an experimental study in rats, Journal of Neurosurgery, Vol.102, No.3, 532-535, 2005..[著者] ...
閲覧 宇野 昌明, 西 京子, 鈴江 敦彦, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治, 森田 奈緒美, 西谷 弘, 原田 雅史 : 脳卒中診断の最前線, 四国医学雑誌, Vol.61, No.1,2, 13-20, 2005年4月..[著者] ...
閲覧 Toshiyuki Okazaki, Junichiro Satomi, Koichi Satoh, Motohiro Hirasawa and Shinji Nagahiro : Rescue Revascularization Therapy With a Stent-in-Stent Technique for Acute Intracranial Internal Carotid Artery Occlusion, --- Case Report ---, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.45, No.5, 253-258, 2005..[著者] ...
閲覧 牟礼 英生, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 痴呆症状で発症し治療に難渋したテント部硬膜動静脈瘻の2例, 脳卒中の外科, Vol.33, No.4, 273-278, 2005年..[著者] ...
閲覧 Kenji Yagi, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara and Shinji Nagahiro : Evaluation of Aneurysm Stability After Endovascular Embolization With Guglielmi Detachable Coils, --- Correlation Between Long-Term Stability and Volume Embolization Ratio ---, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.45, No.11, 561-565, 2005..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 松原 俊二, 永廣 信治 : 脳動静脈奇形の活物究理:HHT動物モデルの検討から推測されること, 第21回日本脳神経血管内治療学会, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Jamous A Mohammad, Shinji Nagahiro, Kitazato T Keiko, Junichiro Satomi and Koichi Satoh : Role of estrogen deficiency in the formation and progression of cerebral aneurysms. Part I, --- experimental study of the effect of oophorectomy in rats ---, Journal of Neurosurgery, Vol.103, No.6, 1046-1051, 2005..[著者] ...
閲覧 Jamous A Mohammad, Shinji Nagahiro, Kitazato T Keiko, Tetsuya Tamura, Kazuyuki Kuwayama and Koichi Satoh : Role of estrogen deficiency in the formation and progression of cerebral aneurysms. Part II, --- experimental study of the effect of hormone replacement therapy in rats ---, Journal of Neurosurgery, Vol.103, No.6, 1052-1057, 2005..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 松原 俊二, 永廣 信治 : 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の経時的変化, 脳神経外科速報, Vol.16, 724-729, 2006年..[著者] ...
閲覧 K Okane, M Ibaraki, H Toyoshima, S Sugawara, K Takahashi, S Miura, E Shimosegawa, Junichiro Satomi, K Kitamura and Koichi Satoh : 18F-FDG accumulation in atherosclerosis: use of CT and MR co-registration of thoracic and carotid arteries., European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging, Vol.33, No.5, 589-594, 2006..[著者] ...
閲覧 鈴江 淳彦, 西 京子, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 術前塞栓術を併用したAVM手術, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 宇野 昌明, 西 京子, 鈴江 淳彦, 真鍋 進治, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 未破裂脳動静脈奇形の治療方針とその成績, 脳卒中の外科, Vol.34, No.3, 157-162, 2006年..[著者] ...
閲覧 Mami Hanaoka, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara, Shinji Nagahiro, Osamu Takimoto and Masaaki Obayashi : Microcatheter pull-up technique in the transvenous embolization of an isolated sinus dural arteriovenous fistula, Journal of Neurosurgery, Vol.104, No.6, 974-977, 2006..[著者] ...
閲覧 松原 俊二, 佐藤 浩一, 花岡 真実, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 真鍋 進治 : 脳梗塞急性期血栓溶解療法に関する全国アンケート調査結果報告, 第22回日本脳神経血管内治療学会講演集, 24-27, 2007年..[著者] ...
閲覧 松下 展久, 松原 俊二, 花岡 真実, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 椎骨脳底動脈閉塞症に対する急性期血行再建術の適応と有効性 -Stroke MRIによる検討-, 脳卒中, Vol.29, No.6, 704-710, 2007年..[著者] ...
閲覧 河北 直也, 藤田 浩司, 三ツ井 貴夫, 和泉 唯信, 鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治, 山田 博胤, 森田 奈緒美, 梶 龍兒 : 3 Tesla T2 *強調MRIで中大脳動脈内塞栓子を呈した若年性脳塞栓症の1例, 脳卒中, Vol.29, No.3, 469-473, 2007年..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 岡 博文, 佐藤 浩一, 三宅 一 : パラメディカル主導のtPA静注療法, 第5回日本神経疾患医療福祉従事者学会, 2007年8月..[著者] ...
閲覧 高麗 雅章, 松原 俊二, 花岡 真実, 中嶌 教夫, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一 : 上錐体静脈洞部および頭蓋頚椎移行部に発生した多発性硬膜動静脈瘻の一例, 第16回中国四国脳神経血管内手術研究会, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 術前塞栓術を併用したAVM手術, 脳卒中の外科, Vol.35, No.5, 354-360, 2007年..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 岡 博文, 三宅 一 : 症候性両側椎骨動脈閉塞症に対する経皮的血管形成術, 第66回日本脳神経外科学会総会, 2007年10月..[著者] ...
閲覧 高麗 雅章, 松原 俊二, 花岡 真実, 中嶌 教夫, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一 : テント部硬膜動静脈瘻の臨床的検証, 第66回(社)日本脳神経外科学会総会, 2007年10月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 岡 博文, 三宅 一 : Convexity dural AVFの4例, 第23回日本脳神経血管内治療学会総会, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 岡 博文, 三宅 一 : 症候性両側椎骨動脈閉塞症に対するendovascular direct revascularization, 第23回日本脳神経血管内治療学会総会, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 佐藤 浩一, 里見 淳一郎, 岡 博文, 三宅 一, 松原 俊二, 花岡 真実, 西 京子, 宇野 昌明, 永廣 信治 : 大型内頸動脈瘤における,内頸動脈遮断試験の方法と実際内頸動脈瘤—脳血管内治療の立場からー, 第15回脳血管内治療仙台セミナー講演集, 77-83, 2008年..[著者] ...
閲覧 佐藤 泰仁, 松原 俊二, 花岡 真実, 中嶌 教夫, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術後の髄液ドレナージは血管攣縮を減少させるか?, 脳血管攣縮, Vol.24, 40-44, 2008年..[著者] ...
閲覧 Ryoma Morigaki, Masaaki Uno, Shunji Matsubara, Koichi Satoh and Shinji Nagahiro : Choreoathetosis due to rupture of a distal accessory anterior cerebral artery aneurysm, Cerebrovascular Diseases, Vol.25, No.3, 285-287, 2008..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 岡 博文, 三宅 一 : 症状の進行をしめす虚血性脳血管障害に対する直接血行再建術, 第37回日本脳卒中の外科学会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 岡 博文, 三宅 一 : 頚動脈ステント留置術後,下位脳神経症状が出現した2例, 第7回日本頚部脳血管治療学会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 泉谷 智彦, 高麗 雅章, 鈴江 淳彦, 河野 威, 佐藤 浩一 : 左鎖骨下動脈閉塞による鎖骨下動脈盗血現象により左三叉神経痛を生じ,左鎖骨下動脈のPTA(stenting)により三叉神経痛の寛解が得られた1例, 第8回高知県脳神経外科研究会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 岡 博文, 佐藤 浩一, 三宅 一 : 脳血管疾患のスクリーニングと治療, 第49回日本人間ドック学会学術会議, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 木内 智也, 佐藤 浩一, 松﨑 和仁, 松原 俊二, 永廣 信治 : 進行性に巨大なvarixを形成した上錐体静脈洞部硬膜動静脈瘻の1例, 脳卒中の外科, Vol.36, No.5, 399-403, 2008年..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 岡 博文, 佐藤 浩一, 三宅 一 : 脳動脈瘤塞栓術後の中長期フォローアップ, 第67回日本脳神経外科学会学術総会, 2008年10月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 岡 博文, 佐藤 浩一, 三宅 一 : 脳動脈瘤塞栓術後の中長期成績(フォローアップの方法とタイミングについて), 第24回日本脳神経血管内治療学会総会, 2008年11月..[著者] ...
閲覧 中嶌 教夫, 松原 俊二, 花岡 真実, 里見 淳一郎, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 硬膜動静脈瘻に対する外科的治療成績とそのpitfall, 脳卒中の外科, Vol.37, 363-368, 2009年..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一 : 第4章 診断カテーテルによるリスク, 第7章 閉塞試験, 第9章 血栓溶解, 第14章 脳動脈瘤, ピットフォールの回避と合併症への的確な対応, 2009年(0月)..[著者] ...
閲覧 中嶌 教夫, 中島 公平, 里見 淳一郎, 松原 俊二, 宇野 昌明, 永廣 信治, 曽我部 周, 佐藤 浩一 : 巨大内頚動脈瘤に対するHigh flow bypassと術中コイル親動脈閉塞の併用手術, 第38回日本脳卒中の外科学会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 松原 俊二, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 松下 展久, 永廣 信治, 花岡 真実, 田村 哲也, 佐藤 浩一, 真鍋 進治 : 硬膜動静脈瘻治療の治療選択はどうあるべきか, 第38回日本脳卒中の外科学会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 花岡 真実, 佐藤 浩一, 松原 俊二, 里見 淳一郎, 中嶌 教夫, 永廣 信治 : De novo dural AVF 18病変の検討, 第38回日本脳卒中の外科学会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 N Fukunaga, S Ikeyama, Junichiro Satomi and Koichi Satoh : Lateral abdominal wall hematoma as a rare complication after carotid artery stenting: a case report, World Journal of Emergency Surgery: WJES, Vol.4, (号), 39, 2009..[著者] ...
閲覧 Junichiro Satomi, Shinji Nagahiro, Shunji Matsubara, Masaaki Uno, Koichi Satoh, Norio Nakajima, Kohhei Nakajima, Kyoko Nishi and Ryoma Morigaki : Combined treatment for intracranial giant aneurysms, 9th International Conference on Cerebrovascular Surgery, Nagoya, Nov. 2009..[著者] ...
閲覧 森垣 龍馬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 佐光 亘, 梶 龍兒, 後藤 惠, 宇野 昌明, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 鈴江 淳彦 : 脳血管障害による不随意運動の3症例, 第49回日本定位・機能神経外科学会, 2010年1月..[著者] ...
閲覧 森垣 龍馬, 宇野 昌明, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 鈴江 淳彦, 溝渕 佳史, 佐光 亘, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 : その他の不随意運動 脳血管障害による不随意運動の3症例, 機能的脳神経外科, Vol.49, No.1, 60-61, 2010年..[著者] ...
閲覧 高麗 雅章, 里見 淳一郎, 兼松 康久, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 松原 俊二 : 解離性椎骨動脈瘤の治療と長期成績, ㈳法人日本脳神経外科学会第69回学術総会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 高麗 雅章, 里見 淳一郎, 兼松 康久, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 松原 俊二 : 解離性椎骨動脈瘤における血管内治療の意義, 第26回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 佐藤 浩一 : A 硬膜動静脈瘻とは ②硬膜動静脈瘻の臨床的特徴 3 経過, 血管内治療に関わる医師必携, 31-36, 2011年(0月)..[著者] ...
閲覧 Mami Hanaoka, Nobuhisa Matsushita, Koichi Satoh and Shinji Nagahiro : Dural arteriovenous fistulae after cerebral infarction: report of two cases, Neurosurgery, Vol.68, No.2, ES75-ES80, 2011..[著者] ...
閲覧 兼松 康久, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 松原 俊二, 宇野 昌明, 花岡 真実, 佐藤 浩一 : 症候性頚動脈狭窄症に対する急性期血行再建術, 第36回日本脳卒中学会総会, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 Norio Nakajima, Shinji Nagahiro, Toshiaki Sano, Junichiro Satomi, Kenji Yagi, Yoshiteru Tada, Keiko T. Kitazato and Koichi Satoh : Krüppel-like zinc-finger transcription factor 5 (KLF5) is highly expressed in large and giant unruptured cerebral aneurysms., World Neurosurgery, Vol.78, No.1-2, 114-121, 2011..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 兼松 康久, 溝渕 佳史, 山本 伸昭, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 花岡 真実, 松原 俊二 : 脳底動脈瘤に対する瘤内塞栓術, 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 高麗 雅章, 山本 伸昭, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 松原 俊二 : 脳動脈瘤コイル塞栓術後,再治療を要した症例の検討, 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 平澤 元浩, 里見 淳一郎, 牟礼 英生, 永廣 信治, 佐藤 浩一 : 治療に難渋したspinal epidural AVFの1例, 第13回日本正常圧水頭症学会, 2012年2月..[著者] ...
閲覧 平澤 元浩, 里見 淳一郎, 牟礼 英生, 永廣 信治, 佐藤 浩一 : 治療に難渋したspinal epidural AVFの1例, 第65回近畿脊髄外科研究会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 兼松 康久, 高麗 雅章, 溝渕 佳史, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 松原 俊二 : 再治療を要した脳動脈瘤コイル塞栓術症例の検討, 第37回日本脳卒中学会総会, 2012年4月..[著者] ...
閲覧 桑山 一行, 松原 俊二, 戸井 宏行, 横須賀 公彦, 平野 一宏, 宇野 昌明, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 中嶌 教夫 : 巨大・大型内頸動脈瘤の治療成績, 第37回日本脳卒中学会総会, 2012年4月..[著者] ...
閲覧 牟礼 英生, 平澤 元浩, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 治療に難渋した脊髄硬膜外動静脈瘻の一例, 第27回日本脊髄外科学会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 兼松 康久, 里見 淳一郎, 西 京子, 永廣 信治, 松原 俊二, 宇野 昌明, 佐藤 浩一 : 頚動脈狭窄症のリスクの層別化に基づく治療戦略, 社団法人日本脳神経外科学会第71回学術総会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 兼松 康久, 永廣 信治, 佐藤 浩一 : 安全な外科的摘出を目的とした脳動静脈奇形塞栓術(Onyx導入以前の経験), 第28回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 多田 恵曜, 牟礼 英生, 山本 伸昭, 兼松 康久, 平澤 元浩, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 佐藤 浩一 : 発症様式の異なる脊髄硬膜外動静脈瘻の2症例, 第28回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 兼松 康久, 里見 淳一郎, 西 京子, 永廣 信治, 松原 俊二, 宇野 昌明, 佐藤 浩一 : リスクファクターに基づく頚動脈狭窄症の治療選択, 第28回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 兼松 康久, 里見 淳一郎, 西 京子, 永廣 信治, 松原 俊二, 宇野 昌明, 佐藤 浩一 : CAS導入以降の頚部内頚動脈血行再建術の長期成績, 第38回日本脳卒中学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 兼松 康久, 里見 淳一郎, 西 京子, 松原 俊二, 宇野 昌明, 花岡 真実, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : Stroke in evolutionを呈する急性期頸動脈狭窄症に対する血行再建術, 脳卒中の外科, Vol.41, No.1, 1-7, 2013年..[著者] ...
閲覧 倉敷 佳孝, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 広瀬 隆則, 永廣 信治 : Anaplastic astroblastomaの鑑別診断と治療 -症例報告と文献的考察-, 脳神経外科, Vol.41, No.10, 891-899, 2013年..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 兼松 康久, 多田 恵曜, 桑山 一行, 西 京子, 永廣 信治, 松原 俊二, 宇野 昌明, 佐藤 浩一 : 長期成績からみたCASの有用性:CEA第1選択施設における検討, 第29回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2013年11月..[著者] ...
閲覧 Shunji Matsubara, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Toshio Shigekiyo, Tomoya Kinouchi and Shinji Nagahiro : Acquired pial and dural arteriovenous fistulae following superior sagittal sinus theombosis in patients with protein S deficiency: A report of two cases, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.54, No.3, 245-252, 2014..[著者] ...
閲覧 亘 雄也, 鈴江 淳彦, 泉谷 智彦, 河野 威, 鹿草 宏, 佐藤 浩一, 羽星 辰哉, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : ステント併用コイル塞栓術を行った脳動脈瘤の2例, 第78回日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2014年12月..[著者] ...
閲覧 Norio Nakajima, Shinji Nagahiro, Junichiro Satomi, Yoshiteru Tada, Kohhei Nakajima, Shu Sogabe, Mami Hanaoka, Shunji Matsubara, Masaaki Uno and Koichi Satoh : Prevention of retrograde blood flow into large or giant internal carotid artery aneurysms by endovascular coil embolization with high-flow bypass: surgical technique and long-term results, World Neurosurgery, Vol.83, No.6, 1127-1134, 2015..[著者] ...
閲覧 兼松 康久, 里見 淳一郎, 山口 泉, 木内 智也, 多田 恵曜, 西 京子, 松原 俊二, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : リスク回避に基づいた難易度の高い頚動脈狭窄症の治療戦略, 日本脳神経外科学会第75回学術総会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 兼松 康久, 里見 淳一郎, 山口 泉, 木内 智也, 多田 恵曜, 山本 伸昭, 山本 伸昭, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 神経症状の改善および安定化を目的として行ったUrgent CASの有効性および安全性の検討, 第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 兼松 康久, 里見 淳一郎, 高麗 雅章, 木内 智也, 山口 泉, 多田 恵曜, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : くも膜下出血で発症した,解離性椎骨動脈瘤の治療方針と成績, 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 島田 健司, 佐藤 裕一, 羽星 辰哉, 花岡 真実, 仁木 均, 松﨑 和仁, 佐藤 浩一, 三宅 一, 髙木 康志 : 急性期脳梗塞に対するstent retrieverと吸引カテーテルを併用した血栓回収療法―従来の治療法との比較検討―, 日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.87, Max(EID) = 358163, Max(EOID) = 959112.