『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 井上 大輔

登録情報の数

有効な情報: 35件 + 無効な情報: 5件 = 全ての情報: 40件

全ての有効な情報 (35件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 (未定義) …(29)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 松本 俊夫, 赤池 雅史, 井上 大輔 : 内分泌疾患, 臨床雑誌 内科, Vol.86, No.6, 1119-1127, 2000年12月..[著者] ...
閲覧 Mieko Saika, Daisuke Inoue, Shinsuke Kido and Toshio Matsumoto : 17β-Estradiol stimulates expression of osteoprotegerin by a mouse stromal cell line, ST-2, via estrogen receptor-α, Endocrinology, Vol.142, No.6, 2205-2212, 2001..[著者] ...
閲覧 Ryo Okazaki, Daisuke Inoue, Minako Shibata, Mieko Saika, Shinsuke Kido, Hikari Ooka, Hirofumi Tomiyama, Yoshikazu Sakamoto and Toshio Matsumoto : Estrogen Promotes Early Osteoblast Differentiation and Inhibits Adipocyte Differentiation in Mouse Bone Marrow Stromal Cell Lines that Express Estrogen Receptor (ER) α or ß, Endocrinology, Vol.143, No.6, 2349-2356, 2002..[著者] ...
閲覧 Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Masaaki Kosaka, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Role for macrophage inflammatory protein (MIP)-1α and MIP-1β in the development of osteolytic lesions in multiple myeloma, Blood, Vol.100, No.6, 2195-2202, 2002..[著者] ...
閲覧 工藤 美千代, 鶴尾 美穂, 秋田 賢子, 寺沢 ミエコ, 奥村 仙示, 武田 英二, 井上 大輔 : 肝疾患合併糖尿病患者への超速効型インスリン注射と4分割食併用の試み, 日本糖尿病学会中国四国地方会総会, Vol.40, (号), (頁), 2002年11月..[著者] ...
閲覧 Yasuhiro Takeuchi, Sumiyo Watanabe, Genichiro Ishii, Shu Takeda, Konosuke Nakayama, Seiji Fukumoto, Yasuyuki Kaneta, Daisuke Inoue, Toshio Matsumoto, Kenichi Harigaya and Toshiro Fujita : Interleukin-11 as a Stimulatory Factor for Bone Formation Prevents Bone Loss with Advancing Age in Mice*, The Journal of Biological Chemistry, Vol.277, No.50, 49011-49018, 2002..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 井上 大輔, 松本 俊夫 : 重篤な骨粗鬆症および内分泌異常を認めた潰瘍性大腸炎の1例, 治療学, Vol.37, No.12, 1315-1319, 2003年..[著者] ...
閲覧 新谷 保実, 藤中 雄一, 高橋 幸志, 伊藤 祐司, 加藤 修司, 井上 大輔, 松本 俊夫, 栗田 信浩, 田代 征記, 坂東 良美, 佐野 壽昭, 宮 恵子 : 空腹時の血漿インスリン濃度は常に低値で,グルカゴンにより著明なインスリン分泌反応が誘導されたインスリノーマの1例, 糖尿病, Vol.46, No.8, 679-684, 2003年..[著者] ...
閲覧 新谷 保実, 加藤 修司, 藤中 雄一, 井上 大輔, 宮 恵子, 松本 俊夫 : 血糖コントロールに解離して糖化蛋白が異常高値を示した胃切除後糖尿病患者の1例, 内分泌・糖尿病科, Vol.16, No.4, 389-394, 2003年..[著者] ...
閲覧 橋本 年弘, 安倍 正博, 井上 大輔 : 骨髄腫のビスフォスフォネート療法, 金原出版 株式会社, 東京, 2003年1月..[著者] ...
閲覧 Shinsuke Kido, Daisuke Inoue, Kenji Hiura, Wilde Javier, Yuji Ito and Toshio Matsumoto : Expression of RANK is dependent upon differentiation into the macrophage/osteoclast lineage: induction by 1alpha,25-dihydroxyvitamin D3 and TPA in a human myelomonocytic cell line, HL60, Bone, Vol.32, No.6, 621-629, 2003..[著者] ...
閲覧 新谷 保実, 吉田 守美子, 鈴木 康博, 加藤 修司, 藤中 雄一, 井上 大輔, 松本 俊夫, 宮 恵子, 長田 淳一, 小阪 昌明 : 絶食試験後の食事再開時に著しい高血糖をきたしたBulimia nervosaの1例, ホルモンと臨床, Vol.51, No.6, 575-579, 2003年..[著者] ...
閲覧 Emiko Tohjima, Daisuke Inoue, Nobuchika Yamamoto, Shinsuke Kido, Yuji Ito, Shuji Kato, Yasuhiro Takeuchi, Seiji Fukumoto and Toshio Matsumoto : Decreased AP-1 activity and interleukin-11 expression by bone marrow stromal cells may be associated with impaired bone formation in aged mice, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.18, No.8, 1461-1470, 2003..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 福永 絵里, 鈴木 康博, 井上 大輔, 松本 俊夫 : 重篤な内分泌異常,骨代謝異常を認めた重症潰瘍性大腸炎の一例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.79, No.0, 51-54, 2003年..[著者] ...
閲覧 Itsuro Endo, Daisuke Inoue, Takao Mitsui, Yoshifumi Umaki, Masashi Akaike, Tatsuya Yoshizawa, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Deletion of Vitamin D Receptor Gene in Mice Results in Abnormal Skeletal Muscle Development with Deregulated Expression of Myoregulatory Transcription Factors, Endocrinology, Vol.144, No.12, 5138-5144, 2003..[著者] ...
閲覧 Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Reduced AP-1 mediated transcription of interleukin-11 gene in marrow stromal cells as a mechanism of senile Osteoprosis: lessons from SAMP6, International Congress Series, Vol.1260, No.C, 61-65, 2004..[著者] ...
閲覧 Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Ability of myeloma cells to secrete macrophage inflammatory protein (MIP)-1α and MIP-1β correlates with lytic bone lesions in patients with multiple myeloma, British Journal of Haematology, Vol.125, No.1, 38-41, 2004..[著者] ...
閲覧 山口 普史, 七條 加奈, 松下 隆哉, 池田 康将, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 井上 大輔, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 拡張型心筋症様病態を呈したCushing病の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 井上 大輔, 東 博之, 松本 俊夫 : 副甲状腺機能亢進症, ホルモンと臨床, Vol.52, No.5, 93(483)-96(486), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 康博, 井上 大輔, 松本 俊夫, 影治 照喜, 松﨑 和仁, 岡崎 敏之, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 隈 晴二, 佐野 壽昭, 新谷 保実, 福本 礼 : 片側性副腎腫瘤を合併した Cushing 病の1例, ホルモンと臨床, Vol.52, (号), 135-140, 2004年..[著者] ...
閲覧 Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Atsushi Shioyasono, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shinsuke Kido, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Osteoclasts enhance myeloma cell growth and survival via cell-cell contact: a vicious cycle between bone destruction and myeloma expansion., Blood, Vol.104, No.8, 2484-2491, 2004..[著者] ...
閲覧 Daisuke Inoue, Shinsuke Kido and Toshio Matsumoto : Transcriptional Induction of FosB/FosB Gene by Mechanical Stress in Osteoblasts, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.48, 49795-49803, 2004..[著者] ...
閲覧 田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 Hironobu Shibata, Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshiaki Sano, Ken-ichi Kitazoe, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Malignant B-lymphoid cells with bone lesions express receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand and vascular endothelial growth factor to enhance osteoclastogenesis., Clinical Cancer Research, Vol.11, No.17, 6109-6115, 2005..[著者] ...
閲覧 Takashi Oshima, Masahiro Abe, Jin Asano, Tomoko Hara, Kenichi Kitazoe, Etsuko Sekimoto, Yoichi Tanaka, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Myeloma cells suppress bone formation by secreting a soluble Wnt inhibitor, sFRP-2, Blood, Vol.106, No.9, 3160-3165, 2005..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 井上 大輔, 木戸 慎介, 森山 啓司, 松本 俊夫 : GM-CSFとIL-4は単球のM-CSF破骨細胞分化を抑制し樹状細胞分化を誘導する, 日本骨形態計測学会雑誌, Vol.16, No.3, 66, 2006年12月..[著者] ...
閲覧 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 木内 美瑞穂, 藤中 雄一, 井上 大輔, 福本 誠二, 大歯 浩一, 遠藤 健次, 安井 夏生, 長谷川 匡, 上原 久典, 坂東 良美, 松本 俊夫 : 腫瘍性骨軟化症の一例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.83, (号), 136-138, 2007年..[著者] ...
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 井上 大輔, 工藤 英治, 福本 誠二, 松本 俊夫 : 低リン血症性骨軟化症を来した腫瘍合併の成人2症例, 第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 156, 2007年6月..[著者] ...
閲覧 Itsuro Endo, Seiji Fukumoto, Keiichi Ozono, Noriyuki Namba, Hiroyuki Tanaka, Daisuke Inoue, Masanori Minagawa, Toshitsugu Sugimoto, Mika Yamauchi, Toshimi Michigami and Toshio Matsumoto : Clinical usefulness of measurement of fibroblast growth factor 23 (FGF23) in hypophosphatemic patients: proposal of diagnostic criteria using FGF23 measurement., Bone, Vol.42, No.6, 1235-1239, 2008..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP, 第26回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), 194, 2008年10月..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP, 第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 283, 2009年4月..[著者] ...
閲覧 Shuji Kato, Itsuro Endo, Mitsunori Fujimura, Rika Kuriwaka-Kido, Yuichi Fujinaka, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Daisuke Inoue, Masashi Akaike, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen (ICTP) as a surrogate marker for vulnerable plaques in atherosclerotic patients: A pilot study., Atherosclerosis, Vol.229, No.1, 182-185, 2013..[著者] ...
閲覧 Itsuro Endo, Seiji Fukumoto, Keiichi Ozono, Noriyuki Namba, Daisuke Inoue, Ryo Okazaki, Mika Yamauchi, Toshitsugu Sugimoto, Masanori Minagawa, Toshimi Michigami, Masaki Nagai and Toshio Matsumoto : Nationwide survey of fibroblast growth factor 23 (FGF23)-related hypophosphatemic diseases in Japan: prevalence, biochemical data and treatment., Endocrine Journal, Vol.62, No.9, 811-816, 2015..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.24, Max(EID) = 405255, Max(EOID) = 1099163.