『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 東 博之

登録情報の数

有効な情報: 132件 + 無効な情報: 19件 = 全ての情報: 151件

全ての有効な情報 (132件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(126)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Hiroyuki Azuma, T. Takeichi, T. Ohara and A. Shirakami : Metabolism of plasma fibronection in rabbits with experimental hyperthyroidism and hypothyroidism, Metabolism, Vol.36, (号), 777-780, 1987..[著者] ...
閲覧 T. Shigekiyo, M. Kosaka, Y. Shintani, Hiroyuki Azuma and S. Saito : Inhibition of fibrin monomer polymerization by Bence Jones protein in a patient with primary amyloidosis, Acta Haematol, Vol.81, (号), 160-165, 1989..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Azuma, T. Shigekiyo, S. Miura, Y. Uno and S. Saito : Mechanism of potentiation by manganese ion of aggregation of porcin pancreatic elastase-treated human platelet, Thromb. Haemost., Vol.62, (号), 984-988, 1989..[著者] ...
閲覧 T Ohara, A Shirakami, Hiroyuki Azuma, S Miura and S Saito : Binding of plasma fibronection to human polymorphonuclear leukocytes in normal subjects and patients with aplastic anemia and thyroid dysfunction, The Journal of Laboratory and Clinical Medicine, Vol.113, No.2, 229-234, 1989..[著者] ...
閲覧 Jerry Ware, Judith A Dent, Hiroyuki Azuma, Mitsuhiko Sugimoto, Paul A Kyrle, Akira Yoshioka and Zaverio M Ruggeri : Identification of a Point Mutation in Type IIB von Willebrand Disease Illustrating the Regulation of von Willebrand Factor Affinity for the Platelet Membrane Glycoprotein Ib-IX Receptor, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.88, No.7, 2946-2950, 1991..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Azuma, JA. Dent, M. Sugimoto, ZM. Ruggeri and J. Ware : Independent assembly and secretion of a dimeric adhesive domain of von Willebrand factor containing the glycoprotein Ib-binding site, The Journal of Biological Chemistry, Vol.266, No.19, 12342-12347, 1991..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Azuma, M. Sugimoto, ZM. Ruggeri and J. Ware : A role for von Willebrand factor proline residues 702-704 in ristocetin-mediated binding to platelet glycoprotein Ib, Thromb. Haemost., Vol.69, (号), 192-196, 1993..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Azuma, Tomohiro Hayashi, Judith A Dent, Zaverio M Ruggeri and Jerry Ware : Disulfide bond requirements for assembly of the platelet glycoprotein Ib-binding domain of von Willebrand factor, The Journal of Biological Chemistry, Vol.268, No.4, 2821-2827, 1993..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Azuma, Yuka Uno, Toshio Shigekiyo and shiro Saito : Congenital plasminogen deficiency caused by Ser572 to Pro mutation, Blood, Vol.82, No.2, 475-480, 1993..[著者] ...
閲覧 T. Shigekiyo, T. Ohshima, H. Oka, A. Tomonari, Hiroyuki Azuma and S. Saito : Congenital histidine-rich glycoprotein deficiency, Thromb. Haemost., Vol.70, No.2, 263-265, 1993..[著者] ...
閲覧 東 博之, 重清 俊雄 : プラスミノゲン欠損症:遺伝子解析, 血液・腫瘍科, Vol.30, (号), 126-134, 1995年(0月)..[著者] ...
閲覧 東 博之, 斎藤 史郎 : 高脂血症を伴う疾病:内分泌疾患, 臨床と研究, Vol.72, (号), 1911-1914, 1995年(0月)..[著者] ...
閲覧 T. Shigekiyo, M. Kanazuka, Hiroyuki Azuma, T. Ohshima, K. Kusaka and S. Saito : Congenital deficiency of histidine-rich glycoprotein: failure to identify abnormalities in routine laboratory assays of hemostastic function,immunologic function, and trace elements, The Journal of Laboratory and Clinical Medicine, Vol.125, No.6, 719-723, 1995..[著者] ...
閲覧 市原 寿江, 美馬 伸章, 赤池 雅史, 東 博之, 重清 俊雄, 斎藤 史郎 : 播種性血管内血液凝固症候群を合併した孤立性腸骨動脈瘤の1例, 日本老年医学会雑誌, Vol.32, No.12, 822-824, 1995年..[著者] ...
閲覧 T. Shigekiyo, M. Shirakawa, M. Kanazuka, K. Miyamoto, N. Mima, Hiroyuki Azuma and S. Saito : Effect of indomethacin Farnesil, a prodrug of indomethacin, on platelet aggregation in humans, Clin. Drug. Invest., Vol.11, (号), 114-116, 1996..[著者] ...
閲覧 東 博之 : ヒスチジンリッチグリコプロテイン, 臨床検査, Vol.40, (号), 221, 1996年(0月)..[著者] ...
閲覧 東 博之 : 先天性凝固異常症への分子生物学的アプローチ, 臨床病理, Vol.44, No.8, 764-770, 1996年(0月)..[著者] ...
閲覧 N. Mima, Hiroyuki Azuma, T. Shigekiyo and S. Saito : A novel missense mutation in two families with congenital plasminogen deficiency: identification of an Ala675 to Thr675 substitution, Thromb. Haemost., Vol.75, No.1, 96-100, 1996..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Azuma, Hiroshi Yamaguchi, Nobuaki Mima, Mitsuo Shirakawa, Kazumasa Miyamoto, Yasuhiko Kanagawa, Ayako Watanabe, Toshio Shigekiyo and Shiro Saito : An in vitro system for identifying agents capable of changing serum lipoprotein(a) concentration by regulating the transcriptional activity of the apolipoprotein(a) gene promoter, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.227, No.2, 570-575, 1996..[著者] ...
閲覧 M. Wada, Hiroyuki Azuma, H. Bando, Y. Shintani, S. Saito, M. Tamaki and H. Arii : A case report of an elderly patient with acromegaly, Endocrine Journal, Vol.43, No.6, 715-718, (都市), Dec. 1996..[著者] ...
閲覧 東 博之 : Thrombophiliaと血栓症, TOKYO TANABE QUARTERLY, Vol.41, (号), 165-174, 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 重清 俊雄, 東 博之 : Plasminogen, 血液・腫瘍科, Vol.35, (号), 136-138, 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 東 博之 : ノックアウトマウス・データブック:Thrombin receptor, Molecular medicine, Vol.34, (号), 492-493, 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Azuma, Nobuaki Mima, Mitsuo Shirakawa, Kazumasa Miyamoto, Hiroshi Yamaguchi, Takao Mitsui, Toshio Shigekiyo and Shiro Saito : Molecular Pathogenesis of Type I Congenital Plasminogen Deficiency: Expression of Recombinant Human Mutant Plasminogens in Mammalian Cells, Blood, Vol.89, (号), 183-190, 1997..[著者] ...
閲覧 H. Yamaguchi, Hiroyuki Azuma, T. Shigekiyo, H. Inoue and S. Saito : A novel missense mutation In the endoglin gene in hereditary hemorrhagic telangiectasia, Thromb Haemost, Vol.77, No.2, 243-247, 1997..[著者] ...
閲覧 M. Kunishige, Hiroyuki Azuma, K. Masuda, T. Shigekiyo, Y. Arii, H. Kawai and S. Saito : Interferon alpha-2a therapy for disseminated intravascular coagulation in a patient with Blue Rubber Bleb Nevus syndrome, Angiology, Vol.48, No.3, 273-277, 1997..[著者] ...
閲覧 山口 普史, 東 博之, 松本 俊夫 : 遺伝性出血性末梢血管拡張症の成因, 実験医学, Vol.16, (号), 592-598, 1998年(0月)..[著者] ...
閲覧 Toshio Shigekiyo, Hidemasa Yoshida, Kazuya Matsumoto, Hiroyuki Azuma, Sadao Wakabayashi, Shiro Saito, Kazuo Fujikawa and Takehiko Koide : HRG Tokushima: Molecular and Cellular Characterization of Histidine-Rich Glycoprotein (HRG) Deficiency, Blood, Vol.91, (号), 128-133, 1998..[著者] ...
閲覧 金川 泰彦, 重清 俊雄, 粟飯原 賢一, 松山 まどか, 香川 礼香, 宮本 和正, 井内 貴彦, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 先天性ヘパリンコファクターII(HCII)欠乏症1家系の遺伝子解析, 第20回日本血栓止血学会学術集会, Vol.9, No.4, 315, 1998年11月..[著者] ...
閲覧 Dorothee Schott, Carl-Erik Dempfle, Peter Beck, Andreas Liermann, Anita Mohr-Pennert, Michael Goldner, Peter Mehlem, Hiroyuki Azuma, Volker Schuster, Anne-Marie Mingers, Peter Hans Schwarz, Dieter Michael Kramer, Hans Liesenhoff and Heinz Karl Niessen : Therapy with a Purified Plasminogen Concentrate in an Infant with Ligneous Conjunctivitis and Homozygous Plasminogen Deficiency, The New England Journal of Medicine, Vol.339, (号), 1679-1686, 1998..[著者] ...
閲覧 重清 俊雄, 東 博之 : 先天性プラスノミゲン欠乏症/異常症(I型,II 型), 別冊 日本臨床領域別症候群シリーズ, Vol.22, (号), 9-10, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 東 博之 : 遺伝性出血性末梢血管拡張症の成因, 医学のあゆみ, Vol.191, No.5, 523-528, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 赤池 雅史, 金川 泰彦, 香川 礼香, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 東 博之, 松本 俊夫, 松本 和也 : 高Lp(a)血症に及ぼすaspirinの影響 Lp(a)アイソフォーム解析を用いた検討, 日本内科学会雑誌, Vol.88, 139, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 赤池 雅史, 東 博之, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健, 香川 礼香, 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 井内 貴彦 : 血中リポ蛋白(a)濃度に及ぼすアスピリンの影響 アポ蛋白(a)アイソフォームとの関連, 日本内分泌学会雑誌, Vol.75, No.1, 175, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 赤池 雅史, 東 博之, 香川 礼香, 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 井内 貴彦, 高森 信行, 吉田 智則, 松本 俊夫, 松本 和也 : 高リポ蛋白(a)血症に及ぼすaspirinの影響 アポリポ蛋白(a)アイソフォームとの関連, 四国医学雑誌, Vol.55, No.2, 82, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 赤池 雅史, 井内 貴彦, 高森 信行, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 金川 泰彦, 遠藤 逸朗, 三ツ井 貴夫, 東 博之, 重清 俊雄 : 先天性ヘパリンコファクターII(HC II)欠乏症でみられた多発性動脈病変 動脈硬化症の進展におけるHCIIの臨床的意義の検討, Japanese Circulation Journal, Vol.63, No.Suppl.I, 645, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 赤池 雅史, 東 博之, 高森 信行, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健, 粟飯原 賢一, 金川 泰彦, 井内 貴彦 : 高リポ蛋白(a)血症に及ぼすアスピリンの影響 アポリポ蛋白(a)アイソフォームとの関連, 動脈硬化, Vol.26, No.8, 137, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 赤池 雅史, 井内 貴彦, 高森 信行, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 金川 泰彦, 遠藤 逸朗, 三ツ井 貴夫, 東 博之, 重清 俊雄, 松本 俊夫 : 先天性ヘパリンコファクターII(HC II)欠乏症でみられた多発性動脈病変 : 動脈硬化症の進展におけるHCIIの臨床的意義の検討, 第63回日本循環器学会学術集会, Vol.63, No.1, 645, 1999年3月..[著者] ...
閲覧 赤池 雅史, 東 博之, 香川 礼香, 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 松山 まどか, 井内 貴彦, 高森 信行, 吉田 智則, 松本 俊夫, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健 : 高リポ蛋白(a)血症に及ぼすaspirinの影響, --- アポリポ蛋白(a)アイソフォームとの関連 ---, 四国医学雑誌, Vol.55, No.3, 109-114, 1999年..[著者] ...
閲覧 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 高森 信行, 吉田 智則, 井内 貴彦, 赤池 雅史, 重清 俊雄, 東 博之, 松本 俊夫 : Pro443からLeuへの変異を有する先天性ヘパリンコファクター(HC)II欠乏症の分子機構の解明, 第21回日本血栓止血学会学術集会, Vol.10, No.5, 355, 1999年11月..[著者] ...
閲覧 高森 信行, 橋詰 俊二, 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 井内 貴彦, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIと動脈硬化発症の関連性, 第21回日本血栓止血学会学術集会, Vol.10, No.5, 393, 1999年11月..[著者] ...
閲覧 Ayako Kagawa, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasuhiko Kanagawa and Toshio Matsumoto : Aspirin Reduces Apolipoprotein(a) (Apo(a)) Production in Human Hepatocytes by Suppression of Apo(a) Gene Transcription, The Journal of Biological Chemistry, Vol.274, No.48, 34111-34115, 1999..[著者] ...
閲覧 赤池 雅史, 東 博之, 香川 礼香, 井内 貴彦, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 高森 信行, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 金川 泰彦, 松本 俊夫, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健 : 血中リポ蛋白(a)濃度に及ぼすアスピリンの影響 : アポリポ蛋白(a)アイソフォーム解析を用いた検討, 第64回日本循環器学会学術集会, Vol.64, No.0, 427, 2000年3月..[著者] ...
閲覧 Toshio Shigekiyo, Masaru Kanazuka, Kenichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Yasushi Ohshima, Hidetaka Horie, Haruhito Nakahira, Toshiaki Takeichi and Toshio Matsumoto : No increased risk of thrombosis in heterozygous congenital dysplasminogenemia, International Journal of Hematology, Vol.72, No.2, 247-252, 2000..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Azuma : Genetic and molecular pathogenesis of hereditary hemorrhagic telangiectasia, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.47, No.3,4, 81-90, Aug. 2000..[著者] ...
閲覧 Takako Abe, Hiroyuki Azuma, Ayako Watanabe, Toshio Shigekiyo, Satoko Endou, Ritsuko Pou, Rijin Fukui, Kazutoshi Maeda, Toshihiro Aono and Toshio Matsumoto : A patient with cyclic neutropenia complicated by severe persistent neutropenia successfully delivered a healthy baby, Internal Medicine, Vol.39, No.8, 663-666, 2000..[著者] ...
閲覧 東 博之, 松本 俊夫 : 内科診断学, --- 肥満 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2000年9月..[著者] ...
閲覧 東 博之, 松本 俊夫 : 内科診断学, --- 高脂血症 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2000年9月..[著者] ...
閲覧 東 博之, 松本 俊夫 : 内科診断学, --- 肥満症 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2000年9月..[著者] ...
閲覧 赤池 雅史, 井内 貴彦, 加藤 みどり, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 高森 信行, 藤村 光則, 金川 泰彦, 東 博之, 松本 俊夫 : 冠動脈疾患の予防ならびに治療の観点からみた高コレステロール血症治療の現状とその問題点, --- 四国高脂血症スタディ ---, 診断と治療, Vol.89, No.3, 527-532, 2001年..[著者] ...
閲覧 東 博之 : 静脈血栓症に対する内科的治療, 臨床と研究, Vol.78, (号), 158-159, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 Yasuhiko Kanagawa, Toshio Shigekiyo, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Molecular mechanism of type I congenital heparin cofactor (HC) II deficiency caused by a missense mutation at reactive P2 site: HC II Tokushima, Thrombosis and Haemostasis, Vol.85, No.1, 101-107, 2001..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Yasumasa Ikeda, Masashi Akaike, Masahiro Abe, Takashi Sugihara and Toshio Matsumoto : Successful combination therapy--flunarizine,pentoxifylline, and cholestyramine--for spur cell anemia, International Journal of Hematology, Vol.73, No.3, 351-355, 2001..[著者] ...
閲覧 東 博之 : 先天性血管異常症と遺伝子異常, 遺伝子医学, Vol.5, No.2, 67-73, 2001年5月..[著者] ...
閲覧 Y Kuroda, Takao Mitsui, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Homozygous deletion mutation of the parkin gene in patients with atypical parkinsonism, Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.71, No.2, 231-234, 2001..[著者] ...
閲覧 東 博之 : 血栓性血小板減少性紫斑病の最近の知見と治療, 臨床と研究, Vol.79, (号), 689-691, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Toshio Matsumoto, Michiko Yamashita, Yoshimura Kimihiro and Imagawa Jun-ichi : Elevated blood pressure with a cardiovascular remodeling in mice lacking vitamin D receptor, 第66回日本循環器学会総会・学術集会, April 2002..[著者] ...
閲覧 Takao Mitsui, Hiroyuki Azuma, Masakazu Nagasawa, Takahiko Iuchi, Masashi Akaike, Masaaki Odomi and Toshio Matsumoto : Chronic corticosteroid administration causes mitochondrial dysfunction in skeletal muscle, Journal of Neurology, Vol.249, No.8, 1004-1009, 2002..[著者] ...
閲覧 Takao Mitsui, Yoshifumi Umaki, Masakazu Nagasawa, Masashi Akaike, Kenji Aki, Hiroyuki Azuma, Shuji Ozaki, Masaaki Odomi and Toshio Matsumoto : Mitochondrial damage in patients with long-term corticosteroid therapy: development of oculoskeletal symptoms similar to mitochondrial disease, Acta Neuropathologica, Vol.104, No.3, 260-266, 2002..[著者] ...
閲覧 Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Ayako Kagawa, Kazuya Matsumoto, Ikuro Hayashi, Katsuya Tamura, Takeshi Nishiuchi, Takahiko Iuchi, Nobuyuki Takamori, Ken-ichi Aihara, Tomonori Yoshida, Yasuhiko Kanagawa and Toshio Matsumoto : Effect of Aspirin Treatment on Serum Concentrations of Lipoprotein(a) in Patients with Atherosclerotic Diseases, Clinical Chemistry, Vol.48, No.9, 1454-1459, 2002..[著者] ...
閲覧 渋谷 雅之, 木戸 博, 林 良夫, 根本 尚夫, 佐野 茂樹, 安友 康二, 東 博之, 西岡 安彦, 寺尾 純二, 二川 健, 三澤 弘明, 松尾 繁樹, 馬場 嘉信, 松本 耕三, 三好 弘一, 曽根 三郎 : 徳島大学先端医療開発研究センター設置準備室成果報告書, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 2002年12月..[著者] ...
閲覧 Takahiko Iuchi, Masashi Akaike, Takao Mitsui, Yasushi Ohshima, Yasumi Shintani, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Glucocorticoid Excess Induces Superoxide Production in Vascular Endothelial Cells and Elicits Vascular Endothelial Dysfunction, Circulation Research, Vol.92, No.1, 81-87, 2003..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Fujimura Mitsunori, Sudo Toshiki, Hayashi Hideki, Yamada Yoshihisa, Yoshida Tomonori, Yamaguchi Hiroshi, Hashizume Shunji, Kato Midori and Toshio Matsumoto : Vitamin D/Vitamin D Receptor System Regulates Antithrombogenicity in vivo, 第68回日本循環器学会総会学術集会, March 2003..[著者] ...
閲覧 Mitsunori Fujimura, Masashi Akaike, Midori Kato, Nobuyuki Takamori, Masahiro Abe, Takeshi Nishiuchi, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Aggressive antiplatelet therapy before coronary stent implantation in acute coronary syndrome with essential thrombocythemia--a case report, Angiology, Vol.54, No.4, 485-490, 2003..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Takamori Nobuyuki, Yasuhiko Kanagawa, Masashi Akaike, Fujimura Mitsunori, Yoshida Tomonori, Hashizume Shunji, Kato Midori, Yasumasa Ikeda, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is inversely related to the severity of carotid atherosclerosis, American Heart Association, Scientific Sessions 2003 Orland Florida USA, (巻), (号), (都市), Nov. 2003..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 山口 普史, 池田 康将, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ビタミンD-ビタミンD受容体システムは生体における血液凝固調節因子である, 第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 420, 2003年..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 高森 信行, 金川 泰彦, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 山口 普史, 池田 康将, 加藤 修司, 荒瀬 友子, 近藤 彰, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIは高齢者における新規動脈硬化抑制因子である, 第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 439, 2003年11月..[著者] ...
閲覧 山口 普史, 池田 康将, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 遺伝性出血性末梢血管拡張症9家系における臨床病型と遺伝子変異に関する解析, 第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 456, 2003年11月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 高森 信行, 金川 泰彦, 藤村 光則, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 池田 康将, 田村 克也, 近藤 彰, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIの動脈硬化抑制作用に関する臨床的検討, 第41回日本臨床分子医学会学術総会, (巻), (号), 55, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 橋詰 俊二, 池田 康将, 加藤 みどり, 山口 普史, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 核内受容体PPARαの活性化は巨核球/血小板内PDGF-BBの産生を抑制する, 第36回日本動脈硬化学会総会, (巻), (号), 196, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 Nobuyuki Takamori, Hiroyuki Azuma, Midori Kato, Shunji Hashizume, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Katsuya Tamura and Toshio Matsumoto : High plasma heparin cofactor II activity is associated with reduced incidence of in-stent restenosis after percutaneous coronary intervention, Circulation, Vol.109, No.4, 481-486, 2004..[著者] ...
閲覧 赤池 雅史, 東 博之, 石川 雅康, 井上 利彦, 遠藤 武徳, 岡崎 誠司, 小島 章裕, 佐藤 幸一, 田村 克也, 田村 隆一, 長楽 雅仁, 中平 晴仁, 林 郁郎, 日浅 光春, 藤村 光則, 松本 直也, 宮 恵子, 山口 普史, 吉田 健三, 渡部 滋夫, 松本 俊夫 : 日本動脈硬化学会による診療ガイドラインからみた高コレステロール血症治療の動向とその問題点, --- 四国高脂血症スタディ(続報) ---, Progress in Medicine, Vol.24, No.3, 767-772, 2004年..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 山口 普史, 七條 加奈, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 木村 建彦, 西内 健 : Torsade de pointesを合併した汎下垂体機能低下症の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月..[著者] ...
閲覧 山口 普史, 七條 加奈, 松下 隆哉, 池田 康将, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 井上 大輔, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 拡張型心筋症様病態を呈したCushing病の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 井上 大輔, 東 博之, 松本 俊夫 : 副甲状腺機能亢進症, ホルモンと臨床, Vol.52, No.5, 93(483)-96(486), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 山口 普史, 藤村 光則, 吉田 智則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムは生体における心筋肥大及び心筋線維化の調節因子である, 第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 96, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 池田 康将, 周藤 俊樹, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ビタミンD-ビタミンD受容体システムによる血液凝固調節作用の解析, 第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 138, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Nobuyuki Takamori, Yasuhiko Kanagawa, Masashi Akaike, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Shunji Hashizume, Midori Kato, Hiroshi Yamaguchi, Shuji Kato, Yasumasa Ikeda, Tomoko Arase, Akira Kondo and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is a novel protective factor against carotid atherosclerosis in elderly individuals., Circulation, Vol.109, No.22, 2761-2765, 2004..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Michiko Yamashita, Toshiki Sudo, Hideki Hayashi, Yoshihisa Yamada, Fuminari Endoh, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume, Midori Kato, Kimihiro Yoshimura, Yoko Yamamoto, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Disruption of nuclear vitamin D receptor gene causes enhanced thrombogenicity in mice, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.34, 35798-35802, 2004..[著者] ...
閲覧 東 博之 : 動脈硬化と高脂血症, 四国医学雑誌, Vol.60, No.3,4, 69-74, 2004年8月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 八木 秀介, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターII欠乏マウスにおける 血管リモデリング異常の解析, 第27回日本血栓止血学会学術集会, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 山口 普史, 池田 康将, 藤村 光則, 森岡 将臣, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 稲山 真美, 埴淵 昌毅 : アミオダロン肺合併症との鑑別を要したマイコプラズマ肺炎合併拡張型心筋症の1例, Progress in Medicine, Vol.25, No.Suppl.1, 1552-1556, 2005年..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体系は生体の心筋防御機構である, 第42回日本臨床分子医学会学術総会, (巻), (号), 78, 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 Tomonori Yoshida, Hiroyuki Azuma, Ken-ichi Aihara, Mitsunori Fujimura, Masashi Akaike, Takao Mitsui and Toshio Matsumoto : Vascular smooth muscle cell proliferation is dependent upon upregulation of mitochondrial transcription factor A (mtTFA) expression in injured rat carotid artery, Atherosclerosis, Vol.178, No.1, 39-47, 2005..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Kato Midori, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Shusuke Yagi, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Angiotensin II Antagonist Valsartan Ameliorates Nitric Oxide Bioavailability and Arterial Stiffness Accompanied with The Reduction of Blood Pressure and Pulse Pressure in Elderly Hypertensives, 第69回日本循環器学会総会・学術集会, (巻), (号), (頁), March 2005..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 北川 哲也, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞性病変進展に対する新規抑制因子である, 第102回日本内科学会総会・講演会, Vol.94, No.Suppl., 228, 2005年4月..[著者] ...
閲覧 Midori Kato, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Takahiko Iuchi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume and Toshio Matsumoto : Aspirin inhibits thrombin action on endothelial cells via up-regulation of aminopeptidase N/CD13 expression., Atherosclerosis, Vol.183, No.1, 49-55, 2005..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Takashi Sato, Masashi Akaike, Masanori Yoshizumi, Yuki Suzaki, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsunori Fujimura, Shunji Hashizume, Midori Kato, Shusuke Yagi, Toshiaki Tamaki, Hirotaka Kawano, Takahiro Matsumoto, Hiroyuki Azuma, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Androgen receptor gene knockout male mice exhibit impaired cardiac growth and exacerbation of angiotensin II-induced cardiac fibrosis., The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.33, 29661-29666, 2005..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Masataka Sata, Fujimura MItsunori, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Kawano Hirotaka, Yamada Takashi, Fukuda Tohru, Sekine Keisuke, Sato Takashi, Nakamichi Yuko, Yamamoto Yoko, Yoshimura Kimihiro, Watanabe Tomoyuki, Nakamura Takashi, Ohmizu Akira, Tsukada Minoru, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is required for fetal development and attenuates cuff-injured vascular remodeling in mice, The 37th Japan Atherosclerosis Society Annual Meeting, (号), July 2005..[著者] ...
閲覧 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 松本 俊夫 : Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈および心筋リモデリングを抑制する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 564, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムはドキソルビシンによる心筋酸化ストレスに対して防御的に作用する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 548, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 三原 正朋, 池田 康将, 八木 秀介, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 松下 隆哉, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : トロンビン作用の阻害は2型糖尿病モデルdb/dbマウスのインスリン抵抗性を改善する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.1, 190, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 大水 正章, 塚田 稔, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 新規血管リモデリング抑制因子ヘパリンコファクターIIの分子生物学的解析, 第37回日本動脈硬化学会総会, (巻), (号), 233, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 池田 康将, 橋詰 俊二, 東 博之, 松本 俊夫 : Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈リモデリングを抑制する, 第37回日本動脈硬化学会総会, (巻), (号), 232, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 佐田 政隆, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 岩瀬 俊, 八木 秀介, 大水 章正, 塚田 稔, 北川 哲也, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 新規血管リモデリング抑制因子 ヘパリンコファクターIIの臨床 および分子生物学的解析, 第13回日本血管生物医学会, (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 岩瀬 俊, 北川 哲也, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞症に対する独立した防御因子である, 第28回日本血栓止血学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Takamori Nobuyuki, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hirono Akira, Yamaguchi Hiroshi, Hiroyuki Azuma, Tamura Katsuya and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activities Predict Cardiovascular Risk in Patients with Coronary Heart Disease, American Heart Associations Scientific Sessions 2005, Dallas, USA, (都市), Nov. 2005..[著者] ...
閲覧 Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukuhara, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Tetsuya Kitagawa, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Masaki Ueno, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : T Cell-specific HIF-1α-deficient Mice, but Not ARNT-deficient Mice, Exhibit Exacerbated Inflammation and Vascular Remodeling in Response to Cuff Injury, American Heart Association 2005 Scientifc Sessions, Dallas, Nov. 2005..[著者] ...
閲覧 山口 浩司, 若槻 哲三, 福田 大和, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 山田 博胤, 添木 武, 岩瀬 俊, 藤村 光則, 赤池 雅史, 東 博之 : たこつぼ型心筋障害の亜型と考えられた左室mid-portion ballooningの一例, 第87回日本循環器学会中国・四国合同地方会, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[著者] ...
閲覧 中屋 豊, 桑波田 雅士, 丹黒 章, 土井 俊夫, 竹谷 豊, 野間 喜彦, 武田 英二, 東 博之, 島田 光生, 栗田 信浩, 大森 哲郎, 西 正晴, 青野 純典, 西岡 安彦, 吉本 勝彦, ほか 65名 : NST用語ハンドブック, メディカルレビュー社, 東京, 2006年2月..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Kurobe Hirotsugu, Fujimura Mitsunori, Yagi Syusuke, Hashizume Syunji, Ikeda Yasumasa, Takashi Iwase, Takamori Nobuyuki, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activity is Inversely Associated with Prevalence of Peripheral Arterial Disease in Elderly individuals., 第70回日本循環器学会学術総会, (巻), (号), (頁), March 2006..[著者] ...
閲覧 Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukumura, Tamotsu Kanbara, Atsushi Kurushima, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Masashi Kano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda, Hiroyuki Azuma, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : HIF-ARNT transcriptional system in T cells has a pivotal role in vascular in flammation and remodeling., 第70回日本循環器学会学術総会, March 2006..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Mihara Masatomo, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Takaya Matsushita, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hashizume Shunji, Fujimura Mitsunori and Toshio Matsumoto : Argatroban, a synthetic thrombin antagonist, can reduce insulin resistance though thrombin inactivation in the db/db mouse model of type 2 diabetes mellitus, XIV International Symposium on Atherosclerosis, 2006 Rome, Italy, (都市), June 2006..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Hirotsugu Kurobe, Fujimura Mitsunori, Shusuke Yagi, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Takamori Nobuyuki, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activity is a Predictor for Incidence of Peripheral Arterial Disease in Patients with Cardiovascular Risk Factors, XIV International Symposium on Atherosclerosis, 2006 Rome, Italy, (都市), June 2006..[著者] ...
閲覧 Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Y Fukuhara, Tamotsu Kanbara, A Kurushima, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Masashi Kano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda, Hiroyuki Azuma, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : HIF-ARNT transcriptional system in Tcells has a pivotal role in vascular inflammation and remodeling, XIL International Symposium on Atherosclerosis, Italy, June 2006..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 松本 俊夫 : Vitamin D-vitamin D receptor system regulates antithrombogenicity in vivo., Clinical Calcium, Vol.16, No.7, 1173-1179, 2006年7月..[著者] ...
閲覧 岩瀬 俊, 黒部 裕嗣, 八木 秀介, 原 朋子, 長楽 雅仁, 藤村 光則, 尾崎 修治, 赤池 雅史, 安部 正博, 増田 裕, 東 博之, 松本 俊夫, 北川 哲也 : 末梢単核球細胞を用いた抹消動脈閉塞症に対する新たな血管新生治療の試み, 四国医学雑誌, Vol.62, No.3,4, 137-141, 2006年..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Takashi Iwase, Shusuke Yagi, Kondo Akira, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Valsartan Enhances Nitric Oxide Bioavailability and Reduces Arterial Stiffness in Patients with Essential Hypertension, The 21st Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, 2006, Fukuoka, Japan, (都市), Oct. 2006..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Sumitomo Yuka, Masataka Sata, Kato Shigeaki and Toshio Matsumoto : Heparin Cofactor II Deficiency Causes Accelerated Thrombosis and Atherosclerosis in Mice, American Heart Association Scientific Sessions 2006, Chicago, USA, (都市), Nov. 2006..[著者] ...
閲覧 多田 真理枝, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 山田 博胤 : 心不全症状を繰り返した心尖部肥大型心筋症の一例, 第89回日本循環器学会四国地方会, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 東 博之, 加藤 茂明, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : ApoE欠損マウスにおける血漿ヘパリンコファクターII活性の低下は酸化ストレスを増大させ粥状動脈硬化を促進させる, 第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 41, 2007年2月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムによる血管リモデリング制御機構の解析, 第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 35, 2007年2月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 東 博之, 松本 俊夫 : 活性化ビタミンDによる血管リモデリング制御作用, 第104回日本内科学会総会・講演会, Vol.96, No.Suppl., 194, 2007年4月..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Masataka Sata, Nobuyuki Takamori, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Sumitomo, Hirotaka Kawano, Takashi Yamada, Toru Fukuda, Takahiro Matsumoto, Keisuke Sekine, Takashi Sato, Yuko Nakamichi, Yoko Yamamoto, Kimihiro Yoshimura, Tomoyuki Watanabe, Takashi Nakamura, Akimasa Oomizu, Minoru Tsukada, Hideki Hayashi, Toshiki Sudo, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Strain-dependent embryonic lethality and exaggerated vascular remodeling in heparin cofactor II-deficient mice, The Journal of Clinical Investigation, Vol.117, No.6, 1514-1526, 2007..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 : 新規血管リモデリング抑制因子 ヘパリンコファクターIIの 分子生物学的解析, 第9回四国循環器研究会, (頁), 2007年9月..[著者] ...
閲覧 赤池 雅史, 小原 卓爾, 日浅 光春, 藤村 光則, 加藤 みどり, 横井 健治, 小島 章裕, 岡崎 誠司, 井内 貴彦, 井上 利彦, 住友 由佳, 八木 秀介, 池田 康将, 岩瀬 俊, 粟飯原 賢一, 東 博之 : 高コレステロール血症患者に対するピタバスタチンの有効性 総合的脂質プロファイルに関する検討, Progress in Medicine, Vol.28, No.11, 2745-2751, 2008年..[著者] ...
閲覧 Shusuke Yagi, Masahi Akaike, Mitsunori Fujimura, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Atsushi Kurushima, Youichi Ichikawa, Tetsuya Kitagawa, Takehiko Kimura, Takeshi Nishiuchi and Toshio Matsumoto : Infective endocarditis caused by lactobacillus., Internal Medicine, Vol.47, No.12, 1113-1116, 2008..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Hirotsugu Kurobe, Nobuyuki Takamori, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo, Sumiko Yoshida, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Masataka Sata, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is an independent protective factor against peripheral arterial disease in elderly subjects with cardiovascular risk factors., Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.16, No.2, 127-134, 2009..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Heparin Cofactor II as a Novel Vascular Protective Factor Against Atherosclerosis., Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.16, No.5, 523-531, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 Naoko Matsui, Yuishin Izumi, Hiroyuki Azuma and Ryuji Kaji : Neurological manifestations in hereditary hemorrhagic telangiectasia type 1: a familial case in Japan, Journal of Tokushima National Hospital, Vol.2010, No.1, 11-14, 2010..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Takashi Sato, Kazue Ishikawa, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Ueda, Sumiko Yoshida, Hiroyuki Azuma, Kenneth Walsh, Toshiaki Tamaki, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Androgen receptor counteracts Doxorubicin-induced cardiotoxicity in male mice., Molecular Endocrinology, Vol.24, No.7, 1338-1348, 2010..[著者] ...
閲覧 Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Ryoko Uemoto, Yuka Sumitomo-Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Susumu Nishio, Hiromi Kawano, Junko Miki, Hirotsugu Yamada, Yoichiro Hirata, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Dehydroepiandrosterone sulfate is inversely associated with sex-dependent diverse carotid atherosclerosis regardless of endothelial function., Atherosclerosis, Vol.212, No.1, 310-315, 2010..[著者] ...
閲覧 Hiroaki Yanagawa, Masatoshi Kishuku, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma and Minoru Irahara : View of physicians on and barriers to patient enrollment in a multicenter clinical trial: experience in a Japanese rural area, International Archives of Medicine, Vol.3, No.1, 7, 2010..[著者] ...
閲覧 Shunji Hashizume, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Kazue Ishikawa, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Activation of peroxisome proliferator-activated receptor α in megakaryocytes reduces platelet-derived growth factor-BB in platelets., Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.18, No.2, 138-147, 2011..[著者] ...
閲覧 本田 壮一, 白川 光雄, 小原 聡彦, 伊藤 祐司, 井内 貴彦, 東 博之, 安部 あかね, 坂東 弘康, 添木 武, 佐田 政隆 : ワルファリン・コントロール良好にもかかわらず出血を合併した心房細動の2症例, 第251回徳島医学会学術集会(平成27年度夏期), 2015年8月..[著者] ...
閲覧 高橋 優花, 山下 沙織, 吉田 守美子, 桝田 志保, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 東 博之, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 : 生活習慣病患者における血管内皮機能正常群および低下群の臨床指標に関する検討, 第16回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 東 博之, 粟飯原 賢一 : 生活習慣病患者における血管内皮機能制御に関わる臨床指標の検討, 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年7月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 上元 良子, 石川 カズ江, 乙田 敏城, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 東 博之 : 生活習慣病患者における血管内皮機能の1年変化に影響を与える臨床指標の検討, 第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年7月..[著者] ...
閲覧 乙田 敏城, 森本 佳奈, 湯浅 智之, 田蒔 基行, 東 博之, 粟飯原 賢一 : SGLT2 阻害薬の短期臨床的効果に関する検討, 日本糖尿病学会 中国四国地方会 第55回総会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 上元 良子, 石川 カズ江, 森本 佳奈, 桝田 志保, 山上 綋規, 山口 佑樹, 原 倫世, 細井 美希, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博 : 生活習慣病患者の尿中酸化ストレス指標における糖尿病および薬物療法の影響, 第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月..[著者] ...
閲覧 乙田 敏城, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 森本 佳奈, 湯浅 智之, 松久 宗英, 東 博之, 粟飯原 賢一 : SGLT2阻害薬の糖代謝および各種代謝指標への短期的効果に関する検討, 第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月..[著者] ...
閲覧 乙田 敏城, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 森本 佳奈, 湯浅 智之, 松久 宗英, 東 博之, 粟飯原 賢一 : 肥満合併2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬の短期的臨床効果に関する検討, 第39回日本肥満学会, 2018年10月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.70, Max(EID) = 374961, Max(EOID) = 1004834.