『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 堀口 英久

登録情報の数

有効な情報: 49件 + 無効な情報: 9件 = 全ての情報: 58件

全ての有効な情報 (49件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 (未定義) …(45)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Kyoko Nishi, Masaaki Uno, S Ueda, K Nishitani, K Shinno, Shinji Nagahiro, Hidehisa Horiguchi and T Sano : Carotid endoarterectomy for radiation-induced carotid artery stenosis Case report, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.37, No.11, 844-848, 1997..[著者] ...
閲覧 山崎 弘幸, 中嶌 教夫, 影治 照喜, 永廣 信治, 堀口 英久, 関貫 聖二, 兼松 康久, 吉本 勝彦 : Glioblastomaの一兄弟例, 第15回中国四国脳腫瘍研究会, (巻), (号), (頁), 2001年8月..[著者] ...
閲覧 Chiun Chei Li, Bing Xu, Mitsuyoshi Hirokawa, Zhi-Rong Qian, Katsuhiko Yoshimoto, Hidehisa Horiguchi, Shingo Wakatsuki, Takashi Tashiro and Toshiaki Sano : Alterations of E-cadherin, a-catenin and b-catenin expression in neuroendocrine tumors of the gastrointestinal tract., Virchows Archiv, Vol.440, No.2, 145-154, 2002..[著者] ...
閲覧 Kyoko Nishi, Masaaki Uno, Kenji Fukuzawa, Hidehisa Horiguchi, Kiyohito Shinno and Shinji Nagahiro : Clinicopathological significance of lipid peroxidation in carotid plaques., Atherosclerosis, Vol.160, No.2, 289-296, 2002..[著者] ...
閲覧 李 俊哲, Mitsuyoshi Hirokawa, 銭 志栄, Yoshiyuki Fujii, 猪野 博保, Shingo Wakatsuki, Hidehisa Horiguchi, Noriko Kagawa and Toshiaki Sano : Morules with optically clear nuclei in borderline endometrioid tumor of the ovary, 日本病理学会総会 第91回, (巻), (号), (頁), March 2002..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, Li Chei Chiun, 山崎 弘幸, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 山田 正三, 堀口 英久, 若槻 真吾, 廣川 満良, 佐野 壽昭 : Expression of E-cadherin and alpha-, beta-, and gamma-catenins in Human Pituitary Prolactinomas, 第91回日本病理学会総会, (巻), (号), (頁), 2002年3月..[著者] ...
閲覧 Chium Chei Li, Mitsuyoshi Hirokawa, Zhi-Rong Qian, Yoshiyuki Fujii, Hiroyasu Ino, Shingo Wakatsuki, Hidehisa Horiguchi, Noriko Kagawa and Toshiaki Sano : Morules with optically clear nuclei in ovarian borderline endometetrioid tumor, APMIS, Vol.110, No.11, 783-788, 2002..[著者] ...
閲覧 Zhi-Rong Qian, Chei Chiun Li, Hiroyuki Yamasaki, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Takashi Tashiro, Hidehisa Horiguchi, Shingo Wakatsuki, Mitsuyoshi Hirokawa and Toshiaki Sano : Role of E-cadherin, alpha-, beta-, and gamma-catenins, and p120 (cell adhesion molecules) in prolactinoma behavior., Modern Pathology, Vol.15, No.12, 1357-1365, 2002..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 水澤 典子, Ishizuka Akira, 堀口 英久, 廣川 満良 : Inactivation of RASSF1A tumor suppressor gene by aberrant promoter methylation in human pituitary adenomas, 第7回日本内分泌病理学会総会, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[著者] ...
閲覧 Hidehisa Horiguchi, Toshiaki Sano, Zhi-Rong Qian, Mitsuyoshi Hirokawa, Noriko Kagawa, Takehiko Yamaguchi, Takanori Hirose and Shinji Nagahiro : Expression of cell adhesion molecules in chordomas: an immunohistochemical study of 16 cases., Acta Neuropathologica, Vol.107, No.2, 91-96, 2003..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 水澤 典子, 石塚 明, 堀口 英久, 廣川 満良 : Aberrant methylation of the CDH13 gene in pituitary adenomas, 第14回日本間脳下垂体腫瘍学会, (巻), (号), (頁), 2004年2月..[著者] ...
閲覧 Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, L Sylvia Asa, Shozo Yamada, Hidehisa Horiguchi, Takashi Tashiro, Chei Chiun Li, Mitsuyoshi Hirokawa, Kalman Kovacs and Shereen Ezzat : Cytoplasmic expression of fibroblast growth factor receptor-4 in human pituitary adenomas: relation to tumor type, size, proliferation, and invasiveness., The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.89, No.4, 1904-1911, 2004..[著者] ...
閲覧 堀口 英久, 佐野 壽昭, 銭 志栄, 廣川 満良, 香川 典子, 山口 岳彦, 廣瀬 隆則 : 脊索腫における細胞接着因子発現の免疫組織化学的検討, 日本病理学会総会 第93回, (巻), (号), (頁), 2004年6月..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 堀口 英久, 廣川 満良, Asa L Sylvia : Methylation and expression of the cell cycle control genes in human pituitary tumors, 第8回日本内分泌病理学会総会, (巻), (号), (頁), 2004年11月..[著者] ...
閲覧 佐野 壽昭, 堀口 英久, 山田 正三 : 下垂体腺腫の病理, 脳神経外科ジャーナル, Vol.14, No.1, 10-17, 2005年1月..[著者] ...
閲覧 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 堀口 英久, 廣川 満良 : Analysis of DNA methyltransferase 1 (DNMT1) expression in human pituitary tumors, 第15回日本間脳下垂体腫瘍学会, (巻), (号), (頁), 2005年2月..[著者] ...
閲覧 Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Akira Ishizuka, Noriko Mizusawa, Hidehisa Horiguchi, Mitsuyoshi Hirokawa and L Sylvia Asa : Inactivation of RASSF1A tumor suppressor gene by aberrant promoter hypermethylation in human pituitary adenomas., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, No.4, 464-473, 2005..[著者] ...
閲覧 松﨑 和仁, 友金 祐介, 島田 健司, 牟礼 英生, 田村 哲也, 堀口 英久, 影治 照喜, 永廣 信治 : 定位脳組織生検の診断率と合併症, 第16回脳神経外科手術と機器学会, 2007年4月..[著者] ...
閲覧 岡﨑 敏之, 影治 照喜, 松﨑 和仁, 永廣 信治, 堀口 英久 : 診断時に広範な髄腔内播種を認めたpilocytic astrocytomaの小児例, 第63回(社)日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2007年4月..[著者] ...
閲覧 片岡 芳規, 島田 健司, 堀口 英久, 松﨑 和仁, 影治 照喜, 永廣 信治 : 第3脳室内巨大奇形種の1例, 第21回中国四国脳腫瘍研究会, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 Toshiyuki Okazaki, Teruyoshi Kageji, Kazuhito Matsuzaki, Hidehisa Horiguchi, Takanori Hirose, Hiroyoshi Watanabe, Toshihiro Ohnishi and Shinji Nagahiro : Primary anaplastic pleomorphic xanthoastrocytoma with widespread neuroaxis dissemination at diagnosis--a pediatric case report and review of the literature., Journal of Neuro-Oncology, Vol.94, No.3, 431-437, 2009..[著者] ...
閲覧 小川 拓也, 香川 聖子, 堀口 英久, 香川 典子, 坂下 直実 : 皮下および腹腔内腫瘍, 第107回日本病理学会中国四国支部学術集会, 2011年2月..[著者] ...
閲覧 堀口 英久, 香川 聖子, 坂下 直実 : 顎下部腫瘍の1例, 第110回中国四国スライドカンファレンス, 2012年2月..[著者] ...
閲覧 小川 拓也, 香川 聖子, 堀口 英久, 香川 典子, 坂下 直実 : 皮下および腹腔内腫瘍, 第107回中国·四国スライドカンファレンス, (巻), (号), (頁), 2012年2月..[著者] ...
閲覧 小川 拓也, 香川 聖子, 堀口 英久, 香川 典子, 坂下 直実 : 皮下および腹腔内腫瘍, 第107回中国·四国スライドカンファレンス, (巻), (号), (頁), 2012年2月..[著者] ...
閲覧 香川 聖子, 堀口 英久, 山下 理子, 藤井 義幸, 坂下 直実 : 心不全病態における糖質コルチコイド受容体発現の意義:剖検心を用いた人体病理学的研究, 第101回日本病理学会, 2012年4月..[著者] ...
閲覧 坂下 直実, 山下 太郎, 香川 聖子, 堀口 英久, 中川 雄伸, 安東 由喜雄, 竹屋 元裕 : 肝移植後に著明なステロイド関連心筋肥大を呈した家族性アミロイドポリニューロパチーの症例解析, 第101回日本病理学会, (巻), (号), (頁), 2012年4月..[著者] ...
閲覧 佐藤 綾, 坂下 直実, 堀口 英久, 香川 聖子 : 総肺静脈還流異常修復術後肺静脈狭窄病変におけるHic-5陽性平滑筋細胞の意義, 第9回日本病理学会カンファレンス, 2012年8月..[著者] ...
閲覧 佐藤 綾, 坂下 直実, 堀口 英久, 香川 聖子 : 総肺静脈還流異常修復術後肺静脈狭窄病変におけるHic-5陽性平滑筋細胞の意義, 第6回Tokushima Young Investigators Conference, 2012年9月..[著者] ...
閲覧 香川 聖子, 堀口 英久, 坂下 直実 : 大腸腫瘍, 第109回中国四国スライドカンファレンス, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 香川 聖子, 堀口 英久, 坂下 直実 : αフェトプロテイン産生大腸癌の一例, 第38回徳島大腸疾患研究会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 Hidehisa Horiguchi, Yamagata Sumiyo, Zhi-Rong Qian, Seiko Kagawa and Naomi Sakashita : Thrombospondin-1 is highly expressed in desmoplstic components of invasive ductal carcinoma of the breast and associated with ,ymph node metastasis, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1, 2, 91-96, 2013..[著者] ...
閲覧 堀口 英久, 香川 聖子, 坂下 直実 : 顎下部腫瘍の1例, 第110回 日本病理学会中国四国交見会, 2013年2月..[著者] ...
閲覧 Tomoya Hara, Hirotsugu Yamada, Akira Takashima, Hiromu Yamasaki, Kozue Ogasawara, Sachiko Bando, Takayuki Ise, Toshiyuki Niki, Kenya Kusunose, Yuka Ueda, Noriko Tomita, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Hidehisa Horiguchi, Naomi Sakashita and Masataka Sata : Constrictive pericarditis with intrapericardial abscess., Circulation Journal, Vol.77, No.3, 786-788, 2013..[著者] ...
閲覧 Naomi Sakashita, Seiko Kagawa, Risako Date, Tatsuro Ueno, Takenobu Nakagawa, Taro Yamashita, Konen Obayashi, Toshinori Ohshima, Mitsuharu Ueda, Hidehisa Horiguchi, Yukio Ando and Motohiro Takeya : Marked cardiomegaly in a patient with familial amyloidotic polyneuropathy after orthotopic liver transplantation: a case study., Pathology International, Vol.63, No.5, 260-265, 2013..[著者] ...
閲覧 佐藤 綾, 坂下 直実, 堀口 英久, 香川 聖子 : 総肺静脈灌流異常修復術後性肺静脈狭窄病変におけるHic-5陽性平滑筋細胞の意義, (誌名), 2013年6月..[著者] ...
閲覧 大本 卓司, 吉谷 信幸, 堀口 英久, 坂下 直実 : 皮膚腫瘍, (誌名), 2013年6月..[著者] ...
閲覧 吉谷 信幸, 大本 卓司, 堀口 英久, 坂下 直実 : ラブドイド分化を示す膵未分化癌の症例解析—CD44-hyaluronan-MMP9複合体形成による超高悪性度形質獲得, 第247回徳島医学会, 2013年8月..[著者] ...
閲覧 吉谷 信幸, 大本 卓司, 堀口 英久, 坂下 直実 : ラブドイド分化を示す膵未分化癌の症例解析—CD44-hyaluronan-MMP9複合体形成による超高悪性度形質獲得, (誌名), 2013年8月..[著者] ...
閲覧 佐藤 綾, 西辻 和親, 堀口 英久, 坂下 直実 : 血管外膜出血誘発性血管リモデリングの分子病理学的解析:内膜肥厚性病変におけるHO-1(Heme Oxygenase-1)の意義, (誌名), 2013年9月..[著者] ...
閲覧 大本 卓司, 吉谷 信幸, 秋田 弘子, 堀口 英久, 坂下 直実 : ラブドイド分化を示す膵未分化癌の症例解析:悪性形質獲得の分子病態とコレステロール代謝制御療法の可能性, (誌名), 2013年11月..[著者] ...
閲覧 吉谷 信幸, 大本 卓司, 堀口 英久, 坂下 直実 : 膵腫瘍, (誌名), 2013年12月..[著者] ...
閲覧 大本 卓司, 吉谷 信幸, 堀口 英久, 坂下 直実 : ラブドイド分化を示す膵未分化癌の症例解析:悪性形質獲得の分子病態とコレステロール代謝制御療法の可能性, (誌名), 2014年4月..[著者] ...
閲覧 大本 卓司, 吉谷 信幸, 西辻 和親, 堀口 英久, 坂下 直実 : ラブドイド分化を示す膵未分化癌の症例解析 悪性形質獲得の分子病態とコレステロール代謝制御療法の可能性, 第103回日本病理学会総会, 2014年4月..[著者] ...
閲覧 佐藤 綾, 小浪 裕幸, 西辻 和親, 堀口 英久, 坂下 直実 : 血管外膜出血誘発性血管リモデリングの分子病理学的解析:内膜肥厚形成におけるHeme Oxygenase 1の意義, (誌名), 2014年4月..[著者] ...
閲覧 中須 千春, 堀口 英久, 坂下 直実 : 頸部皮下腫瘍, (誌名), 2014年6月..[著者] ...
閲覧 佐藤 綾, 小浪 裕幸, 西辻 和親, 堀口 英久, 坂下 直実 : 血管外膜出血誘発性血管リモデリングの分子病理学的解析:内膜肥厚形成におけるHeme Oxygenase 1の意義, (誌名), 2014年7月..[著者] ...
閲覧 桑原 香織, 西辻 和親, 内村 健治, 小林 典裕, 斎藤 博幸, 堀口 英久, 坂下 直実 : ApoAIアミロイドの毒性に対するヘパラン硫酸の影響., 日本アミロイドーシス研究会第2回学術集会, 2014年8月..[著者] ...
閲覧 Masaru Nakamura, Tateaki Shimakawa, Shunji Nakano, Takashi Chikawa, Shinji Yoshioka, Masahiro Kashima, Shunichi Toki, Hidehisa Horiguchi and Koichi Sairyo : Failure rates of Asian-type anatomic medullary locking stemmed metal-on-metal total hip replacement: A cause for adverse tissue reactions to metal debris (ARMD)., Journal of Orthopaedic Science, Vol.21, No.6, 779-785, 2016..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.23, Max(EID) = 374057, Max(EOID) = 1001345.