『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 久保 真一

登録情報の数

有効な情報: 128件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 130件

全ての有効な情報 (128件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(26)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(26)
閲覧 (未定義) …(59)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Kyoji Morita, Itsuo Tokunaga and Shin-ichi Kubo : Cytotoxic effect of paraquat on rat C6 glioma cells: Evidence for the possibility of non-oxidative damage to the cells, The Japanese Journal of Pharmacology, Vol.79, No.1, 121-124, 1999..[著者] ...
閲覧 北村 修, 久保 真一, 江口 安希子, 後藤田 貴子, 徳永 逸夫 : 法医剖検脳の法医病理学的診断における免疫組織化学的染色の応用, 法医病理, Vol.6, (号), 39-43, 2000年..[著者] ...
閲覧 藤田 義彦, 児玉 浩一郎, 久保 真一 : サンドイッチ·ハイブリダイゼーション法の人血証明への応用-新しい法医免疫学的人獣鑑別-, 日本法医学雑誌, Vol.54, (号), 227-232, 2000年..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 後藤田 貴子, 北村 修, 徳永 逸夫, 久保 真一 : 凍死の一剖検例, 四国医学雑誌, Vol.56, (号), 145-149, 2000年..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 武岡 悠記, 杉浦 良子, 寺岡 桃子, 寺岡 義布史, 久保 真一 : 凍死の死亡前状況の検討, 法医学の実際と研究, Vol.43, (号), 383-386, 2000年..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 中山 睦男, 北村 修, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 石上 安希子, 神原 敬三 : 腐敗死体に認められたMiliary Plaque様顆粒物質の分析, 法医学の実際と研究, Vol.43, (号), 137-141, 2000年..[著者] ...
閲覧 Takako Gotohda, Shin-ichi Kubo, Osamu Kitamura, Itsuo Tokunaga, Akiko Eguchi, Yoshiyuki Orihara, Ryouichi Tsuda, Kazuya Ikematsu and Ichiro Nakasono : HSP70 and c-Fos expression of brain stem hypoglossal nucleus in drowning, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.47, No.1,2, 76-79, 2000..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 北村 修, 池松 和哉, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : インフルエンザ脳症が疑われた1剖検例, 日本法医学会総会, Vol.84, (号), (頁), 2000年4月..[著者] ...
閲覧 北村 修, 後藤田 貴子, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 久保 真一, 中園 一郎 : 神経細胞骨格蛋白MAP2の死後変化に対する低体温の影響, 日本法医学会総会, Vol.84, (号), (頁), 2000年4月..[著者] ...
閲覧 Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga, Shin-ichi Kubo and Kyoji Morita : Enhancement of glial cell line-derived neurotrophic factor expression in rat adrenal gland by toluene exposure, Hormone and Metabolic Research, Vol.32, No.8, 301-305, 2000..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 北村 修, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子 : 潜水作業中の事故死例:酸素欠乏による窒息死か潜水病か, 法医病理, Vol.7, (号), (頁), 2000年8月..[著者] ...
閲覧 Takako Gotohda, Aki Kuwada, Kyoji Morita, Shin-ichi Kubo and Itsuo Tokunaga : Elevation of steroid 5 α-reductase mRNA levels in rat cerebellum by toluene inhalation: possible relation to GFAP expression, The Journal of Toxicological Sciences, Vol.25, No.3, 223-231, 2000..[著者] ...
閲覧 Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga, Shin-ichi Kubo, Kyoji Morita, Osamu Kitamura and Akiko Eguchi : Effect of toluene inhalation on astrocytes and neurotrophic factor in rat brain, Forensic Science International, Vol.113, No.1-3, 233-238, 2000..[著者] ...
閲覧 後藤田 貴子, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 北村 修, 久保 真一 : トルエン吸入によるラット副腎髄質GDNFの発現について, 日本法医学会中四国地方会, Vol.17, (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 Takako Gotohda, Osamu Kitamura, Shin-ichi Kubo and Itsuo Tokunaga : Changes of neurotrophic factors induced by toluene inhalation for rats, Congress of the international academy of legal medicine, Vol.18, (号), (頁), Santiago(Spain), Nov. 2000..[著者] ...
閲覧 Osamu Kitamura, Takako Gotohda, Akiko Ishigami, Shin-ichi Kubo, Itsuo Tokunaga and Nakasono Ichiro. : Effect of hypothermia on postmortem degradation of microtubule-associated protein 2, 18th Congress of the international academy of legal medicine, (巻), (号), (頁), Santiago, Spain, Nov. 2000..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 久保 真一, 北村 修, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子 : 心·血管内に死後の気泡の発現を認めた潜水作業中の事故死例, 法医病理, Vol.7, (号), 54-59, 2001年..[著者] ...
閲覧 北村 修, 久保 真一, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 石上 安希子 : 多数の出血巣を伴った敗血症の一剖検例, 法医学の実際と研究, Vol.44, (号), 167-170, 2001年..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 北村 修, 後藤田 貴子, 徳永 逸夫, 石上 安希子 : 3ヶ所の腸重積が認められた乳児急死の1剖検例, 法医学の実際と研究, Vol.44, (号), 161-165, 2001年..[著者] ...
閲覧 後藤田 貴子, 徳永 逸夫, 石上 安希子, 北村 修, 久保 真一 : トルエン吸入によるラット副腎クロマフィン細胞のGDNF 発現メカニズム, 日本法医学会総会, Vol.85, (号), (頁), 2001年4月..[著者] ...
閲覧 北村 修, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : Nesidioblastosisを認めた乳児突然死の1剖検例, 日本法医学会総会, Vol.85, (号), (頁), 2001年4月..[著者] ...
閲覧 藤田 義彦, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : 膣液·唾液混合資料からのDNA 型鑑定, 日本法医学会総会, Vol.85, (号), (頁), 2001年4月..[著者] ...
閲覧 藤田 義彦, 徳永 逸夫, 久保 真一 : 連続強姦未遂事件において遺留された異なる資料からの血液型·DNA 型鑑定による同一犯人の証明, DNA 多型, Vol.9, (号), 343-348, 2001年..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 北村 修, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 石上 安希子 : 多数の出血巣を伴った敗血症の一剖検例, 日本法医学会中四国地方会, Vol.18, (号), (頁), 2001年10月..[著者] ...
閲覧 Takako Gotohda, Shin-ichi Kubo, Osamu Kitamura, Itsuo Tokunaga and Akiko Ishigami : Neuronal changes in the arcuate hypoglossal nuclei of brain stem induced by head injury, International Journal of Legal Medicine, Vol.115, No.3, 121-127, 2001..[著者] ...
閲覧 Yasuo Bunai, kayako Akaza, Isao Nakamura, H Yamanouchi, T Fukunaga, Shin-ichi Kubo and Isao Ohya : Pulmonary Changes Associated with Methamphetamine Poisoning, Acta Criminologiae et Medicinae Legalis Japonica, Vol.68, No.5, 141-146, 2002..[著者] ...
閲覧 津田 亮一, 池松 和哉, 久保 真一, 中園 一郎 : 血液凝固関連因子を指標とした受傷時期の判定に関する免疫組織化学的研究, 犯罪学雑誌, Vol.68, No.6, 171-176, 2002年..[著者] ...
閲覧 Yasuo Bunai, Kayoko Akaza, Isao Nakamura, Haruo Yamanouchi, Tatsushige Fukunaga, Shin-ichi Kubo and Isao Ohya : Pulmonary Changes Associated with Methamphetamine Poisoning, Acta Criminologiae et Medicinae Legalis Japonica, Vol.68, No.5, 141-146, 2002..[著者] ...
閲覧 Akiko Ishigami, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda, Osamu Kitamura and Shin-ichi Kubo : Immunohistochemical study for the kidneys of methamphetamine-related cadavers., 5th ISALM, (巻), (号), (頁), Takayama, (month)2002..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Kubo, Yoshihiko Fujita, Yasushi Yoshida, Katsuya Kangawa, Itsuo Tokunaga and Takako Gotohda : Personal identification from skeletal remain by D1S80, HLADQA1, TH01 and polymarker analysis, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.49, No.1,2, 83-86, 2002..[著者] ...
閲覧 Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga, Shin-ichi Kubo, Osamu Kitamura and Akiko Ishigami : Toluene inhalation induces glial cell line-derived neurotrophic factor, transforming growth facter and tumor necrosis factor in rat cerebellum, Legal Medicine, Vol.4, No.1, 21-28, 2002..[著者] ...
閲覧 久保 真一 : 学生のための法医学(改訂5版), --- 周産期の障害 ---, 株式会社 南山堂, 東京, 2002年4月..[著者] ...
閲覧 久保 真一 : 学生のための法医学(改訂5版), --- 物体検査 ---, 株式会社 南山堂, 東京, 2002年4月..[著者] ...
閲覧 後藤田 貴子, 北村 修, 徳永 逸夫, 久保 真一 : トルエン吸入によるラット副腎皮質肥大のメカニズム, 第86次日本法医学会総会, 2002年4月..[著者] ...
閲覧 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 石上 安希子, 北村 修, 久保 真一 : トルエン吸入による酸化的DNA 損傷, 第86次日本法医学会総会, 2002年4月..[著者] ...
閲覧 Akiko Ishigami, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda, Osamu Kitamura and Shin-ichi Kubo : Immunohistochemical study for the kidneys of methamphetamine-related cadavers, 5 th ISALM, Takayama, Oct. 2002..[著者] ...
閲覧 Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda, Akiko Ishigami, Osamu Kitamura and Shin-ichi Kubo : Toluene-inhalation induced 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine formation as the peroxidative degeneration in rat organs, 5 th ISALM, Takayama, Oct. 2002..[著者] ...
閲覧 Takako Gotohda, Osamu Kitamura, Itsuo Tokunaga and Shin-ichi Kubo : Mechanisum of adrenocortical hypertrophy induced by toluene-inhalation, 5 th ISALM, Takayama, Oct. 2002..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : 覚醒剤が検出された剖検例の腎臓におけるミオグロビンおよび過酸化障害の免疫組織化学的検討, 第19回日本法医学会中四国地方会, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 藤田 義彦, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : 夫殺害約1年後に海中から発見された母子心中の親子鑑定例, 第19回日本法医学会中四国地方会, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 Akiko Ishigami, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda and Shin-ichi Kubo : Immunohistochemical study of myoglobin and oxidative injury-related markers in thekidney of methamphetamine abusers, Legal Medicine, Vol.5, No.1, 42-48, 2003..[著者] ...
閲覧 Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda, Akiko Ishigami, Osamu Kitamura and Shin-ichi Kubo : Toluene inhalation induced 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine formation as the peroxidative degeneration in rat organs, Legal Medicine, Vol.5, No.1, 34-41, 2003..[著者] ...
閲覧 藤田 義彦, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 石上 安希子, 久保 真一 : 身元確認のためのDNA型判定に及ぼす死後変化の影響の検討, 日本法医学会総会, Vol.87, 2003年4月..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : 覚醒剤が検出された剖検例の腎臓におけるミオグロビンおよび過酸化障害の免疫組織化学的検討, 日本法医学会総会, Vol.87, (号), (頁), 2003年4月..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 石上 安希子, 後藤田 貴子, 徳永 逸夫 : 神経性食思不振症の1剖検例, 日本法医学会総会, Vol.87, (号), (頁), 2003年4月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiko Fujita, Itsuo Tokunaga and Shin-ichi Kubo : Forensic Identification of a Vaginal Fluid and Saliva Mixture through DNA Analysis, Acta Criminologiae et Medicinae Legalis Japonica, Vol.69, No.2, 48-52, 2003..[著者] ...
閲覧 徳永 逸夫, 石上 安希子, 後藤田 貴子, 久保 真一, 北村 修 : 覚せい剤投与ラット脳の神経栄養因子·過酸化障害の検討, 日本法医学会中四国地方会, Vol.20, (号), (頁), 2003年11月..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 石上 安希子, 後藤田 貴子, 徳永 逸夫, 北村 修 : 下垂体摘出術20年後に急性副腎不全で死亡した1剖検例, 日本法医学会中四国地方会, Vol.20, (号), (頁), 2003年11月..[著者] ...
閲覧 久保 真一 : 法医学からみた頭部外傷の留意点, 第24回脳神経外科コングレス, (巻), (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 久保 真一 : 医事法の方法と課題(分担), 信山社, 東京, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 後藤田 貴子, 徳永 逸夫, 北村 修, 久保 真一 : トルエン吸入によるラット脳における神経栄養因子BDNFの変化, 日本法医学会総会, Vol.88, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 藤田 義彦, 久保 真一, 吉田 恭史, 徳永 逸夫, 北村 修, 後藤田 貴子 : Profiler Kit と3種類のY-STRsを用いた精液·唾液の混合体液からのDNA多型分析例, 日本法医学会総会, Vol.88, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 吉田 恭史, 藤田 義彦, 徳永 逸夫, 久保 真一 : Y-STRsにより複数人由来体液斑から被疑者を特定した鑑定例, DNA多型, Vol.12, No.0, 151-154, 2004年..[著者] ...
閲覧 久保 真一 : 遷延性溺死とは, 第11回法医病理夏期セミナー, (巻), (号), (頁), 2004年7月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiko Fujita, Shin-ichi Kubo, Yasushi Yoshida, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda and Akiko Ishigami : Application of AmpFlSTR ProfilerTM PCR Amplification kit for a personal identification of the putrefied cadaver, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 243-246, 2004..[著者] ...
閲覧 Yasushi Yoshida, Yoshihiko Fujita and Shin-ichi Kubo : A forensic casework of personal identification from a mixed body fluid with different gender by Y-STRs analysis, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 238-242, 2004..[著者] ...
閲覧 Yoshihiko Fujita, Shin-ichi Kubo, Itsuo Tokunaga, Osamu Kitamura, Takako Gotohda and Akiko Ishigami : Influence of Post-mortem Changes on DNA typing (D1S80, TH01, HLA DQA 1, and PM typing system): Case studies for personal identification, Legal Medicine, Vol.6, No.3, 143-159, 2004..[著者] ...
閲覧 Hideko Nagasawa, Hideyuki Sasaki, Yoshihiro Uto, Shin-ichi Kubo and Hitoshi Hori : Association of the Macrophage Activating Factor (MAF) Precursor Activity with Polymorphism in Vitamin D-binding Protein, Anticancer Research, Vol.24, No.5c, 3361-3366, 2004..[著者] ...
閲覧 Akiko Ishigami, Shin-ichi Kubo, Kazuya Ikematsu, Osamu Kitamura, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda and Ichiro Nakasono : An adult autopsy case of acute encephalopathy associated with influenza A virus, Legal Medicine, Vol.6, No.4, 252-255, 2004..[著者] ...
閲覧 北村 修, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : 練炭コンロによる自殺が疑われた一剖検例, 日本法医学会中四国地方会, Vol.21, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 徳永 逸夫, 北村 修, 後藤田 貴子 : 縊頚失敗後咽頭部周囲出血で窒息した一剖検例, 日本法医学会中四国地方会, Vol.21, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 久保 真一 : 法医学から見た頭部外傷の留意点, 脳神経外科ジャーナル, Vol.13, No.11, 770-774, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 久保 真一 : 法医学から見た頭部外傷の留意点, 脳神経外科ジャーナル, Vol.13, No.11, 770-773, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 Akiko Ishigami, Itsuo Tokunaga, Shin-ichi Kubo and Takako Gotohda : Immunohistochemical study of rat spermatogenesis after toluene inhalation, Legal Medicine, Vol.7, No.1, 42-46, 2005..[著者] ...
閲覧 Osamu Kitamura, Takako Gotohda, Akiko Ishigami, Itsuo Tokunaga, Shin-ichi Kubo and Nakasono Ichiro : Effect of hypothermia on postmortem alterations in MAP2 immunostaining in the human hippocampus, Legal Medicine, Vol.7, No.5, 340-344, 2005..[著者] ...
閲覧 Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga and Shin-ichi Kubo : Toluene inhalation-induced adrenocortical hypertrophy and endocrinological changes in rat, Life Sciences, Vol.76, No.17, 1929-1937, 2005..[著者] ...
閲覧 藤田 義彦, 久保 真一 : 精液混合体液からの精子由来DNAの迅速·簡易な抽出法の開発, 第89次日本法医学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年4月..[著者] ...
閲覧 北村 修, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : 覚醒剤中毒者の線条体におけるdopaminergic terminal maker 及び cospase-3の活性化に関する研究, 日本法医学会総会, Vol.89, 2005年4月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Yoshida, Shin-ichi Kubo and Yoshihiko Fujita : Population study of Y-chromosome STR haplotypes in Japanese from Tokushima, International Journal of Legal Medicine, Vol.119, No.3, 172-176, 2005..[著者] ...
閲覧 Yoshihiko Fujita, Koichiro Tsuchiya, Shinji Abe, Yohiharu Takiguchi, Shin-ichi Kubo and Hiromu Sakurai : Estimation of the age of human bloodstains by electron paramagnetic resonance spectroscopy: Long-term controlled experiment on the effects of environmental factors, Forensic Science International, Vol.152, No.1, 39-43, 2005..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Kubo, Akiko Ishigami, Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga and Osamu Kitamura : An autopsy case of adrenal insufficiency 20 years after total pituitarectomy: Relation between stress and cause of death, 6th ISALM, (巻), (号), (頁), Hamburg, Sep. 2005..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Kubo : Immunohistochemical study of kidney in methamphetamine intoxication, 6 th ISALM, (巻), (号), (頁), Hamburg, Sep. 2005..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Kubo, Fujita Yoshihiko, Itsuo Tokunaga, Osamu Kitamura and Takako Gotohda : Application of FTA® technology to extracting sperm DNA from semen-mixed body fluid, 6th ISALM, Hamburg, Sep. 2005..[著者] ...
閲覧 Itsuo Tokunaga, Shin-ichi Kubo, Akiko Ishigami, Takako Gotohda and Osamu Kitamura : Changes in Renal function and oxidative damage in methamphetamine-treated rat, 6th ISALM, (巻), (号), (頁), Hamburg, Sep. 2005..[著者] ...
閲覧 Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hideyuki Sasaki, Natsuko Okamura, Aya Murakami, Shin-ichi Kubo, Kenneth L.Kirk and Hitoshi Hori : Gc protein (vitamin D-binding protein): Gc genotyping and GcMAF precursor activity, Anticancer Research, Vol.25, No.6A, 3689-3695, 2005..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 北村 修, 後藤田 貴子, 徳永 逸夫 : 縊頚後一酸化炭素中毒死した一剖検例, 日本法医学会中四国地方会, Vol.22, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 北村 修, 久保 真一 : 法医剖検診断における尿中8-hydroxy-2'-deoxyguanosine濃度の検討, 日本法医学会中四国地方会, Vol.22, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 久保 真一 : 薬物依存Q&A 「暮らしの科学シリーズ」, --- 胎児に対するタバコの影響 ---, ミネルヴァ書房, 京都, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 Itsuo Tokunaga, Shin-ichi Kubo, Akiko Ishigami, Takako Gotohda and Osamu Kitamura : Changes in renal function and oxidative damage in methanphetamine-treated rat, Legal Medicine, Vol.8, No.1, 16-21, 2006..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Kubo : Application of FTA® technology to extraction of sperm DNA from mixed body fluids containing semen., Legal Medicine, Vol.8, No.1, 43-47, 2006..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Kubo, Akiko Ishigami, Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga and Osamu Kitamura : An autopsy case of adrenal insufficiency 20 years after hypophysectomy: relation between stress and cause of death, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 183-187, 2006..[著者] ...
閲覧 北村 修, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : メタンフェタミン濫用者の線条体におけるグリア細胞の免疫組織化学的検討, 日本法医学会総会, Vol.90, 2006年4月..[著者] ...
閲覧 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 北村 修, 久保 真一 : 法医剖検診断における尿中8-hydroxy-2'-deoxyguanosine濃度の検討(第2報), 日本法医学会総会, Vol.90, 2006年4月..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 石上 安希子, 北村 修, 後藤田 貴子, 徳永 逸夫 : 多数のサメ咬傷を認めた海上漂流死体の一剖検例, 法医学の実際と研究, Vol.49, (号), 33-38, 2006年..[著者] ...
閲覧 後藤田 貴子, 徳永 逸夫, 北村 修, 王 璐, 久保 真一 : 法医剖検脳の室傍核の免疫組織化学的検討, 日本法医学会中四国地方会, Vol.23, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 北村 修, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 王 璐, 久保 真一 : 高所転落後4日目に死亡した胸腔内出血の一剖検例, 日本法医学会中四国地方会, Vol.23, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga, Osamu Kitamura and Shin-ichi Kubo : Toluene inhalation induced neuronal damage in the spinal cord and changes of neurotrophic factors in rat, Legal Medicine, Vol.9, No.3, 123-127, 2007..[著者] ...
閲覧 Osamu Kitamura, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda and Shin-ichi Kubo : Immunohistochemical investigation of dopaminergic terminal markers and caspase-3 activation in the striatum of human methamphetamine users, International Journal of Legal Medicine, Vol.121, No.3, 163-168, 2007..[著者] ...
閲覧 王 璐, 北村 修, 後藤田 貴子, 徳永 逸夫, 石上 安希子, 久保 真一 : 多発外傷症例における腎臓の免疫組織化学的観察, 日本法医学会総会, Vol.91, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 吉田 恭史, 久保 真一, 野口 加寿美, 小形 泰宏, 赤瀬 信一郎, 徳永 逸夫, 北村 修, 後藤田 貴子, Wang Lu : 日本人集団におけるY-SNP,Y-STRの分布検討, 日本法医学会総会, Vol.91, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 藤田 義彦, 久保 真一 : ABO式血液型とDNA型の由来が異なった強盗致傷事件遺留物の1鑑定例, 日本法医学会総会, Vol.91, (号), (頁), 2007年5月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Yoshida, Shin-ichi Kubo, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda, Osamu Kitamura and Wong Lue : Y-SNP and Y-STR analysis in a Japanese population, International congress of international society for forensic genetics, Copenhagen, Aug. 2007..[著者] ...
閲覧 後藤田 貴子, 徳永 逸夫, 久保 真一 : トルエン吸入がラットの摂食調節神経ペプチドに及ぼす影響, 日本法医学会中四国地方会, Vol.24, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一, 北村 修, 石上 安希子 : 剖検例のストレス関与の評価ー血中・尿中のDNA損傷物質,ストレスホルモンの意義ー, 日本法医学会中四国地方会, Vol.24, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 西村 明儒, 久保 真一 : 人工妊娠中絶後5日目に慢性解離性脳動脈瘤破裂により急死した1剖検例., 法医学の実際と研究, Vol.51, (号), 45-49, 2008年..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 久保 真一 : 徳島県下で発見された過去5年間の身元不明死体の身元確認の主要根拠について∼東南海・南海地震に備えて∼, 徳歯会報, Vol.760, (号), 40-45, 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 松末 綾, 原 健二, 影浦 光義, 柏木 正之, Wang Lu, Akiko Ishigami, Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga, 杉村 朋子 and Shin-ichi Kubo : Genetic analysis of ryanodine receptor 1 gene and carnitine palmitoyltransferase II gene: An autopsy case of neuroleptic malignant syndrome related to vegetamin., 7th ISALM, (巻), (号), (頁), (都市), (month)2008..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : 司法解剖実施の判断が重要であった人工妊娠中絶後5日目に急死した剖検例, 第92次日本法医学会総会, (巻), (号), (頁), 2008年4月..[著者] ...
閲覧 松末 綾, 原 健二, 影浦 光義, 柏木 正之, Wang Lu, 石上 安希子, 後藤田 貴子, 徳永 逸夫, 柏村 征一, 久保 真一 : 横紋筋融解症におけるRYR1遺伝子変異の検討:ベゲタミン中毒の1剖検例, 第92次日本法医学会総会, (巻), (号), (頁), 2008年4月..[著者] ...
閲覧 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 石上 安希子, 久保 真一 : 法医剖検例の肝臓におけるcytochromeP450,ストレスホルモンおよび8-OHdGの出現様態, 第92次日本法医学会総会, (巻), (号), (頁), 2008年4月..[著者] ...
閲覧 Itsuo Tokunaga, Akiko Ishigami, Shin-ichi Kubo, Takako Gotohda and Osamu Kitamura : Immunohistochemical study of brain and glial cell line-derived neurotrophic factor, and oxidative damage in methamphetamine-treated rat brain., Acta Criminologiae et Medicinae Legalis Japonica, Vol.74, No.2, 43-50, 2008..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 久保 真一 : 過去5年間における徳島県下で発見された身元不明死体の身体特徴について ―東南海・南海地震に備えて―., 四国医学雑誌, Vol.64, (号), 35-40, 2008年..[著者] ...
閲覧 後藤田 貴子, 徳永 逸夫, 久保 真一 : 法医剖検例における室傍核および血液中の摂食調節神経ペプチドの出現様態について, 第92次日本法医学会総会, Vol.62, No.20, 231, 2008年4月..[著者] ...
閲覧 Itsuo Tokunaga, Akiko Ishigami, Shin-ichi Kubo, Takako Gotohda and Osamu Kitamura : The peroxidative DNA damage and apoptosis in methamphetamine-treated rat brain., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 241-245, 2008..[著者] ...
閲覧 Akiko Ishigami, Shin-ichi Kubo, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda and Akiyoshi Nishimura : An autopsy case of severe pleuritis induced by the nourishment after misinsertion of a stomach tube: Foreign body giant cells were effective for the proof of a causal relationship., 7th ISALM, (巻), (号), (頁), Osaka, Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 西村 明儒 : 胸腔内に誤投与された経管栄養剤による重症胸膜炎の一剖検例:異物巨細胞の診断意義, 第58回日本法医学会九州地方会, (巻), (号), (頁), 2008年10月..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 王 璐, 原 健二, 松末 綾, 影浦 光義, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 柏木 正之, 杉村 朋子, 西村 明儒 : 悪性症候群の剖検診断項目の検討:ベゲタミン服用の1剖検例, 法医病理, Vol.15, (号), 66-72, 2009年..[著者] ...
閲覧 Aya Matsusue, Akiko Ishigami, Kenji Hara, Masayuki Kashiwagi, Mitsuyoshi Kageura, Tomoko Sugimura and Shin-ichi Kubo : Genetic analysis of rhabdomyolysis-associated genes: An autopsy case of methamphetamine- related hyperthermia and acidosis., 21st Congress of the International Academy of Legal Medicine., (巻), (号), (頁), (都市), (month)2009..[著者] ...
閲覧 Aya Matsusue, Kenji Hara, Mitsuyoshi Kageura, Masayuki Kashiwagi, Wang Lu, Akiko Ishigami, Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga, Akiyoshi Nishimura, Tomoko Sugimura and Shin-ichi Kubo : Genetic analysis of ryanodine receptor 1 gene and carnitine palmitoyl transferase II gene: An autopsy case of neuroleptic malignant syndrome related to vegetamin., Legal Medicine, Vol.11, (号), 570-572, 2009..[著者] ...
閲覧 Akiko Ishigami, Shin-ichi Kubo, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda and Akiyoshi Nishimura : An autopsy case of severe pleuritis induced by misinsertion of a nasogastric nourishment tube: Diagnostic significance of multinucleated giant cells, Legal Medicine, Vol.11, No.4, 191-194, 2009..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 久保 真一, 徳永 逸夫, 西村 明儒 : 体内に留置された医療器具が個人識別に有用であった剖検例, 第94次日本法医学会学術全国集会, (巻), (号), (頁), 2010年(0月)..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 久保 真一, 北村 修, 徳永 逸夫, 西村 明儒 : 縊頸後に生存していた2剖検例, 法医病理, Vol.16, No.1, 40-45, 2010年..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 良元 俊昭, 原 健二, 久保 真一, 徳永 逸夫, 西村 明儒 : 尿細管壊死に対する剖検前超音波検査の有用性について:覚醒剤濫用者の1剖検例, 法医病理, Vol.16, No.2, 121-125, 2010年..[著者] ...
閲覧 Aya Matsusue, Kenji Hara, Mitsuyoshi Kageura, Masayuki Kashiwagi, Wang Lu, Akiko Ishigami, Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga, Akiyoshi Nishimura, Tomoko Sugimura and Shin-ichi Kubo : An autopsy case of rhabdomyolysis related to vegetamin and genetic analysis of the rhabdomyolysis-associated genes, Journal of Forensic and Legal Medicine, Vol.17, No.1, 46-49, 2010..[著者] ...
閲覧 Osamu Kitamura, Takeichi Toshiaki, Lu Wang, Itsuo Tokunaga, Akiko Ishigami and Shin-ichi Kubo : Microglial and astrocytic changes in the striatum of methamphetamine abusers., Legal Medicine, Vol.12, No.2, 57-62, 2010..[著者] ...
閲覧 伊達 恵美, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 主田 英之, 久保 真一, 西村 明儒 : 溺死症例における肺・胸腔内貯留液・脾臓重量と水域・死後経過時間に関する検討, 第28回日本法医学会学術中四国地方集会.プログラム・口演要旨集, 39-40, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 久保 真一, 石上 安希子, 松末 綾, 徳永 逸夫 : 覚醒剤による腎障害:法医学の立場から.VIII中毒性腎障害(薬物性腎障害,化学物質による腎障害).腎臓症候群(第2版)上―その他の腎臓疾患を含めて―., (発行所), (都市), 2012年1月..[著者] ...
閲覧 Akiko Ishigami, Itsuo Tokunaga, Hara Kenji, Shin-ichi Kubo and Akiyoshi Nishimura : Application of drug screening kits to organ samples from forensic autopsy cases, TIAFT2012, (巻), (号), 81-82, Hamamatu, June 2012..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 徳永 逸夫, 主田 英之, 久保 真一, 西村 明儒 : 溺死症例における肺・胸腔内貯留液・脾臓重量と水域・死後経過時間に関する検討, 第96次日本法医学会学術全国集会, Vol.66, No.1, 77, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 Masayuki Kashiwagi, Akiko Ishigami, Kenji Hara, Aya Matsusue, Brian Waters, Mio Takayama, Itsuo Tokunaga, Akiyoshi Nishimura and Shin-ichi Kubo : Immunohistochemical investigation of the coma blister and its pathogenesis, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.3,4, 256-261, 2013..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 原 健二, Waters Brain, 徳永 逸夫, 山田 茉樹, 久保 真一, 西村 明儒 : 体位性窒息により死亡したと考えられた一剖検例, 第30回日本法医学会学術中四国地方集会,プログラム・口演要旨集, 10-11, 2013年11月..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 久保 真一, 徳永 逸夫, 西村 明儒 : 徳島県における身元不明死体の個人識別に有用だった身体的特徴., 第13回警察歯科医会全国大会, 71, 2014年8月..[著者] ...
閲覧 Akiko Ishigami, Itsuo Tokunaga, Akiyoshi Nishimura and Shin-ichi Kubo : Postmortem Diagnosis of Anorexia Nervosa:An Endocrinological and Immunohistochemical Approach., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.3-4, 305-309, 2016..[著者] ...
閲覧 (種別) : 石上 安希子, 森 彩花, 久保 真一, 西村 明儒 : 溺死症例における胸腔内貯留液量の変化-水域・水温・死後経過時間との関連性について-, 第101次日本法医学会学術全国集会, (巻), (号), 70, (発行所), (都市), 2017年6月..[著者] ...
閲覧 久保 真一 : AmpFISHTR Profiler PCR Amplification Kitによる陳旧血痕からのSTR判定, (誌名), (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 藤田 義彦, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 石上 安希子, 久保 真一 : 失踪後約1年後に海中から発見された母子心中の親子鑑定例., 犯罪学雑誌, Vol.69, (号), 48-52, (年月日)..[著者] ...
閲覧 石上 安希子, 久保 真一, 徳永 逸夫, 西村 明儒 : 肺動脈血栓塞栓症の2剖検例ー下腿深部静脈血栓の成因に関する検討, 第93次日本法医学会全国学術集会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 伊達 恵美, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 主田 英之, 久保 真一, 西村 明儒 : 溺死症例における肺・胸腔内貯留液・脾臓重量と水域・死後経過時間に関する検討., 第28回日本法医学会学術中四国地方集会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.58, Max(EID) = 375159, Max(EOID) = 1005345.