『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 清水 真祐子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.疾患病理学])

登録情報の数

有効な情報: 156件 + 無効な情報: 24件 = 全ての情報: 180件

全ての有効な情報 (156件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(19)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(19)
閲覧 (未定義) …(137)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Katsuhisa Omagari, Shigeko Kato, Koichi Tsuneyama, Hideki Hatta, Mayuko Shimizu, Chisato Urata, Yasuko Sumiyama, Ayako Nishizaki, Sakiko Hashimoto, Mai Harada, Shizuka Tamaru and Kazunari Tanaka : The Effect of Olive Leaf Extract on Hepatic Fat Accumulation in Sprague- Dawley Rats Fed a High-fat Diet, Acta Medica Nagasakiensia, Vol.55, No.1, 29-39, 2010..[著者] ...
閲覧 Katsuhisa Omagari, Rika Takamura, Sachiko Matsutake, Mayuko Shimizu, Shigeko Kato, Shun-Ichi Morikawa, Seiko Nagaoka and Masayuki Osabe : Serum alanine aminotransferase concentration as a predictive factor for the development or regression of fatty liver., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.49, No.3, 200-206, 2011..[著者] ...
閲覧 Katsuhisa Omagari, Manami Kaji, Yuka Ishii, Haruka Iwami, Mayuko Shimizu, Sachiko Matsutake, Shigeko Kato, Shigeyuki Takeshita, Tatsuki Ichikawa and Kazuhiko Nakao : Protein-energy malnutrition in patients with liver cirrhosis, Acta Medica Nagasakiensia, Vol.57, 5-12, 2012..[著者] ...
閲覧 Katsuhisa Omagari, Haruka Iwami, Manami Kaji, Yuka Ishii, Sachiko Matsutake, Mayuko Shimizu, Shigeko Kato, Shigeyuki Takeshita, Tatsuki Ichikawa and Kazuhiko Nakao : The relationship between energy expenditure and type or stage of cancer, Acta Medica Nagasakiensia, Vol.57, No.2, 33-40, 2012..[著者] ...
閲覧 Katsuhisa Omagari, Toshie Murayama, Yuna Tanaka, Chisato Yoshikawa, Shin-ichi Inoue, Mayuko Shimizu, Maiko Hatanaka, Mari Saimei, Keiko Muto, Takuro Tobina, Motofumi Masaki and Shigeko Kato : Mental, physical, dietary, and nutritional effects on irritable bowel syndrome in young Japanese women., Internal Medicine, Vol.52, No.12, 1295-1301, 2013..[著者] ...
閲覧 松竹 幸子, 大曲 勝久, 加藤 滋子, 清水 真祐子, 石井 由夏, 加地 真奈美, 岩見 春香, 市川 辰樹, 中尾 一彦 : C型慢性肝炎に対する抗ウィルス療法の治療効果に及ぼす栄養状態の影響, 日本臨床栄養学会雑誌, Vol.35, 39-48, 2013年..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Shigeko Kato, Koichi Tsuneyama, Sachiko Matsutake, Mai Kamogawa, Eri Hirao, Ayako Miyata, Sawako Mori, Noriaki Yamaguchi, Kazuhito Suruga and Katsuhisa Omagari : Phycocyanin prevents hypertension and low serum adiponectin level in a rat model of metabolic syndrome., Nutrition Research, Vol.33, No.5, 397-405, 2013..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 畑中 麻衣子, 常山 幸一, 加藤 滋子, 大曲 勝久 : 高コレステロール・高脂肪食による高度線維化を伴うNASH動物モデルの作成, 第67回日本栄養食糧学会大会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 西明 眞理, 幸田 菜摘, 矢野 詩織, 清水 真祐子, 川本 忠文, 片山 吉穂 : ガーリックオイル成分添加食投与がラットの体組成に及ぼす影響, 第67回日本栄養食糧学会大会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 Katsuhisa Omagari, Chisato Yoshikawa, Shin-ichi Inoue, Yuna Tanaka, Toshie Murayama, Mayuko Shimizu, Ayako Miyata, Sawako Mori, Mai Kamogawa, Eri Hirao, Shigeko Kato, Kazuhito Suruga and Koichi Tsuneyama : Abdominal subcutaneous adipose tissue accumulation is positively correlated with hepatic steatosis in Sprague-Dawley rats, Acta Medica Nagasakiensia, Vol.59, No.2, 47-56, 2014..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Kawase Miku, Masuzumi Miki, Sakaki Mika, Nagata Yasuo, Tanaka Kazunari, Suruga Kazuhito, Koichi Tsuneyama and Omagari Katsuhisa : High-fat and high-cholesterol diet rapidly induces nonalcoholic steatohepatitis with advanced fibrosis in Sprague-Dawley rats, 23th Asian Pacific Association for the Study of the Liver, (都市), March 2014..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Miku Kawase, Miki Masuzumi, Mika Sakaki, Yasuo Nagata, Kazunari Tanaka, Kazuhito Suruga, Shizuka Tamaru, Shigeko Kato, Koichi Tsuneyama and Katsuhisa Omagari : High-fat and high-cholesterol diet rapidly induces non-alcoholic steatohepatitis with advanced fibrosis in Sprague-Dawley rats., Hepatology Research, Vol.45, No.4, 458-469, 2014..[著者] ...
閲覧 Katsuhisa Omagari, Mika Sakaki, Yuki Tsujimoto, Yukiko Shiogama, Akiko Iwanaga, Makiko Ishimoto, Asami Yamaguchi, Miki Masuzumi, Miku Kawase, Mayuko Shimizu, Takatoshi Yoshitake and Yoshiyuki Miyahara : Coffee consumption is inversely associated with depressive status in Japanese patients with type 2 diabetes., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.55, No.2, 135-142, 2014..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Maiko Hatanaka, Koichi Tsuneyama, Shigeko Kato and Katsuhisa Omagari : An SHR/NDmcr-cp rat model of non-alcoholic steatohepatitis with advanced fibrosis induced by a high-fat, high-cholesterol diet., J Obes Wt Loss Ther, Vol.5, 1, 2015..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子 : コレステロール添加高脂肪飼料を用いたNASH病態モデル動物の開発, 奈良女子大学家政学会, Vol.62, 57-61, 2015年(0月)..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Akari Minami, Noriko Nakano, Yasuko Kitagishi, Toshiyuki Murai and Satoru Matsuda : Cigarette smoke may be an exacerbation factor in nonalcoholic fatty liver disease via the modulation for PI3K/AKT pathway, AIMS Molecular Science, Vol.2, 427-439, (month)2015..[著者] ...
閲覧 大曲 勝久, 服部 美紀, 後藤 紫方, 坂元 藍, 鳥居 春菜, 清水 真祐子, 田辺 賢一 : 非アルコール性脂肪肝炎発症モデルラットの肝組織所見に及ぼす食餌性コレステロールの影響, 長崎県立大学看護栄養学部紀要, Vol.14, 23-30, 2016年..[著者] ...
閲覧 Katsuhisa Omagari, Haruna Torii, Shiho Goto, Ai Sakamoto, Miki Hattori, Toshie Murayama-Kinjo, Mayuko Shimizu, Kenichi Tanabe and Sachiko Matsumoto : Dietary intake, mental status, physical activity, and lifestyle affecting bowel movement frequency and stool texture in young Japanese women, Acta Medica Nagasakiensia, Vol.60, 85-95, 2016..[著者] ...
閲覧 Akari Minami, Toshiyuki Murai, Atsuko Nakanishi, Yasuko Kitagishi, Mayuko Shimizu and Satoru Matsuda : Cell cycle regulation via the p53, PTEN, and BRCA1 tumor suppressors, InTech, (都市), (month)2016..[著者] ...
閲覧 南 明里, 中野 紀子, 清水 真祐子, 松田 覚 : 食品成分の破骨細胞分化への影響, 第70回日本栄養食糧学会大会, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 Mako Ogino, Mayuko Shimizu, Noriko Nakano, Akari Minami, Yasuko Kitagishi and Satoru Matsuda : Roles of PTEN with DNA Repair in Parkinson's Disease., International Journal of Molecular Sciences, Vol.17, No.6, (頁), June 2016..[著者] ...
閲覧 Satoru Matsuda, Mayuko Shimizu, Mako Ogino, Noriko Nakano, Akari Minami, Toshiyuki Murai and Yasuko Kitagishi : Effective PI3K modulators for improved therapy against malignant tumors and for neuroprotection of brain damage after tumor therapy (Review)., International Journal of Oncology, Vol.49, No.5, 1785-1790, Sep. 2016..[著者] ...
閲覧 Yasuko Kitagishi, Noriko Nakano, Mako Ogino, Mayuko Shimizu, Akari Minami and Satoru Matsuda : PINK1 signaling in mitochondrial homeostasis and in aging (Review)., International Journal of Molecular Medicine, Vol.39, No.1, 3-8, Dec. 2016..[著者] ...
閲覧 Noriko Nakano, Satoru Matsuda, Mayuko Shimizu, Akari Minami, Mako Ogino, Toshiyuki Murai and Yasuko Kitagishi : PI3K/AKT signaling mediated by G protein-coupled receptors is involved in neurodegenerative Parkinson's disease (Review)., International Journal of Molecular Medicine, Vol.39, No.2, 253-260, Dec. 2016..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Miki Masuzumi, Miku Kawase, Mika Sakaki, Shizuka Tamaru, Yasuo Nagata, Kazunari Tanaka, Kazuhito Suruga, Koichi Tsuneyama, Satoru Matsuda and Katsuhisa Omagari : A diet-induced Sprague-Dawley rat model of nonalcoholic steatohepatitis-related cirrhosis., The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.40, 62-69, 2017..[著者] ...
閲覧 Akari Minami, Mako Ogino, Noriko Nakano, Mayuko Shimizu, Atsuko Nakanishi, Toshiyuki Murai, Yasuko Kitagishi and Satoru Matsuda : Roles of oncogenes and tumor-suppressor genes in osteoclastogenesis (Review)., International Journal of Molecular Medicine, Vol.39, No.2, 261-267, Jan. 2017..[著者] ...
閲覧 杉谷 鮎美, 高橋 立成, 甲斐 幸樹, 清水 真祐子, 平 修, 川口 誠, 小川 博久, 常松 貴明, 常山 幸一, 野本 一博, 常山 幸一 : A case of lipid-rich carcinoma of the breast with numerous hyaline globules(和訳中), 日本病理学会会誌, Vol.106, No.1, 492-493, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 Ayumi Sugitani, Ryusei Takahashi, Kohki Kai, Mayuko Shimizu, 平 修, 川口 誠, Hirohisa Ogawa, Takaaki Tsunematsu, Koichi Tsuneyama, 野本 一博 and Koichi Tsuneyama : A case of lipid-rich carcinoma of the breast with numerous hyaline globules, Proceedings of the Japanese Society of Pathology, Vol.106, No.1, 492-493, March 2017..[著者] ...
閲覧 中野 紀子, 南 明里, 清水 真祐子, 松田 覚 : 高齢者および幼児を対象とした地域の健康づくりを応援する実践的食育の試み:奈良県・奈良女子大学協働事業「地域栄養カレッジ」実践報告, 教育システム研究, Vol.12, 91-98, 2017年..[著者] ...
閲覧 常山 幸一, 清水 真祐子, 大曲 勝久 : 食餌誘導NASH 肝線維化モデルラットにおける肝浸潤マクロファージの性状, 肝臓, Vol.58, No.Suppl.1, A396, 2017年4月..[著者] ...
閲覧 菊池 健太郎, 常山 幸一, 清水 真祐子, 守時 由起, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 大曲 勝久, 安田 一朗, 原 眞純, 宮川 浩 : monosodium glutamate投与によるNASHモデルマウスに対するフラクトオリゴ糖の効果, 肝臓, Vol.58, No.Suppl.1, A388, 2017年4月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 常山 幸一, 守時 由起, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 大曲 勝久, 菊池 健太郎 : 異なる非アルコール性脂肪肝炎モデル間におけるフラクトオリゴ糖による肝脂肪化抑制機序の違い, 肝臓, Vol.58, No.Suppl.1, A395, 2017年4月..[著者] ...
閲覧 中村 禎子, 田辺 賢一, 清水 真祐子, 森田 茂樹, 大曲 勝久, 奥 恒行 : 過剰鉄による肝障害モデルラットにおけるフラクトオリゴ糖摂取の症状軽減作用, 日本栄養食糧学会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 Kotaro Matsumoto, Mayuko Shimizu, Koichi Tsuneyama, Yuki Moritoki, Hiromichi Tsunashima, Katsuhisa Omagari, Masumi Hara, Ichiro Yasuda, Hiroshi Miyakawa and Kentaro Kikuchi : Fructo-oligosaccharides and intestinal barrier function in a methionine-choline-deficient mouse model of nonalcoholic steatohepatitis., PLoS ONE, Vol.12, No.6, e0175406, 2017..[著者] ...
閲覧 Katsuhisa Omagari, Kazuhito Suruga, Akira Kyogoku, Satomi Nakamura, Ai Sakamoto, Shinta Nishioka, Mayuko Shimizu, Yuji Miyata, Koichi Tajima, Koichi Tsuneyama and Kazunari Tanaka : A fermented mixed tea made with camellia (Camellia japonica) and third-crop green tea leaves prevents nonalcoholic steatohepatitis in Sprague-Dawley rats fed a high-fat and high-cholesterol diet., Hepatobiliary Surgery and Nutrition, Vol.7, No.3, 175-184, 2017..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 松田 覚 : 地域住民向け食育活動『奈良県地域栄養カレッジ』実施報告, 奈良県栄養士会 研究発表会, 2017年8月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 井邉 有未, 松田 覚 : 親子で学ぶ食育教室の意義 ―奈良県地域栄養カレッジにおける実践例から―, 第64回日本栄養改善学会学術総会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 井邉 有未, 清水 真祐子, 松田 覚 : 小学校低学年とその保護者を対象とした食育活動, 第64回日本栄養改善学会学術総会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 Ayumi Sugitani, Mayuko Shimizu, Shu Taira, Takaaki Tsunematsu and Koichi Tsuneyama : Analysis of fibrogenic roles of liver infiltrating macrophages in a novel Non-alcoholic steatohepatitis (NASH) rat model with liver cirrhosis, Hepatology, Vol.66, No.S1, 1099A-1100A, (都市), Oct. 2017..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Nakanishi Atsuko, Kitagishi Yasuko and Matsuda Satoru : Function of the RUN Domain on RUFY Family Proteins, Springer, (都市), June 2018..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 大曲 勝久, 常山 幸一 : TSODおよびTSNOマウスにおける高脂肪・コレステロール食の長期摂取による肝臓への影響, 第107回日本病理学会総会, 2018年6月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 西辻 和親, 清水 金忠, 小川 博久, 常松 貴明, 梅本 ひとみ, 森本 友樹, 赤津 裕康, 井之上 浩一, 常山 幸一 : TSODマウスにおけるNAFLDの発症およびコーヒーの投与による腸内細菌叢および短鎖脂肪酸プロファイルの変化, 第5回肝臓と糖尿病・代謝研究会, 2018年7月..[著者] ...
閲覧 Ryosuke Nagatomo, Yasuki Okada, Mayuko Shimizu, Koichi Tsuneyama and Koichi Inoue : Application of 2-Picolylamine Derivatized Ultra-high Performance Liquid Chromatography Tandem Mass Spectrometry for Determination of Short-chain Fatty Acids in Feces Samples., Analytical Sciences, Vol.34, No.9, 1031-1036, 2018..[著者] ...
閲覧 Katsuhisa Omagari, Ayumi Fukuda, Machiko Suga, Ayumi Ogata, Shinta Nishioka, Kazuhito Suruga, Mayuko Shimizu and Koichi Tsuneyama : Peptides Obtained by Enzymatic Decomposition of Mackerel Prevent Nonalcoholic Steatohepatitis in Sprague-Dawley Rats fed a High-fat and High-cholesterol Diet, OBM Hepatology and Gastroenterology, Vol.2, No.3, 2018..[著者] ...
閲覧 中川 友希江, 天野 久実, 清水 真祐子, 辻 愛, 北岸 靖子, 松田 覚 : 脂肪性肝障害に対する少量アセトアルデヒド摂取の影響, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 天野 久実, 中川 友希江, 清水 真祐子, 辻 愛, 北岸 靖子, 松田 覚 : オウバク成分は非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)改善に関与するか?, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 常山 幸一, 清水 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小川 博久 : 異なる系統で作成したストレプトゾトシン誘導肝細胞癌モデルマウスの病態比較, 第29回日本消化器癌発生学会総会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 長友 涼介, 福田 敦子, 清水 真祐子, 赤津 裕康, 常山 幸一, 井之上 浩一 : 2-ピコリルアミン誘導体化UHPLC-ESI-MS/MS法を用いた短鎖脂肪酸のマウス臓器分布解析, 日本薬学会第139年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 尾矢 剛志, 小川 博久, 大曲 勝久, 常山 幸一 : 非アルコール性脂肪肝炎モデルマウスにおける肝線維化発症とコレステロール貪食マクロファージの関連, 第108回日本病理学会総会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 大曲 勝久, 常山 幸一 : 線維化を伴いうる非アルコール性脂肪肝炎を呈する食事誘導モデルマウスの確立, 第73回日本栄養食糧学会大会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 福田 歩美, 佐々尾 真鈴, 浅川 惠理, 成田 純令, 久野 萌偉, 駿河 和仁, 清水 真祐子, 常山 幸一, 田中 一成, 大曲 勝久 : 高脂肪・高コレステロール(HFC)食を摂取したSDラットにおける非アルコール性脂肪肝炎(NASH)発症の検討, 第73回日本栄養食糧学会大会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 飯田 綾香, 甲斐 瑠衣子, 倉貫 早智, 清水 真祐子, 常山 幸一, 中村 強 : C57BL/6Jマウスを用いたNAFLD/NASH発症モデルの作製法の検討, 第73回日本栄養食糧学会大会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 常山 幸一, 清水 真祐子 : 免疫チェックポイント阻害薬による肝障害を来した4例の病理学的特徴, 第55回日本肝臓学会総会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 大曲 勝久, 常山 幸一 : 食餌摂取による高度な線維化を伴うNASHモデルマウスの開発, 第55回日本肝臓学会総会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 Ayaka Iida, Sachi Kuranuki, Ryoko Yamamoto, Masaya Uchida, Masanori Ohta, Mayuko Shimizu, Koichi Tsuneyama, Takayuki Masaki, Masataka Seike and Tsuyoshi Nakamura : Analysis of amino acid profiles of blood over time and biomarkers associated with non-alcoholic steatohepatitis in STAM mice., Experimental Animals, Vol.68, No.4, 417-428, 2019..[著者] ...
閲覧 常山 幸一, 清水 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小林 智子, 小川 博久, 西辻 和親, 山下 理子 : 肝臓病理所見のとり方とその解釈, 法医病理, Vol.25, No.1, 1-12, 2019年7月..[著者] ...
閲覧 Katsuhisa Omagari, Eri Asakawa, Marin Sasao, Sumire Narita, Mei Hisano, Ayumi Fukuda, Kazuhiro Suruga, Mayuko Shimizu and Koichi Tsuneyama : Age-related alterations of nonalcoholic steatohepatitis in Sprague-Dawley rats fed a high-fat and high-cholesterol diet., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.65, No.4, 349-356, 2019..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Takeshi Oya and Koichi Tsuneyama : Fibrogenesis of nonalcoholic steatohepatitis begins around cholesterol-laden macrophage in the experimental mouse model, UEG Week 2019, Barcelona, Oct. 2019..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Hirohisa Ogawa, Minoru Matsumoto and Koichi Tsuneyama : Establishment of a novel dietary-induced mouse model showing steatohepatitis with severe fibrosis, UEG Week 2019, Barcelona, Oct. 2019..[著者] ...
閲覧 Ayumi Fukuda, Marin Sasao, Eri Asakawa, Sumire Narita, Mei Hisano, Kazuhito Suruga, Mayuko Shimizu, Koichi Tsuneyama, Kazunari Tanaka and Katsuhisa Omagari : Dietary fat, cholesterol, and cholic acid affect the histopathologic severity of nonalcoholic steatohepatitis in Sprague-Dawley rats, Pathology, Research and Practice, Vol.215, No.11, 152599, 2019..[著者] ...
閲覧 常山 幸一, 清水 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小川 博久 : 自然発症メタボリックシンドローム-NASH-HCCモデルマウスにおけるプレバイオティクスによる腸内細菌叢への介入効果の検討, 第30回日本消化器癌発生学会総会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu and Koichi Tsuneyama : Fibrosis begins around lipid-phagocytic macrophages in high fat/cholesterol/cholate diet-induced nonalcoholic steatohepatitis model, The Liver Meeting 2019, Boston, Nov. 2019..[著者] ...
閲覧 Kanehiko Suwa, Takashi Yamaguchi, Katsunori Yoshida, Miki Murata, Mayuko Shimizu, Koichi Tsuneyama, Toshihito Seki and Kazuichi Okazaki : Smad Phospho-Isoforms for Hepatocellular Carcinoma Risk Assessment in Patients with Nonalcoholic Steatohepatitis., Cancers, Vol.12, No.2, 286, 2020..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 平 修, 松本 穣, 尾矢 剛志, 小川 博久, 常山 幸一 : NASH線維化肝におけるpathogen lipidsの同定, 第260回徳島医学会学術集会, 2020年2月..[著者] ...
閲覧 Atsuko Takai, Kentaro Kikuchi, Mayuko Shimizu, Koichi Tsuneyama, Yuki Moritoki, Kotaro Matsumoto, Hiromichi Tsunashima, Takeshi Onda, Noriyuki Kuniyoshi, Tomoyuki Nariyama, Sho Ohyatsu, Juri Kubota, Kozue Nagumo, Shinpei Sato, Masumi Hara and Hiroshi Miyakawa : Fructo-oligosaccharides ameliorate steatohepatitis, visceral adiposity, and associated chronic inflammation via increased production of short-chain fatty acids in a mouse model of non-alcoholic steatohepatitis., BMC Gastroenterology, Vol.20, No.1, 46, 2020..[著者] ...
閲覧 Takeo Minamikawa, Mayuko Shimizu, Hiroki Takanari, Shiomi Ryosuke, Kusaka Hiroki, Tanioka Hiroki, Eiji Hase, Takeshi Yasui and Koichi Tsuneyama : Molecular imaging analysis of accumulated fats in non-alcoholic steatohepatitis by Raman microscopy, Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2020 (APASL 2020), Bali, Indonesia, March 2020..[著者] ...
閲覧 Eiji Hase, Hiroki Takanari, Mayuko Shimizu, Hayashi Yuri, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui and Koichi Tsuneyama : Characterization of fibrosis in non-alcoholic steatohepatitis by use of second-harmonic-generation microscopy, Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2020 (APASL 2020), Bali, Indonesia, March 2020..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu and Koichi Tsuneyama : Phellodendron bark and its component berberine prevent nonalcoholic steatohepatitis-related fibrosis in mice, 29th Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL) 2020, Bali, March 2020..[著者] ...
閲覧 Omagari Katsuhisa, Suzuta Masako, Taniguchi Asami, Kuramoto Risa, Koyama Yuko, Suruga Kazuhito, Mayuko Shimizu and Koichi Tsuneyama : A non-obese, diet-induced animal model of nonalcoholic steatohepatitis in Wistar/ST rats compared to Sprague-Dawley rats, Clinical Nutrition Experimental, Vol.30, 1-14, 2020..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 山口 陸, 茶本 真愛, 尾崎 ゆい, 常山 幸一 : 実験モデル動物における抗菌外用薬による食物アレルゲンの経皮感作増強作用, 第74回日本栄養食糧学会大会, 2020年5月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 平 修, 松本 穣, 尾矢 剛志, 小川 博久, 常山 幸一 : イメージング質量分析によるNASH線維化肝で増加する脂質の同定, 第109回日本病理学会総会, 2020年7月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子 : 食で備える未知なる社会, 第3回COI学術交流会, 2020年7月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 大曲 勝久, 常山 幸一 : 実験的モデル動物作成に用いられる高脂肪・コレステロール食に含まれるコール酸のNASH病態形成への影響, 第56回日本肝臓学会総会, 2020年8月..[著者] ...
閲覧 Takeo Minamikawa, Mayuko Shimizu, Hiroki Takanari, Yuki Morimoto, Ryosuke Shiomi, Tanioka Hiroki, Eiji Hase, Takeshi Yasui and Koichi Tsuneyama : Molecular imaging analysis of microvesicular and macrovesicular lipid droplets in non-alcoholic fatty liver disease by Raman microscopy., Scientific Reports, Vol.10, No.1, 18548, 2020..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, 富永 俊弼 and Koichi Tsuneyama : A novel image analysis technology that can verify quantification and progress pattern of NASH fibrosis, The Liver Meeting 2020, Boston, Nov. 2020..[著者] ...
閲覧 長友 涼介, 福田 敦子, 清水 真祐子, 常山 幸一, 井之上 浩一 : 実験計画法を用いた高感度2-ピコリルアミン 誘導体化UHPLC-ESI-MS/MS法の開発: 血中短鎖脂肪酸測定への応用, 第31回クロマトグラフィー科学会議, 2020年11月..[著者] ...
閲覧 小林 由利恵, 竹内 紗里奈, 山下 理子, 常山 幸一, 清水 真祐子 : 骨髄膠様変性と相関する臨床検査値の統計学的研究, 徳島県臨床検査技師会誌, 19, 2020年12月..[著者] ...
閲覧 西田 憲生, 清水 真祐子, 常山 幸一, 赤池 雅史 : オンラインPBLチュートリアルの実施報告ならびにその効果と課題, 大学教育カンファレンスin徳島, 2021年1月..[著者] ...
閲覧 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真祐子, 森本 友樹, 髙成 広起, 塩見 涼介, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 : 非アルコール性脂肪肝炎の蓄積した脂肪に着目したラマン分光イメージング, LED総合フォーラム2021 in 徳島, P-14, 2021年2月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 富永 俊弼, 筒井 朱美 : NASH線維化の連続的数値による定量的評価のための新規画像解析法の開発, 肝臓, Vol.62, No.suppl.1, A132, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 小川 博久, 木内 華由, 清水 真祐子, 常山 幸一 : 喘息モデルにおける脳由来神経栄養因子(BDNF)の産生とその役割, 日本病理学会会誌, Vol.110, No.1, 291, (一社)日本病理学会, (都市), 2021年3月..[著者] ...
閲覧 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真祐子, 森本 友樹, 髙成 広起, 塩見 涼介, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 : 非アルコール性脂肪性肝炎診断に対するラマン顕微鏡法の適用可能性の検証計, 第68回応用物理学会春季学術講演会予稿集, 19a-Z04-9, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Katsuhisa Omagari, Michiko Yamashita and Koichi Tsuneyama : Development of a novel mouse model of diet-induced nonalcoholic steatohepatitis-related progressive bridging fibrosis., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.85, No.4, 941-947, 2021..[著者] ...
閲覧 宮崎 克己, 齋藤 裕, 清水 真祐子, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 徳田 和憲, 沖川 昌平, 山下 祥子, 常山 幸一, 島田 光生 : (題名), 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)における肝切除後肝再生機能不全に関する研究- 小胞体ストレス応答不全の観点より -, (巻), (号), (頁), 2021年4月..[著者] ...
閲覧 住田 智志, 清水 真祐子, 西條 康代, 松本 穣, 小川 博久, 尾矢 剛志, 坂東 良美, 上原 久典, 常山 幸一 : 膵内副脾発生類表皮嚢胞の発生機序・組織学的特徴に関する検討, 第110回日本病理学会総会, (巻), (号), (頁), 2021年4月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 遠藤 亜衣子, 石丸 漱一郎, 小島 拓海, 小川 博久, 常山 幸一 : モデル動物における食物アレルギーの経皮感作条件の検討, 第110回日本病理学会総会, 2021年4月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 平 修, 小川 博久, 常山 幸一 : 非アルコール性脂肪肝炎病態のリン脂質イメージング:病態形成における脳肝相関の可能性探索, 第69回質量分析総合討論会2021, 2021年5月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 富永 俊弼, 筒井 朱美 : NASH線維化の連続的数値による定量的評価のための新規画像解析法の開発, 第57回日本肝臓学会総会, 2021年6月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子 : 非アルコール性脂肪肝炎および脳機能障害における脂質の挙動, アグリバイオ, Vol.5, No.6, 521-525, 2021年6月..[著者] ...
閲覧 Katsuki Miyazaki, Yu Saitou, Mayuko Shimizu, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shin-ichiro Yamada, Kazunori Tokuda, Koichi Tsuneyama and Mitsuo Shimada : Endoplasmic reticulum stress response deficiency is a major cause of poor liver regeneration after hepatectomy in nonalcoholic steatohepatitis, 第33回日本肝胆膵外科学会学術集会, June 2021..[著者] ...
閲覧 宮崎 克己, 齋藤 裕, 清水 真祐子, 森根 裕二, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 常山 幸一, 島田 光生 : 小胞体ストレス応答に着目した非アルコール性脂肪肝炎の肝切除後肝再生/肝不全に関する研究, 第47回日本急性肝不全研究会, (巻), (号), (頁), 2021年6月..[著者] ...
閲覧 Yuki Morimoto, Takeshi Oya, Mayuko Shimizu, Minoru Matsumoto, Hirohisa Ogawa, Tomoko Kobayashi, Satoshi Sumida, Takumi Kakimoto, Michiko Yamashita, Chunmei Cheng and Koichi Tsuneyama : Applying Probe Electrospray Ionization Mass Spectrometry to Cytological Diagnosis: A Preliminary Study by Using Cultured Lung Cancer Cells., Acta Cytologica, Vol.65, No.5, 430-439, 2021..[著者] ...
閲覧 南川 丈夫, 清水 真祐子, 常山 幸一 : ラマン散乱分光法を用いた非アルコール性脂肪性肝疾患の分子構造イメージング解析, 第57回日本肝臓学会総会, 2021年6月..[著者] ...
閲覧 長友 涼介, 清水 真祐子, 常山 幸一, 石丸 直澄, 井之上 浩一 : 誘導体化LC-MS/MSによる網羅的短鎖脂肪酸解析: モデルマウス病態への応用, 第 6 回日本医用マススペクトル学会西部会, 2021年7月..[著者] ...
閲覧 Tomoko Kobayashi, Mayuko Shimizu, Takeshi Oya, Hirohisa Ogawa, Minoru Matsumoto, Yuki Morimoto, Satoshi Sumida, Takumi Kakimoto, Michiko Yamashita, Mitsuko Sutoh, Shunji Toyohara, Ryoji Hokao, Chunmei Cheng and Koichi Tsuneyama : Neonatal streptozotocin treatment rapidly causes different subtype of hepatocellular carcinoma without persistent hyperglycemia in 4CS mice fed on a normal diet., Pathology, Research and Practice, Vol.225, No.153559, 2021..[著者] ...
閲覧 西田 憲生, 清水 真祐子, 吾妻 雅彦, 常山 幸一, 赤池 雅史 : オンラインPBLチュートリアルの実施から見えてきた課題, 第53回日本医学教育学会大会, 2021年7月..[著者] ...
閲覧 菊池 健太郎, 松本 光太郎, 高井 敦子, 清水 真祐子, 守時 由起, 常山 幸一, 原 眞純, 宮川 浩 : 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と腸内細菌, 糖尿病·内分泌代謝科, Vol.53, No.3, 356-360, 2021年9月..[著者] ...
閲覧 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真祐子, 森本 友樹, 髙成 広起, 大西 湧太郎, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 : 表面増強ラマン散乱分光法を用いた非アルコール性脂肪肝疾患モデルの高感度ラマンイメージング, 第82回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 13a-N202-9, 2021年9月..[著者] ...
閲覧 小川 博久, 立花 尚太郎, 清水 真祐子, 常山 幸一 : リゾフォスファチジン酸は慢性気管支喘息の気道リモデリング形成に関与する, 日本病理学会会誌, Vol.110, No.2, 98, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 柿本 拓海, 清水 真祐子, 小川 博久, 常山 幸一 : 非アルコール性脂肪性肝炎の診断におけるα-synuclein免疫組織化学染色の有用性, 日本病理学会会誌, Vol.110, No.2, 102, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 Kikuchi Kentaro, Matsumoto Kotaro, Takai Atsuko, Mayuko Shimizu, Moritoki Yuki, Koichi Tsuneyama and Hara Masumi : Fructo-oligosaccharides ameliorate steatohepatitis via increased production of short-chain fatty acids in mice, JSH International Liver Conference 2021, (都市), Oct. 2021..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 遠藤 亜衣子, 石丸 漱一郎, 常山 幸一 : 経皮感作によるエビアレルギーモデルマウスの確立と予防法の検討, 第54回 日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会 第7回 日本栄養改善学会 四国支部学術総会合同大会, 2021年10月..[著者] ...
閲覧 南川 丈夫, 清水 真祐子, 谷岡 弘規, 長谷 栄治, 森本 友樹, 髙成 広起, 安井 武史, 常山 幸一 : ラマン散乱分光法を用いた 非アルコール性脂肪性肝疾患の脂質分子構造イメージング解析, レーザ顕微鏡研究会第46回講演会, 2021年11月..[著者] ...
閲覧 柿本 拓海, 清水 真祐子, 小川 博久, 松本 穣, 尾矢 剛志, 常山 幸一 : ⾮アルコール性脂肪性肝炎の診断におけるα -synuclein 免疫組織化学染⾊の有⽤性, The 67th Autumn Annual Meeting of Japanese Society of Pathology, 2021年11月..[著者] ...
閲覧 長友 涼介, 清水 真祐子, 常山 幸一, 井之上 浩一 : 2-ピコリルアミン誘導体化LC-MS/MS法を用いた病態モデルマウス体液及び組織中短鎖脂肪酸の分析法開発, 第32回クロマトグラフィー科学会議, 2021年11月..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Takeshi Kageyama, Takeshi Oya, Hirohisa Ogawa, Minoru Matsumoto, Satoshi Sumida, Takumi Kakimoto, Yuko Miyakami, Ryosuke Nagatomo, Koichi Inoue, Chunmei Cheng and Koichi Tsuneyama : Verification of the Impact of Blood Glucose Level on Liver Carcinogenesis and the Efficacy of a Dietary Intervention in a Spontaneous Metabolic Syndrome Model, International Journal of Molecular Sciences, Vol.22, No.23, 12844, 2021..[著者] ...
閲覧 秦 耕太, 湯浅 凌雅, 竹内 紗里奈, 山下 理子, 尾矢 剛志, 常山 幸一, 清水 真祐子 : 骨髄膠様変性時,臨床検査値と造血幹細胞ニッチはどう変化しているか, 徳島県臨床検査技師会誌, 28, 2021年12月..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Yosuke Tsuchiyama, Yuki Morimoto, Minoru Matsumoto, Tomoko Kobayashi, Satoshi Sumida, Takumi Kakimoto, Takeshi Oya, Hirohisa Ogawa, Michiko Yamashita, Satoru Matsuda, Katsuhisa Omagari, Shu Taira and Koichi Tsuneyama : A novel mouse model of non-alcoholic steatohepatitis suggests that liver fibrosis initiates around lipid-laden macrophages, The American Journal of Pathology, Vol.192, No.1, 31-42, 2022..[著者] ...
閲覧 Katsuhisa Omagari, Miku Uchida, Yumeno Tagawa, Mizuki Yogo, Kae Inagaki, Ryoko Hongo, Shouhei Takeuchi, Kazuhito Suruga, Kazunori Koba, Mayuko Shimizu and Koichi Tsuneyama : Influence of Fasting Time on Serum and Hepatic Lipid Profiles in a Sprague-Dawley Rat Model of Nonalcoholic Steatohepatitis., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.68, No.5, 409-419, 2022..[著者] ...
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (頁), (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (頁), (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 清水 真祐子 : 新規 brain-liver axis モデルの報告:うつ病マウスにおける脂肪肝炎, COI学術交流会, 2022年2月..[著者] ...
閲覧 福田 歩美, 駿河 和仁, 古場 一哲, 清水 真祐子, 常山 幸一, 大曲 勝久 : 非アルコール性脂肪肝炎モデルラットにおける NAFLD activity scoreとFLIPアルゴリズムによる 組織学的評価の比較検討, 長崎県立大学看護栄養学部紀要, Vol.20, 121-128, 2022年..[著者] ...
閲覧 (種別) : 立花 尚太郎, 小川 博久, 清水 真祐子, 常山 幸一 : 慢性気管支喘息の気道リモデリングにおけるリゾホスファチジン酸受容体の役割, 日本病理学会会誌, Vol.111, No.1, 348, (一社)日本病理学会, (都市), 2022年3月..[著者] ...
閲覧 Takeo Minamikawa, Eiji Hase, Mayuko Shimizu, Yuki Morimoto, Akihiro Suzuki, Takeshi Yasui, Satoko Nakamura, Akemi Tsutsui, Koichi Takaguchi and Koichi Tsuneyama : Assessment of Ultra-Early-Stage Liver Fibrosis in Human Non-Alcoholic Fatty Liver Disease by Second-Harmonic Generation Microscopy., International Journal of Molecular Sciences, Vol.23, No.6, 3357, 2022..[著者] ...
閲覧 Hirohisa Ogawa, Masahiko Azuma, Aya Umeno, Mayuko Shimizu, Kazutoshi Murotomi, Yasukazu Yoshida, Yasuhiko Nishioka and Koichi Tsuneyama : Singlet oxygen -derived nerve growth factor exacerbates airway hyperresponsiveness in a mouse model of asthma with mixed inflammation., Allergology International, Vol.71, No.3, 395-404, 2022..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Soichiroh Ishimaru, Wai Yee Yan Christine, Takeo Minamikawa, Takaaki Tsunematsu, Aiko Endoh, Takumi Kojima, Minoru Matsumoto, Tomoko Kobayashi, Satoshi Sumida, Takumi Kakimoto, MIYAGAMI Yuko, Hirohisa Ogawa, Takeshi Oya and Koichi Tsuneyama : Establishment of an epicutaneously sensitized murine model of shellfish allergy and evaluation of skin condition by Raman microscopy., Applied Sciences, Vol.12, No.3566, 2022..[著者] ...
閲覧 松本 穣, 西條 康代, 清水 真祐子, 小川 博久, 常山 幸一, 松本 満, 尾矢 剛志 : 胸腺癌におけるAIRE発現と胸腺髄質上皮細胞との類似性, 日本病理学会会誌, Vol.111, No.1, 243, 2022年4月..[著者] ...
閲覧 石丸 漱一郎, 清水 真祐子, 小川 博久, 常山 幸一 : 経皮感作食物アレルギーモデル動物の皮膚の評価におけるラマン散乱顕微鏡の応用, 第111回日本病理学会総会, 2022年4月..[著者] ...
閲覧 中原 穂乃佳, 渡部 あすか, 清水 真祐子, 小川 博久, 常山 幸一 : NASHモデルマウスにおけるベルベリンによる肝線維化抑制効果の検討, 第111回日本病理学会総会, 2022年4月..[著者] ...
閲覧 Kenta Yagi, Yasutaka Sato, Satoshi Sakaguchi, Mitsuhiro Goda, Hirofumi Hamano, Fuka Aizawa, Mayuko Shimizu, Arisa Inoue-Hamano, Toshihide Nishimori, Masato Tagi, Marina Kanno, Rie Matsuoka-Ando, Toshihiko Yoshioka, Yoshiko Matstubara, Yuki Izawa-Ishizawa, Rieko Shimizu, Akinori Maruo, Yurika Kuniki, Yoshika Sakamoto, Sayuri Itobayashi, Yoshito Zamami, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa : A web-based survey of educational opportunities of medical professionals based on changes in conference design during the COVID-19 pandemic., Education and Information Technologies, Vol.27, 10371-10386, 2022..[著者] ...
閲覧 (種別) : Katsuki Miyazaki, Yu Saitou, Mayuko Shimizu, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shinichiro Yamada, Kazunori Tokuda, Yuji Morine, Koichi Tsuneyama and Mitsuo Shimada : Defective endoplasmic reticulum stress response via X box-binding protein 1 is a major cause of poor liver regeneration after partial hepatectomy in mice with non-alcoholic steatohepatitis., Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, Vol.29, No.12, 1241-1252, (発行所), (都市), April 2022..[著者] ...
閲覧 Takumi Kakimoto, Mayuko Shimizu, Koichi Tsuneyama, Minoru Matsumoto, Takeshi Oya, Hosokawa Masato and Koichi Tsuneyama : Accumulation of α-synuclein in hepatocytes in NASH liver and usefulness in pathological diagnosis, Digestive Disease Week 2022, (都市), May 2022..[著者] ...
閲覧 葛西 海智, 古澤 之裕, 多田 有希, 五十嵐 直哉, 渡辺 志朗, 藤坂 志帆, 戸邉 一之, 清水 真祐子, 常山 幸一, 長井 良憲 : 非アルコール性脂肪性肝炎の新規モデルマウス``3-Fマウス''における腸内細菌叢及び胆汁酸組成の解析, 第65回日本糖尿病学会年次学術集会, 2022年5月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子 : 肝線維化始発点を可視化する 新規NASHモデルマウスの作出, 第3回高齢化と生体恒常性研究会, 2022年5月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 常山 幸一 : リソソーム酸性リパーゼ欠損症および高脂肪・コレステロール・コール酸食誘導NASHモデルマウスの病理所見の近似性, 第58回肝臓学会総会, 2022年6月..[著者] ...
閲覧 多田 有希, 葛西 海智, 清水 真祐子, 常山 幸一, ⾧井 良憲 : 新規NASH モデルマウス``3-F マウス''における肝臓自然免疫系細胞サブセットの解析, 第43回日本炎症・再生医学会, 2022年7月..[著者] ...
閲覧 葛西 海智, 多田 有希, 五十嵐 直哉, 渡辺 志朗, 清水 真祐子, 常山 幸一, 古澤 之裕, ⾧井 良憲 : 新規NASH モデルマウス``3-F マウス''の炎症・線維性変化に与える抗生剤投与の影響, 第43回日本炎症・再生医学会, (巻), (号), (頁), 2022年7月..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, Shiro Watanabe, Yuka Kashirajima, Ami Nagatomo, Hitomi Wada, Koichi Tsuneyama and Katsuhisa Omagari : Dietary Cholic Acid Exacerbates Liver Fibrosis in NASH Model of Sprague-Dawley Rats Fed a High-Fat and High-Cholesterol Diet., International Journal of Molecular Sciences, Vol.23, No.16, (頁), 2022..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu : Characterization of skin conditions leading to sensitization, a pre-phase of food allergy: a mouse model study, The 8the Asian Congress of Dietetics, (都市), Aug. 2022..[著者] ...
閲覧 Ryosuke Nagatomo, Haruki Kaneko, Shihori Kamatsuki, Mayuko Shimizu, Naozumi Ishimaru, Koichi Tsuneyama and Koichi Inoue : Short-chain fatty acid profiling in biological samples from a mouse model of Sjögrens syndrome based on derivatized LC-MS/MS assay., Journal of Chromatography. B, Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences, Vol.1210, 123432, 2022..[著者] ...
閲覧 大西 湧太郎, 南川 丈夫, 是澤 秀紀, 忠政 飛太, 清水 真祐子, 森本 友樹, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 : ラマン顕微鏡を用いた非アルコール性脂肪性肝疾患における脂肪滴サイズと脂質分子物性の関係解析, 第83回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-C301-8, 2022年9月..[著者] ...
閲覧 Wenhua Shao, Orgil Jargalsaikhan, Mayuko Shimizu, Qinyi Cai, Hirohisa Ogawa, Yuko Miyakami, Kengo Atsumi, Mitsuru Tomita, Mitsuko Sutoh, Shunji Toyohara, Ryoji Hokao, Yasusei Kudo, Takeshi Oya and Koichi Tsuneyama : Spontaneous Occurrence of Various Types of Hepatocellular Adenoma in the Livers of Metabolic Syndrome-Associated Steatohepatitis Model TSOD Mice., International Journal of Molecular Sciences, Vol.23, No.19, (頁), 2022..[著者] ...
閲覧 小川 博久, 清水 真祐子, 佐藤 正大, 常山 幸一, 西岡 安彦 : リゾホスファチジン酸(LPA)はLPA1受容体を介して粘液細胞過形成を促進する, 第71回日本アレルギー学会学術大会, 2022年10月..[著者] ...
閲覧 Shinichiro Yamada, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Katsuki Miyazaki, Mayuko Shimizu, Koichi Tsuneyama and Mitsuo Shimada : Inhibitory effect of non-alcoholic steatohepatitis on colon cancer liver metastasis., EJSO - European Journal of Surgical Oncology, Vol.49, No.2, 410-415, 2022..[著者] ...
閲覧 Koichi Tsuneyama, Wenhua Shao, (著者) and Mayuko Shimizu : Various type of hepatocellular adenomas occurred spontaneously in the liver of metabolic syndrome-associated steatohepatitis model, TSOD mice, AASLD The Liver meeting 2022, (都市), Nov. 2022..[著者] ...
閲覧 玉木 智大, 南川 丈夫, 長谷 栄治, 清水 真祐子, 森本 友樹, 鈴木 昭浩, 安井 武史, 中村 聡子, 筒井 朱美, 高口 浩一, 常山 幸一 : SHG顕微鏡によるヒト非アルコール性脂肪性肝疾患の超早期肝線維化の評価, Optics and Photonics Japan 2022, 16pD4, 2022年11月..[著者] ...
閲覧 安丸 和樹, 南川 丈夫, 長谷 栄治, 清水 真祐子, 安井 武史, 常山 幸一 : 非アルコール性脂肪性肝疾患モデルマウスの肝臓に蓄積した脂肪滴のラマン・SHGイメージング, Optics and Photonics Japan 2022, 16pD5, 2022年11月..[著者] ...
閲覧 是澤 秀紀, 南川 丈夫, 大西 湧太郎, 忠政 飛太, 清水 真祐子, 森本 友樹, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 : ラマン顕微鏡による非アルコール性脂肪性肝疾患における脂肪滴の解析, Optics and Photonics Japan 2022, 16pD6, 2022年11月..[著者] ...
閲覧 安丸 和樹, 南川 丈夫, 長谷 栄治, 清水 真祐子, 安井 武史, 常山 幸一 : 非アルコール性脂肪性肝疾患の肝臓中に蓄積した脂肪滴の分光学的観察, 第7回フォトニクスワークショップ, 1-P-8, 2022年11月..[著者] ...
閲覧 玉木 智大, 南川 丈夫, 長谷 栄治, 清水 真祐子, 森本 友樹, 鈴木 昭浩, 安井 武史, 中村 聡子, 筒井 朱美, 高口 浩一, 常山 幸一 : SHG 顕微鏡によるヒト非アルコール性脂肪性肝疾患の超早期肝線維化の評価, 第7回フォトニクスワークショップ, 1-P-12, 2022年11月..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子 : 経皮感作による食物アレルギー, 日本バイオマテリアル学会, 2022年12月..[著者] ...
閲覧 Shinichiro Yamada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Mayuko Shimizu, Koichi Tsuneyama, Mitsue Nishiyama, Shiori Ishizawa and Mitsuo Shimada : Effect of daikenchuto (TU-100) on carcinogenesis in non-alcoholic steatohepatitis., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.70, No.1.2, 66-73, 2023..[著者] ...
閲覧 Satoshi Sumida, Mayuko Shimizu, Yuko Miyakami, Takumi Kakimoto, Tomoko Kobayashi, Yasuyo Saijo, Minoru Matsumoto, Hirohisa Ogawa, Takeshi Oya, Yoshimi Bando, Hisanori Uehara, Shu Taira, Mitsuo Shimada and Koichi Tsuneyama : Histological and immunohistochemical analysis of epithelial cells in epidermoid cysts in intrapancreatic accessory spleen., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.70, No.1.2, 251-259, 2023..[著者] ...
閲覧 玉木 智大, 南川 丈夫, 長谷 栄治, 清水 真祐子, 森本 友樹, 鈴木 昭浩, 安井 武史, 中村 聡子, 筒井 朱美, 高口 浩一, 常山 幸一 : ヒト非アルコール性脂肪性肝疾患における超早期肝線維化のSHG 偏光顕微鏡解析, 次世代光フォーラム2023 in 徳島, P-12, 2023年2月..[著者] ...
閲覧 Kaichi Kasai, Naoya Igarashi, Yuki Tada, Koudai Kani, Shun Takano, Tsutomu Yanagibashi, Fumitake Usui-Kawanishi, Shiho Fujisaka, Shiro Watanabe, Mayuko Shimizu, Kiyoshi Takatsu, Kazuyuki Tobe, Koichi Tsuneyama, Yukihiro Furusawa and Yoshinori Nagai : Impact of Vancomycin Treatment and Gut Microbiota on Bile Acid Metabolism and the Development of Non-Alcoholic Steatohepatitis in Mice., International Journal of Molecular Sciences, Vol.24, No.4, 2023..[著者] ...
閲覧 Miyakami Yuko, Mayuko Shimizu, Yoshimura Kentaro, Tsutsui Akemi and Koichi Tsuneyama : ESTABLISHMENT of EARLY FIBROSIS MARKER in NASH USING SERUM PHOSPHOLIPIDS, APASL2023, (都市), Feb. 2023..[著者] ...
閲覧 Kazuki Yasumaru, Mayuko Shimizu, Eiji Hase, Takeshi Yasui, Koichi Tsuneyama and Takeo Minamikawa : Raman and SHG spectroscopic analyses of lipid droplets accumulated in the liver of a mouse model of nonalcoholic fatty liver disease, pLED International symposium 2023: Exploring Invisible Light Technology, P-11, Tokushima, March 2023..[著者] ...
閲覧 Minoru Matsumoto, Takuya Ohmura, Yuto Hanibuchi, Mayuko Shimizu, Yasuyo Saijo, Hirohisa Ogawa, Ryuichiro Miyazawa, Junko Morimoto, Koichi Tsuneyama, Mitsuru Matsumoto and Takeshi Oya : AIRE illuminates the feature of medullary thymic epithelial cells in thymic carcinoma., Cancer Medicine, (巻), (号), (頁), 2023..[著者] ...
閲覧 Maho Yamashita, Akira Honda, Shin Shimoyama, Masahiro Umemura, Kazuyoshi Ohta, Takeshi Chida, Hidenao Noritake, Nobuhito Kurono, Mayuko Shimizu, Koichi Tsuneyama, Teruo Miyazaki, Atsushi Tanaka, C Patrick S Leung, Eric M Gershwin, Takafumi Suda and Kazuhito Kawata : Breach of tolerance versus burden of bile acids: Resolving the conundrum in the immunopathogenesis and natural history of primary biliary cholangitis., Journal of Autoimmunity, Vol.136, No.103027, 2023..[著者] ...
閲覧 清水 真祐子, 南川 丈夫, 長谷 栄治, 筒井 朱美, 小川 博久, 常山 幸一 : 肝組織を用いたNASH病態評価の新しい試み, 第112回日本病理学会総会, 2023年4月..[著者] ...
閲覧 Yuko Miyakami, Takeo Minamikawa, Hirohisa Ogawa, Mayuko Shimizu and Koichi Tsuneyama : Definitive Confirmation of Erythropoietic Protoporphyria via Re-biopsy Three Years After Initial Liver Biopsy at Age 15., Curēus, Vol.15, No.4, e38017, 2023..[著者] ...
閲覧 Koudai Kani, Kaichi Kasai, Yuki Tada, Riko Ishibashi, Shun Takano, Naoya Igarashi, Mayuko Shimizu, Koichi Tsuneyama, Yukihiro Furusawa and Yoshinori Nagai : The innate immune receptor RP105 promotes metabolic syndrome by altering gut microbiota composition and intestinal barrier function., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.664, 77-85, 2023..[著者] ...
閲覧 Takumi Kakimoto, Masato Hosokawa, Mayuko Shimizu, Hirohisa Ogawa, Yuko Miyakami, Satoshi Sumida and Koichi Tsuneyama : Accumulation of α-synuclein in hepatocytes in nonalcoholic steatohepatitis and its usefulness in pathological diagnosis., Pathology, Research and Practice, Vol.247, (号), 154525, 2023..[著者] ...
閲覧 Mayuko Shimizu, M Kojima, M Miyata, S Suzuki and Koichi Tsuneyama : Brain-derived neurotrophic factor knock-out mice develop nonalcoholic steatohepatitis, EASL, (都市), June 2023..[著者] ...
閲覧 玉木 智大, 南川 丈夫, 長谷 栄治, 清水 真祐子, 森本 友樹, 鈴木 昭浩, 安井 武史, 中村 聡子, 筒井 朱美, 高口 浩一, 常山 幸一 : ヒト非アルコール性脂肪性肝疾患における超早期肝線維化のSHG偏光顕微鏡解析, 第84回応用物理学会秋季学術講演会, 20p-A305-13, 2023年9月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 2.01, Max(EID) = 405255, Max(EOID) = 1099163.