『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 田中 宏典 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.安全管理部])

登録情報の数

有効な情報: 53件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 53件

全ての有効な情報 (53件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(53)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Tadahiko Nakagawa, Yoshifumi Takaoka, Hironori Tanaka, Kumiko Tanaka, Tetsuji Takayama, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Yohsuke Kinouchi, Toru Murashima, Satoru Yamaji, Zenji Tanaka, Masahiro Sogabe and Toshiya Okahisa : Roller Pump Circulation System For Preventing Filter Clogging During Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy (cart)., The 61th Annual Conference of American Society for Artificial Internal Organs(ASAIO), Chicago, June 2015..[著者] ...
閲覧 田中 大基, 谷 直也, 武原 正典, 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 中川 忠彦, 高山 哲治, 河野 正樹, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 : 模擬腹水を用いた胸腹水濾過濃縮装置の評価・教育システムの構築, 第53回日本人工臓器学会大会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 宇山 真由, 曽我部 正弘, 平田 光里, 中川 忠彦, 福家 慧, 寺前 智史, 藤本 大策, 田中 宏典, 三井 康裕, 北村 晋志, 岡本 耕一, 高山 哲治, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 片島 るみ, 岡久 稔也 : 模擬腹水による胸腹水濾過濃縮再静注法の教育体制の構築, 第37回日本アフェレシス学会学術大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 村山 典聡, 岡本 耕一, 中川 忠彦, 木村 哲夫, 谷口 達哉, 田中 宏典, 佐藤 康史, 六車 直樹, 常山 幸一, 藤盛 孝博, 高山 哲治 : miR-144-3p/miR-451a はPTEN/p19 を抑制することにより直腸カルチノイド(NET-G1)の浸潤・転移に関与する., 第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 中川 忠彦, 棚橋 俊仁, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 谷口 達哉, 村山 典聡, 田中 宏典, 坂東 良美, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 : ヒストン脱メチル化酵素JMJD2Aは切除不能進行胃癌において CCDC8の発現を調節することで薬剤感受性を制御している., 第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 Rie Harada, Masako Kimura, Yasushi Sato, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Naoki Muguruma, Hirohiko Shinomiya, Hirohito Honda, Issei Imoto, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama : APOB codon 4311 polymorphism is associated with hepatitis C virus infection through altered lipid metabolism., BMC Gastroenterology, Vol.18, No.1, 24, 2018..[著者] ...
閲覧 田中 宏典, 友成 哲, 高山 哲治 : 肝細胞癌に対するミリプラチン併用化学放射線療法の検討., 第54回日本肝臓学会総会, 2018年6月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 新居 徹, 津保 友香, 宮本 佳彦, 田中 宏典, 田中 貴大, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 曽我部 正弘, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 : 集学的治療奏功例を含む進行肝癌に対するRegorafenibの初期治療成績., 第54回日本肝癌研究会, 2018年6月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 宮本 佳彦, 田中 宏典, 田中 貴大, 高山 哲治 : 集学的治療奏功例を含む進行肝癌に対する Regorafenib の初期治療成績., 第18回日本肝がん分子標的治療研究会, 2018年7月..[著者] ...
閲覧 中川 忠彦, 棚橋 俊仁, 宮本 佳彦, 武原 正典, 村山 典聡, 田中 宏典, 三好 人正, 谷口 達哉, 坂東 良美, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 : ヒストン脱メチル化酵素JMJD2Aは切除不能進行胃癌においてCCDC8の発現調節を介して抗癌剤感受性を制御する., 第77回日本癌学会学術総会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiko Miyamoto, Hironori Tanaka, Jun Okazaki, Yasuyuki Okada, Tatsuya Taniguchi, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama : Molecular imaging of colorectal tumor targeting epidermal growth factor receptor (EGFR)., 第77回日本癌学会学術集会, Sep. 2018..[著者] ...
閲覧 Jun Okazaki, Toshihito Tanahashi, Hironori Tanaka, Yasuyuki Okada, Yoshihiko Miyamoto, Jinsei Miyoshi, Tatsuya Taniguchi, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama : miR-296-5p inhibits apoptosis and enhances invasion through the down-regulated BOK in unresectable pancreatic cancer., 第77回日本癌学会学術集会, Sep. 2018..[著者] ...
閲覧 田中 宏典, 友成 哲, 高山 哲治 : MR Elastographyによる食道胃静脈瘤の治療適応評価., 第26回日本消化器関連学会週間, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 高山 哲治 : 肝細胞癌に対する肝動脈塞栓術併用Emprint Ablation Systemの治療成績., 第42回日本肝臓学会東部会, 2018年12月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 貴大, 田中 宏典, 高山 哲治 : 切除不能進行肝癌におけるレンバチニブの治療成績., 株式会社 アークメディア, (都市), 2019年1月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 田中 貴大, 高山 哲治 : 実臨床におけるLenvatinibの使用経験, 第19回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年1月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 貴大, 田中 宏典, 高山 哲治 : 切除不能進行肝癌に対する分子標的治療薬の有害事象プロファイル―Sorafenib, Regorafenib, Lenvatinibの比較―, 第19回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年1月..[著者] ...
閲覧 Hironori Tanaka, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Akihiro Hirao, Fumika Nakamura, Kumiko Tanaka, Koichi Okamoto, Yasushi Sato, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama : Therapeutic efficacy of chemoradiotherapy with Miriplatin for hepatocellular carcinoma., digestive disease week2019, San Diego, May 2019..[著者] ...
閲覧 田中 宏典, 友成 哲, 高山 哲治 : 免疫チェックポイント阻害薬による肝胆道障害の検討., 第55回日本肝臓学会総会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 山本 加奈子, 田中 宏典, 高山 哲治 : 食道静脈瘤高危険群の拾い上げにおけるMR Elastographyの有用性., 第55回日本肝臓学会総会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 junji nishioka, T Komatsu, S Kobayashi, Y Ohnishi, M Fukuhara, Hironori Tanaka, Tetsu Tomonari, Tetsuji Takayama, Masahiro Sogabe and Toshiya Okahisa : Development of Multiple Point Bowel-sound Analysis System (MPBAS) for the Optimization of the Bowel Sound Measurement Position., The 65th Annual Conference of American Society for Artificial Internal Organs (ASAIO), San Francisco, June 2019..[著者] ...
閲覧 Naoki Igata, J nishioka, T Komatsu, S Kobayashi, Y Ohnishi, M Fukuhara, Hironori Tanaka, Tetsu Tomonari, Tetsuji Takayama, Masahiro Sogabe and Toshiya Okahisa : Drainage with Normal Saline in Two Directions for Washing of the Clogging Filter During Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy., The 65th Annual Conference of American Society for Artificial Internal Organs (ASAIO), San Francisco, June 2019..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 田中 貴大, 高山 哲治 : 進行肝癌に対するレンバチニブの治療経過における肝予備能の推移., 日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 三好 人正, 村山 典聡, 寺前 智史, 宮本 佳彦, 田中 宏典, 岡田 泰行, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 貴大, 田中 久美子, 松村 圭一郎, 香川 美和子, 友成 哲, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 : 直腸NETのmicroRNA網羅的発現解析を用いた転移機序の解明と新規転移予測バイオマーカーの探索., 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2019年7月..[著者] ...
閲覧 Hironori Tanaka, Koichi Okamoto, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, Yasuhiro Mitsui, Fumika Nakamura, Jinsei Miyoshi, Yasuteru Fujino, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama : Therapeutic efficacy of miriplatin in combination with radiotherapy for advanced hepatocellular carcinoma., 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, July 2019..[著者] ...
閲覧 Naoki Muguruma, Fujimoto Daisaku, Yasuteru Fujino, Kashihara Takanori, Kazuyoshi Noda, Fukuya Akira, Takehara Masanori, Hirao Akihiro, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari and Tetsuji Takayama : Linked Color Imaging System in the Endoscopic Detection of Sessile Serrated Adenoma/Polyp, Korea International Digestive Endoscopy Congress 2019, (都市), Aug. 2019..[著者] ...
閲覧 yoshihiko miyamoto, Naoki Muguruma, yasuyuki okada, Hironori Tanaka, Jun Okazaki, Koichi Okamoto, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama : EGFR-targeted molecular imaging for detection and treatment evaluation of colorectal tumors in animal model., 第78回日本癌学会学術総会, Sep. 2019..[著者] ...
閲覧 田中 宏典, 友成 哲, 高山 哲治 : 免疫チェックポイント阻害薬による肝障害―作用機序との関連についてー., JDDW2019(第27回日本消化器関連学会週間), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 高山 哲治 : 進行肝癌におけるレンバチニブの最適な投与タイミングの検討., JDDW2019(第27回日本消化器関連学会週間), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 大浦 雅博, 賀川 久美子, 曽我部 公子, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 高山 哲治, 原田 武志, 安倍 正博 : 同種造血幹細胞移植後のHBV再活性化の単施設後方視的検討, 四国医学雑誌, Vol.75, No.5-6, 171-178, 徳島医学会, (都市), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 田中 貴大, 谷口 達哉, 齋藤 裕, 居村 暁, 島田 光生, 高山 哲治 : 進行肝癌におけるLenvatinibを用いたConversion Therapyの可能性―肝切除, Microwave ablation, 肝動脈塞栓術による追加治療の検討―., 第21回日本肝がん分子標的治療研究会, 2020年1月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Sato, Tetsu Tomonari, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Hirao Akihiro, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Kagiwada Harumi, Kitazawa Masashi, Fukui Kazuhiko, Horimoto Katsuhisa and Tetsuji Takayama : Potential use of lenvatinib for patients with unresectable hepatocellular carcinoma beyond progression of sorafenib treatment: A real-world evidence and in vitro assessment with protein phosphorylation array, ASCO Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI 2020), San Francisco, Jan. 2020..[著者] ...
閲覧 Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Akira Fukuya, Kaizoh Kagemoto, Yasuyuki Okada, Yuka Adachi, Takeshi Kurihara, Toru Nii, Satoshi Teramae, Hironori Tanaka, Tetsu Tomonari, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Masahiko Nakasono and Tetsuji Takayama : Effects of audio and visual distraction on patients' vital signs and tolerance during esophagogastroduodenoscopy: a randomized controlled trial., BMC Gastroenterology, Vol.20, No.1, 122, 2020..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Akihiro Hirao, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Harumi Kagiwada, Masashi Kitazawa, Kazuhiro Fukui, Ktsuhisa Horimoto and Tetsuji Takayama : Potential use of lenvatinib for patients with unresectable hepatocellular carcinoma including after treatment with sorafenib: Real-world evidence and in vitro assessment via protein phosphorylation array., Oncotarget, Vol.11, No.26, 2531-2542, 2020..[著者] ...
閲覧 Hironori Tanaka, Koichi Okamoto, Yasushi Sato, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Fumika Nakamura, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Akinori Morita, Hitoshi Ikushima and Tetsuji Takayama : Synergistic anti-tumor activity of miriplatin and radiation through PUMA-mediated apoptosis in hepatocellular carcinoma., Journal of Gastroenterology, Vol.55, No.11, 1072-1086, 2020..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Masahiro Sogabe, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama : Sorafenib as second-line treatment option after failure of lenvatinib in patients with unresectable hepatocellular carcinoma, JGH Open, Vol.4, No.6, 1135-1139, 2020..[著者] ...
閲覧 Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Takeshi Kurihara, Masanori Takehara, Kaizoh Kagemoto, Jun Okazaki, Yoshifumi Kida, Akihiro Hirao, Hironori Tanaka, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Masahiro Nakasono and Tetsuji Takayama : Differences among patients with and without nonalcoholic fatty liver disease having elevated alanine aminotransferase levels at various stages of metabolic syndrome., PLoS ONE, Vol.15, No.8, e0238388, 2020..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Masahiro Sogabe, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Yu Saitou, Satoru Imura, Yoshimi Bando, Mitsuo Shimada and Tetsuji Takayama : Conversion therapy for unresectable hepatocellular carcinoma after lenvatinib Three case reports., Medicine, Vol.99, No.42, e22782, 2020..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 高山 哲治 : 切除不能進行肝癌におけるLenvatinibを用いたConversion therapyの治療成績., 第28回消化器関連学会週間(JDDW2020), 2020年11月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 田中 貴大, 高山 哲治 : 切除不能進行肝癌に対するLenvatinib治療後のSorafenib, Ramucirumabの治療成績., 第22回日本肝がん分子標的治療研究会, 2020年11月..[著者] ...
閲覧 折野 逸人, 内藤 伸仁, 内藤 仁美, 髙橋 直希, 田中 宏典, 佐藤 正大, 河野 弘, 上原 久典, 軒原 浩, 高山 哲治, 西岡 安彦 : 肝肺症候群に進展したサルコイドーシスの1例, 第64回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2020年11月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 高山 哲治 : 悪性肝腫瘍に対するEmprint Ablation Systemの治療成績-多血肝細胞癌の肝動脈塞栓術併用療法を中心にー, 第56回日本肝癌研究会, 2020年12月..[著者] ...
閲覧 Hironori Tanaka, Yoshihito Saijyo, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Shusuke Yagi, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Masahiro Sogabe, Yasushi Sato, Naoki Muguruma, Koichi Tsuneyama, Masataka Sata and Tetsuji Takayama : An Adult Case of Congenital Extrahepatic Portosystemic Shunt Successfully Treated with Balloon-occluded Retrograde Transvenous Obliteration, Internal Medicine, Vol.60, No.12, 1839-1845, 2021..[著者] ...
閲覧 田中 宏典, 高山 哲治 : 肝細胞癌に対するミリプラチン併用化学放射線療法の検討., 第39回Cytoprotection研究会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Joji Tani, Akira Hirose, Chikara Ogawa, Akihiro Morishita, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Kazushige Uchida, Tsutomu Masaki and Tetsuji Takayama : Comparison of therapeutic outcomes of Sorafenib and Lenvatinib as primary treatments for hepatocellular carcinoma with a focus on molecular-targeted agent sequential therapy: A propensity score-matched analysis., Hepatology Research, Vol.51, No.4, 472-481, 2021..[著者] ...
閲覧 田中 宏典, 友成 哲, 高山 哲治 : 高リスク食道胃静脈瘤の評価におけるMR Elastographyの有用性., 第107回日本消化器病学会総会, 2021年4月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 高山 哲治 : 切除不能肝癌に対するアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法の薬物療法既治療例を含む初期治療成績., 第57回日本肝臓学会総会, 2021年6月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 高山 哲治 : Intermediate-stage肝癌に対するLenvatinibを用いた治療戦略., 第57回日本肝癌研究会, 2021年7月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 谷 丈二, 田中 宏典, 田中 貴大, 谷口 達哉, 森下 朝弘, 正木 勉, 高山 哲治 : 薬物療法既治療例を含む切除不能肝癌に対するアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法の初期治療成績., 第24回日本肝がん分子標的治療研究会, 2021年8月..[著者] ...
閲覧 溝渕 令, 田中 宏典, 谷 直也, 野田 和克, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 松浦 朋美, 佐田 政隆, 高山 哲治 : 超音波観察を併用することで安全に治療した高度腎機能低下を合併した猪瀬型肝性脳症の1例, 第263回徳島医学会学術集会, 2021年8月..[著者] ...
閲覧 Akihiro Hirao, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Kensei Nishida, Tetsu Tomonari, Misato Hirata, Masahiro Bando, Yoshifumi Kida, Takahiro Tanaka, Tomoyuki Kawaguchi, Hironori Wada, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Toshihito Tanahashi and Tetsuji Takayama : MiR-125b-5p is Involved in Sorafenib Resistance through Ataxin-1-Mediated Epithelial-Mesenchymal Transition in Hepatocellular Carcinoma., Cancers, Vol.13, No.19, 4917, 2021..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Takeshi Mitsuhashi, Akihiro Hirao, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama : Therapeutic efficacy of lenvatinib in nonviral unresectable hepatocellular carcinoma., JGH Open, Vol.online ahead of print, 2021..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 谷 丈二, 田中 宏典, 田中 貴大, 谷口 達哉, 森下 朝洋, 正木 勉, 高山 哲治 : 薬物療法既治療例を含む切除不能肝癌に対するアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法の初期治療成績., JDDW2021(第29回日本消化器医関連学会週間), 2021年11月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.13, Max(EID) = 383263, Max(EOID) = 1024353.