『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域 (2017年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 66件 + 無効な情報: 5件 = 全ての情報: 71件

全ての有効な情報 (66件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(66)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(66)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Quan Binh Cao Nguyen, Hideaki Takahashi, Yoshihiro Uto, MD Shahinozzaman, Shinkichi Tawata and Hiroshi Maruta : 1,2,3-Triazolyl ester of Ketorolac: A "Click Chemistry"-based highly potent PAK1-blocking cancer-killer., European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.126, 270-276, 2017..[組織] ...
閲覧 Tomohiro Osaki, Isao Sakata, Yoshihiro Uto, Kazuo Azuma, Yusuke Murahata, Takeshi Tsuka, Norihiko Itoh, Tomohiro Imagawa and Yoshiharu Okamoto : Photodynamic Therapy Mediated by a Novel Chlorin Derivative, TONS 501-Na, in EMT6 cells., Anticancer Research, Vol.37, No.4, 1723-1728, 2017..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 鈴木 拓磨, 勝占 華世, 楠橋 由貴, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 中馬 篤, 山中 信康 : 5-アミノレブリン酸を用いた超音波と温熱の併用による抗腫瘍活性の評価, 第7回ポルフィリンALA学会年会, 2017年4月..[組織] ...
閲覧 Hideaki Takahashi, Quan Binh Cao Nguyen, Yoshihiro Uto, Md Shahinozzaman, Shinkichi Tawata and Hiroshi Maruta : 1,2,3-Triazolyl esterization of PAK1-blocking propolis ingredients, artepillin C (ARC) and caffeic acid (CA), for boosting their anti-cancer/anti-PAK1 activities along with cell-permeability., Drug Discoveries & Therapeutics, Vol.11, No.2, 104-109, 2017..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : ウシ初乳タンパク質を用いたマクロファージ作用剤の開発と自己免疫疾患に対する臨床応用, 日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 勝占 華世, 楠橋 由貴, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 中馬 篤, 山中 信康 : 5-アミノレブリン酸と超音波の併用による 抗腫瘍効果の評価と作用機序の解析, 第70回日本酸化ストレス学会学術集会, 2017年6月..[組織] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Y Tatematsu, Y Kawaguchi, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Interactive Analysis of TX-1123 with Cyclo-oxygenase: Design of COX2 Selective TX Analogs., Anticancer Research, Vol.37, No.7, 3849-3854, 2017..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 井亀 沙紀, 桒田 依洋, 西川 諒平, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 久保 健太郎, 乾 利夫 : 血清糖タンパク質由来マクロファージ活性化剤の創製と免疫療法への応用研究, 比較統合医療学会第59回大会, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 元気で長生きするための自然免疫の活性化-血清MAFおよび初乳MAFの臨床研究, 第14回日本循環器看護学会学術集会, 2017年9月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 低酸素腫瘍細胞に対する平坦化フィルターフリービームの抗腫瘍活性における線量率効果, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 桒田 依洋, 井亀 沙紀, 西川 諒平, 井土 侑香, 遠藤 亮, 山田 久嗣, 田坂 徹, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿 : 低分子化ホエイプロテインのマクロファージ活性化能, 第21回バイオ治療法研究会, 2017年12月..[組織] ...
閲覧 金子 友子, 上﨑 里砂, 羽生 紋佳, 山田 久嗣, 宇都 義浩, 壽賀 正城, 山下 智弘, 沖本 智昭, 富永 正英 : 5-アミノレブリン酸およびその代謝物であるプロトポルフィリンⅨの炭素線増感作用, 第21回バイオ治療法研究会, 2017年12月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 井亀 沙紀, 桒田 依洋, 西川 諒平, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 久保 健太郎, 乾 利夫 : 糖タンパク質由来マクロファージ活性化剤MAFの開発, 比較統合医療学会第60回大会, 2017年12月..[組織] ...
閲覧 Mok-Ryeon Ahn, Ji-Yeon Bae, Da-Hye Jeong, Hideaki Takahashi, Yoshihiro Uto and Hiroshi Maruta : Both triazolyl ester of ketorolac (15K) and YM155 inhibit the embryonic angiogenesis in ovo (fertilized eggs) via their common PAK1-survivin/VEGF signaling pathway., Drug Discoveries & Therapeutics, Vol.11, No.6, 300-306, 2018..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 宮本 大輔, 上崎 里砂, 羽生 紋佳, 二若 真菜, 山田 久嗣 : 放射線増感作用の向上を目指したアセチルグルコース修飾Gefitinib誘導体の創製, 第20回癌治療増感研究シンポジウム, 2018年2月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 血清糖タンパク質由来マクロファージ活性化剤の創製と免疫療法への応用, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月..[組織] ...
閲覧 篠原 侑成, 芝 一休, 山田 久嗣, 遠藤 良夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 宇都 義浩 : 5-アミノレブリン酸を用いた光線力学治療ALA-PDTに対する増感剤TX-816の創製, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[組織] ...
閲覧 宮崎 豊久, 楠橋 由貴, 羽生 紋佳, 嶋田 宏輝, 山田 久嗣, 近藤 輝幸, 宇都 義浩 : 2-ニトロイミダゾール基を導入した新規ホスホリルコリンポリマーの合成と機能評価, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[組織] ...
閲覧 楠橋 由貴, 勝占 華世, 二若 真菜, 林 佑美, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 石塚 昌宏, 田中 徹, 山中 信康, 倉橋 司, 宇都 義浩 : アミノレブリン酸を用いた超音波療法に対する温熱の増強効果, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[組織] ...
閲覧 羽生 紋佳, 上﨑 里砂, 上島 一輝, 金子 友子, 山田 久嗣, 富永 正英, 壽賀 正城, 山下 智弘, 沖本 智昭, 宇都 義浩 : 5-アミノレブリン酸およびプロトポルフィリンⅨの炭素線増感作用, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[組織] ...
閲覧 遠藤 良夫, 宇都 義浩, 芝 一休, 篠原 侑成, 安部 千秋, 小幡 徹, 小倉 俊一郎, 米村 豊 : アミノレブリン酸を用いるがん光線力学的療法に対するシッフ塩基誘導体の感受性増強作用, 日本薬学会第138年会, 2018年3月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 勝占 華世, 楠橋 由貴, 山田 久嗣, 土屋 浩一郎, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 山中 信康, 倉橋 司 : ESR法を用いたALA-SDTの抗腫瘍作用機序の解析, 第8回ポルフィリン‐ALA学会年会, 2018年4月..[組織] ...
閲覧 BC Nguyen, SA Kim, SM Won, SK Park, Yoshihiro Uto and Hiroshi Maruta : 1,2,3-Triazolyl ester of ketorolac (15K): Boosting both heat-endurance and lifespan of C. elegans by down-regulating PAK1 at nM levels, Drug Discoveries & Therapeutics, Vol.12, No.2, 92-96, 2018..[組織] ...
閲覧 Tomohiro Osaki, Isao Sakata, Yoshihiro Uto, Masamichi Yamashita, Yusuke Murahata, Kazuo Azuma, Takeshi Tsuka, Norihiko Ito, Tomohiro Imagawa and Yoshiharu Okamoto : Effects of TONS504-photodynamic therapy on mouse mammary tumor cells, Oncology Letters, Vol.16, No.2, 2078-2084, 2018..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 前橋 克彦, 井土 侑香, 山田 久嗣, 田坂 徹, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿 : ウシ乳房炎に対する低分子化ホエイプロテインの治療効果, 比較統合医療学会第62回大会, 2018年11月..[組織] ...
閲覧 遠藤 良夫, 宇都 義浩, 篠原 侑成, 安部 千秋, 小幡 徹, 小倉 俊一郎, 米村 豊 : アミノレブリン酸を用いるがん光線力学的療法に対する新規シッフ塩基誘 導体の感受性増強作用, 日本薬学会第139年会, 2019年3月..[組織] ...
閲覧 Yota Jiho, Ryohsuke Kurihara, Kiyohiko Kawai, Hisatsugu Yamada, Yoshihiro Uto and Kazuhito Tanabe : Enzymatic activation of indolequinone-substituted 5-fluorodeoxyuridine prodrugs in hypoxic cells, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.29, No.11, 1304-1307, 2019..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 羽生 紋佳, 楠橋 由貴, 二若 真菜, 山田 久嗣, 富永 正英, 生島 仁史 : 医療用直線加速器の高線量率モードX線を増感する抗がん剤の探索, 第25回癌治療増感研究会, 2019年6月..[組織] ...
閲覧 Junya Iwasaki, Toshiharu Komori, Fumio Nakagawa, Hideki Nagase, Junji Uchida, Kenichi Matsuo and Yoshihiro Uto : Schlafen11 Expression Is Associated With the Antitumor Activity of Trabectedin in Human Sarcoma Cell Lines, Anticancer Research, Vol.39, No.7, 3553-3563, 2019..[組織] ...
閲覧 Masamitsu Ichihashi, Yoshitaka Nakamura, Masahiko Muto, Takahito Nishikata, Tosio Inui and Yoshihiro Uto : A case of chronic actinic dermatitis that responded completely to treatment with oral colostrummacrophageactivating factor (colostrumMAF), Photodermatology, Photoimmunology & Photomedicine, Vol.35, No.4, 290-292, 2019..[組織] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Atsushi Tabata, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Correlation Between Radiosensitizing Activity and the Stereo-structure of the TX-2036 Series of Molecules, Anticancer Research, Vol.39, No.8, 4479-4483, 2019..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 自己免疫疾患に対する免疫調節剤``初乳MAF''および水溶性藍粉末の研究開発, 第46回技術士会全国大会, 2019年10月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 発育鶏卵を用いたがんの創薬研究, 第69回日本薬学会関西支部総会・大会, 2019年10月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 低侵襲的がん治療法としての5-アミノレブリン酸を用いた超音波力学/温熱療法, 第40回日本レーザー医学会総会, 2019年10月..[組織] ...
閲覧 國枝 由香莉, 篠原 侑成, 田中 雄也, 山花 啓梨, 藤原 由莉, 山田 久嗣, 宇都 義浩 : アセチルグルコースを修飾した放射線増感作用を有する抗腫瘍剤の創薬研究, 日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[組織] ...
閲覧 岸田 理沙, 嶋田 宏輝, 山田 久嗣, 今井 宏彦, 宇都 義浩 : 双極性ポリマープローブの生体内粒子径解析に向けた多重共鳴拡散 NMR の利用, 日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[組織] ...
閲覧 坂東 康平, 小林 彩, 中川 千明, 山田 久嗣, 久保 健太郎, 乾 利夫, 宇都 義浩 : ヒト血清由来マクロファージ活性化因子GcMAFの免疫調節作用に関する基礎および臨床研究, 日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[組織] ...
閲覧 小西 大輔, 二若 真菜, 藤原 由莉, 折村 奈美, 山田 久嗣, 富永 正英, 生島 仁史, 上原 久典, 大豆本 圭, 宇都 義浩 : 医療用直線加速器の高線量率モードX線に対するGemcitabineの増感効果, 日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[組織] ...
閲覧 藤原 由莉, 二若 真菜, 小西 大輔, 折村 奈美, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 宇都 義浩 : 乳がんに対するアミノレブリン酸を用いた超音波力学療法における温熱療法の増強作用, 日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto : Drug discovery of anticancer drugs using a developing chicken egg tumor model, The 2nf Asian Symposium on Cutting-edge Biotechnology and Chemistry, 北九州市, Dec. 2019..[組織] ...
閲覧 田坂 徹, 前橋 克彦, 井土 侑香, 山田 久嗣, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿, 宇都 義浩 : 低分子化ホエイプロテインを用いたウシ乳房炎に対する治療剤の開発, 第23回バイオ治療法研究会学術集会, 2019年12月..[組織] ...
閲覧 Hirari Yamahana, Takahisa Takino, Yoshio Endo, Hisatsugu Yamada, Takeshi Suzuki and Yoshihiro Uto : A novel celecoxib analog UTX-121 inhibits HT1080 cell invasion by modulating membrane-type 1 matrix metalloproteinase, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.521, No.1, 137-144, 2020..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 小西 大輔, 折村 奈美, 山田 久嗣, 富永 正英, 生島 仁史, 大豆本 圭, 上原 久典 : リニアックの FFFビームに対する新規増感剤の創製, 第22回癌治療増感シンポジウム, 2020年2月..[組織] ...
閲覧 篠原 侑成, 遠藤 良夫, 安部 千秋, 小幡 徹, 小倉 俊一郎, 米村 豊, 宇都 義浩 : 5-アミノレブリン酸を用いたがん光線力学療法における新規シッフ塩基の併用による増強作用, 第22回癌治療増感シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2020年2月..[組織] ...
閲覧 國枝 由香莉, 篠原 侑成, 田中 雄也, 山花 啓梨, 藤原 由莉, 山田 久嗣, 宇都 義浩 : 放射線増感ユニットであるアセチルグルコースを修飾したEGFR阻害剤Erlotinib誘導体の創製, 第22回癌治療増感シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2020年2月..[組織] ...
閲覧 Tohru Tasaka, Katsuhiko Maehashi, Hisatsugu Yamada, Akihiro Shirai, Hideki Unuma, Ken Tokunaga, Akio Hayakawa, Akiteru Go, Kikyo Go and Yoshihiro Uto : Therapeutic Effect and Mechanism of Action of Low-molecular-weight Whey Protein Capable of Activating Macrophages in Bovine Mastitis, Anticancer Research, Vol.40, No.8, 4701-4706, 2020..[組織] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Atsushi Tabata, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : Effect of Isomerization of TX-2036 Derivatives on the Interaction With Tyrosine Kinase Domain of EGF Receptor, Anticancer Research, Vol.40, No.8, 4675-4680, 2020..[組織] ...
閲覧 Hiroshi Sootome, Akihiro Miura, Norio Masuko, Takamasa Suzuki, Yoshihiro Uto and Hiroshi Hirai : Aurora A inhibitor TAS-119 enhances antitumor efficacy of taxanes in vitro and in vivo: preclinical studies as guidance for clinical development and trial design, Molecular Cancer Therapeutics, 2020..[組織] ...
閲覧 玉井 伸岳 : 脂質の安定性(PPC)ー圧力摂動ー, 丸善出版株式会社, (都市), 2020年8月..[組織] ...
閲覧 玉井 伸岳 : 脂質の安定性ー脂質ラフトー, 丸善出版株式会社, (都市), 2020年8月..[組織] ...
閲覧 篠原 侑成, 遠藤 良夫, 安部 千秋, 小幡 徹, 小倉 俊一郎, 米村 豊, 宇都 義浩 : 5-ALAを用いた光線力学療法における新規シッフ塩基併用による増強作用, 日本農芸化学会2020年度中四国支部大会, 2020年9月..[組織] ...
閲覧 玉井 伸岳 : 生体膜におけるステロールの役割:不均一構造と機能発現, , Vol.45, No.3, 213-220, 2020年9月..[組織] ...
閲覧 山花 啓梨, Takahisa Takino, Yoshio Endo, Takeshi Suzuki, 宇都 義浩 : Development of a Novel Celecoxib Derivative UTX-121 as an Antimetastatic Agent, 第79回日本癌学会学術総会, 2020年10月..[組織] ...
閲覧 篠原 侑成, Itasu Ninomiya, Yoshio Endo, Takahisa Takino, 宇都 義浩 : Development of a Novel Amiloride Derivative as a Na+/H+ exchanger 5 selective inhibitor, 第79回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2020年10月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 大豆本 圭, 福原 弥生, 上原 久典, 金山 博臣 : 発育鶏卵を用いた患者由来がんモデルの開発, 第24回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2020年10月..[組織] ...
閲覧 Shogo Abe, Misako Ueno, Mami Nishitani, Tetsuya Akamatsu, Takumi Sato, Marie Shimoda, Hiroki Kanaoka, Yoshitaka Nii, Hiroko Yamasaki and Keizo Yuasa : Citrus sudachi Peel Extract Suppresses Cell Proliferation and Promotes the Differentiation of Keratinocytes through Inhibition of the EGFR-ERK Signaling Pathway., Biomolecules, Vol.10, No.10, 1468, 2020..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 腫瘍移植鶏卵モデルを用いた癌の創薬研究とPDXモデルの開発, 患者由来がんモデル講演会2020, 2020年10月..[組織] ...
閲覧 Sayaka Doi, Mina Kawamura, Keisuke Oyama, Tetsuya Akamatsu, Mizuki Mizobuchi, Yasuo Oyama, Toshiya Masuda and Norio Kamemura : Bioactivity of alginetin, a caramelization product of pectin: Cytometric analysis of rat thymic lymphocytes using fluorescent probes., PLoS ONE, Vol.15, No.11, e0241290, 2020..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 大学研究者による大学発ベンチャーの創出, 産業医科大学令和2年度第1回知的財産セミナー, 2020年12月..[組織] ...
閲覧 田坂 徹, 井土 侑香, 小林 彩, 藤井 理, 山田 久嗣, 永尾 司, 永尾 公基, 永尾 侑士, 宇都 義浩 : 瞬芽ブドウ種子成分のアトピー性皮膚炎モデルマウスに対する改善効果, 第24回バイオ治療法研究会学術集会, 2020年12月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 井土 侑香, 山田 久嗣, 永尾 司, 呉 貴卿, 田坂 徹, 鵜沼 英樹, 呉 明輝 : 瞬芽ブドウ種子エキスiGS4000のアトピー性皮膚炎に対する基礎的検討, 第50回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会, 2020年12月..[組織] ...
閲覧 Hirari Yamahana, Yukari Kunieda, Masahide Tominaga, Hisatsugu Yamada and Yoshihiro Uto : Development of a novel acetyl glucose-modified gefitinib derivative to enhance the radiosensitizing effect, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.29, (号), 115889, 2021..[組織] ...
閲覧 Asada Tomonori, Takagi Daichi, Nakai Miyu, Abe Shogo and Keizo Yuasa : Secretory production of a camelid single-domain antibody (VHH, nanobody) by the Serratia marcescens Lip system in Escherichia coli., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.549, 105-112, 2021..[組織] ...
閲覧 Mika Nishida, Kenji Miyamoto, Shogo Abe, Maki Shimada, Yuki Shimizu, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : Natriuretic peptide receptor-C releases and activates guanine nucleotide-exchange factor H1 in a ligand-dependent manner., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.552, 9-16, 2021..[組織] ...
閲覧 佐藤 匠, 姚 陳娟, 長谷川 敬展, 吉村 弘, 赤松 徹也 : ラット唾液腺発生過程におけるサチライシン様前駆体蛋白質変換酵素PACE4の局在,第93回日本生化学会大会 2020/9/14(月)~16(水), (誌名), (巻), (号), (頁), (年月日)..[組織] ...
閲覧 佐藤 匠, 姚 陳娟, 長谷川 敬展, 吉村 弘, 赤松 徹也 : サチライシン様前駆体蛋白質変換酵素PACE4のラット顎下腺発生過程における局在,第62回歯科基礎医学会学術大会,2020/9/11(金)-10/9(金), (誌名), (巻), (号), (頁), (年月日)..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 4, LA = 0.61, Max(EID) = 382167, Max(EOID) = 1020884.