『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域 (2017年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 61件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 62件

全ての有効な情報 (61件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(61)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(61)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Tetsuya Yamamoto : Recent advances in understanding depression: multimodality approaches from the perspective of neuroimaging, epigenetics and machine learning, 31st International Congress of Psychology, Yokohama, July 2016..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 認知行動療法における神経科学的知見の応用可能性(大会企画シンポジウム), 日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム, (巻), (号), 27, 2016年10月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : ニューロイメージングを用いたうつ病の可視化と神経行動的介入方法の有用性(大会企画シンポジウム), 第59回日本脳循環代謝学会学術集会プログラム, 27, 2016年11月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : ニューロイメージングを用いたうつ病の可視化と神経行動的介入方法の有用性(招待講演), 脳循環代謝, Vol.28, No.2, 291-295, 2016年11月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : メンタルヘルス対策に役立つ脳科学研究(基調講演), 早稲田大学人間総合研究センター, 8, 2017年7月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : ニューロイメージングを用いたうつ病の可視化と神経行動的介入方法の有用性, 脳循環代謝, Vol.28, No.2, 291-295, 2017年..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : メンタルヘルスの理解と保持増進に寄与する脳科学(招待講演), 日本健康心理学会第30回記念大会プログラム, (巻), (号), 46, 2017年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 認知神経科学に基づく精神疾患の脳病態解明と介入方法の創出(公募シンポジウム), 日本心理学会第81回大会プログラム, (巻), (号), 39, 2017年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 科学技術は認知行動療法を拡張する(小講演), 日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム, 53, 2017年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 臨床応用を学ぶ : 神経認知療法・神経行動療法 (特集 もっと知りたいあなたのための認知行動療法ガイド) -- (神経科学), 臨床心理学, Vol.18, No.1, 45-47, 2018年1月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 神経認知療法ー神経科学は認知行動療法を増強するー, 認知療法研究, Vol.11, No.1, 13-22, 2018年3月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 神経科学から見た新たな健康アセスメントとその評価(大会企画シンポジウム), 日本健康心理学会第31回大会プログラム, (巻), (号), 42, 2018年6月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 心理学研究におけるビッグデータの活用方法(委員会企画シンポジウム), 日本健康心理学会第31回大会プログラム, 38-39, 2018年6月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也, Siegle Greg, 吉本 潤一郎 : fMRIと機械学習の活用によるうつ病の罹患経験の可視化, 第15回うつ病学会総会, 2018年7月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 第8章強迫症, 金子書房, 東京, 2018年8月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 認知療法の神経科学的基盤:作用機序の生物学的理解, 認知療法NEWS, 3-5, 2018年8月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 第10章抑うつ, 金子書房, 東京, 2018年8月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 科学技術を心理臨床実践に活用する(大会公募シンポジウム), 日本心理学会第82回大会プログラム, 2018年9月..[組織] ...
閲覧 Takanori Satoh, Mayumi YAMAMOTO and Shintaro Nakayama : Activities Supporting Fukushima in Japan for Seven Years, Towards the Sustainable Development, Proceedings of SUSTAINABILITY SEMINAR 2018: TOWARDS SUSTAINABLE SOCIETY, (巻), (号), 1-9, 2018..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 第16章 科学技術の適用と将来の動向, 金子書房, 東京, 2018年10月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 認知行動療法の実践に寄与する科学技術の応用方法(自主企画シンポジウム), 日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム, (巻), (号), 2018年10月..[組織] ...
閲覧 Tetsuya Yamamoto and Junichiro Yoshimoto : Artificial Intelligence-Based Approaches for Health Behavior Change, Association for Behavioral and Cognitive Therapies 52nd Annual Convention, Washington, D.C., Nov. 2018..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : Behavioral Intervention Technologies Enhance Psychological Assessments and Clinical Interventions, 関西医科大学大学院講座, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 心理臨床実践に活かす神経認知的アプローチとテクノロジー, 認知療法/認知行動療法セミナー, (巻), (号), (頁), 2018年12月..[組織] ...
閲覧 Thomas Gronwald, Bruna Velasques, Pedro Ribeiro, Sergio Machado, Eric Murillo-Rodríguez, Sebastian Ludyga, Tetsuya Yamamoto and Henning Budde : Increasing exercise's effect on mental health: Exercise intensity does matter., Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.115, No.51, E11890-E11891, 2018..[組織] ...
閲覧 Sergio Machado, Diogo Monteiro, João Moutão, Eric Murillo-Rodriguez, André Barciela Veras, Tetsuya Yamamoto and Luis Cid : Physical Exercise and Geriatric Depression: An Opinion, Revista Psicologia e Saúde, Vol.accepted, (号), (頁), 2019..[組織] ...
閲覧 Barbosa Nuno Rocha, Andreia Lemos, Carlos Campos, Susana Rocha, Tetsuya Yamamoto, Sérgio Machado and Eric Murillo-Rodriguez : Attachment Dimensions and Spatial Navigation in Female College Students: The Role of Comfort With Closeness and Confidence in Others., Frontiers in Psychology, Vol.10, 2019..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 条件づけ, 第1回 公認心理師試験問題解説, (巻), (号), 7, 2019年3月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 認知心理学, 第1回 公認心理師試験問題解説, (巻), (号), 83-84, 2019年3月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 心理物理学実験の測定方法, 第1回 公認心理師試験問題解説, (巻), (号), 85-86, 2019年3月..[組織] ...
閲覧 Murillo-Rodriguez Eric, Tetsuya Yamamoto, Veras Barciela André, Rocha Barbosa Nuno, Telles-Correira Diogo, Machado Sérgio, Monteiro Diogo, Budde Henning and Torterolo Pablo : 8. Sleep Disorders and Genes, Academic Press, Tokyo, March 2019..[組織] ...
閲覧 Eric Murillo-Rodríguez, Gloria Arankowsky-Sandoval, Aparecido Jorge Barros, Barbosa Nuno Rocha, Tetsuya Yamamoto, Sérgio Machado, Henning Budde, Diogo Telles-Correia, Diogo Monteiro, Luis Cid and Barciela André Veras : Sleep and Neurochemical Modulation by DZNep and GSK-J1: Potential Link With Histone Methylation Status., Frontiers in Neuroscience, Vol.13, 2019..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 今日からできる健康な脳機能の保ち方, いのち輝く, Vol.91, 6-9, 2019年5月..[組織] ...
閲覧 Higuera-Hernández Fernanda María, Reyes-Cuapio Elena, Gutiérrez-Mendoza Marissa, Budde Henning, Blanco-Centurión Carlos, Veras Barciela André, Rocha Barbosa Nuno, Tetsuya Yamamoto, Monteiro Diogo, Zaldívar-Rae Jaime, Aldana-Aranda Dalila, Machado Sérgio and Murillo-Rodríguez Eric : Blueberry intake included in hypocaloric diet decreases weight, glucose, cholesterol, triglycerides and adenosine levels in obese subjects, Journal of Functional Foods, Vol.60, (号), 103409, 2019..[組織] ...
閲覧 Tetsuya Yamamoto, Junichiro Yoshimoto, Sergio Machado and Murillo-Rodríguez Eric : Prediction of daily happiness using supervised learning of multimodal lifelog data, Revista Psicologia e Saúde, Vol.11, No.2, 145-152, 2019..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 個人に最適化されたうつ病再発兆候の早期発見技術の開発 ー心理・社会・生物学的データに対する機械学習法の適用 ー(学会奨励賞受賞講演), 第16回うつ病学会総会, (巻), (号), (頁), 2019年7月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 生物心理社会モデルに基づくうつ病の病態メカニズム(大会企画シンポジウム), 第16回うつ病学会総会 シンポジウム1「うつ病の心理的ケアー精神医学,心理学,宗教学の協働を考えるー」, (巻), (号), (頁), 2019年7月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也, 吉本 潤一郎 : 個人に最適化されたうつ病再発兆候の早期発見技術の開発 ー心理・社会・生物学的データに対する機械学習法の適用 ー, 第16回うつ病学会総会 ポスター発表, 2019年7月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : Promise of Clinical Application of Technology: Does it work?(自主企画シンポジウム), 日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム, (頁), 2019年8月..[組織] ...
閲覧 山下 裕子, 境 泉洋, 佐竹 昌之, 佐藤 裕, 山本 哲也 : 笑顔の知覚は抑うつ気分を緩和する―情動伝染が抑うつ傾向者の気分状態に及ぼす影響―, 日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム, (巻), (号), (頁), 2019年8月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 第1章-12 ストレスー脆弱性仮説, 認知行動療法事典, 30-31, 2019年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 第2章-14 バイオフィードバックの基礎研究, 認知行動療法事典, (巻), (号), 74-75, 2019年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 第13章-5 展望研究, 健康心理学事典, 604-605, 2019年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 第13章-15 司法・メディアなど社会的発信の職業倫理, 健康心理学事典, (巻), (号), 624-625, 2019年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 臨床心理情報学 ー情報技術を活用した臨床心理学研究法ー(大会公募シンポジウム), 日本心理学会第83回大会プログラム, (巻), (号), (頁), 2019年9月..[組織] ...
閲覧 山下 裕子, 境 泉洋, 佐竹 昌之, 佐藤 裕, 山本 哲也 : 表情模倣による情動伝染の生起過程についての検討, 日本心理学会第83回大会プログラム, 2019年9月..[組織] ...
閲覧 河原 剛, 佐藤 裕, 境 泉洋 : 社交不安が注意解放におけるバイアスへ与える影響-表情に着目して-, 日本心理学会第83回大会, (巻), (号), (頁), 2019年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 心を可視化・予測する心理情報学的アセスメント技術の開発(大会公募シンポジウム), 日本心理学会第83回大会プログラム, (巻), (号), (頁), 2019年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也, 吉本 潤一郎 : ネガティブ気分を生成する心的動態を可視化する ーネットワーク解析とデバイスを活用した心理情報学的アセスメント技術の開発ー, 日本心理学会第83回大会プログラム, (巻), (号), (頁), 2019年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : こころの弱さを可視化する, 渭水会会報, Vol.48, (号), 16, 2019年10月..[組織] ...
閲覧 河原 剛, 佐藤 裕, 境 泉洋 : 社交不安傾向者の表情に対する視線追跡の特徴, 中国四国心理学会第75回大会, 2019年10月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 9.感情及び人格, 第2回 公認心理師試験問題解説, (巻), (号), 80, 2020年3月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 7.知覚及び認知, 第2回 公認心理師試験問題解説, (巻), (号), 81-82, 2020年3月..[組織] ...
閲覧 Tsuyoshi Kawahara, Yutaka Sato and Motohiro Sakai : Attentional disengagement biases in social anxiety disorder, 10th International Congress of Cognitive Psychotherapy, Rome, June 2020..[組織] ...
閲覧 今井 健司, 石田 基広 : 病害防除試験におけるベイズ推論を用いた薬剤防除価の推定, 日本植物病理学会報, Vol.86, No.3, 197-198, 2020年..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 認知行動療法に寄与する心理情報学的アプローチの展開 (自主企画シンポジウム), 日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム, (巻), (号), (頁), 2020年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 機械学習アプローチ (自主企画シンポジウム), 日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム, (巻), (号), (頁), 2020年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 緊急事態宣言下における日本国民のメンタルヘルスの特徴, 「言説と情動」研究会, (巻), (号), (頁), 2020年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 情報技術を活用した心性の可視化・予測・制御, 『予測的符号化の原理による心性の創発と共有-認知科学・人文学・情報学の統合的研究-』研究集会, (巻), (号), (頁), 2020年9月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 情報通信技術を活用して心身の問題を解決する, 2020年度第12回脳科学クラスター・ミニリトリート, (巻), (号), (頁), 2021年2月..[組織] ...
閲覧 山本 哲也 : 機械学習の臨床応用ー心の脆弱性を理解するー, 徳島大学研究クラスターシンポジウム 脳・心・運動×機械学習・AI, (巻), (号), (頁), 2021年2月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.47, Max(EID) = 386164, Max(EOID) = 1046375.