『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.教養教育院 (2016年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 30件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 30件

全ての有効な情報 (30件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(30)
閲覧 閲覧 徳島県立城南高等学校 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(30)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 渡部 稔, 佐藤 高則, 大橋 眞 : 平成27年度全学共通教育授業方法等改善経費使用実績報告書, --- 基礎生物学実験 ---, (誌名), (巻), (号), 1, 徳島, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 板東 貴典, 戸田 祐次, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いた温度応答性ハ イブリッドゲルの合成, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月..[組織] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : トリペレナミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月..[組織] ...
閲覧 南川 慶二 : ティーチングポートフォリオの意義・効果, 平成28年度授業設計ワークショップ, (巻), (号), (頁), 2016年6月..[組織] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Yuji Toda, Takanori Bando, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Masami Tanaka and Jem-Kun Chen : Thermorheological Hydrogels Based on Polymer-clay Nanocomposite, 15th International Conference on Electrorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions, (巻), (号), Incheon, Korea, July 2016..[組織] ...
閲覧 南川 慶二 : 温度応答性ナノコンポジットゲルの粘弾性, エレクトロレオロジー研究会第36回例会, 2016年12月..[組織] ...
閲覧 佐藤 高則, 石田 啓祐, 小山 晋之, 久田 旭彦, 渡部 稔, 秋山 治彦, 三好 徳和 : 高校生向け課題研究研修会によるアクティブ・ラーニング型高大連携とFDへの展開, 平成28年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 28-29, 2016年12月..[組織] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 化学実験出張講義への外国人研究者・留学生の参加―グローバル化を目指した高大連携, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), 46-47, 2016年12月..[組織] ...
閲覧 久保田 祐歌, 南川 慶二, 上岡 麻衣子 : ティーチング・ポートフォリオ作成の意義と課題, --- 徳島大学ティーチング・ポートフォリオ作成WSを通して ---, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), 16-17, 2016年12月..[組織] ...
閲覧 佐藤 高則, 石田 啓祐, 小山 晋之, 久田 旭彦, 渡部 稔, 秋山 治彦, 三好 徳和 : 高校生向け課題研究研修会によるアクティブ・ラーニング型高大連携とFDへの展開, 平成28年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 28-29, 2016年..[組織] ...
閲覧 大橋 眞, 齊藤 隆仁 : 地域教育とグローバル教育の融合, --- 教養教育における体験型学習の取組 ---, 第65回 中国・四国地区大学教育研究会, (巻), (号), (頁), 2017年6月..[組織] ...
閲覧 Keiji Minagawa : Thermoresponsive polymer-clay nanocomposite hydrogels, Rheology Workshop Yonezawa 2017, July 2017..[組織] ...
閲覧 宮崎 隆義, 石川 榮作, 佐藤 征弥, 境 泉洋 : 平成28年度徳島大学総合科学部部局長裁量経費 総合科学部創生研究プロジェクト実践報告, --- モラエス顕彰による地方創生プロジェクト ---, 徳島大学地域科学研究, Vol.7, (号), 16-20, 徳島, 2017年12月..[組織] ...
閲覧 大橋 眞, 齊藤 隆仁 : 持続可能な社会に関する国際大学間連携教育, 平成29年度全学FD推進プログラム 徳島大学教育カンファレンスin徳島, (巻), (号), 40-41, 2018年1月..[組織] ...
閲覧 齊藤 隆仁 : 基礎物理学実験講義のFCIによる評価(2), 平成29年度全学FD推進プログラム 徳島大学教育カンファレンスin徳島, (巻), (号), p.-54-55, 2018年1月..[組織] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 光永 健二 : 学部生と大学院生のティーチングアシスタントチームによる高大院連携化学実験出張講義, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2018年1月..[組織] ...
閲覧 齊藤 隆仁 : LMSによる入学前学習の効果について, 第66回 中国・四国地区大学教育研究会, (巻), (号), (頁), 2018年6月..[組織] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Minoru Watanabe and Takahito Saito : Design of General/Basic Education Courses Utilizing Learning through Teaching at School Visit Programs, 7th Asian Conference on Engineering Education (ACEE2018), (巻), (号), (頁), Niigata, June 2018..[組織] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada : Science Communication Based Education Program for Graduate Students, 7th Asian Conference on Engineering Education (ACEE2018), (巻), (号), (頁), Niigata, June 2018..[組織] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 光永 健二 : 科学技術コミュニケーション科目による高大院連携およびグローバル教育の試行, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2018年12月..[組織] ...
閲覧 齊藤 隆仁 : LMSによる2018年入学前学習の効果, 平成30年度全学FD推進プログラム 徳島大学教育カンファレンスin徳島, (巻), (号), p.-26-27, 2018年12月..[組織] ...
閲覧 齊藤 隆仁 : 徳島大学における入学前学習の効果測定, 第25回 大学教育研究フォーラム, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[組織] ...
閲覧 南川 慶二 : 徳島とドイツを結ぶ音楽の架け橋, --- 100年の友愛の歴史を伝える「奇跡の楽団」 ---, 日本海水学会誌, Vol.73, No.3, 155, 2019年6月..[組織] ...
閲覧 Takanori Satoh, Narumi Maegawa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Yui Hamaji, Janlav Munkhtsetseg and Makoto Ohashi : Specific binding properties of Mongolian milk whey proteins to hydrophobic molecules as lipocalin, 3rd Global Summit on Nutritional Science & Food Chemistry(Nutritional Science-2019), (巻), (号), 57, Osaka, June 2019..[組織] ...
閲覧 Takanori Satoh, Kohei Okabe, Yuzuka Kimura, Ryoma Minani, Takuma Hayashi, Ganbat Orgilbayar, Logii Narantsetseg, Janlav Munkhtsetseg and Kenji Akiyoshi : Microbial phylogenetic analysis and exploration for thermophiles in Mongolian animal dungs, The 92nd Annual Meeting of the Japanese biochemical society,The Program and Abstracts, (巻), (号), (頁), Sep. 2019..[組織] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada : Thermoresponsive Polymer-Clay Nanocomposite Gels, International Conference on Colloid & Surface Science (Okinawa Colloids 2019), (巻), (号), Nago, Japan, Nov. 2019..[組織] ...
閲覧 南川 慶二 : プラスチックを題材とした環境リテラシー教育, --- 循環型社会を支える人材育成への取り組み ---, プラスチック成形加工学会秋季大会成形加工シンポジア'19, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[組織] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 教えることによる学びを活用した高大院連携実験出張講義の実践, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[組織] ...
閲覧 南川 慶二 : プラスチック環境問題を共通テーマとする多面的アクティブラーニング授業の試行, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[組織] ...
閲覧 南川 慶二 : ミニレポート相互閲覧を用いたオンデマンド型アクティブラーニングの試行, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2021年1月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.70, Max(EID) = 376406, Max(EOID) = 1008142.