『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 山田 久嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])

登録情報の数

有効な情報: 152件 + 無効な情報: 30件 = 全ての情報: 182件

全ての有効な情報 (152件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(37)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(37)
閲覧 (未定義) …(115)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 山田 久嗣, 俣野 善博, 野村 弾, 今堀 博 : 新規高原子価ビスマス酸化剤を用いたアルコールの酸化, 第83回日本化学会春季年会, 2003年3月..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 田邉 一仁, 八田 博司, 西本 清一 : ナフトキノン誘導体を導入した機能性DNAの合成とその光化学反応特性, 第84回日本化学会春季年会, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Matano, Teppei Hisanaga, Hisatsugu Yamada, Shingo Kusakabe, Hazumi Nomura and Hiroshi Imahori : Remarkable substituent effects on the oxidizing ability of triarylbismuth dichlorides in alcohol oxidation., The Journal of Organic Chemistry, Vol.69, No.25, 8676-8680, 2004..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-ichi Nishimoto : Detection of 5-methylcytosine in DNA by photo-functionalized oligodeoxynucleotides possessing 2-methyl-1,4-naphthoquinone chromophore., Nucleic Acids Symposium Series, No.49, 149-150, 2005..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-Ichi Nishimoto : Cleavage at 5-methylcytosine in DNA by photosensitized oxidation with 2-methyl-1,4-naphthoquinone tethered oligodeoxynucleotides., Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.15, No.3, 665-668, 2005..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 田邉 一仁, 西本 清一 : ナフトキノン部位をもつ光機能性核酸の合成と物性:5-メチルシトシン変異部位における光酸化的DNA切断, 第85回日本化学会春季年会, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-ichi Nishimoto : Detection of 5-Methylcytosine in DNA by Photo-Functionalized Oligodeoxynucleotides Possessing 2-Methyl-1,4-naphthoquinone Chromophore, 4th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Hakata, Japan, Sep. 2005..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-ichi Nishimoto : Detection of 5-Methylcytosine in DNA by Photo-Functionalized Oligodeoxynucleotides Possessing 2-Methyl-1,4-naphthoquinone Chromophore, Pacifichem 2005, Honolulu, HI, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-ichi Nishimoto : Sensitive discrimination between cytosine and 5-methylcytosine in DNA by a modified invader method., Nucleic Acids Symposium Series, No.50, 163-164, 2006..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 田邉 一仁, 西本 清一 : ナフトキノン部位を持つ光機能性核酸を利用したDNA内5-メチルシトシン塩基の検出, 第86回日本化学会春季年会, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-ichi Nishimoto : Photooxidative DNA Cleavage at 5-Methylcytosine by Naphthoquinone-Containing Oligodeoxynucleotides, XXIst IUPAC Symposium on Photochemistry, Kyoto, Japan, April 2006..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 田邉 一仁, 西本 清一 : DNA内5-メチルシトシン塩基検出に向けた光化学的アプローチ:ナフトキノン誘導体の光酸化反応を利用したメチルシトシン部位特異的なDNA切断, 2006年 光化学討論会, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 田邉 一仁, 西本 清一 : DNAメチル化検出に向けた光化学的アプローチ:ナフトキノン誘導体によるDNA内メチル化シトシン塩基の光酸化反応, 第21回生体機能関連化学シンポジウム 若手フォーラム, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-ichi Nishimoto : Sensitive Discrimination between Cytosine and 5-Methylcytosine in DNA by A Modified Invader Method, 33rd Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Nov. 2006..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-Ichi Nishimoto : Site-selective strand cleavage at methylated cytosine: regional effect of naphthoquinone chromophore on the one-electron photooxidation of 5-methylcytosine and positive charge transfer in DNA., Nucleic Acids Symposium Series, No.51, 219-220, 2007..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 田邉 一仁, 西本 清一 : DNA内メチル化シトシン塩基の光化学反応特性, 第87回日本化学会春季年会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 Kazuhito Tanabe, Hisatsugu Yamada and Sei-ichi Nishimoto : One-electron photooxidation and site-selective strand cleavage at 5-methylcytosine in DNA by sensitization with 2-methyl-1,4-naphthoquinone-tethered oligonucleotides., Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.25, 8034-8040, 2007..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-ichi Nishimoto : Evaluation of the Regional Effect of 2-Methyl-1,4-naphthoquinone Chromophore on the One-Electron Photooxidation and Selective Strand Cleavage at 5-Methylcytosine in DNA, XXIIIst International Conference on Photochemistry, Cologne, Germany, July 2007..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 田邉 一仁, 西本 清一 : DNA内5-メチルシトシンの光一電子酸化反応に及ぼすpH効果, 2007年 光化学討論会, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-ichi Nishimoto : Site-Selective Strand Cleavage at Methylated Cytosine: Regional Effect of Naphthoquinone Chromophore on the One-Electron Photooxidation of 5-Methylcytosine and Positive Charge Transfer in DNA, 5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Tokyo, Japan, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-ichi Nishimoto : Fluorometric identification of 5-methylcytosine modification in DNA: combination of photosensitized oxidation and invasive cleavage., Bioconjugate Chemistry, Vol.19, No.1, 20-23, 2007..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-ichi Nishimoto : Photocurrent response after enzymatic treatment of DNA duplexes immobilized on gold electrodes: electrochemical discrimination of 5-methylcytosine modification in DNA., Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.6, No.2, 272-277, 2007..[著者] ...
閲覧 Kazuhito Tanabe, Hisatsugu Yamada and Sei-ichi Nishimoto : Photoelectrochemical Approach to Detection of Methylation Status of Cytosine Base in DNA, Photomed. Photobiol., Vol.30, No.1, 21-22, 2008..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-Ichi Nishimoto : The pH effect on the naphthoquinone-photosensitized oxidation of 5-methylcytosine., Chemistry - A European Journal, Vol.14, No.33, 10453-10461, 2008..[著者] ...
閲覧 Kazuhito Tanabe, Emi Kuraseko, Eiji Matsumoto, Hisatsugu Yamada, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : Radiolytic ligation of oligodeoxynucleotides possessing disulfide bond., Nucleic Acids Symposium Series, No.52, 459-460, 2008..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : pH effect on the one-electron photooxidation of 5-methylcytosine with naphthoquinone sensitizer., Nucleic Acids Symposium Series, No.52, 447-448, 2008..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 田邉 一仁, 西本 清一 : DNA内メチル化シトシン塩基の光電気化学的検出法, 第88回日本化学会春季年会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : pH Effect on the One-Electron Photooxidation of 5-Methylcytosine with Naphthoquinone Sensitizer, Joint Symposium of the 18th International Roundtable on Nuclesides, Nucleotides and Nucleic Acids and the 35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Kyoto, Japan, Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 田邉 一仁, 伊藤 健雄, 西本 清一 : DNA内メチル化シトシン塩基の光一電子酸化反応に及ぼすpH効果, 第3回バイオ関連化学合同シンポジウム, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 田邉 一仁, 西本 清一 : 金電極固定化DNA二重鎖に対する制限酵素反応後の光電流応答:DNA内メチル化シトシン塩基の光電気化学的検出, 2008年 光化学討論会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 Takeo Ito, Kazuhito Tanabe, Hisatsugu Yamada, Hiroshi Hatta and Sei-ichi Nishimoto : Radiation- and photo-induced activation of 5-fluorouracil prodrugs as a strategy for the selective treatment of solid tumors., Molecules, Vol.13, No.10, 2370-2384, Oct. 2008..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Yuya Kitauchi, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : Efficient photooxidative strand cleavage at 5-methylcytosine in DNA by sensitization with 9,10-anthraquinone-tethered oligonucleotides., Nucleic Acids Symposium Series, No.53, 209-210, 2009..[著者] ...
閲覧 Kazuhito Tanabe, Hisatsugu Yamada, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : Photoelectrochemical identification of 5-methylcytosine modification in DNA: combination of photosensitization and enzymatic cleavage., Nucleic Acids Symposium Series, No.53, 205-206, 2009..[著者] ...
閲覧 Takeo Ito, Aiko Hayashi, Tsukasa Uchida, Kazuhito Tanabe, Hisatsugu Yamada and Sei-Ichi Nishimoto : Photoinduced electron transfer reaction in diaminostilbene-tethered DNA duplexes., Nucleic Acids Symposium Series, No.53, 201-202, 2009..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe and Sei-ichi Nishimoto : Fluorometric Identification of Methylated Cytosine in DNA: Combination of Naphthoquinone-Sensitized Photooxidation and Invasive Cleavage, 2nd International Symposium on Nanomedicine Asian Core Symposium Nano and Biomedical Molecular Science, Okazaki, Japan, Feb. 2009..[著者] ...
閲覧 Takeo Ito, Aiko Hayashi, Akiko Kondo, Tsukasa Uchida, Kazuhito Tanabe, Hisatsugu Yamada and Sei-ichi Nishimoto : DNA hairpins containing a diaminostilbene derivative as a photoinduced electron donor for probing the effects of single-base mismatches on excess electron transfer in DNA., Organic Letters, Vol.11, No.4, 927-930, 2009..[著者] ...
閲覧 Takeo Ito, Akiko Kondo, Tomoyuki Kamashita, Kazuhito Tanabe, Hisatsugu Yamada and Sei-ichi Nishimoto : Pathways of excess electron transfer in phenothiazine-tethered DNA containing single-base mismatches., Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.7, No.10, 2077-2081, 2009..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Yuya Kitauchi, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : Photochemical Approach to Discrimination of Methylated Cytosine in DNA: pH Effect on the Naphthoquinone-Sensitized One-Electron Photooxidation of 5-Methylcytosine, XXIV International Conference on Photochemistry, Toledo, Spain, July 2009..[著者] ...
閲覧 小松 広和, 原田 浩, 山田 久嗣, 伊藤 健雄, 田邉 一仁, 西本 清一 : Rhodol骨格に基づく新規低酸素環境認識プローブの開発とバイオイメージングへの応用, 日本分析化学会第58年会 展望とトピックス, 14, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 Kazuhito Tanabe, Hisatsugu Yamada, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : Photoelectrochemical Identification of 5-Methylcytosine Modification in DNA: Combination of Photosensitization and Enzymatic Cleavage, 6th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Takayama, Japan, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Yuya Kitauchi, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : Efficient Photooxidative Strand Cleavage at 5-Methylcytosine in DNA by Sensitization with 9,10-Anthraquinone-Tethered Oligonucleotides, 6th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Takayama, Japan, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 藏田 真之, 山田 久嗣, 田邉 一仁, 伊藤 健雄, 西本 清一 : C(5)位に置換基を導入した修飾シトシン含有DNAオリゴマーの合成と四重鎖形成特性, 第24回生体機能関連化学シンポジウム 若手フォーラム, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 北内 佑哉, 山田 久嗣, 田邉 一仁, 伊藤 健雄, 西本 清一 : アントラキノン光増感剤を導入したオリゴDNA:5-メチルシトシン塩基部位での選択的DNA切断, 第24回生体機能関連化学シンポジウム, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 Kazuhito Tanabe, Hiroshi Harada, Michiko Narazaki, Kazuo Tanaka, Kenichi Inafuku, Hirokazu Komatsu, Takeo Ito, Hisatsugu Yamada, Yoshiki Chujo, Tetsuya Matsuda, Masahiro Hiraoka and Sei-ichi Nishimoto : Monitoring of biological one-electron reduction by (19)F NMR using hypoxia selective activation of an (19)F-labeled indolequinone derivative., Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.44, 15982-15983, 2009..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 北内 佑哉, 田邉 一仁, 伊藤 健雄, 西本 清一 : メチル化DNAの光増感酸化反応に及ぼす重水素同位体効果, 第90回日本化学会春季年会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣 : 光化学反応を利用したDNAメチル化検出法の開発, バイオ計測・試薬研究会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 Shosuke Aoai, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito, Hisatsugu Yamada and Sei-ichi Nishimoto : Photoinduced Modification of 4-Thiothymidine into Thymidine and 5-Methylcytidine Derivatives, 7th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Yokohama, Japan, Nov. 2010..[著者] ...
閲覧 Takeo Ito, Tsukasa Uchida, Kazuhito Tanabe, Hisatsugu Yamada and Sei-ichi Nishimoto : Photoinduced Electron Injection into DNA by N-Cyclopropyl-1-aminonaphthalene, 7th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Yokohama, Japan, Nov. 2010..[著者] ...
閲覧 Yuya Kitauchi, Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : One-Electron Oxidation at 5-Methylcytosine Induced by the Photosensitizer-Injected Positive Charge Transfer through DNA, 7th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Yokohama, Japan, Nov. 2010..[著者] ...
閲覧 Masayuki Kurata, Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : Efficient Hole Trapping at C(5)-Substituted Cytosine in the Photosensitizer-Injected Positive Charge Transfer through DNA Duplex, 7th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Yokohama, Japan, Nov. 2010..[著者] ...
閲覧 Hirokazu Komatsu, Hiroshi Harada, Hisatsugu Yamada, Takeo Ito, Kazuhito Tanabe, Masahiro Hiraoka and Sei-ichi Nishimoto : Design of Hypoxia-Sensitive Fluorescent Probes Activated by Enzymatic One-Electron Reduction for Hypoxic Cancer Cell Imaging, Pacifichem 2010, Honolulu, HI, Dec. 2010..[著者] ...
閲覧 Shosuke Aoai, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito, Hisatsugu Yamada, Hiroshi Hatta and Sei-ichi Nishimoto : Radiolytic Reduction Characteristics of Thiothymidines Dimmer with A Disulfide Linkage between Both 4-Positions, Pacifichem 2010, Honolulu, HI, Dec. 2010..[著者] ...
閲覧 Masayuki Kuraka, Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : Selective Trapping at Cytosine Derivatives of Photosensitizer-Injected and Migrated Hole in DNA, Pacifichem 2010, Honolulu, HI, Dec. 2010..[著者] ...
閲覧 Yuya Kitauchi, Hisatsugu Yamada, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : Efficient One-Electron Photooxidation and Site-Selective Strand Cleavage at 5-Methylcytosine in DNA by Oligonucleotide Bearing 9,10-Anthraquinone Sensitizer, Pacifichem 2010, Honolulu, HI, Dec. 2010..[著者] ...
閲覧 Takeo Ito, Tsukasa Uchida, Kazuhito Tanabe, Hisatsugu Yamada and Sei-ichi Nishimoto : Photoinduced Electron Injection into DNA by N-Cyclopropyl-1-aminonaphthalene, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, Vol.219, No.1, 115-121, 2011..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Yuya Kitauchi, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-Ichi Nishimoto : Anthraquinone-sensitized photooxidation of 5-methylcytosine in DNA leading to piperidine-induced efficient strand cleavage., Chemistry - A European Journal, Vol.17, No.7, 2225-2235, 2011..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 水澤 圭吾, 五十嵐 龍二, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 田畑 泰彦, 山東 信介, 青山 安宏 : 生体内代謝プロセスの多重共鳴NMR追跡: 多核多重ラベル化ウラシルの異化代謝反応, 第91回日本化学会春季年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 水澤 圭吾, 五十嵐 龍二, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 田畑 泰彦, 木村 祐, 近藤 輝幸, 山東 信介, 青山 安宏 : 多重共鳴NMR法を用いた生体内代謝プロセスの直接追跡, 第6回日本分子イメージング学会学術集会, 2011年5月..[著者] ...
閲覧 Koya Yamaguchi, Ryosuke Ueki, Hisatsugu Yamada, Yasuhiro Aoyama, Hiroshi Nonaka and Shinsuke Sando : In Situ Analysis of [8-13C-7-15N]-Double-Labelled Theophylline by a Triple Resonance NMR Technique, Analytical Methods, Vol.3, No.7, 1664-1666, 2011..[著者] ...
閲覧 田邉 一仁, 山田 久嗣, 西本 清一 : 光機能性修飾核酸の合成とDNA中メチル化シトシンに選択的な光-電子酸化反応, 有機合成化学協会誌, Vol.69, No.7, 814-822, 2011年..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 水澤 圭吾, 五十嵐 龍二, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 田畑 泰彦, 木村 祐, 近藤 輝幸, 青山 安宏, 山東 信介 : 多重共鳴NMRを応用した生体内代謝プロセスの直接追跡と薬剤活性のその場評価, 第5回バイオ関連化学シンポジウム, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Keigo Mizusawa, Ryuji Igarashi, Hidehito Tochio, Masahiro Shirakawa, Yasuhiko Tabata, Yu Kimura, Teruyuki Kondo, Yasuhiro Aoyama and Shinsuke Sando : Direct In Situ Monitoring of Pyrimidine Catabolism and Its Inhibition Using Triple Resonance NMR Analysis, 38th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Sapporo, Japan, Nov. 2011..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣 : 生体内代謝プロセスの多重共鳴 NMR モニタリングと多重共鳴 MRI に展開可能な高感度化分子プローブの開発, 公益社団法人 日本化学会 生体機能関連化学部会 ニュースレター, Vol.27, No.3, 17-20, 2012年(0月)..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Keigo Mizusawa, Ryuji Igarashi, Hidehito Tochio, Masahiro Shirakawa, Yasuhiko Tabata, Yu Kimura, Teruyuki Kondo, Yasuhiro Aoyama and Shinsuke Sando : Substrate/Product-targeted NMR monitoring of pyrimidine catabolism and its inhibition by a clinical drug., ACS Chemical Biology, Vol.7, No.3, 535-542, 2012..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Masayuki Kurata, Kazuhito Tanabe, Takeo Ito and Sei-ichi Nishimoto : Synthesis and photooxidation of oligodeoxynucleotides containing 5-dimethylaminocytosine as an efficient hole-trapping site in the positive-charge transfer through DNA duplexes., Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.10, No.10, 2035-2043, 2012..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 水澤 圭吾, 五十嵐 龍二, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 田畑 泰彦, 木村 祐, 近藤 輝幸, 青山 安宏, 山東 信介 : 基質/代謝物選択的NMRを応用した生体内代謝プロセスの直接追跡と薬剤活性のその場評価, 第92回日本化学会春季年会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 矢野 哲哉, 山東 信介, 青山 安宏, 近藤 輝幸 : 安定同位体ラベル化高分子タグの合成と多重共鳴 NMR 法による機能評価, 第7回日本分子イメージング学会学術集会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 Takeo Ito, Yuta Hamaguchi, Kazuhito Tanabe, Hisatsugu Yamada and Sei-ichi Nishimoto : Transporting excess electrons along potential energy gradients provided by 2'-deoxyuridine derivatives in DNA., Angewandte Chemie International Edition, Vol.51, No.30, 7558-7561, 2012..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Keigo Mizusawa, Ryuji Igarashi, Hidehito Tochio, Masahiro Shirakawa, Yasuhiko Tabata, Yu Kimura, Teruyuki Kondo, Yasuhiro Aoyama and Shinsuke Sando : Triple resonance NMR in application to in situ monitoring of targeted metabolic reaction and its inhibition by a clinical drug, 244th ACS National Meeting, Philadelphia, PA, Aug. 2012..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 長谷川 嘉則, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 矢野 哲哉, 山東 信介, 青山 安宏, 近藤 輝幸 : 高感度多重共鳴 NMR に向けた安定同位体ラベル化高分子タグの開発, 第6回バイオ関連化学シンポジウム, 2012年9月..[著者] ...
閲覧 長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 杉原 文徳, 今井 宏彦, 高山 裕生, 松田 哲也, 矢野 哲哉, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 : 安定同位元素を集積化した生体適合性高分子プローブの合成と多重共鳴 NMR 法による機能評価, 第2回CSJ Festa, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 Hirokazu Komatsu, Kazuki Yoshihara, Hisatsugu Yamada, Yu Kimura, Aoi Son, Sei-ichi Nishimoto and Kazuhito Tanabe : Ruthenium complexes with hydrophobic ligands that are key factors for the optical imaging of physiological hypoxia., Chemistry - A European Journal, Vol.19, No.6, 1971-1977, 2012..[著者] ...
閲覧 長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 杉原 文徳, 今井 宏彦, 高山 裕生, 松田 哲也, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 : 安定同位元素ラベル化生体適合性高分子プローブの開発と磁気共鳴イメージングへの応用, 第93回日本化学会春季年会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 杉原 文徳, 今井 宏彦, 高山 裕生, 松田 哲也, 矢野 哲哉, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 : 高感度多重共鳴 NMR 解析のための安定同位元素ラベル化生体適合性高分子プローブ, 第93回日本化学会春季年会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 今井 宏彦, 高山 裕生, 杉原 文徳, 松田 哲也, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 : 分子標的 MR イメージングのための新手法, 第8回日本分子イメージング学会学術集会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 今井 宏彦, 松田 哲也, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 : 多重磁気共鳴イメージングのための安定同位元素集積化高分子プローブ, 第7回バイオ関連化学シンポジウム, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 亀田 哲郎, 山田 久嗣, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 : 生体内代謝プローブとしての 13C/15N ラベル化 L-dopa の合成,および多重共鳴 NMR 法による機能解析, 第3回CSJ Festa, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 Yu Kimura, Takuya Kurimoto, Hiro-aki Sugii, Akio Toshimitsu, Tetsuya Matsuda, Hirohiko Imai, Hisatsugu Yamada and Teruyuki Kondo : Novel Biocompatible Cobalt Oxide Nanoparticles for Use in Dual Photoacoustic and Magnetic Resonance Imaging, JSM Biotechnology & Biomedical Engineering, Vol.2, No.2, 1043, 2014..[著者] ...
閲覧 Teruyuki Kondo, Kimura Yu, Hisatsugu Yamada and Akio Toshimitsu : Ruthenium-based catalysts for aerobic oxidation of alcohols, RSC Publishing, Cambridge, UK, (month)2014..[著者] ...
閲覧 Teruyuki Kondo, Yu Kimura, Hisatsugu Yamada and Akio Toshimitsu : Magnetic Nanoparticles for Multimodal Bio-imaging, Nova Science Publishers, New York, (month)2014..[著者] ...
閲覧 長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 今井 宏彦, 松田 哲也, 山東 信介, 年光 昭夫, 青山 安宏, 近藤 輝幸 : 生体適合性ホスホリルコリンポリマープローブを用いた生体磁気共鳴イメージング, 第94回日本化学会春季年会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 亀田 哲郎, 山田 久嗣, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 : 安定同位元素ラベル化L-DOPAの合成と多重共鳴NMR法によるその代謝反応追跡, 第94回日本化学会春季年会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣 : 安定同位体集積化高分子プローブの開発と革新的分子標的磁気共鳴イメージングへの応用, (公社)新化学技術推進協会 第3回新化学技術研究奨励賞 受賞講演, 2014年5月..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 長谷川 嘉則, 鈴木 祐貴, 木村 祐, 今井 宏彦, 松田 哲也, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 : 安定同位元素を集積したポリマーナノプローブによるがんの分子標的 MR イメージング, 第9回日本分子イメージング学会学術集会, 2014年5月..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 亀田 哲郎, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 : 脳代謝過程の多重共鳴 NMR 解析に向けた安定同位元素ラベル化 L-Dopaプローブ, 第8回バイオ関連化学シンポジウム, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 Tsutomu Yoshimura, Yuanjun Di, Yu Kimura, Hisatsugu Yamada, Akio Toshimitsu and Teruyuki Kondo : Simple, Selective, and Practical Synthesis of 2-Substituted 4(3H)-Quinazolinones by Yb(OTf3)-Catalyzed Condensation of 2-Aminobenzamide with Carboxyamides, Heterocycles, Vol.90, No.2, 857-865, 2015..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Yoshinori Hasegawa, Hirohiko Imai, Yuki Takayama, Fuminori Sugihara, Tetsuya Matsuda, Hidehito Tochio, Masahiro Shirakawa, Shinsuke Sando, Yu Kimura, Akio Toshimitsu, Yasuhiro Aoyama and Teruyuki Kondo : Magnetic resonance imaging of tumor with a self-traceable phosphorylcholine polymer., Journal of the American Chemical Society, Vol.137, No.2, 799-806, 2015..[著者] ...
閲覧 山田 久嗣, 長谷川 嘉則, 木村 祐, 今井 宏彦, 松田 哲也, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸, 宇都 義浩 : 安定同位元素を集積した高分子ナノプローブによるがんの分子標的 MR イメージング, 第17回癌治療増感研究シンポジウム, 2015年2月..[著者] ...
閲覧 松本 夏季, 山田 久嗣, 木村 祐, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 : In Vivo 光音響イメージングのための生体適合性ホスホリルコリンポリマープローブの合成と機能評価, 第95回日本化学会春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 鈴木 祐貴, 山田 久嗣, 木村 祐, 田邉 一仁, 孫 安生, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 年光 昭夫, 青山 安宏, 近藤 輝幸 : 三重共鳴 NMR を用いたがん低酸素モニタリング: 低酸素細胞を標的とする安定同位元素ラベル化ホスホリルコリンプローブの合成, 第95回日本化学会春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 玉谷 大, 國安 翔太, 水木 佑輔, 鈴木 拓磨, 山田 久嗣, 遠藤 良夫, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 中馬 篤, 山中 信康 : 乳がん移植鶏卵およびマウスモデルを用いたALA+SDTの抗腫瘍作用の評価, 第5回ポルフィリンALA学会, 2015年4月..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Yoshinori Hasegawa, Yuki Suzuki, Hirohiko Imai, Tetsuya Matsuda, Yu Kimura, Akio Toshimitsu, Yasuhiro Aoyama and Teruyuki Kondo : Magnetic Resonance Imaging of Tumor with a Self-Traceable Polymer Conjugated with an Antibody Fragment, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.25, No.13, 2675-2678, 2015..[著者] ...
閲覧 松本 夏季, 山田 久嗣, 木村 祐, 年光 昭夫, 青山 安宏, 近藤 輝幸 : In vivo 光音響イメージングに向けた生体適合性ホスホリルコリン ポリマープローブの物性および体内動態評価, 第10回日本分子イメージング学会学術集会, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Tomohito Kawai, Toshihide Sasaki, Ken Hamada, Hisatsugu Yamada, Daisuke Kuchiike, Kentaro Kubo, Toshio Inui, Martin Mette, Ken Tokunaga, Akio Hayakawa, Akiteru Go and Tomohiro Oosaki : Degalactosylated/Desialylated Bovine Colostrum Induces Macrophage Phagocytic Activity Independently of Inflammatory Cytokine Production., Anticancer Research, Vol.35, No.8, 4487-4492, 2015..[著者] ...
閲覧 鈴木 祐貴, 山田 久嗣, 木村 祐, 田邉 一仁, 孫 安生, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 年光 昭夫, 青山 安宏, 近藤 輝幸 : がん低酸素領域に集積するセラノスティックスを目指した安定同位元素ラベル化ホスホリルコリンプローブの合成と機能評価, 第9回バイオ関連化学シンポジウム, 2015年9月..[著者] ...
閲覧 松本 夏季, 山田 久嗣, 木村 祐, 年光 昭夫, 青山 安宏, 近藤 輝幸 : 近赤外色素を結合したホスホリルコリンポリマープローブによる腫瘍の光音響イメージング, 第9回バイオ関連化学シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2015年9月..[著者] ...
閲覧 伊木 悠, 土谷 亨, 野中 洋, 金野 智浩, 山田 久嗣, 近藤 輝幸, 青山 安宏, 山東 信介 : 双性イオンポリマーの腫瘍選択的集積能に関する研究, 第9回バイオ関連化学シンポジウム, 2015年9月..[著者] ...
閲覧 松本 夏季, 山田 久嗣, 木村 祐, 年光 昭夫, 青山 安宏, 近藤 輝幸 : 腫瘍の光音響イメージングに向けた色素結合型ホスホリルコリンポリマープローブの開発, 第5回 CSJ化学フェスタ 2015, (巻), (号), (頁), 2015年10月..[著者] ...
閲覧 伊木 悠, 土谷 享, 野中 洋, 金野 智浩, 山田 久嗣, 近藤 輝幸, 青山 安宏, 山東 信介 : 双性イオンポリマーを基盤とする新規DDS材料設計指針の構築, 第5回CSJ化学フェスタ, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Tomohito Kawai, Toshihide Sasaki, Ken Hamada, Saki Ikame, Eri Kuwada, Hisatsugu Yamada, Kentaro Kubo, Daisuke Kuchiike, Martin Mette, Toshio Inui, Ken Tokunaga, Akio Hayakawa, Akitetsu Go and Tomohiro Oosaki : Development of Macrophage Activating Glycoproteins by Using Bovine Colostrum as an Immunotherapeutic agent., 9th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2015), (都市), Nov. 2015..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Yoshinori Hasegawa, Hirohiko Imai, Yuki Takayama, Fuminori Sugihara, Tetsuya Matsuda, Hidehito Tochio, Masahiro Shirakawa, Shinsuke Sando, Yu Kimura, Akio Toshimitsu, Yasuhiro Aoyama and Teruyuki Kondo : Magnetic resonance imaging of tumor with a self-traceable phosphorylcholine polymer., IKCOC-13, Kyoto, Nov. 2015..[著者] ...
閲覧 Yuka Miyake, Ishikawa Syngo, Yu Kimura, Aoi Son, Hirohiko Imai, Tetsuya Matsuda, Hisatsugu Yamada, Akio Toshimitsu and Teruyuki Kondo : Pharmacokinetics of Chiral Dendrimer-Triamine-Coordinated Gd-MRI Contrast Agents Evaluated by in Vivo MRI and Estimated by in Vitro QCM, Sensors, Vol.15, No.12, 31973-31986, 2015..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 井亀 沙紀, 九十九 咲, 藤 洸臣, 佐々木 俊英, 濱田 健, 桒田 依洋, 山田 久嗣, 西方 敬人, 口池 大輔, 久保 健太郎, Mette Martin, 乾 利夫 : ビオチン化GcMAFの作製とマクロファージGcMAF受容体の探索, 第19回バイオ治療法研究会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 Natsuki Matsumoto, Hisatsugu Yamada, Yu Kimura, Akio Toshimitsu, Yasuhiro Aoyama and Teruyuki Kondo : Biocompatible Phosphorylchline Polymer Probes for In Vivo Photoacoustic Imaging, Pacifichem 2015, Honolulu, HI, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Yuki Suzuki, Hisatsugu Yamada, Yu Kimura, Aoi Son, Kazuhito Tanabe, Akio Toshimitsu, Yasuhiro Aoyama and Teruyuki Kondo : A New Theranostic Probe for Tumor Hypoxia Based on Triple-resonance NMR and Radio-sensitization, Pacifichem 2015, (巻), (号), (頁), Honolulu, HI, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Yoshinori Hasegawa, Yu Kimura, Hirohiko Imai, Tetsuya Matsuda, Yoshihiro Uto, Yasuhiro Aoyama and Teruyuki Kondo : Probe-Targeted Magnetic Resonance Imaging of Tumor with A Self-Traceable 1H-13C Polymeric Nanoprobe, Pacifichem 2015, (巻), (号), (頁), Honolulu, HI, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Hisatsugu Yamada, Daisuke Kuchiike, Kentaro Kubo, Toshio Inui, Martin Mette, Ken Tokunaga, Akio Hayakawa, Akitetsu Go and Tomohiro Oosaki : Degalactosylated/desialylated human serum and bovine colostrum induces macrophage phagocytic activity., Pacifichem 2015, (巻), (号), (頁), Honolulu, HI, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Ryu Tada, Hisatsugu Yamada, Eiji Nakata, Kai Masuda, Takashi Morii and Yoshihiro Uto : Development of a PARP-inhibiting boron tracedrug for neutron dynamic therapy, Pacifichem 2015, (巻), (号), (頁), Honolulu, HI, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 遠藤 秀彰, 八重 和憲, 山田 久嗣, 原 毅弘, 富永 正英 : TrueBeamを用いた低LET放射線の線量率と生物効果の相関について, 第18回癌治療増感研究シンポジウム, 2016年2月..[著者] ...
閲覧 鈴木 祐貴, 山田 久嗣, 木村 祐, 田邉 一仁, 孫 安生, 青山 安宏, 近藤 輝幸 : 腫瘍低酸素領域に集積するセラノスティクスを目指した13C/15N-ラベル化ホスホリルコリンプローブの合成と機能評価, 第96回日本化学会春季年会, (巻), (号), (頁), 2016年3月..[著者] ...
閲覧 Hisatsugu Yamada, Tetsuro Kameda, Yu Kimura, Hirohiko Imai, Tetsuya Matsuda, Shinsuke Sando, Akio Toshimitsu, Yasuhiro Aoyama and Teruyuki Kondo : 13C/15N-Enriched L-Dopa as a Triple-Resonance NMR Probe to Monitor Neurotransmitter Dopamine in the Brain and Liver Extracts of Mice, ChemistryOpen, Vol.5, No.2, 125-128, 2016..[著者] ...
閲覧 松本 夏季, 山田 久嗣, 小西 宏明, 孫 安生, 木村 祐, 青山 安宏, 近藤 輝幸 : 近赤外蛍光色素を結要したホスホリルコリンポリマープローブの腫瘍集積性と体内動態, 第11回日本分子イメージング学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2016年5月..[著者] ...
閲覧 Tomoko Kaneko, Masahide Tominaga, Yoshio Endo, Kazunori Yaju, Risa Kouzaki, Hisatsugu Yamada, Ikuo Nakanishi, Kenichiro Mastumoto and Yoshihiro Uto : RADIOSENSITIZING EFFECT OF PROTOPORPHYRIN IX WITH CARBON ION BEAM AGAINST MOUSE MAMMARY BREAST TUMOR CELL., Journal of Advanced Manufacturing Technology, 47-51, 2016..[著者] ...
閲覧 Yoshiki Shimamura, Dai Tamatani, Shota Kuniyasu, Yusuke Mizuki, Takuma Suzuki, Hanayo Katsura, Hisatsugu Yamada, Yoshio Endo, Tomohiro Osaki, Masahiro Ishizuka, Toru Tanaka, Nobuyasu Yamanaka, Tsukasa Kurahashi and Yoshihiro Uto : 5-Aminolevulinic Acid Enhances Ultrasound-mediated Antitumor Activity via Mitochondrial Oxidative Damage in Breast Cancer, Anticancer Research, Vol.36, No.7, 3607-3612, 2016..[著者] ...
閲覧 芝 一休, 山田 久嗣, 富永 正英, 宇都 義浩 : 低酸素を標的とした抗転移剤による化学放射線療法の可能性, 放射線生物研究, Vol.51, No.3, 216-229, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, takuma Suzuki, Hanayo Katsura, Hisatsugu Yamada, Tomohiro Osaki, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka, Nobuyasu Yamanaka and Tsukasa Kurahashi : Development of Sonodynamic therapy for breast cancer using 5-aminolevulinic acid, 10th Anniversary International Symposium on Nanomedicine, (都市), Nov. 2016..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 鈴木 拓磨, 勝占 華世, 楠橋 由貴, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 中馬 篤, 山中 信康 : 5-アミノレブリン酸を用いた超音波と温熱の併用による抗腫瘍活性の評価, 第7回ポルフィリンALA学会年会, 2017年4月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 勝占 華世, 楠橋 由貴, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 中馬 篤, 山中 信康 : 5-アミノレブリン酸と超音波の併用による 抗腫瘍効果の評価と作用機序の解析, 第70回日本酸化ストレス学会学術集会, 2017年6月..[著者] ...
閲覧 Ikkyu Shiba, Risa Kouzaki, Hisatsugu Yamada, Yoshio Endo, Takahisa Takino, Hiroshi Sato, Keiko Kitazato, Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro and Yoshihiro Uto : Design and Synthesis of Novel Anti-metastatic Hypoxic Cytotoxin TX-2137 Targeting AKT Kinase., Anticancer Research, Vol.37, No.7, 3877-3883, 2017..[著者] ...
閲覧 Teruyuki Kondo, Yu Kimura, Hisatsugu Yamada and Yasuhiro Aoyama : Polymeric (1) H MRI Probes for Visualizing Tumor In Vivo., Chemical Record, Vol.17, No.6, 555-568, 2017..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 井亀 沙紀, 桒田 依洋, 西川 諒平, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 久保 健太郎, 乾 利夫 : 血清糖タンパク質由来マクロファージ活性化剤の創製と免疫療法への応用研究, 比較統合医療学会第59回大会, (巻), (号), (頁), 2017年7月..[著者] ...
閲覧 Yusei Shinohara, Yoshio Endo, Chiaki Abe, Ikkyu Shiba, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka, Yutaka Yonemura, Syunichiro Ogura, Masahide Tominaga, Hisatsugu Yamada and Yoshihiro Uto : Development of a novel Schiff base derivative for enhancing the anticancer potential of 5-aminolevulinic acid-based photodynamic therapy., Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.20, 182-188, 2017..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 桒田 依洋, 井亀 沙紀, 西川 諒平, 井土 侑香, 遠藤 亮, 山田 久嗣, 田坂 徹, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿 : 低分子化ホエイプロテインのマクロファージ活性化能, 第21回バイオ治療法研究会, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 金子 友子, 上﨑 里砂, 羽生 紋佳, 山田 久嗣, 宇都 義浩, 壽賀 正城, 山下 智弘, 沖本 智昭, 富永 正英 : 5-アミノレブリン酸およびその代謝物であるプロトポルフィリンⅨの炭素線増感作用, 第21回バイオ治療法研究会, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 井亀 沙紀, 桒田 依洋, 西川 諒平, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 久保 健太郎, 乾 利夫 : 糖タンパク質由来マクロファージ活性化剤MAFの開発, 比較統合医療学会第60回大会, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 宮本 大輔, 上崎 里砂, 羽生 紋佳, 二若 真菜, 山田 久嗣 : 放射線増感作用の向上を目指したアセチルグルコース修飾Gefitinib誘導体の創製, 第20回癌治療増感研究シンポジウム, 2018年2月..[著者] ...
閲覧 篠原 侑成, 芝 一休, 山田 久嗣, 遠藤 良夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 宇都 義浩 : 5-アミノレブリン酸を用いた光線力学治療ALA-PDTに対する増感剤TX-816の創製, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 西川 諒平, 桒田 依洋, 井亀 沙紀, 井土 侑香, 遠藤 亮, 山田 久嗣, 宇都 義浩, 田坂 徹, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿 : 低分子化したホエイプロテインを用いたマクロファージ活性化剤の開発, 日本化学会 第98春季年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 宮崎 豊久, 楠橋 由貴, 羽生 紋佳, 嶋田 宏輝, 山田 久嗣, 近藤 輝幸, 宇都 義浩 : 2-ニトロイミダゾール基を導入した新規ホスホリルコリンポリマーの合成と機能評価, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 楠橋 由貴, 勝占 華世, 二若 真菜, 林 佑美, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 石塚 昌宏, 田中 徹, 山中 信康, 倉橋 司, 宇都 義浩 : アミノレブリン酸を用いた超音波療法に対する温熱の増強効果, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 羽生 紋佳, 上﨑 里砂, 上島 一輝, 金子 友子, 山田 久嗣, 富永 正英, 壽賀 正城, 山下 智弘, 沖本 智昭, 宇都 義浩 : 5-アミノレブリン酸およびプロトポルフィリンⅨの炭素線増感作用, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 勝占 華世, 楠橋 由貴, 山田 久嗣, 土屋 浩一郎, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 山中 信康, 倉橋 司 : ESR法を用いたALA-SDTの抗腫瘍作用機序の解析, 第8回ポルフィリン‐ALA学会年会, 2018年4月..[著者] ...
閲覧 Tomoko Kaneko, Masahide Tominaga, Risa Kouzaki, Ayaka Hanyu, Kazuki Ueshima, Hisatsugu Yamada, Masaki Suga, Tomohiro Yamashita, Tomoaki Okimoto and Yoshihiro Uto : Radiosensitizing Effect of 5-Aminolevulinic Acid and Protoporphyrin IX on Carbon-ion Beam Irradiation, Anticancer Research, Vol.38, No.7, 4313-4317, 2018..[著者] ...
閲覧 Tohru Tasaka, Emi Kuwada, Yuka Izuchi, Ryohei Nishigawa, Hisatsugu Yamada, Hideki Unuma, Ken Tokunaga, Akio Hayakawa, Akiteru Go, Kikyo Go and Yoshihiro Uto : Concentration-dependent Activation of Inflammatory/Anti-inflammatory Functions of Macrophages by Hydrolyzed Whey Protein, Anticancer Research, Vol.38, No.7, 4299-4304, 2018..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 前橋 克彦, 井土 侑香, 山田 久嗣, 田坂 徹, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿 : ウシ乳房炎に対する低分子化ホエイプロテインの治療効果, 比較統合医療学会第62回大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 二若 真菜, 楠橋 由貴, 藤原 由莉, 小西 大輔, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 山中 信康, 倉橋 司, 宇都 義浩 : アミノレブリン酸を用いた超音波力学療法に対する低酸素細胞放射線増感剤の増強効果, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 山花 啓梨, 篠原 侑成, 羽生 紋佳, 田中 雄也, 山田 久嗣, 宇都 義浩 : 放射線増感効果の向上を目指した新規アセチルグルコース修飾Gefitinib誘導体の創製, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 井土 侑香, 田坂 徹, 西川 諒平, 中村 雄太, 坂東 康平, 山田 久嗣, 前橋 克彦, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿, 宇都 義浩 : ウシ乳房炎に対する低分子化ホエイプロテインの治療効果, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 西山 真央, 羽生 紋佳, 山田 久嗣, 宇都 義浩 : 細胞核移行性をもつ新規ベンゾトリアジオキサイド誘導体の創製と低酸素がんに対する放射線増感効果, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 山田 久嗣, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 山中 信康, 倉橋 司, 久保 健太郎, 乾 利夫 : 医工連携による超音波増感剤および免疫賦活剤の開発, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 田坂 徹, 前橋 克彦, 井土 侑香, 山田 久嗣, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿, 宇都 義浩 : 低分子化ホエイプロテインを用いたウシ乳房炎に対する治療剤の開発, 日本農芸化学会2019, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 楠橋 由貴, 二若 真菜, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 山中 信康, 倉橋 司 : 5-アミノレブリン酸を用いた超音波力学療法に対する温熱又は放射線の併用効果, 第9回ポルフィリンーALA学会年会, 2019年4月..[著者] ...
閲覧 Yota Jiho, Ryohsuke Kurihara, Kiyohiko Kawai, Hisatsugu Yamada, Yoshihiro Uto and Kazuhito Tanabe : Enzymatic activation of indolequinone-substituted 5-fluorodeoxyuridine prodrugs in hypoxic cells, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.29, No.11, 1304-1307, 2019..[著者] ...
閲覧 宇都 義浩, 羽生 紋佳, 楠橋 由貴, 二若 真菜, 山田 久嗣, 富永 正英, 生島 仁史 : 医療用直線加速器の高線量率モードX線を増感する抗がん剤の探索, 第25回癌治療増感研究会, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 Hirari Yamahana, Takahisa Takino, Yoshio Endo, Hisatsugu Yamada, Takeshi Suzuki and Yoshihiro Uto : A novel celecoxib analog UTX-121 inhibits HT1080 cell invasion by modulating membrane-type 1 matrix metalloproteinase, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.521, No.1, 137-144, 2019..[著者] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Mana Futawaka, Hisatsugu Yamada, Masahide Tominaga and Yoshio Endo : In vivo drug screening method of radiosensitizers using tumor-bearing chick embryo, Elsevier, (都市), Oct. 2019..[著者] ...
閲覧 國枝 由香莉, 篠原 侑成, 田中 雄也, 山花 啓梨, 藤原 由莉, 山田 久嗣, 宇都 義浩 : アセチルグルコースを修飾した放射線増感作用を有する抗腫瘍剤の創薬研究, 日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 岸田 理沙, 嶋田 宏輝, 山田 久嗣, 今井 宏彦, 宇都 義浩 : 双極性ポリマープローブの生体内粒子径解析に向けた多重共鳴拡散 NMR の利用, 日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 坂東 康平, 小林 彩, 中川 千明, 山田 久嗣, 久保 健太郎, 乾 利夫, 宇都 義浩 : ヒト血清由来マクロファージ活性化因子GcMAFの免疫調節作用に関する基礎および臨床研究, 日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 小西 大輔, 二若 真菜, 藤原 由莉, 折村 奈美, 山田 久嗣, 富永 正英, 生島 仁史, 上原 久典, 大豆本 圭, 宇都 義浩 : 医療用直線加速器の高線量率モードX線に対するGemcitabineの増感効果, 日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 藤原 由莉, 二若 真菜, 小西 大輔, 折村 奈美, 山田 久嗣, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 宇都 義浩 : 乳がんに対するアミノレブリン酸を用いた超音波力学療法における温熱療法の増強作用, 日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 田坂 徹, 前橋 克彦, 井土 侑香, 山田 久嗣, 鵜沼 英樹, 徳永 彦, 早川 明夫, 呉 明輝, 呉 貴卿, 宇都 義浩 : 低分子化ホエイプロテインを用いたウシ乳房炎に対する治療剤の開発, 第23回バイオ治療法研究会学術集会, 2019年12月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.56, Max(EID) = 362803, Max(EOID) = 970670.