『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 三野 彰子 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])

登録情報の数

有効な情報: 29件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 30件

全ての有効な情報 (29件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(24)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(24)
閲覧 (未定義) …(5)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 篠原 丈裕, 渡邉 佳一郎, 三野 彰子, 米田 尚子, 高原 一菜, 泰江 章博, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 口唇裂・口蓋裂患者における歯科矯正治療の実態調査, 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会, (巻), (号), (頁), 2014年5月..[著者] ...
閲覧 三野 彰子, 黒田 晋吾, 七條 なつ子, MANSJUR KARIMA QURNIA, GANZORIG KHALIUNAA, 田中 栄二 : 緩みにくい新型歯科矯正用アンカースクリューの開発 -第一報 埋入・緩みトルクの評価-, 第57回中·四国矯正歯科学会大会, 23, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 黒田 晋吾, 七條 なつ子, 三野 彰子, MANSJUR KARIMA QURNIA, GANZORIG KHALIUNAA, 玉村 長都, 岩田 光弘, 田中 栄二 : 部分無歯症患者の包括的歯科治療における歯科矯正用アンカースクリューの有用性, 第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 314, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 天眞 寛文, 渡邉 佳一郎, 七條 なつ子, 三野 彰子, 森 浩喜, MANSJUR KARIMA QURNIA, 泰江 章博, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 歯科矯正用アンカースクリューを用いた下顎臼歯遠心移動量および移動様式の治療前予測に関する検討, 第58回中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), 14, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 徳永 律子, 黒田 晋吾, 三野 彰子, 七條 なつ子, 田中 栄二 : 抜歯による矯正歯科治療の後戻りに対して歯科矯正用アンカースクリューを用いて再治療を行った症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.27, No.1, 31-38, 2015年..[著者] ...
閲覧 篠原 丈裕, 井澤 俊, 三野 彰子, 森 浩喜, 七條 なつ子, 犬伏 俊博, 田中 栄二 : 実験的な変形性顎関節症モデルマウス下顎頭におけるヒアルロン酸の役割, 第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 190, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 森 浩喜, 篠原 丈裕, 三野 彰子, 塩田 智子, 犬伏 俊博, 岩浅 亮彦, 田中 栄二 : 変形性顎関節症モデルマウスにおけるレパミピドの治療効果の検討, 第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 193, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 森 浩喜, 井澤 俊, 三野 彰子, 岩浅 亮彦, 内田 玲子, 田中 栄二 : S1P/Smad3シグナルクロストークを介した変形性顎関節症の病態メカニズムの解明, 第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 194, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 三野 彰子, 井澤 俊, 篠原 丈裕, 森 浩喜, 森 博世, 岩浅 亮彦, 田中 栄二 : マウス下顎頭軟骨の形成,維持におけるHIF-1αの機能解析, 第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 204, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Islamy Rahma Hutami, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Rebamipide attenuates mandibular condylar degeneration in a murine model of TMJ-OA by mediating a chondroprotective effect and by downregulating RANKL-mediated osteoclastogenesis, PLoS ONE, Vol.11, No.4, e0154107, 2016..[著者] ...
閲覧 Shingo Kuroda, Natsuko Hichijo, Minami Sato, Akiko Mino, Nagato Tamamura, Mitsuhiro Iwata and Eiji Tanaka : Long-term stability of maxillary group distalization with interradicular miniscrews in a patient with a Class II Division 2 malocclusion., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.149, No.6, 912-922, 2016..[著者] ...
閲覧 三野 彰子, 井澤 俊, 篠原 丈裕, 森 浩喜, 田中 栄二 : HIF-1alpha+/-マウスを用いた変形性顎関節症におけるHIF-1alphaの機能解析, 第29回日本顎関節学会総会・学術大会 一般口演, Vol.28, No.Supplement, 115, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 篠原 丈裕, 井澤 俊, 岩浅 亮彦, 森 浩喜, 三野 彰子, 犬伏 俊博, 田中 栄二 : 変形性顎関節症モデルマウス下顎頭におけるヒアルロン酸代謝機構の役割, 第29回日本顎関節学会総会・学術大会 ポスター発表, Vol.28, No.Supplement, 123, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 森 浩喜, 井澤 俊, 篠原 丈裕, 三野 彰子, 佐藤 南, 堀内 信也, 田中 栄二 : 不正咬合患者における顎関節症の臨床統計学的調査, 第29回日本顎関節学会総会・学術大会 ポスター発表, Vol.28, No.Supplement, 145, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Islamy Rahma Hutami, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Rebamipide attenuates mandibular condylar degeneration in a murine model of TMJ-OA by mediating a chondroprotective effect and by downregulating RANKL-mediated osteoclastogenesis, 13th Meeting of Bone Biology Forum, Aug. 2016..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Islamy Rahma Hutami, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Correction: Rebamipide Attenuates Mandibular Condylar Degeneration in a Murine Model of TMJ-OA by Mediating a Chondroprotective Effect and by Downregulating RANKL-Mediated Osteoclastogenesis., PLoS ONE, Vol.11, No.8, e0162032, 2016..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Takehiro Shinohara, Akiko Mino and Eiji Tanaka : Fas/S1P system controls subchondral bone remodeling of the temporomandibular joint in autoimmune arthritic mice., 2016 Tokushima Bioscience Retreat, (巻), (号), (頁), Sep. 2016..[著者] ...
閲覧 (種別) : Shingo Kuroda, Natsuko Hichijo, Minami Sato, Akiko Mino, Nagato Tamamura, Mitsuhiro Iwata and Eiji Tanaka : Authors' response., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.150, No.4, (頁), (発行所), (都市), Oct. 2016..[著者] ...
閲覧 三野 彰子, 井澤 俊, Islamy Rahma Hutami, 篠原 丈裕, 森 浩喜, 田中 栄二 : 変形性顎関節症における低酸素誘導因子HIF-1αの機能解析, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 第75回大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Takehiro Shinohara, Akiko Mino and Eiji Tanaka : The role of osteoclast in the spontaneously developed temporomandibular joint arthritis of the MRL/lpr mice, The 75th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, 321, Nov. 2016..[著者] ...
閲覧 Takehiro Shinohara, Takashi Izawa, Akiko Mino, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Toshihiro Inubushi, Yu Yamaguchi and Eiji Tanaka : Hyaluronan metabolism in overloaded temporomandibular joint, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.43, No.12, 921-928, 2016..[著者] ...
閲覧 Akiko Mino, Takashi Izawa, Takehiro Shinohara, Hiroki Mori, Akihiro Yasue, Shuhei Tomita and Eiji Tanaka : Roles of hypoxia inducible factor-1α in the temporomandibular joint., Archives of Oral Biology, Vol.73, 274-281, 2017..[著者] ...
閲覧 Hiroki Mori, Takashi Izawa, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Minami Sato, Natsuko Hichijo, Akihiko Iwasa, Islamy Rahma Hutami and Eiji Tanaka : Effect of Rebamipide administration on TMJ-OA model mouse., 95th General Session & Exhibition of the IADR program book, 207, San Francisco, March 2017..[著者] ...
閲覧 Minami Sato, Mutsumi Fujita, Akihiko Iwasa, Hiroki Mori, Akiko Mino, Natsuko Hichijo, Shinya Horiuchi and Eiji Tanaka : Effect of Low-intensity Pulsed Ultrasound on ATDC5 Cells Under Inflammation, 95th General Session & Exhibition of the IADR program book, (巻), (号), (頁), San Francisco, March 2017..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Fas/S1P1 signaling controls temporomandibular joint subchondral bone remodeling in autoimmune-arthritis., 95th General Session & Exhibition of the IADR program book, 243, San Francisco, March 2017..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Akiko Mino, Takehiro Shinohara, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Fas/S1P1 crosstalk via NF-B activation in osteoclasts controls subchondral bone remodeling in murine TMJ arthritis, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.490, No.4, 1274-1281, 2017..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Akihiko Iwasa, Akiko Mino, Tsendsuren Khurelochir, Hiroki Mori and Eiji Tanaka : Role of hypoxia inducible factor-1 alpha in the palatal wound healing, The 76th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society Academic Exhibits (AE-012), 309, Oct. 2017..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Hiroki Mori, Tsendsuren Khurel-Ochir, Akiko Mino, Akihiko Iwasa, Eiji Tanaka and Takashi Izawa : HIF-1alpha regulates the palatal wound healing through M1/M2 macrophage reprogramming, 96th General Session & Exhibition of the IADR, 214, London, July 2018..[著者] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Hiroki Mori, Tsendsuren Khurel-Ochir, Akiko Mino, Akihiko Iwasa, Eiji Tanaka and Takashi Izawa : HIF1α modulates the palatal wound healing via M1/M2 marcophage reprogramming., 第66回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会(JADR2018), (巻), (号), (頁), Nov. 2018..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.61, Max(EID) = 382164, Max(EOID) = 1020881.