『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 宮城 愛

登録情報の数

有効な情報: 23件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 24件

全ての有効な情報 (23件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(23)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yoshimichi Miyazaki, Ai Miyashiro, Yoshimitsu Simatani, Naoko Matsui, Koutaro Asanuma, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : A case of cryptococcal meningitis successfully treated with liposomal amphotericin-B, Fulcytosine, and Voriconazole, Journal of Tokushima National Hospital, Vol.1, 31-34, 2010..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 宮城 愛, 島谷 佳光, 浅沼 光太郎, 野寺 裕之, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 川西 健登, 丸山 博文, 川上 秀史 : SOD1遺伝子変異(G93S)をともなった家族性筋萎縮性側索硬化症の1家系, 臨床神経学, Vol.50, No.3, 193, 2010年(0月)..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 宮城 愛, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : t-PA治療が奏功した超高齢発症脳梗塞の2例, 日本老年医学会雑誌, Vol.48, No.4, 418, 2011年(0月)..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 高松 直子, 宮城 愛, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 筋エコーにより筋炎の関与が判明した右房拡張症の一例, 神経超音波医学, Vol.24, No.1, 12-14, 2011年..[著者] ...
閲覧 清水 文祟, 佐野 泰照, 斉藤 和幸, 安部 真彰, 前田 敏彦, 春木 明代, 松井 尚子, 宮城 愛, 梶 龍兒, 神田 隆 : 多巣性運動ニューロパチー血清は血液神経関門を破綻させる, 第53回日本神経学会学術大会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 Ryosuke Miyamoto, Satoshi Goto, Wataru Sako, Ai Miyashiro, Isabelle Kim, Fabienne Escande, Masafumi Harada, Ryoma Morigaki, Koutaro Asanuma, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Generalized dystonia in a patient with a novel mutation in the GLUD1 gene, Movement Disorders, Vol.27, No.9, 1198-1199, 2012..[著者] ...
閲覧 Naoko Matsui, Ai Miyashiro, Yoshimitsu Shimatani, Hiroyuki Nodera, Yuishin Izumi, Satoshi Kuwabara, Masayuki Baba, Tetsuo Komori, Masahiro Sonoo, Takahiro Mezaki, Jun Kawamata, Takefumi Hitomi, Tomihiro Imai, Nobuo Kohara, Kimiyoshi Arimura, Kokichi Arisawa, Susumu Kusunoki and Ryuji Kaji : Diagnostic spectrum of multifocal motor neuropathy, Clinical & Experimental Neuroimmunology, Vol.4, No.2, 210-215, 2013..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 宮城 愛, 梶 龍兒 : 多巣性運動ニューロパチー(MMN)の疫学・病態と治療, 特集:免疫性神経疾患, Vol.71, No.5, 861-864, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 Ryosuke Miyamoto, Hidetaka Koizumi, Hiroyuki Morino, Toshitaka Kawarai, Hirofumi Maruyama, Yohei Mukai, Ai Miyashiro, Wataru Sako, Yuishin Izumi, Hideshi Kawakami and Ryuji Kaji : DYT6 in Japan-genetic screening and clinical characteristics of the patients., Movement Disorders, Vol.29, No.2, 278-280, 2013..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 宮本 亮介, 宮城 愛, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 塩酸ドネペジルにて歩行障害の改善を見たiNPHの一例, パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 105, 2014年(0月)..[著者] ...
閲覧 Ai Miyashiro, Naoko Matsui, Yoshimitsu Shimatani, Hiroyuki Nodera, Yuishin Izumi, Satoshi Kawabata, Tomihiro Imai, Masayuki Baba, Tetsuo Komori, Masahiro Sonoo, Takahiro Maezaki, Jun Kawamata, Takefumi Hitomi, Nobuo Kohara, Kimiyoshi Arimura, Shuji Hashimoto, Kokichi Arisawa, Susumu Kusunoki and Ryuji Kaji : Are multifocal motor neuropathy patients underdiagnosed? An epidemiological survey in Japan, Muscle & Nerve, Vol.49, No.3, 357-361, 2014..[著者] ...
閲覧 Fumitaka Shimizu, Masatoshi Omoto, Yasuteru Sano, Naoko Matsui, Ai Miyashiro, Ayako Tasaki, Toshihiko Maeda, Michiaki Koga, Ryuji Kaji and Takashi Kanda : Sera from patients with multifocal motor neuropathy disrupt the blood-nerve barrier, Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.85, No.5, 526-537, 2014..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 宮城 愛, 藤田 浩司, 阿部 考志, 梶 龍兒 : T1強調画像における基底核高信号, (発行所), (都市), 2014年6月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Furukawa, Naoko Matsui, Koji Fujita, Ai Miyashiro, Hiroyuki Nodera, Yuishin Izumi, Fumitaka Shimizu, Katsuichi Miyamoto, Yukitoshi Takahashi, Takashi Kanda, Susumu Kusunoki and Ryuji Kaji : Increased proinflammatory cytokines in sera of patients with multifocal motor neuropathy., Journal of the Neurological Sciences, Vol.346, No.1-2, 75-79, 2014..[著者] ...
閲覧 武藤 浩平, 酒井 和香, 松井 尚子, 沖 良祐, 梶 誠兒, 武内 俊明, 丸山 恵子, 大崎 裕亮, 山本 伸昭, 宮城 愛, 野寺 裕之, 樋口 理, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 当初ALSを疑われた高齢発症抗MuSK抗体陽性MGの一例, 第97回日本神経学会 中国・四国地方会, 2014年12月..[著者] ...
閲覧 宮城 愛, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 阿部 考志, 寺澤 由佳, 梶 龍兒 : 大脳半球に多発するT2*強調画像の点状低信号, (発行所), (都市), 2015年2月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 宮城 愛, 藤田 浩司, 阿部 考志, 里見 淳一郎, 梶 龍兒 : 亜急性に経過した基底核・脳幹部病変, (発行所), (都市), 2015年5月..[著者] ...
閲覧 古川 貴大, 松井 尚子, 宮城 愛, 野寺 裕之, 藤田 浩司, 清水 文祟, 宮本 勝一, 高橋 幸利, 神田 隆, 楠 進, 梶 龍兒 : MMNのサイトカイン・ケモカインプロファイル, 第56日本神経学会学術大会, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 宮﨑 由道, 大崎 裕亮, 宮城 愛, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 藤田 浩司, 野寺 裕之, 梶 龍兒 : ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果, 第26回日本神経免疫学会学術集会, 2015年9月..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 宮城 愛, 古川 貴大 : 多巣性運動ニューロパチー(MMN)の疫学・症状と神経症候・発症機序, 日本臨牀, Vol.73, No.7, 422-426, 2015年9月..[著者] ...
閲覧 Shimizu Fumitaka, Oishi Mariko, Sawai Setsu, Beppu Minako, Misawa Sonoko, Naoko Matsui, Ai Miyashiro, Maeda Toshihiko, Takeshita Yukio, Nishihara Hideaki, Sano Yasuteru, Sato Ryota, Ryuji Kaji, Kuwabara Satoshi and Kanda Takashi : Increased IP-10 production by blood-nerve barrier in multifocal acquired demyelinating sensory and motor neuropathy and multifocal motor neuropathy, Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.90, No.4, 444-450, 2018..[著者] ...
閲覧 東 慶輝, 宮武 聡子, 宮城 愛, 瓦井 俊孝 : 一卵性双生児の発症者と非発症者ともに病的モザイク変異を認めたSETX-ALS4症例, 日本人類遺伝学会第64回大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 宮城 愛, 瓦井 俊孝, 山﨑 博輝 : AIFM1遺伝子変異により感音性難聴と感覚性末梢神経障害を認めた一例, 第107回日本神経学会中国・四国地方会, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.06, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996374.