『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.歯学部.歯学科.基礎口腔科学講座.口腔微生物学

登録情報の数

有効な情報: 58件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 59件

全ての有効な情報 (58件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(58)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(58)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 細木 秀彦, 高木 康里, 岩崎 裕一, 上村 修三郎, 天眞 覚, 弘田 克彦, 河田 照茂, 吉田 秀夫, 佐藤 光信 : 外科的矯正手術患者の経時的観察, --- 手術後の下顎頭の形態変化と下顎頭の位置変化 ---, 歯科放射線, Vol.30, No.3, 185-191, 1990年..[組織] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Hideo Kanitani, Ken Nemoto, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Cross-reactivity between human sialyl Lewisx oligosaccharide and common causative oral bacteria of infective endocarditis, FEMS Immunology and Medical Microbiology, Vol.12, No.2, 159-164, 1995..[組織] ...
閲覧 三宅 洋一郎 : Bacterial Adherenceを考える, 侵襲と免疫, Vol.4, No.1, 10-16, 1995年1月..[組織] ...
閲覧 Ken Nemoto, Ro Osawa, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : An investigation of gram-negative tannin-protein complex degrading bacteria in fecal flora of various mammals, The Journal of Veterinary Medical Science, Vol.57, No.5, 921-926, 1995..[組織] ...
閲覧 三宅 洋一郎, 杉中 秀壽, 藤原 政治, 碓井 亞 : Pazufloxacinの固層に付着した細菌に対するIn vitro抗菌力, 日本化学療法学会雑誌, Vol.43, No.S-2, 66-71, 1995年..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 市川 哲雄, 柏原 稔也, 根本 謙, 小野 恒子, 村上 欣也, 松尾 敬志, 松本 直之, 三宅 洋一郎 : Candida albicans biofilm modelの作製と電解水の抗biofilm効果, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.10, 30-35, 1996年1月..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : アパタイトインプラントの細菌学的考察, DE, Vol.116, 34-37, 1996年1月..[組織] ...
閲覧 三宅 洋一郎 : カンジダ属,Staphylococcus aureus付着の解析および抗菌薬抵抗性における役割, 四国歯学会雑誌, Vol.8, No.2, 127-139, 1996年1月..[組織] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Ro Osawa, Ken Nemoto, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Highly expressed human sialyl Lewisx antigen on cell surface of Streptococcus gallolyticus, The Lancet, Vol.347, No.9003, 760, 1996..[組織] ...
閲覧 Takashi Matsuura, Yoichiro Miyake, Seiji Nakashima, Hitoshi Komatsuzawa, Yasumasa Akagawa and Hidekazu Suginaka : Isolation and characterization of teichoic acid-like substance as an adhesin of Staphylococcus aureus to HeLa cells, Microbiology and Immunology, Vol.40, No.4, 247-254, 1996..[組織] ...
閲覧 T. Matsuura, A. Kohada, T. Yamamoto, Yoichiro Miyake, Y. Akagawa, H. Suginaka and H. Tsuru : High incidence of Staphylococcus aureus] from dentures and tongues of maxillary resection patients, Oral Microbiology and Immunology, Vol.12, 354-357, 1997..[組織] ...
閲覧 村上 欣也, 弘田 克彦, 根本 謙, 小野 恒子, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusの抗sialyl-Lewisx (CD15s)抗体誘導能, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.11, 14-20, 1997年1月..[組織] ...
閲覧 米山 武義, 相羽 寿史, 太田 昌子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 橋本 賢二, 岡本 浩 : 特別養護老人ホーム入所者における歯肉炎の改善に関する研究, 日本老年医学会雑誌, Vol.34, No.2, 120-124, 1997年..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 米山 武義, 太田 昌子, 橋本 賢二, 三宅 洋一郎 : プロフェッショナル·オーラル·ヘルス·ケアを受けた高齢者の咽頭細菌数の変動, 日本老年医学会雑誌, Vol.34, No.2, 125-129, 1997年..[組織] ...
閲覧 Junji Suzuki, Hitoshi Komatsuzawa, Motyoyuki Sugai, Takako Suzuki, Katsuyuki Kozai, 三宅 洋一郎, Hidekazu Suginaka, Nobuo Nagasaka : A long-term survey of methicillin-resistant Staphylococcus aureus in the oral cavity of children, Microbiology and Immunology, Vol.41, No.9, 681-686, 1997年..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 小児の口腔内病原微生物と感染防止策, 小児歯科臨床, Vol.3, No.1, 29-40, 1998年1月..[組織] ...
閲覧 Seiji Fujiwara, Yoichiro Miyake, Tsuguru Usui and Hidekazu Suginaka : Effect of adherence on antimicrobial susceptivility of Pseudomonas aeruginosa, Serratia marcescens and {Proteus mirabilis}, Hiroshima Journal of Medical Sciences, Vol.47, No.1, 1-5, 1998..[組織] ...
閲覧 Katsuhiko Hirota, Kinya Murakami, Ken Nemoto, Tsuneko Ono, Takashi Matsuo, Hiromi Kumon and Yoichiro Miyake : Fosfomycin reduces CD15s-related antigen expression of Streptococcus pyogenes, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.42, No.5, 1083-1987, 1998..[組織] ...
閲覧 三宅 洋一郎 : 誤嚥性肺炎の発症における口腔細菌の役割と細菌学的にみた口腔ケアの意義, 歯界展望, Vol.91, No.6, 1298-1303, 1998年6月..[組織] ...
閲覧 三宅 洋一郎 : Staphylococcus aureusの付着, 皮膚, Vol.40, No.20, 46-51, 1998年12月..[組織] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 谷口 和子, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌における抗菌薬抵抗性変異株の分離とその性状, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.13, 23-25, 1999年1月..[組織] ...
閲覧 宮武 光吉, 三宅 洋一郎, 飯島 理, 糟谷 正, 神川 正 : 社会福祉施設等入所者口腔内状態改善研究モデル事業報告書, (誌名), 浜松, 1999年3月..[組織] ...
閲覧 Ken Nemoto, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Kinya Murakami, Keiji Murakami, Daisuke Nagao and Yoichiro Miyake : Effect of varidase (streptokinase) on biofilm formed by Staphylococcus aureus, Chemotherapy, Vol.46, No.2, 111-115, 2000..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 村田 広美, 湯本 浩通, 大倉 一人, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : レンサ球菌のヒストン様蛋白質の構造解析, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.14, 6-8, 2000年1月..[組織] ...
閲覧 石川 昭, 米山 武義, 三宅 洋一郎, 宮武 光吉 : 口腔ケアによる咽頭細菌数の変動, 看護技術, Vol.46, No.1, 82-86, 2000年1月..[組織] ...
閲覧 三宅 洋一郎, 谷口 和子 : 唾液と口腔微生物, 小児歯科臨床, Vol.5, No.2, 28-36, 2000年2月..[組織] ...
閲覧 Kinya Murakami, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Effect of antibiotics on CD15s-related antigen expressed on the Streptococcus anginosus group, Dentistry in Japan, Vol.36, 22-27, 2000..[組織] ...
閲覧 Tsuneko Ono, Sumiko Shiota, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto, Tomofusa Tsuchiya and Yoichiro Miyake : Susceptibilities of Oral and Nasal Isolates of Streptococcus mitis and Streptococcus oralis to Macrolides and PCR Detection of Resistance Genes, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.44, No.4, 1078-1080, 2000..[組織] ...
閲覧 足立 敦, 鴨井 久一, 三宅 洋一郎, 遊佐 典子 : 臨床検査を歯科医療にどう活かすか, 歯界展望, Vol.96, No.6, 1206-1223, 2000年12月..[組織] ...
閲覧 Sizuo Kitano, Kenji Irimura, Toru Sasaki, Naoko Abe, Atsuyo Baba, Yoichiro Miyake, Nobuhiko Katunuma and Kenji Yamamoto : Suppression of gingival inflammation induced by Porphyromonas gingivalis in rats by leupeptin, The Japanese Journal of Pharmacology, Vol.85, No.1, 84-91, 2001..[組織] ...
閲覧 村上 圭史, 谷口 和子, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌抗菌薬抵抗性におけるストレス反応の影響, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.15, 27-30, 2001年1月..[組織] ...
閲覧 谷口 和子, 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 根本 謙, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌におけるBIPM抵抗性変異株の作成, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.15, 22-26, 2001年1月..[組織] ...
閲覧 村上 圭史 : 緑膿菌におけるストレス反応と抗菌薬抵抗性, 四国歯学会雑誌, Vol.14, No.1, 163-175, 2001年..[組織] ...
閲覧 奥井 学, 日比野 豊, 弘田 克彦, 西野 瑞穗, 三宅 洋一郎, 粟津 邦男 : PBIIでフッ素イオン注入した口腔内装置用材料の細菌付着抑制効果に関する研究, 生体材料, Vol.20, No.2, 55-62, 2002年..[組織] ...
閲覧 三宅 洋一郎 : 口腔細菌のクオラムセンシング, 歯界展望, Vol.99, No.6, 1322-1323, 2002年6月..[組織] ...
閲覧 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : バイオフィルムにおける遺伝子発現とクオラムセンシング, 歯界展望, Vol.100, No.3, 612-613, 2002年9月..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : アンギノーサス群レンサ球菌とは?, 歯界展望, Vol.100, No.6, 1348-1349, 2002年12月..[組織] ...
閲覧 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 口腔細菌とQuorum sensing, 四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 251-256, 2003年1月..[組織] ...
閲覧 Ken Nemoto, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Kazuko Taniguti, Hiromi Murata, Darija Viducic and Yoichiro Miyake : Effect of varidase (streptodornase) on biofilm formed by Pseudomonas aeruginosa, Chemotherapy, Vol.49, No.3, 121-125, 2003..[組織] ...
閲覧 Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai : Correlation between resistance of Pseudomonas aeruginosa to quaternary ammonium compounds and expression of outer membrane protein OprR, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.47, No.7, 2093-2099, 2003..[組織] ...
閲覧 梅本 俊夫, 奥田 克爾, 中山 浩次, 三宅 洋一郎 : 新歯科衛生士教本 微生物学 第2版, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年3月..[組織] ...
閲覧 (種別) : 矢納 義高, 三宅 洋一郎, 市川 哲雄 : オーラルケアにおけるエリスリトールの有用性, Fregrance Journal, Vol.36, No.6, 13-18, (発行所), (都市), 2008年(0月)..[組織] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.21, 49-53, 2008年..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 米山 武義, 栗原 正紀, 宮本 寛, 坂本 まゆみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 摂食嚥下障害のある脳血管障害患者と緑膿菌, はち・まる・にい・まる 8020, No.7, 108-109, 2008年1月..[組織] ...
閲覧 Haruta Ikuko, Kikuchi Ken, Hashimoto Etsuko, Kato Hidehito, Katsuhiko Hirota, Kobayashi Makio, Yoichiro Miyake, Uchiyama Takehiko, Yagi Junji and Shiratori Keiko : A Possible role of histone-like DNA-binding protein of Streptococcus intermedius in the pathogenesis of bile duct damage in primary biliary cirrhosis, Clinical Immunology, Vol.127, No.2, 245-251, 2008..[組織] ...
閲覧 A Ishikawa, T Yoneyama, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and K Miyatake : Professional oral health care reduces the number of oropharyngeal bacteria, Journal of Dental Research, Vol.87, No.6, 594-598, 2008..[組織] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構と抗菌薬抵抗性の蛍光染色法による解析, 第56回日本化学療法学会総会, 2008年6月..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, Heni Susilowati, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死, 第17回Lancefielfレンサ球菌研究会 2008, 2008年7月..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusが誘導するヒト胆管上皮細胞死の分子機構の解明, 第50回歯科基礎医学会学術大会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性の蛍光染色法による解析, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月..[組織] ...
閲覧 Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Shizuo Kayama, Taniguchi Tomonori, Yamamoto Akitake, Tsuneko Ono, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Heterologous expression of a histone-like protein from Streptococcus intermedius in Escherichia coli alters the nucleoid structure and inhibits the growth of E. coli, FEMS Microbiology Letters, Vol.288, No.1, 68-75, 2008..[組織] ...
閲覧 Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The molecular mechanism for Streptococcus intermedius intermedilysin-induced cell death inhuman cholangiocellular carcinoma cells, International Joint Symposium Frontier in Biomedical Sciences: From Genes to Applications, Yogyakarta, Nov. 2008..[組織] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌の抗菌薬抵抗性に影響を与える因子について, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 421-422, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構とrpoS遺伝子がofloxacin抵抗性に及ぼす影響について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構に関する研究 ∼蛍光染色法による解析∼, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 劉 大力, 周 彦王分, 湯本 浩通, 鹿山 鎭男, 李 超倫, 梁 景平, 三宅 洋一郎, 束 蓉 : Purification of recombinant Porphyromonas gingivalis DnaK and creation of its mutant, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株の付着表現型におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される小胞体異常とgp210の細胞内分布の変動, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.16, Max(EID) = 407829, Max(EOID) = 1104850.