『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 鄭 丞弼

登録情報の数

有効な情報: 64件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 64件

全ての有効な情報 (64件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(3)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 小野 公嗣, 朴 煥埼, 川添 僚也, 岩名 沙奈恵, 鄭 丞弼, Rabab Abou EL-Magd, 冨田 優美子, 頼田 和子, 福井 清 : 脳内におけるD-アミノ酸酸化酵素の遺伝子発現, 第47回日本生化学会中四国支部例会, 2006年5月..[著者] ...
閲覧 岩名 沙奈恵, 頼田 和子, 川添 僚也, 小野 公嗣, 鄭 丞弼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 朴 煥埼, 福井 清 : 向精神薬クロルプロマジンとその光反応産物によるD-アミノ酸酸化酵素の活性阻害, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年5月..[著者] ...
閲覧 Koji Ono, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Seongpil Chung, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yumiko Tomita, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Gene Expression of D-Amino Acid Oxidase in the brain, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, June 2006..[著者] ...
閲覧 Sanae Iwana, Kazuko YORITA, Tomoya Kawazoe, Koji Ono, Akiko Kita, Seongpil Chung, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Hwan Ki Park and Kiyoshi Fukui : Inhibitory effect of an antipsychotic, chlorpromazine, and its derivative on D-amino acid oxidase, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, June 2006..[著者] ...
閲覧 岩名 沙奈恵, 川添 僚也, 朴 煥埼, 小野 公嗣, 鄭 丞弼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 頼田 和子, 福井 清 : 向精神薬クロルプロマジンの光反応産物によるD-アミノ酸酸化酵素の活性阻害, 第408回ビタミンB研究協議会, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 岩名 沙奈恵, 川添 僚也, 朴 煥埼, 小野 公嗣, 鄭 丞弼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 頼田 和子, 福井 清 : 向精神薬クロルプロマジンの光反応産物によるD-アミノ酸酸化酵素の活性阻害, 日本ビタミン学会第59回大会, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 小野 公嗣, 朴 煥埼, 川添 僚也, 岩名 沙奈恵, 鄭 丞弼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : ラット脳内におけるD-アミノ酸酸化酵素の遺伝子発現解析, 第3回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 鄭 丞弼, 朴 煥埼, 小野 公嗣, 川添 僚也, 岩名 沙奈恵, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : D-アミノ酸酸化酵素を過剰発現させたラットC6グリオーマ細胞株のプロテオミクス解析, 第3回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 Koji Ono, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Seongpil Chung, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Gene expression of D-amino acid oxidase in rat brain, The 30th Annual Meetings of the Molecular Biology Society of Japan/The 80th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Dec. 2007..[著者] ...
閲覧 Seongpil Chung, Hwan Ki Park, Koji Ono, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Proteomics analysis of the rat C6 glioma cells: comparison with DAO-overexpressing cells, The 30th Annual Meetings of the Molecular Biology Society of Japan/The 80th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Dec. 2007..[著者] ...
閲覧 Rabab Mohamed Abou El-Magd, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Seongpil Chung, Kazuko YORITA and Kiyoshi Fukui : The Effect of Risperidone on D-Amino Acid Oxidase Activity as a Hypothesis for Treatment of Schizophrenia, 第49回日本生化学会中国四国支部例会, May 2008..[著者] ...
閲覧 朴 煥埼, 鄭 丞弼, Rabab Abou El-Magd, 小野 公嗣, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : 脳内D-セリン代謝システムにおけるD-アミノ酸酸化酵素役割及び代謝産物の細胞毒性, 日本ビタミン学会第60回大会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 鄭 丞弼, 朴 煥埼, 小野 公嗣, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 頼田 和子, 宍戸 裕二, 坂井 隆志, 福井 清 : 脳内D-セリン代謝システムにおけるD-アミノ酸酸化酵素の役割及び代謝産物の細胞死誘導活性, 第4回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 Rabab M. Abou El-Magd, 朴 煥埼, 川添 僚也, 岩名 沙奈恵, 小野 公嗣, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 福井 清 : The Effect of Risperidone on D-Amino Acid Oxidase Activity as a Hypothesis for Treatment of Schizophrenia, 第4回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 Seongpil Chung, Hwan Ki Park, Koji Ono, Rabab M. Abou El-Magd, Yuji Shishido, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Proteomic and genomic analyses of rat glioma cells overexpressing D-amino acid oxidase, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会, Dec. 2008..[著者] ...
閲覧 小野 公嗣, 朴 煥埼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 鄭 丞弼, 宍戸 裕二, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : 脳内におけるD-アミノ酸酸化酵素遺伝子の発現:ヒトおよびラット脳におけるRNA並びにタンパク質レベルでの解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会, 2008年12月..[著者] ...
閲覧 宍戸 裕二, 鄭 丞弼, 朴 煥埼, 坂井 隆志, 福井 清 : D-アミノ酸酸化酵素のグリア細胞特異的発現, 50回日本生化学会中国四国支部例会, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 Rabab Mohamed Abou El-Magd, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : The Effect of Risperidone on D-Amino Acid Oxidase Activity as a Hypothesis for a Novel Mechanism of Action in the Treatment of Schizophrenia, 日本ビタミン学会第61回大会, May 2009..[著者] ...
閲覧 Seongpil Chung, Hwan Ki Park, Koji Ono, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Genomic and proteomic analysis of rat glioma cells overexpressing D-amino acid oxidase and stimulated with D-serine, 日本ビタミン学会第61回大会, May 2009..[著者] ...
閲覧 Kiyoshi Fukui, Sanae Iwana, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Tomoya Kawazoe, Koji Ono, Seongpil Chung, Yuji Shishido, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : Modulation of D-amino acid oxidase activity as a novel strategy for the treatment of schinophrenia, The 1st International Conference of D-amino Acid Research, Awaji, July 2009..[著者] ...
閲覧 Koji Ono, Yuji Shishido, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Seongpil Chung, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Kazuko YORITA, Mai Okano, Takeshi Watanabe, Nobuya Sano, Yoshimi Bando, Kunimasa Arima, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Potential pathophysiological role of D-amino acid oxidase in schizophrenia: immunohistochemical and in situ hybridization study of the expression in human and rat brain, Journal of Neural Transmission, Vol.116, No.10, 1335-1347, 2009..[著者] ...
閲覧 小野 公嗣, 宍戸 裕二, 朴 煥埼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 佐野 暢哉, 有馬 邦正, 坂井 隆志, 石村 和敬, 福井 清 : 免疫組織化学とin situ hybridization法を用いたヒトおよびラット脳におけるD- アミノ酸酸化酵素の発現解析, 第50回日本組織細胞化学会総会・学術集会, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 小野 公嗣, 宍戸 裕二, 朴 煥埼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 佐野 暢哉, 有馬 邦正, 坂井 隆志, 石村 和敬, 福井 清 : 免疫組織化学と in situ hybridization 法を用いたヒトおよびラット脳における D-アミノ酸酸化酵素の発現解析, 第50回日本組織細胞化学会総会・学術集会, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 福井 清, 岩名 沙奈恵, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 川添 僚也, 小野 公嗣, 鄭 丞弼, 宍戸 裕二, 頼田 和子, 坂井 隆志 : 統合失調症治療薬の新規作用メカニズムとしてのD-アミノ酸酸化酵素の活性修飾, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 小野 公嗣, 宍戸 裕二, 朴 煥埼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 佐野 暢哉, 有馬 邦正, 坂井 隆志, 福井 清 : 統合失調症におけるD-アミノ酸酸化酵素遺伝子の病態生理学的役割:ヒトおよびラット脳におけるRNA並びにタンパク質レベルでの解析, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 Kiyoshi Fukui, Sanae Iwana, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Tomoya Kawazoe, Koji Ono, Seongpil Chung, Yuji Shishido, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : Modulation of D-Amino Acid Oxidase Activity as a Novel Strategy for the Treatment of Schizophrenia, The 1st Meeting of the Asian College of Neuropsychopharmacology, Kyoto, Nov. 2009..[著者] ...
閲覧 宋 瑩, 鄭 丞弼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 頼田 和子, 宍戸 裕二, 坂井 隆志, 福井 清 : D-セリン代謝システムにおける D-アミノ酸酸化酵素の役割及び代謝産物の細胞毒性, 第51回日本生化学会中国四国支部例会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 鄭 丞弼, 宋 瑩, 朴 煥埼, 曽我部 公子, 小野 公嗣, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 頼田 和子, 宍戸 裕二, 坂井 隆志, 福井 清 : アストログリア細胞内のD-セリン代謝システムにおけるD-アミノ酸酸化酵素の役割及び代謝産物の細胞死誘導活性, 日本ビタミン学会第62回大会, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 小野 公嗣, 宍戸 裕二, 朴 煥埼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 佐野 暢哉, 有馬 邦正, 坂井 隆志, 石村 和敬, 福井 清 : 脈絡叢におけるD-アミノ酸酸化酵素発現の病態生理学的役割:ヒトおよびラット脳におけるRNA並びにタンパク質レベルでの解析, 日本ビタミン学会第62回大会, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 佐古 有季哉, 鄭 丞弼, 坂井 隆志, 福井 清 : 新規アポトーシス誘導因子Nuclingのホモシステイン代謝系における関与, 日本ビタミン学会第62回大会, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 Rabab Mohamed Abou El-Magd, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Seongpil Chung, Motoshige Miyano, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : The Effect of Risperidone on D-Amino Acid Oxidase Activity as a Hypothesis for a Novel Mechanism of Action in the Treatment of Schizophrenia, Journal of Psychopharmacology, Vol.24, No.7, 1055-1067, 2010..[著者] ...
閲覧 Kiyoshi Fukui, Koji Ono, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Sanae Iwana, Tomoya Kawazoe, Seongpil Chung, Ying Song, Yuji Shishido, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : D-amino acid oxidase: pathophysiological basis and molecular target for schizophrenia, the 12th IUBMB Conference, the 21st FAOBMB Conference and the ComBio2010 meeting, Melbourne, Sep. 2010..[著者] ...
閲覧 Seongpil Chung, Sogabe Kimiko, Hwan Ki Park, Ying Song, Koji Ono, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Potential cytotoxic effect of hydroxypyruvate produced from D-serine by astroglial D-amino acid oxidase, The Journal of Biochemistry, Vol.148, No.6, 743-753, 2010..[著者] ...
閲覧 モハメド エルサイード サラ, モハメド アブ エルマグド ラバブ, 宍戸 裕二, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 坂井 隆志, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 福井 清 : D-アミノ酸酸化酵素の遺伝子導入により,グリオーマ細胞では,3-ブロモピルビン酸の解糖系への阻害作用が増強される, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 鄭 丞弼, 曽我部 公子, 朴 煥埼, 宋 瑩, 小野 公嗣, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 宍戸 裕二, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : Potential cytotoxic effect of hydroxypyruvate produced from D-serine by astroglial D-amino acid oxidase, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 鄭 丞弼, 宋 瑩, 朴 煥埼, 頼田 和子, 宍戸 裕二, 坂井 隆志, 福井 清 : D-セリン代謝産物ヒドロキシピルビン酸の細胞死誘導活性, 日本農芸化学会中四国支部第29回講演会 日本ビタミン学会中国・四国地区第1回講演会 合同講演会, 2011年1月..[著者] ...
閲覧 Salah El-Sayed Mohamed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : DAO gene therapy sensitizes glioma cell selectively to anti-glycolytic effect of 3-bromopyruvate, 日本農芸化学会中四国支部第29回講演会 日本ビタミン学会中国・四国地区第1回講演会 合同講演会, Jan. 2011..[著者] ...
閲覧 Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui : D-amino acid oxidase gene therapy sensitizes glioma cells to the anti-glycolytic effect of 3-bromopyruvate, 第52回 日本生化学会中国・四国支部例会・シンポジウム, May 2011..[著者] ...
閲覧 福井 清, 川添 僚也, 岩名 沙奈恵, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 小野 公嗣, 鄭 丞弼, エルサイード モハメド サラ, 篠原 久美子, 宍戸 裕二, 頼田 和子, 坂井 隆志 : D-アミノ酸酸化酵素の活性制御による新規精神神経疾患治療戦略, 第7回 D-アミノ酸研究会学術講演会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 鄭 丞弼, 宋 瑩, 朴 煥埼, 宍戸 裕二, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : アストログリア細胞内の D-アミノ酸酸化酵素により D-セリンから産生されるヒ ドロキシピルビン酸の細胞死誘導活性, 第7回 D-アミノ酸研究会学術講演会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 エルサイード モハメド サラ, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 宍戸 裕二, 鄭 丞弼, 坂井 隆志, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 福井 清 : D-アミノ酸酸化酵素の遺伝子導入により,グリオーマ細胞では,3-ブロモピル ビン酸の解糖系への阻害作用が増強される, 第7回 D-アミノ酸研究会学術講演会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 Kiyoshi Fukui, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Koji Ono, Seongpil Chung, Salah Mohamed El-Sayed, Kumiko Shinohara, Diem Hong Tran, Yuji Shishido, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : Modulation of D-amino acid oxidase activity as a novel strategy for the treatment of psychiatric disorders, Function and dysfunction of D-amino acids in the central nervous system, Tokyo, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui : Combination of oxidative stress and energy depletion induced significant glioma cell death, The 84th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 福井 清, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 鄭 丞弼, エルサイード モハメド サラ, チャン ホン ディエム, 篠原 久美子, 宍戸 裕二, 頼田 和子, 坂井 隆志 : D-アミノ酸代謝システムの活性制御による新規精神神経疾患治療戦略, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui : D-amino acid oxidase gene therapy sensitizes glioma cells to the antiglycolytic effect of 3-bromopyruvate, Cancer Gene Therapy, Vol.19, No.1, 1-18, 2012..[著者] ...
閲覧 Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Diem Hong Tran, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui : 3-Bromopyruvate antagonizes effects of lactate and pyruvate, synergizes with citrate and exerts novel anti-glioma effects, Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.44, No.1, 61-79, 2012..[著者] ...
閲覧 鄭 丞弼, チャン ホン ディエム, 頼田 和子, 宍戸 裕二, 坂井 隆志, 福井 清 : アストログリア細胞におけるD-セリン代謝産物ヒドロキシピルビン酸の細胞死誘導活性, 第53回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 鄭 丞弼, 宍戸 裕二, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : D-アミノ酸酸化酵素関連遺伝子の発現に関するマイクロアレイ並びにプロテオミクス解析, 日本ビタミン学会第64回大会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 福井 清, エルサイード モハメド サラ, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 宍戸 裕二, 鄭 丞弼, チャン ホン ディエム, 坂井 隆志 : Oxidative stress-energy depletion therapy as a new treatment modality for cancer, 日本ビタミン学会第64回大会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 佐古 有季哉, 鄭 丞弼, 金 善美, Huy Van Dang, 中田 理恵子, 坂井 隆志, 福井 清 : ホモシステイン代謝系における新規NF-κB制御因子ヌクリングの関与, 日本ビタミン学会第64回大会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 小野 公嗣, 宍戸 裕二, 朴 煥埼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 佐野 暢哉, 有馬 邦正, 坂井 隆志, 石村 和敬, 福井 清 : 統合失調症におけるD-アミノ酸酸化酵素の病態生理学的役割:ヒトおよびラット脳内における組織化学的発現解析, ビタミン, Vol.86, No.7, 395-397, 2012年..[著者] ...
閲覧 Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Kazuko YORITA, Seongpil Chung, Diem Hong Tran, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui : D-Amino acid oxidase-induced oxidative stress, 3-bromopyruvate and citrate inhibit angiogenesis, exhibiting potent anticancer effects, Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.44, No.5, 513-523, 2012..[著者] ...
閲覧 坂井 隆志, 佐古 有季哉, 鄭 丞弼, 金 善美, ダン ヴァン フイ, 中田 理恵子, 福井 清 : 新規NF-κB制御分子ヌクリングは非アルコール性脂肪肝及び糖尿病発症抑制に重要である, 第16回日本心血管内分泌代謝学会学術総会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 宍戸 裕二, チャン ホン ディエム, 森本 佳奈, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : グリア細胞におけるD-アミノ酸酸化酵素遺伝子の発現機構の解析, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 Diem Hong Tran, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Induction and regulation of gene expression of D-amino acid oxidase in LLC-PK1 cells, The 85th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Dec. 2012..[著者] ...
閲覧 Kiyoshi Fukui, Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Diem Hong Tran and Takashi Sakai : Oxidative Stress-Energy Deplation Therapy as a New Treatment Modality for Glioma, Miami 2013 Winter Symposium: The Molecular Basis of Metabolism and Nutrition, Miami, Feb. 2013..[著者] ...
閲覧 Kiyoshi Fukui, Yoshiteru Urai, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Seongpil Chung, Salah Mohamed El-Sayed, Diem Hong Tran, Yuji Shishido, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : Medical Aspects of D-Amino Acid Metabolism: Molecular Target for Cancer Gene Therapy and Schizophrenia, The 1st GENE AND IMMUNOTHERAPY CONFERENCE, Ho Chi Minh, March 2013..[著者] ...
閲覧 Kiyoshi Fukui, Yoshiteru Urai, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Seongpil Chung, Salah Mohamed El-Sayed, Diem Hong Tran, Yuji Shishido, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : Medical Aspects of D-Amino Acid Metabolism: Molecular Target for Cancer Gene Therapy and Schizophrenia, FAOBMB Mini-Symposium Molecular Bases for Medical and Pharmaceutical Sciences, Yahaba, April 2013..[著者] ...
閲覧 鄭 丞弼, 谷口 貴子, Tani Naoki, 谷口 寿章 : Dansyl-labeling reversed-phase liquid chromatography- and mass spectrometry-based metabolomic investigation of human urine sample, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 Kiyoshi Fukui, Yoshiteru Urai, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Seongpil Chung, Salah Mohamed El-Sayed, Diem Hong Tran, Hirofumi Sogabe, Takanaga Ako, Yuji Shishido, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : D-AMINO ACID METABOLISM IN HEALTH AND DISEASES: PATHOPHYSIOLOGICAL BASES FOR SCHIZOPHRENIA AND CANCER GENE THERAPY, The 2nd International Conference of D-Amino Acid Research, Utsunomiya, Sep. 2014..[著者] ...
閲覧 Diem Hong Tran, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Huong Thi Thanh Trinh, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Identification of two promoters for human D-amino acid oxidase gene: implication for the differential promoter regulation mediated by PAX5/PAX2, The Journal of Biochemistry, Vol.157, No.5, 377-387, 2015..[著者] ...
閲覧 チャン ホン ディエム, 宍戸 裕二, 鄭 丞弼, トリン ティ タン フン, 頼田 和子, 坂井 隆志, 福井 清 : ヒトD-アミノ酸酸化酵素遺伝子の発現調節機構:2つのプロモーター領域の同定とその調節, 日本ビタミン学会第67回大会, 2015年6月..[著者] ...
閲覧 Diem Hong Tran, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Huong Thi Thanh Trinh, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Search for the regulation of human D-amino acid oxidase gene, a potential risk factor of schizophrenia, The 2nd GENE AND IMMUNOTHERAPY CONFERENCE in VIETNAM, Ho Chi Minh, Sep. 2015..[著者] ...
閲覧 Diem Hong Tran, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Huong Thi Thanh Trinh, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Identification of DNA-binding proteins that interact with the 5-flanking region of the human d-amino acid oxidase gene by pull-down assay coupled with two-dimensional gel electrophoresis and mass spectrometry, Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis, Vol.116, 94-100, 2015..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.67, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996375.