『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 佐藤 桃子

登録情報の数

有効な情報: 9件 + 無効な情報: 11件 = 全ての情報: 20件

全ての有効な情報 (9件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(9)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Hidetaka Takenaka, Katsuyoshi Tamaki, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Rie Harada, Katsutaka Sannomiya, Momoko Sato, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Tetsuji Takayama : Radiofrequency ablation using a balloon catheter for hepatocellular carcinoma adjacent to the gastrointestinal tract:Experimental and Clinical Study, Digestive Disease Week 2011, Chicago, Chicago, May 2011..[著者] ...
閲覧 田中 宏典, 谷口 達哉, 田中 貴大, 友成 哲, 高岡 遠, 原田 利枝, 佐藤 桃子, 玉木 克佳, 三宮 勝隆, 高山 哲治 : 高度進行肝細胞癌に対する放射線併用動注化学療法の有用性, 第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013,第17回日本肝臓学会大会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 Momoko Sato, Naoki Muguruma, Nakagawa Tadahiko, Koichi Okamoto, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Hiromi Yano, Sannomiya Katsutaka, Takahiro Goji, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Hiroaki Mikasa, Wada Satoshi, Iwata Masao and Tetsuji Takayama : High antitumor activity of pladienolide B and its derivative in gastric cancer, Cancer Science, Vol.105, No.1, 110-116, 2014..[著者] ...
閲覧 佐藤 桃子, 中川 忠彦, 高山 哲治 : Ⅲ がん薬物治療薬の作用機序 分子標的治療薬 低分子化合物 スプライジング阻害薬, 日本臨牀, Vol.72, No.2, 218-223, 2014年2月..[著者] ...
閲覧 Hirao Akihiro, Tetsu Tomonari, Tanaka Hironori, Kumiko Tanaka, Kagawa Miwako, Tanaka Takahiro, Tatsuya Taniguchi, Harada Rie, Momoko Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama : Development of a renal subcapsular hematoma during angiography for diagnosis and subsequent treatment of hepatocellular carcinoma, Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.7, No.2, 185-188, 2014..[著者] ...
閲覧 田中 宏典, 谷口 達哉, 高山 哲治, 田中 貴大, 友成 哲, 原田 利枝, 佐藤 桃子, 三宮 勝隆, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也 : 高度進行肝細胞癌に対するミリプラチンを用いた放射線併用動注化学療法の有用性, 第100回日本消化器病学会総会, 2014年4月..[著者] ...
閲覧 田中 貴大, 谷口 達哉, 高岡 慶史, 岡崎 潤, 田中 宏典, 大塚 加奈子, 友成 哲, 原田 利枝, 佐藤 桃子, 高山 哲治 : 肝性腹水におけるトルバプタン不応症例の検討, 第50回日本肝臓学会総会, 2014年5月..[著者] ...
閲覧 Tetsuo Kimura, Takahiro Goji, Jinsei Miyoshi, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Momoko Sato, Masako Kimura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama : The prospective study of S-1+gemcitabine and concurrent radiotherapy for unresectable locally advanced pancreatic cancer, 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会, July 2014..[著者] ...
閲覧 藤野 泰輝, 池田 敬洋, 友成 哲, 三井 康裕, 香川 美和子, 佐藤 桃子, 仁木 美也子, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 : Ipilimumab にて完全奏功が得られた転移性直腸悪性黒色腫の1例., 第 55 回日本癌治療学会学術集会,, 2017年10月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.44, Max(EID) = 383270, Max(EOID) = 1024366.