『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 今田 泰嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])

登録情報の数

有効な情報: 282件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 284件

全ての有効な情報 (282件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(64)
閲覧 閲覧 島根大学 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(64)
閲覧 (未定義) …(164)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Takahiro Hosokawa, Yasushi Imada and Shun-Ichi Murahashi : cis-Oxypalladation Complexes of a Pinene Derivative, Tetrahedron Letters, Vol.23, No.33, 3373-3374, 1982..[著者] ...
閲覧 Takahiro Hosokawa, Yasushi Imada and Shun-Ichi Murahashi : Palladium(II)-Catalysed Oxidative Ring Cleavage of Cyclic Acetals with t-Butyl Hydroperoxide: Preparation of Monoesters of Diols, Journal of the Chemical Society. Chemical Communications, No.21, 1245-1246, 1983..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi and Yasushi Imada : Rhodium-Catalyzed Azacarbonylation of Allyl Phosphates. The Preparation of ,-Unsaturated Amides from Allyl Alcohols, Chemistry Letters, Vol.14, No.10, 1477-1480, 1985..[著者] ...
閲覧 Takahiro Hosokawa, Yasushi Imada and Shun-Ichi Murahashi : cis-Oxypalladation Complexes Derived from (1R,5R)-2(10),3-Pinadiene and Their Utilization in Pd(II)-catalyzed Enantioselective Cyclization of 2-(trans-2-Butenyl)phenols, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.58, No.11, 3282-3290, 1985..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Yoshio Tanigawa, Yasushi Imada and Yuki Taniguchi : Palladium(0) Catalyzed Azidation and Amination of Allyl Acetaters. Selective Synthesis of Allyl Azides and Primary Allylamines, Tetrahedron Letters, Vol.27, No.2, 227-230, 1986..[著者] ...
閲覧 村橋 俊一, 今田 泰嗣 : パラジウム触媒によるカルボニル化反応, 化学, Vol.41, No.8, 538-539, 1986年8月..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Yasushi Imada and Yoshiaki Hirai : Rhodium Catalyzed Hydrogenation of Nitrogen Heteroaromatics under Water Gas Shift Conditions. Selective Synthesis of 1,2,3,4-Tetrahydroquinolines and N-Formyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinolines, Tetrahedron Letters, Vol.28, No.1, 77-80, 1987..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Yasushi Imada, Yuki Taniguchi and Yoichi Kodera : Palladium(0)-Catalyzed Hydroxylamination of Allyl Esters. Synthesis of N-Allylhydroxylamines and Secondary Amines, Tetrahedron Letters, Vol.29, No.24, 2973-2976, 1988..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Yasushi Imada, Yuki Taniguchi and Shin-ya Higashiura : Palladium(0)-Catalyzed Carbonylation of Allyl Phosphates and Allyl Acetates. Selective Synthesis of b,g-Unsaturated Esters, Tetrahedron Letters, Vol.29, No.39, 4945-4948, 1988..[著者] ...
閲覧 Shun-lchi Murahashi, Yasushi Imada and Koichi Nishimura : Palladium-catalysed Carbonylation of Allylamines, Journal of the Chemical Society. Chemical Communications, No.24, 1578-1579, 1988..[著者] ...
閲覧 村橋 俊一, 鷲塚 健一, 今田 泰嗣 : ダブルカルボニル化反応によるオキサメートの新合成法, 染料と薬品, Vol.34, No.6, 148-155, 1989年..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Yuki Taniguchi, Yasushi Imada and Yoshio Tanigawa : Palladium(0)-Catalyzed Azidation of Allyl Esters. Selective Synthesis of Allyl Azides, Primary Allylamines, and Related Compounds, The Journal of Organic Chemistry, Vol.54, No.14, 3292-3303, 1989..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahash, Yasushi Imada and Yoshiaki Hirai : Rhodium Catalyzed Hydrogenation of Quinolines and Isoquinolines under Water-Gas Shift Conditions, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.62, No.9, 2968-2976, 1989..[著者] ...
閲覧 村橋 俊一, 今田 泰嗣 : N-メチルフェニルアミノホスホニウムヨージド, 有機合成化学協会誌, Vol.48, No.11, 1056-1057, 1990年..[著者] ...
閲覧 村橋 俊一, 今田 泰嗣 : パラジウムおよびロジウム錯体触媒を用いるカルボニル化反応-アリル化合物のカルボニル化およびアミンとアルコール間の交差ダブルカルボニル化-, 有機合成化学協会誌, Vol.49, No.10, 919-927, 1991年..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Tatsuki Shiota and Yasushi Imada : Oxidation of Secondary Amines to Nitrones: 6-Methyl-2,3,4,5-tetrahydropyridine N-Oxide, Organic Syntheses, Vol.70, 265-271, 1992..[著者] ...
閲覧 村橋 俊一, 今田 泰嗣 : タングステン酸触媒による第二級アミンの過酸化水素酸化反応, 「合成化学者のための実験有機金属化学」, 佐藤史衛, 山本經二, 今本恒雄 編, 株式会社 講談社 株式会社 講談社サイエンティフィク, 東京, 1992年6月..[著者] ...
閲覧 村橋 俊一, 今田 泰嗣 : 有機リチウム化合物とハロゲン化ビニルのクロスカップリング反応, 「合成化学者のための実験有機金属化学」, 佐藤史衛, 山本經二, 今本恒雄 編, 株式会社 講談社 株式会社 講談社サイエンティフィク, 東京, 1992年6月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Takatoshi Saito, Toru Kawakami and Shun-Ichi Murahashi : Osmium-catalyzed Asymmetric Dihydroxylation of Olefins Using Chiral Isoxazolidine Ligands, Tetrahedron Letters, Vol.33, No.35, 5081-5084, 1992..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Yasushi Imada, Yuki Taniguchi and Shinya Higashiura : Palladium(0)-Catalyzed Alkoxycarbonylation of Allyl Phosphates and Acetates, The Journal of Organic Chemistry, Vol.58, No.6, 1538-1545, 1993..[著者] ...
閲覧 村橋 俊一, 今田 泰嗣 : パラジウム触媒によるカルボニル化反応-最近の展開, 化学, Vol.48, No.5, 362-363, 1993年5月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Ou Shibata and Shun-Ichi Murahashi : Aza- and oxacarbonylations of ally1 phosphates catalyzed by rhodium carbonyl cluster. Selective synthesis of b,g-unsaturated amides, esters, and acids, Journal of Organometallic Chemistry, Vol.451, No.1-2, 183-194, 1993..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Yasushi Imada, Masahiko Kohno and Toru Kawakami : Asymmetric 1,3-Dipolar Cycloaddition of Cyclic Nitrones to Crotonic Acid Derivatives Bearing Chiral Auxiliaries. Synthesis of Optically Active b-Amino Acids, (+)-Sedridine, and (+)-Hygroline, Synlett, No.6, 395-396, 1993..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Yasushi Imada and Koichi Nishimura : Palladium-Catalyzed CarbonyIation of Allylamines. Synthesis of b,g-Unsaturated Amides by One-Carbon Homologation of Allylamines, Tetrahedron, Vol.50, No.2, 453-464, 1994..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Mari Yuasa, Ishin Nakamura and Shun-Ichi Murahashi : Copper(I)-Catalyzed Amination of Propargyl Esters. Selective Synthesis of Propargylamines, 1-Alken-3-ylamines, and (Z)-Allylamines, The Journal of Organic Chemistry, Vol.59, No.9, 2282-2284, 1994..[著者] ...
閲覧 Yoichi Kodera, Shoji Watanabe, Yasushi Imada and Shun-Ichi Murahashi : Titanium(III)-Induced Transformation of Hydroxylamines to Imines or Secondary Amines, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.67, No.9, 2542-2549, 1994..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Yasushi Imada and Hiroaki Ohtake : Tungstate-Catalyzed Decarboxylative Oxidation of N-Alkyl-a-amino Acids: An Efficient Method for Regioselective Synthesis of Nitrones, The Journal of Organic Chemistry, Vol.59, No.21, 6170-6172, 1994..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Yo Mitsue, Kazuo Ike, Ken-ichi Washizuka and Shun-Ichi Murahashi : Palladium-Catalyzed Double and Single Carbonylations of b-Amino Alcohols. Selective Synthesis of Morpholine-2,3-diones and Oxazolidin-2-ones and Applications for Synthesis of a-Oxo Carboxylic Acids, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.69, No.7, 2079-2090, 1996..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Giuseppe Vasapollo and Howard Alper : Palladium-Catalyzed Regioselective Carbonylation of 2,3-Dienylamines to g-Vinylacrylamides, The Journal of Organic Chemistry, Vol.61, No.23, 7982-7983, 1996..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada and Howard Alper : Palladium-Catalyzed Carbonylation of Propargylamines. Selective Insertion of Carbon Monoxide into a Carbon-Nitrogen Bond, The Journal of Organic Chemistry, Vol.61, No.20, 6766-6767, 1996..[著者] ...
閲覧 村橋 俊一, 細川 隆弘, 今田 泰嗣 : 高選択的触媒反応の開発と生物活性物質の合成, 「大阪大学基礎工学部・基礎工学研究科」, 大阪大学基礎工学部基礎工学研究科編, 三田出版会, 東京, 1997年3月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Masaru Fujii, Yasushi Kubota and Shun-Ichi Murahashi : Palladium-Catalyzed Asymmetric Alkoxycarbonylation of Allyl Phosphates, Tetrahedron Letters, Vol.38, No.47, 8277-8230, 1997..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi and Yasushi Imada : Amine Oxidation, In "Transition Metals for Organic Synthesis: Building Blocks and Fine Chemicals", Ed., Matthias Beller and Carsten Bolm, Wiley-VCH, Weinheim, (month)1998..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Hiroaki Ohtake and Yasushi Imada : Synthesis of (R)- and (S)-3-(tert-butyldimethylsilyloxy)-1-pyrroline N-oxides chiral nitrones for synthesis of biologically active pyrrolidine derivative, Geissman-Waiss lactone, Tetrahedron Letters, Vol.39, No.18, 2765-2766, 1998..[著者] ...
閲覧 Hiroaki Ohtake, Yasushi Imada and Shun-Ichi Murahashi : Highly Diastereoselective Addition of a Chiral Ketene Silyl Acetal to Nitrones: Asymmetric Synthesis of b-Amino Acids and Key Intermediates of b-Lactam Antibiotics, The Journal of Organic Chemistry, Vol.64, No.11, 3970-3971, 1999..[著者] ...
閲覧 Toru Kawakami, Hiroaki Ohtake, Hiroaki Arakawa, Takahiro Okachi, Yasushi Imada and Shun-Ichi Murahashi : Asymmetric Synthesis of b-Amino Acids by Addition of Chiral Enolates to N-Acyloxyiminium Ions and Application for Synthesis of Optically Active 5-Substituted 8-Methylindolizidines, Organic Letters, Vol.1, No.1, 107-110, 1999..[著者] ...
閲覧 Toru Kawakami, Hiroaki Ohtake, Hiroaki Arakawa, Takahiro Okachi, Yasushi Imada and Shun-Ichi Murahashi : Reversal of Diastereoselectivity of the Reaction of Chiral Boron and Titanium Enolates with Nitrones via N-Acyloxyiminium Intermediates. Asymmetric Synthesis of Diastereomeric a-Substituted b-Amino Acids, Chemistry Letters, Vol.28, No.8, 795-796, 1999..[著者] ...
閲覧 Hiroaki Ohtake, Yasushi Imada and Shun-Ichi Murahashi : Regioselective Synthesis of Nitrones by Decarboxylative Oxidation of N-Alkyl--amino Acids and Application to the Synthesis of 1-Azabicyclic Alkaloids, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.72, No.12, 2737-2754, 1999..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Jun Sun, Hiroyuki Kurosawa and Yasushi Imada : Synthesis of Homochiral -Sulfinyl Nitrones and Their Application for Enantioselective Synthesis of (+)-Euphococcinine, Heterocycles, Vol.52, No.2, 557-561, 2000..[著者] ...
閲覧 Toru Kawakami, Hiroaki Ohtake, Hiroaki Arakawa, Takahiro Okachi, Yasushi Imada and Shun-Ichi Murahashi : Asymmetric Synthesis of b-Amino Acids by Addition of Chiral Enolates to Nitrones via N-Acyloxyiminium Ions, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.73, No.11, 2423-2444, 2000..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : 直接的触媒的不斉アルドール反応, Organometallic News, 51, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Katsuya Ueno, Koji Kutsuwa and Shun-Ichi Murahashi : Palladium-Catalyzed Asymmetric Alkylation of 2,3-Alkadienyl Phosphates. Synthesis of Optically Active 2-(2,3-Alkadienyl)malonates, Chemistry Letters, Vol.31, No.2, 140-141, 2002..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Yasushi Imada, Toru Kawakami, Kazuhito Harada, Yoshiharu Yonemushi and Naomi Tomita : Enantioselective Addition of Ketene Silyl Acetals to Nitrones Catalyzed by Chiral Titanium Complexes. Synthesis of Optically Active b-Amino Acids, Journal of the American Chemical Society, Vol.124, No.12, 2888-2889, 2002..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi and Yasushi Imada : Pd-Catalyzed Substitution Reactions of Nitrogen and Other Group 15 Atom Containing Allylic Derivatives, In "Handbook of Organopalladium Chemistry for Organic Synthesis", Ed., Ei-ichi Negishi, Section V.2.1.7, John Wiley & Sons, Inc., New York, June 2002..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi, Satoshi Ono and Yasushi Imada : Asymmetric Baeyer -Villiger Reaction with Hydrogen Peroxide Catalyzed by a Novel Planar-Chiral Bisflavin, Angewandte Chemie International Edition, Vol.41, No.13, 2366-2368, 2002..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Hiroki Iida, Satoshi Ono and Shun-Ichi Murahashi : Flavin Catalyzed Oxidations of Sulfides and Amines with Molecular Oxygen, Journal of the American Chemical Society, Vol.125, No.10, 2868-2869, 2003..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : 芳香環の酸化的開裂反応, 「有機合成のための触媒反応103」, 檜山爲次郎, 野崎京子編, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi and Yasushi Imada : Amine Oxidation, In Transition Metals for Organic Synthesis. Building Blocks and Fine Chemicals, Second Revied and Enlarged Edition", Eds., Carsten Bolm and Matthias Beller, Wiley-VCH, Weinheim, Oct. 2004..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Hiroki Iida, Shun-Ichi Murahashi and Takeshi Naota : Aerobic, Organocatalytic, and Chemoselective Method for Baeyer-Villiger Oxidation, Angewandte Chemie International Edition, Vol.44, No.11, 1704-1706, 2005..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : クリプタンド, アミンオキシド, アミノキシル, アミジン, ヒドラジン, 「第5版 実験化学講座 第14巻 有機化合物の合成Ⅱ アルコール・アミン」, 日本化学会編, 丸善 株式会社, 東京, 2005年8月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Hiroki Iida and Takeshi Naota : Flavin-Catalyzed Generation of Diimide: An Environmentally Friendly Method for the Aerobic Hydrogenation of Olefins, Journal of the American Chemical Society, Vol.127, No.42, 14544-14545, 2005..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Masayuki Nishida, Koji Kutsuwa, Shun-Ichi Murahashi and Takeshi Naota : Palladium-Catalyzed Asymmetric Amination and Imidation of 2,3-Allenyl Phosphates, Organic Letters, Vol.7, No.26, 5837-5839, 2005..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Hiroki Iida, Satoshi Ono, Yoshiyuki Masui and Shun-Ichi Murahashi : Flavin-Catalyzed Oxidation of Amines and Sulfides with Molecular Oxygen: Biomimetic Green Oxidation, Chemistry - An Asian Journal, Vol.1, No.1-2, 136-147, 2006..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣, 直田 健 : フラビン分子触媒によるグリーン酸化反応, 「有機分子触媒の新展開」, 柴崎正勝監修, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2006年11月..[著者] ...
閲覧 Shun-Ichi Murahashi and Yasushi Imada : Asymmetric Synthesis of Amines and Amino Acids from Amines, In "Asymmetric Synthesis The Essentials", Ed., Mathias Christmann and Stefan Bräse, Wiley-VCH, Weinheim, Feb. 2007..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Takashi Ohno and Takeshi Naota : Oxidation of sulfides with hydrogen peroxide catalyzed by 10,10'-linked bisflavinium perchlorates, Tetrahedron Letters, Vol.48, No.6, 937-939, 2007..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada and Takeshi Naota : Flavins as organocatalysts for environmentally benign molecular transformations, Chemical Record, Vol.7, No.6, 354-361, 2007..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Takashi Ohno and Takeshi Naota : Synthesis and electrochemical behavior of clothespin-shaped bisflavin compounds, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.16, 2523-2526, 2008..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Masayuki Nishida and Takeshi Naota : Sequential asymmetric homoallenylation of primary amines with a palladium catalyst, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.33, 4915-4917, 2008..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣, 直田 健 : フラビン酸化触媒, 「化学フロンティア21, 進化を続ける有機触媒-有機合成を革新する第三の触媒-」, 丸岡啓二編, 株式会社 化学同人, 京都, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : フラビン分子触媒によるグリーン酸素酸化反応, 平成21年度有機合成化学北陸セミナー, (頁), 2009年10月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Takahiro Kitagawa, Takashi Ohno, Hiroki Iida and Takeshi Naota : Neutral Flavins: Green and Robust Organocatalysts for Aerobic Hydrogenation of Olefins, Organic Letters, Vol.12, No.1, 32-35, 2010..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣, 大嶋 孝志, 廣瀬 敬治 : 化学を学ぶ人のレポート・論文・発表マスターガイド, 株式会社 化学同人, 京都, 2010年1月..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣, 直田 健 : フラビン有機分子触媒による環境調和型酸化反応, 触媒, Vol.52, No.7, 503-508, 2010年..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : フラビン有機分子触媒による酸素酸化反応, 第27回有機合成セミナー, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Hiroki Iida, Takahiro Kitagawa and Takeshi Naota : Aerobic Reduction of Olefins by In Situ Generation of Diimide with Synthetic Flavin Catalysts, Chemistry - A European Journal, Vol.17, No.21, 5908-5920, 2011..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada : Synthetic Flavin Molecules as Organocatalysts for Environmentally Benign Molecular Transformations, International Symposium on Activation of Dioxygen and Homogeneous Catalytic Oxidation, 33, Okinawa, July 2011..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : 有機分子触媒による酸素酸化分子変換システムの開発, 文部科学省科学研究費補助金「新学術研究領域」(平成23∼27年度)有機分子触媒による未来型分子変換 News Letter, No.6, 2, 2012年..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : フラビン分子触媒によるヒドラジンの酸素酸化反応を鍵とするオレフィンの水素化反応, 文部科学省科学研究費補助金「新学術研究領域」(平成23∼27年度)有機分子触媒による未来型分子変換, 第1回全体会議, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣, 前田 宗輝, 岸本 誠之, 菅野 義則, 沖田 千明, 金城 弘幸, 西田 有里, 直田 健 : 環状ニトロンの環拡大メタセシス反応, 第42回複素環化学討論会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : デンドリマー―フラビン会合体触媒による酸化反応, 第5回有機触媒シンポジウム, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 化学実験出張講義における高大院連携教育の効果, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2012年12月..[著者] ...
閲覧 佐藤 文彬, 鳥羽 威人, 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 高校化学実験ティーチングアシスタントを通した創造的学習と 高大院連携教育へのフィードバック, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2012年12月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Takahiro Kitagawa, Han-Kun Wang, Naruyoshi Komiya and Takeshi Naota : Flavin-catalyzed aerobic oxidation of sulfides in aqueous media, Tetrahedron Letters, Vol.54, No.7, 621-624, 2013..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣, 高岸 将充, 小宮 成義, 直田 健 : ビタミンB2誘導体触媒によるスルフィドの過酸化水素酸化, 日本化学会第93春季年会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣, 鈴木 陽加, 小宮 成義, 直田 健 : Alloxan 置換フラビンの発光特性, 日本化学会第93春季年会, (巻), (号), (頁), 2013年3月..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣, 前田 宗輝, 岸本 誠之, 菅野 義則, 沖田 千明, 金城 弘幸, 西田 有里, 小宮 成義, 直田 健 : 環状ニトロンの環拡大メタセシス反応(1), 日本化学会第93春季年会, (巻), (号), (頁), 2013年3月..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣, 前田 宗輝, 岸本 誠之, 菅野 義則, 沖田 千明, 金城 弘幸, 西田 有里, 小宮 成義, 直田 健 : 環状ニトロンの環拡大メタセシス反応(2), 日本化学会第93春季年会, (巻), (号), (頁), 2013年3月..[著者] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 化学実験出張講義を通した高大院連携教育の試み, 大学教育研究ジャーナル, Vol.10, 89-94, 2013年..[著者] ...
閲覧 Fumiaki Sato, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Flavin Catalysts Captured in Network Polymers, Advanced Molecular Transformations by Organocatalysts 1st International Conference & 6th Symposium on Organocatalysis, Otsu, May 2013..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, Mohamed Reda Berber, Inas Hazzaa Hafez, 森 健 : ドキシラミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第62回高分子学会年次大会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Itoko Tonomura, Naruyoshi Komiya and Takeshi Naota : Aerobic Oxidation of Sulfides with Vitamin B2-derived Organocatalyst, Synlett, Vol.24, No.13, 1679-1682, 2013..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : フラビン分子を触媒とする酸化反応―酵素に倣い,酵素を超える反応を目指して―, 第33回有機合成若手セミナー, 2013年8月..[著者] ...
閲覧 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 多孔性高分子固定化フラビンの合成とその触媒作用, 第33回有機合成若手セミナー, 2013年8月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Masamitsu Takagishi, Naruyoshi Komiya and Takeshi Naota : Oxidation of Sulfides with Hydrogen Peroxide Catalyzed by Vitamin B2 Derivatives, Synthetic Communications, Vol.43, No.22, 3064-3071, 2013..[著者] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 高大院連携化学実験講座による環境教育, 日本エネルギー環境教育学会第8回全国大会論文集, (巻), 126-127, 2013年8月..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : ヒドラジンを用いるオレフィンの水素化反応―実用的な有機分子触媒の開発―, 第13回エンジニアリングフェスティバル, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Yudai Kugimiya, Shotaro Iwata, Naruyoshi Komiya and Takeshi Naota : Non-Covalently Dendronized Flavins as Organocatalysts for Aerobic Reduction of Olefins, Tetrahedron, Vol.69, No.40, 8572-8578, 2013..[著者] ...
閲覧 大槻 恭平, 川守田 創一郎, 小宮 成義, 今田 泰嗣, 直田 健 : グルタミド部位を有するシクロメタル化イリジウム錯体の合成と発光特性, 錯体化学会第63回討論会, 2013年11月..[著者] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 化学実験出張講義および体験イベントにおける高大院連携の試み, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2013年12月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Takahiro Kitagawa, Shotaro Iwata, Naruyoshi Komiya and Takeshi Naota : Oxidation of sulfides with hydrogen peroxide catalyzed by synthetic flavin adducts with dendritic bis(acylamino)pyridines, Tetrahedron, Vol.70, No.2, 495-501, 2014..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : ヒドラジンを用いるオレフィンの水素化反応―実用的な有機分子触媒の開発―, 第9回先端工学研究発表会, 2014年2月..[著者] ...
閲覧 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 多孔性高分子固定化フラビンの合成とこれを触媒とするオレフィンの水素添加反応, 日本化学会第94春季年会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 高大院連携化学実験の継続実施による改善と体験イベントへの活用, 大学教育研究ジャーナル, Vol.11, 151-155, 2014年..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘, Inas Hazzaa Hafez, Mohamed Reda Berber, 森 健 : セチリジンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第63回高分子学会年次大会, 2014年5月..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : フラビン触媒を用いた酸素酸化システムの開発, 化学と工業, Vol.67, No.6, 480-482, 2014年..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Genki Shiizaki, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Masami Tanaka : Controlled Physical Gelation of Thermoresponsive Poly(2-propionamidoacrylic acid) Aqueous Solution, 7th International Conference on Advanced Materials Development and Performance, Busan, July 2014..[著者] ...
閲覧 Masami Tanaka, Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada : Interaction between Drugs and Biomedical Materials. II. Binding Position of Diphenhydramine to Human Serum Albumin, 7th International Conference on Advanced Materials Development and Performance, Busan, July 2014..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : フラビン触媒を用いた酸素酸化システムの開発, 第70回白鷺セミナー, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : フラビン分子を触媒とするオレフィンの水素化反応, 第30回若手化学者のための化学道場, 2014年8月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Chiaki Okita, Hiroki Maeda, Masayuki Kishimoto, Yoshinori Sugano, Hiroyuki Kaneshiro, Yuri Nishida, Soichiro Kawamorita, Naruyoshi Komiya and Takeshi Naota : Ring-expanding Metathesis Oligomerization of Cyclic Nitrones, European Journal of Organic Chemistry, Vol.2014, No.26, 5670-5674, 2014..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : フラビン分子を有機フォトレドックス触媒とする分子変換反応の開発, 文部科学省科学研究費補助金「新学術研究領域」(平成23-27年度)有機分子触媒による未来型分子変換 News Letter, No.33, 1, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 大西 崇裕, 幸田 貴大, 佐藤 文彬, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 高分子固定化フラビン触媒の開発, 第63回高分子討論会, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : トリプロリジンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第63回高分子討論会, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Mikito Yasuzawa, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Shingo Fujita : Attractive Materials for Engineering Chemistry Education Performed under High School/University/Graduate School Partnership, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2014 (ACEE2014), Kumamoto, Oct. 2014..[著者] ...
閲覧 幸田 貴大, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 陽イオン交換樹脂を利用するカチオン性フラビンの調製と触媒反応, 第29回中国四国地区高分子若手研究会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 戸田 祐次, 坂東 貴典, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いた有機ー無機ハイブリッド材料の合成, 第29回中国四国地区高分子若手研究会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビン架橋ポリスチレンの合成と触媒作用, 第29回中国四国地区高分子若手研究会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 芥川 遼, 南川 慶二, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣 : LDH固定化フラビン触媒の合成とその触媒作用, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子触媒のレジンへの担持と触媒作用, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 大西 崇裕, 幸田 貴大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 陽イオン交換樹脂を利用するカチオン性フラビンの調製と触媒反応, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada : Organocatalytic Oxidations Catalyzed by Non-covalently Dendronized Flavins, Advanved Molecular Transformations by Organocatalysts 2nd International Conference and 7th Symposium on Organocatalysis, (都市), Nov. 2014..[著者] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : ティーチングアシスタントを主体とする高大院連携化学実験の実践と評価, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2014年12月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Imada, Motonari Osaki, Mikiko Noguchi, Takatoshi Maeda, Misa Fujiki, Soichiro Kawamorita, Naruyoshi Komiya and Takeshi Naota : Flavin-Functionalized Gold Nanoparticles as an Efficient Catalyst for Aerobic Organic Transformations, ChemCatChem, Vol.7, No.1, 99-106, 2015..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子を触媒とした光レドックス反応, LED総合フォーラム2014-2015 in 徳島 論文集, 145-146, 2015年..[著者] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : LED光を用いたフラビン触媒によるアルデヒドのチオアセタール化反応, LED総合フォーラム2014-2015 in 徳島 論文集, 147-148, 2015年..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アミノ基含有樹脂へのフラビン分子触媒の担持, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 大西 崇裕, 幸田 貴大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : カチオン性フラビン分子調製法の開発, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 幸田 貴大, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 陽イオン交換樹脂担持型カチオン性フラビン分子の酸化触媒作用, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子を触媒としたフォトレドックス反応, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 上田 峻, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フローマイクロリアクターを用いたニトロンへの求核付加反応, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリスチレンの合成と触媒作用, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Genki Shiizaki, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Masami Tanaka : Controlled Physical Gelation of Thermoresponsive Poly(2-propionamidoacrylic acid) Aqueous Solution, Advanced Materials Research, Vol.1110, 96-99, 2015..[著者] ...
閲覧 今田 泰嗣 : 中国四国支部の活動, 化学と工業, Vol.68, No.5, 458, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 大西 崇裕, 幸田 貴大, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 陽イオン交換樹脂担持型カチオン性フラビン分子の調製とその触媒作用, 第8回 有機触媒シンポジウム「有機分子触媒による未来型分子変換」 第5回 公開シンポジウム, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応, 第8回 有機触媒シンポジウム「有機分子触媒による未来型分子変換」 第5回 公開シンポジウム, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : ヒドロキシジンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 高分子学会第63回年次大会, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 Haruka Suzuki, Ryo Inoue, Soichiro Kawamorita, Naruyoshi Komiya, Yasushi Imada and Takeshi Naota : Highly Fluorescent Flavins: Rational Molecular Design for Quenching Protection Based on Repulsive and Attractive Control of Molecular Alignment, Chemistry - A European Journal, Vol.21, No.25, 9171-9178, 2015..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Takahiro Oonishi, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Novel preparation method of flavinium organocatalysts, The 39th Naito Conference of the chemistry of organocatalysts, Sapporo, Japan, July 2015..[著者] ...
閲覧 Hiroki Iida, Shun-Ichi Murahashi and Yasushi Imada : Biomimetic flavin-catalysed reactions for organic synthesis, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.13, No.28, 7599-7613, 2015..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Mikito Yasuzawa, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Shingo Fujita : Design of Effective Chemistry Laboratory Class Based on Partnership among High School, University and Graduate School, Asia-Pacific Conference on Engineering & Applied Sciences (APCEAS2015), Osaka, Aug. 2015..[著者] ...
閲覧 Masami Tanaka, Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada : Analysis of Interaction between Diphenhydramine and Human Serum Albumin, Asia-Pacific Conference on Engineering & Applied Sciences (APCEAS2015), Osaka, Aug. 2015..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起α-オキシアミノ化反応, 第31回若手科学者のための化学道場, 2015年8月..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : メタピリレンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第64回高分子討論会, 2015年9月..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 河内 梨紗, 大西 崇裕, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 官能基化ポリスチレンを担体とする固定化中性フラビンの触媒作用, 第64回高分子討論会, 2015年9月..[著者] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応, 第5回 CSJ化学フェスタ2015, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドのα-オキシアミノ化反応, 第5回 CSJ化学フェスタ, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビン架橋ポリスチレンの合成と触媒作用, 第48回酸化反応討論会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応, 第48回酸化反応討論会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起α-オキシアミノ化反応, 第48回酸化反応討論会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : カチオン性フラビン触媒の新規合成法の開発, 第48回酸化反応討論会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 田上 拓磨, 三原 知大, 河内 梨紗, 大西 崇裕, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : N(5)-無置換中性フラビン分子の触媒機能開発, 第48回酸化反応討論会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 Masami Tanaka, Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada : Analysis of Interaction between Diphenhydramine and Human Serum Albumin, IMPACT : International Journal of Research in Applied, Natural and Social Sciences, Vol.3, No.10, 81-88, 2015..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Mikito Yasuzawa, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Shingo Fujita : Design of Effective Chemistry Laboratory Class Based on Partnership among High School, University and Graduate School, IMPACT : International Journal of Research in Applied, Natural and Social Sciences, Vol.3, No.10, 121-124, 2015..[著者] ...
閲覧 渡邉 知也, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人, 田中 正己 : フルオレン構造を有する環状リン酸エステルの合成及びその開環重合によるフィルム形成, プラスチック成形加工学会第23回秋季大会成形加工シンポジア'15, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 戸田 祐次, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いた有機ー無機ハイブリッドゲルの合成, プラスチック成形加工学会第23回秋季大会成形加工シンポジア'15, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 渡邉 知也, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人, 田中 正己 : フルオレン構造を有する環状リン酸エステルの合成と重合, 第30回中国四国地区高分子若手研究会 「高分子科学のいま,これから」, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 戸田 祐次, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いたナノコンポジットゲルの合成, 第30回中国四国地区高分子若手研究会 「高分子科学のいま,これから」, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 官能基化ポリスチレンを担体とする固定化中性フラビンの触媒作用, 第30回中国四国地区高分子若手研究会 「高分子科学のいま,これから」, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Development of Facile Method for Preparing Flavinium Organocatalysts, The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2015..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Flavin Catalyzed -Oxyamination of Aldehydes under Visible Light Irradiation, The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2015..[著者] ...
閲覧 上田 峻, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フローマイクロリアクターを用いたニトロンへの求核付加反応, 2015年日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 岩井 健祐, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ブレンステッド酸触媒を用いたニトロンへの求核付加反応, 2015年日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アミンーフラビン一体型分子の合成とその触媒作用, 2015年日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 石坂 森一郎, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人, 田中 正己 : リン脂質類似双性イオン側鎖を持つポリマーの合成, エレクロトレオロジー研究会第35回例会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 柏木 諒, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : 無保護α-アミノ酸からの2-イミノヒダントインのワンポット合成, エレクロトレオロジー研究会第35回例会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 宮本 拓弥, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : アミノアルコールを中間体とする光学活性1,2-グアニジノチオールの合成, エレクロトレオロジー研究会第35回例会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Shun Ueta, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Nucleophilic Addition to Nitrones Using Flow Microreactors, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawaii, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Visible Light-Induced alfa-Oxyamination of Aldehydes with Flavin Organocatalysts, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawaii, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Facile Preparation of Flavinium Organocatalysts Utilizing Cation-Exchange Resins, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawaii, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Tomohiro Mihara, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Flavin-Catalyzed Photoinduced Thioacetalization of Aldehydes, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawaii, Dec. 2015..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Visible Light-Induced alfa-Oxyamination of Aldehydes with Flavin Organocatalysts, LED総合フォーラム2015 in 徳島 論文集, 121-122, 2015..[著者] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 中学・高校への化学実験出張講義におけるティーチングアシスタントの役割と継続的改善, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2016年1月..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビンーアミン複合型触媒によるアルデヒドの光誘起αーオキシアミノ化反応, 「有機分子触媒による未来型分子変換」 第6回 公開シンポジウム, 2016年1月..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ペプチド鎖を有するフラビン分子による触媒的酸素酸化反応, 「有機分子触媒による未来型分子変換」 第6回 公開シンポジウム, 2016年1月..[著者] ...
閲覧 Masami Tanaka, Hiromichi Kenmoku, Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada : Binding Property of Tripelennamine to Human Serum Albumin, 2nd International Forum on Advanced Technologies, (巻), (号), Tokushima, March 2016..[著者] ...
閲覧 Jem-Kun Chen, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Reversibly Thermoswitchable Two-Dimensional Periodic Gratings Prepared from Tethered Poly(N isopropylacrylamide) on Silicon Surfaces, 2nd International Forum on Advanced Technologies, (巻), (号), Tokushima, March 2016..[著者] ...
閲覧 Yuji Toda, Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Masami Tanaka : Preparation of Thermoresponsive Nanocomposite Gels Utilizing Various Amphiphilic Monomers and Clay, 2nd International Forum on Advanced Technologies, (巻), (号), Tokushima, March 2016..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Flavin-Amine Integrated Catalysts for Photoredox Reactions,, 日本化学会第96春季年会, March 2016..[著者] ...
閲覧 幸田 貴大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ブレンステッド酸触媒によるヒドラジンを水素源とするオレフィン水素化反応, 日本化学会第96春季年会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : N(5)-無置換中性フラビン分子を用いたスルフィドの触媒的酸素酸化反応, 日本化学会第96春季年会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 空気酸化によるフラビニウム塩生成反応, 日本化学会第96春季年会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 藤木 美沙, 北川 隆啓, 川守田 創一郎, 今田 泰嗣, 直田 健 : 長鎖アシル基を有するリボフラビンの超音波応答性ゲル化能とオレフィンの水素化反応への応用, 日本化学会第96春季年会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 板東 貴典, 戸田 祐次, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いた温度応答性ハ イブリッドゲルの合成, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : トリペレナミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第65回高分子学会年次大会, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Yuji Toda, Takanori Bando, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Masami Tanaka and Jem-Kun Chen : Thermorheological Hydrogels Based on Polymer-clay Nanocomposite, 15th International Conference on Electrorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions, (巻), (号), Incheon, Korea, July 2016..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ペプチド鎖を有するフラビン分子触媒による触媒的酸素酸化, 第48回 若手ペプチド夏の勉強会, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Takahiro Oonishi, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Facile Preparation of Flavinium Organocatalysts, ChemSusChem, Vol.9, 2769-2773, 2016..[著者] ...
閲覧 押村 美幸, 寺井 裕貴, 荒川 幸弘, 平野 朋広, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 右手 浩一 : チオウレア型およびグアニジン型有機分子触媒を用いたrac-ラクチドの開環重合, 第65回高分子討論会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酸素酸化触媒機能を有する樹脂担持フラボペプチドの開発, 高分子討論会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : フェニルトロキサミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 高分子討論会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 : 高分子反応による高分子担持型フラビン触媒の合成及び触媒機能評価, 2016日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 三木 翼, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣 : ホスホリルコリン基を有するピレン誘導体の合成, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 田仲 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アキラルなジグアニジンとキラルな酸との塩形成を鍵とする不斉有機塩基触媒の開発, 2016年日本化学会中国四国大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 悴山 榛香, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ケトニトロンとカルボジイミドによる[3+2]環化付加反応, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 林 晃己, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ジカルボジイミドとジアミンの付加反応による大環状グアニジン化合物の合成とその触媒作用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 馬部 翔伍, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 直田 健, 今田 泰嗣 : フラビン骨格を有するグルコース誘導体のゲル化と触媒作用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 酒井 拓哉, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 : 1,10-架橋型フラビニウムカチオンを担持した硫酸化キチンの合成と触媒的酸化反応への応用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリメタクリル酸の合成とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 粟谷 皐平, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリマーマイクロスフィアの調製とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子によるフォトレドックス触媒反応系の開発, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 可視光照射を鍵とするアルデヒドのチオアセタール化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 有木 健太, 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 多孔性含フラビンポリマーの合成とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムレジン触媒を用いる酸化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 短いペプチド鎖を有するフラビン分子触媒による酵素類似の酸素酸化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 藤木 美沙, 北川 隆啓, 川守田 創一郎, 今田 泰嗣, 直田 健 : 長鎖アシル基を有するリボフラビンの超音波応答性ゲル化と分子状酸素によるオレフィンの触媒的還元反応への応用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 酒井 拓哉, 雲井 拓磨, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 : 種々のカウンターアニオンを有する1,10-架橋型フラビニウムカチオンの酸化触媒能と高分子担持触媒への応用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酵素類似の酸素酸化触媒機能を有するN(5)-無置換中性フラビン分子の開発, 第9回有機触媒シンポジウム, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Flavin Catalysis with Photoredox Activity Under Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016in徳島論文集, 161-162, 2016年..[著者] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Thioacetalization of Aldehydes Using a Flavin Catalyst and Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016in徳島論文集, 163-164, 2016年..[著者] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Thioacetalization of Aldehydes Using a Flavin Catalyst and Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016 in 徳島, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : Flavin Catalysis with Photoredox Activity Under Blue LED Irradiation, LED総合フォーラム2016 in 徳島, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 藤田 眞吾 : 化学実験出張講義への外国人研究者・留学生の参加―グローバル化を目指した高大連携, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), 46-47, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Risa Kawachi, Yoshihiko Tezuka, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Synthesis of Insoluble Polystyrene-Supported Flavins and Their Catalysis in Aerobic Reduction of Olefins, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.55, No.10, 1706-1713, 2017..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Mechanistic Aspect of Photoinduced -Oxyamination of Aldehydes Catalyzed by Flavin-Amine Integrated Molecules, The 97th CSJ annual meeting, March 2017..[著者] ...
閲覧 酒井 拓哉, 雲井 拓磨, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 : イオン間相互作用を用いてアニオン性キチン誘導体に固定化した不均一系フラビニウム触媒の開発, 日本化学会第97春季年会, (巻), (号), (頁), 2017年3月..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Brønsted Acid Catalysed Aerobic Reduction of Olefins by Diimide Generated In Situ from Hydrazine, SynOpen, Vol.1, No.1, 11-14, 2017..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Keiji Minagawa, Masami Tanaka, Naoki Haraguchi, Shinichi Itsuno and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, Chemical Science, No.8, 5468-5475, 2017..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : カルビノキサミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第66回高分子学会年次大会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : ホスホリルコリン修飾によるグラフェン表面のタンパク質吸着抑制, 電子デバイス研究会(ED), (号), 13, 2017年8月..[著者] ...
閲覧 酒井 拓哉, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 : 不均一系キチン担持フラビニウム触媒の開発と過酸化水素による触媒的酸化反応への応用, 第33回若手化学者のための化学道場, (巻), (号), (頁), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 杉岡 賢人, 谷口 嘉昭, 三木 翼, 田原 雅章, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人 : SiC グラフェンを用いた親水化処理における修飾分子依存性, 第78回応用物理学会秋季学術講演会(応物2017秋), No.8a-C16-16, 15-186-(1pp), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 枝連 未奈里, 田仲 桃子, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 右手 浩一 : イソタクチックポリメタクリル酸の段階的エステル化で生成する共重合体の連鎖制御と連鎖解析:二官能性グアニジンによる部分的中和, 第66回高分子討論会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 Taniguchi Yoshiaki, Milki Tsubasa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Intrinsic response of protein adsorption to graphene film on SiC substrate, Proceedings of 2017 International Conference on Solid State Devices and Materials, (都市), Sep. 2017..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 山野本 健, 喜多 葉月, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酸素酸化触媒機能を有する樹脂担持フラボペプチドの開発, 第66回高分子討論会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : オルフェナドリンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第66回高分子討論会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : ホスホリルコリン修飾グラフェンのタンパク質吸着特性, 第9回「集積化MEMSシンボジウム」, (号), 02am2-B-2-(3pp), 2017年11月..[著者] ...
閲覧 岡本 卓真, 上田 峻, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フローマイクロリアクターを利用したキラルニトロンへの求核付加反応, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 桒原 和磨, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムカチオンのモンモリロナイトへの固定化とその触媒作用, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 藤井 博基, 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 可視光照射によるチオールラジカルカチオンの生成とその酸触媒作用, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 短いペプチド鎖を有するN5位無置換中性フラビン分子触媒によるBaeyer-Villiger酸化反応, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 Mai Thi Tuyet Nguyen, 岩井 健祐, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アセチルアセトンをプロ求核剤とする環状ニトロンα位の直接アセトニル化反応, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 酒井 拓哉, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 : 不均一系高分子触媒として機能するフラビニウム–アニオン性キチン錯体の開発とその酸化触媒能, 第50回酸化反応討論会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, The 11th Intrnational Symposium on Integrated Synthesis, (都市), Nov. 2017..[著者] ...
閲覧 Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Aerobic Oxidations Using A Flavinium-Resin Catalyst, The 11th Intrnational Symposium on Integrated Synthesis, (都市), Nov. 2017..[著者] ...
閲覧 余宮 佑輔, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリ(N-アシルデヒドロアラニン)の合成とその触媒作用, 第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 樹脂担持フラボペプチド触媒による酵素類似のBaeyer-Villiger酸化反応, 第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ジカルボジイミドとジアミンの付加反応によるキラルグアニジンポリマーの合成とその触媒作用, 第32回中国四国地区高分子若手研究会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムレジン触媒を用いる酸素酸化反応, 第10回有機触媒シンポジウム, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 喜多 葉月, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酵素類似酸化能を実現する含フラビンペプチドの理論設計, 第10回有機触媒シンポジウム, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 光永 健二 : 学部生と大学院生のティーチングアシスタントチームによる高大院連携化学実験出張講義, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2018年1月..[著者] ...
閲覧 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : 分子修飾技術を用いたグラフェン表面のタンパク質吸着抑制, 平成 29 年度第 4 回半導体エレクトロニクス部門委員会・講演会, (号), P10-(4pp), 2018年1月..[著者] ...
閲覧 Tagami Takuma, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Flavin-Amine Integrated Catalysts for -Oxyamination of Aldehydes under Blue LED Irradiation, Proceedigs of the LED General Forum 2018 Tokushima, 105-106, 2018..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : イミノビオチン修飾グラフェンによるアビジン吸着特性の pH 制御, 第65回応用物理学会春季学術講演会(応物2018春), No.18a-C202-10, 15-057-(1pp), 2018年3月..[著者] ...
閲覧 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 主鎖にグアニジノ基を配列したキラルポリマーの合成とその触媒作用, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 NGUYEN THI TUYET MAI, 岩井 健祐, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アセチルアセトンをプロ求核剤とする環状ニトロンα位の直接アセトニル化反応, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : N5-無置換中性フラビン分子を触媒とする酸素酸化Baeyer-Villiger反応, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Development of Flavinium-Resins as Readily Available Oxidation Organocatalysts, 日本化学会第98春季年会, March 2018..[著者] ...
閲覧 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, 日本化学会第98春季年会, March 2018..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Development of Flavin-Amine Integrated Catalysts for Dual Photoredox and Enamine Catalysis, 日本化学会第98春季年会, March 2018..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Advanced Flavin Catalysts Elaborated with Polymers, Polymer Journal, Vol.50, 941-949, 2018..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada : Science Communication Based Education Program for Graduate Students, 7th Asian Conference on Engineering Education (ACEE2018), (巻), (号), (頁), Niigata, June 2018..[著者] ...
閲覧 谷川 純一, 八木下 史敏, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 蛍光発光性N-ヘテロアレーンのバイオイメージングへの応用とDNA損傷, 第48回複素環化学討論会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 谷川 純一, 八木下 史敏, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 水溶性N-ヘテロアレーンの蛍光バイオイメージングへの応用とDNA損傷, 2018年 光化学討論会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Enzyme-like Regiodivergent Behavior of a Flavopeptide Catalyst in Aerobic Baeyer-Villiger Oxidation, Chimia, Vol.72, No.12, 866-869, 2018..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 喜多 葉月, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 樹脂担持フラボペプチドの酸化触媒機能開拓, 第67回高分子討論会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 Hazuki Kita, Ken Yamanomoto, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Enzyme-like Aerobic Oxygenations Catalyzed by a Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavin, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Flavin-Amine Integrated Catalysts for Dual Photoredox and Enamine Catalysis, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Neutral-Flavin Catalyzed Oxidations with Hydrogen Peroxide, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 Takahiro Oonishi, Takayuki Kawahara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Practical Preparation of N5-Ethylated Flavin Catalysts, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 桑田 真廉, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ジスルフィドを反応剤とする触媒的チオエステル交換反応, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 規則的配列を有する集積型キラルグアニジンの合成とその触媒作用, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 松本 優一, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 光学活性な大環状テトラグアニジンの合成とその触媒作用, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 川﨑 康平, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 高分子担持型N5位エチル化フラビンの合成とその触媒作用, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 谷川 純一, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 光照射をトリガーとした水溶性N-ヘテロアレーンによるDNA損傷, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2018), Hiroshima, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 Momoko Hara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Synthesis of Chiral Polymers Containing Sequenced Guanidino Groups in the Main Chain and Their Catalysis, The 12th SPSJ International Polymer Conference, Hiroshima, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 Minari Shiren, Momoko Tanaka, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano and Koichi Ute : Monomer sequence distribution in the copolymers derived from isotactic poly(methacrylic acid) by stepwise esterification: Partial neutralization by guanidine, The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018), (巻), (号), (頁), Hiroshima, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 南川 慶二, 安澤 幹人, 倉科 昌, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 光永 健二 : 科学技術コミュニケーション科目による高大院連携およびグローバル教育の試行, 大学教育カンファレンス in 徳島, (巻), (号), (頁), 2018年12月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Oonishi, Takayuki Kawahara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Greener Preparation of 5-Ethyl-4a-hydroxyisoalloxazine and Its Use for Catalytic Aerobic Oxygenations, European Journal of Organic Chemistry, Vol.2019, No.8, 1791-1795, 2019..[著者] ...
閲覧 Kawamorita Soichiro, Fujiki Misa, Li Zimeng, Kitagawa Takahiro, Yasushi Imada and Naota Takeshi : Aggregation induced Substrate Specificity in Aerobic Reduction of Olefins with Ultrasound Gel Catalyst of Synthetic Flavin, ChemCatChem, Vol.11, No.2, 878-884, 2019..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Tanigawa Junichi, Sanagawa Yohei, Okamoto Masaki, Ishihara Kaito, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura : Fluorescent N-Heteroarene as a DNA Photo-cleaving Agent under the LED Irradiation, LED総合フォーラム2019 in 徳島 論文集, Vol.2019, 71-72, Feb. 2019..[著者] ...
閲覧 Murahashi Shun-Ichi and Yasushi Imada : Synthesis and Transformations of Nitrones for Organic Synthesis, Chemical Reviews, Vol.119, No.7, 4684-4716, 2019..[著者] ...
閲覧 川原 孝之, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : N5-エチル-4a-ヒドロキシイソアロキサジンの実用的合成法とその酸素酸化触媒機能, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 上田 祐, 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 均一系フラボペプチド触媒による酵素類似酸素酸化反応, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 亀井 健佑, 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 環状ジチオアセタール S,S-ジオキシドからカルボニルへの可視光駆動型直接変換反応, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 谷川 純一, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 水溶性N-へテロアレーンを用いたHeLa細胞の蛍光イメージングと光細胞毒性, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : N5-Unmodified flavins that catalyze enzyme-like oxidations, 日本化学会第99春季年会, March 2019..[著者] ...
閲覧 Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Suppression of protein adsorption on a graphene surface by phosphorylcholine functionalization, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.58, No.5, 055001, 2019..[著者] ...
閲覧 Sakai Takuya, Watanabe Mirai, Ohkado Ryoma, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada and Iida Hiroki : Flavinium and Alkali Metal Assembly on Sulfated Chitin: A Heterogeneous Supramolecular Catalyst for H2O2-Mediated Oxidation, ChemSusChem, Vol.12, No.8, 1640-1645, 2019..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Flavin-Peptide-Polymer Hybrid as a Biomimetic Oxidation Catalyst, The 1st International Symposium on Hybrid Catalysis for Enabling Molecular Synthesis on Demand, Tokyo, May 2019..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Nagamori Tatsuya, Shimokawa Sota, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura : Iridium Complex Based on Pincer Ligand Bearing Two Imidazo[1,5-a]pyridines and Its Application to Photoredox System, 18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18), (巻), (号), (頁), (都市), July 2019..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Sanagawa Yohei, Tanigawa Jun-ichi, Nii Chiho, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura : Synthesis of Water-Soluble Fluorescent N-Heteroarenes And Its Applications, 18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18), (巻), (号), (頁), (都市), July 2019..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Jun-ichi Tanigawa, Chiho Nii, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Hiroki Takanari, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura : Fluorescent Imidazo[1,5-a]pyridinium Salt for a Potential Cancer Therapy Agent, ACS Medicinal Chemistry Letters, Vol.10, No.8, 1110-1114, 2019..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Efficient Use of Photons in Photoredox/Enamine Dual Catalysis with a Peptide-Bridged FlavinAmine Hybrid, Organic Letters, Vol.21, No.17, 6978-6982, 2019..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 梅林 隆太, 岡本 将輝, 田端 厚之, 長宗 秀明, 髙成 広起, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : D-π-A 型イミダゾ [1,2-a] ピリジニウム塩の合成とミトコンドリアイメージングへの応用, 2019年光化学討論会, 2019年9月..[著者] ...
閲覧 松本 周馬, 悴山 榛香, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 新規ヘテロ環含有ポリマー合成への展開を指向した環状ニトロンとカルボジイミドの環化付加反応の開発, 第34回中国四国地区高分子若手研究会, 2019年10月..[著者] ...
閲覧 西谷 和晃, 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フルオロアシル化処理ポリエチレンへのフラビンの担持とその触媒作用, 第34回中国四国地区高分子若手研究会, 2019年10月..[著者] ...
閲覧 小川 彩, 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 不斉制御と高分子担持を同時指向した非共有結合修飾を鍵とするキラルグアニジン触媒設計, 第34回中国四国地区高分子若手研究会, 2019年10月..[著者] ...
閲覧 武知 奈穂, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 樹脂担持フラボペプチド触媒における立体化学の触媒活性への影響, 第34回中国四国地区高分子若手研究会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Yukihiro Arakawa and Yasushi Imada : Thermoresponsive Polymer-Clay Nanocomposite Gels, International Conference on Colloid & Surface Science (Okinawa Colloids 2019), (巻), (号), Nago, Japan, Nov. 2019..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.82, Max(EID) = 360775, Max(EOID) = 966345.