『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 村田 知慧

登録情報の数

有効な情報: 47件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 47件

全ての有効な情報 (47件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(47)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 村田 知慧, 土橋 明輝, 横畑 泰志, 玉手 英利 : 山形市内の農地におけるアズマモグラのミトコンドリアDNA多型, 日本哺乳類学会2006年度大会, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 土橋 明輝, 玉手 英利 : アズマモグラの生態学的研究における分子マーカーの利用, 日本哺乳類学会2006年度大会, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 土橋 明輝, 横畑 泰志, 村田 知慧, 玉手 英利 : 金華山島のアズマモグラの食物利用と毛色変異, 日本哺乳類学会2006年度大会, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 柴田 清孝, 玉手 英利 : アズマモグラ(Mogera imaizumii)におけるマイクロサテライトマーカーの開発, 日本哺乳類学会2007年度大会, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 黒岩 麻里, 村田 知慧, 山田 文雄, 河内 紀浩, 三宅 雄士, 福地 壮太, 七里 浩志, 阿部 愼太郎, 松田 洋一 : オキナワトゲネズミ (Tokudaia muenninki) における分子細胞遺伝学的解析, 沖縄生物学会第45回大会, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 黒岩 麻里, 村田 知慧 : トゲネズミの不思議―Y連鎖遺伝子の行方―, 日本遺伝学会北海道支部第11回遺伝学談話会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 山田 文雄, 河内 紀浩, 三宅 雄士, 福地 壮太, 七里 浩志, 阿部 愼太郎, 小高 信彦, 松田 洋一, 黒岩 麻里 : トゲネズミ3種の分子系統解析と核型比較, 日本動物学会北海道支部第54回大会, 2008年8月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 黒岩 麻里, 松田 洋一 : オキナワトゲネズミの分子系統解析と染色体解析, 哺乳類学会2008年度大会, (巻), (号), (頁), 2008年9月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 玉手 英利 : マイクロサテライトマーカーを用いたアズマモグラの性特異的な分散の検出, 哺乳類学会2008年度大会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 山田 文雄, 河内 紀浩, 三宅 雄士, 福地 壮太, 七里 浩志, 阿部 愼太郎, 小高 信彦, 松田 洋一, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミTokudaia muenninkiの性染色体進化, 沖縄生物学会第46回大会, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 山田 文雄, 河内 紀浩, 三宅 雄士, 福地 壮太, 七里 浩志, 阿部 愼太郎, 小高 信彦, 松田 洋一, 黒岩 麻里, 村田 知慧 : オキナワトゲネズミTokudaia muenninkiの生息地と捕獲個体, 沖縄生物学会第46回大会, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 山田 文雄, 河内 紀浩, 三宅 雄士, 福地 壮太, 七里 浩志, 阿部 愼太郎, 小高 信彦, 松田 洋一, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミTokudaia muenninkiの性染色体とSRY遺伝子の進化, 第11回日本進化学会大会, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 山田 文雄, 河内 紀浩, 中田 勝士, 阿部 愼太郎, 松田 洋一, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミの性染色体の大型化, 染色体学会第60回年会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 山田 文雄, 河内 紀浩, 中田 勝士, 阿部 愼太郎, 松田 洋一, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミのXおよびY染色体が大型したメカニズムの解明, 日本哺乳類学会2009年度台北大会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 山田 文雄, 河内 紀浩, 中田 勝士, 阿部 愼太郎, 松田 洋一, 黒岩 麻里 : Y染色体の運命 ∼トゲネズミにみられるY染色体消失と存続∼, 第32回日本分子生物学会年会, 2009年12月..[著者] ...
閲覧 Chie Murata, Fumio Yamada, Norihiro Kawauchi, Yoichi Matsuda and Asato Kuroiwa : Multiple copies of SRY on the large Y chromosome of the Okinawa spiny rat, Tokudaia muenninki., Chromosome Research, Vol.18, No.6, 623-634, 2010..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 山田 文雄, 河内 紀浩, 松田 洋一, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミのSRYの機能性と新たな性染色体領域の構造, 第12回日本進化学会大会, 2010年8月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 黒岩 麻里 : トゲネズミの染色体進化と遺伝的多様性, 第16回野生生物保護学会・日本哺乳類学会2010年度合同大会, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 木戸 文香, 村田 知慧, 山田 文雄, 河内 紀浩, 黒岩 麻里 : mtDNA配列に基づくトゲネズミの遺伝的多様性研究, 第16回野生生物保護学会・日本哺乳類学会2010年度合同大会, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 黒岩 麻里 : トゲネズミのY染色体進化 -Y染色体の消失と存続-, 日本遺伝学会第82回大会, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 高本 美智, 村田 知慧, 山田 文雄, 河内 紀浩, 阿部 愼太郎, 黒岩 麻里 : XO型トゲネズミにおける元Y連鎖遺伝子の網羅的解析, 日本遺伝学会第82回大会, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 Chie Murata, Fumio Yamada, Norihiro Kawauchi, Yuji Miyake, Sota Fukuchi, Hiroshi Shichiri, Shintaro Abe, Nobuhiko Kotaka, Yoichi Matsuda and Asato Kuroiwa : The evolution of the Y chromosome and the SRY gene in Ryukyu spinry rat, Tokudaia muenninki., Advances in Chromosome Sciences, Vol.3, 96-98, (都市), Dec. 2010..[著者] ...
閲覧 Fumio Yamada, Norihiro Kawauchi, Nakata Katsushi, Shintaro Abe, Nobuhiko Kotaka, Atsushi Takashima, Chie Murata and Asato Kuroiwa : Rediscovery after thirty years since the last capture of the critically endangered Okinawa spiny rat Tokudaia muenninki in the northern part of Okinawa Island., Mammal Study, Vol.35, No.4, 243-255, 2010..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 山田 文雄, 河内 紀浩, 松田 洋一, 黒岩 麻里 : Y染色体の運命 -オキナワトゲネズミにおける新たな性染色体領域の獲得とSRY遺伝子の機能性-, 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 Chie Murata, Go Ogura and Asato Kuroiwa : A primer set to determine sex in the small Indian mongoose, Herpestes auropunctatus., Molecular Ecology Resources, Vol.11, No.2, 386-388, 2011..[著者] ...
閲覧 山田 文雄, 中田 勝士, 村田 知慧, 木戸 文香, 黒岩 麻里, 城ヶ原 貴通, 越本 知大, 三谷 匡, 阿部 愼太郎, 河内 紀浩, 小高 信彦, 高嶋 敦史 : オキナワトゲネズミTokudaia muenninkiの2009年調査以降に確認された新たな生息地, 沖縄生物学会第48回大会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 高本 美智, 村田 知慧, 黒木 陽子, 山田 文雄, 河内 紀浩, 阿部 愼太郎, 黒岩 麻里 : XO型トゲネズミにおける元Y連鎖遺伝子の網羅的解析, 財団法人染色体学会 第62回(2011年度)年会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 Chie Murata, Fumio Yamada, Norihiro Kawauchi, Yoichi Matsuda and Asato Kuroiwa : The Y chromosome of the Okinawa spiny rat, Tokudaia muenninki, was rescued through fusion with an autosome., Chromosome Research, Vol.20, No.1, 111-125, 2012..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貫通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミの性染色体に転座した常染色体領域の進化, 日本哺乳類学会 2012年度大会, 2012年9月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貫通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミにおけるneo-X,neo-Y連鎖遺伝子の進化過程, 財団法人 染色体学会 2012年度 第63回年会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貫通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミの性染色体に転座した常染色体領域(neo-X,neo-Y)の分化過程, 第35回日本分子生物学会年会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貴通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミをモデルとした常染色体転座にともなうY染色体進化過程の解明, 日本進化学会 第15回大会・つくば, 2013年8月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貴通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミの祖先Y染色体およびneo-X,neo-Yの進化過程, 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 増田 清士, 赤池 瑶子, 庄田 勝俊, 村田 知慧, 桑野 由紀, 西田 憲生, 田嶋 敦, 井本 逸勢 : RNA結合蛋白質HuRによる選択的スプライシング制御機構の解明, 第29回日本ストレス学会学術総会, 2013年11月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貴通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : 大規模ゲノム解析で捉えたオキナワトゲネズミneo-X,neo-Yにおける新しいPARの進化, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 木村 竜太郎, 村田 知慧, 黒木 陽子, 黒岩 麻里 : 精巣特異的SOX9エンハンサー(TESCO)の解析によるトゲネズミ属性決定分子機構進化の研究, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 増田 清士, 赤池 瑶子, 庄田 勝俊, 村田 知慧, 田嶋 敦, 桑野 由紀, 西田 憲生, 六反 一仁, 井本 逸勢 : HuR stimulates cell growth in colon cancer cells by regulating alternative splicing under oxidative stress, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧 : 真獣哺乳類における常染色体から性染色体への初期進化 ―オキナワトゲネズミの例―, FResHU F3 Green Symposia Series #6 性染色体が生まれるとき, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 黒岩 麻里 : 真獣類の性染色体の初期分化過程 ―組換え抑制領域と組換え活性領域の形成―, 日本遺伝学会 第86回大会, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 Ryutaro Kimura, Chie Murata, Yoko Kuroki and Asato Kuroiwa : Mutations in the testis-specific enhancer of SOX9 in the SRY independent sex-determining mechanism in the genus Tokudaia., PLoS ONE, Vol.9, No.9, e108779, 2014..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 井本 逸勢, 黒岩 麻里, 黒岩 麻里 : 性染色体研究におけるトゲネズミの重要性, 第32回九州実験動物研究会総会 九実研・実技協九州支部合同シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年10月..[著者] ...
閲覧 村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミのネオ性染色体の初期分化過程にみられる遺伝子進化, 第37回 日本分子生物学会年会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 Chie Murata, Kuroki Yoko, Issei Imoto and Kuroiwa Asato : Genomic evolution in the proto-Y and neo-Y chromosomes of the Okinawa spiny rat, Tokudaia muenniniki, The 5th Asian Chromosome Colloquium, Bangkok, April 2015..[著者] ...
閲覧 Chie Murata, Yoko Kuroki, Issei Imoto, Masaru Tsukahara, Naoto Ikejiri and Asato Kuroiwa : Initiation of recombination suppression and PAR formation during the early stages of neo-sex chromosome differentiation in the Okinawa spiny rat, Tokudaia muenninki., BMC Evolutionary Biology, Vol.15, (号), (頁), 2015..[著者] ...
閲覧 Chie Murata, Hirohito Sawaya, Katsushi Nakata, Fumio Yamada, Issei Imoto and Asato Kuroiwa : The cryptic Y-autosome translocation in the small Indian mongoose, Herpestes auropunctatus, revealed by molecular cytogenetic approaches., Chromosoma, (巻), (号), (頁), 2016..[著者] ...
閲覧 Sachiko Nishimoto, Daiju Fukuda, Yasutomi Higashikuni, Kimie Tanaka, Yoichiro Hirata, Chie Murata, Joo-Ri Kim-Kaneyama, Fukiko Sato, Masahiro Bando, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Tetsuya Hayashi, Issei Imoto, Hiroshi Sakaue, Michio Shimabukuro and Masataka Sata : Obesity-induced DNA released from adipocytes stimulates chronic adipose tissue inflammation and insulin resistance., Science Advances, Vol.2, No.3, e1501332, 2016..[著者] ...
閲覧 Tomohiro Kohmoto, Nana Okamoto, Takuya Naruto, Chie Murata, Yuya Ouchi, Naoko Fujita, Hidehito Inagaki, Shigeko Satomura, Nobuhiko Okamoto, Masako Saito, Kiyoshi Masuda, Hiroki Kurahashi and Issei Imoto : A case with concurrent duplication, triplication, and uniparental isodisomy at 1q42.12-qter supporting microhomology-mediated break-induced replication model for replicative rearrangements., Molecular Cytogenetics, Vol.10, 15, 2017..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 5, LA = 1.04, Max(EID) = 373404, Max(EOID) = 999231.