『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 鎌田 正紀

登録情報の数

有効な情報: 14件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 15件

全ての有効な情報 (14件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(14)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 宮﨑 由道, 和泉 唯信, 鎌田 正紀, 浅沼 光太郎, 野寺 裕之, 梶 龍兒 : 徳島大学病院の筋萎縮性側索硬化症(ALS)診療の現状と問題点, 臨床神経学, Vol.49, No.12, 1176, 2009年(0月)..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Maruyama, Hiroyuki Morino, Hidefumi Ito, Yuishin Izumi, Hidemasa Kato, Yasuhito Watanabe, Yoshimi Kinoshita, Masaki Kamada, Hiroyuki Nodera, Hidenori Suzuki, Osamu Komure, Shinya Matsuura, Keitaro Kobatake, Nobutoshi Morimoto, Koji Abe, Naoki Suzuki, Masashi Aoki, Akihiro Kawata, Takeshi Hirai, Takeo Kato, Kazumasa Ogasawara, Asao Hirano, Toru Takumi, Hirofumi Kusaka, Koichi Hagiwara, Ryuji Kaji and Hideshi Kawakami : Mutations of optineurin in amyotrophic lateral sclerosis., Nature, Vol.465, No.7295, 223-226, 2010..[著者] ...
閲覧 鎌田 正紀, 中根 俊成, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : アルツハイマー病(AD)に正常圧水頭症(NPH)が合併していると考えられた1例, 日本老年医学会雑誌, Vol.47, No.4, 337, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 Wataru Sako, Hidefumi Ito, Mari Yoshida, Hidetaka Koizumi, Masaki Kamada, Koji Fujita, Yoshio Hashizume, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Nuclear factor B expression in patients with sporadic amyotrophic lateral sclerosis and hereditary amyotrophic lateral sclerosis with optineurin mutations, Clinical Neuropathology, Vol.31, No.6, 418-423, 2011..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 中村 和己, 佐藤 健太, 鎌田 正紀, 瓦井 俊孝, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 出口 一志, 石川 欽也, 水澤 英洋 : 家族性脊髄小脳変性症(SCA15)の1家系, 臨床神経学, Vol.52, No.6, 450, 2012年(0月)..[著者] ...
閲覧 酒井 和香, 松井 尚子, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 佐藤 健太, 鎌田 正紀, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 50歳以上発症重症筋無力症における臨床像 64歳迄vs65歳以上, 第53回日本神経学会学術大会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Kawarai, Pasco Matthew D. Paul, Teleg A. Rosalia, Masaki Kamada, Sakai Waka, Komei Shimozono, Makoto Mizuguchi, Tabuena Daisy, Orlacchio Antonio, Yuishin Izumi, Satoshi Goto, Lee V. Lillian and Ryuji Kaji : Application of long-range polymerase chain reaction in the diagnosis of X-linked dystonia-parkinsonism, Neurogenetics, Vol.14, No.2, 167-169, 2013..[著者] ...
閲覧 Toshio Inui, Toshitaka Kawarai, Koji Fujita, Kazuyuki Kawamura, Takao Mitsui, Antonio Orlacchio, Masaki Kamada, Takashi Abe, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : A new CSF1R mutation presenting with an extensive white matter lesion mimicking primary progressive multiple sclerosis., Journal of the Neurological Sciences, 2013..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 鎌田 正紀, 藤田 浩司, 松井 尚子, 和泉 唯信, 村山 繁雄, 梶 龍兒 : 急激な経過をたどったLymphomatosis cerebriの1例, 第109回 日本内科学会四国地方会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 Masaki Kamada, Yuishin Izumi, T Ayaki, Masataka Nakamura, Seiko Kagawa, Eiji Kudo, Wataru Sako, Hirofumi Maruyama, Y Nishida, Hideshi Kawakami, Hidefumi Ito and Ryuji Kaji : Clinicopathologic features of autosomal recessive amyotrophic lateral sclerosis associated with optineurin mutation, Neuropathology, Vol.34, No.1, 64-70, 2014..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 和泉 唯信, 鎌田 正紀, 川上 秀史, 梶 龍兒 : 骨Paget病と痙性対麻痺を併発したVCP遺伝子変異によるミオパチーの一例, 稀少難治性筋疾患に関する調査研究班「IBM分科会」(平成26年度), 2015年2月..[著者] ...
閲覧 鎌田 正紀, 中根 俊成, 松井 尚子, 樋口 理, 酒井 和香, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 松尾 秀徳, 梶 龍兒 : 抗MuSK抗体陽性の眼筋型重症筋無力症, 第28回日本神経免疫学会学術集会, 172, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 Masaki Kamada, Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Tojima Yuki, Orlacchio Antonio and Ryuji Kaji : Hereditary spastic paraplegia type 31: a novel splice site donor mutation and intra-familial phenotypic variability, The MDS 21th International Congress of Parkinsons Disease and Movement Disorders, (頁), (都市), June 2017..[著者] ...
閲覧 Masaki Kamada, Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Rie Kawakita, Yuki Tojima, Celeste Montecchiani, Laura D'Onofrio, Carlo Caltagirone, Antonio Orlacchio and Ryuji Kaji : Spastic paraplegia type 31: A novel REEP1 splice site donor variant and expansion of the phenotype variability., Parkinsonism & Related Disorders, Vol.46, 79-83, 2017..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.43, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996374.