『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 盛 真友

登録情報の数

有効な情報: 15件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 19件

全ての有効な情報 (15件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(15)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Hiroko Shiina, Takahiro Matsumoto, Takashi Sato, Katsuhide Igarashi, Junko Miyamoto, Sayuri Takemasa, Matomo Sakari, Ichiro Takada, Takashi Nakamura, Daniel Metzger, Pierre Chambon, Jun Kanno, Hiroyuki Yoshikawa and Shigeaki Kato : Premature ovarian failure in androgen receptor-deficient mice., Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.103, No.1, 224-229, 2005..[著者] ...
閲覧 Matomo Sakari and Takahiro Matsumoto : Y chromosomal azoospermic factor RBMY and estrogen signaling coordinately regulate male-specific alternative splicing, The 58th/60th NIBB Conference Germline-Specification, Sex and Stem Cells-, (巻), (号), (頁), Okazaki, July 2012..[著者] ...
閲覧 Takahiro Matsumoto, Matomo Sakari, Maiko Okada, Atsushi Yokoyama, Sayuri Takahashi, Alexander Kouzmenko and Shigeaki Kato : The androgen receptor in health and disease., Annual Review of Physiology, Vol.75, 201-224, 2012..[著者] ...
閲覧 Matomo Sakari and Takahiro Matsumoto : Y Chromosomal Azoospermic Factor RBMY and Estrogen Signaling Coordinately Regulate Male-specific Alternative Splicing, 15th International Congress on Hormonal Steroids and Hormones & Cancer, Kanazawa, Nov. 2012..[著者] ...
閲覧 松本 高広, 米澤 正祥, 井上 和樹, 盛 真友 : Male-specific histone acetylation trough a cooperation between Y chromosomal Protein CDY and androgen signaling, 第35回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2012年12月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 盛 真友, 松本 高広, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : アンドロゲン受容体は性差非依存的にVEGF受容体を介して虚血反応性血管新生を促進する, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月..[著者] ...
閲覧 Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo-Ueda, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yasuhiro Mouri, Matomo Sakari, Takahiro Matsumoto, Ken-ichi Takeyama, Masashi Akaike, Mitsuru Matsumoto, Masataka Sata, Kenneth Walsh, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Androgen receptor promotes sex-independent angiogenesis in response to ischemia and is required for activation of vascular endothelial growth factor receptor signaling., Circulation, Vol.128, No.1, 60-71, 2013..[著者] ...
閲覧 松本 高広, 米澤 正祥, 井上 和樹, 盛 真友 : Y染色体遺伝子CDYのアンドロゲンシグナルを介した雄性特異的エピゲノム制御, 日本アンドロロジー学会第32回学術大会, 2013年7月..[著者] ...
閲覧 松本 高広, 米澤 正祥, 盛 真友 : 男性ホルモンとY染色体遺伝子CDYによる雄性特異的ヒストンアセチル化修飾制御, 第4回テストステロン研究会, 2013年11月..[著者] ...
閲覧 松本 高広, 米澤 正祥, 盛 真友 : アンドロゲン作用を介したY染色体特異的なヒストンアセチル化制御, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Matsumoto, Masayoshi Yonezawa and Matomo Sakari : Male-specific histone acetylation through a cooperation between Y chromosomal protein CDY and androgen signaling, Nuclear Receptors: Biological Networks, Genome Dynamics and Disease, Keystone Symposia, (都市), Jan. 2014..[著者] ...
閲覧 松本 高広, 米澤 正祥, 盛 真友 : Y染色体遺伝子CDYとアンドロゲンによる雄性特異的エピゲノム制御, 第87回日本内分泌学会学術総会, 2014年4月..[著者] ...
閲覧 松本 高広, 田中 佐依子, 盛 真友 : 骨盤形態の性差構築におけるステロイド受容体を介した性ホルモン作用, 第61回日本実験動物学会総会, 2014年5月..[著者] ...
閲覧 松本 高広, 田中 佐依子, 盛 真友 : 骨盤形態の性差構築におけるアンドロゲン作用の解明, 日本アンドロロジー学会第33回学術大会および第20回精子形成・精巣毒性研究会, 2014年6月..[著者] ...
閲覧 松本 高広, 田中 佐依子, 盛 真友 : 核内ステロイド受容体を介した骨盤性差構築, 第22回日本ステロイドホルモン学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2014年11月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.70, Max(EID) = 366577, Max(EOID) = 981914.