『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 佐藤 健太

登録情報の数

有効な情報: 23件 + 無効な情報: 8件 = 全ての情報: 31件

全ての有効な情報 (23件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(23)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 佐藤 健太, 梶 龍兒 : 【What's Dystonia(ジストニア)?】 筋トーヌスとジストニアの病態 ジストニアの病態生理, Clinical Neuroscience, Vol.28, No.7, 746-748, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 寺澤 由佳, 高松 直子, 佐藤 健太, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : CIDPにおける頸部脊髄神経根内のHiS sign, 神経超音波医学, Vol.23, (号), 58, 2010年..[著者] ...
閲覧 高松 直子, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : ALSの超音波所見, 神経超音波医学, Vol.23, (号), 58, 2010年..[著者] ...
閲覧 高松 直子, 寺澤 由佳, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 宮本 亮介, 宮城 愛, 島谷 佳光, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 超音波所見が診断に有用であった筋サルコイドーシスの1例, 臨床神経生理学, Vol.38, No.5, 333, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 島谷 佳光, 松井 尚子, 宮城 愛, 浅沼 光太郎, 藤田 浩司, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : Neuromyelitis opticaにおけるVEPの検討, 臨床神経生理学, Vol.38, No.5, 330, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 宮城 愛, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : ステロイド投与が奏功した卵巣奇形腫を伴う抗グルタミン酸受容体抗体陽性脳炎の1例, 臨床神経学, Vol.50, No.7, 517, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 宮城 愛, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 下肢深部静脈血栓症から両心房内血栓,脳梗塞,肺塞栓を合併した1例, 臨床神経学, Vol.50, No.7, 516, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 宇高 憲吾, 松井 尚子, 宮本 亮介, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 藤井 志朗, 竹内 恭子, 安倍 正博, 原田 雅史 : 多発性骨髄腫の経過中に進行性多巣性白質脳症をきたした一例, 四国医学雑誌, Vol.66, No.5-6, 198, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 宮城 愛, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : t-PA治療が奏功した超高齢発症脳梗塞の2例, 日本老年医学会雑誌, Vol.48, No.4, 418, 2011年(0月)..[著者] ...
閲覧 佐藤 健太, 梶 龍兒, 古川 直美, 中川 千草 : 疾患と看護がわかる看護過程 ナーシングプロセス ALS(筋萎縮性側索硬化症), クリニカルスタディ, Vol.32, No.1, 16-38, 2011年1月..[著者] ...
閲覧 宮本 亮介, 山本 伸昭, 宮城 愛, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 遷延する膀胱直腸障害を主徴としたataxic sensory-autonomic neuropathyの一例, 臨床神経学, Vol.51, No.2, 157, 2011年2月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 酒井 和香, 宮本 亮介, 宮城 愛, 佐藤 健太, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 高齢発症のNeuromyelitis optica(NMO)についての検討, 臨床神経学, Vol.51, No.2, 154, 2011年2月..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 中村 和己, 佐藤 健太, 鎌田 正紀, 瓦井 俊孝, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 出口 一志, 石川 欽也, 水澤 英洋 : 家族性脊髄小脳変性症(SCA15)の1家系, 臨床神経学, Vol.52, No.6, 450, 2012年(0月)..[著者] ...
閲覧 酒井 和香, 松井 尚子, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 佐藤 健太, 鎌田 正紀, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 50歳以上発症重症筋無力症における臨床像 64歳迄vs65歳以上, 第53回日本神経学会学術大会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 佐藤 健太, 小泉 英貴, 佐光 亘, 浅沼 光太郎, 梶 龍兒 : ジストニアの新規薬物治療, 臨床神経学, Vol.52, No.11, 1074-1076, 2012年..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 佐藤 健太, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 早期PD患者のMIBG心筋シンチとwearing-off発症の関連, 臨床神経学, Vol.53, No.12, 1613, 2013年(0月)..[著者] ...
閲覧 梶 龍兒, 浅沼 光太郎, 瓦井 俊孝, 宮﨑 由道, 森垣 龍馬, 後藤 惠, 目崎 高広, 太田 悦朗, 小幡 文弥, 豊島 至, 藤本 健一, 野村 哲志, 中島 健二, 坂本 崇, 佐藤 健太, 平 孝臣, 横地 房子, 小林 一太, 片山 容一, 小林 武夫, 石毛 美代子, 松本 英之, 宇川 義一, 玉川 聡, 辻 貞俊, 堀内 正浩, 長谷川 一子 : ジストニアのすべて―最新の治療指針, 株式会社 診断と治療社, 東京, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 瓦井 俊孝, 宮本 亮介, 村上 永尚, 小泉 英貴, 小泉 英貴, 佐光 亘, 向井 洋平, 佐藤 健太, 松本 真一, 坂本 崇, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : ジストニア遺伝子とその機能解明, 臨床神経学, Vol.53, No.6, 419-429, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 古川 貴大, 藤田 浩司, 宮﨑 由道, 佐藤 健太, 和泉 唯信, 西田 善彦, 梶 龍兒 : Fingolimodはrecent thymic emigrantへの影響, 第25回日本神経免疫学会学術集会, 2013年11月..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Nodera, Naoko Takamatsu, Yoshimitsu Shimatani, Atsuko Mori, Kenta Sato, Masaya Oda, Yuka Terasawa, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Thinning of cervical nerve roots and peripheral nerves in ALS as measured by sonography., Clinical Neurophysiology, Vol.125, No.9, 1906-1911, 2014..[著者] ...
閲覧 Yoshimichi Miyazaki, Wataru Sako, Kenta Sato, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : MIBG Myocardial Scintigraphy can Predict the Occurrence of Wearing-off Phenomenon in Early-stage Parkinsons Disease, Journal of Neurological Disorders, Vol.2, 154, 2014..[著者] ...
閲覧 Waka Sakai, Naoko Matsui, Mitsuyo Ishida, Takahiro Furukawa, Yoshimichi Miyazaki, Koji Fujita, Ryosuke Miyamoto, Nobuaki Yamamoto, Wataru Sako, Kenta Sato, Kazuya Kondo, Yoshihiko Nishida, Takao Mitsui, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Late-onset myasthenia gravis is predisposed to become generalized in the elderly, eNeurologicalSci, Vol.2, 17-20, 2016..[著者] ...
閲覧 Hanada Kenta, Naoko Matsui, Hiroyuki Nodera, Kuzume Daisuke, Kenta Sato, Iwasa Naoki, Unai Yuki, Saka Waka, Yoshimichi Miyazaki, Yamazaki Hiroki, Yusuke Osaki, Takahiro Furukawa, Yamasaki Masahiro, Yuishin Izumi, Kusunoki Susumu, Kokichi Arisawa and Ryuji Kaji : Guillain-Barre syndrome in a local area in Japan, 2006-2015: An epidemiological and clinical study of 108 patients, XX World Congress of Neurology, Sep. 2017..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 1.51, Max(EID) = 372553, Max(EOID) = 996421.